ポニーテールは前髪で可愛く!【前髪あり・前髪なし・伸ばしかけ】

すっきり女性らしいヘアスタイルのポニーテール。 実は、前髪のアレンジでもかなり印象が変わるのをご存知ですか? いつも同じようなポニーテールになってしまう人は必見。 前髪あり・前髪なし・伸ばしかけ前髪それぞれのポニーテールアレンジを紹介していきます。

ポニーテールは前髪で可愛く!【前髪あり・前髪なし・伸ばしかけ】のイメージ

目次

  1. ポニーテールは前髪次第でアレンジ可能♡
  2. 【前髪あり】ポニーテールアレンジ①カールのオン眉
  3. 【前髪あり】ポニーテールアレンジ②ぱっつん前髪+くるりんぱ
  4. 【前髪あり】ポニーテールアレンジ③カールで大人に
  5. 【前髪あり】ポニーテールアレンジ④ふんわり感
  6. 【前髪あり】ポニーテールアレンジ⑤前髪をサイドへ
  7. 【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑥すっきり元気に
  8. 【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑦ラフ感を出して
  9. 【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑧くるりんぱでクールに
  10. 【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑨オフィスにもOKのふんわり
  11. 【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑩強めカール
  12. 【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑪真ん中分け
  13. 【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑫少なめ前髪で上品に
  14. 【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑬ヘアアクセを活用!
  15. いつものポニーテールに前髪でおしゃれをプラス♡

ポニーテールは前髪次第でアレンジ可能♡

ポニーテールって、夏は涼しげですし、冬はマフラーに合うしでかなり優秀なヘアスタイルですよね。
お気に入りのヘアスタイルにしている方も多いのではないでしょうか?
そんなポニーテールも、実は前髪あり・前髪なし・前髪伸ばしかけ…それぞれでかなり印象が異なります。

あえて前髪なしにしてポニーテールを作るのも、ぱっつん前髪を可愛く垂らすのも、伸ばしかけ前髪も流すのもそれぞれ違ったイメージがあって、その日のファッションに合わせて前髪ヘアスタイルを変えることができます♪

では、ポニーテールのヘアスタイルには、どんなアレンジスタイルがあるでしょうか?
実際に皆さんがしているポニーテールのヘアスタイルについて、前髪を使ったオシャレな髪型をまとめてみました。
前髪あり・前髪なし・伸ばしかけ前髪の3パターンに分けて紹介していきますので、いつものポニーテールをちょっと変化させるのにぜひ参考にして下さい♪

【前髪あり】ポニーテールアレンジ①カールのオン眉

まずはこちらのぱっつん前髪がとっても可愛い前髪ありのポニーテールアレンジ。
前髪自体はちょっと長いかな、と感じる人でも、写真の方のようにカールさせることで長い前髪をオン眉までもっていくことができます。
長い前髪を巻くことで、トレンド感も出ますしかなりおすすめの前髪ありスタイルです。

後ろのポニーテールは手串で無造作にくくってまずはゴムで留めてください。
そのあと、トップにボリュームを出すために少しずつ上に上に引っ張り出していい感じのボリュームになるまで整えましょう。
最後に、ポニーテールを縛っているゴムを髪の毛で巻きつけて隠せたら完成です。
最初にゆるく巻いておけばより一層かわいく女性らしいぱっつんポニーテールアレンジになりますよ。

【前髪あり】ポニーテールアレンジ②ぱっつん前髪+くるりんぱ

こちらは、ぱっつん前髪を少しだけカールさせて自然な感じで流すアレンジを加えた前髪ありポニーテールです。
ぱっつんの前髪自体には束感を持たせてカールした上にワックスで少し整えてありますね。
後ろのポニーテールは、くるりんぱを使って上品な印象に仕上げています。
低い位置でのポニーテールはこちらの写真のように、タートルネックにぴったりで、冬のコーディネートにもとっても似合うヘアスタイルですね。

