パンプスが脱げる原因と対策!パカパカかかと防止用グッズ紹介!

パンプスが脱げる原因は、サイズが合っていないやタイツを履いているから滑るなど、色々なことが考えれます。 パンプスを履きこなすことが、難しいと感じている女性もいるでしょう。 パンプスが脱げる原因と対策法について、お伝えします。

パンプスが脱げる原因と対策!パカパカかかと防止用グッズ紹介!	のイメージ

目次

  1. パンプスが脱げる原因 5選 足にフィットしないのは、なぜ?
  2. パンプスが脱げる原因① パンプスのデザイン
  3. パンプスが脱げる原因② サイズが大きい
  4. パンプスが脱げる原因③ 左右の足のサイズの違い
  5. パンプスが脱げる原因④ ストッキングやタイツ
  6. パンプスが脱げる原因⑤ 履きなれない
  7. パンプスが脱げる対策グッズ 5選 快適に履けて、脱げない!
  8. パンプスが脱げる対策グッズ① ジェルクッション
  9. パンプスが脱げる対策グッズ② インソール
  10. パンプスが脱げる対策グッズ③ かかと専用シート
  11. パンプスが脱げる対策グッズ④ シューズバンド
  12. パンプスが脱げる対策グッズ⑤ スクエアカットソックス
  13. 100均のパンプスが脱げる対策グッズ
  14. パンプスが脱げるときの応急処置は?
  15. パンプスが脱げる原因&対策グッズはどうでしたか?

パンプスが脱げる原因 5選 足にフィットしないのは、なぜ?

女性なら、好きなデザインのパンプスを見つけると、購入を決心することがあるはずです。
パンプスをアクセントにファッションを着こなして、いざパンプスを履いて出かけようとするときや、街を歩いている時に、パンプスがパコパコと足からずれて、上手く歩けない経験をしたことがありませんか?
パンプスが脱げてしまう原因について解説します、。

パンプスが脱げる原因① パンプスのデザイン

パンプスという靴は、つま先と踵だけが覆われているデザインの靴です。
足を覆う部分が少ないから、歩いている時に脱げやすいです。
パンプスを見ただけで、履きにくそうな感じがわかりますね。
パンプスを履いて、歩くときにつま先に力が入って前滑りになり、踵がパコパコして脱げやすくなってしまうことがあります。
パンプスが脱げるのは、パンプスのつま先が細くて、靴の幅や踵が広いデザインだからです。

パンプスを、かっこよく履きこなすことは難しいです。
パンプスを履いて歩くと、どのようにして履きこなすべきか考えてしまう女性もいるかもしれません。
パンプスのヒールの高さやカラー、フォルムのデザインなどを選んで、履きやすさや歩きやすさを考えないで購入すると、失敗します。
パンプスのデザインが、自分の足にフィットするか、十分考える必要があります。
デザインが可愛いから履きたくなる気持ちは、女性なら誰でも感じる事です。
とりあえずは、足にフィットするパンプスを見つけてください。

パンプスの滑り止めグッズの効果

パンプスが脱げることを防止するために、つま先専用の滑り止めが販売されています。
前滑りを止めるのは、つま先専用の滑り止めです。
靴が脱げる原因として考えられるのは、靴のデザインでヒールが高くなると、前滑りが酷くなる傾向があるようです。
足元がふらついたりする原因も、前滑りです。
こけない為に滑り止めを使いましょう。
安全対策として、必要なアイテムですね。

パンプスが脱げる原因② サイズが大きい

パンプスが脱げる原因で、元も考えられることはサイズが合っていないことです。
パンプスが脱げると、ブカブカのサイズなのではないかと感じるでしょう。
パンプスは、つま先がシャープになっているから、歩きやすいサイズを見つけることが難しいです。
パンプスのつま先が窮屈でも、横幅やかかとの広さが足より大きすぎることがあります。

パンプスを選ぶときに、靴の幅やかかとのフィット感を重視することが大切です。
パンプスのつま先は、指先をカバーするだけです。
つま先が窮屈だと、大きめのサイズを選びがちになるでしょう。
パンプスを履きながら綺麗に歩くためには、靴の幅やかかとのサイズが足にあっているか、考えることが必要です。
パンプスの幅やかかとが足より広すぎると、必ず脱げてしまいます。

かかとが大きいと感じる場合

パンプスが脱げる原因として、かかとの幅が広いからパコパコして、脱げてしまうことがあります。
つま先が痛くないように、大きいサイズのパンプスを選ぶと、かかとの幅も広くなります。
快適にパンプスを履くためには、かかとの隙間を埋めるクッションを入れると良いです。
パンプスのかかとのサイズが大きいと感じる事を、多くの女性が経験しているはずです。

パンプスが脱げる原因③ 左右の足のサイズの違い

サイズが合わない(小さい)パンプスを履き続けていると、外反母趾になります。
足の左右のサイズが違う原因になるのが、外反母趾です。
サイズの小さいパンプスを履いて歩いていると、高い確率で外反母趾になります。
パンプスを履きながら靴が脱げないようにするために、無理やりサイズの小さいパンプスを履くと足の指に大きな負担がかかるのです。

