LINEで告白するのが定番?伝え方と告白の奥義

コミュニケーションツールとして、今や知らない人はいないくらい有名な「LINE」。今回はそんなLINEを使った告白のアレコレを紐解いていきます。LINEで告白するのはどうなの?といった疑問から、伝え方など紹介していきますね!

LINEで告白するのが定番?伝え方と告白の奥義のイメージ

目次

  1. LINEで告白するのが定番?伝え方と告白の奥義
  2. 告白の奥義|いつの時代も直接伝えるのが最強
  3. LINEでの告白が許されるのはどんな時
  4. 告白前にデートや遊びができるかが全て
  5. どんな告白だと返事しやすい?
  6. まとめ

LINEで告白するのが定番?伝え方と告白の奥義

恋愛にとって、告白は一つの登竜門、これを超えないことには始まりません!

今日は告白成功の奥義を、女性目線でお伝えしていきたいと思います。

「好き」と言われて悪い気をする人はまずいないでしょうから、好きな人には積極的に想いを伝えていきましょう…!

とはいえ、当たって砕けるだけの告白は避けたい…出来たら、成功させたいですよね。

そのためにはどのようにしたら良いのでしょうか。やはり、そこは告白される側の立場に立ってみることが成功の秘訣です!

また、女性側からの脈ありサインも見逃さないようにすることも大切です。

しかし、異性の考えていることは理解しがたいものです。女性はどんな告白をされたら喜ぶと思いますか?

LINEで告白するのって定番なの?ありなの?どんな反応が脈ありなのでしょうか?一つずつ見ていき、告白の成功をつかみ取りましょう!

告白の奥義|いつの時代も直接伝えるのが最強

女性目線から断言させてもらいます。いつなんどきでも、告白は直接伝えるに勝る方法なし、と。

関係の始まりを記念する告白は、される側もドキドキで胸がいっぱい。告白とは女性にとって一生の思い出に残したい出来事です。

直接想いを伝えられた方が、LINEや電話よりも何百倍も印象に残るため、まるで少女漫画のような理想の告白のされ方なのです。

それだけではありません。直接告白できない男性は、女性から多かれ少なかれマイナスの印象を持たれてしまいます。それはどういうことでしょうか。

直接告白できない男子は信じられない

恥ずかしい中、思いっきり勇気を振り絞って想いを直接伝えてくれたそのひたむきな姿勢に、女性は誠実さを感じます。

逆に言うと、直接告白できなかった男性の言葉は、軽いノリや冗談として捉えられる可能性が高いです。

また、女性は「私は文面だけで告白を済まされるような軽い人と見られているのね」と解釈してしまうこともあるでしょう。男なのに意気地なし、と飽きられてしまうことも。

自分の想いの本気度を見せるために誠心誠意、面と向かって告白するようにしましょう。

気持ちは対面で直接話すのが当たり前

アルバイト先の上司や、部活の顧問に大事な話があるときには、文面等での事前連絡はあるにせよ、対面で直接話すのがマナーとして当たり前です。恋愛においても然りです。

そもそもLINEや電話での告白は、相手の感情が伝わりにくく、ドライなものになってしまいます。文面や電話のみでは、表情などの些細な感情の変化が読み取りづらいからです。

感情が伝わりにくい分、相手の感情を勝手に悪く解釈してしまう危険性もあります。告白をした男性側は本気でも、女性は信じられず冗談として受け取った、という食い違いが起こり得ます。

このような誤解を避けるためにも、直接気持ちを伝えるのは非常に大切な行為です。

付き合うのはゴールじゃない|直接言えないと未来がない

女性は告白を受け入れるかどうかを判断する大きなポイントとして、将来のことが挙げられます。この先ずっと一緒にいたときに楽しそうかのみならず、支えてくれそうか、頼りになりそうか、コミュニケーションがしっかりとれそうか等を総合的に吟味しています。

LINEや電話での告白は逃げだ、その男性は直接告白できないほどの意気地なしだという考えをもつ女性も少なくありません。

そういった印象を女性に与えてしまうと、女性はその男性を頼りない存在であるとみなしてしまいます。

また、告白という大事な場面で気持ちをしっかり伝えることを避けてしまうと、この先の大事な場面においも、気持ちを建設的に伝えることから逃げてしまうのではないかと女性は懸念してしまいます。

