産後の恥骨痛で歩けない!痛みはいつまで?原因と対策は?

産後というのは体に大きな変化が起こりますが、恥骨痛に悩む女性もいます。歩けないほどひどくなることもある恥骨痛が産後に起こる原因とはいったい何なのでしょうか?対策にはどのようなものがあるのでしょうか?この記事では産後の恥骨痛の原因と対策についてお伝えします。

産後の恥骨痛で歩けない!痛みはいつまで?原因と対策は?のイメージ

目次

  1. 産後の恥骨痛、本当に辛すぎますよね…
  2. 恥骨とはどこ?恥骨痛とはどこが痛んでいるの?
  3. 産後の恥骨痛の原因は?
  4. 【産後の恥骨痛の原因①】出産時に損傷した
  5. 【産後の恥骨痛の原因②】リラキシンの影響
  6. 【産後の恥骨痛の原因③】骨盤のゆがみ
  7. 産後の恥骨痛はいつまで続く?いつまで我慢するべき?
  8. 産後の恥骨痛の対策にはどんなものがある?!
  9. 【産後の恥骨痛の対策①】産褥期は安静に!
  10. 【産後の恥骨痛の対策②】歩幅は狭く
  11. 【産後の恥骨痛の対策③】階段は避ける
  12. 【産後の恥骨痛の対策④】着替える時に要注意!
  13. 【産後の恥骨痛の対策⑤】産褥体操・骨盤体操をする
  14. 【産後の恥骨痛の対策⑥】骨盤ベルトをする
  15. 【産後の恥骨痛の対策⑦】ストレッチで改善!
  16. 【産後の恥骨痛の対策⑧】産後ヨガで改善!
  17. 【産後の恥骨痛の対策⑨】整体を受ける
  18. 【産後の恥骨痛の対策⑩】冷やさない
  19. 【産後の恥骨痛の対策⑪】寝方も大切!
  20. 【産後の恥骨痛の対策⑫】身体に無理をしない
  21. 【産後の恥骨痛の対策⑬】病院へ行く
  22. 産後の恥骨痛で歩けない!治らない時には?!
  23. 産後の恥骨痛は無理しないで!辛い時には病院へ!!

産後の恥骨痛、本当に辛すぎますよね…

産後には、身体のあちこちに不調や痛みが出やすいものです。

そんな、出産後のお母さんの体の異変の中には、恥骨痛もあります。

出産後2週間ぐらい経った頃に、太腿や足のつけ根の辺りにそれまで感じたことがないような痛みを感じる人が多くいます。

これが恥骨痛と呼ばれるものです。

歩けないほどのひどい痛みになることもありますが、なかなか病院に行きにくい部位でもあるので、対策が遅れてしまうこともあります。

この記事では、そんな出産後のお母さんにとって困った症状の一つである、恥骨痛の原因や対策についてお伝えします。

恥骨とはどこ?恥骨痛とはどこが痛んでいるの?

まずは、恥骨痛が起きる恥骨というのはどこにあるのか、その場所を確認しておきましょう。

恥骨というのは、ちょうど股のところにある骨になります。

おへそに手を置いて、まっすぐに下に下ろしていくと、コツンと当たる骨があり、それが恥骨になります。

正確に言うと、おへその真下にあるものは、左右の恥骨をつなぐ恥骨結合と呼ばれる軟骨になります。

恥骨は骨盤の一部になり、骨盤の動きによって恥骨にも大きな力が加えられます。

恥骨痛というのは、恥骨そのものが骨折したりして痛みが起こるわけではなくて、出産の際に恥骨結合の軟骨が損傷することによって、痛みが生じてしまうのです。

産後の恥骨痛の原因は?

恥骨痛というのは、軟骨である恥骨結合が損傷して起こるのですが、一体、出産の際に恥骨結合が損傷して恥骨痛が起きてしまうのには一体どのような原因があるのでしょうか。

まずは恥骨痛が起こる原因についてみていきましょう。

【産後の恥骨痛の原因①】出産時に損傷した

恥骨結合が損傷して、産後に恥骨痛が起きてしまう原因には、出産のときに損傷したということが考えられます。

出産の際には、赤ちゃんの体がお母さんの子宮から産道を通って外へ出てくるために、骨盤が大きく開きます。

その時には、恥骨結合の部分は伸びたりねじれたりして、大きな負荷がかかり、そのために損傷してしまうことがあります。

特に、妊娠前から恥骨痛があった人や、姿勢が悪い人、足を組むのがくせになっている人など、妊娠する前から骨盤のゆがみがあった人には、恥骨結合の損傷による恥骨痛が起きやすくなります。

