産後2ヵ月のママが自分の体と赤ちゃんについて知るべきこと

産後2ヵ月のママは、育児にも慣れてきたころですが疲れが溜まったり体調の変化が激しい時期です。 悪露が終わったと思ったら生理で妊娠が気になったり、おりものや腹痛で悩むママも。 ここでは、産後2ヵ月のママと赤ちゃんが元気に過ごせるように応援します。

産後2ヵ月のママが自分の体と赤ちゃんについて知るべきことのイメージ

目次

  1. 産後2ヵ月のママの悩みや不安~おりものや生理妊娠が気になる?
  2. 【産後2ヵ月】1 出産後におりものが多いのは?
  3. 【産後2ヵ月】2 悪露の出血いつまで?色は?
  4. 【産後2ヵ月】3 生理はいつから?
  5. 【産後2ヵ月】4 妊娠することはあるの?
  6. 【産後2ヵ月】5 便秘で腹痛がある場合
  7. 【産後2ヵ月】6 ダイエットは無理なく
  8. 【産後2ヵ月】7 結婚式について
  9. 【産後2ヵ月】8 体を冷やさないコツ
  10. 公園デビューでつらかった経験があるママへ
  11. おわりに

産後2ヵ月のママの悩みや不安~おりものや生理妊娠が気になる?

産後2ヵ月の赤ちゃんは笑顔も出てきて、ママは忙しい毎日ですが楽しみも増えてくるのではないでしょうか?
ところが、おりものが多かったり生理で腹痛になったりと体の悩みがストレスになりしんどいママもいます。
体型が気になってダイエットを始めたい方や、結婚式には出ていいかどうか迷っているママもいます。
ここではママと赤ちゃんが元気で過ごせるように、産後2ヵ月のママの体や育児についてお伝えします。

【産後2ヵ月】1 出産後におりものが多いのは?

産後でおりものが多いときは、シートを変えてナプキンにしてこまめに取り換えましょう。
清潔にすることで、皮膚のトラブルや荒れを防ぐことができます。
体を締めつけるようなガードルやジーンズは避けて、通気性が良い素材の下着を履いてゆったりした洋服を選びましょう。
ストレスや睡眠不足になると、おりものが増えるというママもいるのでできるだけ体を休めてくださいね。

出産後におりものが多く、どうしたらいいか悩んでいませんか?
妊娠中はホルモンのバランスが崩れて、おりものが多くなる女性はいますが出産後もすぐには元に戻りません。
もしもおりものににおいが強かったり、かゆみや腹痛があったり、透明や白ではなく黄色っぽくなっている場合は産婦人科を受診しましょう。
膣内の環境が悪くなって、炎症を起こしている場合もあります。

【産後2ヵ月】2 悪露の出血いつまで?色は?

出産後に女性はしばらくの間出血があり、これを悪露と言います。
悪露の出血は子宮が元に戻るためのもので、胎盤や卵膜、血液が混ざって分泌物となり排出されます。
いつまで続くかというと、通常の状態なら1か月以内で終わり産後2ヵ月まで続きません。
産後悪露の出血の色は、2日から3日は赤いですがその時期を過ぎると茶色から黄色になります。
終わりの時期には、白色か透明の色に変化します。

産後2週間以上たっても、赤い血が変化しないでおなかの痛みが強い場合や塊が出たときは産婦人科に行きましょう。
腹痛や体調が悪い場合は、子宮復古不全や炎症の可能性も考えられます。
出血が少なすぎる、ほとんどない場合も分泌物が体に溜まっているので相談してみてくださいね。
排尿をしたときに痛みがあったり、強いにおいがある場合も医師に伝えましょう。

【産後2ヵ月】3 生理はいつから?

悪露の出血が終わったと思ったら、産後2ヵ月で出血。
これは生理かどうか、わからないと思っているママは不安になりますね。
出産後に生理が始まる時期は、1か月後のママもいるし1年後に始まるママもいます。
母乳をあげているママは、生理が始まるのが遅いという傾向がありますが個人差があります。

生理と悪露の違いは、出血する期間が目安になります。
産後1か月から2か月たって悪露が出る場合は、2日から3日で終わります。
出血が1週間程度続き、翌月も同じような状態になると生理の可能性が高いです。
腹痛は、悪露でも生理でも起こることがあるのではっきり断定ができません。
あくまでも目安で、自己判断は難しいので産婦人科で相談しましょう。

■関連記事:産後の生理について知りたい方はこちらもチェック!

産後の生理再開はいつから?量や再開の兆候は?【2人目が欲しい】
産後に生理がこない原因は?2年以上こないなら要注意!

【産後2ヵ月】4 妊娠することはあるの?

