赤ちゃんの鼻水の対処法!咳が出るときは要注意?鼻水を取る方法も解説

新生児の赤ちゃんが鼻水が出ているともしかして風邪!?と不安になりますよね。直ぐに病院へ連れて行くべきなのか様子を見ても良いのかと悩む所だと思います。今回は新生児の赤ちゃんが鼻水を出している時の原因と対処法についてご紹介します。参考にしてみて下さい。

赤ちゃんの鼻水の対処法!咳が出るときは要注意?鼻水を取る方法も解説のイメージ

目次

  1. 『新生児の鼻水』どうすれば良い?『赤ちゃんの鼻水』
  2. 『新生児の鼻水』原因『赤ちゃんの鼻水』
  3. 『新生児の鼻水』吸引『赤ちゃんの鼻水』
  4. 『新生児の鼻水』くしゃみ『赤ちゃんの鼻水』
  5. 『新生児の鼻水』黄色や緑色の鼻水は要注意?『赤ちゃんの鼻水』
  6. 『新生児の鼻水』鼻づまり『赤ちゃんの鼻水』
  7. 『新生児の鼻水』鼻づまり解消法『赤ちゃんの鼻水』
  8. 『新生児の鼻水』口呼吸が苦手『赤ちゃんの鼻水』
  9. 『新生児の鼻水』咳『赤ちゃんの鼻水』
  10. 『新生児の鼻水』何科を受診すべき?『赤ちゃんの鼻水』
  11. 『新生児の鼻水』考える前に行動しましょう『赤ちゃんの鼻水』

『新生児の鼻水』どうすれば良い?『赤ちゃんの鼻水』

新生児の赤ちゃんはお母さんから免疫力を貰っているので風邪をひかないと聞いた事はありますか?

確かに新生児の赤ちゃんはお腹にいる時にママの免疫力を貰って生まれてきています。しかしその免疫力はとても弱いものなので、絶対に風邪をひかないわけではありません。


では、鼻水が出たら風邪なのでしょうか?見分け方は?など分からない事だらけで不安になってしまうと思います。

今回は新生児の赤ちゃんが鼻水を出した時には吸引をした方が良いのか、吸い方や風邪との見分け方などについて詳しくご紹介していきます。

celec.babyさんの投稿
23421115 143983022905591 7453173000628600832 n

『新生児の鼻水』原因『赤ちゃんの鼻水』

新生児の鼻はとても小さいのに、鼻水の量は大人と同じ量なのはご存じですか?

なので直ぐに鼻から溢れてきてしまうんです。この鼻水は必ず風邪をひいたから出ているわけではありません。


外気温と湿度なのど調節をしようとして出ている事がほとんどです。

aidee.jpさんの投稿
20347675 989167401226212 5790013470065819648 n

新生児の呼吸法

新生児は口呼吸が出来ません。その為、鼻呼吸がメインになるのですが、鼻の粘膜がとても弱いんです。


鼻の粘膜が弱い為に、お部屋の空気が乾燥していたり汚れていたりすると直ぐに鼻水が出ます。新生児の赤ちゃんは良く鼻をフガフガさせているのは鼻水と母乳やミルクが喉や鼻の奥にまとわり付いてるからなのを覚えておきましょう。

pororo_newbornphotoさんの投稿
23348297 1957856477759875 4980736391915765760 n


◆関連記事:沐浴はいつまでやるの?

新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説

『新生児の鼻水』吸引『赤ちゃんの鼻水』

新生児の赤ちゃんは自分で鼻をかむ事はできませんよね。そこはママやパパの助けが必要です。


口で吸引する方法もありますが、多くのママやパパ達がどうやったら良いか分からないし怖くて出来ないと思うので、ドラッグストアや赤ちゃん用品専門店に売っている器具を使って吸引をしてみましょう。

鼻水の吸い方1

先ほどご紹介した器具で鼻水を吸引するのですが、どの様な吸い方が良いのかご紹介します。


一番良く吸引できる吸い方は、吸引する反対側の鼻を塞ぎながらが吸引しやすいです。しかし、この方法だと口呼吸が難しい新生児の赤ちゃんはとても苦しい思いをしてしまいます。