【産後の恥骨痛の原因②】リラキシンの影響

産後に恥骨痛が起きてしまう原因には、リラキシンというホルモンが関係していることもあります。

リラキシンというホルモンは、女性ホルモンの一種類で、関節や靭帯を緩める作用を持っています。

妊娠中にこのリラキシンが大量に分泌されることにより、骨盤周りの関節や靭帯が緩むことで、骨盤が開きやすくなり、赤ちゃんが産道を通りやすくなります。

リラキシンの作用により緩んでしまった骨盤周りの関節や靭帯は、妊娠前の状態に戻るのには約1年ほどかかると言われています。

出産直後というのは、骨盤の関節や靭帯は緩んだ状態になっています。

骨盤はうまく関節や靭帯に支えてもらうことができずにガタガタになってしまっているので、骨盤に歪みが生じやすくなり、産後に恥骨痛を引き起こす原因にもなってしまうのです。

【産後の恥骨痛の原因③】骨盤のゆがみ

出産後には骨盤は大きくゆがんでしまうものです。

それは、赤ちゃんの頭が、子宮から産道を通って生まれてくるためには、どうしても仕方がないことですよね。

赤ちゃんの頭が産道を通っていない帝王切開の人でも、リラキシンは出産前に大量に分泌されているために、出産後には骨盤がガタガタに緩んでしまっています。

関節や靭帯が緩んだ状態になってしまうと、骨盤のそれぞれの骨が、本来あるべき位置からずれてしまい、骨盤に歪みが生じてしまいます。

そうすると、恥骨結合は左右の恥骨から本来とは違う圧力を受けるようになってしまい、痛みを生じやすくなってしまいます。

産後の恥骨痛はいつまで続く?いつまで我慢するべき?

恥骨痛がひどい人は、この恥骨痛がいつまで続くのか気になっている人もいますよね。恥骨痛はいつまで続くものなのでしょうか。

恥骨痛はいつまで続くのかというと、人によっていつまで続くのかは個人差が大きいと言われています。

出産後に始まることが多い恥骨痛ですが、それがいつまで続いたのかというと、多くの人は出産後6週間から8週間の産褥期を過ぎたら、恥骨痛が収まるものです。

しかし、産褥期を過ぎてもいつまでも恥骨痛が収まることなく、出産後6ヶ月までいつまでも恥骨痛が続いたという人もいます。

ひどい恥骨痛が、1ヶ月検診の頃まで良くならずに続くようなら、1ヶ月検診で必ず相談をしてください。

また、1ヶ月未満でも歩けないほどのひどい恥骨痛がある場合には、早めに病院を受診しましょう。

どこの病院を受診したらいいのかわからない場合には、まずはかかりつけの産婦人科の病院に相談をして、その上で整形外科等の受診が必要であれば、紹介してもらうようにしましょう。

産後の恥骨痛の対策にはどんなものがある?!

多くの人にとっては、恥骨痛がいつまでも延々と続くようなものではなくて、出産後1ヶ月か2ヶ月くらいでおさまることがほとんどです。

しかし、時には歩けないほどひどい痛みに襲われてしまう恥骨痛に襲われてしまったときには、ただ我慢をするだけではなくて、自分でもできる対策をしたいものですよね。

いつまでも続くように感じられる、時には歩けないほどの痛みが出ることもある恥骨痛がひどい時には、どのような対策をしたらいいのでしょうか。

ここからは、時には歩けないほどの痛みも出る恥骨痛が対策についてみていきたいと思います。

【産後の恥骨痛の対策①】産褥期は安静に!

時には歩けないほどのひどい痛みに襲われる恥骨痛の対策で、一番大切なことは、出産後6週間から8週間までの産褥期を、自宅でしっかりと安静をすることです。

産褥期を過ぎた後に恥骨痛が治まるのか長引くのかというのは、この産褥期の過ごし方をどのように過ごしたかによって大きく変わってきます。

出産というのはお母さんの体に大きな大きなダメージを与える大仕事です。

自然分娩であっても帝王切開であっても、お母さんの体は大出血を起こし、大きく傷つきます。

この出産によるダメージの一つが恥骨痛になります。

産褥期をきちんと安静にして過ごすことが、体の中のあちらこちらに負った傷や、失われた体力を回復させるのに大切になります。

■参考記事:産後1ヶ月の注意点、出血はいつまで続く?コチラも参照!

産後1ヵ月の過ごし方の注意点!【生活上の注意】
産後の出血はいつまで?悪露で鮮血がでたら注意?量の変化は?

【産後の恥骨痛の対策②】歩幅は狭く

いつまで続くか辛いような時には歩けないほどひどい痛みに襲われる産後の恥骨痛の対策には、歩幅を狭く小さくすることも大切になります。

歩く動作というのは、骨盤に左右にねじれを生じさせる運動になります。

恥骨痛を引き起こしている恥骨結合は、骨盤にある左右の恥骨をつないでいるつなぎ目になるために、歩く動作をすると恥骨結合の部分が引っ張られたり伸ばされたりして、負担が大きくかかってしまいます。


特に、歩幅を大きくして歩くと、恥骨結合にかかる負担が大きくなってしまいます。

恥骨痛を引き起こしている原因となっている恥骨結合の損傷は、安静にしていることで回復してくるものです。

恥骨痛がある時には、恥骨結合に負担をかけないように、歩幅を小さくして歩くようにしましょう。

【産後の恥骨痛の対策③】階段は避ける

いつまで続くか辛いような時には歩けないほどひどい痛みに襲われる産後の恥骨痛の対策には、階段を避けるということも大切になります。

歩く動作が、左右に恥骨結合にねじれをもたらす動作になるのであれば、階段の上り下りというのは、恥骨結合に上下のねじれをもたらす動作になります。

歩く時には、歩幅を自分で調整することができるので、恥骨痛がひどくならない、無理のない歩幅を自分で決めることができますが、階段というのは登らなければならない高さが決まっています。

もしも、恥骨結合の損傷の回復具合を妨げるほど、大きな負担がかかるほどの高さの階段であれば、その階段を昇り降りしている限り恥骨痛はなかなか治らないでしょう。

恥骨痛に大きな負担をかける階段の上り下りも、できるだけ避けて様子を見ることが大切です。

【産後の恥骨痛の対策④】着替える時に要注意!

いつまで続くか辛いような時には歩けないほどひどい痛みに襲われる産後の恥骨痛の対策には、着替える時に注意をすることもとても大切になります。

特に、ズボンをはく動作というのは、大きく足を上げなければならないために、骨盤が大きく動き、恥骨結合に負担がかかるので、恥骨痛がひどい時には痛みがひどくなってしまいます。

時には、ズボンをはいた後で歩けないほど痛みがひどくなってしまうこともあるようです。

恥骨痛がひどい時にどうしてもズボンをはきたい時には、立って履くと痛みがなかなか治らないので、座って履くようにしましょう。

また、ズボンをはく必要がないのであれば、ワンピースやスカートを着るというのも一つの選択肢ですよね。

【産後の恥骨痛の対策⑤】産褥体操・骨盤体操をする

恥骨痛の原因の一つには、出産によって骨盤が大きくゆがんでしまったことがあります。

骨盤全体がゆがんでいるために、左右の恥骨が恥骨結合を無理な力で圧迫して、恥骨結合に損傷を引き起こしている場合もあります。

骨盤の歪みを改善させるためには、産褥体操や骨盤体操が有効です。

産褥体操は、出産後その日のうちから始めることができる運動で、腰回りの血流を良くすることで、悪露の排出を促して、子宮や骨盤の回復を促す効果があります。

激しい動きではありませんが、骨盤のゆがみを回復させる効果も期待できます。

産後1ヶ月か2ヶ月経った頃から始めることができるのが、骨盤体操です。

本格的に骨盤を動かすことで、骨盤のゆがみを矯正することが目的の体操です。

身体の内側から骨盤のゆがみを矯正することができるので、こういった体操で骨盤の歪みを解消すると、再発しやすい恥骨痛も再発しにくくなるものです。

【産後の恥骨痛の対策⑥】骨盤ベルトをする

産後に歩けないほどひどくなることもある恥骨痛の対策には、骨盤のゆがみを矯正するために骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルをすることも効果的です。

骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルは、歪んで位置がずれてしまった骨盤を、外側からの締め付ける力により正しい位置に戻すことができるものです。

骨盤を正しい位置に戻すことで、恥骨結合への負担も少なくなり、恥骨痛の早期の改善に役立ちます。

骨盤体操と一緒に使うとより効果的でしょう。

【産後の恥骨痛の対策⑦】ストレッチで改善!

