高温期12日目の症状!出血や下腹部痛など!陰性でも妊娠の可能性?

高温期12日目の症状!出血や下腹部痛など!陰性でも妊娠の可能性?

妊娠を希望する女性は高温期が12日目以降続くと喜びフライング検査をすることありますよね?結果が陰性だとかなり落ち込みます。でも実は妊娠している可能性がありますよ!陰性の結果に気を落とさず体の変化を確かめて下さい。今回は高温期12日目頃の体の状態をご説明します。

記事の目次

  1. 1.受精卵が着床するまでにかかる日数は?
  2. 2.高温期はなぜ起きる?妊娠の成立はいつ?
  3. 3.高温期12日目に陰性!妊娠超初期かも?
  4. 4.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!胸の張り
  5. 5.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!腰の痛み
  6. 6.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!頭痛
  7. 7.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!下腹部痛
  8. 8.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!吐き気
  9. 9.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!出血
  10. 10.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!体温が下がる
  11. 11.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!おりものの変化
  12. 12.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!便秘や下痢
  13. 13.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!頻尿
  14. 14.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!夜中に目覚める
  15. 15.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!眠気が続く
  16. 16.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!臭いに敏感
  17. 17.高温期12日目に陰性!体の変化と症状!味が変わる
  18. 18.高温期12日目でも使える妊娠検査薬は?
  19. 19.陰性から陽性!病院に行くタイミングは?
  20. 20.まとめ

受精卵が着床するまでにかかる日数は?

受精卵は着床するまでに7日間かかります。

個人差がありますが、排卵は生理開始予定日から14日前辺りに起きます。
このとき、タイミング良く精子と卵子が出会うことができれば受精卵が誕生します。
受精卵は一週間程度の時間をかけて卵管を進んで子宮に到着します。

子宮に到着すると受精卵が子宮内膜にもぐり込んで張り付こうとします。
これが着床です。

このタイミングで着床に成功すれば子宮の中に定着して妊娠へ向かいます。
着床に失敗すると子宮内膜と共に体の外に流されて生理が訪れます。

高温期はなぜ起きる?妊娠の成立はいつ?

女性の体は排卵が起きると、受精卵になったことを想定して動き出します。
フカフカの布団に卵を寝かせるために、受精卵が細胞分裂をしながら子宮に到着するまでの間に子宮内膜を厚みのある柔らかい状態へ仕上げるのです。

その準備を行うため、排卵後に体温を上昇させます。
この体温が高い状態を高温期と呼びます。

排卵後フカフカの布団を用意するために「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモンが多く分泌され、その影響で体温が高温になります。

体温を高く保つことで子宮内膜に厚みが増しやすくなり、受精卵が着床する確率が上がります。
また、体温を高く保つことは同時に流産の防止や不正出血のリスクを下げるので重要なことなのです。

子宮に到着した受精卵が子宮内膜に張り付くことができた時点で「妊娠の成立」となります。

高温期12日目に陰性!妊娠超初期かも?

体温の高い高温期が12日目を迎えて待ち切れずフライング検査薬を使ってしまったとき、陰性であっても妊娠している可能性はあります。
しかし、また生理は来ていないのですし落ち込みすぎる必要はありませんよ。

この時期はまだ妊娠超初期と呼ばれる期間です。
妊娠超初期には検査薬で反応が出るほどホルモンの分泌が進んでいないため陰性という結果が出ている可能性があるからです。

しかし、妊娠しているのであれば早く妊娠に気づいて胎児のためになる食事や生活を心がけてお腹の中で無事に育てたいですよね。

妊娠期間はあっという間に過ぎて赤ちゃんが誕生します。
すぐにお腹が大きくなってしまうので、体を動かせるうちに仕事の調整や生活環境を整えるためにも早く妊娠に気づいて準備する時間を確保する必要もあります。

そこで、妊娠超初期に早く気付くための方法として体の変化や症状を自分で確かめることをオススメします。
体温以外にも体の変化や症状をチェックして、妊娠状態であるか判断してみましょう。

高温期12日目に陰性!体の変化と症状!胸の張り

生理前にも胸が張る症状がでる方には紛らわしいかもしれませんが、胸の張り方に違いがあるのでよく確かめると変化に気づくことができますよ。

生理前の胸の張りは排卵直後から現れます。
もし、張る状態が生理予定日を過ぎていて1週間以上続く場合は妊娠超初期の可能性があります。

また、妊娠超初期の胸の張りは乳首の痛みを伴うことも特徴です。
チリチリとした痛みが乳首にある場合は可能性がより高いです。

張り方にも違いを感じる方が多く、生理前の堅いパンパンな張り方よりはムッチリと柔らかく膨らんでいくことが多いです。
乳腺や乳管に沿って脇の近くに痛みを感じることもあります。

高温期12日目に陰性!体の変化と症状!腰の痛み

妊娠中に腰の痛みを感じる人は多いです。

この症状は子宮の大きさが変わってゆくので骨盤や関節を緩める働きのある「リラキシン」というホルモンが分泌される影響です。
この作用で骨盤が開きやすくなるので、出産のとき赤ちゃんが産道を無事に通過することができるのですよ。

普段の生理で腰の痛みの症状が出ないのであれば、妊娠超初期の症状である可能性があります。

次のページ

高温期12日目に陰性!体の変化と症状!頭痛

関連記事

人気の記事