外反母趾になると、足が痛いだけでなくて足の指の形に異変が起こります。
左右の足のサイズが異なると、パンプスだけでなくて、様々な種類の靴のサイズ選びも難しくなるでしょう。
パンプスを履いている時に、片方の靴だけが脱げると感じたら、足の左右のサイズが違うサインだと考えるべきです。
パンプスを履いて、外反母趾になったら、つま先の広い靴や運動靴を履くようにしましょう。

外反母趾に気づいたら・・

サイズが合わないパンプスを履くと、外反母趾になる可能性があります。
少しでも異変を感じると、外科やクリニックに行って診察してもらいましょう。
外反母趾を放置しておくと、危険な状態になります。
外反母趾になると歩くたびに痛みを感じたり、足の指が曲がって歪な形状になる恐れがあります。
外反母趾は、早く治療すると治ります。
無理やりにサイズの合わないパンプスを履き続けると、外反母趾が悪化します。
パンプスを履いて、足に痛みを感じたら、真剣に外反母趾について考えてくださいね。


◆関連記事:GUの靴がおすすめ!

GUの靴が激安!メンズ・レディース別におすすめ紹介!

パンプスが脱げる原因④ ストッキングやタイツ

パンプスを履くときは、ストッキングやタイツと合わせますね。
ナイロンやポリエステル素材のストッキングやタイツは、滑りやすいので、どうしてもパンプスが脱げやすくなります。
フットカバーや靴下を履くと、靴は脱げにくいです。
パンプスを履くために、ストッキングを選ぶことは普通な事です。
滑ることを防止するアイテムを使うと、歩きやすくなります。

パンプスを履くときに、靴下を履く女性は少ないかもしれません。
足首にストラップベルトのあるパンプスを選ぶと、脱げにくくなります。
パンプスの種類を選ぶことが大切です。
パンプスが脱げないようにするために、かかとクッションや滑り止めのインソールを使うといいです。

滑り止めで応急処置

パンプスをせっかく購入したけれど、履いて歩いていると滑ったり、脱げたりすることがあります。
パンプスを履くための応急処置をとると良いでしょう。
パンプスに起毛状のインソールを入れて、ストッキングやタイツが滑らないようにする応急処置が無難です。
インソールを入れるだけの応急処置は、簡単ですね。
100均ショップでも、インソールが販売されています。

パンプスが脱げる原因⑤ 履きなれない

パンプスを履きなれていないは、脱げる原因です。
パンプスを履きながら歩くことは、習慣や慣れが肝心です。
履きなれない靴を履くと、靴擦れや脱げやすい状態になります。
パンプスを履きこなすことが難しいと感じる人は、何度も履いて歩くべきです。
履きなれる必要があります。

パンプスを履きなれるためには、サイズの合ったパンプスを選びましょう。
パンプスを履いて歩くことを、毎日続けると脱げないコツを掴めるかもしれません。
履きなれないと、歩きにくいと感じるはずです。
パンプスを履くコツは、足にフィット感のある履きなれたパンプスのデザインを選ぶことです。

パンプスが脱げる対策グッズ 5選 快適に履けて、脱げない!

パンプスを履きこなすために、靴擦れや滑り止めなどの対策グッズが販売されています。
クッション性のあるアイテムや摩擦を抑えて滑らない効果がるアイテムなど、色々なグッズを紹介します。
外反母趾を防ぐために使うアイテムや歩きやすくなるアイテムなど、パンプスを快適に履けるグッズがあります。
パンプスを履きなれたい方に、おすすめのグッズです。

パンプスが脱げる対策グッズ① ジェルクッション

足の土踏まずにフィットするように、靴に入れて使うジェルクッションがあります。
ジェルクッションが、パンプスを履きやすくサポートしてくれます。
足先から土踏まずまでもジェルクッションを置くと、滑りにくく歩きやすくなります。
パンプスを快適に履くための、脱げる防止グッズです。

例としてジェルアーチサポートは、クリアなジェルクッションが足先から土踏まずまで持ち上げます。
パンプスに入れて履くと、ジェルクッションが足を疲れさせません。
快適な履き心地で、脱げることもなくなるでしょう。
つま先が痛いことも、防いでくれます。

パンプスが脱げる対策グッズ② インソール

フットメイトから販売されている、エアリータッチ インソールはパンプスを履いて歩いている時の前滑りを防ぐためのつま先専用のインソールです。
パンプスのつま先に、シリコーン入りのインソールを使うと歩きやすくなります。
滑ってパンプスが脱げるのを防止します。

パンプス専用の滑り止めインソールは、いくつものメーカーから販売されています。
毛状突起が滑り止めになっているので、ストッキングやタイツを履きながら、滑らないで歩けます。
パンプスが脱げる原因の滑る理由を、防止できるインソールです。
インソールは、パンプスのつま先に置くだけです。


◆関連記事:靴下もこだわりたい!

ユニクロの靴下が大人気!メンズ・レディース別に紹介!【必見】

パンプスが脱げる対策グッズ③ かかと専用シート

ドクターショールのジェル・ヒート・シールドは、かかと専用のジェルシートです。
靴擦れ防止になるので、パンプスを毎日履く女性におすすめです。
履いている時に、かかとがパコパコすることがなくなるでしょう。
靴のサイズが、大きいと感じる時にも役立ちます。

クリアなジェルシートが、かかとの隙間を埋めてくれます。
パンプスがパカパカなる事を、防止してくれます。
クリアで目立たないカラーだから、どのパンプスにも使えます。
かかとからパンプスがズレることを、防止します。

パンプスが脱げる対策グッズ④ シューズバンド

パンプスと足を固定してくれるシューズバンドです。
シューズバンドは、ブラックカラーでリボンがモチーフになっている物が人気です。
クリアなシューズバンドもあります。
パンプスを履くときに、シューズバンドで足とパンプスを固定します。

シューズバンドは、パンプスに似合わないと感じるかもしれませんが、お洒落で見た目の可愛いシューズバンドがあります。
歩いている時に脱げることを想像すると、シューズバンドできちんとパンプスを履けている方が良いです。

パンプスが脱げる対策グッズ⑤ スクエアカットソックス

パンプスと靴下を合わせてはけるように、パンプス専用の靴下があります。
だけどフットカバーやスクエアカットソックスの方が、パンプスに似合いますね。
ブロンド―ル17℃のスクエアアットソックスは、つま先と足裏、踵をカバーするだけのソックスです。
パンプスからスクエアカットソックスが見えないので、素足にパンプスを履いているような感じです。

フットカバーとパンプスを合わせると、パンプスからフットカバーが少し見えますね。
スクエアカットソックスは、パンプスの下に隠れて見えません。
スクエアカットソックスは、足裏に滑り止めがついています。
滑らないソックスです。

100均のパンプスが脱げる対策グッズ

100均ショップのダイソーやセリアなどで、パンプスがパカパカなる事を防止していくれるグッズが販売されています。
つま先インソールやかかとクッション、フットカバー、ジェルクッションなど、色々とあります。
パンプスが、歩いている時に脱げないように、100均ショップでグッズを購入すると良いです。
100均ショップのパンプスが脱げる防止グッズは、長持ちして役に立ちます。

100均でパンプスが脱げないグッズを購入できると、とっても助かりますね。
100均の靴専用のアイテムは安くて、パンプスを履いた時の足元の滑り止めやかかとの隙間を埋める効果があります。
パンプスを履いている時に、脱げることがあるなら、近くの100均ショップでジェルクッションや滑り止めインソールを購入してみてください。
便利な靴専用グッズが、100均ショップで見つかります。

100均のフットカバー

パンプスを履いている時に脱げやすくて、歩きにくいと感じたら、100均ショップでフットカバーを購入することもおすすめです。
靴下とパンプスを合わせるには、お洒落なパンプス専用の靴下が必要ですが、黒や白、ベージュのフットカバーなら目立たないで安心してパンプスに合わせれますね。
100均のフットカバーも、応急処置に使えると思います。
100均だから、気軽に購入できるアイテムです。

パンプスが脱げるときの応急処置は?

パンプスを履いて歩くときに脱げる場合、応急処置としてインソールや滑り止め、シューズバンドが役に立ちます。
パンプスが脱げる防止グッズが、応急処置として使われるのです。
歩いているとパンプスが脱げるから、応急処置としてグッズを購入したい場合は、靴屋や100均に入ってくださいね。
応急処置は、簡単にできます。
100均ショップで、つま先の滑り止めやジェルクッションをいくつか購入して、バッグに入れて持ち歩くと応急処置が必要な時に役立ちます。

パンプスが脱げるときの応急処置は、パンプスに靴用のインソールを引くことが最も簡単です。
パンプスのサイズが大きい時は、かかとクッションで応急処置をとってください。
つま先が痛い時や前滑りするなら、つま先専用のインソールを使うと良いです。
パンプスが脱げるときの応急処置は、グッズを使うことがおすすめです。

パンプスが脱げる原因&対策グッズはどうでしたか?

パンプスの歩いていると脱げる原因がわかりましたか?
対策グッズの滑り止めやかかとの隙間を埋めるグッズを、使ってみてください。
グッズを使うとパンプスを履いて、歩くことが楽になります。
パンプスは、お洒落で可愛い靴なので、きちんと履きこなしたいですね。

もっと靴について知りたいあなたはこちらもチェック

しまむらの靴おすすめ11選!パンプスが大人気!
【しまむら×ハリスツイード】靴やバッグを絶対GETしたい!
しまむらの靴下特集!レディース必見!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