妊娠初期に出血!茶色の血の原因と対処法は?少量でも注意すべき?

妊娠初期には様々な体調の変化がありますが、特に心配なのは出血ですよね。妊娠初期に出血しておりものが茶色になったらどうしたらいいのでしょうか?!この記事では妊娠初期の出血による茶色のおりものの原因と対処法についてお伝えします。

妊娠初期に出血!茶色の血の原因と対処法は?少量でも注意すべき?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期に茶色の出血?!これって大丈夫?!
  2. 妊娠初期におりものが茶色になる!出血で茶色になる原因とは?
  3. 妊娠初期に茶色の出血!すぐに病院へ行くべき?
  4. 妊娠初期に茶色の出血!病院で伝えるべきこととは?
  5. 妊娠初期に茶色の出血!茶色の出血の原因とは?
  6. 妊娠初期の茶色の出血には心配いらないものも!
  7. 【妊娠初期の茶色の出血の原因①】着床出血
  8. 【妊娠初期の茶色の出血の原因②】子宮膣部びらん
  9. 【妊娠初期の茶色の出血の原因③】子宮頸管ポリープ
  10. 妊娠初期の茶色の出血!注意が必要なものは?!
  11. 【妊娠初期の茶色の出血の原因④】子宮外妊娠
  12. 【妊娠初期の茶色の出血の原因⑤】胞状奇胎
  13. 【妊娠初期の茶色の出血の原因⑥】絨毛膜化血腫
  14. 【妊娠初期の茶色の出血の原因⑦】切迫流産
  15. 【妊娠初期の茶色の出血の原因⑧】流産
  16. 妊娠初期の出血!茶色以外でも要注意を!!
  17. 妊娠初期には茶色の出血以外にも注意するべき症状が!
  18. 【注意するべき妊娠初期症状①】腹痛
  19. 【注意するべき妊娠初期症状②】つわりが急になくなる
  20. 【注意するべき妊娠初期症状③】貧血
  21. 【注意するべき妊娠初期症状④】高血圧
  22. 【注意するべき妊娠初期症状⑤】むくみ
  23. 妊娠初期には様々な症状に注意を!!

妊娠初期に茶色の出血?!これって大丈夫?!

mihochi1007さんの投稿
21224945 696241927241916 3630842017757528064 n

妊娠初期にはつわりなどの様々な体調の変化が起こるものです。

その多くは、身体の中のホルモンバランスの変化によるもので、不快な症状も多いのですが、特に心配することはないものも沢山あります。

しかし、妊娠初期に心配される症状の中に、出血があります。

妊娠初期の出血には、真っ赤な鮮血が出ることもあれば、おりものに多少ピンクや茶色の色が少量つく程度のこともあります。

妊娠初期の出血の中には、特に心配する必要がないものもありますが、流産や切迫流産など、お腹の赤ちゃんの命に関わる症状であることも少なくありません。

この記事では、妊娠初期の気になる、茶色のこともある出血についてみていきたいと思います。

ajudgmpさんの投稿
23734861 547075798970906 1746185685095677952 n

妊娠初期におりものが茶色になる!出血で茶色になる原因とは?

妊娠初期に、出血によっておりものが茶色になることがあります。

血液というのは赤い色をしているので、おりものが茶色になる原因が出血だと言われても、ピンとこない人も多いかもしれません。

どうして、出血が起こるとおりものが茶色になるのでしょうか。

子宮や膣などの婦人科系の器官の中で出血が起きると、真っ赤な鮮血が出ることもあれば、ドロッとしたおりものに血液がまざり、レバー状の塊が出てくることもあります。

また、おりものにピンクや茶色の色がつく程度のこともあります。

chomy0717さんの投稿
23498016 142625213048453 9198677976357535744 n


出血の色の変化というのは、出血が起きてから外に出てくるまでにどのくらいの時間が経っているかということを表しています。

出血してすぐに身体の外に出てきたときには、真っ赤な鮮血か、おりものに混ざって出てくる時にはおりものがピンクになります。

出血してもすぐに体の外へ出てこなくて、身体の中で酸化して色が変化すると、黒っぽくなったり、おりものに茶色の色がつくことがあります。

出血してすぐに出てくる血液の色は真っ赤かピンク、出血してから少し時間が経って酸化してから出てくると、黒っぽくなっていたり茶色になって出て来ます。

iiiireさんの投稿
23507142 743317982535352 7405025747225542656 n

妊娠初期に茶色の出血!すぐに病院へ行くべき?

