小田和正の年齢と衰えない歌唱力が凄い!結婚や子供は?病気は本当?

長きにわたり日本の音楽界で活躍する小田和正さん。衰え知らずのハイトーンボイスが魅力の日本でも指折りのアーティストとして数えられ、今もなお現役でシーンをリードしています。今回は小田和正さんの知られざるプロフィールにクローズアップ!

 小田和正の年齢と衰えない歌唱力が凄い!結婚や子供は?病気は本当?のイメージ

目次

  1. 小田和正のプロフィール
  2. 小田和正の年齢は現在何歳?意外な学歴も!
  3. 小田和正の軌跡!デビューは何歳?ヒット曲は?
  4. 小田和正は結婚している?子供は?
  5. 小田和正はガン?クリスマス特番中止の理由は病気?
  6. 小田和正の年収はやっぱりすごい…!?
  7. 衰えない歌唱力!現在の音楽活動は?
  8. 小田和正の今後の活躍からも目が離せない!

小田和正のプロフィール

・本名:小田和正(おだかずまさ)
・生年月日:1947年9月20日 (年齢 72歳)
・出身地:神奈川県横浜市金沢区
・身長:172cm
・血液型:A型
・参加ユニット: オフコース (1969年 – 1989年)

言わずと知れたジャパニーズポップス界の重鎮です。オフコース時代からソロまで数々のヒット曲を発表し、今や日本の音楽を語る上で欠かせない存在といってもいいでしょう。

中学、高校と野球に明け暮れ、高校時代、野球に熱中するとともに音楽活動を開始しました。それでは小田和正さんの知られざるプロフィールを紹介していきます。

小田和正の年齢は現在何歳?意外な学歴も!

戦後間も無く、1947年に生まれた小田和正さんは、現在72歳になります。今もなお精力的なツアー活動も続けるタフガイとしても知られ、年齢に衰えを見せないところはまさに超人的存在ともいえます。

横浜で生まれ育った小田和正さんですが、神奈川県内有数の進学校である聖光学院高校を卒業すると、東北大学工学部建築学科に進学します。現在も一線を走り続けるアーティストとしては、意外な経歴の持ち主です。

大学在学中は、混声合唱団のテノールとして活躍します。小田和正さんの伸びのあるハイトーンボイスは、この声楽によって鍛えられたものであることがわかります。ちなみに小田和正さんの代表曲の一つである「緑の丘」は、東北大学の校友歌として大学に寄贈されたものだそうです。

同い年の芸能人は?意外な顔ぶれ…!

1947年生まれ、現在72歳の小田和正さんと同い年の芸能人を見てみましょう。

まずはビッグネームからいきますと、ビートたけしさんと同い年です。タレント枠では高田純次さん、井上順さん、平野レミさん、小倉智昭さん、稲川淳二さん、蛭子能収さんなどがいます。

歌手・俳優枠では泉ピン子さん、西田敏行さん、岸部一徳さん、西郷輝彦さん、千昌夫さん、あき竹城さん、寺尾聰さんらがいます。

続いてスポーツ枠ではジャンボ尾崎さん、星野仙一さん、衣笠祥雄さん、若松勉さん、江本孟紀さん、ハンス・オフトさん、アニマル浜口さんなどが挙げられます。

海外大物では、デビッド・ボウイさん、エルトン・ジョンさん、そしてアーノルド・シュワルツェネッガーさんなどが挙げられます。意外な顔ぶれもありますが、なんとも大御所感が噴出したラインナップですね。

オフコースのメンバー鈴木康博との出会いは何歳?

オフコースでギター、ボーカルを担当し、小田和正さんと同数の作品を手がけた鈴木康博さんは、オフコースを語る上では欠かせない超重要人物です。2人は小学校3年生の9歳の時、京浜急行車内で運命的な出会いを果たします。

その当時、2人の少年は、中学受験のために、進学塾へ通う途中でした。しかし、2人は第一志望の栄光学園中学受験には失敗し、結局聖光学院中学校に入学、そのまま聖光学院高校まで同級生として過ごしました。

高校3年生の時、小田和正さんと鈴木康博さんは、学園祭「聖光祭」にて、他のバンド仲間とともにはじめて人前で演奏を披露しました。そして、その後小田和正さんと鈴木康博さんはオフコースとしてデビューを果たしますが、聖光祭への出演はプロとなってからも続けられたのでした。

小田和正の学歴は?東北大・早稲田大で建築を専攻!?

