厄除け・厄払いをする時期はいつ?いついくべき?

古くから習慣化されている厄除けですが、年々厄除けに行かれる方は減少傾向です。よって、いざ厄除けに行こうと思っても、どの時期に行けばいいのかわからないという方もたくさんいらっしゃいますよね。そこで、厄除けに行くべき年齢と、適正な時期についてまとめてみました。

厄除け・厄払いをする時期はいつ?いついくべき?のイメージ

目次

  1. 厄除け・厄払いとは
  2. 厄除け対象の年齢・男性
  3. 厄除け対象の年齢・女性
  4. 厄除けとお正月
  5. 厄除けで有名な神社
  6. 厄除けのご利益とは?!
  7. 厄除けは日本以外でも?!
  8. 前厄・後厄でも厄除け?
  9. 厄除け時の服装
  10. 厄除け時期のまとめ

厄除け・厄払いとは

厄払い・厄除けとは、災いを避け安泰に過ごすために祈願祈祷することを指します。お住まいの地方によって、「厄除け」や「厄払い」または「厄落とし」と呼び方は異なりますが、同じ意味で使われていますね。

厄除けは神社のイメージが強いですが、お寺でも行っています。お近くの神社でもいいですし、懇意にしているお寺があれば、そちらで執り行ってもいいでしょう。

厄除けの時期といえば厄年ですよね。スピリチュアルに興味が無くても、厄年になると親御さんや年配の方に厄除けを勧められることもあるのではないでしょうか。

目に見えないものは信じない!とスピリチュアル的なものを嫌う方も多いですが、厄除けは古くから伝わるものですので、祈祷していただいた方が周囲も安心するかもしれませんね。

厄除け対象の年齢・男性

年齢と時期が知りたい

厄年は、男女の違いがあります。年齢は数え年(生まれた年を1歳とする)になります。

男性は25歳、42歳、61歳が厄年にあたり、その中で42歳が大厄と呼ばれています。

ちなみに前厄というのが上記の年齢の前年、後厄というのが上記の年齢の後年で、蒸気の年齢は本厄と呼ばれます。前厄、本厄、後厄の計3年間を一般的に厄年扱いとしていますね。

大厄とは、読んで字のごとく厄年の中でも最も注意すべき厄年です。
厄年に厄除けをする習慣が無くても、大厄の年齢だけはできるだけしておいた方がいいかもしれませんね。
勿論、しなくても何事もなく前厄・本厄・後厄と無事に3年間が過ぎていくかもしれません。しかし、万が一事故や病気がこの3年間のうちに起きたとしたら、年配の方には必ずと言っていいほど「厄除けしてもらっていないから!」と言われることでしょう。

厄除けは安心するために行くようなところもあるので、42歳の大厄だけでも厄除けに行ってみませんか?

厄除け対象の年齢・女性

時期はいつ?

女性の厄年は、19歳、33歳、37歳で、大厄は33歳です。
諸説ありますが、子育ての大変な時期が大厄となっていますよね。これは子育てからの疲れなどによって体調を崩したり病気になったりする年齢だからとも言われています。
厄年の年齢は、生活に密着した決められ方があるようですね。

女性の33歳は、先ほどお話しした通り、子育て真っ只中の方が多いでしょう。
子育て中の時期は、自分のことはとかく後回しにしがちです。風邪をひいて熱を出したからと言っても寝てばかりもいられない時期です。
自分や周囲の安心のためにも、厄除けには行かれた方がいいかもしれないですよね。
お母さんが寝込んでしまうことは、家族にとってとても深刻な問題なのです。

厄除けとお正月

厄除けの時期はお正月でもOK?

厄除けの時期は、地域の風習も関連していて、地域によって時期が異なります。
お正月に行う地域もあれば、節分の時期に行う地域もあります。
大きな神社ですと厄除け大祭のようなものを行っているところもありますよね。

年始から節分までの時期に厄除けをする地域が最も多いようです。確かに年始めに厄除けをした方が気分的にも安心できますよね。

しかし、これは決まり事なわけではなく、その時期を過ぎてから厄除けをしても何ら問題はありません。それ以外の時期でも厄除けの祈祷はしてもらえますので安心してくださいね。ご自分の都合もありますので、行けるタイミングで行けばいいのです。

厄除け・厄払いは、言ってみれば伝統的なスピリチュアルです。
行かなかったからといって悪いことが起きるとも言えませんし、行ったからといって悪いことが起きないとも言い切れません。
厄除け・厄払いは私たちの中の安心材料ですので、タイミングを見計らって祈祷してもらいましょう。

厄除けで有名な神社

せっかく厄除け・厄払いに行くのなら、厄除け・厄払いで有名な神社に行きたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。
実際、有名な神社であっても、ご近所にある神社であってもご利益は変わらないでしょうが、もしかしたら、思わぬ家族旅行のチャンスになるかもしれませんよね。

厄除け・厄払いで有名な神社

*佐野厄除大師(栃木県佐野市)
*川崎大師(神奈川県川崎市)
*西新井大師(東京都足立区)
*成田山新勝寺(千葉県成田市)
*川越大師喜多院(埼玉県川越市)
*由加山瑜伽大権現蓮台寺(岡山県倉敷市)
などがあります。

勿論、まだまだたくさんありますので、年始にどちらかへ行く予定のある方は、その近辺に厄除け・厄払いで有名な神社やお寺があるか調べてみましょう。

■参考記事:厄払い・厄除けにおすすめの神社、コチラもチェック!

