妊娠10週目!つわりが終わる?お腹の大きさは?【エコー写真あり】

妊娠してからようやく妊娠10週目に到達しました!妊娠10週目には胎児の大きさはどのくらいになっているのでしょうか?!辛かったつわりも終わりが見える人もいますが、まだまだ流産や出血には注意が必要です!エコーにはどんな胎児が映っているのかなどお伝えします。

妊娠10週目!つわりが終わる?お腹の大きさは?【エコー写真あり】のイメージ

目次

  1. 妊娠10週目!ママと胎児の状態はどうなのでしょうか?!
  2. 妊娠10週目!胎児の様子は?
  3. 【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?①】大きさは?
  4. 【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?②】胎芽から胎児へ!
  5. 【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?③】神経系が完成!
  6. 【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?④】臓器が完成!
  7. 【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?⑤】男女の区別も!!
  8. 【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?⑥】顔立ちが!三頭身?
  9. 妊娠10週目!ママの身体の様子は?
  10. 【妊娠10週目!ママの身体は?①】つわりは終わり?
  11. 【妊娠10週目!ママの身体は?②】貧血の危険が!
  12. 【妊娠10週目!ママの身体は?③】むくみやすくなる!
  13. 【妊娠10週目!ママの身体は?④】便秘や下痢になりやすい!!
  14. 【妊娠10週目!ママの身体は?⑤】気分の落ち込みも…
  15. 【妊娠10週目!ママの身体は?⑥】腹痛も…
  16. 【妊娠10週目!ママの身体は?⑦】腰痛が…
  17. 【妊娠10週目!ママの身体は?⑧】色素沈着が起こりやすい!
  18. 妊娠10週目!流産の危険は脱した?!
  19. 妊娠10週目の出血!出血は流産の危機?!
  20. 妊娠10週目!ママの過ごし方は?
  21. 【妊娠10週目の過ごし方①】喫煙・飲酒は控える
  22. 【妊娠10週目の過ごし方②】カフェインも控えめに!
  23. 【妊娠10週目の過ごし方③】全身の血行を良くする
  24. 【妊娠10週目の過ごし方④】体重管理を!
  25. 【妊娠10週目の過ごし方⑤】パパと一緒に妊婦健診へ!
  26. 妊娠10週目!出生前診断は考えますか?!
  27. 妊娠10週目は油断せずに!でも心配し過ぎずに!!

妊娠10週目!ママと胎児の状態はどうなのでしょうか?!

とうとうマタニティーライフも妊娠10週目に入りました。

ここまで、辛いつわりに悩み続けていた人も少なくないと思いますが、人によっては、徐々につわりがなくなってくる人も出てくる時期です。

妊娠10週目のお腹の胎児の様子というのは、どのような様子をしているのでしょうか。

この記事では、妊娠10週目のお腹の胎児とママの様子、過ごし方の注意点などについてお伝えします。

妊娠10週目!胎児の様子は?

まず、妊娠10週目の胎児の様子について見ていきましょう。

妊婦健診を受けるようになってから、毎回エコー写真をもらっていると思いますが、妊娠10週目のエコー写真というのはどのように赤ちゃんが映っているのでしょうか。

また、エコー写真から映るお腹の赤ちゃんの様子から、赤ちゃんのどのような発達や大きさの変化が見られるのでしょうか。

妊娠10週目の頃の赤ちゃんの大きさや様子についてみていきましょう。

【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?①】大きさは?

まず気になるのは、妊娠10週目の頃の胎児の大きさです。

妊娠10週目の頃の胎児の大きさはどのくらいなのでしょうか。

妊娠10週目の頃の胎児の大きさは、3cmから5cmくらいで、重さは5gから12gくらいです。

まだこの頃の胎児の大きさはかなりの個人差が大きいのがわかりますね!でも今大きさが小さいように見えていても、これから大きさは段々と追いついてくるので大丈夫です!

ちなみにママの子宮の大きさは握りこぶしぐらいの大きさになっていますが、お腹のふくらみはまだまだ目立ってきません。

まだまだ、子宮の大きさも赤ちゃんの大きさも小さいのですが、着実に成長しているのが頼もしいですね!

【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?②】胎芽から胎児へ!

