キスで彼が思わず胸キュンする瞬間は?キスのおねだりからNGなキス顔まで!

キスで彼が思わず胸キュンする瞬間は?キスのおねだりからNGなキス顔まで!

恋人同時だからこそ大切にしたいキスの瞬間。キスをするとき、大好きな彼に胸キュンしてほしいのであれば、どんなテクニックが使えるのでしょうか?今回はキスで彼を胸キュンさせるためのテクニックとNG行動をまとめてご紹介していきます!

記事の目次

  1. 1.男性が胸キュンするキスのお願いの仕方
  2. 2.男性が胸キュンするキスのときの仕草
  3. 3.男性が胸キュンするかわいいキス顔の作り方
  4. 4.男性が引いちゃうかも?NGなキス顔
  5. 5.可愛いキス顔で彼に胸キュンを♡

「好き」とつぶやく

キスをしている最中、ストレートに愛情を伝えるのも良いでしょう。「好き」「愛してるよ」など、キスをする直前や直後、至近距離で囁くことで彼を胸キュンさせられることでしょう。

この時のポイントは、つぶやくときに目を見ること。実際にキスをしている最中は目を閉じる人が多いですが、この瞬間だけは目を開いて彼を見つめることでさらにドキッとさせられます。

恥ずかしがって俯く

キスをしたあと、恥ずかしそうに俯くのも良いですね。男性は女性の恥じらう姿が大好き。だからこそキスをしたあとは恥ずかしがって俯くことで、彼を胸キュンさせられます。

特に男性はキスをしている最中だけでなく、キスをした直後に見せる女性の反応を見るのが好きな人も多いです。キス直後の反応が可愛ければ可愛いほど、彼をより夢中にさせられることでしょう。

男性が胸キュンするかわいいキス顔の作り方

キスで彼に胸キュンさせるなら、キス顔の作り方も重要です。ですがキス顔は恋人以外に見せることはそうそうないので、どのように作るべきなのかわからない人も多いのではないでしょうか?ここで彼が胸キュンするキス顔のポイントをご覧ください!

自然な表情

キス顔は意識して普段とは全く違う顔を作りすぎる必要はありません。あくまでも自然な表情を見せるのが最大のポイントです。作りすぎた顔よりも、自然な表情の方が彼も胸キュンする可能性大。

あまり意識しすぎず、お互いが一番キスしやすい表情、顔の筋肉に力を入れすぎず、リラックスした表情でキスをすることが大切です。

目を閉じる

キスをする瞬間は目を閉じるのがマナーとされています。キスをする瞬間の彼の顔はつい気になってしまうもの。ですが彼を胸キュンさせることを目的にするのであれば、目を閉じてキスをするのが良いでしょう。

そのため、キスをする際に注意したいのが目を閉じたときのアイメイクです。アイラインを太く引きすぎないこと、まつげを綺麗な形に整えるのがポイントです。

唇は開かない

キスをするとき唇を開いていると、不恰好な印象になってしまいます。そのため唇は開かず、閉じるか軽くすぼめる程度でOKです。唇を開かず、最初は軽く唇同士が触れる程度のキスを意識するのが良いでしょう。

軽く触れる程度のキスからスタートすることで、キスのムードをより高めることができ、これが彼を胸キュンすることにもつながります。

少しだけ唇を尖らせる

キスをする際は少しだけ唇を尖らせるのもポイントです。少しだけ唇を尖らせることで、目や口は軽く閉じて、少しだけ唇を尖らせることで可愛くキス顔を作っていきましょう。

唇は尖らせすぎるのもNG。そこで可愛いキス顔をマスターする際は、事前に鏡でチェックしながらどの程度尖らせるのが良いのかを確認しておくのもおすすめです。

男性が引いちゃうかも?NGなキス顔

キス顔は「やりすぎ厳禁」。可愛く作ったキス顔のつもりでも、それが逆に彼が引いてしまう原因になってしまうかもしれません。ここではやってはいけないNGなキス顔のポイントについても併せてご紹介していきます。

思い切り唇を尖らせる

キスをする際は軽く唇を尖らせることになりますが、やりすぎるといわゆる「おちょぼ口」のようになってしまい、逆に不恰好になってしまいます。

そのため唇は思い切り尖らせないように気をつけましょう。あくまでも軽く、さりげなく唇を尖らせることで可愛いキス顔を彼に見せられるようにすることが、彼を胸キュンさせるためのポイントです。

目が開いている

キスをする直前、最中まで目を開いていると、彼に怖い印象を持たせてしまいます。そうならないように目は閉じて、彼に余計なプレッシャーを与えないようにすることも意識しておきましょう。

ですが、目線の使い方次第で彼をより胸キュンさせられる場合も!キスをする際は目を閉じて、至近距離で彼を見上げる際は上目遣いを心がけることで、よりキスのムードを盛り上げましょう。

次のページ

可愛いキス顔で彼に胸キュンを♡

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely