アナルセックスは気持ちいい?快感について解説します!

セックスのマンネリ化を防ぐために、アナルセックスに挑戦しようとするカップルもいます。しかし、アナルセックスはすぐに気持ちいいと感じれるものではありません。気持ちいと感じるためには準備が必要です。では、気持ちいいアナルセックスはどうすればいいのでしょうか?

アナルセックスは気持ちいい?快感について解説します!のイメージ

目次

  1. アナルセックスは気持ちいい?
  2. アナルの開発と拡張 (0)触る
  3. アナルの開発と拡張 (1)物を入れてみる
  4. アナルの開発と拡張 (2)挿入する物を太くしていく
  5. アナルの開発と拡張 (3)気持ちいいポイントを探る
  6. アナルの開発と拡張の注意点 (1)痔になる
  7. アナルの開発と拡張の注意点 (2)緩くなる
  8. アナルの開発と拡張の注意点 (3)便が我慢できなくなる
  9. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (1)準備
  10. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (2)ほぐす
  11. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (3)指などを挿入する
  12. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (4)グッズなどを使う
  13. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (5)挿入する体位
  14. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (6)挿入時の注意
  15. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (7)動かし方
  16. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (8)刺激してもらう
  17. 気持ちいいアナルセックスでイク方法 (9)抜くとき
  18. 気持ちいいアナルセックスを楽しむために

アナルセックスは気持ちいい?

アナルは便が出るところです。なので、汚い部分として、大好きな彼氏であっても、見られたり、触られたりなどすることを嫌がる女性は多いです。しかし、中には、このアナルを刺激してもらうことで快感を得ることができる女性もいます。

アナルで快感を得るためには、触ったり、舐めたり、指や物を入れたりする方法があります。さらには、アナルに男性器を挿入するアナルセックスという行為もあります。アナルは汚いところで、見られることすら恥ずかしい部分ですが、普段のセックスがマンネリ化してきたとき、アナルに興味を持ち始める女性は多いです。

このアナルセックスは誰にでもできるものなのでしょうか?また、アナルセックスで快感を得ることはできるのでしょうか?

■参考記事:セックスのマンネリを防ぐには?コチラも参照!

セックスのマンネリ化の解消法!これでセックスレスにならずにすむ!
エッチを毎日するカップルの実態7選!マンネリ化しないの?

アナルの開発と拡張 (0)触る

いきなりアナルセックスに挑戦しても、うまくいく人は少ないでしょう。快感を得るどころか、男性器が挿入できないこともあります。これは、アナルの拡張ができていないからです。また、挿入に成功しても、開発が不十分だと快感を得ることができず、イクことができません。むしろ、痛みを感じてしまうこともあります。

これらのことを避けるために、アナルセックスに挑戦する前にはアナルの拡張や開発などの準備が必要です。まずはアナル触ってほぐすことから始めてみましょう。アナルへの刺激に慣れることと、アナル周辺の筋肉を柔らかくすることが目的です。

肛門はデリケートな部分です。なので、触る前には手を清潔にしておきましょう。また、傷をつけないように爪は切っておきましょう。衛生面が気になる人は指にコンドームやアナル用の指サックなどを着けても良いでしょう。ローションで滑りを良くしたり、感度を上げることも有効です。

アナルの開発と拡張 (1)物を入れてみる

アナル周辺の筋肉がほぐれてきたら、アナルに物が入りやすくなっています。まずは指を入れてみると良いでしょう。先に述べた通り、アナルはデリケートな部分です。なので、アナルの内側を傷つけないように爪は必ず切っておきましょう。また、指は綺麗にしておきましょう。指にコンドームやアナル用の指サックなどを着けておくと、衛生面も安心です。

まずは無理をせず、指をアナルに入れることだけにしましょう。痛みや違和感を感じた場合はすぐに止めましょう。無理に指を深くまで挿入したり、激しく動かしたりなどしてはいけません。アナルの内側を傷つける原因となってしまいます。

■参考記事:アナルへ指入れ、気持ちいい方法は?コチラも参照!

アナルの指入れの気持ちいい方法7選!指入れしてくる男の心理も解説

アナルの開発と拡張 (2)挿入する物を太くしていく

アナルに指が簡単に入るようになってきたら、徐々に入れる物を太くしてみましょう。最初は細い小指から始めて、人指し指や中指に変えても良いでしょう。アナルバイブやアナルスティックなどを使っても良いでしょう。

アナルスティックはアナルに挿入する棒状のグッズです。バイブのように振動はしません。アナルスティックにはいろいろな太さがあるので、自分に合った太さの物を選ぶことができます。

このときも、絶対に無理はしてはいけません。少しアナルに物を挿入することに慣れてきたからと、太すぎる物に挑戦したり、奥まで挿入し過ぎるようなことは止めましょう。また、これらのグッズを使うときも衛生面には十分注意しましょう。

