好きな人と結婚するなら二番目の男性?一番好きな人とは結ばれない?

一番好きな人とは結ばれない?二番目に好きな人と結婚した方がいいの? 結婚を決断するのに悩みはつきもの。 結婚できないからと、とりあえずの婚活をしたり結婚を夢見るのは、悪いことではありません。 でも結婚するにあたって、とても重要なことがあるのです!

好きな人と結婚するなら二番目の男性?一番好きな人とは結ばれない?のイメージ

目次

  1. 【好きな人との結婚】一番好きな人とは結ばれない?
  2. 【好きな人との結婚】結婚をするなら二番目に好きな人?
  3. 【好きな人との結婚】一番好きな人との結婚の良いところ
  4. 【好きな人との結婚】一番好きな人との結婚の悪いところ
  5. 【好きな人との結婚】二番目に好きな人との結婚の良いところ
  6. 【好きな人との結婚】二番目に好きな人との結婚の悪いところ
  7. 【好きな人との結婚】婚活で出会った人
  8. 【好きな人との結婚】婚活を間違った場所でしている人
  9. 【好きな人との結婚】結婚に夢見てはいけません
  10. 【好きな人との結婚】結婚についてアンケートをとってみました!
  11. 【好きな人との結婚】あなたが結婚を迷う理由
  12. 【好きな人との結婚】不安はつきもの
  13. 【好きな人との結婚】結婚を占いで決めた人
  14. 【好きな人との結婚】好きと、恋と、愛の違い
  15. 【好きな人との結婚】ズバリ!結婚とは

【好きな人との結婚】一番好きな人とは結ばれない?

一番好きな人とは結ばれない?いやいや、そんなことはありません。
一番好きな人に、彼女や婚約者がいるのなら、無理かもしれませんが基本的に誰にでもチャンスはあります。

でも、結婚相手って、夢のような運命の人とは限らないのです。
なぜ、そこまではっきり言い切れるのか?それは離婚して再婚、再々婚する人もたくさんいるからです。

最初に結婚した人が運命の人ならば、再婚した相手は何になってしまうのでしょう。
再婚して幸せになる人もいるのです。

あなたは、結婚がしたいですか?できないのですか?
夢ばかり追っていませんか?
ショックを受けないように無難に生きようとしていませんか?

一番好きな人、二番目に好きな人、三番目に好きな人。どれだけ好きな人がいたとしても、結婚する可能性があるのは、全員!

まあ、全員と結婚はできないですが。

幸せになれるかどうかは、自分自身の心の中にあるのです。
夢ばかりを追っていては、幸せな結婚はできないのです。
好きな人がいなくても、結婚願望があるなら、積極的に婚活することも大事なのです。

【好きな人との結婚】結婚をするなら二番目に好きな人?

これもよく聞く話ですが、なぜそんな風に言われているのでしょう。

二番目に好きな人だから、相手に対して冷静にいられて、愛してもらえるから?
一番に好きな人と結婚できなかったら、ショックを受けるから?
よくわかりませんが、ただの夢物語にしかすぎません。

一番好きな人と結婚するとか、したいと思う方が、ごく自然な結婚に繋がるのだと思います。

恋愛でも、婚活で知り合った人とでも、ずっと一緒に暮らしたいと思えますか?
一番好きな人と一生共に暮らせる方が、嬉しいことではないのですか?

結婚に対して、非現実的な夢ばかり見ていませんか?

結婚とは二人でずっと、苦しいことも、嫌なことも、共同で作業をすることなのです。

なぜ、わざわざ一番好きな人を諦めて、二番目に好きな人と結婚を考えるのでしょう。
守りに入った方が、ショックを受ける確率が減ると思うのでしょうか。

本当に結婚したいのなら、結婚したいと思う人と、絆を深めるのが一番ベストなのです。
二番目に好きな人と結婚したら、後々未練や後悔だらけになる確率も高いような気がします。

収入面で結婚相手を決める。それは悪いことではありません。
生活をずっと続けて行くのですから、それも大事な見極め方法の一つだと思います。

ただ、自由にお金が使いたいとか、夢のような生活がしたいからと、二番目に好きな人と結婚をしたら、痛い目を見ることがあるかもしれません。

【好きな人との結婚】一番好きな人との結婚の良いところ

やはり、一番好きな人との結婚は、とにかく格別に嬉しいもの。

結婚式の準備まで、何をするにも全てが嬉しくてテンションあがりっぱなしで
まさに人生薔薇色ですね。

それまでの恋愛で傷ついたことがたくさんあっても、そんな過去も忘れてしまうほど。

そのくらい、一番好きな人との結婚は、最高に嬉しいものなのです。

結婚式当日は、今まで生きてきて一番幸せな日と思えることでしょう。

一番好きな人なのですから、やはりその人の喜ぶ顔を、いつまでも見ていたいですよね。

好きな人のために料理を頑張ったり、多少面倒くさいことでも張り切って頑張れたり。

自分がしたいことより、好きな人のしたいことを優先にしてみたり。

できないことがあっても、好きな人のために努力したり。

自然と好きな人に尽くせるものです。

そして、好きな人との間に子供ができたら…

それはそれは、愛しいなんてものじゃありません!

自分の子なうえに、パパは一番好きな人。
絵に描いたような幸福。

多少の辛いことや、苦しいことだって、どんどん乗り越て行けます。

【好きな人との結婚】一番好きな人との結婚の悪いところ

自分が思っている以上に、無理をしてしまうことがあります。

一番好きな人のため…そう考えると、本当は体調が悪くても無理してしまったり、大丈夫なふりをしてしまうことが多くなったりするのです。

人を好きになると、想像以上のパワーが出せたりと、良い面もあるのですが、その反面それをずっと続けて行くうちに、ガス欠状態になり、それでも頑張ろうとしてしまいます。

一番好きな人。一番パワーをもらえるが、自分でブレーキがかけられないという難点もあります。

夫婦生活の面は、悪いことばかりになってしまう恐れも。

今日はしたい、したくないが噛み合わないと、好きな人に合せてしまうようになってしまい、その結果苦痛になることもあったりします。

それがよく聞く、男女の関係でなくなる原因のひとつでもあるのです。

これは、どんな男女にもあることですが、結婚生活も長くなれば、夫婦生活のマンネリ化。
一番好きな人イコール、毎回の夫婦生活で、肌が合うとは限りません。

基本、男性はよほどのことがない限り、現実と夫婦生活に線を引ける人が多いです。
ですが、女性は、家事や育児、その他の悩みがあると、性欲が落ちてしまう人が多いのです。

これもありがちなのが、浮気を許してしまうこと。

一番好きな人を失いたくない。だから浮気されてショックなのに、許してしまう。
悪い夢を見たのだと、思い込もうとする。

私の一番好きな人が、浮気なんてできないはず…
このような、根拠のない信用をしてしまいがちになることが多いです。

【好きな人との結婚】二番目に好きな人との結婚の良いところ

冷静に相手を見ることができる。
例えば、相手の収入面、どういう優しさ思いやりを持っているのか。

悪い面を注意することも、すんなり出来てしまう。
やめて欲しいことも、割とハッキリ伝えられる。

自分より、相手の方が、私を愛していてくれると感じられる。
だから、自分らしく生活ができる。

したいこと、できないことをきちんと伝えられる。
夢心地にならない分、なんでも話せる仲になれる。

友達に近い感覚で話ができる。
いろいろなジャンルの話をしやすい。

趣味が合わなくても、さほど気にならない。
お互い、自分の時間をしっかり持つことができる。

やはり話しやすいラフな関係になれるので
一番好きな人よりも絆を深めることが出来やすい。

夫婦生活も、自分が気が乗らない時は、気持ちをきちんと伝えやすい。

「手伝って」が言いやすい。
これらの心理は、二番目に好きな人だからという、ちょっとした余裕を持っているからなのです。

人は余裕を持つことにより、冷静な判断が常に出来るもの。
二番目に好きな人は、余裕を持てる相手とも言えるでしょう。

【好きな人との結婚】二番目に好きな人との結婚の悪いところ

なんでも話しやすい分、喧嘩になることも多くなるでしょう。

意見の食い違いは、誰にでも起こることですが、馴れ合ってくると言いたいことばかりが前にでてきてしまい、大喧嘩になることも。

所詮、二番目に好きな人なんだから…と、安易に別れを考えてしまうかもしれません。

一旦、気まずい関係になってしまうと、どうしても一番好きな人のことを、思い出す機会が増えることでしょう。

他の人に目が行ってしまうこともあるかもしれません。
一番好きな人と結婚するより、他に目が行ってしまう確率は、割と高いものとなります。

人は苦しいこと、悲しいことを忘れられるようにできています。
しかし、楽しかったこと、嬉しかったことなどは、時間が経てば経つほど、美しく輝いて見えるものなのです。

二番目に好きな人。はっきり言えば二番目だったくらいの人。
一旦嫌になってしまうと、同じ空間で呼吸をするのも嫌になったり、その人の洗濯物と、自分のものを、一緒に洗うことさえ嫌になることもあります。

ましてや、その相手が浮気なんてしてしまったら一瞬で、築き上げたものまで要らなくなるかもしれません。

物質的なことでもそうです。
一番欲しかったものではなく、二番目に欲しいものを買ったとしましょう。
ひとつ気に入らないところを発見すると、やはり一番欲しかったものが、最初の気持ちより、余計に欲しくなったり、素晴らしいものに見えてしまったり…なんて経験はありませんか?

結婚相手でも同じことなのです。
そういう部分が、二番目に好きな人との結婚の落とし穴となってしまうのです。

【好きな人との結婚】婚活で出会った人

今は婚活と言いますが、昔でいうお見合いみたいなもの。

私は真剣に積極的に、結婚というものに向き合っているのなら、とても素晴らしいことだと思います。

最初に、自分の好む異性の条件から入ったりできるので、結婚生活において、そこはクリアから始まるのですから。

会ってみて、好きになることはできないかも…と思えば、割と簡単に縁を切ることができます。

婚活でも、たくさんの方法がありますよね。

割とラフな婚活パーティーから、入会金が結構お高い大手が仲介してくれるものまで。

ただ、本当に真剣に結婚を考えるのであれば、入会金が高くても、やはり堅実な婚活をする方が好ましいと思います。

パーティーとか、ネット上の婚活は、遊べればいいやくらいの考えの人も多かったり、割と嘘が多かったり、顔がわからないなどのデメリットが多いものです。

もし私が、結婚相手を探すような機会ができたら、絶対婚活にしようと思っています。

結婚するうえで、相手の顔、性格、などは、よほど変な人ではない限り
あまり重要ではないのです。不思議と慣れてくると、どうでもよくなるからです。

長い人生を共にするなら、条件を満たしている人との方が、必ず長続きします。
実はDVだったとか、変な性癖を持っていたなどは例外ですがね。

【好きな人との結婚】婚活を間違った場所でしている人

この手のジャンルは、実は私の、超得意ジャンルなのです!

婚活を、飲み屋さん(キャバクラ、クラブ、ホストなど)または、風俗店でやっている人がいます。

そりゃ、お金を払えば、一人の相手と肌を合わせてお喋りもできますが、まずはそこで働いている女性、男性は【仕事をしている】ということを忘れてはいけません。

たまたま、何度か会っているうちに、お互い好意を持った…というのは
本当にごく稀な話なので、慎重に、冷静に、注意しましょう。

飲み屋さん、風俗関係で働く人は、お客様にリピートしてもらいたくて、一生懸命サービスしたり、特別扱いのふりをしたりするのです。

あなたにしてみれば、自分だけ?と勘違いしてしまうようなことも、多くのお客様にしていることなのです。

以前私も、それらのお仕事に就いたことがあるのですが
まあ!「結婚して欲しい」と、何人に言われたことでしょう。

きちんと、遊びとして利用している人は案外少なかったりします。

世の男性、女性のみなさん!
遊びは遊び、恋愛は恋愛、婚活は婚活!

どれもきちんと線を引いてくださいね。
でないと、誰かのカモにされるだけですよ。

ちなみに、私がそれらの仕事をしていた時、少しでも好きになった人は一人もおりません。
性格いい人だなぁ…とか、その程度止まりです。
だって、自分は遊びに行っているのではなくて、仕事しに行っているのですもの。

もしこれらがプライベートなら、そんな優しい特別サービスなんて
一切いたしません!

【好きな人との結婚】結婚に夢見てはいけません

結婚に対して夢を持っている人がいるとするならば、目を覚ましてください!

結婚生活とは、先にも書きましたが、辛いことも苦しいことも、二人で共に共同作業をするこなのです。

私にもありました。【白馬に乗った王子様】を夢見た時期が。
でも結婚や離婚してたくさんの気づきがありました。

結婚は、夢見る甘いものじゃないと。
多分、お互いに耐えることの方が、多いものだと思います。

そして、お互い文句言いながら、耐えて耐えて耐えぬいて
ショックな出来事にも立ち向かって…

そうするとたまーに、ご褒美があるのです。

二人が好きなスポーツ観戦のチケットが手に入った。
映画のチケットが当たった。
ライブを観に行って、二人で盛り上がった。

そしてその後は、また耐えて耐えての繰り返し。

何のため?それは二人の絆を深めるため。
二人の共同作業を成功へと導くため。
二人で向上するため。

それが結婚生活というものなのです。

【好きな人との結婚】結婚についてアンケートをとってみました!

