赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは目がまだ見えていないと言いますが、実際のところどのくらいの視力なのでしょうか?新生児の赤ちゃんの視力はどのように発達していくのでしょうか?この記事では、新生児の赤ちゃんの目の発達に心配なことについてみていきたいと思います。

赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?のイメージ

目次

  1. 新生児の赤ちゃんの目は見えていないって本当?
  2. 新生児の赤ちゃんの目の視力はどのくらい?
  3. 新生児の赤ちゃんの目が開かないのはどうして?
  4. 新生児の赤ちゃんの目 いつから見えるようになる?
  5. 【新生児の赤ちゃんの目】生後1ヶ月から2か月の視力
  6. 【新生児の赤ちゃんの目】生後3か月から5か月の視力
  7. 【新生児の赤ちゃんの目】生後6か月からの視力
  8. 【新生児の赤ちゃんの目】1歳頃の視力
  9. 【新生児の赤ちゃんの目】視力1.0になるのは何歳?
  10. 新生児の赤ちゃんの目 視力の発達で注意するべき点は?
  11. 新生児の赤ちゃんの目 ママと目が合わない!原因は?
  12. 新生児の赤ちゃんの目 病気を疑うべき症状
  13. 新生児の赤ちゃんの目 知覚の発達にも視力はとても重要!
  14. 新生児の赤ちゃんの目 目を使った遊びもたくさんしてみよう!
  15. 赤ちゃんには美しいものをたくさん見せてあげましょう!!

新生児の赤ちゃんの目は見えていないって本当?

赤ちゃんが生まれて、子育てが始まると、赤ちゃんの一挙手一投足がとても気になるものです。

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは、いつも寝てばかりいて、なかなか目がパッチリと開けてくれません。

そんな赤ちゃんの子育てをしていく中で、たまたま赤ちゃんの目がパッチリと開いて、目が合うととてもうれしくなるものです。

でも、そんな何をやってもかわいいとしか思えないような産まれたばかりの赤ちゃんと、目が合っても、実はお母さんの顔というのは赤ちゃんからはほとんど見えていないってご存知ですか?

生まれたばかりの赤ちゃんの目の視力はまだ未発達で、ほとんど視力がないと言われています。

生まれたばかりの赤ちゃんの目の視力はどのくらいで、どのように発達をしていき、いつから見えるようになるのでしょうか?いつからちゃんとお母さんの顔が見えるようになるのでしょうか。

この記事では、いつから赤ちゃんの目が見えるようになるのか、気になる赤ちゃんの目や視力がいつから見えるようになるのか、その発達についてみていきたいと思います。

■参考記事:赤ちゃんが笑うのはいつから?コチラもチェック!

赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児が笑う理由とは?

新生児の赤ちゃんの目の視力はどのくらい?

さて、まずは産まれたばかりで子育てが始まったばかりの新生児の赤ちゃんの目の視力はどのくらいあるのでしょうか?!

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは視力がほとんどないとは言っても、全く見えずに真っ暗闇を見ているわけではありません。

0.01~0.02ほどの視力があり、明るいとか暗いといった明暗ははっきりと認識して見えるようです。

視力0.01というのは、通常行われる、輪っかの空いている方向を答えるランドルト環と呼ばれる視力検査では、一番上の7.5cmの輪が50cmの距離で判別できる視力です。7cmもの輪が50cmまで行かないと見えることがないということは、視力0.01の人は、眼鏡やコンタクトをしなければ、新聞や本を読むことさえ難しいものです。

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、ほとんどその世界で生きていることになります。

その上、色の判別は、黒と白、グレーが見えるだけで、物の輪郭を認識することはできません。

眼球を動かしてあちらこちらを興味深く見ているように見る時でも、物がはっきりと見えるわけではなく、目的もなくただ眼球を動かしているだけなのです。

新生児の赤ちゃんの目が開かないのはどうして?

