運命の相手の特徴15選と見分け方!

あなたは運命の相手って存在すると信じていますか? 女子なら、必ず結ばれる運命の相手がきっといる、と信じたいですよね? 今は顔も名前も分からないけど、運命の相手ってどんな特徴があるの? 見分け方は? ここでは、そんな運命の相手について解説していきます。

運命の相手の特徴15選と見分け方!のイメージ

目次

  1. 運命の相手とは?
  2. 【運命の相手の特徴】①初めて会った時から親近感
  3. 【運命の相手の特徴】②考え方が似てる
  4. 【運命の相手の特徴】③黙ってても一緒にいられる
  5. 【運命の相手の特徴】④共通点がいっぱい
  6. 【運命の相手の特徴】⑤欠点が気にならない
  7. 【運命の相手の特徴】⑥他の異性が見えない
  8. 【運命の相手の特徴】⑦一緒にいて成長できる
  9. 【運命の相手の特徴】⑧自分を愛せる
  10. 【運命の相手の特徴】⑨相手の為なら頑張れる
  11. 【運命の相手の特徴】⑩好みの顔だとは限らない
  12. 【運命の相手の特徴】⑪恋人兼親友の関係
  13. 【運命の相手の特徴】⑫匂いが好き
  14. 【運命の相手の特徴】⑬二人でいるのが一番落ち着く
  15. 【運命の相手の特徴】⑭お互いの友達と一緒に遊べる
  16. 【運命の相手の特徴】⑮必ず結ばれる未来が想像できる
  17. 運命の相手の見分け方とは?
  18. 運命の相手の見分け方①喧嘩するのが怖くない
  19. 運命の相手の見分け方②前世で繋がっていたかも?
  20. まとめ

運命の相手とは?

独身女性なら誰でも、いつか必ず結ばれる運命の相手がいる事を信じたいですよね?

女性の既婚率は年々下がっているようですが、その女性たちの多くが、今は顔も名前もイニシャルさえも分からない、白馬の王子様・・・運命の相手がきっと現れると信じているのではないでしょうか?

これから出会うかもしれない運命の相手を想って、日々、自分磨きに励んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、その必ず結ばれる運命の相手とは、もしかしたらもう既に出会っているかもしれません。

じゃあ、その運命の人の顔は?運命の人の名前は?せめて運命の人のイニシャルだけでも・・・!

そう思って、運命の相手の名前占いやイニシャル診断なんかをする独身女性も多いのでは?

その気持ちはよ~く分かります。

ここでは、その運命の相手の特徴や見分け方について解説していきます。

あなたの運命の相手の見分け方は直感派?それともじっくり派?

さすがに、顔や名前、イニシャルまでは分かりませんが、運命の相手を見分ける参考にして頂けたら幸いです。

【運命の相手の特徴】①初めて会った時から親近感

運命の相手の特徴の1つ目は、初めて会った時から親近感が持てる、と言う事です。

運命の相手との出会いの時は、なんだかとっても親近感を覚える方が多いようです。

初対面なのに緊張せず、気を遣わずにリラックスして話せる相手は運命の相手かもしれません。



よく、直感で「ビビビッと来た!」と言う方もいらっしゃいますが、ビビビッと運命的な出会いでなくても、最初からとても穏やかに話が出来、意気投合する場合もあります。

周りから「初めて会った二人とは思えない」なんて言われる事もありますよ。

顔が好みと言う訳でもないのに、初めて会った時から好感を持ち、親近感がわく相手は、運命の相手の特徴と言えます。

【運命の相手の特徴】②考え方が似てる

運命の相手の特徴2つ目は、考え方が似てる事です。

運命の相手とは、どことなく考え方が似ていると感じます。

同じような思考を持っている、と言っても良いかもしれません。

なので、運命の相手との計画はとてもスムーズ。

どこかに旅行に行ったり、普段のデートで食事するにしても、ほぼ意見が食い違うと言った事はありません。

お互いの育った環境や、価値観が似ていると、信頼関係を築くのにもそう時間を要しません。

直感でそれが分かるかどうかは分かりませんが、付き合っていくうちにだんだんと「運命の相手かも?」と思えるのが、運命の人の特徴です。


◆関連記事:運命のの出会いは引き寄せるものなのです!

運命の出会いを引き寄せ、運命の出会いに確実に気づく方法9選!