産後の恥骨痛への対策には、ストレッチもあります。

出産後の身体の回復具合には、個人差が大きく、産褥体操ならともかく、産後1ヶ月、2ヶ月過ぎても、骨盤体操でさえもしんどいという人も中にはいます。

そういった人にとっては、骨盤体操よりも体に負荷をかけずにもっと簡単にできるストレッチをお勧めします。

恥骨痛に効果のあるストレッチというのは、やはり骨盤のゆがみを矯正することができるストレッチになります。

産後の恥骨痛に効くストレッチには次のようなものがあります。

簡単にできるストレッチばかりなので、できるものからやってみましょう!

産後の恥骨痛に効くストレッチ①

骨盤を矯正するためのストレッチその①です。

まず肩幅に足を広げて背筋を伸ばして立ちます。

次に、腰に手を置きます。

その姿勢から右に10回、左に10回腰を回します。

これを1セットとして、このストレッチは毎日3セットほど行いましょう。

産後の恥骨痛に効くストレッチ②

骨盤を矯正するためのストレッチその②です。

床に仰向けに寝ます。

片方の足を伸ばしたまま、ゆっくりと息を吹きながら、もう片方の足の膝を手で抱えて胸につけるようにします。

ゆっくりと足を戻します。

このストレッチは左右交互に5回ずつ行いましょう。

産後の恥骨痛に効くストレッチ③

骨盤を矯正するためのストレッチその③です。

まず四つんばいになります。

息を吐きながら背中を天井の方に持ち上げられるようなイメージで丸めて高く持ち上げていきます。

息を吐きながら背中をそらしてお尻を突き出します。

何回かこれの動作のストレッチを繰り返します。

【産後の恥骨痛の対策⑧】産後ヨガで改善!

いつまでも痛みが続くように感じてしまう時もある、産後の恥骨痛の対策には、産後ヨガもあります。

産後の骨盤矯正には、深い呼吸をしながらゆったりとした動きで体のインナーマッスルを伸ばしていくヨガもとても効果的だといわれています。

精神的なストレスの解消にもヨガは役立つので、産後ヨガも試してみてはいかがでしょうか。

【産後の恥骨痛の対策⑨】整体を受ける

恥骨痛の原因となる、産後の骨盤のゆがみを矯正するのには、整体などを受けることも効果的です。

ヨガやストレッチで自分の力と自然治癒力で骨盤のゆがみを矯正することもとても大切ですが、専門家による施術で、外側から力を加えてもらうことで、骨盤や背骨の歪みを正しい位置に戻してもらうことで、ヨガやストレッチの効果も何倍にも大きくなるものです。

いろいろ試してみても、産後の恥骨痛が良くならないと感じている場合には、産後の骨盤整体を受けてみてはいかがでしょうか。

■参考記事:産後の整体、いつから受けていい?コチラも参照!

産後の整体はいつから?骨盤矯正の効果はある?

【産後の恥骨痛の対策⑩】冷やさない

産後の恥骨痛がひどいときには、冷やさないようにすることもとても大切になります。

産後の体というのはどうしても冷えやすい体質になってしまいがちです。

しかし、冷えると全身の血行が悪くなり、痛みを余計に感じやすくなってしまいます。

また、血行が悪くなると、恥骨結合の損傷の回復も悪くなってしまいます。

産後1ヶ月はお風呂に入ってしっかりと体を温めることができませんが、温かいものを食べるようにしたり、足湯をしたり腹巻やホッカイロなどを活用して、体を温めるようにしましょう。

【産後の恥骨痛の対策⑪】寝方も大切!

産後の身体には寝方が大切!どんな寝方がいいの?!

出産というのは、自然分娩でも帝王切開でも女性の体に大きなダメージを与えるものです。

この体を回復させるためには、寝方というのがとても大切になってきます。

というのは、寝方によっては、寝ている間の血行を悪くしてしまう寝方もあり、ちゃんとした寝方をするかどうかで、その後の体の回復具合が大きく変わってきてしまうからです。

産後の恥骨痛の回復にも寝方というのが重要になってきます。

一体どのような寝方なら、産後の恥骨痛にいいのでしょうか。

産後の恥骨痛にNGの寝方とは?

