赤ちゃんの目やにが多い!原因は?新生児の片目だけにでることも?

新生児の赤ちゃんを見ていて、目やにが多いと感じることはありませんか。目やにが片目だけに出ていたり、色が黄色や緑など、気になる症状も多いと思います。今回は、新生児や赤ちゃんの目やにを調査しました。目やにの原因や取り方など参考にしていただければ幸いです。

赤ちゃんの目やにが多い!原因は?新生児の片目だけにでることも?のイメージ

目次

  1. 赤ちゃんの目やにが多い理由は?新生児の目の病気?徹底調査
  2. 新生児/赤ちゃんの目やにの原因:第1「ほこりや花粉」
  3. 新生児/赤ちゃんの目やにの原因:第2「風邪のウイルス」
  4. 新生児/赤ちゃんの目やにの種類:第1「黄色・黄緑・緑の目やに」
  5. 新生児/赤ちゃんの目やにの種類:第2「白い目やに」
  6. 新生児/赤ちゃんの目やにの種類:第3「ねばねばした目やに」
  7. 新生児/赤ちゃんの目の病気:第1「目が充血している」
  8. 新生児/赤ちゃんの目の病気:第2「目やにに血が交じって見える」
  9. 新生児/赤ちゃんの目の病気:第3「目やにが多い・痛み・結膜炎」
  10. 新生児/赤ちゃんの目の病気:第4「逆さまつげ」
  11. 新生児/赤ちゃんの目の病気:第5「涙の穴にゴミが詰まる」
  12. 新生児/赤ちゃんの目の病気「先天性鼻涙管閉塞」とは
  13. 新生児/赤ちゃんの目の病気「先天性鼻涙管閉塞」の症状
  14. 新生児/赤ちゃんの目の病気「先天性鼻涙管閉塞」の治療法
  15. 新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「取り方」は?
  16. 新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「目薬」は?
  17. 新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「母乳点眼」?
  18. 新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「部屋」は清潔に?
  19. 新生児/赤ちゃんの目やにが多い時は病院へ行くべき?
  20. 新生児/赤ちゃんの目やにを毎日チェックしよう

赤ちゃんの目やにが多い理由は?新生児の目の病気?徹底調査

赤ちゃんの目から大量に目やにや涙が出ていますか。赤ちゃん、特に新生児は泣く回数が多いので、通常でも目やにはたくさん出ますが、片目だけから出ていたりして目の病気の場合もございます。さらに、逆さまつげなど、病気以外のこともあり、判断が難しいです。今回は、赤ちゃんの目やにについて調査しました。黄色・緑色の目やにや、目やにの取り方など、参考にしていただければ幸いです。

■参考記事:赤ちゃんはいつから目が見えるの?コチラも参照!

赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?

新生児/赤ちゃんの目やにの原因:第1「ほこりや花粉」

目やには、涙や老廃物の分泌と、ほこりや花粉など外的なもの、様々なものが混じっています。通常、新生児や赤ちゃんが活動している昼間は涙が出ますが、就寝中は涙の分泌が減り、通常、涙目にはなりません。特に、新生児の寝返りしない赤ちゃんの場合はしょっちゅう泣いているので判断しにくいですが、片目からだけ出ていないか、目やにの色が白色や黄色、緑色など観察してみてください。目やにを取る際は下記の「取り方」も参考にしていただければ幸いです。

新生児/赤ちゃんの目やにの原因:第2「風邪のウイルス」

風邪をひくと、鼻の中の粘膜が膨張して、涙が吸収されにくくなります。そのため、目に涙が溜まるんです。また、不純物を取り除く働きをする目やにも、ウイルスが多い黄色や緑色のものが出やすくなります。さらに、涙にも殺菌作用があるので、風邪のウイルスや雑菌を摂るため分泌が多くなります。そして、大人でもそうですが、体調が悪いと気分が落ち込みやすく、ストレスもたまり、それを洗い流すための涙が出やすいといわれます。

ウイルス性結膜炎のアデノウイルスが原因の場合、涙やさらさらした目やにがたくさん出たり、結膜が充血したり、まぶしさを感じたり、目の周囲や顎の下のリンパ節が腫れや痛み、場合によっては黒めに白濁点が数か月も残るという症状が現れます。目の痛みやかゆみが出ますので、赤ちゃんにはとても辛い症状になります。掻くことで、傷がついて出血し、目やにに血が混じることもあるんです。目やにの取り方ですが、下記にまとめております。

