妊娠9ヶ月の過ごし方!体重増加やお腹の張りはどんな感じ?

長かった妊娠生活もいよいよ9ヶ月目に入りました!妊娠9ヶ月目はお腹の張りを強く感じたり、眠いと感じる妊婦さんが多いようですが、どんな過ごし方をするのがいいのでしょうか?!体重増加など気になる妊娠9ヶ月目の過ごし方についてお伝えします!

妊娠9ヶ月の過ごし方!体重増加やお腹の張りはどんな感じ?のイメージ

目次

  1. 妊娠9ヶ月!臨月まであと1ヵ月!!
  2. 妊娠9ヶ月の赤ちゃんの成長は?
  3. 【妊娠9ヶ月の赤ちゃん①】皮下脂肪が増えてくる!
  4. 【妊娠9ヶ月の赤ちゃん②】体重が急激に増加!
  5. 【妊娠9ヶ月の赤ちゃん③】35週目には器官がほぼ完成!
  6. 【妊娠9ヶ月の赤ちゃん④】胎動が大人しくなってくる
  7. 妊娠9ヶ月のママの様子と体調は?!
  8. 【妊娠9ヶ月のママ①】お腹が大きくなって生活に支障が…
  9. 【妊娠9ヶ月のママ②】お腹の張りを頻繁に!
  10. 【妊娠9ヶ月のママ③】昼でも眠い!眠いのはなぜ?
  11. 【妊娠9ヶ月のママ④】体重が増加しやすい!
  12. 【妊娠9ヶ月のママ⑤】息切れや動悸が…
  13. 【妊娠9ヶ月のママ⑥】胸やけ・胃もたれが…
  14. 【妊娠9ヶ月のママ⑦】頻尿・尿漏れ
  15. 妊娠9ヶ月のママの過ごし方はどうしたらいい?
  16. 【妊娠9ヶ月の過ごし方①】食事の内容に注意!
  17. 【妊娠9ヶ月の過ごし方②】体重管理をしっかりと!
  18. 【妊娠9ヶ月の過ごし方③】こまめに休む
  19. 【妊娠9ヶ月の過ごし方④】体力づくりを!
  20. 【妊娠9ヶ月の過ごし方⑤】安産体操・会陰マッサージを!
  21. 【妊娠9ヶ月の過ごし方⑥】呼吸法の練習を!
  22. 【妊娠9ヶ月の過ごし方⑦】産休に入るタイミングを!
  23. 【妊娠9ヶ月の過ごし方⑧】里帰りは9ヵ月のうちに!
  24. 【妊娠9ヶ月の過ごし方⑨】感染症に注意!
  25. 長かったマタニティ生活もあと少し!体調を崩さないように!!

妊娠9ヶ月!臨月まであと1ヵ月!!

長かったマタニティ生活も、とうとう9ヶ月目に入りました。体重の増加ペースが順調な人でも、お腹の大きさが、生活に何かと支障が出るほどの大きさになってきたかと思います。

そんな妊娠9ヶ月目のお腹の赤ちゃんの様子や、ママの体調はどのような感じなのでしょうか。また、生活する上での過ごし方はどのような過ごし方をすればいいのでしょうか。

この記事では、気になる妊娠9ヶ月目のあれこれについてお伝えします。

妊娠9ヶ月の赤ちゃんの成長は?

妊娠9ヶ月の赤ちゃんの大きさは、身長が約45cm ほどに、体重は約2000g ほどにまで大きくなっています。

まだ、外の世界に出てくるのにはもう少し体重が必要ですが、 NICU にすぐに入ることができれば、ほとんど問題がなく育つことができるまでに成長しています。

そんな、妊娠9ヶ月目の赤ちゃんの成長の変化についてここからいろいろと見ていきましょう。

【妊娠9ヶ月の赤ちゃん①】皮下脂肪が増えてくる!

妊娠9ヶ月目に入ると、一気に赤ちゃんの体重が増えてきます。この体重の増加は、器官の形成や発達によるものではなくて、ほとんどが皮下脂肪の増加によっています。

体付きも丸みを帯びてきて、新生児と変わらない見た目になってきました。

これから、残り2ヶ月弱で1kgほど体重が増えるのですが、そのほとんどは皮下脂肪になり、外の世界に生まれてきても自分の力で自分の体温を守れるだけの力を付けるのです。

【妊娠9ヶ月の赤ちゃん②】体重が急激に増加!

妊娠9ヵ月になると、赤ちゃんの体重が急激に増えてきます。今までは、身体の中の期間の形成に主なエネルギーが使われていたために、身長に比べると体重が少ないように感じる時期が長かったのですが、期間の形成がほぼ完成するこの時期になると、皮下脂肪が一気に増えるために体重がぐんぐんと増えていきます。

妊娠9ヵ月の第1週の妊娠32週目から第4週の妊娠36週目までを比べると赤ちゃんの体重は一気に500gから600gも増えるのが普通です。

ママのお腹も赤ちゃんの体重の増加に合わせて一気に大きくなるのが妊娠9ヵ月の時期になります。



この頃になると、医師から赤ちゃんの体重とママの体重に関して指示が出る場合もあります。

出産の時の赤ちゃんの体重は多すぎても少なすぎてもいけません。

赤ちゃんの体重を管理するために、ママの食事の量を指示されることもあります。この指示はとても大切な指示なので、きちんと守りましょう。

【妊娠9ヶ月の赤ちゃん③】35週目には器官がほぼ完成!

