出会ってから付き合うまでの期間は長い方がいい?男性心理は?

出会ってから付き合うまでの期間というのは、だいたいどれくらいが平均なのでしょうか。短くても大丈夫?出会てから長いから脈なしなの?といろいろ不安になることもありますよね。当記事では出会ってから付き合うまでの男性心理から、期間は長い・短いどちらがいいのかということまでまとめていきます。

出会ってから付き合うまでの期間は長い方がいい?男性心理は?のイメージ

目次

  1. 出会ってから付き合うまでの男性心理が知りたい!
  2. 出会ってから付き合うまでのパターン7選
  3. 出会ってから付き合うまでの期間によるメリットデメリット
  4. 出会ってから付き合うまでのみんなの平均値
  5. 出会ってから付き合うまでは相手を知る期間!
  6. 恋愛で重要なタイミング。自分で見極めてみよう

出会ってから付き合うまでの男性心理が知りたい!

素敵な人に出会うことができたら、ぜひ付き合いたいと考えるものです。出会ってから告白までってどれくらいかかるのが平均的なのでしょうか。

今回は、出会ってから付き合うまでの様々な平均値や長短どちらがいいのか、男性心理などを紹介していきます。

お付き合いに至るまでに、男性はどんなことを考えてどんな行動を取るから、これくらいの期間がかかるということがわかると、心の準備もできそうですよね。

はじめに、出会ってから付き合うまでの男性心理の変化を見ていきましょう。

デートに誘いたいな

まずは出会いです。男性は、初対面で「あ、この子いいな」と好感を持った女性とは次のステップを考えます。ここがスタートライン。

興味のある女性に意識してもらえるよう、積極的なコミュニケーションで2人の距離を縮める努力をします。そして共通の話題や趣味などの話から相手をもっと知りたいという気持ちになり、デートに誘いたいと思うようになるのです。

デートに誘った時に断られないか、声をかけやすいかが重要になってきます。男性から誘いやすいように、相手に興味を持つ姿勢を見せるなど女性から隙を作ってあげるといいでしょう。

よく思われたい・好印象を与えたい

女性をデートに誘おうと思ったり、デートに誘うことができたら、男性は好きな女性にはよく思われたいと思うものです。身だしなみを気にしたり、女性の話をよく聞いて共感したりします。

女性がどれだけ男性に興味を持ってくれているのか、好感を感じていてくれるのかによって、デートに誘うかどうかを決めるという男性もいるようです。

付き合ったらどうなるだろう

最初~2回目のデートは、多くの場合が相手を見定めるためのデートになります。女性の場合も、男性が一緒にいて楽しい相手かどうかをチェックしていますよね?同じように男性も女性と一緒にいて楽しいと思える相手かどうかを確認しています。

デートをしている時にわがままを言ったり、気分でコロコロと言うことが変わるというような面倒な相手ではないか、彼女として付き合ったら大変じゃないかを見定めているのです。

多くの男性は、告白をするまではただの友達だと考えているので、デートに誘われたからといっても油断は禁物です。デートをしながら相手がどんな人であるのかを細かくチェックしている場合もあります。

▼関連記事:付き合う前のデートで気を付けるポイントをチェック!

付き合う前のデートを成功させるには?男性心理や脈ありサインも解説

付き合いたい!

デートを重ねて、この相手なら大丈夫だろうと思ったら、徐々に付き合いたいという気持ちが高まっていきます。2回目のデートの終わりに告白をする男性もいれば、なかなか告白できなくてずるずると何回もデートを重ねてしまうという男性もいます。

好きな女性が自分のものではなく、いつ他の男性のところへ行ってしまうかわからないという状況に耐えられないのです。

出会ってから付き合うまでのパターン7選

男女が出会ってから付き合うまでは、挨拶や雑談程度の仲からデートを重ね、告白を経てカップルになるというのが一般的な流れでしょう。

しかし実際は、出会ってから付き合うまでには本当に様々なパターンがありますよね。そんな出会いからカップルになるまでのパターンの一部をご紹介します。

高校生:デートは付き合ってから

学生の場合、知らない相手とは言っても、それほど遠くに住んでいる相手ではなく、どこかでみたことがあるという場合が多いでしょう。

なんとなく顔を知っていたり、名前やだいたいどこに住んでいるのかもお互いに知っているという場合が多いものです。そのため、デートをする前に告白をするというパターンが多いようです。

ある程度顔見知りになってから告白をしてからデートをするというパターンが多いです。そのため出会ってから付き合うまでの期間はやや長め。

大学生・社会人:友達関係を経て

行動の幅が広がる大学生や社会人の場合は、出会い方も様々になります。飲み会や友達の紹介で知り合いになって、友達からスタートするという出会いが多くなるでしょう。

友達になって、連絡先も交換をしてから、相手のことを好きになっていくということが多くなります。相手の気持ちを探りながら、友達以上になっても大丈夫だろうという確信を持って、相手をデートに誘ってみます。