アデノウイルスの潜伏期間は5日間から2週間で、片目だけに出ていても、ほとんどの場合は片目だけでは終わらず、もう片方にも感染します。片目だけだと安心しないことが大切です。流行性角結膜炎、通称「はやり目」の場合、水が感染の媒体になるので、プールやスイミングは欠席しなければなりません。さらに、タオルや洗面器具の共有で家族にも感染症の可能性がございます。目やにの取り方も参考にしていただければ幸いです。

新生児というよりも、1歳から5歳までの子どもは注意が必要だといいます。はやり目を起こすウイルスは、エンテロウイルスという、アデノウイルスの他、へルパンギーナや手足口病の原因となるウイルスです。他の細菌に混合感染する場合があり、予防のために抗菌薬の点眼を行います。ただ、それ以外では、はやり目は自然治癒で3週間ほどすれば完治します。黒めに白濁が出た場合には、ステロイドの目薬が処方されます。

■参考記事:赤ちゃんの鼻水が気になったら、コチラもチェック!

赤ちゃんの鼻水の対処法!咳が出るときは要注意?鼻水を取る方法も解説

新生児/赤ちゃんの目やにの種類:第1「黄色・黄緑・緑の目やに」

新生児でも、目やにが黄色い、黄緑・緑色をしている場合、風邪などの感染症の可能性がございます。目やにの取り方ですが、目やにには直接触れず、やさしくつまみ取るように拭き取ったら、きれいに洗剤で洗うか、ガーゼなどで拭いて捨てましょう。風邪以外にも、黄色や緑色の目やには、結膜炎鼻涙管閉塞、逆さまつ毛が原因であることもあります。いずれにしても、黄色や緑色の目やにの場合は感染症が考えられます。

新生児/赤ちゃんの目やにの種類:第2「白い目やに」

目やにの色を観察して、黄色や緑色ではなく、乾いた白い目やにならば、健康上、全く問題ございません。体から出る老廃物や、ホコリ・花粉の混じった通常の目やにです。しかも、少し乾燥していることが多いです。この目やには心配ございませんので、清潔なガーゼや洗浄綿、タオルをぬるめのお湯で湿らせてやさしく拭きとってあげましょう。下記の「目やにの取り方」のところも参考にしていただければ幸いです。

新生児/赤ちゃんの目やにの種類:第3「ねばねばした目やに」

黄色・緑・黄緑の目やにの場合と同じく、感染症の可能性がある目やにです。粘り気があって拭き取りにくいですが、取り方は、つまむようにして取り、取ったらガーゼごと捨てるか、洗剤などできれいに洗って消毒しましょう。下記の「目やにの取り方」も参考にしてください。粘りのある黄色・緑色の目やにが何日も続いたりして気になる場合は病院を受診して相談してみてください。

新生児/赤ちゃんの目の病気:第1「目が充血している」

目の白い部分は結膜があり、毛細血管が通っていますが、通常は白く見えます。もし、ウイルスや細菌、アレルギーなど外的な刺激があると、血管が浮き上がり赤く充血して見えます。さらに、眠たい時や、たまたま目がかゆくて目をこすった場合でも、充血します。赤ちゃんの目は弱いので、これらの原因で充血しやすいんです。

新生児/赤ちゃんの目の病気:第2「目やにに血が交じって見える」

赤ちゃんは、目がかゆいときは自分で書いてしまいますが、その際、目の周りの柔らかい皮膚が切れて血が出ることがございます。その血が目やにや涙に混ざっていることが多いです。目がかゆいことは問題で、アレルギー性や結膜炎のこともあります。掻いて雑菌が入って悪化しないように病院で診てもらいましょう。目やにがひどい場合は取り方にも注意し清潔な手で行いましょう。

新生児/赤ちゃんの目の病気:第3「目やにが多い・痛み・結膜炎」

目やにが多い、痛みがある様子があるというときは、結膜炎の可能性が大きいようです。一刻も早く、病院を受診しましょう。どの病院を受診すればわからない場合は市町村の時間外診察をする大きなセンターの外来に行ってみましょう。その前に、#8000に電話をして、目やにの色が黄色や緑色だというのを相談したり、目やにの取り方や病院への行き方について相談するのもおすすめです。

結膜炎とは、目の粘膜の炎症で、粘膜に雑菌などが付着することが主な原因です。黄色や緑色の膿のような目やにが出ます。目の粘膜とは、まぶたの裏側と目の表面を覆う薄い膜のことであり、結膜と呼ばれています。赤ちゃんの結膜は大人よりも免疫が弱いため、ホコリや雑菌がつくことが多いです。もし、ウイルスが原因の場合は、家族にもうつる病気なので、早急に治療が必要です。