40代女性 Mさん

私は最初に結婚した人は、一番大好きな人でした。
でも、結婚生活をしていくうち、性格の悪さがたくさん見えてきて離婚しました。
今は一番好きな人とお付き合いしていますが、結婚はまだ考えていません。

30代男性 Nさん

3回離婚しています。結婚した相手は綺麗な人ばかりで、一番好きだったはずなのに、結婚生活となると、急に鬼嫁に変貌し、かなりのショックを受けました。
もう結婚は怖くてできないかもしれません。

50代女性 Aさん

私は、一番好きな人とは趣味も遊びも気が合って楽しかったし、結婚したかったのですがその人との結婚は周りの人たちに反対され、少し気にはなっていた男性のことを、「結婚するならその人だよ!稼ぎもいいし、堅実な人じゃない。」と、友達に強く薦められ結婚しました。
三人の子供にも恵まれ、確かに生活に苦しむことはないですが、一度浮気され、それを引きずってしまっています。

60代女性 Kさん

最初に結婚した相手は、二番目に好きだった人。真面目でよく働き、公務員だったので安定した生活を送っていました。子供たちともよく遊んでくれて、最高な男性だとは思いましたが、なぜか物足りなさがあり、浮気をしてしまいました。
その相手はとても大好きな人でした。その後離婚をし、大好きな人と結婚しましたが、浮気癖がある人で、もう何度も泣かされショックを受けています。

20代男性 Sさん

一番好きだった子は、自分のヤキモチのせいで、自然消滅した感じになりました。正直、今も未練があり、その子が結婚したのは自分の友達だったと聞き、ショックを受けました。
その後出会った、好きというよりは、尊敬できる子と結婚しました。
今まで付き合った子は、自分の言う意見に「うん。うん。」とうなずく子ばかりでしたが、結婚を決めた相手は初めてのタイプで、自分の意見に対し、いろいろアドバイスしてくれます。
ですが自分も、自分を曲げない部分もあるので、そのせいで喧嘩になることも多いです。
趣味は同じことが多いので、子供を親に預けて、たまに遊びに行ったりしています。
多分、幸せな方なのかもしれないです。

50代女性 Jさん

私には多額の借金があったのですが、それを承知で一番大好きな人は結婚してくれました。
彼は、朝から晩まで2つの仕事をしてくれ、私の借金を5年で返してくれたのです。
お互い仕事仕事の毎日だったので、二人でゆっくり過ごした日はなかったけれど、今はたまに二人で温泉に行ったり、道の駅巡りをしたり、本当に幸せいっぱいです。いくら感謝しても足りないくらい、本当に心から愛しております。

【好きな人との結婚】あなたが結婚を迷う理由

あなたが結婚を迷う理由とはなんですか?

一番好きな人、二番目に好きな人、どちらにするか迷っているから?

結婚に対しショックを受けるようなことになりたくないから、結婚ができない?

どうせ自分なんて…と考えてしまって、結婚ができない?

結婚して、子供ができて、ショックなことがあっても、子供のために離婚ができないから?

結婚はしたいが、束縛されるのが嫌だから?

人の結婚話を聞いて、ショックなことがあまりにも多いから?

離婚のショックから、立ち直れない人がいるから?

結婚したら、遊べなくなるから?

結婚しても、相手に愛し続けてもらえるか不安だから?

でもそんな理由あまり気にするべきじゃないんです。

【好きな人との結婚】不安はつきもの

結婚と考えて、多かれ少なかれ、不安を持たない人はそうそういないでしょう。
誰だって、一度の結婚で幸せになりたいですものね。

でも、皆それぞれの不安の中には、自分本位なものが多かったりしないですか?

好きな人の気持ちも考えてみましょう!

嫌なことがあって、ショックを受けるのはあなただけですか?
あなたは完璧な人間ですか?
結婚して、感謝してもらえる人ですか?

自分の気持ちばかりではなく、いろいろな角度から結婚を考えるのも大切です。
冷静になり、不安も少なくなるはずです。
周りの意見も大事ですが、結婚とは自分が決める大事な岐路なのです!