【運命の相手の特徴】③黙ってても一緒にいられる

次の運命の相手の特徴は、黙ってても一緒にいられる事です。

二人でいる時に、特に何も話さず、黙っていても間が持つ相手は、運命の相手かもしれません。

普通、二人っきりでいるのに会話がないと、なんか落ち着かないし、相手をつまらないと感じさせてはいけない、という気持ちが働いて、一生懸命話題を考えたりします。

中には、デートの前は「何話そう・・・。」とプチパニックになったりする人もいますよ。

なので、結構1日デートから帰った後、ドッと疲れたりする事もあります。

でも、それが運命の相手なら、特に何も話さなくても変な空気にならない。

一日中一緒にいても、ぜ~んぜん疲れないんですよね。

なので、黙ってても一緒にいられる相手なら、運命の相手の可能性は高いです。

【運命の相手の特徴】④共通点がいっぱい

運命の相手の特徴4つ目は「共通点がいっぱい」

運命の相手には、不思議と共通点がいっぱいです。

出身や出身校、共通の趣味に共通のお友達など、運命を感じさせる偶然がたくさんあるのが特徴です。

その他の運命の相手との共通点としては、出会う前に偶然同じライブに行っていたことが発覚したり、家族に同じ名前の人がいたり、前住んでたマンションが同じだったりと、不思議なご縁がわんさか出てくる事もあります。




その上、イニシャルが同じ、なんて事があったら、直感で「この人運命の相手だ!」と思っても仕方ないですよね。

顔や名前を知らなかっただけで、見えない所で繋がっていた運命の相手の特徴は、このように共通点がいっぱいです。

【運命の相手の特徴】⑤欠点が気にならない

次の運命の相手の特徴は、欠点が気にならない、という事です。

これは、無理に気にしないようにしている、と言う訳ではなく、運命の相手なら自然に気にならないって感じです。

決して、欠点が見えていない、という訳ではありません。

意外に冷静に、「この人、こんなところあるよね」と欠点だと思っても、「まぁ、いいか。それが彼だから」と運命の相手なら認められるんです。

逆に、「この人は他の人じゃムリよね」なんて、更に相手を思う気持ちが高まったりします。

もし、こんな風に、欠点さえ愛してしまえる相手なら、それは運命の相手かもしれません。


◆関連記事:運命には前兆がある!?

運命の人に出会う前に必ず起こること!

【運命の相手の特徴】⑥他の異性が見えない

運命の相手の特徴6つ目は他の異性が見えない事です。

恋は盲目と言いますが、他の異性が見えなくなるほど、相手を愛していると実感出来れば、それも運命の相手かもしれません。

ただ顔がタイプとか、名前やイニシャルの相性が良いと言う訳ではなく、ただただ愛している、という感じでしょうか。

ただ、これは恋愛初心者には当てはまらない運命の相手の特徴です。

人を愛する事に慣れていない人は、直感で「この人」と思えば、すぐ運命の相手だと思い込み、一気に一途に愛してしまって周りが見えなくなる事は良くあります。

学生の頃、好きな相手の名前やイニシャルを、何度も何度もノートに書いた経験はありませんか?

この場合は、恋人の事しか見えなくなる感じですね。

この状態は、運命の相手との恋愛とは言えません。

ですので、ある程度の恋愛経験があり、それまでは他の異性にも目が行っていたのに、今回は「いつもと違う」と感じた場合は、運命の相手かもしれません。

見えないのは他の異性のみで、ちゃんと仕事や世間の常識は考えられる状態にありますので、そのような相手は、運命の相手の可能性があると言えます。

【運命の相手の特徴】⑦一緒にいて成長できる

運命の相手の特徴7番目は、一緒にいて成長できる事です。

その彼と付き合い始めてから、なんだかとっても成長している感じを受けたら、その人は運命の相手かもしれません。

直感的に、「この人運命の相手かもしれない」と思って付き合っていっても、付き合いを続けていくうちに、「あれ?」と思う事は良くあります。

女性は、概ね、お付き合いを始める相手は、みんな運命の相手と思うものです。

付き合う前から相手の名前(苗字)に自分の名前を組み合わせて姓名判断をしたリ、彼の名前になった時のイニシャルを書いてみたりと、勝手な妄想を膨らませたこと、あなたはありませんか?