妊娠初期におりものに茶色の色がつくような出血が見られた時には、どうしたらいいのでしょうか。

すぐに病院へ行くべきなのでしょうか。

多少の体調不良なら我慢してしまう人も少なくないので、おりものが茶色になる程度の少量の出血程度で、病院へ行ってもいいものなのかどうか迷う人も少なくありませんよね。

ほんの少量の出血がおりものに混じっても、すぐに元に戻るようならば、それほど心配する必要はありません。

ajudgmpさんの投稿
23734647 2386286278262416 6659827987698941952 n

しかし、鮮血がドバドバと出てくるような出血であったり、少量の出血であっても、茶色のおりものが続くようであれば、子宮の中で何か重大な事が起こっている可能性が高くなります。

大量の出血であれば、病院へ行くことに迷うことはないでしょうが、少量の出血が続く時にはかなり迷いますよね。

しかし、病院へ行ってみて何もなければ、それはそれで良い事です。

出血が続いているということは、何らかの出血する原因があるということを意味しています。

素人判断はとても危険なので、少量の出血でも迷わずに病院へいき、早急にかかりつけの産婦人科で受診するようにしましょう。

m.m_t.m_2011さんの投稿
22860673 1791468341151260 2142849807784345600 n

妊娠初期に茶色の出血!病院で伝えるべきこととは?

妊娠初期に茶色の出血がみられて、病院を受診するときには、次の項目をメモをしてお医者さんに伝えるようにしましょう。

問診されたときに、このような項目をきちんと伝えられるように準備しておくかどうかで、お医者さんが正確な診断を早く出せるかどうかということが変わってきます。

dai2nokiroさんの投稿
22426950 842102289302416 853891033757384704 n

妊娠初期に茶色の出血が見られたときに、病院で先生に伝えるべきことは次の項目になります。

・出血の色と量
・出血が始まった時間
・腹痛の有無
・出血する時の状況(性交、排便、排尿などがあれば)

妊娠初期に茶色の出血!茶色の出血の原因とは?

妊娠初期に茶色の出血が見られる時には、その出血には何らかの原因があります。

妊娠初期の茶色の出血の原因とは、どのようなものがあるのか、ここから茶色の出血のある原因についてみていきましょう。

machi__saiさんの投稿
24174841 179306315981323 8959072879173959680 n

妊娠初期の茶色の出血には心配いらないものも!

妊娠初期に茶色の出血が起こる時には、すぐに治療や対処をしなければならない危険なものもありますが、すぐに対処や治療が必要な危険なものではない出血も実はあるのです。

まずは、心配がいらない妊娠初期の出血についてみていきましょう。

mhr_angelmamさんの投稿
21576820 484812295220088 1762444464183312384 n

【妊娠初期の茶色の出血の原因①】着床出血

妊娠超初期に茶色の出血の原因となるものには、着床出血があります。

着床出血というのは、受精卵が子宮内膜に絨毛という根っこを下ろして着床するときに、絨毛が子宮内膜を傷つけることで起こる出血です。

着床出血は経験しない人も多く、出血の起こり方には個人差が大きくあります。

おりものに茶色の色がつく程度の人もいれば、生理かと思うような鮮血の大量の出血が見られる人もいます。

seitai.yuさんの投稿
11934862 216966501999769 927291986 n

【妊娠初期の茶色の出血の原因②】子宮膣部びらん

妊娠初期に茶色の出血が起こる原因には、子宮膣部びらんがあります。

子宮膣部びらんというのは、子宮の入口がびらんと呼ばれるただれのようになってしまう状態のことを言います。

成人女性の8割に見られる症状だと言われていて、病的なものではありません。

ただ、びらんになっているところは、表皮が他のところよりも薄くて、血管が透けて見えるようになっているために、妊婦健診の際の内診や性交などのちょっとした刺激によって出血しやすいのです。

mbaby0119さんの投稿
20180733 1617607448313045 774263740248883200 n

病的なものではなく、がん化する心配などもないので、経過観察をすることが多いのですが、少量でも出血があまり続くようだったり、出血量が増えるようなことがあれば、レーザーメスなどで治療する必要が出てくることもあります。

出血が気になるようなら、かかりつけの産婦人科で相談しましょう。

smwh.conciergeさんの投稿
25006742 151973182093077 4515338305566408704 n

【妊娠初期の茶色の出血の原因③】子宮頸管ポリープ

妊娠初期に茶色の出血が起こる原因には、子宮頸管ポリープがあります。

子宮の入口に、キノコのようにイボ(ポリープ)が出来てしまうものですが、99%は良性のポリープだと言われていて、特に心配する必要はないものです。

特に痛みなどはなく、経過観察することが多いのですが、子宮膣部びらんと同じように、ちょっとした刺激で出血しやすいという特徴があります。

bbyama12さんの投稿
20214394 851948578312506 3779043381884223488 n

良性のポリープであれば、特に心配する必要はないものですが、少量でも出血が続くことがあったり、出血量が増えていく場合には、手術で切除した方が良いこともあります。

出血が気になる時には、病院で相談しましょう。

bbyama12さんの投稿
21147533 152615851986493 8477628228071063552 n

妊娠初期の茶色の出血!注意が必要なものは?!

妊娠初期のおりものに茶色いものが混じる程度の出血には、それほど心配がいらないものもありますが、すぐに治療しなければならないものや、安静を保たなければならない危険な出血もあります。

素人判断はとても危険なので、少量の出血であっても、数日続くようなことがあればかかりつけの産婦人科で相談することをお勧めします。

それでは、妊娠初期の出血で危険なものにはどのようなものがあるのか、ここからみていきましょう。

naaaaaaa.ruuuuuuさんの投稿
24125647 2000574406884841 6187626501354029056 n

【妊娠初期の茶色の出血の原因④】子宮外妊娠

妊娠初期に危険性が高い茶色の出血には、子宮外妊娠があります。

子宮外妊娠というのは、受精卵が子宮内膜以外の場所で着床してしまうことをいいます。

ほとんどの場合は、卵管で着床してしまうことが多く、激しい腹痛が起こる場合もあります。

t.y0618さんの投稿
21373033 154519745128400 4834305812740440064 n

子宮外妊娠でも、妊娠検査薬では陽性反応や妊娠初期症状が起こるのが子宮外妊娠の特徴になります。

早期に流産してしまうことがほとんどなのですが、狭い卵管の中で胎児が育ってしまうと、卵管が破裂して大量出血をして母体を危険にさらすことにもなります。

子宮外妊娠かどうかは、妊娠6週目ぐらいにはわかり、自然に流産しない場合には、手術をする必要があります。

a._ka92さんの投稿
24327593 1965703240345198 5897526126506409984 n


◆関連記事:妊娠3か月の出血についてはこちらを参考に!

妊娠3ヵ月目の症状!体重やお腹の大きさは?出血は流産の可能性?

【妊娠初期の茶色の出血の原因⑤】胞状奇胎

妊娠初期に危険性が高い茶色の出血には、胞状奇胎があります。

受精卵が子宮内膜に着床するときには、胎児の身体となる方が細胞と、絨毛細胞に分かれ、絨毛細胞からは受精卵から絨毛と呼ばれる根っこを子宮内膜に降ろします。

この絨毛は増えていき絨毛膜という、やがて胎盤や卵胞になる組織になるのですが、胞状奇胎というのは、卵子の染色体の異常により、絨毛細胞だけが異常に増殖をして、子宮の中を覆い尽くしてしまう状態になってしまうことです。

水泡状のブドウのようなブツブツが子宮の中を埋め尽くすことから、ぶどうっ子と呼ばれることもあります。

胞状奇胎になると、出血のほかにつわりがひどくなるといった症状が見られます。

snhiisosryiさんの投稿
20481870 416313538765794 3740360453990121472 n

診断は、エコー検査によって発見されることがほとんどです。

胞状奇胎だった場合には、自然に流産することが多いのですが、胞状奇胎を子宮の中から取り除くためには手術が必要になります。

1回の手術では取りきれない場合も多く、手術を数回にわたって行う必要がある場合も少なくありません。

また、胞状奇胎が再発したり、絨毛がんなどの原因となることもあるので、数ヵ月にわたる経過観察が必要になります。

snhiisosryiさんの投稿
17333117 1240752962669933 3050277943893819392 n

【妊娠初期の茶色の出血の原因⑥】絨毛膜化血腫

妊娠初期に危険性が高い茶色の出血には、絨毛膜下血腫もあります。

受精卵が子宮内膜に着床するときに、子宮内膜に下ろす根っこの絨毛は妊娠が成立すると増えて行き、絨毛膜という膜状になります。

絨毛膜下血腫というのは、この絨毛膜が子宮内膜から剥がれ落ちそうになってしまい、絨毛膜と子宮内膜の隙間から出血してしまう状態のことです。

出血は少量であることが多く、茶色のおりもの程度の出血も見られないことも少なくありません。

mii_baby0418さんの投稿
21827329 1585761364850802 793980105448751104 n

出血などの自覚症状もなくエコー検査によって、血腫が見られることで発見されることもあります。

特に治療法などはなく、無理をせずに安静にすることが切迫流産など危険な状態を回避するためには大切になります。

安静を保つことで改善することが多いので、絨毛膜下血腫と診断されたら、家事や仕事で無理をせずに、安静を保つようにすることを心がけてください。

8.7_emmaさんの投稿
24327939 133497337336136 830879672727240704 n

【妊娠初期の茶色の出血の原因⑦】切迫流産

妊娠初期に茶色の出血が起こる原因には、切迫流産があります。

切迫流産というのは、お腹の赤ちゃんが何らかの原因により、流産しかかっている状態で、とても危険な状態になります。

切迫流産の兆候としては、少量の出血が続くことや、軽い腹痛が続くことが挙げられます。

少量の出血や軽い腹痛が起きる切迫流産に対する有効的な治療法は現在のところありません。

tashimashi1223さんの投稿
25011188 133031160705722 3090484416946896896 n

しかし、出血や腹痛があっても、安静を保つことで危険な状態を脱して、無事に出産にこぎつけたという人も沢山います。

たとえ少量の出血や、軽い腹痛でも、妊娠初期には自己判断で大丈夫だと思わずに、必ずかかりつけの産婦人科で診断をしてもらい、切迫流産だと診断されたら安静を保つ努力をすることが大切になります。

m___t1533さんの投稿
25011040 191432871433335 3676467412393263104 n


◆関連記事:鮮血なら要注意!?

妊娠初期に出血!鮮血なら少量でも要注意!原因と対処法は?

【妊娠初期の茶色の出血の原因⑧】流産

妊娠初期に茶色の出血が起こる原因には、流産があります。

切迫流産は、流産の危険性は高くてもお腹の中で赤ちゃんの命が保たれている状態でした。

流産というのは、残念ながらお腹の中の赤ちゃんの命が絶えてしまったことを意味しています。

妊娠初期の流産の原因の多くは、受精卵の染色体異常によって起こります。染色体に異常があるために、受精しても充分に育つことが出来なかったことから流産になってしまったのです。

流産してしまうと、自分を責めてしまう人も少なくありませんが、特に妊娠初期の流産というのは、お母さんのせいで流産になってしまうケースはほとんどありません。

あまり自分を責めすぎないようにしましょう。

thubame1206さんの投稿
25007281 136072077094421 673100553005301760 n

妊娠初期に流産が起こる時には、出血のほかに、腰痛や腹痛に見舞われることが多いです。

また、基礎体温をつけている場合は、基礎体温が下がることも流産の兆候だと言われています。

流産するときには必ず腹痛を伴う出血が起こるので、少量の出血でも出血した時にはとにかく一度病院で診察してもらいましょう。

theory_clinicさんの投稿
25007341 556410834704256 6156326441853124608 n

妊娠初期の出血!茶色以外でも要注意を!!

ここまで、妊娠初期に出血する原因についていろいろと見てきました。

ここに挙げた出血というのは、必ずしもおりものに茶色の色がつく程度の少量の出血が続くだけとは限りません。

emachiさんの投稿
25005684 1996196827330664 8991237472641875968 n

ピンクのおりものとして出てくる出血であったり、少量ではなく生理の2日目よりも多い大量の出血が見られる場合もあります。

少量であろうと大量であろうと、妊娠初期に出血が見られた場合には、長く続くような出血でも、すぐに終わる出血でも心配がない出血だと自己判断せずに、必ず病院で診察してもらうことが大切です。

akagawa_clinicさんの投稿
24331918 717694928427027 7941383470763212800 n

妊娠初期には茶色の出血以外にも注意するべき症状が!

妊娠5ヵ月に入り、安定期に入るまでは、妊娠初期というのは流産しやすく、体調面でもとても不安定な時期になります。

そんな不安定な状態が続く妊娠初期には、少量の茶色の出血が続くこと以外にも注意しなければならない症状がいろいろとあります。

不安定な状態が続く妊娠初期に注意しなければならない症状には、どのようなものがあるのかここからみていきましょう。

pocochandiaryさんの投稿
23966873 1947020042283514 7772001943567728640 n

【注意するべき妊娠初期症状①】腹痛

妊娠初期に気をつけなければならない症状には腹痛があります。

妊娠初期には、つわりの影響や、ホルモンバランスが変化する影響で便秘や下痢をしやすくなるために腹痛が起きやすくなるのは事実です。

yanachan_studio87さんの投稿
25010287 369880390091029 3244684183938793472 n

しかし、つわりや便秘や下痢が原因の腹痛とは別に、腹痛は切迫流産や流産、子宮外妊娠、絨毛膜下血腫といった妊娠初期に注意しなければならない症状の兆候としても現れます。

絨毛膜下血腫などは出血が少量過ぎて外まで出てこないこともあるので、原因がよくわからない腹痛が続くことがあれば、一度病院で相談してみることをお勧めします。

kikimama1008さんの投稿
24332331 469461303455214 1879024380701310976 n

【注意するべき妊娠初期症状②】つわりが急になくなる

妊娠初期に気をつけなければならない症状にはつわりが急になくなることもあります。

つわりというのは、激しい吐き気や胃のむかつきに襲われたり、食の好みが変わってしまったり、においに敏感になりすぎて、外出出来なくなってしまったりと、妊娠初期の辛すぎる症状になります。

しかし、つわりが起きるのは、妊娠したことによるホルモンバランスの変化が原因なので、どんなに辛くても、つわりが続いているというのは、妊娠が無事に継続出来ているという証拠になります。

sakakosukeさんの投稿
24838177 387207875052100 8648931727361703936 n


安定期の妊娠5ヵ月に入るまでは、とにかく耐えなければならない、お母さんになるための通過儀礼ともいえます。

このつわりが、安定期に入る妊娠5ヵ月に入らないのに急になくなった場合には、子宮の中で何か緊急事態が起きていることを意味しています。

つわりが急になくなった場合には、つわりがなくなったことを喜ぶのではなくて、まずは産婦人科を受診することをお勧めします。

garage_playさんの投稿
24838784 152151552075587 909272227562651648 n

【注意するべき妊娠初期症状③】貧血

妊娠初期に気をつけなければならない症状には、貧血があります。

妊娠初期には、貧血に悩む妊婦さんが少なくありません。

妊娠初期に貧血になりやすい原因は、つわりによって物が食べられなくなることで鉄分の補給が不足したり、妊娠したことで血液量が増えたのにヘモグロビンの増加が血しょうの増加に追い付かずに成分が薄い血液になってしまうことが挙げられます。