例えば、関係が長く続くにつれ、喧嘩することも出てくるでしょう。喧嘩の際は、相手の気持ちを汲み取りながら、建設的なコミュニケーションをしっかりととることが長続きのコツですよね。

直接話し合うことから目を背け、また文面で済まされてしまうのではないか、と思ってしまわれても仕方ありません。

つまり、やるときはやれる男であって欲しいものです。それだけ告白によって生み出される印象は大きいものなのです。そして女性にとって告白は思い出深いため、その第一印象は長く続きますので注意しましょう。

しかし、そうはいってもやはり直接想いを伝えるのは恥ずかしい…

勿論、直接告白することに越したことはないのですが、LINEでの告白が許される時もあります。それはどのような時を指すのでしょうか。

LINEでの告白が許されるのはどんな時

いまどきLINEでの告白が浸透しつつあります。LINEで告白をして、LINEで別れるというスマートな付き合い方すら出てきています。

場合によってはLINEで告白をしても許される時が存在します。それは一体どういう場合なのか見ていきましょう。

既に両思いなのが分かっている場合



時には、特定の人が自分に想いを寄せていることが分かっている場合もあると思います。その人の態度や、言葉の端に自分への想いが乗っかっているように感じたりすると思います。

または、正式に告白していなくてもなんとなく想いを相手に伝えている場合もあるかもしれません。そういった状況の中で、LINEで告白しても、面と向かって告白してもおそらく成功するのであれば、告白の方法はあまり気にならないでしょう。

ついに告白してくれたという嬉しさの方が勝ったり、またはもう両想いであると分かっているのならばLINEで告白は許容してくれるかもしれません。


既に実質ほぼ付き合っているほどの関係がある場合

両想いとまではいかなくても、よく話したり、場合によっては二人で出かけたりするような特に
仲が良い異性の友達がいる人もいるのかもしれません。

そういった関係の人であれば冗談も言い合えるような親密な仲なので、告白する時に面と向かってではないことをそこまで咎められることもないでしょう。

いわゆる、「私たちの仲じゃないか」という認識が生じることがあるかもしれません。幼なじみなどの関係など、お互いのことを多少理解しているとしたら、LINEで告白されても今の関係や付き合い方が崩れる心配がないからでしょう。それだけ、親密な仲ということです。

ただし、冗談が言える仲であっても、照れくさいという理由でふざけてはいけません。気持ちを弄んでいると捉えかねられません。

お互いにドライでそういう告白でもいいという価値観の場合

人によって恋人の関係でもドライな場合もあります。気持ちが冷めているのではなく性格上そういった関係の付き合いをしているのでしょう。

したがって、お互いが付き合っていく中で、そんなに細かいこだわりなどが無い場合はLINEでの告白でも許してくれるでしょう。

ただ、気を付けなければいけないのは、恋愛の価値観は人それぞれなので、今述べている場合は相手がドライな性格であると断定できるときにしてください。

自身がドライな性格でも、想い人がそうでない場合はトラブルの原因になりかねません。

やはりLINEよりは面と向かって告白されたいのが、ほとんどの女性の心理であることは忘れてはいけません。

告白前にデートや遊びができるかが全て

次は直接告白する上での成功確率を上げるヒントをお伝えしていきます。当たって砕けることはできるだけ避けたい!玉砕覚悟、と言いますが、自ら負け戦をしにいく人は中々いないでしょう。

できるだけ成功確率を上げてから本番に望みたいところですよね。そこで見逃してはいけないのが、女性からの脈ありサインです。

注目すべきポイントは、女性が告白前にあなたとデートや遊びに行ってくれるかどうかです。

遊びやデートに誘ってOKしてくれないなら諦めて

女性がデートや二人きりでの遊びをOKしてくれたら、それは大いに脈ありのサインです。「この人いいかもなぁ~、どんな人なのだろう~」と、少なからずあなたに興味や好意を抱いていることは間違いないでしょう。

(純粋に男友達として遊びに行きたい、という場合も考えられなくはないです。しかし、それはその女性はもともと男友達が多いかどうか、また彼らとよく遊びに行く子かどうかで判断して良いでしょう。)

