涙袋がない女子必見!涙袋がない理由や涙袋を作るメイク術を紹介

涙袋がない女子必見!涙袋がない理由や涙袋を作るメイク術を紹介

涙袋は可愛さの特徴の一つですが、涙袋がない女性はどうすればいいの?涙袋がない理由やメリット、涙袋がなくても美人な女優さんをチェックしましょう。やっぱり涙袋で可愛く見せたいという方のために、涙袋を作るメイク方法やマッサージも紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.涙袋がない…どうしたら涙袋が作れるの?
  2. 2.そもそも涙袋(ホルモンタンク)とは?
  3. 3.なぜ涙袋がないの?涙袋がない理由
  4. 4.涙袋があるメリットとは?
  5. 5.涙袋がないからこそのメリットもある!
  6. 6.一重/奥二重で涙袋がない美人な女性芸能人は?
  7. 7.やっぱり涙袋がほしい!涙袋がなくても作れるメイク術のポイント
  8. 8.マッサージで理想の涙袋に近づく方法
  9. 9.涙袋がない人もメイクで涙袋を手に入れよう!

涙袋がない…どうしたら涙袋が作れるの?

Photo byStockSnap

可愛い顔の特徴として近年は「涙袋」が注目されていますが、涙袋がない顔にも魅力やメリットがあります。今回は涙袋がない美人女優も紹介。やっぱり涙袋がほしいという方のために、メイクやマッサージの方法もお伝えいたします!

そもそも涙袋(ホルモンタンク)とは?

Photo bySkitterphoto

涙袋は女性の魅力を色っぽく出せることから「ホルモンタンク」とも呼ばれます。実際の涙袋は涙やホルモンをそこに蓄えているわけではなく、筋肉の一つです。眼の下に沿って数ミリの幅があるふくらみのことを指します。

なぜ涙袋がないの?涙袋がない理由

Photo byStockSnap

ぷっくりした涙袋がある人もいれば、全くない人もいますよね。どのような違いでそれが決まるのか見てみましょう。顔の筋肉の関係で個人差が大きいですが、若いころは涙袋がしっかりあった人でも老化でなくなる場合があります。

眼輪筋という筋肉が関係している

涙袋は、眼の周りにある筋肉「眼輪筋(がんりんきん)」が盛り上がったものです。この筋肉が発達していると、涙袋として現れます。

涙袋が出るか、どのように現れるかには個人差や男女差もあり、同じ人でも左右に差があることもあります。筋肉なので、今は涙袋がなくても鍛えたりマッサージしたりして作ることも不可能ではありません。


■関連記事:涙袋をマッサージで作るには?

涙袋はマッサージで作れる?自力で涙袋を作る方法まとめのイメージ
涙袋はマッサージで作れる?自力で涙袋を作る方法まとめ
涙袋は自分とは無縁と思っている人!涙袋はマッサージで作れるってご存知でしたか?涙袋は実は筋肉の一種。凝り固まっているだけでマッサージや筋トレをすれば出てくるかもしれません。 涙袋があるかどうかを確かめる方法から涙袋の作り方までご紹介します。

老化によるハリの減少も原因の一つ

涙袋があったのになくなってきた、という方もいるでしょう。老化でお肌のハリがなくなったり、眼輪筋が衰えたりすることで、涙袋がなくなる人もいます。

皮膚がたるむことで涙袋の輪郭がぼやけ、涙袋がないように見えることも。加齢で涙袋の上にシワができることもあります。それぞれヒアルロン酸注入や塗り薬で、涙袋がなくなるのを防ぐことができます。

涙袋があるメリットとは?

Photo by6335159

涙袋があると、「可愛らしく見える」「うるんだ目のようで色っぽい」「若々しく見える」「女性らしく優しげな印象になる」「表情が豊かに見える」「小顔効果」などのメリットがあります。女性としての魅力を発揮するなら、やはり涙袋があると強いですね。

涙袋がないからこそのメリットもある!

Photo byGromovataya

涙袋がない人は魅力がない?そんなことはありません。ぱっちりした目は確かに可愛いですが、横のラインを活かして切れ長の目の美人に見せることも可能です。年齢を重ねても目の下のたるみが目立ちにくく、老け顔になりにくいのもメリット。

次のページ

一重/奥二重で涙袋がない美人な女性芸能人は?

関連記事

人気の記事