小田和正さんの出身高校は聖光学院高校です。聖光学院高校は古くから進学校として知られており、現在でも偏差値の高い超難関校とされています。横浜市立八景小学校から中学受験に臨み、栄光学園中学には落ちてしまいますが、中高一貫校の難関校である聖光学院中学校に進み、そのまま系列の聖光学院高校に内部進学しています。

高校卒業後は、国立の東北大学工学部建築学科へ進学しています。高校時代に建築模型を作った経験から、建築に興味を持ったため、建築学科へ進みました。当初は医者になるため、千葉大学医学部への進学も検討したとのことですが、見学に訪れた際、消毒液の臭いに耐えかねて進学を断念したという逸話があります。

東北大学を卒業後は、早稲田大学大学院理工学研究科に進学します。最後まで建築の道か音楽の道かと悩んだそうですが、大学院を卒業後、オフコースとして音楽の道を歩みはじめました。こうして振り返ってみると、アーティストとしては珍しくも驚異的な学歴を誇っています。

小田和正の軌跡!デビューは何歳?ヒット曲は?

小田和正さんは大学院を卒業後、音楽への道を歩きはじめました。当時の日本の音楽シーンに、オフコースの音楽はどのように受け止められたのか?小田和正さんの軌跡をたどっていきます。

オフコースがヒットするのは何歳?曲名は?

オフコースのデビューは1970年、小田和正さん23歳の時でした。デビュー曲は「群衆の中で」。当初はアコースティックギターを抱え、フォークソング的な楽曲を歌っていましたが、長らくヒット曲には恵まれませんでした。

オフコースが大ブレイクするのはデビューから7年後の1976年、小田和正さん29歳の時です。楽曲は現在も日本の歌謡曲史上に燦然とその名が輝く「さよなら」です。小田和正さんのハイトーンボイスの魅力が存分に生かされた名曲です。

ソロ活動は何歳から?オフコース解散は?

オフコース時代からソロ活動は徐々にはじめられましたが、1986年にはじめてのソロシングル「1985」がリリースされました。小田和正さん39歳の時です。その後、初のソロアルバム「K.ODA」を発表し、1989年にオフコースが解散すると、ソロ活動を本格化させていきます。

小田和正さん最大のヒット曲は1991年、月9ドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ)の主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」です。オフコース時代には実現できなかった「オリコンシングルチャート第1位」、「シングルミリオンセラー達成」を一挙に成し遂げました。

その後は、ヒットメーカーとして数々の楽曲をリリース、ドラマやCMなどに次々と起用され、幅広い年代に支持されています。

交通事故で重症も…奇跡的な回復!

1998年、小田和正さん51歳の時、全治4週間の重傷となる交通事故を起こしてしまいます。愛車セルシオに乗って関係者とのゴルフコンペに向かうため、高速道路を走行中に事故は起こりましたた。

事故当時は雨が降っており、見通しが悪い中、制限速度80キロのところを20キロオーバーの100キロで走行中にスリップを起こし、コントロールを失った車はガードロープに接触しました。その衝撃で後部座席に投げ出され、救出時は後部座席に横たわった状態だっといいます。幸いなことに後続車による追突や反対車線への飛び出しなどがなかったことで、一命を取り止めました。

小田和正さんはその後、約2週間の入院を経て奇跡的な回復を見せ、事故から2ヶ月後にステージ復帰を果たしています。その時体はまだ完治しておりませんでしたが、見事な歌声を響かせました。

小田和正は結婚している?子供は?

小田和正さんはメディアにあまり出演しないことから、プライベートはベールに包まれています。しかし、これまで幾度かプライベートについて報じられる機会もありました。こ子では小田和正さんの結婚、家庭、お子さんについて調べています。

1982年に一般女性と結婚!妻の年齢や写真は?

1982年、小田和正さんはオフコース時代の35際の時に、一般女性と結婚しています。新井恵子さんと報じられ、横浜出身の当時28歳の方でした。

1981年にオフコースの名曲「I LOVE YOU」が発表されていますが、この曲は小田和正さんが恵子さんに捧げたものとされています。2人は1982年9月に結婚を発表しましたが、この曲には「ああ、早く九月になれば…」という歌詞も記されており、小田和正さんの結婚エピソードを語る上で欠かせない曲となっています。

子供はいない模様

小田和正さんと恵子さんの間には子供はいません。子供を作らない理由を小田和正さん本人が語っています。

「街ではしゃぐ子供がきらいで、もし自分に子供ができた時、そのようにはしゃがない子供を育てる自信がないから作らない」

なんともドライな発言とも捉えられがちですが、自分に厳しくストイックな小田和正さんん人柄が目に浮かぶようです。

結婚式におすすめな小田和正の曲は?