ぱっつんの前髪の束感とイメージを合わせるようにしてサイドの後れ毛も束感を持たしながらちょっとずつ出してみてください。
写真のように、ぱっつんの前髪とサイドの前髪、ポニーテールがきれいにつながり、全体的にまとまった印象のヘアスタイルになります。
ぱっつん前髪って、ポニーテールと完全に分断された印象になりがちですが、このように後れ毛を上手に使うことでぱっつんの前髪とポニーテールに一体感が生まれ、ヘアスタイルがなじむようになります。

【前髪あり】ポニーテールアレンジ③カールで大人に

こちらはぱっつんの前髪を横にカールで流すアレンジです。
ちょっと長い前髪も、このようにカールで横に流すことで目にかかるうっとうしさを消すことができます。
また、長い前髪だからこそできる上品な流すカールも、長い前髪ならでは。
前髪はあるほうがいいけれど、幼いイメージになりたくないという方は前髪を長い目に切って、こちらのヘアスタイルのように流すようにカールさせるのがおすすめです。

ポニーテール自体は後ろの高い位置で手串っぽく無造作にむすび、少しラフな感じに仕上げています。
最後に後れ毛を出して、こなれ感もプラス。
トップスがドルマンスリーブのニットなので、ポニーテールもちょっと緩い感じで後れ毛を出すくらいがちょうどいいですね
サイドの長い髪もちょっとだけ引っ張り出して適当に動きをつけて流すだけで、全体的にふんわりとした女性らしいポニーテールになります。
大きめのリボンも小顔効果があるので、ぜひ取り入れたいアイテムですね。

【前髪あり】ポニーテールアレンジ④ふんわり感

こちらは、とってもガーリーで男ウケばっちりな前髪ありのポニーテールアレンジです。
作り方はとっても簡単で、まずは事前に毛先だけを軽く巻いて、ふんわり感を出しておきましょう。
全体的にふんわりと巻けたら、後ろで髪の毛を束ねてゴムで留めます。
束ねた髪の毛の一部でゴムの周りをぐるりと一周させ、ピンで固定します。
最後に、結んだ髪の毛をちょっとずつ引っ張り出してさらにふんわり感を持たせれば出来上がり。

ちょっと長いぱっつん前髪は、あえてカールさせたり流すなどのテクニックを使わずに、つやつやサラサラの状態でおろしておくことで、ちょっと幼く見える印象を与えることができ、男ウケバッチのヘアスタイルに。
後ろの髪の毛がこなれ感のあるおしゃれなポニーテールなので、前髪自体に大きな変化をつけなくても、これだけ可愛く仕上がるんですね。
ちょっと慣れたら朝の忙しい時間帯でも5分もあれば作れるので、ぜひマスターしてください。

【前髪あり】ポニーテールアレンジ⑤前髪をサイドへ

こちらは、長い前髪をカールさせて横に流すアレンジの前髪ありのポニーテルアレンジです。
普通に垂らすとちょっと長いかな、というくらいの前髪をヘアアイロンで内側にカールさせサイドに流すことで、写真のようなきれいな前髪が出来上がります。
毛質が柔らかく、キープ力に自信がない方は、固めるタイプのヘアスプレーをブラシにさっとふりかけ、1度前髪をとかしてください。
そうすることで、きれいなサラサラの状態でヘアスプレーをつけることができます♪
直接振りかけてしまうと、スプレーの風でせっかくきれいに流すことができた前髪も崩れちゃうので注意してください。

後ろのポニーテールは、まず事前にちょっと細めのコテで硬めにしっかりと巻いておきましょう。
ミックス巻きで硬く巻いたら事前の準備は完了。
後は、しっかりと髪の流れをきれいにきちっとポニーテールを作ります。
そのあと、ポニーテールの一部の髪の毛をとり、ねじりながらゴムの周りに巻き付けてピンで留めましょう。
最後に、ポニーテールとして垂れている部分をのカールを適度に崩して大きく膨らませてください。
上品な印象のポニーテールなので、カールのボリュームを抑えればオフィスにもOKですし、逆にカールをボリューム多めにすると、結婚式などのお呼ばれヘアーにも使えます♪

