妊娠初期の腹痛・下腹部痛はいつまで続く?生理痛のような腹痛!

妊娠初期に腹痛や下腹部痛を感じると流産が心配になります。ですが、妊娠初期には生理的に腹痛や下腹部痛の症状が起きやすいです。けれど早く病院へ行かなければ危険な症状の可能性もあり得るのは確かです。そこで、安全か危険か判断するために痛みの種類や期間を説明します。

妊娠初期の腹痛・下腹部痛はいつまで続く?生理痛のような腹痛!のイメージ

目次

  1. 妊娠初期の腹痛・下腹部痛が不安!赤ちゃんは大丈夫?
  2. 妊娠初期の腹痛・下腹部痛はいつまで続く?
  3. 妊娠初期の腹痛・下腹部痛と生理痛の違いは?
  4. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】原因①子宮が大きくなる
  5. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】原因②ホルモンの変化
  6. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】原因③骨盤が緩む
  7. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】チクチクした痛み
  8. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】出血を伴う痛み
  9. 出血を伴う痛みの原因①絨毛膜下血腫
  10. 出血を伴う痛みの原因②月経様出血
  11. 出血を伴う痛みの原因③子宮膣部びらん
  12. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】左下腹部痛
  13. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】右下腹部痛
  14. 右下腹部痛の原因①卵巣の腫れ
  15. 右下腹部痛の原因②虫垂炎
  16. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】下痢を伴う痛み
  17. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】流産かも!
  18. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】子宮外妊娠かも!
  19. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】婦人科系の疾患かも!
  20. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法①安静に過ごす
  21. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法②体を温める
  22. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法③ストレスを発散
  23. 【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法④痛み止め
  24. まとめ

妊娠初期の腹痛・下腹部痛が不安!赤ちゃんは大丈夫?

妊娠初期の腹痛や下腹部痛は妊婦が最も心配になってしまう症状だと思います。
出血を伴ったチクチクとした生理痛のような腹痛が多いので、「出血=流産?」といった考えが頭をよぎってしまいますよね。

私の友人は、生理痛を経験したことが無かったのでチクチク続く生理痛のような腹痛を初めて経験して、流産だと勘違いしてすぐに病院に駆け込んだそうです。

しかし、妊娠初期の腹痛や下腹部痛は妊娠症状として一般的なものなので必要以上に心配することはありませんよ。

ただし、すぐに医師に相談すべき症状もあります。
生理痛のような腹痛と見分けができるように妊娠初期の腹痛や下腹部痛の痛みの種類と、いつまで続くのかを覚えておいてください。

いつもとは異なる痛みや、長く続く痛みを感じた場合は流産の危険があるので医師に相談するようにしましょう。

妊娠初期の腹痛・下腹部痛はいつまで続く?

妊娠初期に発生している腹痛や下腹部痛はいつまで続くのか、流産ではないのかと不安になります。
基本的には、妊娠安定期(16週目)を迎えるころにはおさまる症状が多いですよ。

妊娠初期に発生する痛みの原因の根本は妊娠によるホルモンバランスの変化による影響が高いです。
ですから、妊娠が安定して、体の変化が安定する妊娠安定期を迎えると自然に症状がおさまっていくケースが多いのです。

妊娠初期はグッと辛抱して、腹痛や下腹部痛を緩和するためにお腹を温めて過ごしましょう。

つらい時は体の中で胎児を育てる準備に細胞が走り回っているときです。

生理痛のような腹痛は不安になりますが、いつまでも続くわけではないので安心して安静に過ごしましょう。

妊娠初期の腹痛・下腹部痛と生理痛の違いは?

