パンプスは素足で履くべき?ストッキングを履くのがおすすめ!

パンプスを履くときは素足派ですか?それともストッキング派ですか?素足には素足の良さ、ストッキングにはストッキングの良さがありますが、この記事ではパンプスはストッキングを履いてからをおすすめしています。ストッキングのメリットについても解説しています。

パンプスは素足で履くべき?ストッキングを履くのがおすすめ!のイメージ

目次

  1. パンプスを履くときは「素足」か「ストッキング」か問題!
  2. パンプスを履くときは「素足」よりも「ストッキング」がおすすめ
  3. パンプスを履くときはストッキングを履くのがおすすめの理由6つ
  4. 理由①靴擦れ防止になるから!
  5. パンプスを素足で履くと…靴擦れしやすい
  6. 理由②蒸れ防止になり清潔だから!
  7. パンプスを素足で履くと…蒸れて不衛生
  8. 理由③足の臭いが減るから!
  9. パンプスを素足で履くと…足特有の悪臭
  10. 理由④突然の訪問でも安心だから!
  11. パンプスを素足で履くと…マナーのある対応ができないかも
  12. 理由⑤きちんとした大人の女性に見られるから!
  13. パンプスを素足で履くと…大人の女性として悪印象
  14. 理由⑥靴の劣化を防げるから!
  15. パンプスを素足で履くと…靴が傷みやすい
  16. 素足で履くために対策をする?ストッキングで万事解決?
  17. パンプスを素足で履くメリットはストッキングでも叶えられるかも!
  18. パンプスは素足で履くべき?ストッキングを履くのがおすすめ!

パンプスを履くときは「素足」か「ストッキング」か問題!

パンプスを履くときは「素足」ですか?それとも「ストッキング」を履いてからですか?お仕事中に関してだけ言えば、ストッキングを履いてからパンプスを履くのが当たり前とする女性がほとんどでしょう。

しかし、ストッキングは履くのに手間がかかり、蒸れたり締め付けが辛かったりして、仕事のない休日にまでストッキングは履きたくないという女性も多いかと思います。外国人女性のように素足でカッコよくパンプスを履きたい!と思って、あえて素足でパンプスを履いているという女性もいるかもしれませんね。

確かに気軽にサッと履け、どんなタイプの服装にも合わせやすいパンプスは、休日のおでかけの際にも重宝するもの。そういった理由から、休日のおでかけでパンプスを履くときには「素足でパンプスを履く」という選択をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

些細なことのようですが、パンプスを履くときは素足かストッキングか議論になることも少なくありません。

パンプスを履くときは「素足」よりも「ストッキング」がおすすめ

結論から言います。この記事ではパンプスを履くときは、素足よりもストッキングを履いてからをおすすめしています。

なぜストッキングを履いてからの方がいいのでしょうか?

パンプスを履くときはストッキングを履くのがおすすめの理由6つ

ここでは、気になるストッキングを履くメリットについて解説します。素足のまま履くデメリットとしても捉えられるので、素足派の女性も一度パンプスの履き方や対策について考える参考にしてみてください。

パンプスを履くときは、素足よりもストッキングを履いてからがおすすめの理由ですが、主に6つの理由にまとめられます。

理由①靴擦れ防止になるから!

硬い素材で作られているパンプスは、ご存知の通りそもそも靴擦れを起こしやすい靴。新品はもちろん数回履いたものでも場合によっては靴擦れすることがあります。

肌とパンプスの間にストッキングと言う緩和剤があれば、そのような靴擦れは起こしにくくなるでしょう。


◆関連記事:パンプスが脱げる原因はこれ

パンプスが脱げる原因と対策!パカパカかかと防止用グッズ紹介!