厄払い・厄除けにおすすめの東京都内の神社・寺!【ご利益抜群】

厄除けのご利益とは?!

やはりご利益はある!時期をみて行ってみよう!

厄除けの祈祷をしてもらったとして、ご利益とは何なのでしょう。

まずは、厄を遠ざけてくれること。これが一番ですね。
次に、既に憑いてしまっている厄を落とすこと。これもとても大事ですよね。
そして、神仏が厄を身代わりとなって引き受けてくれるということ。なんだかかなり申し訳ない気持ちになってしまいますね…。

このように、様々な方法によって、厄除けのご利益があるのです。

厄除けに行こうと考えたときに、まず気になるのが時期と同様に料金ではないでしょうか。料金が決まっている神社・お寺と、料金の決まっていない神社・お寺があります。
一般的な料金としては、5000円~1万円といったあたりですね。

料金が決まっていないといくら包めばいいかわからなくて不安になるものですよね。多すぎるのもおかしいし、少なすぎると失礼になる気がしますし、料金が曖昧なよりなら、いっそどの神社も料金設定してくれたほうが明朗会計な感じで行きやすくなるかもしれないですね。

■参考記事:神社参拝の仕方、作法とマナーはコチラも参照!

神社参拝の作法:願い事を叶えるお参り方法とマナー

厄除けは日本以外でも?!

海外の厄除けの時期

厄除けは日本だけの風習ではありません。世界各国、スピリチュアルは信じられているのです。

中国では、年女・年男に当たる年が厄年とされているようで、金色や赤い色を身につけて災いから身を守るそうです。わかりやすく素敵な風習ですよね。

そのほか、イギリスでは木の実を焼いたり、トルコでは身代わりとなる泥人形を川に流したり、スペインでは馬肉を食べ夜通し踊り明かすそうです。
お国柄がよく出ている厄除けばかりですね。

スピリチュアルに興味がある方ですと、厄除け効果のあるパワーストーンなどをお持ちの方もいるでしょう。
厄除けと形式ばらなくても、「悪いことから身を守ってくれる」程度の気持ちで、そういったスピリチュアルに触れてみるのもいいかもしれないですよね。
知らないことに触れるのは、生活にちょっとした潤いをもたらしてくれるものです。

前厄・後厄でも厄除け?

本厄以外でお払いの時期は?

基本的には、本厄の年齢に厄除けをしてもらいますが、気になる方は前厄・本厄・後厄と3年間厄除けをしてもらっても構いません。
厄除けしてもらっていないことを気に病むことのほうが、よっぽど精神的に良くないですよね。

厄除けは自分のタイミングで、できれば大安などお日柄のいい日に行きたいものです。大安とかもスピリチュアル嫌いの方には面倒に思われるかもしれませんが、せっかく行くのなら気分よく行きたいですし、大安で都合のつく日を選んでみてください。

大安は、六曜の中で最も良き日といわれています。大安は何を行うにも縁起のいい日ですので、せっかくですから大安を選んで、大安の日に祈祷してもらってはいかがでしょう。

厄除け時の服装

服装は、男性は紺色のスーツ、シャツは白、足元は革靴がベストです。
女性は、落ち着いた色合いのスーツかワンピース、スカートは膝が隠れるくらいの長さにしましょう。

祈祷に訪れるのですから、浮ついた気持ちや服装にならないように注意したいですね。

大安を選んで行かれる場合、神社側も忙しいかもしれませんよね。神社によって事前予約不要の場合が多いですが、特に大安の場合はマナーとして一度お伺いを立てたほうが大人として気配りを感じます。
料金設定のハッキリしていない神社の場合でしたら、その時にさりげなく料金の話もしてみるといいでしょう。

前厄・本厄・後厄どの場合でも同じことが言えるのではないでしょうか。

厄除け時期のまとめ

厄除けについて理解していただけたでしょうか。スピリチュアルの中でも、厄除けは最も身近に感じられるスピリチュアルですよね。
厄除けの適正時期はあっても、自分のタイミングに合うかどうかは別問題でしょう。タイミングさえ合うのであれば適正時期に行きたいものですが、タイミングが合わない場合は、ご自分のタイミングで行くしかありません。

適正時期とずれたタイミングだからといって、神社やお寺に嫌な顔をされることは100%ないので安心して行ってきてくださいね。

前厄・本厄・後厄のどの時期に厄除けをしてもらうかも、個人の判断でいいのではないでしょうか。厄除け自体、決まり事ではありません。
普段から気にしてしまう方は、前厄の年にまず一度祈祷してもらったほうが気が楽になるでしょうね。そうでもない方は、本厄の年に祈祷してもらうだけでもいいでしょう。

ご自分の生活スタイルに合わせて、厄除けの祈祷に行ってみてくださいね。

神社参拝についてもっと情報を知りたいアナタに!

神社本庁とは?【大人の常識】
神社の参拝時間帯は朝がいい?夕方・夜はよくない?
仕事運が上がる神社・パワースポット35選!金運もアップする!
神社とお寺の5つの違いと見分け方:初詣に行くのはどっち?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