アナルの開発と拡張 (3)気持ちいいポイントを探る

アナルへの刺激に慣れてきたら、気持ちいいポイントを探してみましょう。男性であれば、アナルから前立腺を刺激することで快感を得ることができます。しかし、女性にはその前立腺がありません。

女性の場合は、アナルの内側の壁自体で快感を得ることになります。アナルの壁のすぐ向こう側は膣内になります。アナルの壁を刺激することで、膣内を間接的に刺激している状態になります。この間接的な刺激が快感に繋がります。

同じ膣内であっても、気持ちいいと思うポイントは人それぞれです。なので、アナルでは自分が気持ちいと思えるポイントを探しておく必要があります。アナルセックスの際に刺激して欲しいポイントが自分で理解していないと、パートナーはもっと理解できません。アナルの気持ちいいポイントを探すときは、グッズよりも感覚がわかりやすい指の方が良いでしょう。

アナルの開発と拡張の注意点 (1)痔になる

アナルはとてもデリケートな部分です。また、本来は物を入れる部分ではなく、便を出す部分です。アナルに物を入れたり、拡張したりすることは、正しいアナルの使い方ではありません。なので、これらを行うときには注意点も多々あり、何があっても自己責任となります。

アナルを拡張するために、アナルバイブやアナルスティックは有効です。しかし、これらを使用するときは自分に合ったサイズを選ぶ必要があります。早く拡張したいからと、太めの物を使用すると、アナルが切れてしまう可能性があります。

このようなときは痛みを感じたり、血が出たりするので、すぐにわかります。このようなときはすぐに中断しましょう。アナルの拡張には時間が必要です。焦らずゆっくりと行うようにしましょう。

アナルの開発と拡張の注意点 (2)緩くなる

拡張がうまくいくと、歯止めが利かなくなって、どんどん太い物に挑戦しようとしてしまう人がいます。アナルは拡張し過ぎると、周辺の筋肉が緩んでしまいます。また、急激に太い物を入れて、筋肉を痛めてしまっても、筋肉が緩くなってしまいます。

筋肉が緩くなると、アナルの締まりが悪くなり、正常な機能を保てなくなってしまう場合があります。中には、拡張のし過ぎで、アナルが常に開いた状態となってしまう人もいます。

アナルの開発と拡張の注意点 (3)便が我慢できなくなる

上記で述べた通り、無理なアナルの拡張や開発によって、アナルが正常に機能しなくなることがあります。アナルが正常に機能しないと、屁や便が我慢できなくなってしまいます。このような状態になってしまうと最悪の場合、人工肛門にしないといけなくなります。

これからアナルの拡張や開発、アナルセックスに挑戦しようと考えている人は、これらのリスクも十分に理解しておく必要があります。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (1)準備

アナルセックスをするためには準備が必要です。ローションとコンドーム、浣腸は用意しましょう。アナルセックスをする前には浣腸で直腸近辺を綺麗にしておく必要があります。

しかし、浣腸でも直腸内の細菌などは完全に綺麗にすることはできないので、アナルセックスを行うときには、必ずコンドームを着けるようにしましょう。アナルでは妊娠のリスクがないので、コンドームを着けず挿入する人もいますが、妊娠以外のリスクはあります。

また、挿入のときにはローションは必須です。膣内と違ってアナルは濡れないので、ローションなどがないと、挿入することができません。

イチジク浣腸

上記で述べた通り、アナルセックスの前には直腸付近を綺麗にしておく必要があります。その方法は浣腸です。浣腸として定番なのはイチジク浣腸です。ドラッグストアなどで簡単に購入できます。便秘に悩む女性であれば、お店などで見かけたことがある人も多いはずです。

イチジク浣腸は年齢や症状の具合に合わせられるように、液体量が少ない物から多い物まで選べるようになっています。自分に合った液体量の物を選びましょう。アナルの開発が進んでいると、この浣腸にも快感を得る人もいます。

シャワー浣腸

浣腸を購入することが恥ずかしいと思う女性は多いです。また、アナルセックスをするつもりがなくて、準備していないときもあります。そのようなときは、応急処置の方法として、シャワーを使う方法があります。

シャワーヘッドを外して、ホースを肛門に挿入してぬるま湯で洗浄する方法です。ホースの先は固いことが多いので、アナルを傷つけないように注意しましょう。また、お湯の温度や、勢いにも注意しないとアナル内部を傷つけてしまう可能性があります。さらに、シャワーのホース内が汚れている場合には雑菌が入ってしまう可能性もあります。

これらのリスクについてもしっかり理解しておきましょう。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (2)ほぐす

アナルセックスをするのであれば、まずはアナルを愛撫してほぐすことから始めましょう。アナル周辺の筋肉をほぐさないと、男性器を入れることはできません。アナルを傷つけないように、爪を切っておくことと、清潔にしておくことを忘れてはいけません。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (3)指などを挿入する

