産後の髪型・ヘアスタイルおすすめ!ショートとロングどっちがいい?

産後は新生児の赤ちゃんのお世話で大忙しのお母さん。髪型に気を使う余裕もないのは少し寂しく、産後も綺麗なママでいたいと考える心の余裕が欲しいものです。当記事では産後の髪型をショートとロングで迷っている人のために、それぞれのメリットや魅力などをご紹介していきます!

産後の髪型・ヘアスタイルおすすめ!ショートとロングどっちがいい?のイメージ

目次

  1. 出産後は毎日大忙し!ママの髪型はどうする?
  2. 産後は気分も爽快!髪型を変える人は多い!
  3. 産後1年ぶりに髪型を変える人の体験談
  4. 産後パパに赤ちゃんを預けて髪型を変える人の体験談
  5. 実家に居る間にパパに赤ちゃんを預けて髪型を変える人の体験談
  6. 産後におすすめの髪型は?それぞれの髪型の長所と短所
  7. 産後の髪型のショートヘアのメリット
  8. 産後の髪型のショートヘアのデメリット
  9. 産後の髪型のボブのメリット
  10. 産後の髪型のボブのデメリット
  11. 産後の髪型のロングヘアーのメリット
  12. 産後の髪型のロングヘアーのデメリット
  13. 産後はそれぞれの髪型のメリットとデメリットをよく考えて!
  14. 産後に髪型を変える時の注意するポイントとは?
  15. 産後に髪型を変える時の注意(1)赤ちゃんを夫や実家に預ける
  16. 産後に髪型を変える時の注意(2)体調の良い日を選ぶ
  17. 産後に髪型を変える時の注意(3)授乳中は強い薬剤を使わない
  18. 産後に髪型を変える時の注意(4)抜け毛の多い時期は避ける
  19. 産後に髪型を変える時の注意(5)短時間におさえる
  20. まとめ

出産後は毎日大忙し!ママの髪型はどうする?

出産を終えてやっと一安心のお母さん。大きなお腹をかばうことなく身軽になったと思ったのもつかの間、今度は産まれたばかりの赤ちゃんのお世話で大忙しの毎日なのではないでしょうか?

出産後のお母さんは自分の事よりも家族や赤ちゃんのお世話にかかりっきりになってしまうものですが、女性である限り最低限のオシャレや身だしなみは気を使いたいものですよね。

特に身だしなみの中でも女性の髪型は放っておくと貧相で所帯じみてきてしまうため、出産後は念入りにケアをしたいものです。

髪型は人それぞれ顔の形や雰囲気などから似合う髪型やそうでない髪型が出てきます。人によっては産後に今までチャレンジしたことがない髪型をして、それが見事に自分に合ったという人もたくさんいます。

産後は気分も爽快!髪型を変える人は多い!

産後はとにかく髪型を変えたい!と思っている人がたくさんいます。妊娠中はホルモンバランスが乱れることで髪に栄養が行き渡りにくく、髪が傷んだり抜け毛に悩まされる人も多く、出産後は早くその髪を綺麗にしたいと考える人が多いのです。

妊娠や出産が終わり、気分も一新して綺麗になってまた子育てを頑張ろうと思う女性はたくさんいます。パーマなどで髪型をガラリと変えなくても、前髪をカットするだけでも晴れやかな気持ちになることもありますよね。

ただし産後は思っている以上にお母さんの体は疲弊しています。産後は抜け毛が多くなるだけでなく美容院ではパーマやカラーなどの施術中は気分が悪くなっても横になることはできませんので、出産後に体調が落ち着いてから髪型を変えることをおすすめします。

前髪を整えたり髪型を綺麗にすると気分も上がりますので良いストレス解消方法になりおすすめですよ。ぜひパートナーである旦那さんや実家の家族の助けを借りて、自分を綺麗にするための時間を楽しみましょう!