デートを何回か繰り返した後で、告白をして付き合うというのが、大学生や社会人のパターンで多くなるため、出会ってから付き合うまでの期間がやや長くなります。

30代:トントン拍子にいくことも

女性の結婚適齢期が26歳、男性は28歳くらいだと言われています。30代になると、そろそろ結婚を真剣に考えなくてはいけないと思う男女が増えるので、出会いから付き合うまでの期間が社会人の中でも早くなると言われています。

出会って1ヶ月で付き合うことになったという例もめずらしくありません。また30代になると、結婚相談所などで出会うことも多く、お見合いをして1週間でプロポーズをされたという話もあるほどです。

社会人の中でも30代は、出会いから付き合うまでの期間が短くなることが多いようです。

職場:慎重に時間をかけて

社会人でも、職場の恋愛は少し特殊なパターンになります。職場の中でもお互いの顔が見える位置で仕事をしているという場合は、デートに誘うことも慎重になります。万が一、職場で恋愛をした場合のデメリットなども考えるからです。

職場で恋愛をする時、特に男性は結婚を視野に入れていることが多くあります。結婚をした時に、女性がどういう妻になるのかまで想定して、デートに誘うということが考えられます。

デートに誘うのも慎重なので、告白はさらに慎重になるでしょう。通常、3回目のデートまでには告白をするというのがパターンですが、職場での恋愛の場合は慎重な男性であればあるほど、告白までのデートの回数が多くなるかもしれません。

40代以降:付き合うことに固執しない

40代になると、結婚をしなくてはいないという気持ちが薄れていくので、出会ってから付き合うまでの期間がさらに長くなる場合があるようです。

わざわざ「付き合う」という関係になる必要はないかもしれないという考えが生まれてくることが原因になっているようです。

男性も女性も、仕事でそれなりの地位に就いていることが多く、仕事が充実している人ほど、出会ってから付き合うまでの期間が長くなるという傾向にあるようです。

趣味が合えば期間は関係ない

趣味の集まりなどで出会って付き合うという場合もあるでしょう。趣味での集まりの場合、同じものが好きであるという関係があるので、場合によっては出会ってから付き合うまでがとても短いという場合もあります。

その日に意気投合してしまって、付き合うことになったというカップルも少なくないようです。同じものが好きだというつながりがあるので、盛り上がるのも早いでしょう。

オンラインからオフラインは会う=告白ということも

ネットで知り合って付き合うというカップルも増えてきているようです。出会い系のネットだけではなく、チャットやゲームで知り合った相手と、何度かSNSなどで連絡を取り合った後に、直接会うという付き合い方です。

ゲームなどの場合は、趣味で知り合ったカップルと同じように、同じものが好き同士の男性と女性なので、付き合うまでのスピードも速くなるようです。

出会い系で知り合うというカップルの場合は、「直接会う」ということが告白に近いことであり、会ってイメージと大きな違いがなければそのまま付き合う確率も高くなるようです。

出会ってから付き合うまでの期間によるメリットデメリット

では、出会ってから付き合うまでの期間は長いのと短いのではどちらがいいのでしょうか。

一般的に、出会ってから付き合うまでの期間が長いと感じるのは1年以上経ってから、短いと感じるのは1週間未満なのだそうです。

出会ってから付き合うまでの期間が短かったり長かったりすることで感じるメリットやデメリットというのはどんなものがあるのでしょうか。

出会ってから付き合うまでが短い

まずは出会ってから付き合うまでが短い期間である時のメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

男性と女性がお互いに好きだと感じていた場合、出会ってから付き合うまでが短くても、恋愛は盛り上がりやすくなります。

お互い知らないことばかりで、どんなに一緒にいても飽きないと感じるからです。そんな時に付き合うことができれば、ラブラブのカップルになることができるでしょう。付き合って行く中で相手の新たな一面を知ることもできるので刺激も多くなります。

デメリット

しかし一方で、相手の新たな一面が見られる一定の期間が過ぎてしまうと飽きてしまう可能性があります。

知らなかったからこそ好きだったけれど、じっくり向き合ってみたら、思っていた相手ではなかったと感じることもあるかもしれません。

出会ってから付き合うまでが長い

それでは出会ってから付き合うまでが長い期間である場合のメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

メリット

付き合ってはいなかったものの、長く一緒にいたのでお互いがどんな性格なのかをよく分かっているという点です。

相手を良く知ったうえで付き合えば「こんなはずじゃなかった」ということは起こりませんよね!

デメリット

デメリットは、あまりにもよく分かりすぎているので、友達との違いが分からなくなってしまうことがあるということです。今さら「好き」とか言えない、そんな関係になってしまっているかもしれません。

そもそも長く一緒に居すぎたことで、友達から抜け出るタイミングを失ってしまっている場合もあるようです。

出会ってから付き合うまでのみんなの平均値

それでは出会ってから付き合うまでというのは、平均的にはどれくらいになるのでしょうか。学生と社会人、友達と職場恋愛などでも期間に違いはあるものの、平均するとどれくらいになるのかをまとめていきましょう。

出会ってから付き合うまでの期間

出会ってから付き合うまでの期間の平均は、だいたい3ヶ月程度だと言われています。ただしこれは、学生も職場恋愛も、全てひっくるめた平均です。

学生の場合は2週間程度で告白をして付き合う場合が多く、職場恋愛の場合は半年以上かかるということも少なくありません。

しかし多くの場合、だいたい3ヶ月というワンシーズン程度で、出会って告白をするというパターンになるようです。

出会ってから付き合うまでの期間が3ヶ月になるのは、出会ってからデートに誘うまでに2週間程度かかり、デートを3回するのに3週間から4週間程度かかるという背景があります。

出会ってから付き合うまでのデートの回数

出会ってから付き合うまでのデートの回数も、人によって様々ですが、だいたい3回目のデートまでには告白をするというパターンが多いようです。

1回目で告白をしてしまう男性もいれば、4回目も5回目も告白ができないという男性もいるので、こちらも平均的なデートの回数になります。

4回目までに告白ができないと、告白をするタイミングを失ってしまって、そのままなんとなく友達で終わってしまうということも少なくないようです。

また学生の場合は、デートをすることがイコール告白であるという場合も多いので、全ての場合の平均とは言えないようです。

▼関連記事:付き合う前のLINEの頻度は?

LINE頻度は付き合う前はどのくらいが適切?やりすぎはよくない?

出会ってから付き合うまでのOK・NG

出会ってから付き合うまで、OKのことやNGなことというのはあるのでしょうか。こちらも平均的にみると、付き合うまでの境界線はキスになるようです。

手をつないだり、ちょっとしたボディタッチは付き合う前でもOKだけれど、キスやハグというのは付き合う前にはNGであるという人が多いようです。

ただし、手をつなぐというのは、人によっては付き合う前はNGという場合もあります。相手が嫌がった時には無理に行動に移さない方がいいかもしれません。また勘違いされてしまうかもしれないことも考慮しましょう。

手をつなぐことは付き合ってからの行為だと思っている人の中には、告白をする勇気がないから、手をつないできたのではないかと考える人もいるようです。そうなると告白をしたつもりはなくても、告白をされたと勘違いをされることもあるようです。

▼関連記事:付き合う前に手をつないでくる男性心理とは?

付き合う前に手を繋ぐ男性心理が知りたい!脈アリのサインかも?

▼関連記事:付き合う前にキスするなんて有り得ない!?

付き合う前にキスする男性心理とは?遊びか見抜いて告白させよう!

出会ってから付き合うまでは相手を知る期間!

出会ってから付き合うまでの期間は、短くても長くても、相手がどんな人なのかを知るために必要です。その期間にはぜひ以下のことを確かめておきましょう。

デートをして普段の様子を知る

デートは相手が普段どんな様子なのかを知る絶好のチャンスです。デートで確認することができるのは、相手がどんな金銭感覚をしているのか、お店の人にどんな態度を取っているのかということです。店員さんへの態度は後々のあなたへの態度となるかもしれません。

特にどんな金銭感覚なのかをチェックすることはとても大切です。例えば駐車場の選び方。100円でも安い駐車場を選ぶために、何分もかけて駐車場をウロウロする男性も…。

あなたが相手をケチだと思うか、節約家だと思うかなど、自分と金銭感覚がずれていないかどうかをチェックすることは大切です。

そして、女性が男性をチェックするように、男性も女性をチェックしているということを忘れないようにしましょう。

連絡をとって相手の頻度を確認する

付き合う前に相手がどれくらいマメであるのかを確認しておくことも大切です。

もともと連絡をするのが苦手で、2・3日連絡をしないのが当たり前だという人もいるかもしれません。付き合う前に確認をしておくことで、付き合ってから連絡がくる来ないで喧嘩をすることを避けることができるかもしれません。

出会ってから付き合うまでに何ヶ月か期間があるのであれば、ちょっと多めに連絡をする時と、ちょっと間を開けた時、どちらのほうが相手の負担にならないのかなどをチェックすることもできるかもしれません。

お互いが負担に感じない連絡の頻度を確認しておくといいでしょう。

恋愛で重要なタイミング。自分で見極めてみよう

今回は出会ってから付き合うまでの期間は長い方がいいか短くてもいいのかなどを紹介させていただきました。その期間に平均はあるものの、恋愛のタイミングは人それぞれです。

大切なのは、お互いのタイミングが合うかどうか。平均では告白までは3ヶ月でしたが、3ヶ月後に告白をしたら、別の人に取られてしまっていたということが無いわけではありません。

今告白をしなくてはいけないと思うタイミングは、相手とあなたの関係をみながら、自分で見極めていくしかありません。

素敵な恋愛ができるように、相手のことをしっかりと確認してみましょう。

恋愛についてもっと知りたい人はこちらも!

男友達との恋愛を成就させる方法。どんなきっかけで付き合うの?
付き合うタイミングっていつ?告白成功の7つのポイント

関連するまとめ

鈴子
鈴子
もうすぐ冬ですね。イベントの準備が大変です♪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