それが、お付き合いが長くなってくると、だんだん「この人運命の相手と違うかも?」ってなった時の判断基準があるんです。

それは、その運命の相手だと思っている彼と一緒にいて、成長出来ている自分がいるか?と言う事です。

顔もタイプ、姓名判断もバッチリの相性、イニシャル書く練習もしたけど、実際付き合ってみると、なんかワクワクしない、つまらない自分に気付いたとしたら、それは運命の相手ではないかもしれません。

運命の相手とは、彼と一緒にいる事で自分が知らなかった事を吸収出来たり、彼との付き合いの中で、見るもの気付くもの考える事が成長に繋がっているな、と実感できる相手です。

それは、あなただけが感じる事ではなく、相手もあなたといる事で、成長出来る、と感じてくれているなら、その相手こそ、運命の相手だと言えるでしょう。

名前やイニシャル診断、直感だけで運命の相手と決めるのは、大人の女性には早すぎる決断ですね。


◆関連記事:こちらにも運命を逃さない方法をまとめています

運命の人が現れる前兆9選!運命の出会いの予兆を見逃さないで!

【運命の相手の特徴】⑧自分を愛せる

運命の相手の特徴8番目は、自分を愛せるようになることです。

運命の相手の特徴として、この人の為に自分を愛そうと思える相手なら、それは運命の相手かもしれません。

最初は顔や直感で軽いノリの付き合いを始めた相手でも、気が付けば、自分よりも相手の幸せを優先して考えるようになっている自分に気付いたら、それは運命の相手である可能性があります。

それは、自分を犠牲にする、と言う意味ではなくて、彼の為に自分が幸せでいなくちゃ、とか健康を管理しなくちゃ、と自立できるようになる、と言った方が良いかもしれません。



あなた自身が自分を大事に出来るようになったら、それは相手を大事に出来るようになるのと比例します。

何故なら、自分を愛せない人が人を愛せるはずないからです。

もちろん、その思いが一方通行では運命の相手とは言えません。

相手も、あなたの為に、その人自身を大切に自己管理できる人なら、安心してこの先の人生を共にできる運命の相手と言えますね。

【運命の相手の特徴】⑨相手の為なら頑張れる

次の運命の相手の特徴は、相手の為なら頑張れる事です。

好きな人の為なら、大抵の人は何でもしてあげたいと思いますよね?

でも、運命の相手はその事の重さに、なんだか差が出るんです。

それは「想いの差」と言っても良いかもしれません。

これは、顔や名前を見て直感でそう思える事はほぼありませんが、付き合っていくうちに、前の人には出来なかったことが、この人には出来る事があったり、少々困難な要望や状況であっても、この人の為なら頑張れちゃう自分に気付いたりすることがあります。

例えば、それまでドライブデートは郊外のレストランでランチが定番だったのに、今は早起きしてお弁当作って公園で食べる、とか、それまでプレゼントは“買う”以外の選択肢はなかったのに、なぜか手作りクッション・イニシャル刺しゅう入り!なんてことしちゃってません?

まぁ、これはメチャ小さい事なんですが、それでも、彼の為に頑張っている自分がとても可愛く思えてきますよね。

こんな気持ちになれるのは、その彼が運命の相手だからなのかもしれませんよ。

【運命の相手の特徴】⑩好みの顔だとは限らない

運命の相手って、実は好みの顔だとは限らないんです。

人は第一印象でその人のイメージを感覚的に受け取ります。

そして、まず最初に見るのは「顔」ですよね?

顔がタイプで、直感で好きになる・・・つまり一目ぼれでお付き合いがスタートする事も少なくないでしょう。

でも、好みの顔だからって、その人が運命の相手だとは限りません。

てゆーか、ほとんどの結婚したカップルが、結婚した理由を言う際「顔はタイプではなかったんですけど・・・。」から始まります。

とは言え、生理的に受け付けないタイプの顔の人なら、運命の人どころか、お付き合いに発展させるのも難しいと思いますので、許容範囲内の顔立ちの人って事にはなりますね。

性格って、やっぱり顔に出てくると思うんですよ。

そして、顔の印象ってだんだん変わります。

その人と一緒にいたら、好みの顔ではないけどとっても大好きになって、顔も好きになる、とか、付き合っている人同士の顔が似てくるとか言いますよね?