次は産後に美容院に行って髪型を変えることにした人の体験談をご紹介致します。みんな工夫して自分の時間を作っている様子を伺うことができますよ。

産後1年ぶりに髪型を変える人の体験談

こちらは産後1年ぶりに美容院で髪型を変える女性の体験談です。赤ちゃんの預け先に悩むお母さんが多い中、赤ちゃんを見てくれるスタッフさんのいる美容院を上手く見つけているようですね。

小さな赤ちゃんがいると自分のための時間がなかなか作れないため、美容院に行くだけでもとってもテンションが上がっている様子がうかがえますね!妊娠前は当たり前だった美容院が、今はとても幸せな時間だと感じてしまうようです。

出産後はちょっと赤ちゃんから離れて前髪を整えに行くだけでも気分転換ができそうですね。

産後パパに赤ちゃんを預けて髪型を変える人の体験談

こちらの女性も産後初で美容院に行ける喜びが全面にあふれています。協力的なパートナーに赤ちゃんを預けて自分だけの時間を堪能するようです。

授乳を済ませておけば赤ちゃんもスヤスヤと眠ってくれるはずです。自宅からなんと徒歩3分の場所にある美容院を予約し、赤ちゃんがぐずってもすぐに帰れるように配慮しているのがさすがママですね。

やれるだけのことをやってお出かけするのであれば、夫の協力も得られやすいはずです。頑張るお母さんがみんな応援してあげたくなるものですよね。

実家に居る間にパパに赤ちゃんを預けて髪型を変える人の体験談

こちらの女性は里帰りしている間にパートナーである旦那さんに赤ちゃんを預けて美容院に出かけることにするようです。実家のお母さん達も一緒に赤ちゃんの様子を見てくれる場合は安心ですよね。

小さな赤ちゃんを置いて美容院に行くことに不安を感じている様子も見えますが、自分が信頼している人に赤ちゃんを預けることが出来るのであればまず問題はないでしょう。頼りになる旦那さんで羨ましいですね。

産後におすすめの髪型は?それぞれの髪型の長所と短所

産後に美容院に行くお母さんは赤ちゃんのことを色々と考えてお出かけしているようですね。では産後のお母さんにおすすめの髪型はショートとロングのヘアスタイルのどちらがおすすめといえるのでしょうか?

実は出産後のお母さんにおすすめの髪型はそれぞれ好みもありますが、メリットもあればデメリットもあります。産後に多くなる抜け毛をどううまくヘアスタイルでカバーするかも気になるところですよね。

出産後のお母さんにとってどのヘアスタイルが良いかは個人の生活スタイルによって様々です。各ヘアスタイルごとの長所と短所をまとめましたので、よく確認してどのヘアスタイルが良いか選んでみてくださいね。

出産後で新生児の赤ちゃんの子育てをしているお母さんは前髪が垂れてくると非常に邪魔になりますので、どんな髪型を選ぶとしても前髪の位置や形にだけは注意が必要です。

妊娠や出産を終えても赤ちゃんの子育て中でも、可愛いママでいるために頑張りましょう!


◆関連記事:オン眉で育児を乗り切ろう!

オン眉×ミディアムが可愛い!おすすめヘアスタイル・アレンジ紹介!

産後の髪型のショートヘアのメリット

まず最初は産後の髪型のショートヘアのメリットをご紹介します。よく一般的には出産後のお母さんにはショートのヘアスタイルが一番おすすめだという話を聞きますが、これは髪のお手入れがとにかく簡単だからという理由に他なりません。

ショートのヘアスタイルはロングのヘアスタイルに比べて髪を洗うのも短時間で済みますし、とても簡単に乾かすこともできます。

さらにショートヘアは授乳中に前髪が胸に垂れてくることもありませんし、抜け毛の多い出産後のお母さんでもヘアスタイルが決まりやすいという特徴もあります。

また赤ちゃんを抱っこする時の抱っこひもやリュックサックのベルトなどが髪に絡んでしまう心配もなく、ロングヘアーに比べて非常に身軽に動くことができます。

出産後にロングのヘアスタイルをショートに変えるお母さんが多いのも、少しでも髪が子育ての邪魔にならないようにとの考えの人がたくさんいます。

産後の髪型のショートヘアのデメリット

それでは産後の髪型のショートヘアのデメリットは何かあるのでしょうか?産後のお母さんがショートのヘアスタイルにすることは特に大きなデメリットはありません。

強いて言うならばショートヘアは前髪や後ろ髪などに寝癖がつきやすいため、新生児の赤ちゃんの育児で疲れて髪が濡れたまま寝てしまった時などは翌朝の寝癖直しが少し大変になることです。