【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑥すっきり元気に

こちらは前髪なしのポニーテールのアレンジです。
まずは事前に太目のコテで髪全体を巻いておきましょう。
この時に、ミックス巻きではなく内巻きか外巻き、どちらかに統一させて巻いておくようにして下さい。
そのあとは、前髪を一緒に結んでポニーテールを作り、ポニーテールの一部の髪の毛でゴムの周りを一周させれば完成です。

ポニーテール自体は真ん中で作っても、髪の毛の束をカールでまとめてサイドに流すことで、全体的にまとまってすっきりした印象のポニーテールになります。
夏の暑い日などには、うなじにかかるカールの髪の毛もうっとうしいときがあると思うのでぜひお試しを。

【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑦ラフ感を出して

こちらは、年齢問わず使えるポニーテールアレンジ。
まずは全体的に緩くミックス巻きにしておいて、事前の準備はOKです。
サイドの髪の毛を残して、手串でラフな感じにポニーテールを作ります。
この時に、前髪も一緒にポニーテールの中に入れちゃいましょう。
そのあと、残しておいたサイドの髪の毛をねじりながら後ろへもっていき、ゴムの周りをぐるりと一周。
最後にピンで留めれば出来上がりです。

ポニーテールの先の部分のカールのボリュームはお好みのボリュームに調節してください。
ボリュームを変えることでまたそれぞれ印象が異なりますので、その日のコーディネートに合わせるのがいいでしょう。

【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑧くるりんぱでクールに

こちらはちょっとクールに決めた前髪なしのポニーテールです。
こちらも、事前に太目のコテで緩く巻いておいてからポニーテールを作ります。
ポニーテールを作る位置は、大体耳の横らへんの高さですが、作っているうちに下がってきてしまうことが多いので、最初は高めに作るのがポイント。

ラフな束ね方で高めの位置にポニーテールを作ったら、1回2回くるりんぱを作ります。
くるりんぱを何回作るかは、お好みでOKです。
これだけでとってもオシャレなまとめ髪ポニーテールの完成です。
暑い夏の日にぴったりで、ちょっとクールな大人の女性のイメージを与えてくれるヘアスタイルですね。

【前髪なし】ポニーテールアレンジ⑨オフィスにもOKのふんわり

こちらは、大人の女性にぴったりの前髪なしポニーテールです。
まずは全体的にかるく巻いてふんわりさせてください。
それが完了すれば、前髪はあえて残して、後ろのちょっと低めの位置でポニーテールを作ります。
そのあとは、先ほど残しておいた前髪をねじねじしながら後ろにもっていき、最後にゴムの周りをぐるりと一周させてピンで留めれば完成です。

ポニーテールの位置が低いことで、とってもお上品な印象になりますから、年齢を選ばないヘアスタイルですし、オフィスでのヘアスタイルにもGOODです。
前髪をねじねじしてから後ろに回すことでキープ力もアレンジ力も高まって、とってもオシャレな印象ですね。

■参考記事:前髪なしのヘアスタイルを可愛く!コチラもチェック♪

前髪なしヘアアレンジが可愛い!【ショート・ミディアム・ロング】

【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑩強めカール

ちょっと伸ばしかけでどうすればいいかわからない長めの前髪は、こちらの写真のように思い切って強めのカールで巻いて持ち上げてぱっつん前髪風にするのもいいでしょう。
前髪が伸びて、うっとうしくて…伸ばしたいと思いつつも、ついいつもぱっつんまで切ってしまう…という方も多いと思いますが、こちらのアレンジをしていれば、ぱっつん前髪の気分を味わいながら前髪を伸ばすことができますよ。

後ろの髪の毛は、くるりんぱを2回ほど使ったポニーテールです。
事前にミックス巻きにしてから、くるりんぱを2回くらいすることで程よくボリューム感が出るので、小顔効果も出て、女性に嬉しい髪形です。