だから、好みの顔かどうかは運命の相手に関係ありませんよ。

また、姓名判断で名前の相性を調べたり、イニシャル診断で運命の人のイニシャルを調べてる女性は多いと思いますが、そのような姓名判断やイニシャル診断で結婚決めました!なんて人もほとんどいないと思います。

でも、好きな相手との姓名判断や運命の人を予想するイニシャル診断などの占いって、ワクワクしますよね。

【運命の相手の特徴】⑪恋人兼親友の関係

運命の相手の特徴として、恋人件親友のような関係性があることが理想です。

男と女だけの関係って、運命の相手と言うには物足りないような気がします。

男と女って、無駄な嘘をついたり、いやらしい嫉妬や束縛があったりしますよね。

でもそこに、親友の要素が加わると、それはもう壊れない強固な関係に変わると思いませんか?

恋人でありながらお互いに距離感を保ち、認めあう関係。

たまには、やきもちや甘えもあるけれど、依存することなく自立した関係が築ける相手は、必ず結ばれる運命の相手と言って良いでしょう。

やがて彼氏の名前を名乗り、夫婦兼親友になる・・・うん、理想的!まさに運命ですね。


【運命の相手の特徴】⑫匂いが好き

運命の相手の特徴12番目は、運命の相手の匂いが好きと言う事です。

女性って、男性の匂いを重視する人は結構多いです。

だから、「顔は好みだけど匂いがちょっと・・・。」って付き合えない人も意外といます。

これは生理的なものなので、気合や努力ではどうしようもない事。

運命の相手にはなれそうもありませんね。

なので、匂いが好きな人は、運命の相手の特徴としては重要要素です。

【運命の相手の特徴】⑬二人でいるのが一番落ち着く

運命の相手の特徴として、二人でいるのが一番落ち着く事が肝心です。

最近は、結婚を望まない女性も多くなってきましたね。

それは、女性が経済的自立をしている事も理由ではありますが、それよりも、「誰かと一緒に住む」と言う事に抵抗を感じている女性は少なくないと思います。

「誰かと暮らす=気を遣う」と彼女らの中で方程式が出来上がっているのでしょうね。

その気持ちはとっても分かります。



でも、それはきっと、運命の相手とまだ巡り合っていないからだと思うんですよ。

運命の相手とは、一人でいるより、二人でいるのが一番落ち着く相手なんですよね。

それに気付いていない独身女性は、「一人が楽だし」とか「相手の名前を名乗るのがイヤ」とか「イニシャルが変わると運勢悪くなるから」と、後付けの言い訳をしている事もありますが、本当は、そんなの関係なくなるほどの運命の相手と巡り合っていないだけなんです。

誰かと一緒に住むことに抵抗がある人は、それが運命と思っているかもしれませんが、「あきらめないで!」

運命の相手はきっと現れますよ。

【運命の相手の特徴】⑭お互いの友達と一緒に遊べる

運命の相手の特徴、次はお互いの友達と一緒に遊べるかどうかです。

運命の相手って、お互いの友達の中で、一緒に遊べる人だと思うんです。

それがどう運命と関係あるのか?って思いましたね?

実は大ありです!

運命の相手とは、お互いの友達の中に入っても、周りに気を遣わさないで済む人。

友達に馴染む人です。

例えば、彼の友達と一緒に遊んでいても、変に彼にかまって欲しそうにする彼女がいると、場がしらけて友達も楽しめないですよね?

また、彼女の友達との集まりに彼を連れてきて、その彼がつまらなそうにしていると、友達が気を遣ってしまいます。

そのような相手は運命の相手とは言いにくいかな、と思います。

友達とは、この先もずっと付き合っていくようになると思いますので、お互い助け合えるような関係性を築ける人が運命の相手にふさわしいでしょう。

さて、あなたのパートナーは運命の人でしょうか?

【運命の相手の特徴】⑮必ず結ばれる未来が想像できる

最後の運命の相手の特徴は、その人と必ず結ばれる未来が想像できる、と言う事です。

付き合いは長いのに、なかなか結婚に踏み切れないカップルは、恐らく、その人との未来が具体的に想像出来ていないからなんです。

または、想像した時に不安が出てきたんですね。

そのままだと、運命の相手になることは難しいですね。

お互い話し合い、必ず結ばれるという未来が想像出来れば、運命の相手となる可能性はありますよ。

あなたのパートナーは運命の相手になりそうですか?

運命の相手の見分け方とは?

運命の相手の特徴、いかがでしたか?

運命の相手って、会った瞬間「これって運命?」と直感で「この人と必ず結ばれる!」と思う相手ばかりではないんですよね。

むしろ、運命の相手は、運命を直感で感じると言うより、付き合っていくうちに「なんか今までの人と違う」って思う事の方が多いような気がします。

でも、その「なんか」って分かりずらいですよね?

