ハイライトカラー特集!グレージュが大人気?入れ方は?【必見】

今ハイライトカラーがアツい!その中でもグレージュでハイライトを入れたカラーが大人気。ハイライトの入れ方によって印象がガラリと変わりますので、ショートからロングまでどんな長さ、髪型にもOKです。ぜひグレージュ×ハイライトをお試しあれ。

ハイライトカラー特集!グレージュが大人気?入れ方は?【必見】のイメージ

目次

  1. ハイライトって何だろう?
  2. 外国人風にアレンジできる!?グレージュってどんな色?
  3. アッシュカラーとグレージュの違いは?
  4. 長さ別グレージュのハイライトカラーカタログ!
  5. グレージュ×ハイライトのヘアを楽しもう

ハイライトって何だろう?

ハイライトとはよく聞く言葉ですがどのような意味があるかご存知ですか?ベースとなる色味よりも明るい色を、筋状にいれることをハイライトと呼びます。

メイクでも明るくしたい部分に入れるカラーをハイライトと呼びますよね。それと同じものです。髪色を自然に明るく、立体感が出せるのがハイライトを入れるメリットです。

また髪の流れの「縦」のラインを明るくカラーリングしていきますので、明るい部分と暗い部分が混ざって軽い髪を印象づけることもできます。

部分的に明るく仕上げていくので、地毛が伸びてきても境がハッキリとでません。そのためプリンにならず、自然なグラデーションも演出してくれるのがハイライトです。

黒髪にハイライトのみもアツい!

ベースの髪の毛もカラーを入れてからハイライトを入れるのが一般的なハイライトと思われていますが、黒髪にハイライトのみを入れるのもおすすめですよ。

ハイライトがより映えて見えておしゃれになります。また、黒髪に抜け感を与えたいときなんかにもいいでしょう!

外国人風にアレンジできる!?グレージュってどんな色?

人気のハイライトカラーである「グレージュ」。グレージュの色はどんなカラーなのか見てみましょう。

グレージュとはグレー×ベージュの色のこと。カラーリングするとグレーになるアッシュ系とは少し違い、グレーが強めになったりベージュが強めになったり、カラーリング剤や元々の髪色にも影響を受けます。

日本人の髪色では出せない、透け感/透明感のある髪は外国人ならではの雰囲気ですね。その髪色で外国人風のカラーリングに仕上げることができるのがこのグレージュカラーなんです。

カラーバリエーションも明るめから暗めまで非常に幅広いので自分のライフスタイルに合わせてグレージュのハイライトカラーを楽しむことができます。

ハイライトのありなし比較!

実際にグレージュのハイライトカラーで、ハイライトのありなしを比較した場合どんな違いが出るのでしょうか。

まず明るいところが部分的に入ることで、全体的に軽い印象に仕上がります。例えば重めのレイヤーカットのボブでも、ハイライトカラーが入ることで全体的にふわっとした印象を与えることができるんです。

またパーマで動きを出したいときにもハイライトは毛の流れを強調させてくれますよね。暗めのヘアカラーに明るめのラインが入ることで動きや立体感を出すことができちゃいます。

先程も少し触れましたが、プリン頭になりにくいのも大きなメリットですね。全体的にベタッとカラーリングが入ってしまうと、少し伸びてプリンになったときに悪目立ちすることも。

でもハイライトが入っていると、縦のラインが部分的に明るくなります。そこでカラーリングの境目が目立たず、自然なグラデーションを演出してくれますよ。

ブリーチなしとあり比較!

ハイライトを入れるときにブリーチをするかしないか、それぞれどんな違いがあるか見てみます。

ブリーチとは髪を脱色して、カラーリング剤を発色させやすくする効果がありますよね。もちろんキレイに色を出したい場合にはブリーチをした方が発色が良くなります。しかしグレージュのハイライトを入れるには髪色が明るくなりすぎる危険性も。

カラーやヘアスタイルの制限が緩い職場や学校ならば問題ありませんが、オフィスではどうしても使いにくくなる場合があります。そんなときはブリーチなしで、やや暗めのハイライトを入れることで解決します。

そのためハイライトでブリーチなしかありかの選択は、ヘアスタイルのラインを強調したい!という場合はブリーチあり、オフィスでも普段から気兼ねせずハイライトを楽しみたい!という方はブリーチなしを選ぶといいでしょう。

アッシュカラーとグレージュの違いは?

グレージュとよく似たカラーに「アッシュ」というカラーがありますよね。この2つはどんな違いがあるんでしょう。

アッシュとは「灰」の意味ですが、厳密にグレーとは少し違います。アッシュのカラー剤の色はパープルがかっているからです。グレーでもパープル寄りのカラーです。それがブリーチをした髪にアッシュを入れると灰色(アッシュカラー)になることからそのように呼ばれています。

大してグレージュは、グレーとベージュの中間色。そのためグレーでもアッシュより黄色に少し寄せたカラーになります。

ナチュラルなグラデーションが嬉しい

グレージュのヘアにハイライトを入れると、境目が目立たずプリンが防げるお話をしましたね。実は自毛が伸びてくることでヘアスタイルの上部が暗め、毛先が明るめ、というナチュラルにグラデーションを楽しむことができるんです。

サロンでカットとカラーをしたばかりのヘアスタイルもテンションが上がりますが、時間経過とともにヘアスタイルの雰囲気が変わっていくのを見るのも楽しいですよね。

入れ方でどう変わる?サロンでのオーダーは?

