麻生太郎のファッション・着こなし特集!スーツのブランドはどこ?

麻生太郎のファッション・着こなし特集!スーツのブランドはどこ?

政治家と言えばサイズが微妙にあっていないようなダサ目のおじさんスーツ...でもたくさんいる政治家の中で異彩を放っているのが麻生太郎財務大臣のファッション。麻生太郎財務大臣は政治家の中でもダントツのおしゃれガイ。そんな麻生太郎氏のファッションを特集します♪

記事の目次

  1. 1.【ファッション】麻生太郎のファッションセンスがやばい!
  2. 2.【ファッション】麻生太郎ってどんな人?
  3. 3.【ファッション】麻生太郎の☆華麗なる一族☆
  4. 4.【ファッション】麻生太郎がおしゃれすぎる!
  5. 5.【ファッション】麻生太郎のおしゃれ画像集
  6. 6.【ファッション】麻生太郎の愛用ブランドはどこ?
  7. 7.【ファッション】麻生太郎、スーツへのこだわり
  8. 8.【ファッション】麻生太郎のシャツのこだわり
  9. 9.【ファッション】カフスボタンにもこだわりが!
  10. 10.【ファッション】麻生太郎愛用の時計ブランド
  11. 11.【ファッション】麻生太郎の帽子のブランドは?
  12. 12.【ファッション】細かなディテールにこだわりを持つ
  13. 13.【ファッション】麻生太郎はギャングファッション?
  14. 14.【ファッション】麻生太郎がリスペクトする人
  15. 15.【ファッション】麻生太郎にこれからも注目!

【ファッション】カフスボタンにもこだわりが!

麻生太郎氏が好んで着用するドレスシャツは折り返してカフスボタンで留めるタイプのダブルカフス。エレガントで華やかな印象のダブルカフスが好きな麻生さんはやっぱりおしゃれですよね。

当然カフスボタンも愛用しています。カフスボタンと言えばポピュラーなタイプがスイブル式カフスボタンですが(T字の金具で片側を留めるタイプ)、麻生さんが愛用しているのは両側にデザイン面があるチェーンタイプのカフス。

このあたりもおしゃれ番長麻生太郎氏ならではのこだわりです。きっと家にたくさんカフスボタンを持っているのでしょうね。コレクションを一度拝見させていただきたいものです。

■参考記事:カフスボタンの付け方を確認!

カフスボタンの付け方解説【ファッションの基本】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
カフスボタンの付け方解説【ファッションの基本】 | Lovely[ラブリー]
男性のおしゃれの基本であるカフスボタン。素敵なカフスボタンは周囲の人から注目を集めるだけでなく、出来る男を演出できる最高のアイテムとなります。今回はカフスボタンの付け方についてその基本を詳しくまとめてみました!カフスボタンの付け方を知りたい方はぜひどうぞ!

【ファッション】麻生太郎愛用の時計ブランド

袖元はダブルカフスで、きっちりとジャケットの袖丈もシャツとカフスボタンが見えるようジャストフィットさせ袖元のおしゃれにも気を使う麻生太郎氏は当然身に着ける時計も一流ブランド。しかも超がつく一流ブランドです。

時計といえばスイス。麻生太郎さんが愛用している時計ももちろんスイスの超一流ブランド「ブレゲ」の時計です。ブレゲと言えばもう100万円~という超高級時計ブランドです。

超高級ブランドの時計って趣味の悪い人だとゴテゴテしたイエローゴールドのジュエリーのような時計を選びがちですが麻生さんはとてもクラシカルなブラックレザーでベゼルにYGのコインエッジの時計を選んでいるところ主張しすぎないおしゃれ。

一見地味ですが、よく見ると惚れ惚れしてしまう品の良さはさすが名家のおぼっちゃまと言ったところでしょうか。

ブレゲのほかにも時計愛好家が「世界最高峰」と呼んでやまないパテックフィリップの時計もよく身に着けていらっしゃいますね。

こちらもYGのコインエッジでブラックレザー。シンプルかつ上品、これが麻生さんの時計スタイルなのでしょう。にしても世界中の時計マニアが憧れているブランドを着こなすとはさすがです。

■参考記事:彼氏へのプレゼントで喜ばれる腕時計は?

腕時計をプレゼント!彼氏が喜ぶブランドランキングTOP30! | Lovely[ラブリー]のイメージ
腕時計をプレゼント!彼氏が喜ぶブランドランキングTOP30! | Lovely[ラブリー]
誕生日やクリスマスなど彼氏彼女としてあげるプレゼントとして、新社会人や結婚、転職など人生の節目の記念のプレゼントとして贈っても贈られても嬉しいものの筆頭にあげられる腕時計。そこで今回はそんなプレゼント好適品の腕時計を20代~40代の各年代別にご紹介します。

【ファッション】麻生太郎の帽子のブランドは?

さて麻生さんといえば2013年にモスクワで開かれたG20でのファッションが注目されました。いや常に注目はされているのですが、この時ばかりは世界中のメディアがざわつきましたね。

その時のスタイルでとても印象的だったのはコートとマフラー、そしてハットです。

ブラックの存在感のあるハットはイタリアのボルサリーノの物。中でもちょっと幅広なワイドブリムのフェルトハットは上級者向けです。

麻生さんはちょっと斜めにボルサリーノのフェルトハットをかぶる麻生流の着こなしを見せていましたね。

【ファッション】細かなディテールにこだわりを持つ

このようにスーツからシャツ、小物類に至るまでおしゃれの手抜きはしない!という超一流の着こなしを見せてくれる麻生太郎氏。

別にスタイリストさんがいるわけでもなさそうなので、若いころからオーダーメイドでスーツを作っていく間に自分のスタイルを確立されたのでしょうね。

なんにせよ、一つ一つのこのこだわりは一朝一夕では難しいでしょう。やはり若いころから良いものを身に着け、着こなしてきたからこそのおしゃれ感があります。

また、自分のセンスに自身を持っているところもスーツの着こなしでは重要ポイントです。なんとなく着ているだけではスーツに着られてしまってせっかくスーツをオーダーメイドしても価値が発揮できませんよね。

次のページ

【ファッション】麻生太郎はギャングファッション?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely