頭の回転を速くする方法!頭を鍛える訓練11個!【簡単】

頭の回転が速い人は、計算を間違えない、容量がいい、小さなミスをしないなど仕事や日常生活で正確さがあります。 頭の回転を速くする方法で、脳が鍛えられますし、会話もスムーズになります。そんな頭の回転を速くする方法や習慣などを解説します。

頭の回転を速くする方法!頭を鍛える訓練11個!【簡単】	のイメージ

目次

  1. 【はじめに】頭の回転を速くしたい!
  2. 頭の回転を速くする方法は、記憶力をつける習慣
  3. 頭の回転を速くする方法 ウォーキングが効果的
  4. 頭の回転を速くする方法、脳に刺激を与える
  5. 頭の回転を速くする方法と脳の働きのバランス
  6. 想像力や表現力を鍛えるには、日記をつける習慣が良い
  7. 頭の回転を速くする方法と訓練 11選
  8. 頭の回転を速くする方法と訓練1.読書をする
  9. 頭の回転が速くなる方法と訓練2.わからないことを追求する
  10. 頭の回転を速くする方法と訓練3.賛成派と反対派で討論会
  11. 頭の回転を速くする方法と訓練4.日常でよく考えることをする
  12. 頭の回転を速くする方法と訓練5.責任感を持つ
  13. 頭の回転を速くする方法と訓練6.素早い行動
  14. 頭の回転を速くする方法と訓練7.レシピを見て料理する
  15. 頭の回転を速くする方法と訓練8.会話をする
  16. 頭の回転を速くする方法と訓練9.文章を書く
  17. 頭の回転を速くする方法と訓練10.日常で新鮮さを感じる
  18. 頭の回転を速くする方法と訓練11.記憶をたどる
  19. 仕事ができる人は、頭が切れる人
  20. 頭の切れる人の特徴
  21. 頭の回転を速くする方法について、理解できたでしょうか?

【はじめに】頭の回転を速くしたい!

仕事をする上で、頭の回転がもっと速かったら、と思うことはありませんか?
「元々そんなに頭が良くないし…」とネガティブに考え、諦めていてはもったいないですよ。
訓練やトレーニング次第で、今からでも頭の回転を早くすることは十分に可能です。

どんな方法があるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

頭の回転を速くする方法は、記憶力をつける習慣

頭の回転を速くする方法に、夜寝る前に一日の記憶を思い出すことが役に立ちます。
記憶をたどって、思い出す能力を使い脳を鍛えれます。
眠る前に、一日にしたことを思い出すだけなので簡単ですね。
一日の思い出を振り返ることは、記憶力の向上に役立ちます。
同じミスを繰り返す人に効き目があります。
習慣づけると、記憶力が良くなるでしょう。

頭の回転が速くなる食べ物として、チョコレートが知られていますが、食生活に頼ることは十分な効果が得られないです。
頭の回転を速くするために、健康的な食生活を送るだけでは期待外れになります。
頭の回転を速くする訓練は、しんどくないので食習慣以外で試した方がいいでしょう。
確かに、ヘルシーな食習慣も大事です。
規則正しい生活と脳を鍛える訓練を並行してするべきです。

睡眠不足は、頭の回転を妨げる

頭の回転を速くするためには、十分な睡眠をとることです。
生活習慣で、睡眠時間は頭の回転を速くするために必要です。
体と脳を休めることで、頭の回転が速くなります。
訓練やトレーニングよりも、楽で誰にでもできる習慣ですね。
徹夜などをした後は、頭の回転が遅くなっているはずです。
健康管理に気を付けて、休息を十分にとってください。
頭の回転を速くするためには、生活習慣を見直すことも大切です。

頭の回転を速くする方法 ウォーキングが効果的

脳に必要な物は、「ブドウ糖」と「酸素」です。
毎日、ウォーキングする習慣をつけると体の血流が良くなって、脳に良い刺激を与えます。
刺激というよりは、脳の血液の循環が良くなって、脳の働きがアップするのです。
ウォーキングも、汗をかくくらいの距離を歩くといいでしょう。
体の調子も良くなるはずです。
歩くことが嫌いな場合は、ウォーキングを脳のトレーニングだと考えて頑張って実行してください。

頭の回転が速くなることは、とっても気分の良いことです。
ストレッチ運動のような、体を伸ばす動きも脳にいい効果があります。
脳のトレーニングは、勉強や暗記などでなくて、体の適度な運動が必要です。
ストレッチを習慣づけて毎日すると、頭の回転が速くなるといえます。

頭の回転を速くする方法、脳に刺激を与える

脳の働きを活発にするには、初体験をすることも重要です。
初めての経験は、脳に新鮮な刺激を与えて、ひらめきを感じさせます。
頭の回転を速くするためのトレーニングは、知っていることや習慣づけることをする以外に、初めての経験をすることも効果的です。
初めての経験は、脳を十分に働かせて、頭の意回転も速くなります。
トレーニングや訓練とは違いますが、はじめてのことにチャレンジすることも大事です。

脳を鍛える方法やトレーニングで、脳にいい刺激を与えて記憶力や理解力をアップさせます。
人との会話や対応に、頭の回転の速さが関わってきます。
頭の回転を速くする方法は、人とのコミュニケーションをうまくすることです。
人との対話や関わりを順調にできることは、頭の回転が速いことだと考えられます。
行動や言葉に、頭の回転良さが現れるのです。

頭の回転を速くする方法、スピードリスニングで理解力を高める

テレビでも紹介されているスピードリスニングは、脳のトレーニングにいい効果があります。
スピードリスニングで、理解力がアップするのです。
英会話を身に着けるためのスピードリスニングは有名です。
会話を理解することで、頭の回転を速くさせています。
理解力をつけたい人に、ピッタリな方法です。
頭の回転を速くするためには、理解力以外に計算力、想像力、表現力が必要です。

頭の回転を速くする方法と脳の働きのバランス

脳トレゲームは、ニンテンドーDSなどで大人気になりましたが、記憶力や理解力などに効果があります。
ゲームなので、楽しみなら遊び感覚でできることも魅力です。
頭の回転を速くするために必要な要素が、脳トレゲームにあります。
ですが、脳トレゲームでは想像力と表現力が身に着けれません。
脳トレゲームをしても、想像力と表現力をつけるための別なトレーニングが必要になります。
脳の働きのバランスを保つためには、脳トレゲームだけでは、不十分かもしれませんね。

頭の回転を速くするために、脳が活発に働く時間を知っておきましょう。
脳は、午前中に働きが良くなります。
早起きをして、脳の働きが良い時間にウォーキングやストレッチをしてから栄養のある朝食を食べると、素晴らしく脳にいいですね。
早起きは三文の徳といいますが、頭の回転を速くしたり、脳を鍛えるために良い時間帯は朝なのです。

想像力や表現力を鍛えるには、日記をつける習慣が良い

頭の回転を速くするためには、文章を書くことも役立ちます。
日記をつける習慣は、簡単でお金もかかりません。
作文を書く事や日記をつけることは、表現力や想像力を発達させます。
文章を書くために、頭を働かせてよく考えるので、脳にいい刺激が与えれます。
脳を鍛えるには、文章力をつけることも効果があるのです。
毎日、日記を書く習慣をつけてみてください。
頭の回転が速くなるはずです。

頭の回転を速くするのは、思考能力のアップが必要なようです。
理解力と記憶力、想像力、表現力などは、日常で身に着けることができるように思えます。
ですが、正しい生活習慣と食習慣、適度な運動など健康的な生活を送ることは、時間にも余裕が必要です。
仕事や家事などに追われる忙しい日々には、健康的な生活は無理かもしれません。
だから、睡眠時間をたっぷりとったり、日記をつける習慣だけでも簡単だから実行してみてください。
睡眠時間を削って仕事をすると、頭の回転が悪くなるだけです。
睡眠時間が短くても、深い睡眠ができるといいでしょう。

■参考記事:分割睡眠は体に良い?悪い?コチラも参照!

分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?

頭の回転を速くする方法と訓練 11選

頭の回転を速くするためには、速読や暗記力の訓練などがあります。
頭の回転を速くする訓練は、飽きないで続けられる内容が重視されます。
そして、興味がもてる楽しい訓練ならいいですね。
頭の回転を速くする訓練で、苦しみがなく辛さもない、手軽で簡単な訓練の内容を伝えます。

頭の回転を速くする方法と訓練1.読書をする

頭の回転を速くするために、多くの本を読むことがお勧めです。
自分の興味のある本を、できるだけたくさん読むことで、頭の回転を速くする訓練ができます。
読書の時間が必要ですが、眠る前に読んだりテレビを見るより読書するといいでしょう。
読書をすることで、あらゆる視点から物事を見ることができるようになります。
さらに、自分の考えにない意見や思考を、本の内容から知ることができます。

頭の回転を速くするには、できるだけ多くの本を読む必要があります。
だから、読書をする習慣をつけることがおすすめです。
読書をして、想像力や理解力、表現力などを鍛えます。
本はどんな内容でも構いません。
本を読むことで、視界が広くなり考え方に柔軟性があるようになります。

頭の回転を速くするためには、柔軟性が必要

物事を深く考えて理解することは、難しいです。
頭の回転を速くするために、理解力以上の要素を鍛えるトレーニングは読書が効果的です。
読書は、頭の働きに柔軟性をあたえます。
堅物でなくて、何事にも広い思考能力で考えられる力が頭の柔軟性です。
心の広さとは違います。
脳が鍛えられる訓練になるのが読書です。

頭の回転が速くなる方法と訓練2.わからないことを追求する

頭の回転が速くなる訓練は、日ごろからわからないことがあれば、「なぜ」か「何」かつきとめることです
不思議な事には、理解できるまで追いかけて原因究明するといいでしょう。
わからないことをそのままにしてはいけません。
頭の回転を速くするためには、わからないことを理解できるようになることが訓練であり、トレーニングになります。

不思議なことを知ることは、脳にいい刺激を与えます。
全くわからないことを知れた時は、気分がすっきりするように頭の働きも活発になっています。
頭の回転が速いことは、脳が鍛えられている状態です。
質問をして答えを知ることも、頭の回転を速くする訓練になるでしょう。

頭の回転を速くする方法と訓練3.賛成派と反対派で討論会

ひとつのテーマについて賛成派と反対派に別れて、討論会をすることをディベートといいます。
頭の回転を速くする訓練で、ディベートはベーシックなトレーニングになります。
ディベートをすることで、頭に新鮮なアイデアや意見を思いつかせて刺激を与えます。
自分が賛成派でも反対派でも、まったく違う意見を聞いて、答えを考える必要があります。
賛成派や反対派に説得できる意見を発言する必要があるので、頭の回転の速さが重要になります。

ディベートは、難しい訓練です。
賛成派と反対派に別れて討論するので、人数が必要です。
グループになれる人数を集めて、テーマを決めることが大切です。
上手くいけば、楽しんで意見を発言しあえて、刺激しあえる討論会になるでしょう。
人の意見を聞くことも自分だけの意見を発表することも、頭の回転の速さの訓練になります。

頭の回転を速くする方法と訓練4.日常でよく考えることをする

日常では、自分の知らないことがたくさん見つかります。
知らないことに興味をもって、理解や納得ができるまで考えましょう。
考えることは、頭の能力を高めることになります。
常に考えることは、頭の回転を速くする訓練になります。
考えるとは、脳を働かせて答えを見つけることになるはずです。

一人で考えることは、いつでもどこでもできます。
考え込むと脳を休ませんが、疲れたりしないでしょう。
頭の回転の速さは、考えることがトレーニングになるのです。
考えることを面倒だと思わないで、しっかり考えることをしてみましょう。

考えるテーマは、永遠にあるはず

自分の考えを、誰かに伝えることは大事です。
考えた結果を話して、意見を返してもらうことは、脳を鍛える訓練になります。
頭の回転を速くするトレーニングを、自然にできる方法です。
考えて伝える、意見を聞くなどコミュニケーションに考えることを取りいれるのです。
考えることは、いつでもできる訓練です。

頭の回転を速くする方法と訓練5.責任感を持つ

自分の持つ意見に対して、責任のある行動をとることが大切です。
頭の回転の速さと責任感は、深く関わりがあります。
頭の回転の速さは、責任のある行動によって身につくのです。
意見を伝えたら、即行動に移すと頭が良く働くでしょう。
頭の回転が速いことは、責任のある行動で示されます。

責任感は、心理的な事だけでなくて脳の働きにも関係します。
無責任なことを言ったり、無責任な態度をとることは、頭を働かせていないことになります。
頭の回転を速くするために、責任をとれる発言や行動を選ぶことです。
脳を鍛えながら、責任感のある人物を目指しましょう。

頭の回転を速くする方法と訓練6.素早い行動

頭の回転を速くするために、行動を速くすることも重要です。
考えて即実行に移すことは、頭にいい刺激を与えます。
ダラダラした生活は、頭の回転を遅くします。
頭の回転をよくするためには、てきぱきした行動をとることが大切です。

行動が速いと、脳の働きも良くなります。
頭の回転の速さは、行動の素早さに表れるのです。
頭の回転が速くなると、短時間でしたいことができるかも知れません。
やりたいことをたくさんできる感じで、素早く行動すると気分もいいはずです。
行動を素早くすると、積極的に見えます。
自分の時間を頭の回転を速くして、活発に行動して有意義に過ごしてみましょう。

頭の回転を速くする方法と訓練7.レシピを見て料理する

レシピを見ながら、新たなアイデアや食材を使って料理することは、頭の回転を速くします。
頭にレシピを記憶していることも、脳の働きに効果的です。
料理が好きな人なら、楽しみながらできるでしょう。
新しいレシピの開発は、自分なりに工夫してレシピに手を加えるといいのです。
頭でレシピを考えることは、頭の回転の速さを高めます。

レシピを本などで調べることは、脳の働きにいいです。
プロの料理人の仕事は、常に高級食材を扱って美味しい料理を作っています。
プロの料理人の仕事は、頭の回転が速くなることばかりです。
レシピを見て料理をすると、自分で作った美味しい料理が食べれて嬉しさも感じれます。
レシピに手を加えることや料理をすることは、頭の回転に速さにいい影響を与えます。

■参考記事:芸能人もおすすめの料理のレシピ、コチラも参照!

料理上手な芸能人まとめ!彼女たちのおすすめレシピとは?

頭の回転を速くする方法と訓練8.会話をする

討論会は、数人のグループ同士で意見を対立させる構成ですが、一対一の会話も頭の働きを良くします。
頭の回転が速いと会話のテンポも良いでしょう。
たのしく会話することは、リラックスできて脳にもいい効果があります。
会話は、日常でできる頭の回転を速くするトレーニングになります。
家族や友人と出会うか電話で、長話することも大切です。

誰かと会話することは、知らなかった情報やこれからの予定などを話し合えるから、脳に新しい情報が伝わります。
新しいことを知ることは、頭の回転を速くします。
興味がもてることは、脳にいい刺激になるのです。
頭の回転の速さは、会話することで進歩します。

頭の回転を速くする方法と訓練9.文章を書く

本をたくさん読むように、文章をたくさん書く事が頭の回転を速くすることに役立ちます。
日記を書く事を勧めましたが、作文や手紙など日常で文章を書く事に取り組んでみてください。
頭の回転の速さで、アイデアや発想が思い浮かんで、文章を書き続けれます。
文章をたくさん書いて、豊かな想像力をつけれるのです。
文章を構成して、書く事はとっても頭の回転を速くして理解力などを高めます。

手紙よりも今はメールの送信が一般的です。
メールを頻繁にする若者が多いですが、ペンで文章を書く事も大事です。
頭の回転にいい影響があります。
パソコンや携帯で、文章を書く事も頭の回転を速くするでしょう。
文章を書き続ける習慣を身に着けることは、脳の働きをを活発にします。

毎日、会話して文章を書くと頭のトレーニングになる

頭の回転を速くする方法で、会話と文章を書く事は身近に感じれますね。
会話は、家族や同僚、恋人、友人など誰とでもできるのです。
文章も、メールや手紙で頻繁に書くといいでしょう。
会話は、2人いれば成り立ちます。
文章は一人で書けます。
会話と文章は、日常で簡単に頭に回転を速くする方法です。

