赤ちゃんの痙攣の症状と原因、対処法解説!新生児のひきつけに要注意

新生児の赤ちゃんのお世話は何かと大変なものですが、その中でも特にドキッとしてしまうのが痙攣です。ひきつけとも呼ばれる新生児の赤ちゃんの痙攣は、症状によっては要注意の場合もあります。当記事では赤ちゃんの痙攣の症状と原因、対処法についてまとめました!

赤ちゃんの痙攣の症状と原因、対処法解説!新生児のひきつけに要注意のイメージ

目次

  1. ママも思わず驚いてしまう新生児の赤ちゃんの痙攣とは?
  2. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(1)手足が震える
  3. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(2)手足や体がひきつる
  4. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(3)手足をばたつかせる
  5. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(4)口をパクパクする
  6. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(5)口から泡を吹く
  7. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(6)脈が早くなる
  8. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(7)一点を見つめて動かない
  9. 新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(8)激しく瞬きをする
  10. 新生児の赤ちゃんの痙攣はいったい何が原因なの?
  11. 新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(1)てんかん
  12. 新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(2)高熱
  13. 新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(3)脳の外傷
  14. 新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(4)低血糖
  15. 新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(5)感染症
  16. 新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(6)低酸素症
  17. 新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(7)低体温
  18. 赤ちゃんが痙攣を起こした時はどうすれば良い?
  19. 新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法(1)横向きに寝かせる
  20. 新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法(2)首周りを楽にする
  21. 新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法(3)症状を確認する
  22. 新生児の赤ちゃんが痙攣を繰り返す時は急いで病院へ!
  23. まとめ

ママも思わず驚いてしまう新生児の赤ちゃんの痙攣とは?

生まれたばかりの新生児の我が子が寝てる時に痙攣を起こしていると、子育て中のママやパパはビックリしてパニックになってしまうことがあります。

特に子育てに慣れていない新米ママやパパはいったい何が起こったのか意味が分からず、瞬時に事態を把握できないこともよくあります。

子供は大人に比べて意外とよく痙攣をおこすものですが、生まれて1ヵ月以内の新生児の赤ちゃんが寝てる時や泣くときに起こす痙攣は新生児痙攣と呼び、それ以上の月齢の子供の痙攣とは少し区別して考えられています。

新生児痙攣は特に未熟児や低体重で生まれた赤ちゃんによく起こると言われています。

新生児の痙攣は突然始まって突然終わることが多く、痙攣がおさまったあとはケロッとしている赤ちゃんもいますが、中には重篤な後遺症を残すことになるケースもあり決して油断はできません。

まずは子育て中のママやパパが気になる新生児の赤ちゃんの痙攣の症状を8つみていきましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(1)手足が震える

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の1つめは、手足が震えることです。赤ちゃんが寝てる時に手足の先が細かく震えていたりピクピクとしているのは、痙攣の可能性があります。

新生児の子育て中のパパやママは、赤ちゃんが寝てる時くらいは一緒に眠りたいという気持ちになりますが、赤ちゃんが寝てる間は時々痙攣してないか確認してあげる必要があります。

目で見ただけでは細かい手足の震えは確認できない場合もありますので、そっと手で赤ちゃんの手足を触って確認します。

痙攣を起こしている時に必ず赤ちゃんが泣くとは限りません。新生児の子育て中は大変ですが常に赤ちゃんに気を使ってあげるようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(2)手足や体がひきつる

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の2つめは、手足や体がひきつるというものです。

手足がひきつるというのは手足の関節が異常に緊張している状態です。赤ちゃんが寝てる時にピンと手足を真っ直ぐに突っ張っている時は痙攣の可能性があります。痙攣がひどい時は手足が軽く逆向きに反り返ることもあります。

新生児の赤ちゃんの手足というのは、通常であれば軽く内側に曲がっていて手の指も丸く握り込んでいるのが普通の状態です。泣くときは体全体に力が入っているものですが、手足が反り返ることはまずありません。

赤ちゃんが寝てる時にいつもとは何かが違うと感じる時は、たとえ泣くことがなくても注意深く観察しなければなりません。


◆関連記事:新生児の嘔吐の原因は?

新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(3)手足をばたつかせる

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の3つめは、手足をばたつかせるということです。

新生児の小さな赤ちゃんでも痙攣するとかなりの力で手足をバタバタと動かすことがあります。しかし体全体を使ってまるで泳いでいるかのように動く様子は普段では絶対に見られない症状で、痙攣の独特の特徴になります。

子育て中のママやパパは我が子が寝てる時にガクガクと震えながら手足をばたつかせている様子を見るとパニックになってしまうこともあるでしょう。

ばたつかせている手足を何とかしようとして赤ちゃんの体を抑え込もうとする人もいますが、これは痙攣の症状を悪化させてしまう場合があるので絶対にやめておきましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(4)口をパクパクする

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の4つめは、口をパクパクすることです。

赤ちゃんが寝てる時に何かを食べているように激しく口を動かす場合は痙攣を疑わなくてはいけません。痙攣を起こしている時の赤ちゃんの口の様子は、普通に赤ちゃんが泣くときとは明らかに違いがあります。

また新生児の場合は痙攣をおこすと同時に嘔吐することもあります。赤ちゃんが寝てる時に吐いたいものが口に溜まっていると逆流して呼吸困難を起こすことがありますので、その都度キレイにしてあげましょう。

昔の子育てでは赤ちゃんが痙攣をおこすと口に割り箸などをくわえさせるのが良いと言われていたこともあり勘違いしている人もいますが、これはかえって危険です。

泣く時や暴れた時にのどを突いてしまうと痙攣とは関係のない別の後遺症を残すことになりますので、現代の子育てでは決して痙攣の時には口には何もくわえさせないように指導されることがほとんどです。

泣く赤ちゃんが痙攣している時は口には何も入れないように気を付けましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(5)口から泡を吹く

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の5つめは、口から泡を吹くということです。

赤ちゃんが口から泡を吹いて泣く様子など日頃の子育てで見ることがないため、子育て中のママやパパ、周囲の大人は大慌てしてしまいますが、口から泡を吹いて泣くのも痙攣の1つの症状になります。

赤ちゃんが口から泡を吹いて泣く時は、普段ピンク色の赤ちゃんの頬がたいてい青白くなっていることがあります。顔面蒼白といっても良いほど具合が悪そうに見えることもあります。

また泣く赤ちゃんが急に静かになった時なども注意しなければなりません。口から出る泡は赤ちゃんが寝てる時は咳き込んだりむえたり原因になりますので、ガーゼなどで拭ってあげて様子を見る必要があります。

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(6)脈が早くなる

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の6つめは、脈が早くなるということです。

生まれたての赤ちゃんの脈は通常の状態でも大人より早いものですが、その脈がさらに早くなっている時は痙攣を起こしている可能性があります。

痙攣を起こすと泣く時だけでなく寝てる状態でも非常に呼吸が早くなり、何かに追い立てられているように脈が早くなる場合があります。

痙攣で脈が早くなると次第に手足の震えやつっぱりなどの症状も併発することもあり、子育て中のママやパパはその段階で赤ちゃんの痙攣に気付くことが多くなります。

新生児の赤ちゃんは寝てる時でも症状が急激に悪化する恐れがあるため、泣くことがなくても体調が悪そうな時はあまり目を離さないように気を付けましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(7)一点を見つめて動かない

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の7つめは、一点を見つめて動かないというものもあります。

赤ちゃんが一点を見つめて動かない時、子育て中のママやパパや思わず死んでしまったのかと怖くなってしまう人もたくさんいますが、これも痙攣の症状の1つになります。

壁や天井を見つめながらジッと目を見開いている時は、心配になって声をかけたり名前を呼んだりしてしまいそうになりますが、実は痙攣の時は大きな声で呼びかけるのは逆に危険だと言われています。

大きな声で呼びかける事で痙攣の症状を悪化させて後々の後遺症を残してしまう恐れがありますので、騒がず静かに他の症状が出ていないか赤ちゃんの痙攣の状態を確認するようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状(8)激しく瞬きをする

新生児の赤ちゃんの痙攣の症状の8つめは、激しく瞬き(まばたき)をするというものもあります。

上記では赤ちゃんの痙攣の症状で一点を見つめて動かないというケースをご紹介しましたが、赤ちゃんがパチパチと激しく瞬きを繰り返す時も注意が必要です。

子育てをしていると普段に比べて明らかに瞬きの回数が多い瞬間、または急に瞬きがなくなって一点を見つめる瞬間などを目撃することがありますが、これも痙攣の一種である場合があります。

さらに赤ちゃんが白目を向いて失神してしまった時などは激しい痙攣を起こしている場合があります。

それらの症状が一度きりであればそれほど後遺症などを心配する必要はありませんが、一日のうちに何度も何度も繰り返すようであれば深刻な原因が隠れているケースもあります。

しばらく赤ちゃんの様子を見て、そのまま症状が落ち着くかどうかで判断しましょう。


◆関連記事:新生児の夜泣きについてはこちら

新生児は夜泣きをしない?夜泣きの原因と対処法を解説します!

新生児の赤ちゃんの痙攣はいったい何が原因なの?

一度見るとドキッと冷や汗をかいてしまう新生児の赤ちゃんの痙攣ですが、これはいったい何が原因で起こるのでしょうか?

赤ちゃんが起きている時や寝てる時など時間に関係なく起こる可能性のある痙攣ですが、実は一般的に赤ちゃんが痙攣を起こすのは珍しいことではありません。

生まれたての新生児の赤ちゃんの体はまだ未熟なことが多く、ちょっとしたことが刺激になって痙攣を引き起す原因になる場合があります。

次は新生児の赤ちゃんの痙攣を引き起こすと考えられている原因を7つご紹介致します。痙攣はその原因によっては後に後遺症を残してしまう恐れもあるため、ママやパパのしっかりとした判断が必要になります。

子育て中のママやパパは我が子を守るためにもぜひご覧ください。

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(1)てんかん

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因の1つめは、てんかんです。てんかんは寝てる赤ちゃんが急に手足を激しく動かしたりする症状があり、痙攣も見られる病気です。

新生児のてんかんは色々と種類があります。生まれる前の胎児の頃に起こった脳障害が原因なるてんかん、出産時の仮死状態が原因になるてんかん、または遺伝性のてんかんなど、てんかんにも色々な原因が考えられます。

ただの新生児痙攣なのかてんかんなのかは、医師の診察を受けて脳波の検査をするまでは判断することはできません。てんかんは多くの場合で生後3ヶ月から1歳頃までに発症すると言われていますが、新生児でも症状が現れる場合もあり注意が必要です。

てんかんは早期の治療が大切だとと言われています。治療が遅れてしまうと後遺症が残ってしまう可能性がありますので、てんがんが疑われる時は早めに医師の診察を受けましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(2)高熱

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因の2つめは、高熱です。いわゆる熱性痙攣と呼ばれる症状です。

新生児の赤ちゃんは急激に高熱が出ることがあります。熱性痙攣が最も起こりやすいのは生後6か月から1歳未満の乳幼児だと言われていますが、新生児でも発症することがあります。

熱性痙攣は風邪などで熱が38度以上出ると発症しやすいと言われていて、家族が熱性痙攣の経験がある場合は特に起こりやすくなるとも考えられています。

新生児の痙攣が熱性痙攣の場合は一度きりで終わることが多く、二度目はあまり起こらないことがほとんどです。二度目の痙攣があった時は他の原因も考えながら、冷静に赤ちゃんの様子を観察しましょう。

子育て中のママやパパが気になる赤ちゃんの熱性痙攣の後の後遺症ですが、特に脳などへの後遺症は出ないと言われています。念のため痙攣がおさまった後もしばらくは赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(3)脳の外傷

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因の3つめは、脳の外傷です。

脳の外傷というと少しビックリしてしまいますが、例えば子育て中にママやパパが赤ちゃんを抱っこしていて転んでしまった時などに赤ちゃんが頭を打ってしまったりすると痙攣の原因になることもあります。

新生児の赤ちゃんは脳に外傷を受けると、その時に泣くことはなくても時間が経ってから寝てる時などに手足の痙攣を起こすこともあります。

脳の外傷が痙攣の原因になっている時は、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり嘔吐を繰り返すこともあります。脳の外傷は悪化すると大きな後遺症を残してしまうことになりますので、後遺症が心配な場合はすぐに病院で診察を受けさせるようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(4)低血糖

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因の4つめは、低血糖です。

新生児の赤ちゃんはまだお母さんのおっぱいを勢いよく飲む力がついていません。胃も小さく体力もないため、少し飲むとすぐに眠ってしまい授乳の間隔も短くなります。

あまりにおっぱいやミルクを飲まない赤ちゃんは、子育て中のママやパパは「大丈夫かな。」と心配になってしまうこともありますが、赤ちゃんはお腹の中にいる時にたくさんの栄養を蓄えてきているため、それを使って体力などを補給していることが分かっています。

しかし赤ちゃんが未熟児や早産で生まれた場合は、その蓄える栄養が足りずに低血糖になってしまう場合があります。赤ちゃんが低血糖を起こしてしまうと、寝てる時に手足の痙攣が起こり、脈が早くなって泣く元気もなくなってしまいます。

赤ちゃんが低血糖を起こした場合はすぐに対処できれば後遺症が残る心配はありません。しかし低血糖に気付くのが遅れたり治療が遅れてしまった場合は深刻な後遺症が残る場合があるため注意が必要です。

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(5)感染症

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因の5つめは、感染症も考えられます。

生まれてすぐの赤ちゃんはお母さんからもらった免疫力があるため比較的風邪などは引きにくいと言われています。しかし絶対に風邪や病気にならないわけではなく、新生児でも色々な感染症にかかってしまうことは当然あります。

新生児の赤ちゃんが脳炎を引き起こす感染症にかかってしまった場合、上記でご紹介したような様々な痙攣症状が出ることがあります。

脳炎は放っておくと重篤な後遺症を残すことになります。赤ちゃんが寝てる時に何度も痙攣を繰り返す時やまた長時間にわたって症状が落ち着かない時などは、すぐに病院で診察を受けなくてはなりません。

早い処置が後遺症を防ぐことになりますので、赤ちゃんの機嫌や顔色、痙攣の様子などをしっかりと観察して判断しましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(6)低酸素症

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因の6つめは、低酸素症です。あまり聞きなれない病名ですが、字のごとく赤ちゃんの体や脳に酸素が十分行き渡らないことが原因の病気です。

低酸素症は産まれる前、または出産時に子宮不全などが原因で赤ちゃんが仮死状態になってしまうのが原因であるといわれてます。

赤ちゃんは低酸素症になるとうまく呼吸ができなくなり、酸欠状態になります。新生児の赤ちゃんは寝てる時に低酸素症になってしまうことが多く、脳や体に大きなダメージを受けてしまうことがあります。

低酸素症は脳に酸素が行き渡らなかったり多臓器不全を引き起こす可能性もある怖い病気です。発見や治療が遅れると非常に重い後遺症が残ることもあります。

赤ちゃんの痙攣の状態が強い場合は低酸素症も疑いながら、後遺症が残ることがないように急いで医師の診察を受けるようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因(7)低体温

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因の7つめは、低体温も考えられます。

新生児の赤ちゃんの体は大人とは違って体温をうまく調整することはできません。赤ちゃんは寒くても手足をこすり合わせたり自分で布団をかけることはできませんので、周囲の大人が十分配慮してあげることが大切です。

低体温はただ寒いというだけでなく、場合によっては死に至ることもある怖い症状です。赤ちゃんが痙攣している時は低体温がかなり進んでいる場合もありますので、後遺症が残る心配もあります。

赤ちゃんは泣くことでしか意思表示をすることはできません。大人が快適に感じる室温だと赤ちゃんには寒いということも考えられますので注意しましょう。

赤ちゃんが痙攣を起こした時はどうすれば良い?