ただし寝癖は帽子などで簡単に隠すことができますので、産後のお母さんがショートヘアでどうしても困ってしまうということはないでしょう。

今までロングのヘアスタイルだった人は頭がすっきりと軽くなるのを実感できますよ。

産後の髪型のボブのメリット

では次は産後の髪型のボブのメリットをご紹介します。ボブとは肩につくかつかないかぐらいの長さの髪の毛で、全体的に丸みを意識して作られた髪型のことです。ちょうどショートヘアとロングヘアの中間ぐらいの長さのヘアスタイルになります。

ショートヘアにする勇気はないけど髪を短くしたいという人が好むヘアスタイルでもありますね。

産後のお母さんがボブのヘアスタイルにするメリットは、髪をそのまま下ろしていてもそこまで邪魔になることがなく、また邪魔だなと思った時には髪を結ぶことができる絶妙な長さであることです。

暑い夏はショートヘアよりも髪を結ぶことができるボブの方が涼しく感じることもあるかもしれません。ボブのヘアスタイルは子育てで忙しい時の髪のハネやうねりもあまり気にならずおすすめです。

産後の髪型のボブのデメリット

差後のお母さんの髪型のボブにはデメリットはあるのでしょうか?

ボブのヘアスタイルのデメリットは前髪が邪魔になることです。ボブは前髪を作らずにサイドに流すことも多いのですが、そのままだと前へかがんだ時や授乳中にその前髪が落ちてきて非常に邪魔になることがあります。

また髪の毛は肩に当たる毛先が一番はねやすいというデメリットもあり、ボブの人はヘアスタイルを整えるのに少し苦労してしまうことがあるかもしれません。

そのため新生児の赤ちゃんを子育て中のお母さんは前髪をピンで留めたり、または後ろでひとまとめにしてしまう人がたくさんいるのですが、髪の毛というのはいつも同じ場所で留めたり結んだりしていると非常に傷みやすくなります。

いつも前髪を結んだり留めたりしている人は、思い切ってショートヘアにした方が髪が傷まないかもしれませんね。

産後の髪型のロングヘアーのメリット

最後は産後のお母さんの髪型のロングのメリットについてご紹介します。ロングヘアの魅力は流れる髪がとても女性らしく、優雅な印象を与えてくれることです。母親になっても女性は女性ですので、ロングのヘアスタイルをあきらめたくない人はたくさんいますよね。

産後のお母さんにとってロングヘアーは、そのまま下ろしていると邪魔になることが多くなります。そのため赤ちゃんのお世話をする時はまとめ髪にする人も多いのが現実です。

ただしロングヘアーは髪の量が多いため、まとめ髪にする時も色々なアレンジ方法を楽しむことができるのも魅力です。前髪を三つ編みで編み込んで上品にアレンジしたり、前髪を全て上げてアップスタイルにするのも可愛らしいですね。

ロングヘアーであれば多少の抜け毛もヘアアレンジで目立たなくすることも出来ますので、抜け毛に悩んでいる人は嬉しい限りですね。出産後の育児中もオシャレを楽しみたい人には非常におすすめのヘアスタイルと言えるでしょう。


◆関連記事:黒髪に似合うヘアスタイルはこれ!

黒髪に似合うヘアスタイル・髪型を長さ別に紹介!【可愛い】

産後の髪型のロングヘアーのデメリット

産後のお母さんの髪型のロングヘアーのデメリットもご紹介します。

出産後のお母さんにとってロングヘアーはとにかく髪のお手入れが大変です。髪は毎日洗って乾かすものですので新生児の赤ちゃんがいるお母さんにとっては髪のケアが体力的にも時間的にも負担になることもあります。

ロングヘアーはパーマやカラーなどが取れてくると目立ちやすいため、綺麗に維持していくためには頻繁に美容院に通うことになります。新生児を子育て中のお母さんにとっては、パーマやカラーのために美容院へ行くことも簡単ではありません。

