• lovely
8月15日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】

8月15日の誕生石・誕生花・星座・運勢・相性は?【365日誕生日占い】

8月15日生まれの人の365日誕生日占いです。8月15日生まれの人の基本的な性格は?恋愛傾向は?スピリチュアルナンバーは?誕生花は?など、8月15日生まれの人のアレコレをチェック!2020年の運勢も各分野ごとに解説します!

265View

記事の目次

  1. 1. 8月15日生まれの運勢【2020年】
  2. 2.8月15日生まれの誕生石は「エピドート」「アメトリン」
  3. 3. 8月15日生まれの誕生花は「モントブレチア」「ハス」
  4. 4.8月15日生まれの星座は「獅子座」
  5. 5. 8月15日生まれのバースデーカラーは「黄色」
  6. 6.8月15日生まれのスピリチュアルナンバーは「6」
  7. 7.8月15日生まれの性格や恋愛傾向
  8. 8.8月15日生まれと相性の良い誕生日・悪い誕生日
  9. 9.8月15日が誕生日の有名人
  10. 10. 8月15日は何の日?記念日や出来事
  11. 11. 8月15日生まれの365日誕生日占いまとめ

8月15日生まれの運勢【2020年】

2020年、8月15日生まれの人の運勢は、どうなっているのでしょうか?

全体運・恋愛運・金運・健康運・仕事運に分けて解説していきましょう。

8月15日生まれの全体運

8月15日生まれの人の2020年の運勢は、好調です。

2020年は、今まで夢見ていたことがどんどんと実現していくタイミング。新しい出会いがあったり、新しい場所へ行ったりと、新しい経験が次々と舞い込んできます。

興味があることなら、飛び込んで吉。2020年の内、前半にアクションの種を蒔いておくと、後半には芽が息吹きます。行動を起こせば起こすだけ良いので、恐れずにチャレンジしていきましょう。

また、2020年は、自分の感情を素直に伝えることが幸運の鍵となります。

モメごとを起こさないように黙り込むことも多い8月15日生まれの人ですが、もう少し感情を表現しても良いのです。特に、恋人や友人などプライベートな関係では、感情に良し悪しはありませんので、衝突が起きたり不満を感じた際には、正直に相手に語り掛けましょう。

8月15日生まれの恋愛運

8月15日生まれの人の2020年の恋愛運は、良好です。

相手に対して愛情をかけた分だけ、愛されると1年となるでしょう。

ただし、恋愛にのめりこみすぎてはいけません。他のことをおろそかにしてはいけませんので、バランスをしっかりと意識することが大切です。

8月15日生まれの金運

8月15日生まれの人の2020年の金運は、良好です。

大きな臨時収入はありませんが、大きな出費もないでしょう。お金に困ることはありません。

ただし、自分の収入にあった支出を心がけることが重要です。収入以上の出費をしてしまうと、とたんに運気が下降していってしまいます。イザというときにお金がなくて借金をするハメになるなど、大きく転落する可能性が出てきますので、手持ちを残しておきましょう。

8月15日生まれの健康運

8月15日生まれの人の健康運は、2020年はまずまずといったところでしょう。

怪我や病気の心配は可能性が低いですが、心のバランスを崩してしまう兆候があります。主に人間関係のストレスが原因となるようです。

8月15日生まれの人は、元々、周囲の人に心を砕く人。優しくしすぎて思わぬトラブルに見舞われたり、しつこく頼られ続けることもあるでしょう。優しさを振りまくのは良いのですが、自分を犠牲にしない程度にとどめておきましょう。

8月15日生まれの仕事運

8月15日生まれの人の仕事運は、2020年、普通です。

2020年は、恋愛に比重をおいてしまいがち。そのため、仕事がおろそかになってしまうかもしれません。バランスをしっかり取りましょう。

2020年に得た信頼は、2021年以降に生きてきます。人間関係を深め、自分の仕事力を磨くことで、2021年以降に大きなチャンスを掴むことができます。

8月15日生まれの誕生石は「エピドート」「アメトリン」

8月15日生まれの誕生石は、エピドートとアメトリンです。

エピドートは、深く暗い緑色をした鉱石。鉄の含有量が多ければより緑色に、アルミニウムの含有量が多ければ灰色がかるとされていますが、実際には、黄色いものから褐色のものまで、カラーバリエーションは豊富です。

柱状に結晶化する鉱石で、いくつかの結晶が集まっていることもあります。エピドートの語源は、ギリシャ語で「増加する」という意味の「epidosis」。和名は「緑簾石(りょくれんせき)」といい、横に広がった様子がすだれのように見えることが由来です。どちらも、形状からつけられた名前ですね。

アメトリンとは、アメジストとシトリンが合わさった鉱石のこと。紫と黄色の2色、または、紫と黄色、そして無色透明の3色となっています。

アメジストは和名を「紫水晶(むらさきすいしょう)」といい、水晶が鉄イオンによって紫色に変色したもの。一方、シトリンは、水晶が加熱され黄色に変色したものです。

この2つの作用が1つの鉱石に起こり、紫にアメジスト化した部分と、黄色くシトリン化した部分が混雑することがあります。これを、アメトリンと読んでいます。

アメトリンの石言葉は、「繁栄」「愛情」など。アメジストとシトリン、両方の意味を持っています。

次へ

関連記事

人気記事

Copyright (C) Lovely