【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑪真ん中分け

伸ばしかけの前髪がうっとうしいときは、思い切って真ん中で分けてみるのもおすすめです。
いつもサイドに流している方は特に、前髪を真ん中で分けるだけでもかなりイメチェンになりますよね。
写真の女性のように、ちょっと毛先を緩くカールさせてから前髪を分けるとこなれ感が出てGOODですよ。

ポニーテールは毛先を軽く巻いた後に作って、ちょっと高めの位置でくるりんぱをしてください。
お好みのボリュームで、2回ほど作ってもいいですね。
すっきりまとまったポニーテールなので、ポイントのピアスも映えてとってもオシャレな印象です。

【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑫少なめ前髪で上品に

こちらは伸ばしかけの前髪を上品にサイドに流したヘアアレンジです。
後ろの髪の毛は、トップの高い位置からくるりんぱをしてポニーテールを作ります。
ゴムの周りに髪の毛をぐるりと一周させるのも忘れずに。
くるりんぱをした後にしっかりとゴムで固定したら、ちょっとずつお好きなボリュームが出るまで髪の毛を引っ張り出しましょう。

あえて少なめに残した前髪は、おでこに沿ってサイドに流すようにしてください。
少なめに残した前髪に少しの動きを出すことでこなれ感が出ますし、清潔感もあります。
写真のようにきれい目のコーディネートにもぴったりのヘアスタイルですね。

【前髪伸ばしかけ】ポニーテールアレンジ⑬ヘアアクセを活用!

伸ばしかけの前髪がうっとうしいときは、やっぱりサイドに流すのが一番です。
でも、普通にサイドに流すと、前髪を持て余している感が出てしまいがち…。
そんな時には、写真のようにヘアアクセにも頼りましょう。

こちらは、普通の高めのポニーテールに、ゴムの周りをぐるりと一周髪の毛を巻きつけて作ったポニーテールです。
前髪はちょっと眺めで、軽くカールさせて流しています。
これに、一つ、ペイズリー柄のバンダナをつけていますが、これがあるだけでかなりオシャレ度が上がると思いませんか?
前髪を持て余している感も消え、さらに髪型のキープ力も上がるのでとっても優秀なアイテムです。

■参考記事:伸ばしかけ前髪が邪魔な時のアレンジもチェック!

前髪が邪魔な時の可愛いアレンジ!伸ばしかけの髪を留めるだけ!

いつものポニーテールに前髪でおしゃれをプラス♡

いかがでしたか?
前髪あり・前髪なし・伸ばしかけ前髪、それぞれのヘアスタイルを紹介してきました。
どのヘアスタイルもとっても可愛く、真似したくなるものばかりでしたね。
前髪は割とすぐ伸びるので、伸ばしかけ前髪のアレンジや、前髪ありのアレンジは「したい」と思ったら、ちょっと伸びるのを待ってみてもいいですね。
いつもぱっつんまで切ってもすぐに「前髪長いな~」と感じてしまう人は、あえてすぐにぱっつんに切らずに、伸ばしかけ前髪のヘアスタイルや前髪なしのヘアスタイルを楽しんでみるのもいいかもしれません。

シンプルがゆえに、なんとなく同じようなイメージになってしまいがちなポニーテールですが、今回紹介したように前髪一つでかなりおしゃれの幅が広がります。
印象も大きく変わってきますので、その日のコーディネートに合わせてヘアスタイルを変えるのもGOOD。
ヘアスタイルもコーディネートの一部として、ぜひ取り入れてみてください。
できるだけ、簡単で、サロンに行かずに自分でできるものばかりを集めましたので、不器用さんもぜひ挑戦してみてくださいね。

ポニーテールのアレンジについてもっと情報を知りたいアナタに!

可愛いポニーテールの仕方!簡単ヘアアレンジ11選紹介!
大人ポニーテールのアレンジ15選!品があってモテる!
ポニーテールのアレンジ特集!おしゃれで簡単に可愛くなる!
ポニーテールは後れ毛で可愛く!色っぽく見せるコツは?

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