アナルの筋肉がほぐれてきても、いきなり男性器を挿入することは止めましょう。まずは指などの細い物を挿入しましょう。アナルは膣以上にデリケートです。しっかりと段階を追うようにしましょう。先に指を挿入することで、アナルの緩まり具合を確認することもできます。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (4)グッズなどを使う

セックスは気持ちいことも大切ですが、楽しいことも大切です。指を挿入して、アナルの緩み具合を確認したら、アナルバイブや、アナルスティックなど、グッズを使ってパートナーにアナルを責めてもらっても良いでしょう。

アナルセックスができる状態になったからと、すぐに男性器を挿入して、すぐにアナルセックスが終わってしまうよりも、2人であれこれと楽しみながらセックスをした方が、相手への愛情を深めることができます。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (5)挿入する体位

アナルセックスができる準備が整ったら、男性器を挿入します。
アナルセックスに決まった体位はありませんが、バックがやりやすいと言われています。
いろいろな体位を試してみて、お互いに合った体位を探してみましょう。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (6)挿入時の注意

先に述べた通り、アナルでは妊娠のリスクがないからといって、コンドームを着けずにアナルセックスをしてはいけません。浣腸で直腸付近を綺麗にしてもアナルの細菌を全て取り除くことはできません。また、男性器にもいろいろな細菌が付着しています。お互いの体のために、必ずコンドームは着けるようにしましょう。

また、アナルセックスの際は、通常のセックスのように激しく動いてはいけません。アナルはデリケートなので傷がついてしまう可能性があります。力加減はお互いで確かめ合いながら調節するようにしましょう。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (7)動かし方

上記で述べた通り、アナルセックスでは激しい動きをするとアナルを傷つけてしまう可能性があります。なので、男性は挿入後の動き方には注意しましょう。まずは、挿入時に男性器を奥まで挿入することも止めましょう。膣とは違うので、どのくらいまで挿入できる深さも確認しておきましょう。無理に奥まで挿入してしまうと、女性が痛みを感じてしまいます。

男性器を挿入したら、少し動かずにアナルと男性器が馴染むまで待ちましょう。このときに、別の部分を愛撫するようにしましょう。別の部分を愛撫することで、セックスの流れを止めることなく、また、愛撫によって感度を上げることができます。

アナルと男性器が馴染んできたら、ゆっくりと動かしてみましょう。動かす早さは女性の様子を確認しながら行いましょう。男性が物足りなく感じても、早く動かすようなことはしてはいけません。

女性の体を気遣うことを優先しましょう。また、アナルは濡れないので、ローションが乾いてくると、痛みを感じてしまいます。なので、ローションが乾いてきたら、常に足すようにしましょう。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (8)刺激してもらう

アナルの開発と拡張に成功してれば、ゆっくりとした動きでもアナルで快感を得ることができます。このとき、アナルの開発の際に探っていた気持ちいいポイントをパートナーに伝えておくようにしましょう。気持ちいいポイントを重点的に刺激してもらうとイクことができます。

アナルセックスではアナルを本来の使い方とは違った使い方をします。なので、開発や拡張のときと同様に、すぐにはうまく気持ちいいポイントに刺激が伝わらなかったり、痛い思いをしたり、気持ちいいと思えなかったりなどします。アナルセックスにも慣れが必要なので、ゆっくりと時間をかけて、無理のないように快感が得られるまで楽しみましょう。

気持ちいいアナルセックスでイク方法 (9)抜くとき

意外と注意が必要なのは男性器をアナルから抜くときです。男性はイクことで気が緩み、サッと勢いよく抜いてしまったり、射精をアナル以外の場所でしようとして、射精の直前で勢いよく抜いたりなどしないように注意しましょう。抜くときのゆっくり引き抜かないと、女性が痛い思いをしたり、アナルが傷ついてしまったりします。

気持ちいいアナルセックスを楽しむために

アナルは便が出る部分なので、見られることも恥ずかしいという女性は多いです。しかし、そのアナルを責めてもらうことで、普段のセックスに新しい要素を追加することができます。常に新しい刺激を求めることは、セックスのマンネリ化の防止にも繋がります。

ですが、アナルセックスを行うのであれば、まずはアナルの拡張や開発が必要です。アナルセックスも含めて、これらにはいろいろとリスクがあります。なので、絶対に無理はしてはいけません。アナルを本来の使い方とは違った使い方をするのでリスクがあることは当然のことです。痛みや違和感などを感じた場合はすぐに中断するようにしましょう。

何か異常が出てからでは遅いですし、何があっても自己責任です。正しい方法や知識を身につけて、アナルをセックスの新しい刺激の1つとして楽しみましょう。

気持ちいいセックスについてもっと情報を知りたいアナタに!

男の願望を叶えるセックス・エッチ!男はどんなことしたいの?
オーラルセックスは好き?しない理由とは?男女別に本音を調査!
濡れすぎにはデメリットが!セックスで濡れすぎる時の対処法解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