妊娠10週目の頃というのは、お腹の赤ちゃんの呼び方が、胎芽から胎児へと変わる頃になります。

胎芽の頃というのは、尻尾が生えていて、人間というよりもどちらかというと爬虫類に近い形をしていましたね。

妊娠10週目の頃になると、尻尾が完全に消えて、頭と足と胴が発達して、完全に人間らしい体になっていき、ヒトの赤ちゃんである胎児としての成長が本格的に始まるん時期になります。


◆関連記事:妊娠4か月目はどんな感じ!?

妊娠4ヶ月目の母体の症状!お腹の大きさは?腹痛に気をつけて!

【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?③】神経系が完成!

エコー写真で見ることはできませんが、妊娠10週目の頃になると、全身の神経系がすべて繋がります。

脳と全身の神経が繋がったことで、手足を動かすことができるようになるので、妊婦健診の時にはエコーに胎児が手足をバタバタと動かしている様子がうつることもあります。

体も皮膚が厚くなり、骨や筋肉もしっかりとしてきます。

【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?④】臓器が完成!

妊娠10週目の頃になると、全身の臓器もほぼ完成します。

心臓もしっかりとした拍動を打つようになり、胎児の心音が確認できるようになるのもこの頃です。

この時期の胎児の拍動というのは、1分間に150回も打つのが普通です。


大人の心拍というのは安静時で1分間に60回から70回が平均なので、小さい身体なのに、大人の倍以上も心臓が動いてるんですね!

胃や腸、肺などの臓器もしっかりと完成して、羊水を飲んでお腹の中でおしっこをするようになっていきます。

【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?⑤】男女の区別も!!

エコーにはまだ映りませんが、妊娠10週目の頃になると胎児には性器も作られるようになり、男女の区別もつくようになって行きます。

男の子には睾丸が、女の子には膣が形成されるようになります。

でも、ママやパパに性別がわかるのはもうちょっと先のことになるので、今から楽しみにしておきましょう!

【妊娠10週目!胎児の様子!エコーは?⑥】顔立ちが!三頭身?

妊娠10週目になると、目や鼻といった顔のパーツも細かく作られて、はっきりとした顔立ちになっていきます。

体つきも、それまでの2頭身から3頭身へと変わっていきます!

まだエコーにははっきりとは映りませんが、実はもうすでに妊娠10週目の頃には髪の毛や爪も作られ始めています。

さらに驚くべきことには、生まれてから半年以上経ってから生えてくる歯も、すでに歯の芽が歯茎の中に作られ始めています。

本当にまだまだ小さいのに、どんどんと人間らしくなっていくなんて驚きですね!

妊娠10週目!ママの身体の様子は?

妊娠10周目の頃の赤ちゃんの様子をエコー写真とともにお伝えしてきました。次は、ママの体の様子についてみていきましょう。

流産の危険性が最も高いと言われる妊娠9週目を乗り越えた、妊娠10週目のママの体というのは、つわりや腹痛など、どのような感じなのでしょうか。

【妊娠10週目!ママの身体は?①】つわりは終わり?

妊娠超初期から、吐き気や体のだるさなどつわりの症状に悩んできたママでしたが、妊娠10周目の頃になると、徐々につわりが終わるママも増えてきます。

しかし、つわりが終わる時期というのは、個人差がとても大きいものなので、つわりがこの頃には終わる人もいれば、つわりがいつまでも続く人もいます。

妊娠10週だからつわりが終わっていなければならないというわけではないので、まだまだ苦しいつわりに悩んでいる人がいても、それは全くおかしくはありません。

つわりは終わる人もいれば、まだまだいつまで続くかわからないつわりに悩む人もいる、つわりに関してはいろいろな人がいてもおかしくないのがこの時期です。

【妊娠10週目!ママの身体は?②】貧血の危険が!

妊娠10週目の頃になると、貧血に悩むママも増えていきます。

妊娠10週目の頃に貧血が起こりやすい理由は、この頃になるとママの体の中の血液量が急に増えるからです。

妊娠中というのは、出産の際の大量出血に備えて、妊娠前よりも2割ほど血液の量が増えるのですが、まだまだ出産の大量出血まで時間があるこの時期から急激に血液の量が増えていきます。

しかし、血液の中の液体である血しょうの量は増えても、酸素を運ぶ赤血球の量はなかなか増えないために、成分が薄まった血液が増えてしまう状態になり、身体の隅々まで酸素を運ぶ力が弱くなり、息切れなどを起こしやすくなります。


貧血を改善するためには、鉄分の摂取が大切になります。

妊娠中のサプリメントの摂取というのは、慎重に考えたほうがいいのですが、鉄分のサプリに関しては制限はありません。

食事でどうしても鉄分が取りきれない人は、鉄分のサプリメントを使ってみてもいいのではないでしょうか。

【妊娠10週目!ママの身体は?③】むくみやすくなる!