【好きな人との結婚】結婚を占いで決めた人

ある記事を読んで、20代~30代の女性を対象に、結婚を占いで決めた人はいますか?の回答に
なんと、70%以上の女性が、占いで結婚相手を決めた!と答えたということを知りました。

確かに私も、結婚について占った経験はありますが、割と曖昧な占い結果だったので、結局は自分の意思で決めました。

時代なのか、占い師の説得力があるのか。
占いを信じる信じないより、大事な岐路を占いで決めて良いものなのか?
そこはちょっと疑問があります。

また、占い師が「その結婚は諦めた方がいい」と言ったらどうしますか?の回答に
32%の女性が「諦める」と答えたそうです。

結婚を考えた好きな人なのですよね?
占い師が諦めろといえば、そんな簡単に諦められるものなのでしょうか?
これまた驚きです!

失敗を恐れる人が多いからなのか
人生て、例え失敗したことが多々あっても、それが人生の経験値となることを
みなさん、わかっていないのでしょうね。

【好きな人との結婚】好きと、恋と、愛の違い

【好き】について語るならば、正直その気持ちって、いくらでも持てるものなのです。

例えば、好きな動物は?と聞かれて、複数出てくる人もいますよね。
なので好きが複数なのは、そんなに重いことでも、驚くことでもないのです。

だから、一番好きな人、二番目に好きな人…というふうに、複数の人を好きになることができるのです。

結婚を考えるのであれば、【好き】だけで決めてしまうと、あまり良い結果にはならないと思います。

【恋】とは、文字通り【下心】なものです。

愛の手前とも言いますが、その逆に、簡単に終わらせることもできます。
恋はまだ、夢を見ている段階とも言えるでしょう。

誰かに「恋してます!」と言われて、【結婚】という文字がいきなり浮かびますか?
そこはまだ、結婚を意識する段階ではないようです。

では【愛】とは!
これも文字で言わせていただくと、真ん中に心がくる、【真心】

愛とは、無償なものなのです。
一切の見返りは求めず、愛しているからしてあげたい。
それが自分が苦しくなることだとしても…。

愛する人が求めるなら、別れることも覚悟します。
愛とは、相手本位なもので
自分の感情、心をささげるものなのです。

この愛がまさしく、結婚を考える相手だと思うのです。

【好きな人との結婚】ズバリ!結婚とは

ここで暴露しますが、私は結婚を4回しております。

「ええーーーーーーーーっ!」という声が聞こえてきそうですが

4回の結婚の中には、一番好きだった人、二番目に好きだった人、愛していた人、貢いだ人
いろんなタイプがいました。

多分私は、自分が納得できるまで、ショックを受けるようなことがあっても
できないと思うことがあっても
答えが出るまで、とことんチャレンジしてみたい人間なのでしょう。

でも、その無駄に思えるような経験があるからこそ
たくさんの学びがあるのです。

結婚とはズバリ!
【忍耐】です。

どんなタイプと結婚しても、【忍耐】ができない相手なら
離婚という結果になってしまいます。

凄く愛していた人と、それを成し遂げられなかったのは
彼が自営業で作った、自分の大きな大きな借金を、残して逃げてしまったから。

逃げ出されたらね、いくら私が忍耐し続けようとしても、無理なものは無理ですよね。

結婚イコール、甘い生活と絶対に思わないことです。

新婚の頃は、それができる日々もあります。
でも結婚生活って、一生のことじゃないですか。

慣れてくれば、嫌気さすところもたくさん出てくるし
腹が立つことなんて、しょっちゅう!

それをお互い、ブツブツ文句言いながらも
二人で、結婚という共同作業をして行くのです。

結婚は墓場という人もいますが
私は、苦しく大変な作業だとしても、学びが多く人生を向上させる大切なものと考えます。

その代り、神様はたま~に
ご褒美をくれるのです。皆にちゃんとくれるのです。

確かに嫌なことばかりが一生なら、誰だって耐えられませんからね。
そのご褒美をいただいたら、有難く感謝し
また苦しい作業を二人で乗り越えて行くのです。

それが【結婚】
寂しいからするものでもないし、夢のような生活を送ることでもありません。
二人で試練を乗り越え、絆を深め、感謝を忘れず、向上し続けることなのです。

独身を貫く人にも、人生の学びの意味があることでしょう。
一人で向上することだって、大事な大きな経験と学びがあるのですから。

人は、自分が一生学ぶために、試練を乗り越えるために生まれてきたのです。

関連するまとめ

久保千尋
久保千尋
恋多き、波瀾万丈な人生の女、久保千尋です。恋愛&結婚ネタが得意です!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