反対側の鼻は塞がずに、吸引できる範囲内でやってみて下さい。あまり何度も吸引するのはオススメしません!新生児の赤ちゃんは鼻の粘膜がとても弱いので、傷がつく様な吸い方はしないようにしましょう。

txxxxxmさんの投稿
21980618 1773115886315049 8851502378113826816 n

鼻水の吸い方2

ドラッグストアや赤ちゃん用品専門店などに行くと鼻水を吸い取る器具が置いてあります。


種類も色々とあるので、実際どれが一番使いやすいのか迷うところだと思います。
新生児の赤ちゃんも鼻の大きさはそれぞれですし、全ての赤ちゃんにこれが良いと言える物は正直ありません。ママやパパが実際に使ってみて、吸い方などを工夫してみて下さい。


鼻水を吸う器具の使いやすいと評判がある物をご紹介しますので、ぜひお試し下さい。



m_littleprincess_mさんの投稿
22071067 168656407020915 8932047763831521280 n

鼻水吸い取り器

■「ママ鼻水トッテ」は管が2本付いていて、片方は赤ちゃんの鼻に差し込む管で、もう片方はママやパパが口に咥えて吸い込む管です。
ママやパパの吸引力で吸い込むので、粘々した鼻水も楽に吸い取る事が出来ますし価格も1000円前後のお手頃価格で販売されています。


しかしデメリットもあるので注意が必要です。
1つは吸い方です。大人の吸引力なので、あまり強く吸い込むと赤ちゃんの鼻の粘膜に傷が付きやすい事。

便利な器具ですが、直接大人が空気を吸い込むタイプなので、空気と一緒にウィルスまで吸い込んでしまいママやパパの免疫力が弱っていると移ってしまう事が2つ目の注意点です。


価格も使い勝手も効果も抜群なのですが、2つ目の注意点だけは気を付けて下さいね。



■「チュチュ鼻水キュートル」はスポイトタイプの鼻水吸い器です。
スポイトなので、ママやパパに風邪が移る心配はありません。鼻水を吸う威力もかなりあって実用的で、人気があります。

ただし、奥の方までスポイトの先端を入れないといけないので、少し勇気がいる事と、新生児の赤ちゃんが何度も使っていると嫌がってしまう事です。

新生児の赤ちゃんの鼻はとても小さいので、スポイトの先端が粘膜に当たってしまうからだと思います。嫌がる赤ちゃんに使用すると、暴れて出血してしまう恐れもあるので危険です。
そんな時は病院で吸引して貰うのが一番安全です。



■「鼻水吸引器スマイルキュート」は、電動で鼻水を吸ってくれる器具です。
病院にあるような吸引器と比べれば威力は衰えますが、自宅で赤ちゃんの鼻水を吸うのには一番適していると思います。

この吸引器は、新生児の赤ちゃんから大人まで使えるので、家族が鼻水が止まらずに辛い時には病院のやっていない夜中でも大活躍してくれます。


ただ、この吸引器のデメリットは価格です。電動で性能も良いので、それなりのお値段がします。
安い所でも1万5千円前後となる為、鼻水を吸う為だけの器具にそこまでお金を掛けられないという方も多くいらっしゃいます。


鼻水の吸い方もタイミングや使う頻度もそれぞれのご家庭で違いますし、ここに挙げた物は一例なだけなので、それぞれの使う頻度に合わせて選ぶと良いと思います。

masakokaiさんの投稿
20902283 322979248113314 6853309422500839424 n

『新生児の鼻水』くしゃみ『赤ちゃんの鼻水』

新生児の鼻の粘膜はとても弱いので、ちょっとした刺激でもくしゃみをします。

鼻の粘膜が弱い新生児の赤ちゃんは何度もくしゃみをするので、それだけで風邪だと判断をする事はできません。

頻繁にくしゃみをしていても心配がいらないケースがほとんどですが、絶対ではありませんから他の症状が無いかきちんと観察をしてあげて下さい。

babycafe_usagigumiさんの投稿
22580828 101834863915343 8450288506374193152 n

鼻毛がないからくしゃみをする?

