日本のファンタジー小説おすすめ人気ランキングTOP51|世界観にハマる!

ファンタジーは小説やアニメ、映画でも一大ジャンルに数えられていますが、その中でもオススメのファンタジー小説には、どのような作品があるのでしょうか?今回は、日本のファンタジー小説の中でも特にオススメの作品についてご紹介していきます。

日本のファンタジー小説おすすめ人気ランキングTOP51|世界観にハマる!のイメージ

目次

  1. 魔法に異世界に恋愛…日本のファンタジー小説が面白い!
  2. 日本のファンタジー小説おすすめ人気ランキングTOP51!
  3. ファンタジー小説にワクワクが止まらない!

魔法に異世界に恋愛…日本のファンタジー小説が面白い!

小説、アニメ、映画など、日本には様々なジャンルでファンタジー作品が存在します。日常を世界軸に置いたファンタジーから、魔法やモンスターが登場する異世界ファンタジーまで、その種類は様々。その中でも特に人気の高いファンタジー小説について、ご紹介していきます。

冒険ファンタジー小説におすすめがたくさん!

ファンタジーの中でも王道と言えるのが、冒険ファンタジーです。何かの宝物を手に入れるため、魔王を討伐するためなど、様々な目的で主人公とその登場人物たちが旅をすることで、世界観がどんどん変わっていき、長編の人気作も非常に多いです。

ライトノベルにも冒険ファンタジーは非常に豊富ですが、小説にも様々な種類が。独自性のある世界観を旅する魅力的な主人公たちの姿が見たいなら、まず冒険ファンタジー小説を手に取ってみましょう。

ダークファンタジーも読みごたえあり!

ほの暗い世界観で進むダークファンタジーも近年注目です。ハードな世界観で紡がれるダークファンタジーは男性にも女性にも人気が高いです。魔物や魔王が登場したり、主人公に禍々しくも強大な力が眠っていたり。そうしたファンタジーは多くの読者の心を掴みます。

日本のファンタジー小説おすすめ人気ランキングTOP51!

中でも人気のファンタジー小説にはどのような作品があるのでしょうか?ここで、オススメの日本のファンタジー小説についていくつかご紹介していきます。

日本のファンタジー小説第51位:星新一「おのぞみの結末」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_25377041.html

ショートショートで有名な星新一さんの「おのぞみの結末」は、誰もが憧れるようなシチュエーションの「もしも」を短編小説として描いた短編集で、こちらの1冊に11編のストーリーが集約されています。人々が「もしも」のシチュエーションでどう行動していくのか注目です。

日本のファンタジー小説第50位:古谷田奈月「星の民のクリスマス」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_25937492.html

古谷田奈月さんの「星の民のクリスマス」は、娘が家出をしたことからストーリーが展開していきます。家出をした先は絵本の中。父親は娘を探すために、童話の世界に旅立ち、不思議な世界観の中、娘を探すために奮闘していく姿が描かれている人気ファンタジー小説です。

日本のファンタジー小説第49位:恒川光太郎「雷の季節の終わりに」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_03140827.html

恒川光太郎さんの「雷の季節の終わりに」はホラー小説として出版されています。ある雷の季節、かくれ里に住む少年はある秘密を抱えながら、ファンタジーの世界を生き抜くこととなります。不思議な世界の中で展開していくストーリーに注目のファンタジー作品です。

日本のファンタジー小説第48位:萩原規子「西の善き魔女」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_27711151.html

萩原規子さんの「西の善き魔女」は、ある日母の形見の首飾りを受け取った少女、フィリエルが、その首飾りをきっかけに様々な事件に巻き込まれていくストーリーです。少女の生まれの謎、この世界の真理が交錯し、フィリエルは世界の命運を握ることとなります。

日本のファンタジー小説第47位:川上弘美「七夜物語」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_27099966.html

川上弘美さんの「七夜物語」は、小学四年生の少女・さよがある日学校の図書館で出会った小説を手に取ったことをきっかけに、その夜から不思議な世界「夜の世界」に引き込まれ、様々な登場人物と出会っていく、児童文学としても人気の高いファンタジー小説です。

日本のファンタジー小説第46位:上遠野浩平「殺竜事件」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_28950356.html

上遠野浩平さんの「殺竜事件」は、竜が世界を統べるファンタジー世界で、その力を利用して戦争を止めようと動き出した人間たちが、洞窟の奥地で竜が殺されているのを目の当たりにすることからストーリーが展開します。竜が殺された経緯を探っていくストーリーです。