また、結膜炎にはいくつかの種類があり、細菌性の他、アレルギー性やウイルス性もあります。細菌性は、肺炎球菌やインフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌が手について、その手で目をこすったりすると目の充血や黄色い目やになどの症状が出るのが特徴です。黄色や緑色の目やにの場合、重症化することは少なく、除菌や手洗いなどで感染予防できます。

アレルギー性結膜炎は、ホコリや花粉などが原因ですが、新生児ではなく多くが3歳以降から大人に多く見られるそうです。さらに、アレルギー性結膜炎の場合は目やには出ず、充血や目のかゆみ、涙、くしゃみ・鼻水などが出ます。また、両親にアレルギーがある場合、遺伝する場合もあるそうです。

医師の診断の方法は、まぶたの裏などを見て充血したりしていると分かれば、さらに結膜を綿棒でこすって組織をとり、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査で判定が行われます。その他、涙液の中のアレルギー抗体を調べたり、目やにの培養検査などをする場合もございます。判定まで病院でしばらく待ちます。

ウイルス性結膜炎は、アデノウイルスなどの菌がついた手で目をこすったり、プールで水を介して感染します。症状としては、まぶたの腫れや目がゴロゴロする違和感、目の充血、涙目、発熱やのどの痛みも考えられます。これらの症状は、川崎病や麻疹などでも見られますので、自己判断せずに、まずは病院へ行ってみましょう。

新生児/赤ちゃんの目の病気:第4「逆さまつげ」

通常、逆さまつげは2歳から3歳で自然にまぶたの脂肪が落ちて引き締まり、治るようです。それまでは、まぶたの裏側や目の表面の結膜が刺激を受けると目が充血したりします。赤ちゃんのまぶたは脂肪の厚みで腫れぼったくなっており、逆さまつげになりやすいといいます。大きくなるにつれ、逆さまつげが改善することがほとんどですが、違和感があると、赤ちゃんも目をこすってしまいますので、雑菌が入りますます悪化します。

さらに、逆さまつげで繰り返し結膜炎になることもあります。この場合、数日は様子を見ますが、なるべく早めに、病院へ行きましょう。また、病院で逆さまつげの治療ができるようですので、相談することをおすすめします。充血の場合は、他にも原因が考えられるので、自己判断は避けましょう。もし、病院に行くのが大変な事情がある場合は、電話のホットラインなどで相談してみてはいかがでしょうか。

■参考記事:赤ちゃんが笑うのはいつから?コチラも参照!

赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児が笑う理由とは?

新生児/赤ちゃんの目の病気:第5「涙の穴にゴミが詰まる」

大人でも赤ちゃんでも、涙の穴にゴミなどが詰まると鼻涙管閉塞という目の病気になります。鼻涙管とは、目頭の近くにある涙の穴です。涙は常に目から出ているんですが、ほとんどはこの穴から体内に戻っているんです。吸収された涙は鼻腔に入り鼻水になります。また、90%が吸収されずに蒸発するといわれています。鼻涙管がほこりなどで詰まると、鼻腔へ流れなくなって、目に溜まって涙目の状態が続きます。

さらに、鼻涙管が詰まると、涙だけではなく、目やにもたまります。このように、鼻涙管が詰まって涙や目やにが絶えずある症状を鼻涙管閉塞といいます。また、涙がたまっており、泣いているように見える場合もありますが、特に新生児は素人では状態が分かりにくいので、目やにだけではなく涙が気になる際は、早めに医師に相談してみてはいかがでしょうか。

新生児/赤ちゃんの目の病気「先天性鼻涙管閉塞」とは

鼻涙管閉塞には先天性鼻涙管閉塞と後天性鼻涙管閉塞の2種類があります。まず、先天性鼻涙管閉塞は、生まれつきのものですが、鼻涙管に異常があるもので、赤ちゃんの片目だけに起こることが多いのも特徴だそうです。90%が発症から1年も立たないうちに自然治癒するようですが、病院での治療も行われます。赤ちゃんが片目だけで泣いていないか、確認してみてください。

さらに、後天性鼻涙管閉塞は、主に中高年の女性に見られ、鼻炎や結膜炎などの鼻・目の病気から起こることが多いようです。もし、赤ちゃんの目やにが目を覆うほど溜まったり、涙を拭いても拭いても涙があふれる、片目だけから涙がこぼれている場合は先天性鼻涙管閉塞が疑われます。片目だけであれば、一度、病院で医師に相談してみてはいかがでしょうか。