妊娠10週目の頃は、血液量の増加に伴って、むくみに悩むママも少なくありません。

血液の成分のほとんどは水分のために、急激に血液量が増えたことで、体中にむくみを感じてしまう人が多いのです。

また、つわりによって運動量が減る人が多く、血行が悪くなることもむくみやすくなる原因となります。

無理をしない範囲で、ウォーキングなど体を動かせる範囲で動かしたり、お風呂にゆっくりと使って、血行を良くすることが大切です。

【妊娠10週目!ママの身体は?④】便秘や下痢になりやすい!!

妊娠10週目のママの体に起こる悩みとしては、便秘や下痢に悩むママも多いものです。

また、便秘や下痢に伴う腹痛も起きやすくなります。

妊娠10週目の頃に便秘や下痢になりやすい理由には、お腹周りの筋肉を緩めてしまうリラキシンというホルモンによって、胃腸の働きが弱くなってしまうことに加え、つわりによって運動不足になるために、食欲がわかなくなったり、胃腸が刺激されなくなることが原因になります。

ヨーグルトにオリゴ糖をかけるなどして、腸の中の善玉菌を増やす努力や、料理の中にローカロリーな寒天を採り入れて、食物繊維を増やすなどして、腸内環境を整えることで、下痢や便秘、下痢や便秘に伴う腹痛を改善させることが出来ます。

【妊娠10週目!ママの身体は?⑤】気分の落ち込みも…

妊娠10週目の頃のママの心というのは、マタニティーブルーになりやすい時期になります。

妊娠初期には、赤ちゃんを授かった喜び以上に、仕事をしている人は、まだ周りに妊娠したことを伝えることが出来ずに、つわりで体が辛い中でいつもと同じ仕事をしなければならなかったり、つわりで思うように動けなくなるストレスなどで、精神的に負担が大きくかかる時期になります。

ホルモンバランスが大きく変化することで、気分が落ち込んだり、イライラしたり、精神的に不安定になることは、この時期にはよくあることです。

精神的に辛い時には、仕事の上司などに相談したり、家族や友人に愚痴を聞いてもらったりしたり、休めるときに愛ゆっくり休んでる気分転換をするなど、必要以上に落ち込みすぎないように気を付けましょう!


◆関連記事:出産間近はどう過ごす?

妊娠38週目!出産間近の過ごし方!胎児の体重は?【必見】

【妊娠10週目!ママの身体は?⑥】腹痛も…

妊娠10週の頃には、下腹部に腹痛を感じる人もいます。

妊娠10週の頃の腹痛には心配がいらない腹痛と、流産の心配がある腹痛があります。

妊娠10週の頃の腹痛で、心配がいらない腹痛は、子宮が大きくなることに伴って、腹筋を緩めて子宮が広がる余裕を作るために、リラキシンが分泌されることで、腹筋が弱くなり、お腹周りにチクチクとした痛みを感じる腹痛です。

腹痛でも、内臓の中が痛むような腹痛ではなく、筋肉痛のような腹痛の場合にはそれほど心配する必要はないでしょう。

逆に、内臓の中が痛むような激しい腹痛や、出血を伴うような腹痛を感じた時には、流産や切迫流産の可能性があります。

出血を伴う腹痛の時には、すぐにかかりつけの産婦人科へ行って、腹痛について相談することをお勧めします。

【妊娠10週目!ママの身体は?⑦】腰痛が…

リラキシンが分泌されることにより、お腹周りの筋肉が緩むことで、骨盤の関節や靭帯も緩んでしまうことで、骨盤が上半身を支える力が弱くなり、腰痛も起きやすくなります。

リラキシンは妊娠中に必要なホルモンなのですが、腰痛がきつくなると日常生活に支障をきたすようになります。

産婦人科で相談した上で、必要ならば骨盤ベルトなどを使うことをお勧めします。

【妊娠10週目!ママの身体は?⑧】色素沈着が起こりやすい!

