妊娠3週目の症状!妊婦の体に変化は?赤ちゃんの状態は?

妊娠するとママの身体には大きな変化が起こります。妊娠超初期に当たる妊娠3週目にはどんな体の変化があるのでしょうか?妊娠3週目だと飲酒の影響は?妊娠検査薬は使えるのでしょうか?出血があったらどうなのでしょうか?!妊娠3週目についていろいろとお伝えします。

妊娠3週目の症状!妊婦の体に変化は?赤ちゃんの状態は?のイメージ

目次

  1. 妊娠3週目!ママと赤ちゃんはどんな感じ?!
  2. 妊娠3週目ってどんな時期?!
  3. 妊娠3週目の赤ちゃんの大きさは?
  4. 妊娠3週目!妊娠検査薬は使えるの?!
  5. 妊娠3週目!ママにはどんな体の症状が?!
  6. 【妊娠3週目のママの症状①】着床出血
  7. 【妊娠3週目のママの症状②】情緒不安定
  8. 【妊娠3週目のママの症状③】腰痛
  9. 【妊娠3週目のママの症状④】胸の張り
  10. 【妊娠3週目のママの症状⑤】体のだるさ
  11. 【妊娠3週目のママの症状⑥】おりものに変化が!
  12. 【妊娠3週目のママの症状⑦】腹痛を感じる人も!
  13. 【妊娠3週目のママの症状⑧】吐き気がある人も!
  14. 【妊娠3週目のママの症状⑨】肌荒れ
  15. 妊娠3週目!飲酒や喫煙の影響は?!
  16. 妊娠3週目!風邪薬を飲んじゃった!大丈夫?!
  17. 妊娠3週目は化学流産の危険性も!!
  18. 妊娠3週目の過ごし方はどうしたらいい?
  19. 【妊娠3週目の過ごし方①】規則正しい生活を!
  20. 【妊娠3週目の過ごし方②】飲酒・喫煙・服薬は控える
  21. 【妊娠3週目の過ごし方③】体重の管理をする!
  22. 妊娠3週目は妊娠が始まる大切な時期!

妊娠3週目!ママと赤ちゃんはどんな感じ?!

妊娠を心待ちにしている人にとっては、排卵期の後にやってくる妊娠3週目というのは、とても大切な時になりますよね。

妊娠していれば、妊娠超初期も超初期に当たる妊娠3週目というのは、ママの体と赤ちゃんの体はどのような感じになるのでしょうか。

排卵期の後の生理前と、妊娠3週目というのは、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、妊娠を心待ちにしている人にとっては、とっても気になる妊娠3週目の赤ちゃんの様子と、ママの体に出る症状、生活の中で気をつけるべきことなのについてお伝えします。

妊娠3週目ってどんな時期?!

まず、妊娠3週目というのはどのような時期に当たるのでしょうか。

排卵期の後にやってくる妊娠3週目というのは、実際に妊娠が成立するかどうかというとても大切な時期になります。

精子と卵子がママの体の中で出会って、受精が成立するのは、排卵期なのですが、妊娠0週0日というのは排卵期ではなく、最後の生理が始まった日のことを言います。

排卵というのは、生理がやってきてから14日目で起こるので、妊娠1週目というのはまだ受精もしておらず、妊娠2週目にやってくる排卵期に受精すれば、妊娠3週目に受精卵が卵管から子宮へ移動して、着床する時期になります。

この時期に、化学流産と言って着床せずに流れてしまうことも多いのですが、無事に受精卵が子宮へ到達して着床すると、子宮内膜に絨毛という根っこを下ろして着床します。

通常、妊娠に気が付くのは妊娠5週を過ぎてからだといわれていますが、妊娠の超初期症状は早い人では妊娠3週目から出始める人も出てきます。

■参考記事:着床時の体の変化は?コチラもチェック!

高温期10日目に体温下がるのは着床しているから?妊娠してるかも!
【おりものの変化】妊娠超初期・着床後はおりものがどう変わる?

妊娠3週目の赤ちゃんの大きさは?

妊娠3週目の赤ちゃんの大きさというのは、どのくらいの大きさなのでしょうか。

受精卵は、受精した直後から分裂し始めて、成長を始めます。

しかし、妊娠3週目に超音波検査などをしてみても、まだ小さすぎて全く確認することはできません。

どのくらい小さいかというと、大きさは約0.1mm、重さは約0.1gです。

肉眼で見ても、小さな塵のように見えるかどうかという大きさで、顕微鏡で見なければはっきりと確認することは出来ないほどまだまだ小さいのが妊娠3週目の赤ちゃんの状態です。

この時期の赤ちゃんの大きさは、先がよく尖っている針の先程だと言われているので、どのくらいの大きさか見てみたいというのであれば、紙に針でほんの小さな穴を開けて、太陽の光に透かしてみるとその大きさを実感することが出来ます。

妊娠3週目!妊娠検査薬は使えるの?!

妊娠3週目というのは、妊娠検査薬を使えるのでしょうか?!妊娠を心待ちにしている人にとっては、排卵期の後にやってくる妊娠3週目というのは、早く妊娠検査薬を使って、妊娠が成立しているかどうか知りたい、妊娠検査薬の結果がとても気になる時期ですよね。

昨日早い人だと、妊娠検査薬を使ってみたいと思う人もいるのですが、妊娠検査薬は妊娠3週目では使えるのでしょうか。

妊娠検査薬の仕組みというのは、受精卵が着床してから分泌されるhCGに妊娠検査薬が反応することで、妊娠したかどうかがわかるようになっています。

市販の妊娠検査薬でこのhCGが検出されるのはいつからなのでしょうか?!

このhCGが尿で検出されて市販の妊娠検査薬に反応するようになるのは、妊娠5週を過ぎてからになります。

最近の妊娠検査薬は、感度は良くなっているので、市販の検査薬でも妊娠5週よりも前に反応することもありますが、この時期は化学流産も多いために、フライングで検査薬が反応してしまい、ぬか喜びになってしまう可能性もあります。

妊娠検査薬を使って妊娠したかどうか早く知りたい気持ちはよくわかりますが、妊娠検査薬を使うのは、妊娠五週目を待ってからにしましょう。

妊娠3週目!ママにはどんな体の症状が?!

妊娠3週目というのは、妊娠したことに、ほとんどの人がまだまだ気がつかない微妙な時期になります。

また、受精卵が着床せずに、化学流産してしまう可能性もとても高い時期なのですが、人によっては、妊娠超初期の症状というのが出始める人もいます。

妊娠超初期に当たる妊娠3週目にママの体に出やすい症状にはどのようなものがあるのか、ここからみていきましょう。

【妊娠3週目のママの症状①】着床出血

妊娠3週目に見られるママの身体の症状には、着床出血が見られることがあります。

着床出血というのはすべての妊婦さんの1割から2割にみられる出血の症状です。

妊娠初期に出血というと、すぐに流産と結びついてしまう人がいるかもしれませんが、妊娠初期に起こる出血でも、すぐに流産に結びつかないものあります。

す妊娠初期の出血で心配の要らない出血の1つが、着床出血になります。


着床出血というのは、受精卵が子宮内膜に着床するときに、絨毛と呼ばれる根を下ろすのですが、その根が子宮内膜を突き破る時に、子宮内膜が傷付けられることで起こる出血になります。

出血の程度は、おりものが茶色に変化する程度の出血のものから、生理かと思うほどの出血が見られることもあり、出血の程度や様子には個人差が大きいのが特徴です。

【妊娠3週目のママの症状②】情緒不安定

妊娠3週目に見られるママの身体の症状には、情緒が不安定になるママも少なくありません。

生理前症候群の情緒不安定が起こるのにはちょっと早いのに、生理前症候群のような情緒不安定が起きた場合には、妊娠したことで身体の中のホルモンバランスが変わり、自律神経が乱されたことが原因かもしれません。

妊娠すると、妊娠を継続させるために黄体ホルモンや卵胞ホルモンなどの女性ホルモンが大量に分泌されるようになります。

そのために、身体の中のホルモンバランスが大きく崩れる影響で、情緒が不安定になりやすくなります。

生理前症候群にはちょっと早過ぎるのに、涙もろくなったり、イライラしがちになった時には、妊娠によるホルモンバランスの変化が影響しているかもしれません。

【妊娠3週目のママの症状③】腰痛

妊娠3週目のママの身体の症状には、腰痛が起こる人もいます。

妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんを守るために、子宮の収縮を抑えるために、リラキシンというホルモンが分泌されます。

このリラキシンというホルモンには、骨盤周りの筋肉や靭帯や関節を緩める作用があり、このホルモンによってお腹周りの筋肉が緩められることで、子宮の収縮が弱まるのです。

骨盤周りの筋肉や靭帯も緩んでしまうことから、腰回りが不安定になり、妊娠超初期から腰痛を感じやすくなる人もいます。

【妊娠3週目のママの症状④】胸の張り

妊娠3週目のママの身体に出る症状には胸の張りがあります。

妊娠が成立すると、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌量が増えます。

プロゲステロンには、乳腺の発達を促す働きと、身体の中の血液量を増やす働きがあります。

身体の中の血液が増えて、乳房が内側から押し出されるのとともに、乳腺が発達し始めることから、妊娠すると胸の張りを感じるようになります。

しかし、ちょうど妊娠3週目と重なる排卵後から生理前の時期というのも、胸が張りやすい時期になります。

だから、胸の張りだけでは妊娠を判断することは危険です。

妊娠していなければ、生理が始まれば胸の張りは治まるので、生理予定日を過ぎても生理も来なければ胸の張りも収まらないようであれば、妊娠をしている可能性が高いと考えていいでしょう。

【妊娠3週目のママの症状⑤】体のだるさ

妊娠3週目のママの身体に出る症状には体がだるくなるというのもあります。

お母さんの体にとっては、受精卵というのは風邪やインフルエンザのウイルスなどと同じように、身体の外に排出するべき異物として認識されてしまいます。

そのために、何もしなければ、免疫系などが働くと外に排出されてしまい妊娠することが出来なくなります。


それを防ぐために、妊娠すると、様々なホルモンが大量に分泌されて、全身の免疫系の働きを抑えたり、子宮の収縮を抑えるためにお腹周りの筋肉を緩めたりします。

そのために、妊娠初期には風邪をひきやすく、体全体が緩んだ状態になってしまうために、だるさを感じやすくなるのです。

【妊娠3週目のママの症状⑥】おりものに変化が!

妊娠3週目のママの身体に出る症状には、おりものの変化もあります。

排卵期のおりものは、女性ホルモンのエストロゲンの影響で、一度水っぽくてゼリー状のおりものが大量に出ますが、妊娠が成立しなければ、おりものの量は減ります。そしておりものの状態は徐々に白くドロドロとした感じのおりものに変化していきます。

ところが、妊娠するとおりものの状態が排卵期と同じような感じが続きます。

排卵期に水っぽい大量のおりものに影響していたエストロゲンの量が、妊娠すると減らずに増えていくために、おりものの量も減らずに、却って増えていきます。

またおりものの状態も水っぽい感じのおりものが続きます。

おりものの状態というのは、ちょっとした体調の変化で大きく変化するものなので、おりものの変化だけで妊娠を判断することは危険ですが、おりものの様子が生理前とは違う時には、妊娠の可能性を考えても良いでしょう!

【妊娠3週目のママの症状⑦】腹痛を感じる人も!

妊娠3週目のママの身体に出る症状には、腹痛を感じるママも少なくありません。

腹痛は、受精した直後から、下腹にチクチクとするような腹痛を感じるという人もいます。卵管から子宮に受精卵が移動して、着床するまでにチクチクとした軽い腹痛を感じるという人もいます。この腹痛を着床痛と呼ぶ人もいるようですが、着床痛という腹痛が実際にあるのかどうかは疑わしいという人も少なくありません。

着床して妊娠が成立すると、つわりの影響による腹痛や、吐き気などの胃腸症状に伴う腹痛を感じることもあります。

また、妊娠初期には、つわりによる吐き気とは別に、腹痛を起こしやすい下痢や便秘といった胃腸関係のトラブルも起きやすくなり、それに伴う腹痛というのも感じやすくなります。

下痢や便秘に伴う腹痛というのも、早い人では妊娠3週目くらいから感じ始める人もいます。

妊娠初期に下痢や便秘を伴う腹痛がどうして起こるのか、腹痛のメカニズムはよくわかっていませんが、リラキシンというホルモンが大量に分泌されて、お腹周りの筋肉が緩むことで、胃腸のぜんどう運動が抑制されることも原因ではないかと言われています。

妊娠初期には腹痛が起こりやすいものですが、腹痛がひどくても、胃腸薬は我慢して飲まないようにしましょう。

【妊娠3週目のママの症状⑧】吐き気がある人も!

妊娠3週目のママの身体に出る症状には、吐き気が起こる人も少なくありません。

妊娠すると、つわりで吐き気や胃のムカつきなどの胃腸症状に襲われるのはほとんどの妊婦さんが経験することですよね。

妊娠するとどうしてつわりが起きてる吐き気がするのか、つわりによる吐き気のメカニズムはまだ解明されていませんが、世界中どこの国でも妊婦さんが吐き気に襲われるのは変わりがありません。

妊娠初期のつわりによる吐き気には、食べると戻してしまう普通の吐き気もあれば、空腹になると吐き気がして食べずにはいられない食べつわり、においに敏感になりすぎて吐き気がする臭いつわりなど、様々な種類のつわりによる吐き気があります。

妊娠3週目では、妊娠検査薬も使えないので、つわりによる吐き気なのか、お腹の風邪による吐き気なのか、どちらによる吐き気なのか区別がつかない人も少なくないでしょう。

市販薬を飲んでも、まだ影響はないと言われていますが、妊娠する心当たりがあるようであれば、つわりによる吐き気を疑って、吐き気があっても、市販薬は我慢するようにしましょう。

■参考記事:つわりはいつからいつまで続く?コチラも参照!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】

【妊娠3週目のママの症状⑨】肌荒れ

妊娠3週目のママの身体に出る症状には、肌荒れが起こることもあります。

妊娠すると、ホルモンバランスの変化によって肌質が変わります。

そのために、今まで使っていた化粧品が合わなくなり、肌荒れを起こしてしまう人が少なくありません。

妊娠3週目になり、ホルモンバランスが変化することで、肌質が変わることもあるので、肌荒れがひどくなったと思ったら、敏感肌用の化粧品に変えるようにしましょう。

妊娠3週目!飲酒や喫煙の影響は?!

妊娠3週目だと、妊娠していることに気がつかずに、タバコを吸ってしまったり飲酒をしてしまうこともあります。

妊娠3週目の喫煙や飲酒の影響はどうなのでしょうか?!喫煙や飲酒の影響が気になる人も多い事でしょう。

タバコや飲酒はお腹の赤ちゃんの、特に神経系の発達に影響します。

タバコや飲酒の影響によって、神経系の発達が阻害されて、知能の低下や発達障害などの原因になると言われています。

しかし、タバコや飲酒が好きな人の多くは、妊娠してるかどうか気がつかない妊娠3週目には、タバコを吸ったり飲酒してしまったりする人も多いことでしょう。

妊娠3週目のタバコや飲酒のお腹の赤ちゃんへの影響というのはどのようなものなのでしょうか。

タバコのニコチンや、飲酒した時のアルコールなどは胎盤を通して赤ちゃんの体へ入っていき、神経系や内臓などの器官の発育に影響を及ぼします。

着床するかどうかという妊娠3週目では、胎盤の元になる絨毛を、子宮内膜に下ろしたかどうかという時期になるので、まだ本格的にお母さんの体から赤ちゃんが栄養をもらっているわけではありません。

だから喫煙したり飲酒したりしても、ニコチンやアルコールが赤ちゃんの身体へ入る量はそれほど多くはありません。

そのために、妊娠超初期と呼ばれる妊娠4週までは、飲酒や喫煙の影響はそれほど大きくはないと言われています。

しかし、だからといって妊娠超初期に沢山喫煙や飲酒をしてもいいというわけではありません。

妊娠しているかもしれないという可能性を考えるのであれば、タバコも飲酒も控えるようにしましょう。

■参考記事:妊娠超初期にお酒を飲んでしまった…!大丈夫?

妊娠超初期の飲酒・アルコールの胎児への影響は?【要注意】

妊娠3週目!風邪薬を飲んじゃった!大丈夫?!

着床して、女性ホルモンが大量に分泌されるようになると、妊娠を継続させるために、免疫系の働きが弱まります。

また、妊娠の可能性を考えていなければ、頭痛や下痢など、風邪の症状と一見すると間違えてしまうような症状も妊娠超初期の症状としては起こりやすいものです。

そのために、妊娠3週目ぐらいには、風邪をひいたと思って風邪薬を飲んでしまう人も少なくありません。

風邪薬はお腹の赤ちゃんに影響するのでしょうか。

基本的に、市販の薬であればそれほど強い成分は入っていないので、妊娠中に飲んでもお腹の赤ちゃんに大きな影響はないとは言われています。

また、飲酒や喫煙と同じで、妊娠超初期にはまだお母さんの体から栄養をもらっていないので、風邪薬の成分が赤ちゃんに入ってしまう可能性は少ないでしょう。

妊娠3週目に風邪薬を飲んでもそれほど影響を心配する必要はありませんが、妊娠しているかもしれないと思ったら、むやみに薬を飲むことはやめて、必ず産婦人科のお医者さんに許可をもらったものだけを飲むようにしましょう!

妊娠3週目は化学流産の危険性も!!

妊娠すると、妊娠5ヵ月の安定期に入るまでは流産しやすい時期だと言われていますが、妊娠4週目までの妊娠超初期には、化学流産の可能性がとても高くなります。

化学流産というのは、妊娠検査薬では陽性が出ても、胎嚢ができる前に流産してしまい、生理のような出血があることを言います。

流産するときには、生理の何倍もの出血があると言われていますが、化学流産の時にはそれほど激しい出血にはならず、いつもの生理と変わらない程度の出血となります。

流産というと、とても悲しいことですが、実は化学流産が起こる割合は、すべての受精の中の45%にも上ると言われています。

化学流産の原因というのは、染色体異常だと言われていて、ママがどんなに気をつけていても起きてしまうことなので、化学流産なってしまったときにはそれほど気にしすぎずに、次にやってきてくれる機会を前向きに待つようにしましょう。

妊娠3週目の過ごし方はどうしたらいい?

タイミング法などを行っているご夫婦の場合には、妊娠3週目というのは妊娠が成立するかどうかという、不安とワクワクドキドキが入り混じる、とても不思議な時間になりますよね。

多くの女性にとっては、妊娠3週目にはまだ妊娠に気が付いていないことが多いので、普通に過ごしてしまうものですが、妊娠の可能性が高いと考える人にとっては、妊娠3週目の過ごし方というのはとても気になるところだと思います。

妊娠3週目の過ごし方どうしたらいいのか、少しお伝えします。

【妊娠3週目の過ごし方①】規則正しい生活を!

妊娠3週目でも、着床して、身体の中のホルモンバランスが変化すると、つわりが始まることもあります。

つわりが始まると、夜眠れなくなったり、逆に昼間強烈な眠気に襲われてしまったり、今まで食べられていたものが食べられなくなり、今まで好きではなかった食べ物が急に食べたくなったり、身体の中に様々な変化が起こるものです。

しかし、そんな生活のリズムがついつい乱れてしまいがちなつわりの症状が起きても、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

これから長い妊娠生活の後には、激しく体力を消耗する出産が待っています。

今から生活のリズムを乱して体力を消耗していたら、長いマタニティー生活に耐え切れなくなります。

つわりでなかなか食べられない時には、食べられるものだけでもいいので、三食しっかり食べて、夜は眠れなくてもしっかりとベッドの中で体を休めるようにしましょう。

【妊娠3週目の過ごし方②】飲酒・喫煙・服薬は控える

妊娠3週目に妊娠しているのかも知れないと思ったら、タバコやお酒が好きな人は、飲酒や喫煙は控えるようにしましょう。

また、ちょっとした体調不良を感じても、風邪薬や胃腸薬などの服用は控えることが大切です。

妊娠超初期には、タバコやお酒、薬の影響はお腹の赤ちゃんにそれほどないとはいえ、正直なところどのような影響があるのかは全く誰にもわかっていないのが本当のところです。

妊娠に気がつかずに、喫煙や飲酒、薬の服用をしてしまったのならそれは仕方がありませんが、妊娠の可能性を考えるのであれば、妊娠3週目からこういったものはすべてやめるようにしましょう。

【妊娠3週目の過ごし方③】体重の管理をする!

お腹の赤ちゃんが着床してつわりが始まると、食べつわりが始まる人もいます。

つわりというのは、常に猛烈な吐き気に襲われて、食べるものも食べられなくなるというイメージがありますが、胃の中が空っぽになると気持ち悪くなる食べつわりというのもあります。

食べつわりになると、とにかく何か口にしていないといられなくなるのですが、そうすると簡単に体重をオーバーしてしまう人が少なくありません。

臨月の時には、妊娠前よりも体重は増えているものだと言っても、せいぜい10kgが限度です。

体重が増え過ぎると、妊娠糖尿病や、妊娠高血圧症候群といった妊娠している間に特有の病気になりやすくなったり、出産の時に産道が脂肪で狭くなり、難産になりやすくなってしまいます。

妊娠初期からしっかりと体重をコントロールすることが大切です。

妊娠3週目は妊娠が始まる大切な時期!

ここまで、妊娠3週目についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

妊娠3週目というのは、妊娠が本格的に始まるかどうかというとても大切な時になります。

まだまだ妊娠に気がつかない人も少なくないですが、妊娠の可能性を考えている人は、どんな生活を心がけたらいいのかしっかりと考えて、お腹の赤ちゃんを楽しみながら健康的に育んでいってください。

妊娠超初期についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠超初期〜妊娠初期の腰痛の対策法は?流産の危険も?
妊娠超初期〜妊娠初期の寒気の原因と対処法!【要注意】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