パンプスを素足で履くと…靴擦れしやすい

パンプスを素足のまま履くと、ダイレクトに肌へ負荷がかかるため靴擦れするリスクが大幅にあがってしまいます。それでも素足でパンプスを履きたいという女性は、あらかじめ靴擦れを起こしそうな踵や指周りなどに靴擦れ防止シート等を貼って対策しておくことが多いようです。確かにそうすれば靴擦れせずに済みそうですが、少々手間。

また高価な靴は靴擦れがしにくいものが多いです。基本的に高価な靴しか履かないという女性は、靴擦れに関する多大な心配はしなくても良いかもしれません。しかし高価な靴を素足で履くと、それはそれで別のデメリットの対策ができない可能性がでてきます。

理由②蒸れ防止になり清潔だから!

外国人女性が素足にパンプスを履いて颯爽と歩く姿に憧れを抱く日本人女性も少なくないでしょう。
しかし、日本は湿度の高い国。汗もかきやすく、密閉されたパンプスを蒸らしやすい環境にあります。パンプスが蒸れると雑菌がわき、水虫や悪臭の原因になります。

ストッキングをはけば、汗や湿気を吸収してくれるので、パンプスの蒸れ防止につながります。ストッキングをはくほうが蒸れるように感じる女性もいるかもしれませんが、ストッキングありのほうが、蒸れ防止ができ、パンプス内の清潔さを保てます。

パンプスを素足で履くと…蒸れて不衛生

足裏にかいた汗や皮脂をパンプスにすり込むことになってしまいます。毎日洗うものでもないので、雑菌の温床になりかねません。

素足のままパンプスを履きたい女性は、毎日洗えるように中敷きを使用しているようです。汗や湿気を吸収する役割があるので、これなら素足でも比較的清潔に履けそうですね。ただし中敷きで対策できるのは足裏のみ。足で最も汗をかき酷使するのは足裏ですが、他の部分も少し気になります。

理由③足の臭いが減るから!

理由②と同様の理屈で、パンプスが汗や湿気で蒸れた結果、雑菌や悪臭が発生します。

ストッキングを履けば、足の臭いの原因である蒸れが減るため、足の臭いも格段に抑えられます。

急に靴を脱がないといけなくなったときでも安心できますね。

パンプスを素足で履くと…足特有の悪臭

素足のままだと、臭いの原因である蒸れ対策ができていない以上やはり臭いは隠せないでしょう。足の臭いは自分では気がつきにくいもの。「自分は素足にパンプスでも臭くないから大丈夫!」と思い込んでいる女性は危険です。ストッキングを履く、中敷きを使う、防臭クリーム等を使う、パンプスを頻繁に洗う。こういった臭い対策を何一つしていないのなら、パンプスから人を不快にする臭いを漂わせている可能性が高いです。

理由④突然の訪問でも安心だから!

初めから友達の家に訪問する、座敷のお店に行く等、靴を脱ぐことが分かっている場合、それば休日であっても素足にパンプスという選択をする女性はあまりいないでしょう。もしくは靴下を持参するのではないでしょうか?

問題なのは、休日であっても偶然知り合いに会って、相手の家に訪問する、座敷のお店に行くという突然の予定変更の場合です。いざというとき素足のままでは困りますよね。常にストッキングを履いておけばそんな心配はしなくても良くなります。


◆関連記事:しまむらのパンプスがおすすめ!

しまむらの靴おすすめ11選!パンプスが大人気!

パンプスを素足で履くと…マナーのある対応ができないかも

素足にパンプスをはく女性は、いざというケースに備えて日頃から靴下を持ち歩くという対策をしているようです。夏場のサンダルの時期のように、靴を脱ぐときに靴下を履くわけです。

友達の家やお座敷にあがる際には、素足のままではマナー的に問題です。汗による蒸れや臭い等を考えるとあまり気持ちの良いものではありませんよね。ですので、靴を脱ぐときに靴下を履くのはマナー的にも正しいでしょう。しかし靴を脱ぐ間際に靴下を履くというのは手間で、もたつくのはあまりスマートでないのが気になるところ。

理由⑤きちんとした大人の女性に見られるから!

