野外セックスのやり方と注意点5選!青姦を楽しもう!【大興奮】

人によって興奮するセックスのやり方は違います。中には、野外セックスでないと興奮できないという人もいます。しかし、野外セックスには大きなリスクが多々あります。野外セックスをするときにはどのようなやり方や、注意点があるのでしょうか?

野外セックスのやり方と注意点5選!青姦を楽しもう!【大興奮】のイメージ

目次

  1. 野外セックスを楽しもう
  2. 青姦とは野外セックスのこと?
  3. 野外セックスをする刺激以外の目的
  4. 野外セックスに興味を持つ
  5. 野外セックスの魅力
  6. 野外セックスの注意点 (1)公然わいせつ罪
  7. 野外セックスの注意点 (2)盗撮
  8. 野外セックスの注意点 (3)絡まれる
  9. 野外セックスの注意点 (4)性病
  10. 野外セックスの注意点 (5)同意が必要
  11. 野外セックスのやり方 (1)場所選び
  12. 野外セックスのやり方 (2)公園は避けるべき
  13. 野外セックスのやり方 (3)ファッション
  14. 野外セックスは自己責任

野外セックスを楽しもう

長く付き合っていて、いつも同じようなセックスのやり方をしていると飽きてしまうことがあります。セックスは恋人関係を良好に保つために重要な行為です。そのセックスがマンネリ化してしまうと2人の関係が悪くなってしまうこともあります。

セックスのマンネリ化を解消するために、攻め方を変えたり、グッズを使ったりなどの努力をするカップルもいます。これらの他に、新しい刺激を求めて野外セックスに挑戦しようとするカップルもいます。この野外セックスは注意する点が多々あります。

青姦とは野外セックスのこと?

野外セックスのことを青姦と呼びます。今のようにラブホテルが身近な存在ではなかった時代に青姦をするカップルがいたそうです。しかし、現在ではラブホテルが普及して、一人暮らしの人が増えたり、両親が共働きなど、セックスがしやすい環境が増えてきました。

なので、今では青姦でないとセックスができないという状況ではなくなってきました。しかし、AVなどが普及したことで、青姦をテーマにした映像などが観られるようになりました。このことにより、青姦はセックスする場所がなくて行う行為ではなく、新しいセックスの刺激を求めて青姦が行われるようになってきています。

野外セックスをする刺激以外の目的

上記で述べた通り、現在はセックスがしやすい環境が整っています。しかし、それでも実家暮らしや、ラブホテルが近くにないなど、いろいろな理由から野外セックスをするカップルもいます。

また、ドライブで出かけた先で盛り上がってしまい、そのまま車の中でセックスをしてしまったり、単純にラブホテルを利用するお金がないというカップルもいるようです。


◆関連記事:場所を変えればマンネリ化防止!?

セックスのマンネリ化の解消法!これでセックスレスにならずにすむ!

野外セックスに興味を持つ

多くの人がAVで野外セックスの映像を観ることで野外セックスに興味を持ちます。最初は意識していないくても、セックスのマンネリ化などによって、野外セックスが新しいセックスの方法として候補に挙がってきます。他にも候補があるので、優先度は低いことが多いです。しかし、他の方法も試し終わるたびに、野外セックスの順位が上がってきます。

また、AVはスマホなどでも手軽に観れるようになりました。手軽にAVが観れるようになったことで、多くのジャンルのセックスを観るようになります。何気なく野外セックスの映像を観たことで、頭の片隅に野外セックスが残るようになります。

野外セックスの魅力

屋外でセックスをするということは、通常のセックスではあまりない状況です。この屋外でセックスをすることで、より興奮する人もいます。その理由は人に見られるかもしれないというスリルです。人は危険なことに惹きつけられます。

また、屋外でセックスは本来してはいけないことです。そのいけないことをしていることに対しても興奮します。このリスクと、してはいけないことをしているということが野外セックスの魅力と感じる人は多いです。

野外セックスの注意点 (1)公然わいせつ罪

当然ながら、屋外でセックスをするということは本来してはいけません。なので、野外セックスで何が起こったとしても自己責任となります。それだけのリスクを承知でも、野外セックスをしたいのであれば、そのリスクについて知っておく必要があります。

屋外でセックスをするということは人に見られる可能性があるということです。人に見られると通報されてしまうこともあります。このとき、最悪の場合、逮捕という可能性もあります。また、今は防犯のためにカメラが設置されていることも多いです。誰にも見られることのない場所であっても、防犯カメラに写ってしまう可能性もあるので注意が必要です。


◆関連記事:オイルセックスってなに!?

オイルセックスの方法!ベビーオイルを使うと超気持ちいい!

