女性が「一人でする」ときのやり方は?メリット・デメリットなど徹底解説!

女性が「一人でする」ときのやり方は?メリット・デメリットなど徹底解説!

女性が一人ですることは恥ずかしいこと?いいえ、そんなことはありません。女性が一人ですることにはさまざまなメリットがあり、実はしている人も珍しくありません。そこで今回は、女性が一人ですることのメリットややり方、注意点について解説します!

記事の目次

  1. 1.女性が「一人でする」ことは恥ずかしい?
  2. 2.一人でする頻度はどのくらい?
  3. 3.一人でするときの方法
  4. 4.一人でするときはどこでする?
  5. 5.女性が一人でするときのオカズ
  6. 6.女性が一人ですることのメリット・デメリット
  7. 7.一人でするときの注意点
  8. 8.一人ですることは自分磨きのひとつ♡

女性が「一人でする」ことは恥ずかしい?

「一人でする」とはオナニーや自慰行為のこと。そう言うとまず男性の姿を思い浮かべる人が多いですが、女性が一人ですることも決して珍しいことではなく、恥ずかしくはありません。今回は女性が一人ですることのメリットややり方について解説します!

一人でする頻度はどのくらい?

まず、一人でするのはどれくらいの頻度が一般的なのでしょうか?頻度や自分が一人でしていることは、なかなか人に話すことはありません。もちろん人によって頻度は異なりますが、ここで一人でする頻度の平均についてご紹介します。

頻度:週に2~3回

平均的な女性が一人でする頻度は、週に2〜3回ほどと言われています。週に2〜3回程度、自分ですることでストレスを発散したり、性欲を上手くコントロールすることができます。

また「休みの日の前」「週の真ん中」など、ライフスタイルに合わせて曜日や前後ののスケジュールに合わせて一人でする日を決めてルーティーン化している人もいます。

ほぼ毎日する人も

もちろん週に2〜3日というのは平均であって、中にはほぼ毎日する人もいます。一人ですることはある程度の体力を消費します。そのため、寝る前にすることでリラックスし、心地よく眠るために行なう人もいます。

毎日する人も決して珍しくはないので「毎日一人でする=人一倍性欲が強い」とは直結することはありません。

一人でするときの方法

では、一人でするときの方法にはどのようなものがあるのでしょうか?一人でする場合、手や指を使って気持ち良いと感じる場所を愛撫することになります。一人でしたことがない、どこを刺激すれば良いのかわからない…という人はぜひチェックしてみてください。

クリトリス

女性が一人でするときの定番の場所がクリトリスです。クリトリスは「女性が性的な快感を得るためにある器官」とも言われており、誰でも比較的早い段階から性的快感を得られる場所です。

また体の外に付いている器官でもあるので刺激しやすく、一人でする際にも刺激するハードルが低い場所です。オーガズムを得るのにもかなり難易度が低い場所だと言えるでしょう。

Gスポット・膣

膣内にもオーガズムを得やすい性感帯があります。その一例がGスポットや膣です。特に膣内は指やアダルトグッズを挿入して刺激することになり、パートナーからの刺激を思い浮かべながら一人ですることもできます。

指や小さめのアダルトグッズでも、比較的届きやすいGスポットは定番の場所。またGスポットで快感を得られるようになると、実際のセックスの快感も増します。

性的な快感は得やすいものの、オーガズムを得るには相応のトレーニングが必要なのが胸です。ですが胸は一人でする際も比較的触れやすい場所で、指や手が汚れる心配もありません。

またセックスの最中のパートナーの胸への愛撫を思い浮かべることもでき、過去のセックスを思い浮かべながら一人でしたい女性にも人気です。胸とクリトリス・膣を同時に刺激するのも良いですね。

一人でするときはどこでする?

一人でしているシーンは、決して人に見られたいものではありませんよね。だからこそ、場所についても気になるところです。ここでは一人でするのに定番の場所・選ばれることの多い場所についてご紹介していきます。

寝室

定番なのが寝室です。寝室で寝る前であれば、リラックスして一人ですることに専念できます。またベッドの中に入れば人から見られる心配もなく、その点でも安心して一人ですることができます。

一人ですることにはリラックス効果があり、安眠にもつながります。そのため寝室で一人ですることには多くのメリットがあり、そこを選ぶ人も多いです。

次のページ

女性が一人でするときのオカズ

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely