妊娠22週目!赤ちゃんやお腹の大きさは?体重増加や胎動はどう?

妊娠生活もいよいよ20週を超えて妊娠22週目に入りました!エコーには妊娠22週目の赤ちゃんの様子はどのように映っているのでしょうか?!胎動もしっかりとして来て、ママも赤ちゃんも体重増加が激しくなっていきます。そんな妊娠22週目のあれこれについてお伝えします。

妊娠22週目!赤ちゃんやお腹の大きさは?体重増加や胎動はどう?のイメージ

目次

  1. 妊娠22週目!ママと赤ちゃんの様子はどんな感じ?!
  2. 妊娠22週目の赤ちゃんの様子は?!
  3. 【妊娠22週目の赤ちゃん①】体重は?大きさは?!
  4. 【妊娠22週目の赤ちゃん②】記憶ができるように!
  5. 【妊娠22週目の赤ちゃん③】表情豊かに!
  6. 【妊娠22週目の赤ちゃん④】胎動が活発に!
  7. 【妊娠22週目の赤ちゃん⑤】胎動がない!実はそれは?!
  8. 【妊娠22週目の赤ちゃん⑥】性別がわかる
  9. 【妊娠22週目の赤ちゃん⑦】肺が成長する!
  10. 妊娠22週目のママの様子は?
  11. 【妊娠22週目のママの様子①】おりものが増える
  12. 【妊娠22週目のママの様子②】お腹がつっぱる
  13. 【妊娠22週目のママの様子③】足の付け根が痛い
  14. 【妊娠22週目のママの様子④】体型が一気に妊婦さんへ!
  15. 【妊娠22週目のママの様子⑤】食事が美味しくなる!
  16. 【妊娠22週目のママの様子⑥】つわりが終わらない人も
  17. 妊娠22週目!これはやっておきたい!!
  18. 【妊娠22週目にやりたいこと①】胎教を始めよう!
  19. 【妊娠22週目にやりたいこと②】パパに胎動を聞かせる
  20. 【妊娠22週目にやりたいこと③】タンパク質は植物と魚から
  21. 妊娠22週目!健康管理で気を付けることは?
  22. 【妊娠22週目に気を付けること①】妊娠糖尿病
  23. 【妊娠22週目に気を付けること②】食事の内容
  24. 【妊娠22週目に気を付けること③】体重管理
  25. 妊娠22週目!気になる症状も!
  26. 【妊娠22週目の気になる症状①】上手く寝れない
  27. 【妊娠22週目の気になる症状②】腹痛?
  28. 【妊娠22週目の気になる症状③】お腹が張る
  29. 妊娠22週目は早産の危険性も!
  30. 切迫早産は早期治療が鍵!!
  31. 妊娠22週目からは生活の工夫を!

妊娠22週目!ママと赤ちゃんの様子はどんな感じ?!

マタニティー生活もいよいよ妊娠中期に入り、とうとう妊娠22週目に突入しました。長く苦しんできたつわりもそろそろ終わる人も増えてきて、ここまで長い苦しみだったという人もいれば、あっという間にここまで来てしまったという人も少なくないでしょう。

妊娠22週目というのは、出産までの折り返しを過ぎた頃ですが、エコーに映るお腹の赤ちゃんやママの様子はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、妊娠22週目の赤ちゃんとママの様子、それからママの身体の気になる症状や、気をつけるべきことなのについてエコーの写真などを交えながらお伝えしていきたいと思います。

妊娠22週目の赤ちゃんの様子は?!

まず気になるのは、妊娠22週目の赤ちゃんの様子ですよね。妊婦健診に行けば、毎回エコー写真をもらえると思います。エコーにうつる徐々に人間らしくなっていく赤ちゃんの姿に、ママになる実感を日々強めている人も少なくないことでしょう。

妊娠22週目の赤ちゃんというのは、どのような様子なのか、ここからエコー写真を交えながら見ていきたいと思います。

【妊娠22週目の赤ちゃん①】体重は?大きさは?!

まずは、22週目の赤ちゃんの体重や大きさについてみていきましょう。

22週目の赤ちゃんの体重というのはどのくらいあるものなのでしょうか。

エコーにうつる赤ちゃんの姿も人間らしくなってきましたが、22週目の赤ちゃんの体重は、400gから500g程度。身長は約28cm程度です。

まだまだ体重も身長もとても小さいのですが、ママのお腹の中で元気よく動き回るようになり、ほぼすべての妊婦さんが胎動はしっかりと感じられるようになります。

小さくて体重も軽いのに、ママのお腹を元気よく蹴る力が力強いのが何とも言えない嬉しい感じですよね!


◆関連記事:妊娠10週目について知りたいアナタはこちら

妊娠10週目!つわりが終わる?お腹の大きさは?【エコー写真あり】

【妊娠22週目の赤ちゃん②】記憶ができるように!

妊娠22週目になると、エコーではよくわかりませんが、脳神経の発達がほぼ終わり、脳細胞がほぼ完成します。

妊娠したばかりの頃は、何も感じることも出来ずに何も覚えることも出来なかったのですが、脳が完成したことで、お腹と外で起きている状況をダイレクトに感じることができるようになります。

また、記憶をつかさどる海馬も完成することから、記憶もできるようになっていきます。

最近では、早期教育は胎児のうちから始めるべきだという人もいますが、ママとパパの会話もしっかりと聞こえているので、できるだけ赤ちゃんの脳にいいものを聞かせて、あまりストレスを赤ちゃんにも感じさせないようにする工夫が必要ですね。

【妊娠22週目の赤ちゃん③】表情豊かに!


今までは、お腹の赤ちゃんの目はまぶたが上と下にうまく別れていなかったために、まばたきはできませんでした。

それが妊娠22週目になると、目のまぶたが上下に分かれて、まばたきができるようになります。

エコーでもまばたきをしている様子が映ることがあり、より人間らしい表情を見せてくれるようになっていきます。

タイミングがよければ、妊婦健診の時のエコーで瞬きがみられることもありますよ!

また、お腹の中で居眠りをしていることもあり、元気よく動いたり、居眠りをしてみたり、行動が本当に人間の赤ちゃんらしくなってくるのが妊娠22週目の頃になります。

【妊娠22週目の赤ちゃん④】胎動が活発に!

妊娠22週目の頃になると、胎動を感じる回数が増えていきます。

それまでは、胎動を感じるママと胎動を感じられないママといてものですが、妊娠22週目になると、お腹の中で赤ちゃんがとでも元気よく動くようになるので、ほぼすべての妊婦さんが胎動を感じられるようになります。

妊婦健診の時にも、赤ちゃんが動き回る時間帯であれば、エコーに赤ちゃんが動いて胎動を起こしている様子が映ることがあります。

胎動も感じない時間帯もありますが、24時間の中で何度か胎動を感じる時間があれば大丈夫です。

もしも、それまで胎動を感じていたのに、24時間全く胎動を感じなくなることがあれば、何かトラブルが起きている可能性があります。

24時間全く胎動を感じない時には、それはすぐに病院で相談しましょう。

【妊娠22週目の赤ちゃん⑤】胎動がない!実はそれは?!

胎動もものすごく元気よく感じていたのに、突然ピタリと止まってしまうことがあります。

胎動が突然止まってしまうと、胎動を楽しんでいたママの中にはお腹の赤ちゃんに何かトラブルが合ったのではないかと心配になってしまう人もいるようです。

しかし、胎動がない時間帯は、赤ちゃんが居眠りをしている可能性があります。

妊娠22週目の赤ちゃんというのは、お腹の中で居眠りをします。それを言うとても短い周期で、眠る時間と起きている時間を繰り返します。

ママと赤ちゃんの睡眠サイクルは全く合わないことから、ママが起きている時間に赤ちゃんが眠っていて、ママが寝ている時間に赤ちゃんが起きて、胎動を起こしてママのお腹を蹴ってくる、ということも良くあります。

24時間のうちに何度か胎動を感じる時間があれば、胎動を感じられない時間というのは赤ちゃんが寝ている時間です。

運がよければ、エコーに寝ている表情が映ることもありますよ!

万が一、24時間全く胎動を感じないことがあれば、すぐに病院に行きましょう。


◆関連記事:もうすぐ出産!38週目についてはこちら

妊娠38週目!出産間近の過ごし方!胎児の体重は?【必見】

【妊娠22週目の赤ちゃん⑥】性別がわかる

妊娠22週目になると、ほぼ全員の赤ちゃんの性別がはっきりとエコーに映ってわかるようになります。

精巣や卵巣といった性別を分ける器官というのは、妊娠3か月の頃にすでに完成していますが、外性器が未発達だったために骨盤の中に今までしまっておいたのです。

そのために、エコーにも映らずに、性別は判定しないものでした。

それが、妊娠22週目の頃になると、外性器が完成するために、男の子の精巣は陰嚢内のあるべき位置へと降りてきて、エコーでも確認できるようになります。

このときに、きちんと精巣が降りてこないと、停留精巣になってしまうこともあります。この場合には、1歳になるまでに治療が行われます。

停留精巣は低体重児や早産の子に多いと言われているので、注意が必要です。

【妊娠22週目の赤ちゃん⑦】肺が成長する!

妊娠22週目の頃になると、エコーからは見えませんが、お腹の赤ちゃんの肺が成長していきます。

他の臓器はほぼそれまでにしっかりと成長をしているものです。

しかし酸素はお腹の中にいる時には肺ではなくて胎盤から血液を通してお母さんの体からもらっていますよね。

だから肺はお腹の中にいる時には必要がないために、妊娠22週目の頃になるまで成長が始まりません。

それが、22週目の頃になるとやっと成長が始まります。

妊娠22週目が万が一早産で生まれても生きられるかどうかの生育限界だと言われていますが、それは肺が機能しているかどうかということに大きく関係しているといわれています。

妊娠22週目のママの様子は?

妊娠22週目の頃の赤ちゃんの様子はお分かりいただけたかと思います。それでは、妊娠22週目の頃のママの様子というのどのような感じなのでしょうか。

妊娠22週目というと、子宮の大きさは約20cm程度とかなり大きくなってきました。出産まではまだまだですが、一体ママの身体にはどのような変化がみられるのか、ここからみていきましょう!

【妊娠22週目のママの様子①】おりものが増える

妊娠22週目の頃によく起こるママの体の変化の症状には、おりものの量が突然増えるということがあります。

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が増える影響で、おりものの量が増えるのはごく当たり前の現象なのですが、妊娠22週目の頃になると、その量がますます増えて倍になることもあります。

これは、膣炎を防ぐために、起きている現象になります。

膣から何らかの細菌が入ってしまい、炎症が子宮の方まで及んでしまうと、早産の危険性も出てくるために、体が防御反応としておりものの量を増やしているのです。

おりものの量が増える症状自体は病気でも何でもないのですが、どうしても局部がかぶれやすくなってしまうなどの、ちょっと困った症状が出やすくなります。

下着を通気性の良いものにしてみたり、かぶれにくいおりものシートを見つけたり、工夫をしてみましょう!

【妊娠22週目のママの様子②】お腹がつっぱる

妊娠中期に入ると、お腹の赤ちゃんの大きさが急に大きくなり始めるために、ママのお腹も目立って大きくなっていきます。

お腹の皮膚が急激に大きくなることで引っ張られて、つっぱる感じがする人も少なくありません。お腹の皮膚がつっぱるのは、妊娠線の原因にもなってしまいます。

妊娠線対策クリームや保湿クリームをお腹に塗るなどして、妊娠線対策を始めることをお勧めします。

【妊娠22週目のママの様子③】足の付け根が痛い

妊娠22週目の頃になると、お腹の赤ちゃんもそこそこ大きくなってきて、子宮もそれなりの大きさになっていきます。

歩く時には、その体重が全て足への負担としてかかっていきます。

そのために、足のつけ根に痛みを感じる妊婦さんも増えてくるのがこの時期になります。

休めば治るような痛みであれば、足の痛み自体にそれほど問題はないのですが、痛みが長期間に及ぶようであれば、それがストレスとなり、お腹の赤ちゃんに悪影響となっていきます。

立ち仕事や、長時間歩くような仕事をする場合には、こまめに休憩を取るなどして、あまり足の痛みを感じないで済むような工夫をするように気をつけましょう。

【妊娠22週目のママの様子④】体型が一気に妊婦さんへ!

妊娠22週目の頃になると、お腹が一気に大きくなっていきます。

妊娠4ヵ月までの妊娠初期には、お腹も若干ふっくらする程度で、自分から言わなければ妊娠していることをまありの人に気づかれることはなかったのですが、この頃になると、周りの人にも見ただけではっきりと妊娠していることがわかるようになります。

身体の重心が変わるために、立ったときのバランスが取りにくくなり、歩くときに転ばないように注意が必要になります。

身体のバランスはこれからもどんどんと変わってくるので、無理な動きをしないでゆっくりと歩くなどして、転ばないように注意をしましょう。

【妊娠22週目のママの様子⑤】食事が美味しくなる!

妊娠22週目の頃になると、つわりが終わる人が多いので、食事が美味しく食べられるようになってくる人が増えていきます。

味覚や嗅覚が変わるつわり症状だった人も、つわりが終わると元に戻るので、妊娠前に好きだった食べ物が好きなだけ食べられるようになります。

むかつきや、味覚や嗅覚の変な感じがなく美味しく食事が食べられることで、ついついあれもこれもと食べてしまいがちなります。

確かに、お腹の赤ちゃんもこれからどんどんと体重が増えていくので、栄養もカロリーも沢山必要にはなっていきます。

しかし現代日本の食生活で頑張って食べ過ぎてしまうと簡単にカロリーオーバーになってしまい、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群、出産の際の難産などの原因になってしまいます。

食事が美味しくなったからと言って、食べすぎには注意しましょう。

【妊娠22週目のママの様子⑥】つわりが終わらない人も

つわりが終わった人はどんどんと食べられるようになる一方で、中にはつわりがこの時期になっても終わらずに悩んでいるママも少なくありません。

つわりには個人差がとても大きく、中には出産するまでつわりが続き、食べられない状態が続くことから、入院して点滴で栄養を補う必要があるほどひどい人もいます。

これからの時期は体重が増えていかなければならない時期ですが、つわりがひどすぎて食べられない場合には、お腹の赤ちゃんの低栄養が心配になります。

あまりにも食べられない場合には、病院でお医者さんに相談する必要があります。

妊娠22週目!これはやっておきたい!!

妊娠22週目の頃のお腹の赤ちゃんとママの様子が理解していただけたでしょうか?!

お腹の中の赤ちゃんの大きさは、たった500g程度、ペットボトル1本程度の重さしかまだないのに、とても人間らしくなってきたことがわかりますよね。

そんな、人として順調に成長している赤ちゃんのために、ぜひママやパパにぜひこの時期からやって欲しいことをここからお伝えします。

【妊娠22週目にやりたいこと①】胎教を始めよう!

妊娠22週目になったら始めて欲しいことの1つに、胎教があります。

早期教育には、賛否両論ありますが、心を穏やかにするような音楽を聴かせたり、いいお話を沢山読み聞かせをしてあげることで、赤ちゃんの知能の発達が促されることは様々な研究で実証されています。

妊娠22週目になると、脳が完成して記憶もできるようになります。

胎教に良いとされるモーツァルトを聴かせてあげたり、絵本を読み聞かせしてあげる程度で十分なので、ぜひお腹の赤ちゃんの脳神経にいい刺激をたくさん与えてあげて下さい!

【妊娠22週目にやりたいこと②】パパに胎動を聞かせる

妊娠22週目になると、胎動がはっきりと感じられるようになります。

今までは、ママが胎動を感じられるだけでしたが、この時期になると外から触っても、お腹の中の赤ちゃんが動く様子が感じられるようになります。

ぜひ、パパにママのお腹を触ってもらったり耳を当ててもらって、赤ちゃんの胎動を直接感じてもらうようにしましょう。

なかなか男性はパパになる自覚が持てないといいますが、自分の子供が育っているのを肌で感じることで、父親になる自覚を促すことができるかもしれませんよ!

【妊娠22週目にやりたいこと③】タンパク質は植物と魚から

妊娠22週目を過ぎると、お腹の赤ちゃんはどんどんと成長して体重も増えていきます。

そのために、沢山タンパク質が必要となるのですが、このタンパク質は、主に植物性のタンパク質と魚からとるようにして、肉を食べ過ぎないように気をつけましょう。

沢山栄養をつけなければいけないと、肉を食べ過ぎると、脂肪を取りすぎてしまう他に、むくみの原因となるリンを取りすぎてしまいます。

リンは胎児の成長に悪影響があるものではありませんが、むくみが出やすい妊娠中は、ママにとって辛い症状である足などのむくみを促進させる原因となります。

とはいえ、肉も大切な栄養源であることは間違いがありません。

毎日ではなくて、週に3回程度肉料理にして、あとは大豆製品や魚からタンパク質を摂るようにしましょう。

妊娠22週目!健康管理で気を付けることは?