野外セックスの注意点 (2)盗撮

防犯カメラではなく、人に見られることで、その人に隠れて盗撮されるという可能性もあります。今はスマホで簡単に高画質で録画できるうえに、インターネットで公開することも簡単です。一度インターネットに上がってしまうと、全てを回収、削除することは不可能です。

野外セックスの注意点 (3)絡まれる

通報や、カメラで盗撮されることも困りますが、人に見つかって絡まれてしまうともっと厄介なことになりかねません。場合によっては暴力事件に発展しないとも限りません。また、セックスの一部始終を盗撮されて、脅しの材料にされてしまっても大変です。

野外セックスの注意点 (4)性病

セックスは非常に繊細な部分を露出しなければなりません。屋外では多くの雑菌が付きます。男性器や女性器に菌が入ってしまい、大変なことになる可能性があります。また、コンドームをしたとしても、屋外であれば手を洗うことができないので汚れた手でコンドームを触ることになります。

このときコンドームの表面が汚れてしまっては意味がありません。また、屋外では野ざらしなので、セックスの最中にどのような菌が付着するかわかりません。

野外セックスの注意点 (5)同意が必要

当然ながら、セックスをするには相手の了承をもらわないといけません。恋人であれば、普段からセックスはしているので問題はありません。しかし、それは通常のセックスであって、野外セックスではありません。

どちらかが野外セックスをしたいくても、相手に断られてしまうと野外セックスをすることはできません。また、野外セックスを受け入れたとしても、上記のようなリスクについて、両者が知っておく必要があります。どちらかが野外セックスをしたいがために、嘘をついてまで強行してはいけません。

野外セックスのやり方 (1)場所選び

上記以外にも野外セックスに多くの注意点があり、またリスクのあることです。場合によっては犯罪になってしまうこともあります。それらのことを理解したうえでも、野外セックスがしたいというのであれば自己責任となります。ここに書かれていることは、あくまでも知識の1つとして捉えてください。

野外セックスで最大の注意点は人に見られる可能性があることです。なので、人に見られないような場所選びをすること、または見られるようなことがあっても逮捕されてしまうことのないような場所を選ぶことが重要です。

自身が所有する土地の敷地内や、土地の持ち主に了承をもらっていれば、通報されても逮捕まで至らず、注意で済む場合もあります。しかし、それでも逮捕に至ってしまう場合もあります。また、注意されるだけで済んだとしても、周辺の人たちにすぐに噂は広まって、白い見目で見られるようになってしまう可能性は大きいです。

人に見つかりにくい場所の定番として、公衆トイレがあります。身体障害者用のトイレであれば、適度な広さがあり、鍵をかけることができます。しかし、トイレはセックスするには不衛生な環境です。その前に、身体障害者用のトイレを占有することは明らかなマナー違反です。

また、通常のトイレの個室も鍵をかけることができ、人の目を遮ることはできます。しかし、スペースは狭く、他の利用者がトイレに入ってくることもあります。どれだけ息を潜めても、何となく不信感を持たれてしまうこともあります。なので、野外セックスに適した絶対に安心という場所はありません。

野外セックスのやり方 (2)公園は避けるべき

野外セックスを深夜の公園でするという人もいますが、危険すぎるので止めた方が良いでしょう。深夜で人の気配がしなくても、散歩をする人や、帰宅の通り道にしている人、行くところがなくなったときにとりあえず溜まる場所にしている人など、意外と深夜でも公園を利用する人は多いです。誰も来ないだろうと油断していると、見られる可能性があります。

野外セックスのやり方 (3)ファッション

野外セックスは手早く済ませることも重要です。セックスにかける時間が短ければ、それだけ人に見られるリスクを減らすことができます。なので、手早くセックスができるようなファッションをしておかないといけません。

男性はチャックの着いたズボンであれば、スボンを脱がなくてもチャックから男性器をだけを出すことができます。女性はスカートであれば、めくりあげることで女性器を出すことができます。これらの服装であれば、人の気配を感じたときにすぐにセックスを中断することができます。

野外セックスは自己責任

セックスは楽しんで行う方が恋人関係を良好に保てます。しかし、セックスもマンネリ化してしまうときもあります。そんなときに新しいセックスのやり方として、野外セックスをするカップルもいます。

野外セックスで興奮するという人もいますが、リスクは大きいです。できれば、パートナーをトラブルに巻き込まないようにするためにも、2人きりの空間でセックスする方が良いでしょう。それでも野外セックスをしたいという場合は全て自己責任と理解しておきましょう。

もっとセックスについて知りたいアナタはこちらもチェック

エッチの場所特集!こんなところでセックスしちゃいました!【驚愕】
年の差カップルのセックスの悩み7選とその解決策をご紹介!
テレフォンセックスの方法!電話でセックスを楽しもう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