みんな目が開かない状態で、閉じてこの世に生まれてきます。そして、目が開くまではしばらくの時間がかかるので、中にはなかなか目が開かないことにやきもきする家族の人も多いようです。

新生児の赤ちゃんの目が開かないのはどのような理由があるのでしょうか。

まず、新生児の赤ちゃんの目がいつ開くのか開かないのかというのは、個人差が非常に大きいものです。

赤ちゃんが生まれた時というのは、目をパッチリと開けてこの世に誕生する赤ちゃんはいません。

生まれてすぐに目が開いた子もいれば、なかなか開かないで退院する頃にようやく開いたという子もいます。

自分の赤ちゃんの目が開かないのに、一緒に新生児室にいる子がみんなパッチリと目を開けていると、焦ってしまう気持ちもわかります。

しかし目が開かないない赤ちゃんでも、1週間くらいすればみんな開くものなので、心配し過ぎないようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの目が開かないのにはどんな原因が?

新生児の赤ちゃんの目の開く時期には個人差が大きいとは言っても、他の子が目を開いているのに、自分の子だけが目が開かないと不安になってしまいますよね。

なかなか目が開かないのにはどのような原因があるのでしょうか。

目が開かない原因には、むくみや目やにがひどいといったことが考えられます。

お腹の中では赤ちゃんはずっと羊水の中に浸かっていたので、顔がむくんだ状態で生まれてきます。大人でも顔がむくむと、目が細くなったりしますよね。赤ちゃんも同じ状態になって目が開かない時があります。しばらく経ってむくみが収まると目が開くようになります。

新生児の赤ちゃんはずっと寝てばかりいるので、目やにが出やすい状態になっています。目やにが糊のようにまぶたにくっついてしまうと、開けたいのに開かない時もあります。気が付いたらこまめにガーゼのハンカチでふき取ってあげましょう。

赤ちゃんの目が開かない原因で、心配しなければいけないのは眼瞼下垂症というものです。新生児の場合は先天的なもので、上瞼がうまく動かずに目が開かない病気です。自然に治ることはないので、治療が必要になりますが、新生児のうちは診断を下すことができません。病院と相談をしながら様子を見ましょう。

新生児の赤ちゃんの目 いつから見えるようになる?

新生児の赤ちゃんの視力は、ほとんど見えない状態で、色の判別もできないために、物の形などを認識することができないこともわかりました。

それでは、赤ちゃんの目の視力というのはどのように発達をしていき、見える時期はいつからなのでしょうか?

ここから赤ちゃんの目の視力がいつから見えるようになりどのように発達するかについていろいろと見ていきましょう。

【新生児の赤ちゃんの目】生後1ヶ月から2か月の視力

まず、生後1ヶ月から2ヶ月までの時期の赤ちゃんの視力についてみていきましょう。

生後1ヶ月から2か月だと視力はまだ0.01から0.02程度ですが、自分の顔の近くにあるものをじっと見つめるようになってきます。

だいたい20cm から50cmぐらいのところにお父さんやお母さんの顔を近づけると、じっと見つめてくれるので、だっこした時にはよく顔を見せてあげましょう。

生後2ヶ月になると、物の色や形が見えるようになってきます。顔の前でゆっくりと物を動かしてあげると目で追うこともあります。

【新生児の赤ちゃんの目】生後3か月から5か月の視力

生後3ヶ月から5ヶ月ぐらいの時期になると、視力は0.04から0.08くらいになります。

視力0.08というのは、ランドルト環の一番上の7.5cmの輪っかが4mの距離で認識出来る視力です。

この頃になると、自分を抱いてあやしてくれている人の口元が笑っていることが認識できるようになってきます。


また、左右の目を連動させて焦点を合わせることもできるようになり、動くものを目で追う追視がはっきりと始まります。

生後4ヶ月から5ヶ月になると奥行きが理解できるようになり、目と手の動きが連動して発達するようになってきます。

色の認識は赤をしっかりと認識できるようになり、徐々に他の色も区別できるようになってきます。

【新生児の赤ちゃんの目】生後6か月からの視力

生後6ヶ月くらいの時期になると、視力は0.1ぐらいまで発達します。

視力0.1というのがどのくらいの視力かというと、ランドルト環の一番上の7.5cmの輪っかが5m離れたところから認識できる視力になります。

今までは周囲の状況を判断するのに、音や気配、においで判断していましたが、人の顔がはっきりと認識できるようになり、お父さんやお母さんと他の人の顔をはっきりと区別できるようになるので、人見知りが始まるようになります。

お座りも始まり、見える風景も変わることから、いつからか興味の幅がどんどんと広がっていく頃になります。

【新生児の赤ちゃんの目】1歳頃の視力

1歳くらいの時期になると、どのくらいの視力になるのでしょうか。

1歳になると視力は0.2から0.25程度まで発達して、目の前のパンくずなどの細かいものまで認識できるようになります。

上下左右や、奥行きなの空間の立体の認識ができるようになるので、行動の幅がどんどんと広がっていくのがこの時期です。

子育てをしているお母さんにとっては、いよいよ本格的に目が離せない時期に入っていきますが、この時期は脳への刺激を送れば送るほど、視覚等の知的能力がぐんぐんと発達していく時期になります。

赤ちゃんの行動の幅を制限するのではなくて、いろいろなものを見せてあげて、興味があるものにどんどんと触れさせてあげることが大切になります。

■参考記事:新生児の沐浴はいつまで?コチラもチェック!

新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説

【新生児の赤ちゃんの目】視力1.0になるのは何歳?

1歳になると、視力はぐんぐんと発達していきます。

そして、だいたい3歳くらいの時期になると、1.0まで視力が上がります。

その後は1.0から1.5くらいの間で落ち着く子供が多いようです。

新生児の赤ちゃんの目 視力の発達で注意するべき点は?

子育てをしていく中で、視力の発達を考える上で、今日つけなければいけないことがあります。

それは、どういったことかというと、テレビとスマホ、パソコンといった赤ちゃんの目の形に影響を与える機器の使い方です。

子育てをしていると、お母さんの手がどうしても家事で離せなくて、テレビやスマホに子育てをお願いしなければいけないこともよくありますよね。

それはそれで、現在の日本の子育て事情の中ではどうしようもない点もあるのですが、テレビやスマホを見続けると、赤ちゃんの知能の発達や視力の発達に大きな影響を与えることがわかっています。

また小学校に入る時点で、いつからか裸眼視力が1.0に見たない子供も増えています。

テレビを長時間見せ続けた子供は、将来的に視力が低下することが多いことがわかっています。また、テレビを見る時間が1時間増えると、7歳になった時に注意欠陥障害になる確率が1割増えると言われています。

最近では、子育ての中にスマホを取り入れるお母さんも多くなってきましたが、スマホのブルーライトは未発達な赤ちゃんの目には刺激が強すぎます。

赤ちゃんの頃から近くにあるスマホをじっと見続けることで、立体視力に影響が出ることがわかっています。

立体視力がうまく発達しないと、将来的に障害物をよけることができなかったり、階段を踏み外したりする可能性が高まります。

テレビやスマホを子育てに利用する時には、時間を制限して使うようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの目 ママと目が合わない!原因は?

赤ちゃんの視力の発達を考えるときに、目が合わないことを心配するお父さんお母さんが多くいます。

他の人と目が合わないというと、自閉症や発達障害を心配する人がいますが、目が合わないからと心配することはあまりありません。

正直なところ1歳までの通常な発達をしている赤ちゃんでも、大人と目が合わないことはよくあることです。

人の顔の認識ができるようになってくる生後3ヶ月くらいになると、お母さんの黒い目玉をじっと見ることで目が合うことがありますが、それは目だと認識しているからではなくて、黒い球を見つめているのでしょう。

この時期から、目が合わないからと言って、自閉症などを心配するお母さんもいますが、この時期に親が思う様に目が合う方が稀です。目が合わないからと言って、心配し過ぎることは全くありません。

お父さんやお母さんが赤ちゃんに目を合わせても、思ったように目が合わないことがあるのは、他に興味があったり、まだはっきりと目を合わせるまでには発達が追い付いていないこともあります。

赤ちゃんは、大人から見るととても気まぐれなので、大人が思うように目が合わないことも良くあります。

自閉症などの診断はいつからできるかというと、3歳くらいにならないと正確な診断ができません。自閉症や発達障害が疑われる場合には、目が合わないことの他にも、症状がみられるものなので、あまり目が合わないことが多くて心配な時には、小児科の先生に相談してみるのもいいかもしれません。

新生児の赤ちゃんの目 病気を疑うべき症状

目が合わないなど気になる症状がある時には、弱視や斜視などの異常を先天的に持っている場合もあります。

斜視は、左右の眼球が違う方向を向いていることでわかります。新生児は左右の眼球が違う方向を向いていることが覆いのですが、1歳になっても治らなければ眼科に相談しましょう。

弱視はメガネやコンタクトで矯正しても、十分な視力が出ないことをいいます。赤ちゃんの頃に弱視は見つけて診断をして、適切な治療や視力の矯正を行わないと、光の刺激を脳で視覚情報として処理する神経回路が形成されずに、視覚障害者として生活しなくてはいけなくなる場合もあります。

1歳を過ぎて、視力が他の子に比べると弱いのではないかと感じることが合ったら一度診察を受けましょう。

新生児の赤ちゃんの目 知覚の発達にも視力はとても重要!

私たちが生活する上で、自分の体の外側にある情報を、私たちは体の五感を使って受け取って、様々な判断を瞬時に下しながら生活をしています。

実は、この五感で感じて利用している自分の外側にある情報の約8割は視覚情報だということはご存知でしょうか。

赤ちゃんの目の視覚の発達を適切に促してあげることは、将来的に生活をしていく上で、適切な判断を瞬時に下せるようになるためにとても大切なことになります。

子育ての中で、赤ちゃんの目の発達のこともしっかりと考えた子育て生活を送るようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの目 目を使った遊びもたくさんしてみよう!

赤ちゃんの資格の発達を促すためには、目を使った遊びをすることも大切です。

赤ちゃんの視覚の発達を促す遊びは、赤ちゃんの月齢に応じて変化させていきます。

生後1ヶ月間では赤ちゃんと視線を合わせて、1点をじっと見つめる練習をさせてあげましょう。

生後1ヶ月からは追視の練習をします。目の前でゆっくりと音が鳴るおもちゃを振りながら、おもちゃに注意を促します。赤ちゃんがおもちゃを見たら、ゆっくりと上下左右に動かします。

生後3か月になったら、鏡を見せて自分を認識する練習をさせてあげましょう。最初のうちは鏡にうつっているのが自分だとは分かりませんが、いつからか徐々に認識してきます。

4か月になると人の表情を認識できるので、いろいろな表情を見せる、にらめっこやいないいないばあ等の遊びをしてあげましょう。

赤ちゃんには美しいものをたくさん見せてあげましょう!!

この記事では、赤ちゃんの目の視力についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど目が見えないものですが、そこからの発達のスピードというのはとても驚くべきものがありますよね。

目から得られる視覚情報というのは、赤ちゃんがこれから長い人生を生きていく上でとても大切なものになります。

また知能の発達にも大きな影響を及ぼすものになります。

ぜひ、赤ちゃんにキレイなものや美しいものを沢山見せてあげて、赤ちゃんの脳をステキな景色の視覚情報で満たしてあげて下さい!!

新生児の子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

新生児は夜泣きをしない?夜泣きの原因と対処法を解説します!
新生児が熱を出した!38度以上なら病院にいくべき?発熱の原因は?
新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について
新生児の授乳時間・間隔の目安は?時間が長い・短い原因と対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