妊娠初期の腹痛や下腹部痛は、妊娠が判明している人であればその影響であると考えます。

しかし、まだ妊娠に気づいていないと生理痛のような腹痛であるために判断することは難しいです。

生理痛のような腹痛はチクチクした痛みや、ギュッと引っ張られるような痛みであることが多いため、痛みだけで判断しようとすると違いを見つけることができません。

けれども、生理痛と妊娠初期の痛みは全く異なる原因から発生しています。

妊娠初期の腹痛や下腹部痛はホルモンバランスの変化、「プロゲステロン」による子宮の大きさの変化や血流量の増加、「リラキシン」による骨盤や関節の緩みが原因として考えられます。

生理痛は子宮内膜から分泌される「プロスタグランジン」というホルモンが影響しています。

プロスタグランジンは受精卵を着床させるために膨らんだ子宮内膜の一部をはがすために子宮の収縮を引き起こします。

子宮が伸縮に伴って、ギュッと引っ張られるような腹痛や下腹部痛を感じる人がいるのです。

このギュッと引っ張られるような痛みが妊娠初期の下腹部痛と同じなので、生理痛のような腹痛だと感じてしまいます。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】原因①子宮が大きくなる

妊娠前の子宮の大きさはニワトリの卵サイズです。

受精卵が着床してから子宮はメキメキと成長してあっという間に大きくなって、妊娠初期の妊娠3カ月ごろにはテニスボールぐらいの大きさまで大きくなっています。

そして、出産のときは直径30㎝以上の大きさになります。

子宮という臓器は筋肉で作られています。
これだけ急激に筋肉でできている子宮が引き延ばされてサイズが変化するのでチクチクした生理痛のような腹痛が発生するのです。

子宮が大きくなることで隣接する臓器にも圧迫が起きて痛みを感じることもあります。
また、妊娠時は子宮への血流量も増えるので、血の流れが活性化することが原因となって痛みを感じる人もいます。


◆関連記事:妊娠初期は注意して過ごしたいですね

妊娠初期の過ごし方!生活や仕事での注意点まとめ!

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】原因②ホルモンの変化

妊娠すると女性ホルモンの影響でホルモンバランスに変化が起きます。
特に、妊娠初期は今までとは異なるホルモン変化に対応しなければならない時期であるためホルモンバランスの異常を感じやすいです。

妊娠によるホルモンバランスの変化で自律神経が乱れると、腹痛や下腹部痛、頭痛などを引き起こすことがあります。

変化を起こすのは女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。

排卵の時期からプロゲステロンの分泌が始まり、受精卵が着床して妊娠が成立すると分泌量が増えて行きます。

プロゲステロンは子宮の伸縮を抑制する効果があるので、多く分泌することで流産や早産を防ぐことができるのです。

しかし、プロゲステロンの分泌が増えると胃腸の働きが鈍くなることがあるので、腹痛や下腹部痛を引き起こしやすくなります。

これらの症状はいつまでも続くわけではなく妊娠安定期に入るとホルモンも安定しておさまることが多いです。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】原因③骨盤が緩む

妊娠初期症状として腰の痛みがあります。
この腰の痛みと同じ原因で妊娠初期に腹痛や下腹部痛が起きる可能性があります。

子宮が大きくなっていくと骨盤や関節を動かさないとお腹におさまらない状態になります。

女性の体はそれを可能にするために妊娠すると「リラキシン」というホルモンを分泌するのです。

リラキシンは妊娠初期からゆっくりと作用を続けて、出産本番では産道を赤ちゃんが無事に通ることができるまで骨盤を開かせます。

リラキシンは骨盤や関節を緩める働きがあるので、骨盤付近のじん帯が緩んで下腹部のあたりを引っ張られるような痛みを感じる人がいます。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】チクチクした痛み

妊娠初期にチクチクとした下腹部痛を感じる方が多くいます。
この症状は生理痛のような腹痛に似ているため、妊娠を希望している人は生理来たと思って落ち込みます。

しかし、生理予定日より少し早い生理開始の1週間前に起きているのであれば、着床痛の可能性が高いですよ。

着床痛は出血を伴うことがあり、着床出血と呼ばれます。
チクチクした生理痛のような腹痛と共に出血が起きるので生理と勘違いしがちですが、この出血はいつまでも続くわけではなく1~3日間で終わるのでその期間で判断してください。

受精卵が子宮内膜に入り込み着床が成功すると、その刺激でチクチクとした生理痛のような腹痛を感じます。
そして、子宮内膜へ入り込むために出血を伴うことがあります。

妊娠初期症状としての下腹部痛に医学的根拠はありません。
しかし、この着床痛を感じたという妊婦さんが多いので同じような状況であれば妊娠の症状だと考えて下さい。

出血が1~3日間より長く続く場合は他に何か原因があります。
すぐに医師に相談するようにして下さいね。


◆関連記事:くしゃみを伴う腹痛は?どうすればいいの?

妊娠初期のくしゃみの胎児への影響は?妊娠中くしゃみで腹痛を感じたら?

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】出血を伴う痛み

妊娠中は子宮の粘膜の血液が増量しているため、充血してちょっとしたことで出血を起こしやすいです。

出血を伴って生理痛のような腹痛があると妊娠の継続ができずに生理が来てしまうのだなと思ってしまいますが、妊娠初期は出血することが多いので心配する必要はありませんよ。

ただし、流産や子宮外妊娠などのトラブルが発生している可能性もあります。
激しい腹痛や下腹部痛、お腹の張りを感じるようであればすぐに医師に連絡しましょう。

痛みが弱く少量の出血だとしても、出血量といつからいつまで続いているのかをきちんとメモするようにして検診で医師に報告しましょう。

心配の少ない出血の原因を3つ紹介します。

出血を伴う痛みの原因①絨毛膜下血腫

妊娠初期から妊娠中期にかけてみられる症状ですが、特に妊娠初期に多く発生します。

受精卵が着床するとき「絨毛膜板(じゅうもうまくばん)」と呼ばれる組織から絨毛を出してその根を子宮内膜にもぐり込ませることで着床して胎盤の形成を始めます。

絨毛膜板と絨毛は合わせて「絨毛膜」と呼ばれ、この絨毛膜が胎盤形成のために子宮内膜の血管を壊すことで出血が起きてチクチクとした生理痛のような腹痛を感じることがあります。

直接流産とは結びつかないもので、治療方法はありません。
いつまでも続く痛みではなく、安静にしていれば症状は回復します。

ただし、激しい腹痛やお腹の張りが長く続く場合は切迫早産の危険性があるので医師に相談するようにして下さい。

出血を伴う痛みの原因②月経様出血

妊娠初期に発生して、生理のような出血を引き起こします。
それに伴ってチクチクとした生理痛のような腹痛を感じることもあります。

妊娠していてもホルモンがまだ十分でないために妊娠前と同じような月経の症状を起こしてしまいます。

また、受精卵が着床して胎盤がつくられる間に子宮内膜に絨毛膜が入り込み出血が起きることがきっかけとなって月経症状を起こしてしまうこともあります。

本来の月経に比べて出血が少なく2~3日間でおさまります。

出血を伴う痛みの原因③子宮膣部びらん

妊娠初期に発生して、少量の出血やおりものに血が混じることがあります。

妊婦に限らず、若い女性の不正出血の原因で多くみられます。
内診やセックスの刺激で子宮の入り口にただれが起きている状態で、触れなければお腹の痛みはありません。

生理的なものなので心配は必要ありませんが、次回の検診で医師に報告はしておきましょう。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】左下腹部痛

妊娠初期の下腹部痛は左に痛みが集中することが多いです。
左側の痛みは危険性が低くそこまで心配する必要はありません。

まず考えられるのは、着床痛です。
着床痛は子宮内膜に受精卵が着床してもぐり込む時に起きる腹痛や下腹部痛です。
出血を伴ってチクチクした生理痛のような腹痛を感じる場合があります。

次に、子宮周りの「じん帯」や子宮を支える組織で子宮の横から足の付け根まで伸びている「子宮円素」が引っ張られていることです。

子宮が大きくなることでじん帯や子宮円素が引っ張られてズキズキした痛みを感じます。
この痛みは右側に引っ張られると右の腹痛や下腹部痛となって表れることもあります。

引っ張られる痛みはいつまでも続くことはなく、妊娠安定期を迎えるとおさまって行きます。


◆関連記事:腹痛じゃなくて胃痛の場合の原因は?

妊娠初期の胃痛がキリキリする!原因と対処法は?

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】右下腹部痛

妊娠初期に右の下腹部痛が起きた場合は少し心配する必要がります。

まずひとつは、卵巣が腫れている可能性です。
次に、虫垂炎の疑いです。

心配すべき原因である2つについて、詳しくご説明します。

右下腹部痛の原因①卵巣の腫れ


妊娠検査薬で妊娠を判定するために確認される「hCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」の刺激によってチクチクさすような腹痛や下腹部痛を感じる場合があります。

これは卵巣が腫れて「ルティン嚢胞(のうほう)」というものが発生していることが原因です。

いつまでも続くわけではなく、妊娠安定期を迎えてhCGホルモンの分泌がおさまると自然に痛みがおさまることが多いです。

ただし、卵巣の腫れが大きくなると破裂や卵巣嚢腫茎捻転(らんそうのうしゅけいねんてん)という卵巣の腫れにより卵巣を支えるじん帯がねじれる症状に発展します。

じん帯がねじれると卵巣に血液が流れず壊死してしまう可能性がるので早期に治療を行う必要があります。

右下腹部痛の原因②虫垂炎

右下腹部痛と聞いて虫垂炎を連想する人は多いですが、妊娠中に発症すると厄介です。
虫垂炎はジンジンした痛みから24時間ぐらい経過するとチクチクと刺すような激痛へ変化します。
同時に吐き気、発熱などの症状を併発します。

虫垂炎は軽度であれば薬で細菌を抑えることができますが、妊婦の場合は虫垂炎の細菌が血液を通してどの程度赤ちゃんに影響を与えるかはっきりとは言えません。

妊娠中でも手術が可能なので医師によっては手術を勧められることが多いです。

痛みを我慢しすぎると虫垂が破裂する危険があります。
右下腹部の違和感や痛みがあり、ジンジンといつまでも続くようであれば医師にすぐ相談するようにしましょう。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】下痢を伴う痛み

ホルモンバランスの変化が影響して自律神経に乱れが生じている可能性が高いです。

自律神経が乱れると、胃腸の働きが弱まって下痢を伴う腹痛や下腹部痛を起こしてしまします。

自律神経の乱れは、精神的ストレスを感じやすくなります。
妊娠中は食べ物や生活の中で注意することが多く神経を使います。
ストレスで下痢の症状が出ている場合も考えられるので、体を冷やさないようにしてストレスをためないようにしましょう。

つわりのひどい方は食生活に変化が起きて下痢を起こしている可能性もあります。

暴飲暴食はやめて、お腹に優しいものを食べるようにしましょう。
つわりによる嘔吐がひどい方は胃が荒れて胃炎の症状としてキリキリ、チクチクした腹痛を感じているかもしれません。

食べ物はよく噛んで、少量を複数回に分けて食事を頂くようにしましょう。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】流産かも!

妊娠初期の腹痛や下腹部痛は妊娠症状として一般的で心配の必要が無いことが多いです。

ただし、違和感や激痛を伴うとき、痛みがいつまでも続く、大量の出血がいつまでも続くときは流産のである可能性があります。

その場合は安静にしてその痛みがおさまるのか確認しましょう。
数時間たっても強い痛みがずっと続くようであれば流産の前兆である可能性があります。

すぐに産婦人科へ連絡して相談してください。

日本産婦人科協会が進める方針では、流産の前兆であっても腹痛や出血が起きた時の対処法はなく、様子をみて安静に過ごすことが推奨されています。

しかし、大量の出血や激痛を感じた場合は流産の心配を回避するためにも、ただちに病院へ向かうようにしましょう。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】子宮外妊娠かも!

妊娠4~5週の妊娠超初期と言われる時期に腹痛や下腹部痛を感じる場合は子宮外妊娠の疑いもあります。

初期症状はごく軽い下腹部痛やお腹の張りを感じることが多いです。
そして、子宮外妊娠を放っておくと6~8週目には末期症状となる卵管流産や破裂を引き起こすと強い下腹部痛や出血を引き起こしてしまいます。
大量出血が引き金となって最悪の場合ショック症状になってしまうこともあります。
流産どころか母体の命も危険にさらされます。

子宮外妊娠は防止することも治すことも難しいです。
現在は、早期発見が可能となりショック症状にまで発展することは減りました。
妊娠5~6週になると産婦人科で確認することができるので、必ず診察に向かいましょう。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】婦人科系の疾患かも!

婦人科系疾患と呼ばれる「卵巣がん」「卵巣のう腫」「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮頸がん」などは腹痛や下腹部痛を伴う場合が多いです。

婦人科系疾患は産婦人科に行けば検査を行うことが可能です。
ちょっとでもチクチク感じる腹痛や下腹部痛、出血の症状が現れた場合は産婦人科で相談するようにしましょう。

一般的に、妊娠すると子宮頸がんの検診は妊娠初期に行います。
病院によっては異なりますが、もし行わないという場合は自治体が診察無料クーポンを配布していることもあるので確認してみて下さい。
紛失した場合も再発行してくれるので、無料で検診を受けることが可能です。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法①安静に過ごす

切迫早産や切迫流産で行われる安静治療は「寝たまま動かないこと」です。
同様に、腹痛や下腹部痛の症状を感じたら安静にまず横になることを心がけましょう。

仕事ももちろんですが、家事もお休みしましょう。
お腹に負担のかかる姿勢や力を入れる作業は極力避けるようにして下さい。
自転車であっても自動車であっても長時間の運転は避けましょう。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法②体を温める

血行が悪くなると子宮に十分な血液が回らず、胎児に十分な影響を与えることができません。
腹痛や下腹部痛はお腹の張りを伴うことがあります。
お腹が張っている状態では、お腹の中で栄養がうまく回らず胎児が息苦しさを感じてしまいます。

夏場であっても温かいお茶を飲み、常温の食べ物を食べるようにしましょう。
冬場は洋服の下に腹巻を着用したうえでストールやひざかけも活用するようにして下さい。
マタニティ用品として売られている腹巻はお腹をやさしく包み通気性も良い素材で作られているので夏でも冬でもオススメです。

体の冷えが取れないときは足湯もオススメです。
体の末端を温めることで血行を良くするだけでなく、妊娠中に気になる足のむくみもすっきりとれますよ。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法③ストレスを発散

妊娠初期はホルモンのバランスが不安定であるため自律神経を乱しがちです。
自律神経が乱れるとストレスを感じやすい体質になります。

ストレスは腹痛や下腹部痛を引き起こす要因にもなるので、ストレス発散を心がけましょう。

お腹はどんどん大きくなって行きます。
運動でストレス発散を考えると、妊娠後期には運動もできなくて余計にストレスがたまる可能もあります。

体を動かす以外の趣味を見つけてみましょう。
読書、映画鑑賞、ゲーム、フラワーアレンジメント、パッチワークや編み物。
この時期から生まれる赤ちゃんのものを作るのも楽しいですよ。

どうしても体を動かしたいのであればマタニティ・ヨガなどがオススメですよ。

【妊娠初期の腹痛・下腹部痛】対処法④痛み止め

どうしても耐えられないという方は、産婦人科で相談してみましょう。
妊娠中でも飲むことのできる痛み止めを処方してもらえるかもしれません。

自己判断で市販薬の痛み止めを飲むことは絶対にやめましょう。
胎児に悪い影響が出る成分が入っている可能性があります。

正常な妊娠であれば痛みがいつまでも続くことはありません。
妊娠初期の段階では薬を飲んでも影響は少ないと言われていますが、なにかあってからでは遅いです。
最終手段と思って、できる限り痛み止めを我慢しましょう。

妊娠すると今まで普通であったものを我慢する必要が多くなります。
お酒、煙草、フレッシュチーズ、マグロやタイ、カフェイン…
薬もその一つと考えて我慢ですよ。

まとめ

妊娠初期の腹痛や下腹部痛は深刻な問題ではありません。
流産かもしれないと悩まずに、安静に過ごしてみて下さい。

もしも、いつまでもチクチクと治まらない痛みや違和感があるならばそれは何らかの合図です。
お腹の中で赤ちゃんが苦しむことのないように、医師に相談するようにしましょう。

ちょっとした痛みでも報告や連絡は大切です。

小さなこともきちんと伝えることで医師との信頼関係を築くことができます。
出産という人生最大のイベントが、信頼関係を結んだ医師や看護師、助産師さんと迎えられるようにコミュニケーションをとることを大切にしましょう。

妊娠中の食事について知りたいアナタはこちらもチェック

妊婦は明太子・たらこを食べても大丈夫?注意点は?
妊婦がカレーを食べても大丈夫?妊娠初期は要注意?
妊娠初期のカフェインの影響は?妊婦はコーヒーに注意すべき?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