片方の目だけ充血している・涙が多い

先天性鼻涙管閉塞の症状が、片目だけに現れることも珍しくありません。片目だけ充血してしまっていることも多いようです。また、白目で充血していないように見えても下まぶたを少し引っ張って真っ赤であれば充血していると判断するようです。結膜炎や川崎病、麻疹など他の病気の場合でも片目の充血の症状がございますので、急いで医師に相談してみてください。

新生児/赤ちゃんの目の病気「先天性鼻涙管閉塞」の症状

先天性鼻涙管閉塞の症状は、片目または両目に涙や目やにが絶えず貯まっている「流涙」・「涙目」と呼ばれる症状が主な症状です。涙が出ると、通常なら涙の通り道から再び目に吸収されるはずが、涙の通り道が何らかの原因で閉塞したり詰まったりしており、たまる一方になってしまいます。

涙がたまっていくと菌が増殖してどんどん悪化しますが、放っておいても治らないので、早急に眼科を受診しましょう。新生児の赤ちゃんで、特に目やにがひどくて目が開かなかったり、泣いていないときに涙がたまっているという場合は、先天性鼻涙管閉塞の疑いがあると思ってよいようです。

新生児/赤ちゃんの目の病気「先天性鼻涙管閉塞」の治療法

病院での診断

病院では、医師が目頭付近をマッサージして、鼻涙管の開通を試みます。これにより鼻涙管が開通すれば、なにもせずに自宅に帰されます。新生児のうちは、鼻涙管が開通していなくてもマッサージをしてもらい、このままで様子見となりますが、さらに、病院によっては、1mm以下の内視鏡やファイバースコープで涙管の閉塞部を観察するなど、原因となる部分を特定します。

病院での処置

先天性鼻涙管閉塞はマッサージで自然治癒させられることもありますが、さらに、赤ちゃんが生後6か月になっても開通しない場合、針・ブジ―で開通手術を受けます。目頭のあたりにある涙の通り道が詰まると、涙嚢部が腫れ上がり涙嚢炎(るいのうえん)になるため、涙管を閉塞するか、狭窄部を拡張して、涙を流す通り道を作る処置・手術が行われます。

手術は、ブジ―と呼ばれる針を鼻涙管に差して生理用食塩水を流すという方法がとられます。生理用食塩水が順調に鼻腔に流れていかず、目に逆流すれば鼻涙管が詰まっており、治療が必要だという事です。また、この針は、鼻涙管という穴に差すので、注射とは違って刺して痛いものではないので、じっとしていれば痛くはありません。所要時間は5分程度で、保護者は立ち入り禁止の場合が多いようです。

また、ブジ―で鼻涙管を開通させた後、穴が再びつぶれないように、ヌンチャク型シリコンチューブを涙管に取り付けて、一ヶ月ほど穴をキープします。また、改善が見られない場合、涙道と鼻腔を人工的に接続する手術・涙嚢鼻腔吻合術(るいのうびくうふんごうじゅつ)が必要だといいます。

家庭でのケア

涙の通り道が閉塞していると涙が目に溜まって細菌が繁殖してしまいますので、赤ちゃんの目を清潔なガーゼでこまめに拭いてあげましょう。さらに、母乳は、ウイルスを撃退する作用があるので、鼻の穴に塗布すると風邪予防になり、点眼すると目薬になるといわれています。母乳点眼を行う場合は清潔な状態を保ちましょう。

また、母乳点眼は小児科や産院で推奨されている場合もありますが、あくまで民間療法だそうですので、これのみに頼るのはなく、必ず病院の指示に従いましょう。どうしても母乳点眼したい場合は医師に相談しましょう。そして、目頭をマッサージして点眼すると効果が上がるともいわれています。いずれにしても、手指をきれいにしてから始めてみてください。

新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「取り方」は?

目やにを取る際は、取り方だけではなく、その前の手洗いなども大切です。まず、手や周辺を清潔にし、清潔なガーゼや洗浄綿、タオルが必要です。それを、きれいなお湯で湿らせて拭くと、目やにがすっきり取れて赤ちゃんも気持ちが良くなります。目薬を使う際など、目のケアでは清潔保持を意識して行いましょう。

目やにの取り方は、ガーゼや洗浄綿、ティッシュでつまみ取ります。ガーゼの場合は、小さく切ってある医療用のものなどを使用すると、すぐに捨てられて感染防止にもなり、片付けも簡単です。ガーゼでの取り方としては、汚れたらその部分は折り返して、常にきれいな面でふき取ってあげるようにします。赤ちゃんの爪も短めに切って、目を掻いてしまった場合に傷つかないようにしましょう。

新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「目薬」は?