新生児の鼻の粘膜はとても敏感でくしゃみが良く出るのだとお話しました。まだ未熟だからという理由もありますが、もう一つ大きな理由があります。


新生児の赤ちゃんには鼻毛がほとんどありません。


普段はホコリやウィルスの侵入を防ぐ役割をしている鼻毛がない事で、過敏に反応してくしゃみが良く出るんです。

くしゃみ症状の他にも咳や黄色や緑色の鼻水を出している場合は風邪をひいている可能性があるので注意して観察して病院へ連れて行きましょう。

『新生児の鼻水』黄色や緑色の鼻水は要注意?『赤ちゃんの鼻水』

新生児の鼻水が黄色や緑色だった時には、まず一番に風邪を疑いましょう。

ほとんど問題が少ない鼻水は透明です。黄色や緑色と色が付いていたり、粘り気のある鼻水にはウィルスが含まれている可能性があるからです。

smill_moetaさんの投稿
23416738 353861548418579 6411274656866631680 n

黄色や緑色の鼻水の対処法

新生児の赤ちゃんは良く鼻水を出しますが、黄色や緑色の鼻水は少し粘り気があったりで、放置しておくと症状が悪化する可能性があるので早めに病院へ受診しましょう。


家での対処法としては、市販で販売している吸引器でこまめに鼻水を吸い取ってあげる事です。
粘り気のある黄色や緑色の鼻水は、鼻づまりの原因になりやすく、赤ちゃんはとても苦しい思いをします。

こびり付いていて取りにくい時には、温かいタオルやガーゼなどで柔らかくしてから取るようにしましょう。

新生児の赤ちゃんは肌もとても弱いです。少し強く刺激を与えただけで傷ついてしまいますので注意しましょう。

hambo041さんの投稿
23416781 916173341867726 5995332745268559872 n


◆関連記事:赤ちゃんと外出するときの注意点は?

産後の外出はいつからしていい?赤ちゃんと外出する時の注意点は?

『新生児の鼻水』鼻づまり『赤ちゃんの鼻水』

yupiko_n8さんの投稿
23417117 164214497652985 4045236156286107648 n

空気が乾燥している時期は寒い冬なので、なかなかお部屋の換気は避けたいなと思うところですが、赤ちゃんの鼻はとてもデリケートです。

新生児の赤ちゃんの鼻はホコリやハウスダストにも敏感に反応します。お部屋の掃除や空気の入れ替えを行い、綺麗な空気を保つようにしましょう。

また、お部屋の換気が難しい環境の時には空気清浄機などの設置も考えましょう。

『新生児の鼻水』鼻づまり解消法『赤ちゃんの鼻水』

新生児の鼻づまりを解消するのに効果的なものとされている事があります。
それは、「母乳点鼻薬」です。ママの母乳を少しだけ絞って細いスポイトなどを使って、赤ちゃんの鼻の中に数滴垂らす事を「母乳点鼻薬」と言います。母乳を入れた後は、軽く鼻をつまんだりベビー綿棒など細く柔らかいものでお掃除をしてあげて下さい。

ママの母乳は血液から出来ていて、抗炎・抗菌作用があるとされています。炎症による鼻つまりには効果があって、何よりも母乳なので安全に使用できる所がオススメです。
母乳を点鼻薬として使う時には、必ず絞ってすぐの母乳を使って下さい。


鼻がつまって苦しそうな時に、すぐなんとかしてあげたいと思うのが親心です。そんな時にはとても有効ですし、安全かつ直ぐに出来る事なので試してみて下さい。

それでも駄目な時には病院へかかりましょう。

粉ミルクも点鼻薬になる?