日本のファンタジー小説第45位:佐藤多佳子「シロガラス」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_29628148.html

佐藤多佳子さんの「シロガラス」は、パワースポットとして人気の白鳥神社を舞台に、そこに訪れた古武術の天才、千里が、その街にクラスメイトたちの姿を見て驚くことからストーリーが展開します。その場所にいるはずのない登場人物たちの謎に迫っていくストーリーです。

日本のファンタジー小説第44位:森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_25471685.html

アニメ映画化もされたことから人気が出た森見登美彦さんの「ペンギン・ハイウェイ」。ある日街中にいるはずのない大量のペンギンたちを目撃します。その謎を握るのは主人公の近所に住むお姉さん。少年とお姉さんの交流から展開していくファンタジー作品です。

日本のファンタジー小説第43位:有川浩「図書館戦争」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_25237200.html

有川浩さんの「図書館戦争」も非常に人気が高いです。近未来的な世界線で、本の取り締まりが厳しくなったことから、図書館は武装し、政府から本を守るために戦うこととなります。ある図書館の職員たちの戦いが描かれた近未来ファンタジー作品として知られています。

日本のファンタジー小説第42位:辻村深月「ぼくのメジャースプーン」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_25361237.html

辻村深月さんの「ぼくのメジャースプーン」は、ある日学校で起こった事件をきっかけに、主人公の幼馴染が心を閉ざしてしまうことからストーリーが展開します。その事件の謎を解き明かすために、主人公が立ち上がり、事件の真相に迫っていくファンタジー作品です。

日本のファンタジー小説第41位:いしいしんじ「トリツカレ男」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_02646241.html

いしいしんじさんの「トリツカレ男」は、ファンタジー世界に取り憑かれ、夢中になって寝ても覚めても様々な幻想に取り憑かれた主人公の姿が描かれた作品です。オリジナリティのある世界観と主人公が突如出会う謎の少女、様々なストーリーが交錯していきます。

日本のファンタジー小説第40位:古川日出男「アラビアの夜の種族」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_02686833.html

古川日出男さんの「アラビアの夜の種族」はエジプトが舞台です。エジプトがナポレオンの艦隊を迎撃するため、奴隷たちが秘策を練って戦うこととなります。主人公たちがどのように戦争に立ち向かっていくのかに注目のファンタジー作品として話題になりました。

日本のファンタジー小説第39位:あさのあつこ「No.6」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_10145465.html

あさのあつこさんの「No.6」も非常に人気です。ある未来都市を舞台に、エリートとして育てられた主人公が謎の少年と出会ったことをきっかけに国を追われ、世界を冒険していくストーリーです。こちらの作品も多くのファンに人気で、アニメ化もされた人気シリーズです。

日本のファンタジー小説第38位:寮美千子「夢見る水の王国」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_03115217.html

寮美千子さんの「夢見る水の王国」も非常に人気の高いファンタジー作品です。ある日主人公のマミコは、漂流した木馬と謎のツノを見つけます。それを見つけた途端、主人公の世界は時の流れが止まり、不思議な世界を旅し、謎の少女と出会うことになるストーリーです。

日本のファンタジー小説第37位:角野栄子「魔女の宅急便」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_01374981.html

ジブリ映画としてもおなじみの角野栄子さんの「魔女の宅急便」。魔女見習いの少女・キキが相棒の黒猫・ジジと共に、魔女として修行するために一人旅を始めることとなります。主人公が訪れた街での人々との交流が描かれた人気ファンタジー小説です。

日本のファンタジー小説第36位:池上永一「シャングリ・ラ」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_03040556.html

池上永一さんの「シャングリ・ラ」は、政府と反政府ゲリラとの戦争を間近に控えたある国が舞台です。主人公はゲリラの一員として戦いに挑むこととなりますが、そこで人知を超えた力によって、政府も反政府ゲリラも圧倒され、世界が一変していくストーリーです。

日本のファンタジー小説第35位:高田大介「図書館の魔女」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_28637355.html

高田大介さんの「図書館の魔女」は、ある鍛治の里に生まれた少年が、王の命令によって塔の魔女であるマツリカに仕えることとなるストーリーです。魔女に仕えることとなった主人公が、魔女と出会い、不思議な世界に引き込まれることとなるストーリーです。

日本のファンタジー小説第34位:佐藤さとる「コロボックル物語」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_03345421.html

佐藤さとるさんの「コロボックル物語」は、コロボックル、つまり小人たちが主人公のファンタジー小説です。コロボックル伝説があるとある山では、コロボックルたちが自然と共に生きています。小さな体を駆使して生き抜く彼らの暮らしが描かれたファンタジー小説です。

日本のファンタジー小説第33位:星新一「きまぐれロボット」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_10161493.html

星新一さんの「きまぐれロボット」も人気の高い児童文学シリーズとして知られており、非常に読みやすいのがその特徴です。きまぐれに家事を行うロボットと、それを開発した主人公がある離島の別荘に出かけ、バカンスを楽しもうとしますが、ロボットをきっかけにその生活が急変します。

日本のファンタジー小説第32位:阿部智里「烏に単は似合わない」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_27214592.html

阿部智里さんの「烏に単は似合わない」は壮大なスケールで描かれた和風ファンタジー作品として話題になりました。人間の代わりに八咫烏が世界を統べる世界で、姫君選びが始まります。ですが、そこで様々な思惑が交わり、姫君選びどころではなくなってしまいます。

日本のファンタジー小説第31位:栗本薫「魔界水滸伝」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_27167039.html

栗本薫さんの「魔界水滸伝」は、邪神に脅かされそうな世界線で、地球軍はそれを迎え撃つために戦力強化を行なっている世界線です。地球軍は多くの人間を巻き込み、邪神との戦いに挑んでいきます。そんな中、平凡な大学生・涼にある異変が起こります。

日本のファンタジー小説第30位:夢枕獏「陰陽師」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_29707119.html

夢枕獏さんの「陰陽師」は平安時代を舞台とした和風ファンタジー作品で、主人公はかの有名な安倍晴明。安倍晴明が相棒と共に、平安の世界観で様々な妖たちと関わっていくストーリーで、その流麗な世界観と読むたびに引き込まれるファンタジーのストーリーに注目です。

日本のファンタジー小説第29位:辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_29638288.html

辻村深月さんの「冷たい校舎の時は止まる」は、学校に閉じ込められてしまった8人の高校生たちが、校内の不思議な世界に巻き込まれていきます。実はこの後者では2ヶ月前に自殺事件が起こっており、そのことが関与し、主人公たちは不思議な世界に巻き込まれていきます。

日本のファンタジー小説第28位:西條奈加「金春屋ゴメス」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_03030536.html

西條奈加さんの「金春屋ゴメス」は近未来的な日本が舞台です。そこになぜか現れた鎖国状態の江戸の国。その江戸に、運よく入ることができた主人公は極悪非道で無慈悲な人物に身請けされることとなり、主人公の命運が大きく変わっていくストーリーです。

日本のファンタジー小説第27位:恩田陸「ライオンハート」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_27139007.html

恩田陸さんの「ライオンハート」の舞台の始まりは17世紀のロンドン。そこから国や時代を経ても、主人公たちは出会い、結ばれ、愛し合う。その時代を経ても変わらない恋が描かれたファンタジーの交差する恋愛小説として、多くのファンに注目されました。

日本のファンタジー小説第26位:江國香織「ホテル・カクタス」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_02452520.html

江國香織さんの「ホテル・カクタス」は不思議な住人たちが住むアパートを舞台としたファンタジー小説です。各階の住人たちのやりとりや不思議な生活が穏やかに描かれており、淡々としていながらも不思議とその世界に引き込まれるようなストーリー展開です。

日本のファンタジー小説第25位:伊坂幸太郎「魔王」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_10133469.html

伊坂幸太郎さんの「魔王」は、ある日主人公が「念じれば対象が必ずその言葉を口にする」能力があることに気づき、そこからストーリーが展開していきます。主人公は復讐のためにその能力を使い、徐々にストーリーが展開していくファンタジー作品として知られています。

日本のファンタジー小説第24位:小野不由美「月の影 影の海 ー十二国記」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_25184841.html

小野不由美さんの「月の影 影の海 ー十二国記」も注目です。小野不由美さんの長編ファンタジー小説「十二国記」シリーズを代表する第1作目の作品で、女子高生が異世界に転生してしまうことから、主人公のファンタジー世界での冒険が始まっていくストーリーです。

日本のファンタジー小説第23位:村上春樹「1Q84」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_29551417.html

村上春樹さんの「1Q84」も非常に有名なファンタジー長編です。「1Q84」という謎のキーワードをきっかけに、2人の主人公が生きていくストーリーで、こちらの作品は多くのファンが続編を買い求めるために長蛇の列を形成するほどの人気作品として知られています。

日本のファンタジー小説第22位:向山貴彦「童話物語」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_27476193.html

向山貴彦さんの「童話物語」は、ある日永遠の世界に住まう妖精が人間界に降り立ち、人間たちの様子を観察し、「地球は滅ぶべきなのか」を考えるストーリーです。ひとりの妖精に地球の明暗が握られており、それを妖精目線から見ることができるファンタジー小説です。

日本のファンタジー小説第21位:酒見健一「後宮小説」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_26301776.html

酒見健一さんの「後宮小説」は、ある国の帝王となった槐宗の後宮を舞台とした物語です。田舎出身ながら物怖じしない豪胆な少女が、様々な場面で活躍し、王妃の座を手に入れることとなりますが、ある日反乱軍を鎮静するために、後宮が群をなして戦うこととなります。

日本のファンタジー小説第20位:茅田砂湖「デルフィニア戦記」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_29327602.html

茅田砂湖さんの「デルフィニア戦記」も非常に人気の高いファンタジー小説シリーズです。全6冊でストーリーが展開し、ファンタジー世界を舞台とした戦乱の世界に主人公が巻き込まれていく姿が描かれています。主人公だけでなく、魅力的な登場人物たちの活躍にも注目です。

日本のファンタジー小説第19位:森見登美彦「夜行」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_29848182.html

森見登美彦さんの「夜行」は、ある少女の姿を忘れられないまま10年の時が経た世界で、主人公たち5人は鞍馬の祭りで再会します。ファンタジー作品の幻想的な雰囲気がありながら、ホラータッチな作品としても知られており、ホラーが苦手でも読めるホラーとして知られています。

日本のファンタジー小説第18位:荻原規子「空色勾玉」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_26249930.html

荻原規子さんの「空色勾玉」は勾玉が鍵を握る和風ファンタジー小説で、舞台は日本。児童文学として執筆された作品ですが、こちらの作品は多くの大人層にも人気が出て、萩原規子さんの代表作にもなりました。闇の一族の巫女であることを知らされた主人公の物語です。

日本のファンタジー小説第17位:香月日輪「妖怪アパートの優雅な日常」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_10124834.html

香月日輪さんの「妖怪アパートの優雅な日常」は、両親を失った主人公が高校進学をきっかけにアパートに入居することとなります。そのアパートは通称「妖怪アパート」と呼ばれており、そこには様々な妖怪たちが住んでいます。主人公と妖怪たちの交流に注目です。

日本のファンタジー小説第16位:水野良「ロードス島戦記」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_29798212.html

水野良さんの「ロードス島戦記」は、ある呪われた島が舞台です。英雄の活躍で長く続いた戦乱が収まりを見せます。ですがその100年後、戦争をしないことを誓いあったはずのふたつの勢力が、また戦いの火蓋を切ろうとすることからストーリーが展開していきます。

日本のファンタジー小説第15位:栗本薫「グイン・サーガ」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_28292492.html

栗本薫さんの「グイン・サーガ」も長編ファンタジー小説として非常に人気が高いです。主人公のグインが、ファンタジー世界をはじめとした様々な世界を旅し、その中で巻き込まれる戦乱、そして魅力的な登場人物たちとの友情や恋模様が描かれている人気シリーズです。

日本のファンタジー小説第14位:田中芳樹「アルスラーン戦記」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_26161058.html

田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」は、陰謀によって国を追われた王子が、多くの仲間たちを引き入れて国を奪還するために戦うストーリーです。圧倒的数の不利を前に、主人公がどのようにして戦いに勝利していくのかに注目の作品。こちらはコミカライズも人気が高いです。

日本のファンタジー小説第13位:新海誠「君の名は。」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_27922202.html

社会現象にもなった人気アニメ映画「君の名は。」は、新海誠監督によって小説版も刊行されており、多くのファンに愛されています。田舎の女子高生と都会の男子高校生が、1日ごとに入れ替わり、お互いの生活を行き来することになるファンタジーとして人気が高いです。

日本のファンタジー小説第12位:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_28616085.html

伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」は近年映画化されたことからも話題になりました。妻に出て行かれた0本な主人公、いじめられていた過去のあるOLをはじめとした様々な登場人物たちが出会い、徐々に成長していくストーリーとして知られています。

日本のファンタジー小説第11位:村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_29677500.html

村上春樹さんの「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」も非常に人気が高いファンタジー作品で、「世界の終わり」と「ハードボイルド・ワンダーランド」の2つのストーリーが交差することで、読者に結末を予想させない展開が待っている人気作品です。

日本のファンタジー小説第10位:筒井康隆「時をかける少女」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_25237198.html

筒井康隆さんの「時をかける少女」もアニメ映画として広く知られています。タイムリープの能力を手に入れた少女が、その力を使って親友の少年を助けるために奮闘するストーリーで、夏の街を舞台とした爽やかな世界観とストーリーが多くのファンに人気です。

日本のファンタジー小説第9位:荻原規子「RDGレッドデータガール」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_29485030.html

荻原規子さんの「RDGレッドデータガール」も多くのファンに人気です。帰省から学生寮に帰ってきた主人公ですが、ルームメイトの様子がおかしいことに気づきます。良い変化ではあるものの、どこか違和感を覚える主人公。ですが、そこにはある奇妙な出来事があったからです。

日本のファンタジー小説第8位:宮部みゆき「ブレイブ・ストーリー」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_28630881.html

アニメ映画として公開されたことでも話題になった人気作・宮部みゆきさんの「ブレイブ・ストーリー」についても注目です。家族を取り戻すために異世界にやってきた主人公が、徐々に精神的にも成長しながら冒険の旅を進めていくストーリーとして知られています。

日本のファンタジー小説第7位:上橋菜穂子「獣の奏者」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_26466856.html

上橋菜穂子さんの「獣の奏者」も非常に人気が高いファンタジー小説です。ある異世界を旅する少女と獣が、様々な登場人物たちと出会い、成長し、様々な出来事に巻き込まれていくストーリーで、こちらの作品はその人気から、アニメ化もされている作品として知られています。

日本のファンタジー小説第6位:森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_10145971.html

森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」も人気です。ある少女に恋心を寄せる「先輩」ですが、少女はその恋心に気づきません。そんな折、主人公たちの周りに奇妙な事件が襲いかかり、主人公たちの距離が一気に縮まることとなります。

日本のファンタジー小説第5位:恩田陸「光の帝国 常野物語」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_28446952.html

恩田陸さんの「光の帝国 常野物語」は「常野」という異能力を持つ一族たちの活躍を描いた短編で、主人公たち一族は異能力を持ちながら、権力や特別な生活を手に入れようとはせず、普通に穏やかに暮らしていますが、その異能力者たちの穏やかな生活に注目です。

日本のファンタジー小説第4位:上橋菜穂子「精霊の守り人」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_27634744.html

上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」は、非常に人気の高い「守り人」シリーズの第1作目の作品で、人間界と精霊たちの世界が交差するファンタジー作品です。その世界観と主人公たち登場人物の関わりから、こちらの作品はアニメ化もされており、多くのファンに知られています。

日本のファンタジー小説第3位:畠中恵「しゃばけ」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_02425830.html

畠中恵さんの「しゃばけ」も多くのファンに人気があるファンタジー作品です。舞台は江戸時代。その世界に住まう妖怪たちの活躍が描かれたミステリー調のストーリーで、多くの続編が刊行されていることからも人気の高いストーリーとして知られています。

日本のファンタジー小説第2位:貴志祐介「新世界より」

出典: https://honto.jp/ebook/pd_25343264.html

貴志祐介さんの「新世界より」は、今からおよそ1000年後の世界を描いたSFファンタジーで、この世界では「呪力」と呼ばれる異能力を持つ人々が、魔物と戦い、使役し、そして彼らの秘密を暴いています。1000年の時が経ってどうしてこのような世界になったのかに注目です。

日本のファンタジー小説第1位:東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

出典: https://honto.jp/netstore/pd-book_26365581.html

日本の面白いファンタジー小説第1位は東野圭吾さんの「ナミヤ雑貨店の奇蹟」です。古びた雑貨店に訪れた3人の悪人。すでに廃業しているはずの雑貨店ですが、そこで不思議な出来事を目の当たりにします。映画化もされた東野圭吾さんの人気ファンタジーです。

ファンタジー小説にワクワクが止まらない!

今回はオススメのファンタジー小説についてご紹介していきました。ファンタジー小説は現実とは異なる世界線を楽しむことができる想像力あふれる作品ばかり。ぜひ気になる作品を手に取って、読んでみてくださいね。

面白い本をさらにチェック!

小説原作のドラマおすすめランキングTOP55!刑事ものから恋愛ものまで!
小説原作の映画ランキングTOP95!2020年に公開の最新映画情報も!
恋愛小説でおすすめの小説を紹介!感動の絶対読むべき恋愛小説51選
伊坂幸太郎の映画化作品一覧|恋愛小説を実写化した最新作が話題!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧
最近公開されたまとめ