処方される目薬

風邪などウイルス性結膜炎の場合、抗生物質では効果がなく、免疫ができるまでは、結膜の炎症を抑える目薬を差しながら様子を見ます。治癒するまで一週間以上かかるとされています。また、細菌性結膜炎の場合は、一週間ほど抗生物質入りの目薬をさしていれば治まるようです。アレルギー性結膜炎は、アレルギーに効く目薬を差しますが、アレルギー源を除去するのも大切だといいます。

目薬の差し方

目薬は、市販の目薬ではなく、病院で処方してもらいましょう。病院で目薬をもらったら、差し方を聞いて、回数・容量などの指示も守りましょう。抗生物質が入っていたり、使用期限が一週間などで、目薬の使用方法は厳しいんです。さらに、目薬を差す際に、赤ちゃんが嫌がる場合、仰向けに寝かせた状態で頭をママ・パパの両膝で挟み、赤ちゃんの手はママ・パパが目薬を持っていない手で押さえると差しやすいといわれています。

家族がいれば、手伝ってもらうと、負担が少ないでしょう。また、赤ちゃんが、目に差すのを怖がる場合は、お風呂上りなど清潔な状態の目頭や目の周囲に目薬を適量落とし、少しそのまま仰向けを保ちながらまばたきを待って、自然に目に入るようにしてあげましょう。そして、目薬がまぶたなどに当たると容器に雑菌がついて不潔ですので、直接触れないように注意が必要です。使い終わったら残りは捨てます。

新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「母乳点眼」?

母乳に免疫力があり、赤ちゃんにとって大切な栄養分であることは医学的にも間違いないようですが、目やにや鼻涙管閉塞の症状を母乳点眼で改善できるのかは、医学的に証明されていないんです。残念ながら、江戸時代から伝わる民間療法だといわれているだけで、病院で目薬をもらうのが一般的です。ただ、母乳点眼を推奨する産婦人科や小児科も実際にはございますので、ぜひ、一度相談してみてください。

新生児/赤ちゃんの目やにを見つけたら「部屋」は清潔に?

赤ちゃん、特に新生児の赤ちゃんは、ほこりっぽい部屋には大人よりも敏感です。こまめに掃除をして、ほこりが溜まらないようにしたり、空気清浄機を使用したりするのが手っ取り早くホコリを除去する方法です。さらに、屋外の空気がよい場所なら、窓を開けるのもよいでしょう。ウイルス防止にもなりますし、空気がきれいになって目やにを改善させられる場合があるようです。

また、新生児がいる部屋では、音やホコリを立てて掃除機をかけるのもはばかられる場合があります。そのような場合は、最近話題のセスキ水やクエン酸など、お掃除の便利グッズを活用して、拭き掃除をしてみてはいかがでしょうか。産褥期で動くのが辛い産後のママの家庭では、掃除自体が大変ですが、スティック型のモップや、使い捨てタイプのワイパーなどを利用してみてホコリの除去に努めてみてください。

とはいえ、普段からきちんと掃除をしているという家庭も多いと思います。赤ちゃんがいるという事で、なおさら気を付けているという人もいます。そのため、よほどのほこりまみれの部屋ではない限り、ホコリや花粉に対して過剰に反応するのではストレスもたまりますし、目に見えない部分の掃除をするのは実際にも大変です。気づいたところから毎日少しずつホコリをとるようにしてみてはいかがでしょうか。

新生児/赤ちゃんの目やにが多い時は病院へ行くべき?

赤ちゃん、特に新生児の赤ちゃんは、涙が出ていても、小さくてわかりづらいかもしれません。しかし、毎日目を観察して、異変があれば次の日には病院を受診しましょう。薬局に行っても、新生児の赤ちゃんに使えるお薬はほとんどないどころか、どんな病気が隠れているかもわかりません。家庭でできる事は、目やにの取り方に気を付けたり、できるだけ清潔にすることでしょう。

新生児/赤ちゃんの目やにを毎日チェックしよう

赤ちゃんの目やにや充血の原因はいかがでしょうか。片目だけから目やにが出たり、様々な原因で目やにが出ます。さらに、新生児の赤ちゃんは泣くことも多く、病院に行くべきか判断しづらいこともありますが、不安や心配でストレスになるくらいなら、気軽に相談にいってみてはいかがでしょうか。また、目をかゆがったり、痛がったりしていないかの観察も必要です。目やにの取り方など、ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

赤ちゃんの子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

産後2ヵ月のママが自分の体と赤ちゃんについて知るべきこと
新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説
赤ちゃんの白湯はいつから?作り方・飲ませ方は?便秘に効果がある?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