台湾人女性に人気の名前TOP20!名前を3回変えられる?豆知識もご紹介

台湾人の名前について、あなたはどのくらい知っていますか?名前は中国語読み?台湾語読み?名前の決め方は?夫婦別姓だけど子供の姓はどっち?自分で気軽に改名できるって本当?など、台湾人の名前の豆知識と、人気の女性名トップ20をご紹介します!

台湾人女性に人気の名前TOP20!名前を3回変えられる?豆知識もご紹介のイメージ

目次

  1. 台湾人の名前に関する豆知識
  2. 台湾女性に人気の名前TOP20を一挙見せ♡読み方もご紹介!
  3. 台湾には日本の「花子」のような名前はあるの?
  4. 台湾には素敵な響きの名前がいっぱい!

台湾人の名前に関する豆知識

台湾の公用語は、台湾華語です。北京語をベースにした言語で、義務教育でも使われている言語なので、もっとも一般的な言語と言えるでしょう。

次に多いのが中国語です。標準漢語とも呼ばれる言語で、台湾華語との共通点が多く、イギリス英語とアメリカ英語程度の差異しかないんだとか。会話もほとんど成立するそうです。

最後に、台湾語。台湾語は年配層をメインに使われている言語で、台湾華語や中国語とはまったく違う言語であるため、会話は成立しません。

では、台湾人の名前は何語でつけられているのでしょうか?

台湾人の名前は、漢字で書かれ、中国語の読みで読まれます。家庭内では台湾語の読みで呼ばれ、外では中国語の読みで呼ばれるというケースもあります。

台湾人の名前や名付けには、日本と違う点がたくさんあります。大きな違いをご紹介しましょう。

台湾では名前を3回変えられる!

2020年現在、台湾では1人につき3回の改名が認められています。

日本でも、さまざまな理由で自分の名前を変える人はいますよね。その際には裁判所に認められる必要があり、手続きも複雑です。

しかし、台湾ではかなり簡単に名前を変えることができるとのこと。裁判所の手続きも不要です。

台湾人が名前を変える理由は、そのほとんどが「運勢を良くしたいから」なんだそうです。

台湾では、子供の名付けを占いや姓名判断で決めることがスタンダード。「今の運勢よりさらに良い運勢を手に入れたい」という人や、「今の名前は結婚運が良い名前だけど、自分は仕事運や金運の方を重視しているから」などの理由で改名ができるんです。

20代後半から30代前半で改名する人が多く、人生の方向性を決めてそれに見合う運勢を手に入れたいと考えているようです。

日本人から見れば「姓名判断なんて」と思いがちですが、台湾人にとって姓名判断はとても重要なものなので、改名の理由として十分ということですね。

台湾人は英語の名前も持っている

台湾人は、本名である中国語の名前の他に、英語圏の名前を持っています。

イングリッシュネームと呼ばれるこの名前は、通称なので、公的な手続きは一切不要。名付けに関しても、自分でつけたり人につけてもらったりと、かなり自由で気楽につけられるものだそう。

かといって、イングリッシュネームはニックネームのように一部に限定される使い方ではなく、公的な役割も果たしています。

普段から友人同士で呼び合う他にも、会社で仕事中に呼ぶこともあります。接客業に従事している人の場合、ネームプレートにイングリッシュネームが使われていますし、パスポートにもイングリッシュネームの記載欄があるほどです。

では、このイングリッシュネームはどうやって名付けられるのでしょうか?

イングリッシュネームは、英語を習い始めるタイミングでつけられるんだそう。学校で英語の授業が始まるときだったり、英会話に通い始めた頃だったりとさまざまですが、初めて英語に触れる際に名付けられるんだそうです。

名付けるのは英語の教師や親がほとんどですが、自分でつけたり友達につけてもらったりすることもあるんだとか。楽しそうですね。

また、キリスト教徒は洗礼の際にもらう洗礼名があるため、その名前をそのままイングリッシュネームとして使うこともあります。

親しい人はフルネームで呼ぶ

台湾では、面識のない人に呼びかける際に、姓に敬称をつけます。日本でいうところの「さん」に当たるのは、相手が男性なら「先生」、女性なら「小姐」などです。

ある程度面識がある人に対しては、名前を呼び捨てにしたり、ニックネームで呼んだりします。仲の良い友達ではなく会社の同僚程度の間柄でも、名前を呼び捨てにするのが基本です。台湾人にとって、呼び捨ては無礼ではありません。

本当に近い間柄なら、姓も含めたフルネームで呼び合います。家族や仲の良い友達や恋人などです。呼び捨てよりもフルネーム呼びが親しさの証とは、日本との違いを感じますね。

苗字と合わせて漢字3文字が一般的

台湾の人の名前は、漢字で書くと、姓が1文字と名前が2文字の合計3文字であることが一般的です。姓が2文字の人や名前が1文字の人もいますが、最大でもフルネームで合計4文字でとなります。

フルネームで4文字から5文字が一般的な日本人名とは、かなり違いますね。

台湾は夫婦別姓

かつては、結婚した女性は、夫の姓の後に旧姓をつけた2文字の姓に変わるのが普通でした。Aさんという女性がBさんという男性と結婚した場合は、夫であるAさんの姓はそのままですが、妻であるBさんはBAという姓を持つということです。

現在の60歳以上の夫婦ではこのケースに当てはまります。

子供に関しても、BさんとBAさんの間に生まれた子供の姓は、自動的に夫側の姓であるBであるとされていました。しかし、現在は、両親のうちどちらの姓を名乗るかを決めることができるようになっています。

子供の姓を決めるには、両親の合意が必要です。しかし、両親が合意に至らなかった場合も多そうですよね。そういった場合にはどうやって決めるのでしょうか?それは、なんとくじ引き!

くじ引きで名前を決めるなんて、ちょっと考えられませんよね。しかも、役所で段ボールの中に手を突っ込んで「夫姓」「妻姓」の札のどちらかを引き当てるといったシンプルな方法が一般的なんです。

また、子供が成人するまでに1度だけ姓を変えるチャンスがあり、申し出があれば姓を変えられるようになっています。

台湾女性に人気の名前TOP20を一挙見せ♡読み方もご紹介!

20位:淑華(シュファ)

淑華(シュファ)は、女性らしい美徳と華やかなイメージが同居した名前です。

「淑」は、「貞淑」や「淑女」という単語に使われていることからも分かるように、大人しく物静かな女性といった意味。「華」は、華やかさを表す漢字です。

日本語読みなら「シュクカ」ですが、「華」を「ファ」と読むと、一気にほんわかしたイメージになりますね。

19位:恵君(フェンジュン/フェィンジュン)

「君」という、日本では男性をイメージさせる漢字を使っていますが、女性名です。

恵君(フェンジュン/フェィンジュン)の「恵」は、恵まれている・縁起が良いという意味があります。日本でも同じ意味で使われている漢字ですね。「君」は尊敬という意味がありますので、恵まれていて人から尊敬されるような人という意味の名前になります。

日本語の音読みでは「ケイクン」ですが、中国語読みだと柔らかい響きになりますね。

18位:春美(チュンメイ)

日本人でも「春美(ハルミ)」という名前の女性がいますが、台湾人の女性でも同じ漢字を使った名前があります。同じ漢字文化の国なんだと改めて実感しますよね。

台湾人の「春美」は「チュンメイ」と読みます。「春」は季節の春を表し、暖かさや芽吹きを表しています。「美」は見た目の良さを表す漢字です。どちらも、女性らしいイメージの字ですね。

17位:怡君(イージュン)

「怡」には、喜ぶ・楽しむ・和らぐという意味があります。日本では人名にはあまり使われない漢字ですし、人名に使われるとしても女性名にはまれでしょう。

「君」は尊敬という意味があり、怡君(イージュン)は、良い人生を送って他人から尊敬される人という意味が込められています。

2015年と2016年に生まれた女の子の名前ランキングでは、2年連続で2位となっています。

16位:美麗(メイリー)

美麗(メイリー)の「美」は見た目が良いこと。「麗」も同じく姿かたちが良いという意味があるので、とにかく美しい女性に育って欲しいという親の願いが見える名前です。

日本語では音読みで「ビレイ」と読みますが、中国語読みでは「メイリー」となります。日本人の名前でも「美麗(ミレイ)」という女性名があります。

どちらの漢字も見た目の良さを表す漢字なので、美人にしか似合わなそうで、少し気おくれしそうですね。

15位:雅婷(ヤーティン)

雅婷(ヤーティン)は、上品さや優雅さが感じられる名前です。

「雅」は日本では「優雅」「雅(みやび)」と読まれ、風流で洗練された様子を表す漢字ですよね。台湾でも同じで「雅」は洗練された上品さを表しています。また、「婷」にはしなやかという意味があります。

2015年と2016年に生まれた女の子の名前ランキングで2年連続1位を獲得している、人気の名前です。

14位:雅娟(ヤージュェン)

雅娟(ヤージュェン) は、女性らしくしなやかで美しいという意味が込められている名前。「雅」は風流で上品という意味があり、「娟」には美しい・麗しいといった意味があります。

美しく品の良い女性や、高貴な雰囲気を持った女性をイメージさせる名前ですね。

13位:美恵(メイフェン/メイフェィン)

日本でも「美恵」と書いて「ミエ」という女性名がありますが、台湾では「美恵」と書いて「メイフェン/メイフェィン」と読みます。ファ行の音の響きが、なんとも柔らかくて和みますね。女性らしい音の響きではないでしょうか。

「美」は見た目の良さを表し、「恵」は縁起の良さ・恵まれているという意味があります。どちらも演技が良い漢字で、名前にピッタリです。

12位:語彤(ユートン)

語彤(ユートン)は、響きに少し固さがありますね。どんな意味が込められているのでしょうか?

「語」という字は、物語や語り部に使われていることからも分かるように、ストーリー・喋るという意味を持っています。「彤」は、明るさを表す漢字。他人に話しかける明るい女性像をイメージできますね。

また、「他人に語れるほど明るい人生を歩んでいって欲しい」という願いが込められた名前でもあります。

11位:雅玲(ヤーリン)

中国語圏の名前っぽい響きである、雅玲(ヤーリン)。どこか可愛らしい響きがあります。

「雅」には風流・上品などの意味があり、「玲」には鮮やか・美しいといった意味があります。雅玲は、上品で洗練された美を持つ女性という名前です。

10位:淑貞(シュヂェン)

淑貞(シュヂェン)という名前は、淑やかで品がある印象の名前。

日本では、おしとやかで品があり、男性より3歩下がって歩くような女性の様子を「貞淑」といいます。漢字の並びは違いますが、「貞淑」とほとんど同じ意味を持った名前です。

「淑」は上品でおしとやかな様子を表し、「貞」は節操と品位があるという意味。女性らしいしとやかさのある人になって欲しいという意味が込められた名前です。

9位:麗華(リーファ)

麗華(リーファ)という名前は、見た目が良く、華やかという意味を持つ名前。日本語で「華麗」という単語がありますが、漢字がまったく同じで、意味もほとんど同じです。

「麗」は、綺麗・麗しいといった、ルックスの良さに使われる漢字。「華」は華やか・豪華など、派手な美しさを表しています。

麗華という名前には、大輪の花のようなイメージがあります。例えるなら、バラやヒマワリのような、パッと目を引く目立つ美しさを感じさせる名前ですね。

2012年に生まれた女の子の名前ランキングで1位を獲得した人気のある名前で、北東部で特に多いという特徴があります。

8位:子晴(ズーチン)

「子」には人格が優れた人という意味があり、「晴」には昼間の青空という意味があります。子晴(ズーチン)という名前には、快晴の空のように爽やかな人に育って欲しいという願いが込められているようですね。

2001年から2011年までの10年間で生まれた子供、つまり、2020年現在の10代の女の子の名前で2番目に多いというデータもあり、2018年に生まれた女の子の名前人気ランキングでは2位でした。

7位:美玲(メイリン)

日本語の名前として、美玲(メイリン)とまったく同じ名前で「美玲(ミレイ)」がありますね。女優の桐谷美玲さんが有名でしょう。

「ミレイ」が「メイリン」に変わっただけで、一気に中華圏らしい響きになりますね。「メイ」も「リン」も、中国人女性の名前や愛称として一般的だからでしょう。とても美しい響きです。

「美」には見た目が良いという意味があり、「玲」には鮮やか・美しさという意味があります。また、「玲」は、涼やかな鈴の音という意味も持っています。このことから、「美玲」には、美しい女性という意味が込められた名前となります。

2013年の名付けランキングで2位となっていた名前でもあります。

6位:宥蓁(ヨウヂェン)

「宥」という漢字にはゆるす・大目にみるという意味があり、「蓁」は草木が生い茂った様子を表しています。

宥蓁(ヨウヂェン)は、大らかな心を持って実りの多い人生を歩んで欲しいという願いが込められた名前です。

5位:品妤(ビンユー)

品妤(ビンユー)という、可愛らしい響きの名前は、近年人気が出てきた台湾人女性の名前です。

「品」には品性という意味があり、「好」には美しい・好ましいという意味があります。品好は、品があって人から好感を持たれる人になって欲しいという願いが込められた名前です。

女性として品は大事ですし、人に好かれることは人間として大事ですよね。

4位:淑恵(シュフェン/シュフェィン)