グレージュでハイライトカラーを入れようとすると、カラーやブリーチなし/あり、ハイライトの太さなどで大きく雰囲気が変わりますので注意が必要です。サロンではしっかり担当のスタイリストさんとカウンセリングをするようにしたいですね。

「グレー感」をどこまで出す?

グレージュはグレーとベージュの中間色と言いましたが、実は自毛にグレージュのカラーリング剤を入れるだけではグレー感はほとんど出ません。

これは元々の日本人の髪色が原因で、ブリーチなしの状態でカラーリングを入れるだけではほぼブラウン系の見た目になってしまうのです。

そのためハッキリとグレーだ、と分かるようなカラーリングの入れ方は、ブリーチで色素を完全に抜いてからでないとダメなのです。

「グレージュって頼んだのにブラウンじゃん!?」とイメージの違いに戸惑ってしまう場合もあるのです。

コントラストを強く出すのか出さないのか

ハイライトでコントラストを強く出すか出さないかをまず決めましょう。これは髪色で明るい部分と暗めの部分をハッキリ出すことでヘアスタイルのラインが強調されます。

オフィスなどでも使いやすいのはコントラストを強く出さない暗めのカラーで。この場合はブリーチなしでオーダーします。

ラインを強く出したいのならばコントラストがはっきり出る明るいカラーを選びます。明るいカラーを選ぶ場合はブリーチが必須になりますので、髪へ多少のダメージがあることは避けられません。

毛先までグラデーションを入れる?

グレージュで毛先までしっかりグラデーションを入れていくと、外国人風のヘアスタイルにより近づくことができます。透明感のあるグレージュカラーと、立体感を出すハイライトの組み合わせはキュートでドーリーな外国人風のヘアスタイルに。

より外国人風のヘアを楽しみたい方は、ぜひ毛先までグラデーションをしっかり入れてもらうようオーダーしましょう。

ハイライトは全体に入れる?それともポイント?

ハイライトを全体的に入れていくのか、バングや触角などポイントで入れていくのかも大切なポイントです。全体的に軽やかなラインや立体感が欲しい場合は全体的に、デザイン性が高くこだわりがある場合はポイントでハイライトを入れていきます。

全体的にハイライトを入れる分にはあまり問題はありませんが、ハイライトをポイント使いしたい場合はスタイリストさんにイメージをしっかりと伝えておきましょう。写真やイメージとなる絵を準備しておくと間違いがありません。

ハイライトの幅はどれくらい?

ハイライト幅の入れ方によって、カラーリングの技法が変わりますのでこちらもオーダーの重要なポイントです。印象としてはハイライトが細かくなればなるほど全体的に馴染んで見えます。ハイライトの幅が太くなると、ヘアスタイルのラインが強調されてスタイリッシュな印象へと変わっていきます。

あまりヘアカラーで冒険できない場合は、ハイライトの入れ方はやや細めにオーダーするといいですね。

ボブの場合カウンセリングを慎重に

ショート/ミディアムヘアで紹介した「ボブ」。このボブですがカラーリング次第ではガーリー&フェミニンといった"甘い"ヘアスタイルやカラーが似合う場合もあるんです。

なのでグレージュ×ハイライトを入れたい、としっかりオーダーするようにしましょう。

またヘアスタイルの派生が非常に多いので、カールをさせたスタイリングをしたいのかどうか、シルエットはどうするか、グラデカットにするのか、レイヤーカットにするのか、などカウンセリングをすることが非常にたくさんあります。

なんとなく「グレージュ×ハイライトが流行ってるから」と言って、イメージを持たずにサロンへ行ってしまうと仕上がりがしっくりこない場合もあります。そのためカウンセリングは慎重にするようにしましょう。

▼関連記事:市販のヘアカラーについて知りたいあなたはこちらもチェック

市販ヘアカラーおすすめ13選!赤・ピンク・アッシュが人気色?

長さ別グレージュのハイライトカラーカタログ!

グレージュのハイライトは、長さ別で見るとどんな雰囲気に仕上がるのか見ておきましょうね!