パンプスとストッキングを合わせるというのは働く女性の姿を連想します。仕事とプライベートは別物として捉えるべきですが、どうしてもストッキングを履いている=きちんとした大人の女性のイメージに繋がります。

また、ストッキングに蒸れや足の臭いを抑える効果があり、突然の訪問でもスマートに対応できるということからも、周囲に気を遣える・細部の身だしなみにも気の遣える女性だと思われるでしょう。

さらにストッキングを履くことで肌がキレイに見えるので、大人の女性は最低限でもメイクをすべきだと考えるような層にも好印象が与えます。

パンプスを素足で履くと…大人の女性として悪印象

素足でパンプスを履くのは楽!だというのは、日本という湿気の多い国ではやや楽観的な考え方です。ストッキングがおすすめの理由の中でもよく言及している「蒸れ」「臭い」等は、日本では非常に発生しやすいのです。何の対策もせず素足でパンプスを履くからこそ「素足=楽」だという感想が生まれます。しかし、何の対策もしないのは日本で生きる大人の女性としてはNG。

パンプスを素足で履く場合でも中敷きシートを使ったり防臭に気を遣ったりして、周囲に気を遣い、細部の身だしなみにも気を遣っている女性はいるでしょう。しかしそういった努力は外からは分かりにくいもの。ストッキングを履くことは「きちんとした大人の女性」という分かりやすいパフォーマンスにもつながっているのです。

理由⑥靴の劣化を防げるから!

ストッキングを履くと、理由①のように靴擦れ防止になり肌を守ってくれますが、反対にパンプス側の劣化も防いでくれます。ストッキングという緩和剤のおかげで、肌側・パンプス側の両面の平穏が保たれるのです。

パンプスを素足で履くと…靴が傷みやすい

パンプスを素足で履くと、やはり足裏から出る汗や皮脂をすり込むことになり、爪や硬くなった皮膚でパンプスの内側を傷つけてしまいます。パンプスは洗えますが、丸洗いすればするほど劣化は早まります。
素足で履いても靴擦れしないように良い靴を履こう!と考え、高価な靴を素足で履いている方もいるかもしれません。確かにさきほども高価な靴は靴擦れしにくいと言いました。せっかく高価な靴を買っても劣化が早いのはもったいないことです。

素足で履くために対策をする?ストッキングで万事解決?

もちろん素足で履くデメリットに対策を講じて、パンプスを素足で履くことも良いでしょう。

靴擦れが怖いなら靴擦れ防止シートを貼っておく。足の蒸れと臭い・清潔さが気になるなら中敷きを敷いておく等々。

しかし、素足でパンプスを履くためには、「6つ分のデメリットへの対策」をする必要があります。一見素足でパンプスを履くのは楽なように思えますが、臭いや靴の劣化などの対処をしようとすると、むしろ手間が増えてしまうのです。

そこまでして素足で履くより「もストッキングを履くだけで全て解決!」とした方が、正直なところよほど手間がなくスマートです。

休日くらい自分の好きにしたい!それなら素足専用のパンプスを

「休日くらい自分の好きにさせてよ」と思う女性ももちろんいらっしゃるでしょう。大人の女性としてきちんとして見られるかどうか等は度外視して、休日くらい楽をしたい…。そう考えるのは当然の欲求かもしれません。

そんな場合であれば、素足専用のパンプスを用意するのはいかがでしょうか?普段せっかくストッキングを履いて臭いや靴の劣化などを防いでいても、休日に素足で同じパンプスを履いてしまったら意味がありません。

持っているパンプス全てを素足で履くと被害は甚大になります。しかし、休日に素足で履く専門のパンプスが1・2足あれば、「ちょっと臭くなってきたな…」と思っても丸洗いしたり買い替えたりする必要があるのは、その素足専用のパンプスのみ。

パンプスを何足持てるか、公私で分けられるのか。問題はなくはありませんが、パンプスを素足かストッキングかで使い分けるのも1つの手段だと言えます。

パンプスを素足で履くメリットはストッキングでも叶えられるかも!