ここで気をつけなければならないのは、LINEのラリーが続くことで脈ありだと断定してしまうことです。

女性は元よりお話をするのが好きな生き物です。その男性に恋愛感情がなくとも、話し相手や暇つぶしとして連絡をまめにすることは決して珍しくありません。

したがって、脈ありかどうかは、告白前にデートや二人きりでの遊びをOKしてくれるかどうかで判断して良いしょう。

逆に言えば、女性が遊びやデートを断った場合、残念ながら高確率で脈なしです。潔く諦めて次に進みましょう。

告白前の2人の関係が全てを物語る

デートや遊びの誘い、告白を受け入れてもらえるためには、女性に好意や興味を持ってもらわなければなりません。

逆に、告白前に一度でも悪い印象を与えてしまうと、中々恋人昇格は難しくなります。告白前でどれだけ好印象を残せるかに全てがかかっている、といっても過言ではありません。

どれだけ一緒にいて楽しかったか、どれだけ優しくしてもらえたか、また、まわりへの気配りや態度はどのようなものか、どんな人間なのか…アプローチを受けた男性を、女性は細かく観察します。

女性のみならず、まわりの同級生や先生への気配りも意識を向けられると好印象です。

補足ですが、女性との接点のきっかけづくりのためにLINEの文面を活用することはよくあると思います。

しかし、LINEの文面はあくまできっかけづくりに過ぎません。両想いでない女性が、男性に好意を抱くのは、実際に会う中で一緒にいて楽しいと感じた時です。

普段から内面を磨き、直接の関わりにおいて、女性から素敵だな、楽しいなと思われる男性を目指しましょう。

告白前からコミュ力が試される|束縛はダメ

普段の直接の会話において、女性に好印象を与える上で欠かせないのがコミュ力です。コミュ力というと、話し上手というイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

一方的に自分の話をぺらぺらされても、相手はうんざりして逆に悪印象です。大切なのは、言葉のキャッチボールができること、そして相手の話をよく聞いてあげることです。

聞き上手な男性は好かれます。女性は一般的にお話をするのが大好きな生き物ですから、それを楽しく聞き入ってさらには共感してもらえる男性には強い信頼を置きます。女性の話にしっかり耳を傾けてください。

また、仲良くなるにつれて、女性が他の男性と話していたり、二人きりで遊びにいったりすることに嫉妬してしまうこともあるでしょう。

しかし、いくらその感情が強くても、告白前に束縛するのはNGです。彼氏への昇格が遠のくばかりです。

彼氏でもない人に何をするか言われる筋合いはない、そう思う女性が大半でしょう。嫉妬するエネルギーを、自分磨きや彼女を楽しませることに思いっきりぶつけましょう。

どんな告白だと返事しやすい?

デートに無事誘えたところで、いよいよ告白編に入ります。恥ずかしさから遠回しに想いを伝えていては相手の心に響きません。

ストレートに、赤裸々にあなたの想いを彼女に伝えることが大切です。

それでは、女性が告白のときに言われて嬉しいフレーズの例を、最後に簡単にみていきましょう。

「これからも一緒にデートしてくれる?」付き合い方が分かる

デートの帰り際などで、また会いたい、一緒にいて楽しかったという意味が伝わり、女性はキュンとします。

あなたが彼女自身を楽しませることができたかを確かめることもできます。今日のデートのような付き合い方でよかったか、これから一緒にいてもこのような時間を共有してもいいのかと、今後の付き合い方の指針になります。

ストレートに「好きだからこれからも一緒にいたい!」もあり


しかし、「これからも一緒にデートしてくれる?」は多少オブラートな言い方になってしまうので、思わせぶりだと解釈されないように、「好き」という言葉も添えると告白としてより効果的です。

やはり、女性はストレートに気持ちを伝えられる告白が一番嬉しいものです。言葉の端から一緒にデートしてくれたことへの感謝が伝わると尚良いでしょう。

ただ「好き」と直接言われるのもありかも

簡潔に一言。「好きです」。短いセリフだからこそ、その一言が放つインパクトは大きく、女性の心を鷲掴みにするでしょう。

まとめ

上記の内容を読むだけでは、あなたの告白成功率が上がることは決してありません。努力と行動を重ね、好きな女性を振り向かせるだけの魅力を身につけていってはじめて成功するのが告白です。そして最後は玉砕覚悟で告白するのみ!

また、告白が成功しても、それが決してゴールではありません。健康的な関係を長続きさせるためにも、自分磨きと彼女との建設的なコミュニケーションは続きます。

長く一緒にいれば楽しいこともあれば、苦しいこともこの先出てくるでしょう。しかし、恋愛経験から得られる人間的成長ほど大きなものはありません。

是非、告白を成功させ、素敵な恋愛生活を送ってください!応援しています。

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