米津玄師の人気曲ランキング30選!ファンのおすすめ~初期曲も網羅

今や日本のトップシンガーとしても名を馳せている米津玄師さんですが、その人気曲にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、ファンおすすめ楽曲、ハチさん名義で出した楽曲も含め、米津玄師さんの楽曲の魅力について迫っていきます!

米津玄師の人気曲ランキング30選!ファンのおすすめ~初期曲も網羅        のイメージ

目次

  1. 今や国民的な人気!米津玄師の曲が聴きたい♪
  2. 米津玄師の最新曲「馬と鹿」は歌詞もしみる名曲!
  3. 米津玄師の人気曲ランキング・ベスト30!
  4. 米津玄師のハチ名義の楽曲一覧
  5. 話題のあの曲!米津玄師の提供曲・参加曲もチェック♪
  6. 米津玄師の今後の活躍から目が離せない!

今や国民的な人気!米津玄師の曲が聴きたい♪

今やシンガーソングライターとして大活躍している米津玄師さん。数々の作品のテーマソングに起用されたり、人気アーティストとのコラボ・楽曲提供も積極的に行なっている彼ですが、実はアーティストデビューするまで、ハチという名前でも楽曲制作を行なっていました。

才能溢れる米津玄師さんの楽曲にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、米津玄師さんの制作した楽曲の魅力について迫っていきます。

米津玄師の最新曲「馬と鹿」は歌詞もしみる名曲!

米津玄師さんの最新曲は「馬と鹿」です。こちらはドラマ「ノーサード・ゲーム」の主題歌、そして「ラグビーワールドカップ2019」のテーマソングとしても起用され、米津玄師さんらしい独特の世界観が多くのファンに愛されています。

その結果、デジタル版のオリコンシングルチャートで現在8週連続1位を獲得、日本レコード協会ゴールドディスクでもダブル・プラチナを獲得しています。

米津玄師の人気曲ランキング・ベスト30!

それでは、これまで米津玄師(ハチ)さんが制作してきた楽曲にはどのようなものがあるのでしょうか?ここで米津玄師さんの人気曲をランキングベスト30という形でご紹介していきます。聞き馴染みのある楽曲から知られざる名曲まで、要チェックです!

①Lemon

紅白出場曲にもなった「Lemon」は社会現象にもなった米津玄師さん屈指の人気曲で、米津玄師さんファンはもちろん、一般層にも多く親しまれたきっかけにもなった楽曲です。きっかけはドラマ「アンナチュラル」の主題歌に起用されたこと。

それをきっかけに、ビルボードジャパン5週連続1位。また、法医解剖の現場を題材とした「アンナチュラル」への楽曲提供ということもあり、今は亡き米津玄師さんの祖父を思って制作されたことも明かされています。

②アイネクライネ

美しいバラード曲「アイネクライネ」は非常に人気が高く、静かながらサビに向かって盛り上がりを見せる美しさは多くのファンに愛されている所以となっています。シングルとしてリリースされている楽曲ではないものの、ライブでもよく歌われるファン人気が高い楽曲。

そのことから、現在「アイネクライネ」をカバーしている歌い手も数多く存在し、そのメロディーは多くのファンに知られています。米津玄師さんの楽曲を知らない方でも「アイネクライネ」は知っているという方もいるほどの有名曲です。

③打ち上げ花火

歌手のDAOKOさんとともにリリースした「打上花火」は、花火を題材とした美しいバラード曲で、アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌として起用されたことでも知られています。

そのことから、公式MVでも映画のキャラクターたちが登場しており、その再生回数は3億回を突破しています。2017年のビルボードジャパンのHot100で年間3位を獲得、美しいサビの流れは多くの音楽ファンからも支持されました。

④LOSER

「LOSER」も非常に人気が高い楽曲として知られています。実はカップリング曲の「ナンバーナイン」の後に制作したことを明かしており、公開された楽曲のかっこよさ、MVのダンスの振り付けなどからカバーする方が続出しました。

また、米津玄師さんの楽曲の中ではラップを含む非常にかっこいいテイストで制作された楽曲としても話題となりました。また、シングルリリース後にはホンダ「JADE」のCMソングとしても起用されています。

⑤ピースサイン

アップテンポで一般層のファン、アニメファンからも非常に人気が高い楽曲が「ピースサイン」です。こちらの楽曲はアニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングソングとしても起用されており、ビルボードジャパンでは週間1位を獲得。

爽やかでアニメの雰囲気ともマッチした曲調でリリースから2年が経った現在もカラオケの人気曲として話題に上がることが多いです。また、米津玄師さん本人のMVとは別に、アニメタイアップ企画として「僕のヒーローアカデミア」のキャラクターたちが登場するMVも公開されました。