素足でパンプスを履くメリットは、何と言っても「楽」なこと。パンツやスカートの下にストッキングを履き込むひと手間があるのと比べ、そのままパンプスを履くだけなのは本当に楽です。臭いや靴の劣化などを気にしない女性なら、素足で履く以上に楽なことはないでしょう。

他のメリットとしては、外国人女性のようにカッコよく見えること。素足で履くと足の甲が美しく見え、パンプスの良さも引き立ちます。

また、特に仕事でストッキングを必要としない女性や若い女性にとって、ストッキングは「おばさん臭いもの」。ストッキングを敬遠する女性も少なくありません。

確かに、なかなか捨てがたい素足でパンプスを履くメリットだと言えます。しかし、こういった素足でパンプスを履くメリットは、工夫や考え方次第でストッキングでも叶えられることかもしれません。

楽したい!美しく履きたい!両方叶えられる「膝下ストッキング」

素足でパンプスを履くのはとても楽です。しかし中には、「ストッキングは面倒だけど、素足で履くのは嫌」で、フットカバーや靴下を併用している方も少なくないでしょう。フットカバーや靴下の良いところはストッキングよりも履くのに労力を使わないことですが、フットカバーや靴下がパンプスからはみ出て見えてしまうのは、せっかくのパンプスの良さ「女性の足・足の甲を美しく見せる」を台無しにしてしまいます。

「楽にパンプスを履きたい」「パンプスを美しく履きたい」「前述のストッキングのメリットも捨てがたい」そんな風に感じた女性には、ハイソックスのように履ける膝下ストッキングをおすすめします。

ストッキングは色選び次第で「おばさん臭さ」は消える!

就活やお仕事でストッキングを履く習慣のない女性、特に若い女性にとっては、ストッキングはおばさんが履くものという認識があるようです。しかし、ストッキングがおばさん臭く見えてしまうのは、ストッキングの色選びに失敗しているから。地肌よりも暗い色を選ぶと、ひと昔前の印象になってしまいます。

ストッキングは、足の黒ずみや傷跡を隠してくれるファンデーションのようなものと考えましょう。自分に似合う色のストッキングを選べば、「おばさん臭い」印象はなくなります。

黒ずみや傷跡を隠してくれるのにもかかわらず生足のように見えるストッキングも増えてきました。ストッキングを履いている感をなくしたい人は、色はもちろん、ストッキングの透け感もこだわると良いかもしれませんね。きっと外国人女性のようにカッコよくパンプスを履けますよ。

パンプスは素足で履くべき?ストッキングを履くのがおすすめ!

いかがでしたか?「パンプスは素足で履くべき?ストッキングを履くのがおすすめ!」でした。

パンプスとは密閉されている、固い素材で作られている靴。そんな靴を湿気の多い日本という国で履きこなすには、様々な懸念をクリアする必要があります。

靴擦れ、靴の劣化、靴の蒸れや足の匂い、きちんと感…。

そんなパンプスを履く際の懸念は、ストッキング1つで全て解決できることが分かりました。逆に、楽で外国人女性のようにカッコよく決まる素足とパンプスの組み合わせですが、日本という国では素足でパンプスという組み合わせはあまり適していないようです。

日本で生きる大人の女性の皆さん!パンプスを履くときにはメリットの多い「ストッキング」のご活用をおすすめしています!

もっと靴にまつわるお悩みを解決したいあなたへ

ネイビースーツに合う靴の色は?おしゃれな組み合わせをご紹介!
紺・ネイビーに合う色9色コーデ!【レディース】靴からトップスまで!
冷え性対策!靴下を履いても足が冷たい人必見!【効果抜群】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