残念ながら、粉ミルクを点鼻薬には使用できません。

最近は粉ミルクも母乳の成分に近い物が発売されていますが、母乳とはやはり別物と考えて下さい。
点鼻薬としては使用が出来ないので使用しないようにしましょう。



ご紹介した母乳点鼻薬ですが、これは一時的な対処法であって改善する治療ではありません。
継続して使っても完治はしないので、なるべく早く病院への受診をオススメします。

また、咳や黄色や緑色の鼻水も出ている時には様子を見る事なく直ぐに病院を受診して下さいね。

na.nagi.12さんの投稿
23417206 1014943281979882 7957819790913961984 n

『新生児の鼻水』口呼吸が苦手『赤ちゃんの鼻水』

新生児は口呼吸が苦手なので、鼻づまりが悪化すると授乳も上手く出来ずに苦しんでいる赤ちゃんを前にママも辛いですよね。こまめに鼻づまりのケアと、室内環境を見直して鼻呼吸をしやすくしてあげましょう。


新生児期は、色々と判断に迷うことも多いと思います。
判断に迷った時は病院を頼りましょう。この位で受診して良いのかな?なんて考える必要はありません。


頻繁に鼻づまりなどの気になる症状が続く時には、1ヶ月健診で医師に相談しても良いと思います。

『新生児の鼻水』咳『赤ちゃんの鼻水』

新生児の赤ちゃんはお部屋の環境で鼻水も咳も良く出します。

空気の乾燥や汚れは大敵です。赤ちゃんが咳をしている時にはお部屋の環境をもう一度見直してみて下さい。


空中のホコリやハウスダストなどは今後アレルギーの発症にも繋がりますので注意をしてあげましょう。

むせ込みと咳の違い

新生児の赤ちゃんはとにかく全てがまだ未熟です。

なので母乳やミルクを飲む事も下手なんです。授乳の時によくむせているのは飲むのが下手な事が多く見られます。

もちろんその他の病気の可能性がない訳ではありません。むせているだけなのか、病気が原因で咳をしているのかの判断には、その他の症状を併発しているかも重要になってきます。


鼻水の有無や発熱はあるか、ご機嫌なども良く観察してみましょう。いつもと少しでも違いがあるのであれば病院へ。

『新生児の鼻水』何科を受診すべき?『赤ちゃんの鼻水』

いざ病院を受診しようと思っても、小児科と耳鼻科のどちらを受診すれば良いのかハッキリとは分かりませんよね。

ハッキリ言います!!両方受診しましょう!!!


どちらを受診しても大丈夫なんです。


迷ってしまった時には、両方受診しましょう。小児科は全般的な診断をしてもらえますが、鼻や耳に関しては耳鼻科が専門家になります。中耳炎や副鼻腔炎などの治療には耳鼻科が良いですし、風邪や発熱などには小児科が良いとされています。

どちらも受診しておけばママもパパも安心ですし、辛い日々から早く解消できれば赤ちゃんにとっても良い事です。違う病気を貰ってきたら大変などと病院へ行く事を躊躇するのではなく、一日も早く赤ちゃんの症状を改善してあげる事を優先に考えて積極的に病院を受診して下さい。

『新生児の鼻水』考える前に行動しましょう『赤ちゃんの鼻水』

新生児には特にママもパパも神経質で心配性になりがちです。もしかしたら病気かも!?と思う回数も多いかと思います。そんな時には普段とどこが違うかなど見分ける事が出来る様に、日ごろから新生児赤ちゃんの様子を観察しておく事が大切です。


機嫌の良い時にはどんな仕草をするか、母乳やミルクの飲みはどうかなど観察しておく事で、いざという時に病院へ受診するべきか否かの判断基準になります。


子育てには不安は付き物です。どんな事が起きても直ぐに対処が出来るように大きな心を持つように心掛けましょう。

もっと赤ちゃんの症状について知りたいアナタはこちら

新生児の低血糖とは?原因と症状は?どう治療すればいいの?
新生児が熱を出した!38度以上なら病院にいくべき?発熱の原因は?
新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について

関連するまとめ

みこ
みこ
読みやすく分かりやすい内容でお届けします

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