⑥灰色と青(+菅田将暉)

「灰色と青」は俳優で歌手の菅田将暉さんがゲスト出演した楽曲としても知られています。MVのかっこよさはもちろん、静かながら菅田将暉さんと米津玄師さんのかっこよさがよくわかるMVとして非常に人気が高い楽曲として知られています。

また、こちらの楽曲についてはSPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018 BESTのCOLLABORATION部門を受賞しており、印象的なメロディーと素敵なMVは菅田将暉さんファンはもちろん、米津玄師さんファン、さらに新たなファン層の獲得にもつながりました。

⑦Flamingo

近年話題の楽曲として知られているのが「Flamingo」です。これまでの米津玄師さんの楽曲とはまた違ったかっこよさがあることから、SONY「ワイヤレスイヤホン WF-SP900」CMのタイアップ曲としても知られています。

歌詞をよく聞くとわかるように、その歌詞や米津玄師さんの歌い方には日本民謡が取り入れられており、そのダンスとメロディーのアレンジ、歌詞と注目するべき点が非常に多い楽曲としても注目です。また、カップリング曲「TEENAGE RIOT」「ごめんね」も非常に話題となりました。

⑧ごめんね

「Flamingo」のカップリング曲としてシングルに追加された「ごめんね」は、米津玄師さんがゲーム「Undertale」をプレイしたことに非常に影響を受け、米津玄師さん自身がこのゲームの勝手なイメージソングとして制作した楽曲であることを明かしています。

大好きなゲームのイメージソングということもあり、米津玄師さんも「ごめんね」は非常にお気に入りの楽曲で、「Flamingo」のシングル発売に際して、「TEENAGE RIOT」と合わせて異例のトリプルA面シングルにしようと言い出してスタッフを困惑させたことを明かしています。

⑨クランベリーとパンケーキ

「クランベリーとパンケーキ」は米津玄師さんファンの間では有名曲ですが、実はあまり世には知られていない楽曲の一つでもあります。こちらの楽曲は「Lemon」のカップリングソングとして制作されており、その中毒性の高い歌詞が話題となっています。

ですが、こちらの楽曲はのちに「米津玄師さん自身が二日酔いの時に制作した曲」であることを明かし、多くのファンを笑わせました。二日酔い状態でも非常に人気の高い楽曲を生み出してしまう米津玄師さんの才能には、非常に驚かされます。

⑩orion

「orion」は優しい星をイメージしたMVと楽曲が素敵な楽曲です。優しいアレンジと米津玄師さんの歌声が心に染みるような楽曲で、アニメ「3月のライオン」のエンディングテーマとして起用されたことにより一気に知名度が上がりました。

オリコンデイリーシングルチャート1位、週間3位を獲得。また、アニメイラストのジャケット仕様になった「ライオン盤」にはエンディング映像のノンクレジットムービーが付属していることでも話題となりました。

⑪パプリカ

小学生五人組ユニット「Foorin」へ楽曲提供する形で制作された「パプリカ」。そのダンスと楽曲は子供を中心に大ブレイクし、また本人が歌うバージョンも制作・MVが公開されました。iTunesデイリーチャート、Amazon Musicデイリーチャートで1位を獲得。

また、NHK「みんなのうた」の2019年8月、9月の起用楽曲としても知られています。また、米津玄師さんが歌うバージョンについては営利目的での販売ではなく、収益は「スポーツ振興基金」に寄付されることも明かされています。

⑫vivi

また、米津玄師さんはシンガーソングライターとしてではなく、イラストレーターとしても活躍しています。「vivi」をはじめとした一部楽曲については米津玄師さん自身がMV中のアニメーション・イラストを手がけていることからも、多彩なことがよくわかります。

「vivi」の他にも、「アイネクライネ」「ゴーゴー幽霊船」、またハチ名義で制作した楽曲のMVなどには、そのほとんどに米津玄師さん自身のイラストが使用されています。

⑬サンタマリア

「サンタマリア」は米津玄師さんのメジャーデビューシングルでもあります。これまでメジャー活動にあまり必然性を感じていなかった米津玄師さんの記念すべきメジャーデビュー後初のシングルということもあり、ファン待望の楽曲に。

「サンタマリア」では米津玄師さんらしい優しいアレンジと楽曲が特徴で、モノクロで展開していくストーリーについ引き寄せられてしまいます。

⑭FlowerWall

「FlowerWall」は米津玄師さんの3rdシングルで、鮮やかな映像とゆったりとした特徴が素敵です。また、こちらの楽曲は小栗旬さんが出演するニコンの「D5500」のCMタイアップ曲にも起用されており、シングルもトップ10入り。優しい楽曲につい聴き入ってしまいます。