妊娠すると沢山分泌される黄体ホルモンには、シミやソバカスの原因となったり、日焼けで皮膚を黒くする作用を持つメラニン色素を増やす働きがあります。

そのために、色素沈着が起こりやすくなり、シミやソバカスが出来やすくなったり、もともとあったアザが濃くなって目立つようになったり、乳首や外陰部の黒ずみがさらに濃くなる人も少なくありません。

妊娠10週目!流産の危険は脱した?!

妊娠初期は特に流産しやすい時期だと言われていますが、特に流産しやすいのは、妊娠8週から10週の間だと言われています。

その中でも、特に妊娠9週目に流産の危機が一番訪れるという人もいて、妊娠10週目に無事に入ると流産の一番危険な時期を過ぎたということで、ホッとする人もいます。

確かに、一番危険だと言われる妊娠9週目は乗り越えましたが、一番妊娠しやすいと言われているのは、妊娠8週目から妊娠10週目と言われています。

まだまだ流産の危機は安心出来ないので、油断しないようにしましょう。

とはいえ、この時期の流産というのは、お母さんの方に問題があるのわけではなく、染色体異常など胎児の方の問題で起こることがほとんどです。

万が一流産してしまっても、自分のせいだとくよくよすぎないことが大切です。

妊娠10週目の出血!出血は流産の危機?!

妊娠10週目に流産の兆候としては、一番わかりやすいものは出血です。

妊娠初期に見られる出血には、流産の兆候ではないものもありますが、妊娠10週目のこの時期に、出血がみられたら、安全な出血とは言えないでしょう。ほぼ流産か切迫流産の可能性が高いと考えていいでしょう。

この時期の出血が全て赤ちゃんが亡くなってしまう流産という訳ではなく、出血が見られても、切迫流産の場合には、安静を保つことで、妊娠を継続できる可能性も高いので、出血したからといってすぐに流産してしまったと考える必要はありません。

妊娠10週目の頃に出血が見られたときや、腹痛を伴う出血、つわりが急になくなったりした時などには、すぐにかかりつけの産婦人科で診察を受けることをお勧めします。

妊娠10週目!ママの過ごし方は?

妊娠10週目というのは、子宮の大きさもまだ握りこぶし大なので、お腹もまだまだ全然目立ってきていません。しかし、お腹の赤ちゃんも子宮の大きさも徐々に大きくなりつつあり、確実に赤ちゃんが育っていることは間違いがない時期です。

赤ちゃんの発育にとってとても大切になる妊娠10週目の頃というのは、ママはどんなふうに過ごしてるのでしょうか。妊娠10週目の過ごし方の注意点についてお伝えします。

【妊娠10週目の過ごし方①】喫煙・飲酒は控える

タバコやお酒が好きな人でも、妊娠したら控えている人がほとんどだと思います。

特にタバコやお酒の影響というのは、神経系に出ると言われているので、臓器や神経系が出来上がった妊娠10週目なら、再開してもいいと勘違いする人もいるかもしれません。

しかし、もうすぐ胎盤が完成する時期です。

お母さんが摂取したニコチンやアルコールというのは、胎盤を通してほぼ100%中の赤ちゃんに伝わってしまい、赤ちゃんの成長を阻害する要因になってしまうことは間違いがありません。

タバコやお酒は出産するまで我慢するようにしましょう。

【妊娠10週目の過ごし方②】カフェインも控えめに!

ママの中にはコーヒーや紅茶が大好きだという人も少なくないことと思います。

タバコやお酒ほど影響は大きくはありませんが、カフェインの過剰摂取もお腹の赤ちゃんに影響することがわかっています。

1日のカフェインの摂取量が100mgを超えると流産する確率が上がると言われています。

コーヒー一杯のカフェインの量は50mgから100mg です。コーヒーや紅茶は一日一杯程度までに控えるようにしましょう。

【妊娠10週目の過ごし方③】全身の血行を良くする

妊娠10週目の頃のママの体はむくみやすくなっています。

足がパンパンになってしまい、夕方になると辛くなってくる妊婦さんも少なくありません。

むくみを取るためには、全身の血行を良くすることが大切になります。

つわりなどで運動不足になりがちですが、お腹に負担をかけない程度に、軽いストレッチやウォーキングをしたり、お風呂によく浸かったりして全身の血行を良くするようにしましょう!

【妊娠10週目の過ごし方④】体重管理を!