ここからは、その「運命の相手の見分け方」について解説していきますね。

さあ、あなたの今のパートナーは運命の人でしょうか?

運命の相手の見分け方①喧嘩するのが怖くない

まず一つ目の運命の相手の見分け方は、「喧嘩するのが怖くない」という所です。

もしかしたらあなたは、運命の相手とは喧嘩をしないと思っていませんか?

直感で惹かれ合い、必ず結ばれると確信した運命の相手とならいつもラブラブ♪と思ったら大間違いです。

ハッキリ言って、運命の相手とはめちゃくちゃ喧嘩しますよ。

普通は、喧嘩するのって怖いし、嫌われたらいやだし、出来る事ならしたくないですよね?

もちろん、直感で必ず結ばれると確信した運命の相手でも喧嘩をしたくはないです。

でも、基本的に運命の相手の見分け方の一つは、「似ている」という事です。

似ているがために、相手の事に腹が立つ事も多いんですよ。

しかも、相手の事が本当に好きで、ずっとこの先も一緒にいたいと思う人なので、気に入らない事は徹底的に相手にぶつける傾向があります。

そのように喧嘩になる事自体も、実は運命の相手の見分け方の一つになります。

この先必ず結ばれるかどうか確信できない相手になら許せたことが、運命の相手には、何故か許せない。

下手したら、相手をとても傷つけてしまう事があります。

でも、そうする事が怖くないんですよ。

その「怖くない」という所が、運命の相手の見分け方のポイントなんです。

何故、運命の相手との喧嘩が怖くないかと言うと、それは責任が取れる自信があるからなんです。

この人と必ず結ばれる自信がある、と言う事ですね。

これは、親子関係に似ているかもしれません。

親子って、遠慮なく喧嘩しますよね?

そこに「嫌われたらどうしよう」なんて迷いはないと思うんですよ。

だって、親子喧嘩って愛情の表れで、子供の事を思ってしているようなものですよね?

他人の子にわざわざ嫌われるような説教をする親って少ないと思うんです。

親子が遠慮なく喧嘩できるのは、そう簡単に嫌われるとか縁が切れるなんてことを考えていないからじゃないですか?

必ず結ばれると確信した運命の相手に対して腹が立つのは、そんな親子喧嘩に似ている感情なのかな、と思います。

どんなに喧嘩しても、お互いを傷つけることになっても、必ず結ばれる・・・最後まで責任取れる自信があるから喧嘩できる。

そう思えるかどうかが、運命の相手の見分け方です。

運命の相手の見分け方②前世で繋がっていたかも?

もう一つの運命の相手の見分け方は、前世で繋がっていたかも?って気持ちになる事です。

運命の相手の見分け方①でも解説したように、とにかく運命の相手には腹が立ちます。

でも、腹が立てば立つほど、切なくなるくらい相手の事が愛しくなるのです。

それは、男女の愛と言うより、「この人とはきっと前世で何か縁があったに違いない」と思えるくらい確信が持てるんです。

しかも、前世で他人だった訳ではなく、親子か兄弟のような、強い絆で結ばれていた関係だと感じます。

その気持ちは、直感で「この先必ず結ばれる」確信、というより、「きっとずっと離れられない」確信と言った方が正しいかもしれません。

そしてはっきり「運命の相手だ」と自覚できるのです。

これが、最大の運命の相手の見分け方と言えます。

まとめ

運命の相手の特徴と運命の相手の見分け方について、解説してきましたが、今のあなたのパートナーは運命のお相手の特徴、掴んでましたか?

ビビビッと来た男性と必ず結ばれる運命なら、とてもロマンティックで刺激的ですが、なかなか直感が一発でズバリと当たる事はないようです。

とは言え、運命の相手の見分け方を知って、じっくり相手を観察したからと言って、必ず運命の人だ、と見える訳でもないですよね?

ただ、運命って、持って生まれたモノだから、自分ではどうしようもないと諦めているなら、それは違います。

運命は、自分の気持ち次第でどうにでも変えられるんですよ。

運命の人に早く会いたい!運命の人と必ず結ばれるんだ!という強い希望をもって行動していけば、運命の相手は必ずあなたの前に現われます。

もっと運命について知りたい方はこちら

【夢占い】旅行の夢の意味21選!運命がわかる?
運命の人の15の特徴と見分け方!直観に頼らずに見極める方法とは!
自然に出会いたい!運命の人と出会う方法とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