頭の回転を速くする方法と訓練10.日常で新鮮さを感じる

脳は新しいことを感じると、鍛えられます。
初めて作る料理や食事するメニューの選択など、マンネリ化を避けて生活することも頭が切れる行動です。
頭が切れる行動は、とってもいい印象を与えます。
食事以外にも、出かけたことのない場所に旅行に行ったり、新しい服を買ったりしても、頭の回転が速くなるでしょう。
頭の回転が速くなって、頭が切れると仕事でも活躍できます。
頭の回転が速い訓練は、新しさを発見することで頭が切れるようになり、新しい自分を発見できます。

頭が切れるということは、誰も知らない新しいアイデアが思い浮かぶようなことです。
新しい自分自身の発見も、頭が切れると見つかるでしょう。
仕事場で、頭の回転が速かったり、頭が切れる行動が評価されるはずです。
頭の働きは、てきぱきした行動と人の心に届く会話で、十分にわかります。
頭が切れるということは、自分勝手な行動をしないでよく考えて行動していることです。

頭の回転を速くする方法と訓練11.記憶をたどる

記憶を思い返すことは、頭の回転を速くすることに役立ちます。
頭の回転が速いと、記憶を思いだすことができるのです。
昨日食べたものや、昔の思い出など記憶を思い出すことは大切です。
頭の回転を速くするために、写真などを見て思い出を思い返すことも良いでしょう。

記憶は、忘れたりもします。
だから、一日前の記憶を思い出すだけでもいいのです。
記憶を思い出すことは、頭を十分に働かせます。
仕事でも、記憶は大切です。
仕事で出会った人や会話、会議の内容などを思い出すことも頭の回転を速くします。
仕事の記憶を思い出すことは、頭の切れる働きができることになるかもしれません。

仕事ができる人は、頭が切れる人

頭が切れる人には、特徴があります。
それは、理解力、発想力、直感力、整理力、記憶力、想像力や国語力があることです。
頭の回転が速い以上に、頭が切れる人は、脳を働かせているようです。
頭が切れる人は、賢くて仕事もできる人材です。
仕事で活躍することがあるでしょう。
頭が切れる人は、仕事の効率も良くて、頭の回転の速さも優れています。

頭が切れる人は、経験や知識があります。
自分の知識を活かして、自分の感じる直感力やは想像力などと合わせて、仕事を段取りよく進めるでしょう。
仕事では、頭の切れる発想がオリジナルのアイデアとして認められるようなことになるでしょう。
頭の回転の速さを身に着けたら、頭の切れる人になれるように頑張ってみましょう。
頭の回転を速くする訓練やトレーニングは、頭の切れる人になれる素質を作ってくれるでしょう。

頭の切れる人の特徴

頭の切れる人は、情報を大切にします。
どんな情報源も記憶にとどめて、使えるときに思い出して仕事に役立てたりします。
自分の意見をはっきり伝えることができるのも、頭の切れる人の良いところです。
行動や判断力にスピード感があり、物事の決断も速いです。
人からの信頼が厚いことも、頭の切れる人の特徴です。

頭が切れる人は、ストリートスマートと呼ばれています。
頭がいい人は、学歴が高く仕事でキャリアのある人でアカデミックスマートと呼ばれています。
ストリートスマートの頭が切れる人は、誰もできないことをしたり、誰も予想しないこと気付いたりするのです。
頭の切れる人には、勉強以外の知識があるのですね。
どんなことでも勉強になりますが、頭の切れる人は頭の回転が速いだけでなく、突然のハプニングで平然と対応できる解決策を見つけることができる方法を知っています。

■参考記事:ハイスペック男子って?コチラも参照!

ハイスペック彼氏・男子とは?職業・条件は?出会いはどこにある?

頭の回転を速くする方法について、理解できたでしょうか?

頭の回転を速くする方法は、理解力以上のことを高める訓練が必要です。
頭の回転が速くなると、日常や仕事で活き活きとしていられるでしょう。
頭の回転が速い訓練の後は、頭の切れる人になれるように知識や経験を積むのもいいですね。
頭の回転が速いと自分自身が見えてくるでしょう。

仕事ができるようになる方法、もっと情報を知りたいアナタに!

想像力を鍛える方法!想像力が欠如している人と豊かな人の違いって?
段取り力を高める方法9選!仕事の効率を上げるポイントとは!
洞察力が鋭い人の特徴7選と洞察力の鍛え方を解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