またロングヘアーをそのまま下ろしていると赤ちゃんを抱っこしている時に赤ちゃんに摑まれて抜け毛になってしまったり、または掴んだ髪を赤ちゃんが口に入れたりして衛生面でも非常に不安です。

ふわふわとパーマ当てたロングヘアーのお母さんは可愛らしいものですが、傷んだ髪をそのまま放っておくほど余裕がない人にはあまりおすすめすることはできません。新生児の赤ちゃんの育児をしている間は、ロングヘアーは何かと手間がかかるということをしっかりと覚えておきましょう。

産後はそれぞれの髪型のメリットとデメリットをよく考えて!

上記でご紹介したように、出産後のお母さんの髪型にはそれぞれメリットやデメリットがたくさんあります。

出産後におすすめのヘアスタイルは最低限、前髪が目に入らないことと赤ちゃんの口にお母さんの髪の毛が入らないようにすることです。自分は子育て中にどんなヘアスタイルになりたいか、また出産後には何を大変に感じるかをきちんと考えて前髪やヘアスタイルを決めていかなくてはいけません。

出産後はお母さんは新生児の赤ちゃんのお世話が第一となる人がたくさんいますが、赤ちゃんを大切にしながらでもヘアスタイルでオシャレを楽しむことは十分可能です。

行きつけの美容院がある人はプロである美容師に育児中のヘアスタイルの相談にのってもらうのも良いですね。新鮮な前髪やヘアスタイルで新しい自分を発見できるかもしれませんよ!

産後に髪型を変える時の注意するポイントとは?

それでは出産後に髪型を変える時は何か注意するポイントはあるのでしょうか?

出産後はホルモンのバランスが変わり、女性の髪の毛は傷みやすくなっています。また出産という大きな仕事を終えて思っている以上にお母さんの体は疲れています。

綺麗になるために美容院に行ってお母さんが体調を崩してしまうことがあっては赤ちゃんにとって一大事です。

次は出産後のお母さんが美容院で髪型を変える時の注意するポイントを順番にご紹介致します。

授乳中にパーマややカラーをしても良いのか不安な人や、老け毛が心配な人への対処法もまとめていますので、ぜひ美容院に行く前にご覧くださいね!

産後に髪型を変える時の注意(1)赤ちゃんを夫や実家に預ける

産後に髪型を変える時の注意の1つめは、赤ちゃんを夫や実家に預けることです。

産後のお母さんにとって1人で出かける時間はとても大切な気分転換の時間になります。ただどうしても気にかかるのは新生児の赤ちゃんのことですよね。

新生児の赤ちゃんは成長するとともに、授乳やミルクでお腹がいっぱいになると少しまとまって眠ってくれるようになります。部屋の温度を快適な状態にし、オムツを替えておいてあげると2時間や3時間はパートナーである夫や実家の家族と一緒にお留守番をすることが可能です。

自分が信頼している夫や実家の家族であれば赤ちゃんを預けるのも安心できます。おっぱいやミルク、オムツなどを万全にしても赤ちゃんを長時間預けるのは不安がある人は、自宅から近くの美容院を選んで短時間で帰宅するようにしましょう。

また突然2時間や3時間も夫や実家の家族に預けるとお互いに不安を感じてしまいますので、最初はほんの30分程度のお留守番から始めて徐々に時間を長くしていくのがおすすめですよ。

産後に髪型を変える時の注意(2)体調の良い日を選ぶ

出産後に髪型を変える時の注意の2つめは、体調の良い日を選ぶことです。

これはお母さんと赤ちゃんの両方の体調が良い日という意味です。赤ちゃんが熱っぽかったり風邪気味だったりするとぐずりやすくなり、お留守番をさせるのは不安が出てきます。

お母さんも出産の疲れや日々の夜間の授乳で寝不足が続き、疲れがたまりやすい時期です。赤ちゃんとお母さんの両方が体調の良い日を選ばなければ、せっかくの1日が無駄なものになってしまいます。

美容院ではパーマをあてたりカラーをすると予想外に時間がかかってしまうことがあります。

途中でお母さんが腹痛を起こしたり、パーマなどの薬剤で気分が悪くなってしまうこともありますので、少しでも気分がすぐれない日はやめておき次のチャンスを待ちましょう。パートナーである夫や実家の家族にも説明して、ぜひ協力してもらってくださいね。