流産の危険性が高かった妊娠初期を無事に乗り越えて、妊娠22週目に入ると、つわりも終わり、体調もとても安定してくるママも多いものです。

しかし、つわりも終わって体調も安定しているからと言って、ちょっと油断して生活してしまうと、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまう症状が出てしまうこともあります。

妊娠22週目の健康管理で気をつけるべきことにはどのようなことがあるのかここからみていきましょう。

【妊娠22週目に気を付けること①】妊娠糖尿病

妊娠前から甘いもの食べる事が好きなママは、妊娠糖尿病に気をつけるようにしましょう。

特に甘いものが好きだった人の中には、つわりが終わったこの時期に、今まで好きだったものが食べられなかった反動で、甘いものを一気に食べてしまう人も少なくありません。

今までの妊婦健診の尿検査で血糖が出ていなかった人でも、つわりが終わったこの時期からの不摂生で、これから妊娠糖尿病になってしまう可能性もあります。

妊娠糖尿病自体は本格的な糖尿病とは違いますが、本格的な糖尿病になりかけている一歩手前の状態です。

本格的な糖尿病になってしまうと、手足の切断や、白内障で失明する危険も高くなるので、妊娠糖尿病にならないように気をつけましょう。

【妊娠22週目に気を付けること②】食事の内容

食事が美味しく食べられるようになるこの時期には、食事の内容にも気をつけるようにしましょう。

つわりで物が食べられなかった反動や、お腹が空きやすくなるので、甘いものや脂っこいものを思う存分食べてしまう人も少なくありません。

甘いものを食べ過ぎたり、カロリーオーバーになり過ぎると妊娠糖尿病になる危険が高くなるほか、塩気の強い味の濃いものを食べていると、妊娠高血圧症候群になる可能性もあります。

お腹の中で赤ちゃんが育っているので、お腹がすいて栄養が欲しくなるのもわかりますが、おいしい食事はたまのを楽しみにしておいて、普段の食事は、野菜と魚中心の薄味の食事を心がけるようにしましょう!

またお腹が空いた時のおやつには、寒天ゼリーやこんにゃくゼリー、ナッツ類をつまむなどして、高カロリーだけれども満腹感が得られるものを工夫するようにしましょう!

【妊娠22週目に気を付けること③】体重管理

つわりが終わるこの時期だからこそ、体重管理にはよく気をつけるようにしましょう。

妊娠前と比べて、臨月までに増えてもいい体重は、赤ちゃんの体重や羊水の重さなども全部含めて、痩せ型の人でも10kgまでとなります。

ぽっちゃり型の人では7kgか8kgが限度だという人もいます。

それを超えると、難産などの危険性が増してしまいます。

健康的に赤ちゃんをこの世に産んであげるためにも、今からしっかりと体重管理をしていくようにしましょう。

妊娠22週目!気になる症状も!

妊娠22週目になると、妊娠初期の最も辛い症状であるつわりは終わる人が多いのですが、他に気になる症状も出てきます。

妊娠22週目の頃に出てくる気になる症状には、いったいどのような症状があるのか、ここから見ていきましょう。

【妊娠22週目の気になる症状①】上手く寝れない

妊娠22週目の頃から気になる症状には、夜うまく眠れなくなるというのがあります。

不眠症になるというよりも、お腹が大きくなることで、寝る体勢がうまくとれずに、困っているママさんが少なくありません。

仰向けに寝るとお腹が圧迫されてよく眠れないという人は、横向きに寝てみるなど寝る体勢の工夫をしてみましょう。

抱き枕を使って横向きに寝るシムス体勢をとってみると楽に眠れるという妊婦さんも多いものですよ!

【妊娠22週目の気になる症状②】腹痛?

妊娠22週目の気になる症状には、腹痛のような下腹部痛があります。

妊娠中の下腹部痛というのは、痛みが辛い上に流産や早産の兆候にもなるので、敏感になってしまうママも多いことでしょう。

しかし、妊娠中期に起こる下腹部痛の中には、子宮や胃腸関係の内臓から起きる腹痛の他に、胎動が骨盤に響くことによって起こる痛みもあります。

特に、子宮口や膣のあたりに響くような痛みというのは、赤ちゃんの足が下に来てしまう逆子の状態になることで起きていることもあります。

逆子はこれから治ることもあるので、今から心配過ぎることはありません。

胎動が原因で起こる痛みは、防ぎようがないので、もうちょっと優しく動いてもらえないか、お腹の赤ちゃんにお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

【妊娠22週目の気になる症状③】お腹が張る

妊娠22週目に気になる症状には、お腹が張るという症状もあります。

日々子宮もお腹の中の赤ちゃんも大きくなっていくので、ある程度お腹に張りを感じるのは自然なことなのですが、そういったお腹の張りとは違う感じで、陣痛のような張りを感じることもあります。

たまにお腹の張りを感じる程度なら心配はありませんが、定期的にお腹の張りがやってくる場合には、陣痛が来てしまった可能性もあります。

陣痛が来てしまった場合には、入院して点滴で陣痛を止める必要があります。

お腹の張り方が何かおかしいと思ったら、すぐに病院へ連絡を入れましょう。

妊娠22週目は早産の危険性も!

妊娠中は、いつでも流産や早産の危険性が付きまといます。妊娠22週以前であれば、生まれてきても赤ちゃんは生きることが出来ないので流産となりますが、妊娠22週は生育限界と言って、妊娠22週以降の出産なら生きられる可能性が出てくることから、流産ではなくて早産となります。

しかし、妊娠22週目以降には早産で出産をしても、生きられる可能性があるとはいえ、無事に出産出来る可能性はかなり低く、また無事に出産を終えても、重篤な障害が残ってしまうことも少なくありません。


妊娠22週目の頃の赤ちゃんにとっては、早産による出産で早く外の世界へで出来てしまうよりも、お母さんの子宮の中の方で出産するべき正産期を迎える方がよほど安心できる環境になります。

ママが無理し過ぎると早産での出産になってしまうことも少なくありません。お腹の赤ちゃんのためにも、無事に出産するべき時を迎えるまでは、無理を過ぎたり、お腹に力は入るような動作はしないように気をつけましょう。

切迫早産は早期治療が鍵!!

陣痛のようなお腹の痛みが徐々に強くなっていったり、お腹の痛みや張りとともに出血がみられる場合には、切迫早産になっている可能性もあります。

切迫早産というのは、早産しかかっている状態ですが、早めに処置をすれば、出産に至らずに、お腹の中に赤ちゃんを止めておくことも可能です。

切迫早産の治療というのは、早く始めれば早く始めるほど効果が高くなり、出産をとどめてお腹の赤ちゃんが無事にお腹の中で育つことができる可能性が高くなります。


定期的なお腹の張りや、出血がみられたらすぐに病院に連絡を入れて治療を開始するようにしましょう。

切迫早産の場合には、長期入院することもあります。

切迫早産を防ぐためにも、無理のない生活をすることが大切になります。

妊娠22週目からは生活の工夫を!

妊娠は40週間なので、妊娠22週といえば、ちょうどマラソンで言えば折り返し地点を過ぎて少し経った頃になります。

ここまでの妊娠初期というのは、まだ出産の実感もなく、ママの身体の内部の変化が大きかった時期ですが、これからは出産に向けて体の外側が大きく変化していく時期になっていきます。


これから出産に向けた時期は、何かと生活に不便なことも出てくるので、転ばないように気をつけながら、楽しみながら生活にいろいろな工夫をしてみるのもいいのではないでしょうか。

結構に映る赤ちゃんの様子も、これからどんどんと変わっていきます。赤ちゃんと一緒の身体で生活できるこれからの期間を、ぜひ思う存分楽しんでください!!

もっと妊娠について知りたいアナタはこちら

妊娠40週目!陣痛が予定日を過ぎてもこない?出産の兆候とは?
妊娠20週目!胎児やお腹の大きさは?体重増加は?性別は確定する?
妊娠39週目!おしるしは出産が近い兆候!胎動も激しくなる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