新生児の赤ちゃんの痙攣の原因は色々と考えられますが、実際に痙攣が起こった時はどう対処すれば良いのでしょうか?

ママやパパはパニックになってしまう気持ちは分かりますが、まず一度深呼吸をして落ち着くことが何よりも大切です。赤ちゃんが痙攣している時はまず赤ちゃんの安全を確保することが最優先です。

子育て中のママやパパは絶対に覚えておきたい新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法を3つご紹介致します。ぜひじっくりとご覧ください。

新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法(1)横向きに寝かせる

新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法の1つめは、赤ちゃんを仰向けではなく横向きに寝かせることです。仰向けの状態で寝かせていると吐いた物がのどに詰まる危険があります。

吐いた物がのどに詰まると気管をふさいで窒息してしまうこともありますので注意しましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法(2)首周りを楽にする

新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法の2つめは、赤ちゃんの首周りを楽にしてあげることです。

痙攣を起こしている赤ちゃんはうまく呼吸が出来ていない可能性があります。体を冷やしてしまうのはいけませんが、ベビー服の首周りのボタンを外してあげるだけで楽になることもあります。

赤ちゃんの服の首周りをゆるめた後は、軽い毛布などをかけて赤ちゃんの様子を見守ってあげましょう。

新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法(3)症状を確認する

新生児の赤ちゃんの痙攣の対処法の3つめは、赤ちゃんの痙攣の症状をしっかりと確認しておくことです。

後で病院にかかることになった時に、医師に痙攣していた時の状況を詳しく説明しなくてはなりません。赤ちゃんの痙攣の症状を詳しく説明できなければ、医師は正しい判断をすることができなくなります。

赤ちゃんが痙攣を始めた時間、継続時間、間隔、回数など必要であればメモするなどして確認しておきましょう。

新生児の赤ちゃんが痙攣を繰り返す時は急いで病院へ!

新生児の赤ちゃんが痙攣する原因は様々ですが、一度きりで痙攣がおさまる場合はそれほど心配いりません。痙攣の後でもしっかりとミルクやおっぱいを飲んで熟睡しているようであれば、ほぼ大丈夫です。

ただし痙攣を何度も何日にも渡って繰り返す時や、その症状があまりにひどい場合は急いで病院で診察を受けることをオススメします。

赤ちゃんが意識を失ってしまったり、ママやパパの手に負えないと判断した時は救急車を呼ぶことをためらってはいけません。症状がひどい時は一刻も早く医師の診察を受けられるように冷静に行動しましょう。

まとめ

新生児の赤ちゃんが痙攣する原因、症状、対処法などを詳しくご紹介致しました。可愛い赤ちゃんが痙攣を起こしているとビックリしてしまいますが、ママやパパはとにかく落ち着くことが大切です。

慌てているとつい赤ちゃんをむやみに動かしてしまったり大声を出したりしてしまいますが、そのような場合は行動する前に大きく深呼吸をして頭を冷やす必要があります。

新生児の赤ちゃんはママやパパだけが頼りです。赤ちゃんが痙攣してしまった時は上記のまとめを参考にして、適切な対処をしてあげましょう!

もっと新生児について知りたいアナタはこちらもチェック

新生児の低血糖とは?原因と症状は?どう治療すればいいの?
新生児が熱を出した!38度以上なら病院にいくべき?発熱の原因は?
新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