産後に恥骨痛がひどいときに、恥骨痛がひどくなってしまう寝方というのがあります。

恥骨痛がひどくなってしまう寝方というのは、仰向けに寝る寝方です。

仰向けに寝る寝方だと、子宮が恥骨の付近を圧迫してしまい、恥骨痛がますますひどくなってしまいます。

産後に体の回復を助ける寝方というのは、基本的に横向きの寝方だと言われています。

恥骨痛がひどい時も、仰向けの寝方ではなく、横向きの寝方で寝るようにしましょう。

産後の恥骨痛がひどい時の寝方とは?

産後に恥骨痛がひどいときには、横向きに寝て、足の間にクッションを挟むと良いと言われています。

足の間にクッションを挟むことで、恥骨の痛みを軽減させる効果があると言われています。

【産後の恥骨痛の対策⑫】身体に無理をしない

産後の恥骨痛がひどい時の対策には、体に無理をかけないということも大切になります。

出産後の女性の体というのは、身体のあちらこちらが大きく傷ついて、体力も失われてヘトヘトになっているものです。

恥骨痛というのは、そんな身体のあちらこちらにできた傷の一つになります。

産後6週間から8週間の産褥期というのは、体を回復させるためにとても大切な時期になります。

この時期に無理をしてしまうと、身体の回復が遅れてしまい、恥骨結合の損傷の回復も遅れてしまいます。

休むべき時にしっかりと休むことが、恥骨痛への対策にもなるのです。

【産後の恥骨痛の対策⑬】病院へ行く

産後の恥骨痛が余りにもひどくて、歩けないほどの痛みを感じる時には迷わずに病院へ行くようにしましょう。

どこの診療科に行ったらいいのか迷ってしまいますが、1ヶ月検診が近ければ、まずは1ヶ月検診で相談してみましょう。

病院でも整形外科での診察が必要だと判断されれば、整形外科のある病院へ紹介してもらえます。

1ヶ月検診が過ぎても、痛みが引かないようであれば、整形外科へ行くことをお勧めします。

整形外科の病院ではレントゲンを撮ってもらえるので、骨盤の状態をしっかりと確認することができます。

病院ではなくて、接骨院へ行く人もいます。

マッサージや整体を受けたいのであれば、整形外科ではマッサージや整体はしてもらえないので、病院ではなくて接骨院もいでしょう。

産後の恥骨痛で歩けない!治らない時には?!

恥骨痛が治らない!恥骨痛が治らない時には婦人科系の病気も!

産後の恥骨痛が、歩けないほどひどかったり、産後2、3ヶ月たっても治らないこともあります。治らないようなら、迷わずに病院へ行くことをお勧めします。

恥骨痛は通常産後1ヶ月ほどで治まるものです。

それが治らないで何ヶ月も続いたり、歩けないほどの痛みを頻繁に感じる時には、実は恥骨結合の損傷による恥骨痛ではなくて、下腹部に関連する病気であることもあります。

なかなか治らない恥骨痛、と勘違いしやすいものの中に子宮筋腫などの婦人科系の病気があることが多いようです。

悪露の状態などに異常が出ることもあるので、恥骨痛が余りにも続く場合には婦人科の病院を受診することをお勧めします。

恥骨痛が治らない!骨の問題で治らないことも!!


また、恥骨痛が余りにも長引いて治らない場合には、椎間板ヘルニアや恥骨脱臼などの骨格の異常が影響していることも考えられます。

この場合には、整形外科に行くとわかります。

恥骨痛がなかなか治らないというのは、何らかの原因があるはずです。

なかなか治らないと思ったら、迷わずに病院へ行くことをお勧めします。

産後の恥骨痛は無理しないで!辛い時には病院へ!!

ここまで、産後の恥骨痛についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

歩けないほどのひどい痛みを感じることもある恥骨痛ですが、多くの場合には産褥期にしっかりと体を休めることで、回復してくるものです。

体を休める時期にはしっかりと休めて、恥骨痛を含めた産後の体の回復に努めるようにしましょう。

なかなか治らない時には、他の病気も疑われます。なかなか治らない時には迷わずに病院へ行くようにしましょう。

出産後1年までのまだ骨盤がやわらかい時期に対処することが大切です。

産後の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

産後の運動はいつから?おすすめの運動7選!【ママ必見】
産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけるべき?
産後ケアとは?サービスの内容やおすすめグッズを紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