つわりにもいろいろなものがありますが、特に食べつわりになってしまった人は、体重管理に気をつけるようにしましょう。

今はまだ、妊婦健診でも特に血糖値や尿淡白に異常は出なくても、栄養のバランスが崩れ過ぎていたり、塩分を取りすぎていたり、カロリーオーバーが続くと、いずれ血糖値や尿淡白に異常が出て、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の危険性が高くなってしまいます。

つわりがひどい場合には、食べられるものが限られてくる人もいますが、栄養のバランスのとれた適量の食事を摂るようにして、体重管理をしっかりと行うようにしましょう。

【妊娠10週目の過ごし方⑤】パパと一緒に妊婦健診へ!

妊婦健診にご夫婦で行っている人も少なくないと思いますが、中には、旦那さんがあまり理解してくれずに、1人で病院へ通っている人もいることでしょう。

妊娠するのは女性の最大の特徴ですが、子供はママ1人の力だけでつくれるわけではありません。

また、育てていくのもママ1人の力だけで育てていくのではなくて、パパの力もとても大切なります。


男性は妻が妊娠してもパパになる自覚がなかなか出来ないと言われていますが、それでもパパの協力なくしては、子供を健全に育てることはできません。

ぜひ、まだパパと一緒に妊婦検診に行ったことがない人は、パパのことも引っ張り出して、一緒に妊婦検診へ行ってみることをお勧めします。

エコーに映る赤ちゃんの姿を見たら、パパになる自覚も芽生えてくるかもしれませんよ!

妊娠10週目!出生前診断は考えますか?!

妊娠10週目の頃になると、出生前診断について考えるご夫婦も少なくないことかと思います。出生前診断については様々な意見がありますが、この夫婦やご家族でよく話し合って、家族みんなが最善だと思う選択をするのが一番いいでしょう。

妊娠初期にあたる妊娠10週目にできる出生前診断には次のようなものがあります。

羊水検査

羊水検査というのは、子宮の中の羊水を採取して調べる検査になります。

羊水の中に含まれている胎児の細胞を調べることで、異常の有無を確かめるもので、費用は15万円ほどになります。

ダウン症に限って言えばほぼ100%の確率で診断ができると言われていますが、他の検査に比べるとリスクが高いために、他の検査で陽性が出た場合の二次検査として行われることが多いです。

絨毛検査

絨毛検査のやり方は、お母さんの中に針をさして絨毛を採取して、培養することで染色体を検査する方法になります。費用は10万円から20万円ほどかかります。検査の精度は98%とかなり高いのですが、流産のリスクもあります。

血清マーカー

結成マーカーというのは、ママの血液を調べることで、胎児の染色体異常を調べる方法です。費用は1万円から2万円程度と他の検査に比べると格安で、流産などのリスクもほとんど伴いません。

しかし精度は低く、陽性と診断されても胎児の異常は確定とはできないので、この他に羊水検査や絨毛検査が必要になります。

新型出生前検査

ママの血液の遺伝情報を解析することで、胎児の異常を分析する検査方法です。リスクはほとんどありませんが、分析するのに2週間程度の時間がかかります。現在の日本では、臨床研究の段階なので、検査を受けられる人は、出産予定日に35歳を超えている人か、染色体疾患のある赤ちゃんを出産した経験のある人、他の検査で胎児の染色体異常が陽性と診断された人のみになります。

妊娠10週目は油断せずに!でも心配し過ぎずに!!

ここまで、妊娠10週目についていろいろと見てきましたかいかがでしたか。

妊娠10週目というのは、まだまだ妊娠初期の段階なので、流産のリスクなども少なくありません。

しかし、つわりが終わった人にとっては、妊娠初期の辛い状態を一山越えることが出来て、ほっとしている人も少なくないと思います。

まだまだ油断は禁物ですが、心配すぎてストレスを感じるのもお腹の赤ちゃんに良くありません。

慎重に生活しながらも、お腹の赤ちゃんと1つの体で生活することができる、このマタニティーライフを思う存分楽しんでください。

もっと妊娠について知りたいアナタはこちらもチェック

妊娠11ヶ月(40週〜)で出産する人もいるの?
妊娠20週目!胎児やお腹の大きさは?体重増加は?性別は確定する?
妊娠39週目!おしるしは出産が近い兆候!胎動も激しくなる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