産後に髪型を変える時の注意(3)授乳中は強い薬剤を使わない

産後に髪型を変える時の注意の3つめは、授乳中は強い薬剤を使わないことです。

産後のお母さんの体は疲れやすくなっているため、パーマ剤などの臭いで吐き気が起きたり気分が悪くなることがあると上記でご紹介しました。

しかし実は産後のお母さんで赤ちゃんに授乳している人は、パーマ剤などが赤ちゃんに与える影響も考慮しなくてはならないのをご存知でしょうか?

実際にはパーマ剤などが授乳中のお母さんを通して赤ちゃんにまで悪い影響を及ぼすという検査結果が出ているわけではありません。

しかしパーマ剤などは発がん性物質が含まれているとも考えられており、万が一の可能性を考えると避けておいた方が無難です。

美容院によっては妊婦さんや授乳中のお母さんでも安心して使える低刺激成分のパーマ剤もありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

産後に髪型を変える時の注意(4)抜け毛の多い時期は避ける

産後に髪型を変える時の注意の4つめは、抜け毛の多い時期は避けることです。

出産を終えたお母さんの体は体内で急激な女性ホルモンの変化が起こっています。そのため髪の毛に艶が無くなったり頭皮の状態が悪くなり抜け毛が非常に多くなることがあります。

そんな頭皮や髪の状態が悪い時に美容院でパーマなどの施術を受けると、ますます抜け毛の状態を悪化してしまう恐れもあります。

女性にとって抜け毛は非常に深刻な悩みの1つですが、抜け毛は産後しばらくたつと段々おさまってくるようになります。

産後に美容院に行きたいなと考えているお母さんは、抜け毛の多い時期は避けて美容院に行く事をおすすめします。

産後に髪型を変える時の注意(5)短時間におさえる

産後に髪型を変える時の注意の5つめは、短時間におさえることです。

産後の美容院は考えるだけでお母さんの気分もウキウキと楽しくなってくるものですが、せっかくの機会だからとあれもこれもと施術を受けるのはあまりおすすめできません。

赤ちゃんをパートナーである夫や実家の家族に預けているから安心とはいっても、美容院で長い施術を受けるとお母さんの体に負担になります。

パーマ、カラー、トリートメント、フェイスマッサージなどなど、美容院で受けることが出来るメニューはたくさんありますが、産後まだあまり時間が経っていないお母さんは1回の美容院で全て済ませてしまおうと欲張らず、何回かに分けて施術を受けるほうがおすすめです。

抜け毛の多い時期は頭皮や髪にダメージを与えるパーマなども控え、短時間で施術が完了するカットだけにする方が良いかもしれませんね。

まとめ

出産後のお母さんにおすすめの髪型や、また出産後に美容院に行く時の注意ポイントなどについてご紹介しました。

出産を終えたお母さんの体は、赤ちゃんが産まれたあとすぐ元に戻るのではなく、ゆっくりと時間をかけて妊娠前の状態に戻っていきます。

出産で疲れたひどい抜け毛を何とかして綺麗にしたいという気持ちは誰しもあると思いますが、産後に美容院に行く時は自分と赤ちゃんの体調を十分よく考え、万全の準備をしてお出かけしたいものですね。

また日頃から家事や育児を頑張っているお母さんであれば、夫や実家の家族も快く赤ちゃんとのお留守番を引き受けてお母さんを美容院に送り出してくれるはずです。

お母さんは少し赤ちゃんから離れてリフレッシュできることで、また育児や家事に対してやる気がアップしてくること間違いなし!いつも笑顔で可愛いお母さんでいるためにも、家族の協力を得ながら上手に美容院を利用しましょう!

もっと産後について知りたいアナタはこちらもチェック

産後リフォームとは?やり方とおすすめアイテム13選!【インナー等】
産後ヨガはいつからできる?おすすめのポーズは?効果は本当にある?
産褥体操とは?産後いつからすべき?目的とやり方は?骨盤矯正しよう

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