akko_923さんの投稿
25010250 145427362777093 9044151190555721728 n

妊娠初期には、赤ちゃんに送る栄養もまだ少ないので、赤ちゃんへの貧血の影響はそれほど考えなくてもいいのですが、妊娠中は赤ちゃんへ鉄分を送ることが優先されるので、お母さんの身体の貧血がひどくなっていきます。貧血の状態が続くと、お母さんの体が疲れやすくなったり、息切れがしたりと、仕事や家事に影響が出てしまうこともあります。

あまり貧血がひどいようなら、ホウレンソウや小松菜など鉄分が多いものをたくさん食事のとりいれたり、鉄分のサプリを使う様にしましょう。

ひどくなりすぎたら鉄剤を処方してもらう必要も出てくるので、息切れなどがひどい時には、病院で相談するようにしましょう。

_____baby_5さんの投稿
21819908 1703750879933732 2577680676312580096 n

【注意するべき妊娠初期症状④】高血圧

妊娠初期に気をつけなければならない症状には、高血圧があります。

妊娠すると、妊婦健診では必ず血圧を測りますよね。

妊娠すると、血圧が上がりやすく、妊娠高血圧症候群になってしまう人も少なくありません。

妊娠高血圧症候群になってしまうと、血圧が高くなる他に、尿蛋白も出るのが特徴的な症状となります。

sh.xx0923さんの投稿
23735545 532237930456863 2814127271726546944 n


妊娠高血圧症候群になると、母体は脳血管障害などの危険性が高まるなどの危険があります。

胎児も発育不全などが起こることもあり、流産や早産の危険性が高まるなど、母子ともに命の危険にさらされることもあります。

症状がひどい場合には、降圧剤などを使用することもありますが、できるだけ安静にしてストレスをためないようにし、塩分やカロリーを控えめの食事を心がけるなども食事や生活改善をすることで改善することもあります。

baby.chibimonさんの投稿
24125184 311324319384895 2508005792691519488 n

【注意するべき妊娠初期症状⑤】むくみ

妊娠初期に気をつけなければならない症状には、むくみがあります。

妊娠中は、体の中に血液量や水分量が増えたり、運動量が減ったりするために、妊娠前よりもむくみやすい体質になることはあります。

plumeria.amemuraさんの投稿
24845219 2084108111818471 953505361304748032 n

しかし、むくみがひどくなると、妊娠高血圧症候群の症状として現れることもあります。

妊娠すると、顔や足に軽いむくみが見られることはよくあることですが、軽いむくみと言えないほどひどいむくみが見られる時には、病院で相談することをお勧めします。

knowhow_okayamaさんの投稿
25015465 136796623649386 6922366311867613184 n

妊娠初期には様々な症状に注意を!!

ここまで、妊娠初期に見られる茶色の出血についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

おりものが茶色くなる程度の少量の出血や腹痛であれば、多少続くことがあっても軽く流してしまう人も少なくありません。

しかし、少量の出血や腹痛でも、続く場合には何らかの原因が考えられます。

a_tbabyさんの投稿
22638831 124932614891082 7839699299691659264 n

妊娠初期にはどんなことが起きてもおかしくはありません。

せっかく授かった命を大切に育むためにも、少量の出血や軽い腹痛や、他の気になる症状が続くようなことがある時には、早めに病院で相談することをお勧めします。

yuzu.1113さんの投稿
22639503 576720009385854 8734862336348651520 n

もっと出血について知りたいアナタはこちらもチェック

妊娠初期の出血の原因と対処法は?注意すべきなのはどんな時?
産後の出血はいつまで?悪露で鮮血がでたら注意?量の変化は?
高温期12日目の症状!出血や下腹部痛など!陰性でも妊娠の可能性?

関連するまとめ

yukky777
yukky777
読者の方が知りたいと思う情報をわかりやすくお伝えできればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