ショート・ミディアム編

いよいよグレージュ×ハイライトカラーのヘアスタイルを見ていきます。まずはショート・ミディアム編ですよ♪

ベリーショートからアレンジがたくさんあるボブまで、ヘアスタイルの幅がものすごく広いショート&ミディアム。グレージュ×ハイライトカラーと言えばカールとロング!みたいなイメージかもしれません。けれどストレートやボブで楽しんでいる人もたくさんいますよ。

【優等生】オフィスにも♪グレージュショートボブ

こちらは優等生的なパッと見ではグレー感をあまり出していない暗めのヘアカラーになります。ブリーチなしのハイライトによって、これならオフィスや学校でも使いやすいのではないでしょうか。

また重くなりがちなショートのワンレンボブなのですが、こんな風にグレージュを入れてハイライトカラーが少し入るだけで軽い仕上がりになります。

透明感のあるミルクティグレージュ

赤みをしっかりと抜いたグレージュカラーは透明感がバッチリ出ます。こちらもワンレンボブですが、やや長さのあるミディアム。

ストンとしたシルエットに収まりがちなヘアスタイルを、ミルクティのような明るめのグレージュとハイライトカラーで立体感を引き出してよりスタイリッシュな印象になっていますね。

ガーリーな艶髪グレージュボブ

ブリーチ回数を抑えてややブラウン寄りの見た目になっているグレージュです。毛束感やハイライト感をあまり出さす、ツヤ髪を強調してくれるヘアスタイルになっていますね。

外ハネを付けたミディアムストレートは、自分のツヤ髪をより引き立たせてくれます。

愛されガール♪ミディアムフェミニングレージュ

適度な毛束感と、ガーリーなウェーブはハイライトカラーを入れることでよりフェミニンに。トップ周辺は暗め、顔周りにポイントグラデが入っていますね。

こうすることで顔全体の印象が明るく見えて、愛されモテガールに変身♪髪のラインを遊ばせて、ハイライトを強調すれば女子力アップ間違いなしです。

外ハネミディアム♪スタイリッシュなオトナグレージュ

ラフに毛先を遊ばせればスタイリッシュなグレージュカラーの完成。落ち着いたクールなミディアムヘアで、オトナの女性を演出してくれています。この透明感と立体感はグレージュカラーにしか出せません。

ロング編

続いてはグレージュとハイライトカラーと相性抜群のロングです。髪のラインが強調されますのでグレージュ×ハイライトのカラーで大人気のヘアスタイルですよ!

ヘアアイロンで毛束感を出して、ガーリーに仕上げる女子が多いんです。それでも赤みが抜けたグレージュカラーなら甘くなりすぎず、スタイリッシュにも変身できちゃいます♪

スタイリッシュ&クールグレージュ

グレージュ×ハイライトの王道とも言えるこのヘアスタイル。フェミニンでかわいい路線ではなく、クールでスタイリッシュなグレージュカラーのポイントを外さないカラーリングです。

髪のラインもメリハリを付けたハイライトでベストマッチです。

弾むラフカール♪リッチウェーブグレージュ

やや赤みのある色を残したロングウェーブのグレージュカラーです。金髪でカールを出すと下品になりガチなのですが、グレージュでややトーンを抑えてありますので、明るいカラーでも大丈夫。

弾むような明るい髪色とラフなカールは、ハイライトとバッチリ合いますね。

ラインを強調!アクセントハイライトグレージュ

髪のラインを強調してハイライトを強く利かせたロンググレージュカラーです。

ダークトーンのベースでありながらこの透明感はグレージュならでは。その透明感を明るいハイライトカラーで動きを出してあるセンスが光るヘアスタイルですね。

お嬢風♪ゆるふわロンググレージュ

グレージュでもかなり色味を抑えたヘアカラーですね。グレージュの透明感は維持しつつ、明るさをかなり抑えてありますので育ちのいいお嬢風のヘアカラーに♪

ゆるふわの束感は、男性へのアピール力抜群です。

ギャルっぽスモーキーグラデグレージュ

毛先が非常に明るいグラデーションを使ったグレージュカラーですね。トップ周辺はカラーを抑えて主張が強すぎる明るいカラーをうまく調和させています。

スモーキーで明るいグラデーションの、グレージュ×ハイライトカラーはイマドキギャル感を演出してくれます。

▼関連記事:ヘアカラーワックスってなに?

ヘアカラーワックスの使い方!色んな髪色を気軽に楽しめる!

グレージュ×ハイライトのヘアを楽しもう

外国人風のヘアスタイルが楽しめるグレージュ×ハイライト。ぜひ次回のサロンではこのヘアスタイルとカラーを楽しんでみませんか?

外国人風にオーダーしてもいいですし、オフィスでも使いやすいカラーでも大丈夫です。人気の秘訣はこの「どんなシーン、髪型でも対応ができる」という懐の深さなのかもしれませんね。

それでは人気のグレージュ&ハイライトカラーを紹介してみました。カラーやブリーチ、ハイライトの入れ方によっても大きく変わりますので色々楽しんでみてくださいね。

もっとヘアカラーについて知りたいあなたへ!

ダークブラウンのヘアカラーがおしゃれ!【上品な髪色】
パーマとカラーの順番は?どっちが先にすべき?間隔はどのくらい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