白い衣装を着てギターを弾きながら歌う米津玄師さんの姿に惚れ惚れしてしまうMVも必見です。

⑮海の幽霊

「ピースサイン」「Lemon」リリース後の待望の米津玄師さんのシングルということで期待値が高まっている中リリースされたのが「海の幽霊」です。こちらの楽曲はアニメ映画「海獣の子供」の主題歌としても起用されており、静かな夏と海の景色にマッチした美しい楽曲です。

米津玄師さんの歌声と美しい海の映像がマッチし、映画を見ているような感覚で見られるMVも必見です。

⑯シンデレラグレイ

NTT西日本のスペシャルムービーのBGMにも起用された「シンデレラグレイ」。こちらの楽曲は米津玄師さんの3rdオリジナルアルバム「Bremen」に収録されており、スペシャルムービーへの起用はアルバムリリース後。

こちらのMV、スペシャルムービーは期間限定公開で現在は見ることができませんので、「シンデレラグレイ」が気になる方はぜひアルバムで聴いてみてくださいね。

⑰砂の惑星

ハチさん名義で制作された「砂の惑星」は当初はVOCALOID曲として公開されましたが、米津玄師さんが制作した3rdスタジオアルバムでは米津玄師さん自身が歌うバージョンも収録されています。

歌詞に注目してみると、これまで米津玄師(ハチ)さんが制作した楽曲を思わせるようなモチーフや歌詞が登場しているので、そこを見つけてみるのも非常に面白いです。

⑱メトロノーム

米津玄師さんのイラストが使用された「メトロノーム」。3rdオリジナルアルバム「Bremen」に収録されており、優しい楽曲とMVの女の子が可愛らしくて心に染み渡るような楽曲として知られています。また、こちらの楽曲のMV映像は「徳島国際短編映画祭」でも上映されました。

⑲ドーナツホール

「砂の惑星」と同じくハチさん名義で制作・公開されたVOCALOID曲「ドーナツホール」。こちらの楽興は米津玄師さんが初めて打ち込みではなくバンドの生音源を収録して制作した楽曲で、そのサウンドと歌詞は多くのファンに愛されています。

そのことから、現在でも「歌ってみた」「踊ってみた」などに起用されています。VOCALOID楽曲としても非常に人気が高い楽曲としても知られており、米津玄師さん自身が投稿したこちらのMVもYouTubeで3000万回再生を突破しています。

⑳Neon sign

「Neon sign」は3rdオリジナルアルバム「Bremen」の収録曲のひとつで、米津玄師さんならではの優しく爽やかなメロディが特徴です。こちらの音源をはじめとした人気楽曲がそろい踏みの「Bremen」は日本レコード大賞・優秀アルバム賞を受賞しています。

㉑春雷

「春雷」は4thアルバム「BOOTLEG」に収録された楽曲で、アルバムリリース前からファンの前で演奏されていた楽曲として非常に話題になっていました。その楽曲のかっこよさはもちろん、独創的でおしゃれなMVも非常に人気が高いです。

こちらのMV制作・演出には美術家のHouxo Queが携わっていることで知られており、その独創的な世界観に引き込まれてしまいます。

㉒かいじゅうのマーチ

同じく4thアルバム「BOOTLEG」に収録されている「かいじゅうのマーチ」。可愛らしいタイトルに対して非常にゆったりとした印象のバラード楽曲で、米津玄師さん曰く、こちらの楽曲は童謡としても有名な森山良子さんの「今日の日はさようなら」のオマージュとして制作したことを明かしています。

そのことから、よく歌詞を見てみると「今日の日はさようなら」の引用部分も見つかります。

㉓ディスコバルーン

「ディスコバルーン」は米津玄師さんの1stオリジナルアルバムに収録されている楽曲で、当時米津玄師さんはインディーズという形で活動をしていました。ハチさんとしてこれまで活動してきた米津玄師さんの、初の「米津玄師」名義のアルバムの一曲。

冒頭から非常にインパクトが強い楽曲で中毒性が非常に高く、米津玄師さんの世界観にはまってしまう方が続出しました。

㉔あたしはゆうれい

アルバム「Bremen」に収録された「あたしはゆうれい」は、静かで美しい楽曲に仕上がっており、米津玄師さんファンの中にもこの楽曲をイチオシする声が多いです。また、こちらの楽曲は人気シングル「Lemon」とも関係性がある楽曲でもあります。

「あたしはゆうれい」には「檸檬」が歌詞に登場するなど、歌い方や歌詞に「Lemon」と関連づけられるフレーズが多いので、「Lemon」が好きな方はぜひ合わせて聴いてみてください。

㉕メランコリーキッチン

メジャーデビュー後初のオリジナルアルバム「YANKEE」に収録された「メランコリーキッチン」は、アップテンポながら悲しみのある歌詞が特徴で、米津玄師さんならではの世界観が広がります。明るいメロディーなのに涙が流れるような楽曲で多くのファンに愛されています。

㉖Nighthawks

アルバム「BOOTLEG」に収録された「Nighthawks」もアップテンポでかっこいい楽曲で、非常に中毒性が高い楽曲として知られています。バンド調の楽曲ですが、米津玄師さんによるとBUMP OF CHICKENとRADWIMPSへのオマージュであることを明かしています。

㉗ゆめくいしょうじょ

シングル「ピースサイン」のカップリング曲として制作された「ゆめくいしょうじょ」は、米津玄師さんがハチ名義で制作したVOCALOID曲「沙上の夢喰い少女」のセルフカバー曲で、VOCALOID曲としてはもちろん、米津玄師さん自身で歌う際のアレンジも必見です。

㉘あめふり婦人

米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録された「あめふり婦人」。米津玄師さんらしい曲調とかっこよさのある楽曲で、雨の街を舞台に、女性目線で歌った歌詞についても注目です。

㉙駄菓子屋商売

「駄菓子屋商売」も1stアルバム「diorama」の収録曲です。楽曲のかっこよさはもちろん、曲名に合わせたお菓子の名前や退廃的な歌詞とメロディーが素敵な楽曲です。「チューインガム」の歌い方が中毒性がある、と多くの米津玄師さんファンに支持されている楽曲でもあります。

㉚ナンバーナイン

「LOSER」の両A面シングルとして収録された「ナンバーナイン」は、ルーブル美術館の特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」のイメージソングとして制作されました。公式YouTubeチャンネルでは公開されていないものの、初回限定シングルにはこちらのMVも収録されています。

米津玄師のハチ名義の楽曲一覧

また、米津玄師さんは前述通り、以前は「ハチ」という名義でVOCALOID楽曲を数多く制作・投稿していたことでも知られています。実は「ハチ」「米津玄師」という名前を両方知っている方の中にも、同一人物であることは知らないという方も。

ハチさん名義の楽曲についても様々存在し、2009年からこれまで多くの楽曲が公開されています。その楽曲について、まずは一覧でご覧ください。

「Persona Alice」
「THE WORDLD END UMBRELLA」
「結ンデ開イテ羅刹ト骸」
「Qualia」
「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」
「雨降る街にて風船は悪魔と踊る」
「恋人のランジェ」
「演劇テレプシコーラ」
「リンネ」
「Christmas Morgue」
「パンダヒーロー」
「ドーナツホール」

VOCALOIDブームをさらに盛り上げた楽曲として知られているのが「マトリョシカ」です。米津玄師さんらしい楽曲とかっこいい曲調は多くのファンの知るところとなっています。

また、イベントに際してVOCALOID楽曲を制作したこともあります。「沙上の夢喰い少女」「砂の惑星」も生み出した、米津玄師さんが参加する南方研究所では「WORLD'S END UMBRELLA」などの可愛らしい、米津玄師さんの楽曲とはまた違った世界観も楽しむことができます。

話題のあの曲!米津玄師の提供曲・参加曲もチェック♪

また、米津玄師さんはこれまで様々なアーティストに楽曲を提供、また楽曲制作に参加しています。「Foorin」に提供した「パプリカ」などが代表的ですね。

先ほど紹介した「南方研究所」もそのひとつで、当時はサークルとして楽曲制作に参加しており、「南方研究所」の楽曲の根強いファンも非常に多いです。

米津玄師の今後の活躍から目が離せない!

以上のように、米津玄師さんはこれまで数々の名曲を生み出したアーティストとして知られています。彼の楽曲の魅力はまだまだ留まるところを知りません。今後の米津玄師さんの活躍についても注目していきたいですね。

人気アーティストたちの楽曲の魅力をさらにチェック♪

米津玄師のアルバム一覧|「馬と鹿」「Lemon」収録の最新作はある?
ONE OK ROCKのアルバム一覧|世界でも話題!英語版のアルバムにも注目
BUMP OF CHICKENアルバム・収録曲一覧!最新・オリジナル・ベストまとめ
サカナクションのアルバム一覧|「834.194」からライブ音源まで網羅!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