小田和正さんの透き通った声で歌われる優しい曲の数々は、まさに結婚式にふさわしいといえます。結婚式におすすめとされる小田和正さの代表曲を紹介いたします。

・「たしかなこと」
明治安田生命のCMソングとして、多くの視聴者の心をゆさぶった名曲です。やさしくメッセージ性の強いこの曲は結婚式でもとりわけ人気があり、感動シーンを盛り上げています。「両親への花束贈呈」の時や「両親へのビデオレター」のBGMにぴったりです。

・「愛になる」
こちらも明治安田生命CMソングとして知られた曲です。「笑顔はすべてを包む愛になる」という歌詞が印象的で、幸せな笑顔を思い起こさせる感動の歌です。「プロフィールDVD」のBGMにいかがでしょうか?

・「キラキラ」
ドラマ「恋ノチカラ」の主題歌として書き下ろされた代表曲です。「2人の愛はどこまでも続いていく」という前向きな歌詞とみずみずしいサウンドは、明るい結婚式にはぴったりな曲です。「退場」のシーンなど、フレッシュに締めくくりたい時におすすめです。 
  

小田和正はガン?クリスマス特番中止の理由は病気?

紅白歌合戦にも出場せず、音楽番組への出演もほとんどないことで知られる小田和正さんですが、ファンが心待ちにしているクリスマス限定の音楽特番があります。小田和正さんがホストを務める音楽番組「クリスマスの約束」(TBS系)は、2001年にスタートして長らく続く番組です。

しかし、2018年冬、17年続いた当番組が突如中止を発表したことは、ファンを驚かせたとともに落胆させました。理由は一切明らかにされませんでしたが、音楽に妥協を許さない小田和正さんと番組サイドの衝突があったなどと報じられました。

その一方で、本当の理由は小田和正さんはガンであり、特番の中止は体調不良が原因だという噂もささやかれました。毎年精力的にツアー活動で全国を飛び回り、今でも腕立て伏せは軽く100回できるというほどの体力の持ち主ですが、さすがに71歳という年齢は、肉体的な憶測を招く要素となったようです。

小田和正の年収はやっぱりすごい…!?

1970年のデビューから現在まで、およそ半世紀もの間、音楽シーンで現役で突っ走る小田和正んですが、いったい年収はいくらぐらいなのかリサーチしてみました。

これまでにアルバムチャート週間1位の獲得最年長記録や、年間10位以内獲得の最年長記録など、数々の最年長記録樹立を果たしています。これだけ息の長い活躍は当然、レコードの売り上げという印税にも大きく貢献しています。また、毎年開催している全国ツアーチケットは発売後即完となります。現在でもコンサート動員はトップ級であり、これだけでも相当な収入であることが伺えます。

かつて小田和正さんは納税額が1億788万円と報じられたことがあります。ざっくり納税額が1億円というと、年収は3億円と想定できるそうですから、安定的な活動をしている小田和正さんの年収は今でも数億円レベルはくだらないでしょう。

衰えない歌唱力!現在の音楽活動は?

72歳となってもなお現役のアーティストとして精力的に活躍する小田和正さん。衰えをまったく見せない歌唱力はまさに驚異の一言です。小田和正さんの現在の音楽活動に迫ります。

「キーを下げるなら引退」って本当?

小田和正さんの歌い手としてのこだわりに「キーは絶対に下げない」というものがあります。んHKに出演した際、インタビュアーより年齢とキーの関係について問われた時、「オリジナルのキーで歌うことができなくなれば、潔く引退する」とまで答えています。そこには「ファンならオリジナルに近い感じで聞きたいはず」というファン思いの責任感もあるようです。

2019年、2020年のコンサート・ツアー情報がホームページに!

「チケットが取れない」と言われ、プレミア感がますます高まりつつある小田和正さんのコンサートツアー情報が、ホームページに発表されました。2019年、2020年も精力的なツアースケジュールが組まれています。

まだまだ現役の一線で活躍する小田和正さんですが、70歳という年齢は高齢であることは否めません。今、小田和正さんのコンサートに参加することは、日本が誇る音楽界の至宝・小田和正の美声を聞くことのできる限られたチャンスかもしれません。

小田和正の今後の活躍からも目が離せない!

70歳を超えてもなお、現役感バリバリの小田和正さんの活躍には今後も注目です。唯一無二のハイトーンボイスはまさに一聴の価値ありです。

他のタレントについてもっと知りたいという方はこちらの記事もどうぞ

小田和正の関連CM一覧|明治安田生命で曲付き動画が作れる?!
小田和正の結婚相手は新井恵子?馴れ初めや子供がいない理由を大調査!
家入レオの学歴まとめ!憧れの歌手に影響され高校を中退の過去
hydeっていくつ?年齢不詳のイケメン歌手!身長やハーフ説も調査

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