淑恵(シュフェン/シュフェィン)は、女性として恵まれている様子を表している名前です。2013年に生まれた女の子の名前ランキングで3位となった名前でもあります。

「淑」は女性としての美徳を表し、「恵」は恵まれる・縁起が良いという意味があります。どちらの漢字も、昔から女性の名前によく使われている定番の文字です。

3位:品妍(ビンイェン)

品妍(ビンイェン)は、品行方正で艶やかで美しいという意味が込められた名前です。中身も外見も良いものであって欲しいというのは、女の子の親として贅沢な願いではないでしょう。

ビンイェンという音の響きは、跳ねるようで、とても可愛らしいですね。2018年に生まれた女の子の名前人気ランキングで3位でした。

2位:詠晴(ヨンチン)

詠晴(ヨンチン)はここ数年で人気が出た名前。2018年に生まれた女の子の名前ランキングで、トップを獲得している名前でもあります。

「詠」という漢字には、声を出して詩や歌を詠むという意味があります。「晴」という漢字は昼間の青空を意味していて、透き通った抜けるようなイメージ。我が子には、空のように透明感があり、清楚で、のびのびとした性格や環境を望む親が多いということでしょう。

また、「詠」は詩や歌に繋がる漢字なので、知的なイメージも与えられますね。

1位:淑芬(シュフェン)

淑芬(シュフェン)は台湾でもっともポピュラーな名前と言っても過言ではないほど、多くの人につけられている名前です。

2013年と2014年に生まれた女の子の名前ランキングで、2年連続トップを獲得した人気の名前でもあります。また、2010年からずっと人口ランキングトップを維持しています。特に台湾西部で多い名前だという統計もあります。

「淑」という漢字にはおしとやかさや女性としての品格という意味があり、「芬」には、香りたつ・名声が高い・評判が良いという意味があります。素敵な内面で評判になるような素晴らしい女性という意味がある名前です。

4位にランクインしている淑恵(シュフェン/シュフェィン)も同じ読みですが、中国語の発音は幅が広く、淑恵と淑芬では発音が違います。

台湾には日本の「花子」のような名前はあるの?

日本人の名前にも流行り廃りがあるように、台湾人の名前にもそのときの流行があります。また、日本では、男性名に使う漢字と女性名に使う漢字がなんとなく分かれていますが、台湾にも同じ文化があります。

台湾で古典的な名前は、男性なら「志」という漢字が入ったもの。女性では「雅」「淑」「秀」という漢字が入った名前が代表的です。

また、「雅」「淑」「秀」の3文字は女性名に使われる漢字なので、この3文字が入っていたら、女性名と思ってほぼ間違いないでしょう。

台湾には素敵な響きの名前がいっぱい!

いかがでしたか?

台湾人の中にある、名前というものに対する感覚は、日本人とは大きく違うということが分かりますね。

日本では、生まれたときに付けられた名前は一生物です。結婚によって姓は変わることがあっても、名前は基本的に死ぬまで同じものを使うからです。

一方、台湾では、名前にさほど執着してはいない様子が伺えます。それもそのはず、台湾人にとって、名前とは自分に付随する記号のようなものだからです。

台湾の子供たちは、生まれたときにつけられた名前だけでなく、いろいろな名前で呼ばれながら成長します。漢字は同じでも、親からは台湾華語の読みで呼ばれ、外の世界では中国語の読みで呼ばれることもあります。

さらに、年配者からは台湾語の読みで呼ばれることもあります。そのため、生まれながらにして複数の名前の読み方を持っているのです。

さらに、キリスト教徒なら洗礼の際に洗礼名をもらいます。英語の授業が始まれば、キリスト教徒以外の子供たちもイングリッシュネームを与えられますので、名前の数はさらに増えることになります。

1つの文字・1つの読みを唯一の名前として持っている日本人とは、感覚が違って当然とも言えるでしょう。

台湾では3回も改名できますし、子供の姓をくじ引きで決めるような、自由奔放な一面もあります。名付けも改名もほとんどが姓名判断を基本としていますし、子供の姓も運任せというところから、「運命」や「占術」を重要視しているんですね。

近年の台湾では、過去によく使われていた定番の名前ではなく、ドラマや芸能人の名前を由来とするなど、占術にとらわれない名前や名付け方法も増えてきました。名前に関してとても自由な台湾ですから、今後さらにさまざまな名前が出てくるのかもしれませんね。

その他の国の人名についてはこちらもチェック!

ギリシャ人に人気の名前男女別TOP22!神話に基づく名前が多い?
スペイン人の名前の構成と特徴!有名人を男女別に10人ご紹介♡
アラブ人の名前の特徴や人気の名前10選!自分の名前が3つある?
インド人の名前51選!ヒンディー語でお金持ちや上品を意味するものも!

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