母乳育児を実践中のママは、プラクチンというホルモンの分泌が活発になりこの間は排卵や生理がなくなります。
産後の早い時期に妊娠すると、ママの体の負担になるのでしばらく妊娠を避けたいというママも多いでしょう。
産後の疲労は思ったより大きくこの時期の妊娠は、精神的にもしんどいです。
しかし、ミルクを使用しているママは、プラクチンの分泌が少ないので排卵して妊娠することがあります。

出産後は、ホルモンのバランスが乱れているために排卵の時期を予想するのが難しくなります。
基礎体温をつけていても、なかには生理が始まる前に妊娠することも。
妊娠を希望しない場合は、しっかりとパートナーと話して確実に避妊をしましょう。

【産後2ヵ月】5 便秘で腹痛がある場合

今まで便秘を経験したことがないママも、出産後に便秘になって腹痛が起こる場合があります。
会陰切開した方は、力をいれられないというのが理由です。
また、母乳に水分を使うので水分補給が十分でないと便秘になりやすいです。
赤ちゃんのお世話で忙しくなり、料理に手をかけられなくて食物繊維不足になることも考えられます。

便秘で腹痛が起きた場合でも、市販の薬は飲まないで激しい痛みがあれば医療機関に相談しましょう。
産婦人科以外で見てもらう場合は、産後で授乳をしているママは伝えておきましょうね。
水溶性の食物繊維の野菜をしっかりとって、水分の補給を忘れないようにしましょう。
栄養価の高い野菜や、きのこ類のなめこなどをお味噌汁に入れてもよく合いますよ。
便秘の腹痛は、ママにとって大きなストレスになるので早めに治しましょう。
無理なダイエットで、便秘になっているママも多いです。

【産後2ヵ月】6 ダイエットは無理なく

出産後2ヵ月たったのに、体重が思うように減らないと悩んでいないでしょうか?
母乳育児をしているママは消費カロリーも多いのですが、骨盤が安定していないので代謝も悪くなります。
この時期は、栄養のバランスを整えるのがダイエットの成功につながります。
そしてたんぱく質が不足すると脂肪が燃えるのがゆっくりになります。
食べるのを減らすのはやめて、肉や魚をメニューに入れて野菜の種類を増やしていきましょう。


産後2ヵ月の時期は、軽い運動ならスタートできます。
痩せたいという思いが強く、ダイエットで激しい運動をすると子宮の回復が遅れます。
ストレッチやラジオ体操、ヨガの基本ポーズなどがおすすめです。
手や足のマッサージも、血液の循環がよくなるので毎日やってみましょう。


【産後2ヵ月】7 結婚式について

友人や親戚の結婚式に呼ばれた時、産後2ヵ月のママは迷ってしまいますね。
赤ちゃんのお世話で疲れが出ているので、結婚式の参加で長時間の電車や飛行機を使う場合は避けましょう。
結婚式場や披露宴会場が近くの場合は、赤ちゃんは家族に預けて出かけたほうが動きやすいです。
結婚式や披露宴で、なつかしい友人に会ってリフレッシュしたというママもいます。

赤ちゃんを連れていきたい場合、結婚式に家族と一緒に参加してほかの部屋で見てもらったというママもいます。
最近では、フォーマルウエアで授乳ができるタイプの服もあるので利用しましょう。
結婚式や披露宴の会場で授乳室やおむつ替えスペースの場所も、チェックしておきましょうね。

【産後2ヵ月】8 体を冷やさないコツ

2ヵ月の赤ちゃんを育てているママは、体を冷やさないように注意する必要があります。
体が冷えると疲れやすくなり、ダイエットにもマイナスになります。
母乳の分泌も悪くなるので、冷えには注意しましょう。

母乳で育児をしていると、のどが渇くことが多いですがスポーツドリンクを飲んでいないでしょうか?
スポーツドリンクは水分補給にはなりますが、糖分も多いので体を冷やす原因になります。
カロリーの取りすぎにもなり、ダイエットで失敗したというママも多いので注意しましょう。
しょうがを使ったドリンクは、体の冷えを改善してくれる効果があります。
お風呂に入る時も、シャワーだけでなく湯船にもつかることが冷えを治すポイントです。

公園デビューでつらかった経験があるママへ

産後2ヵ月になると、公園デビューをしたという経験があるママも増えてきますね。
ほとんどの方が「グループができていたので入りにくかった」「挨拶が思うようにできない」
「ママ友ってどうやったらできるの?」とつらい思いをしたという声を聞きます。

公園は、ママと子供が楽しく遊ぶところと考えると気持ちもすっきりします。
先輩ママの中には、少し遠くの公園に行ったら散歩中の高齢の方に声をかけられたと話してくれました。
「子供の笑顔を見るのが一番」と考えておきましょう。

おわりに

産後2か月のママの体や子供との過ごし方についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?
まだまだ夜の授乳が続いて、たいへんな時です。
出血がだらだらと続いたり、腹痛やおりもので気になることがあれば産婦人科に相談しましょう。
ダイエットもゆるくスタートして、無理がないようにしていきましょう。
食事を減らすより、バランスよく食べたほうがダイエットに成功したというママは多いです。
体を冷やさないように注意して、夜はできるだけ早く休むことが大切です。
疲れたときは、しっかりと休んでリフレッシュしましょう。

もっと産後に関する情報について知りたいあなたへ!

産後の運動はいつから?おすすめの運動7選!【ママ必見】
産後の骨盤矯正はいつからいつまで?効果はあるの?【ママ必見】
産後の頭痛・吐き気の原因と対処法は?
産後の肌荒れがひどい!かゆみ・ニキビへの対処法解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