妊娠9ヶ月目の第35週目となる妊娠35週目に入ると、身体の中の器官の発達がほぼ完了します。

一番機能の発達が遅れていたのが、お腹の中にいる時には使う必要がない肺でしたが、妊娠35週目になると、肺も機能が整い、産まれてきても人工呼吸器が必要なく、自分の力で呼吸ができるようになります。

もうこれで、体の中はいつ生まれても大丈夫な状態になったので、あとは皮下脂肪をしっかりと蓄えるだけになりました!

【妊娠9ヶ月の赤ちゃん④】胎動が大人しくなってくる

妊娠9ヵ月になると、胎動がおとなしくなってきたと感じるものも少なくありません。

この時期になると、赤ちゃんの頭は出産準備のために骨盤の下の方に固定されてしまう上に、子宮の中の羊水も少なくなってしまいます。

そのために、胎動を起こす余地が子宮の中になくなってしまい、胎動がおとなしくなってしまうのです。

ただ、赤ちゃんの胎動には個人差が大きく、妊娠9ヵ月の頃には胎動がおとなしくなる赤ちゃんもいれば、まだ元気よく手足を活発に動かして胎動を起こしている赤ちゃんもいます。



この時期には、子宮の中の羊水の量もかなり減っているので、胎動が起きた時には、赤ちゃんの手足の形がお腹に浮かび上がる時もあります。

胎動がおとなしくなると言っても、全くなくなるわけではありません。万が一胎動が24時間以上全く感じられない時には、赤ちゃんにトラブルが起きている可能性があります。すぐに病院へ連絡を入れましょう。

胎動カウントとは?

妊娠9ヵ月になると、病院から胎動カウントを行うように指示されるママもいるかと思います。胎動カウントというのは、ママが安静にした状態で、赤ちゃんの胎動が10回起こる時間を計るというものです。

自宅に帰ってから行う場合には、赤ちゃんの胎動が10回起こるのが40分から1時間以上かかる時には、病院にすぐ連絡を入れるように指示されるかと思います。

これは、赤ちゃんのお腹の異常を早期に発見して、死産を防ぐために必要な検査になります。病院から胎動カウントを指示されたら、必ず指示通りに行うようにしてください。

妊娠9ヶ月のママの様子と体調は?!

妊娠9ヶ月目の頃のお腹の赤ちゃんの様子がわかったところで、次にはママの様子や体調についてみていきましょう。

なかなか動きにくくなるために、生活に支障が出てしまう妊娠9ヶ月目の頃のママの身体ですが、お腹や子宮が大きくなったことで、体のあちらこちらや生活上で様々な変化を感じるものです。

いったいどのような体調の変化を感じるものなのかみていきましょう。

【妊娠9ヶ月のママ①】お腹が大きくなって生活に支障が…

妊娠9ヶ月目になると、お腹の大きさも相当な大きさになってきます。妊娠9カ月の頃の子宮底長は、約27cmと、30cmに迫る大きさとなっています。

体も重くなり、足元もおぼつかなくなってくることから、なかなか外出もしにくくなってくるのが妊娠9ヶ月目の頃になります。



お腹がつっかるようになり、足の爪が自分で切れなくなるのもこの頃になりますよね。

この時期に出来ないことが増えていくのは仕方がありません。家族に協力をしてもらって乗り切っていきましょう。

【妊娠9ヶ月のママ②】お腹の張りを頻繁に!

妊娠9ヵ月になると、お腹の張りや腹痛を頻繁に感じるようになります。時にはお腹の張りや腹痛が強すぎて、陣痛かと思うような痛みを感じることもあります。この時期のお腹の張りや腹痛は前駆陣痛といって、本陣痛を起こす前にお腹の張りや腹痛を起こして、子宮の準備運動をしているのです。何度もお腹の張りや腹痛を起こしておくことで、出産に備えて子宮をやわらかくしているのです。

前駆陣痛によるお腹の張りや腹痛は、人によってはお腹の張りや腹痛をひどい痛みとして感じることもあり、この時期にはかなり辛いと感じるママも少なくありません。

しかし、前駆陣痛によるお腹の張りや腹痛は、この時期には必要不可欠な出産準備になるので、何とか頑張って乗り切るようにしましょう。

このお腹の張りや腹痛は、常に張り続けているわけではありませんよね。

お腹の張りや腹痛を強く感じた時には、無理をせずにすぐに横になって安静にして、お腹の張りや腹痛がおさまるのを待ちましょう。



本陣痛かと思うほどお腹の張りや腹痛を感じることもありますが、本陣痛と前駆陣痛のお腹の張りや腹痛には大きな違いがあります。

それは、お腹の張りや腹痛がやってくるリズムがあるかどうかということです。

本陣痛は必ず一定間隔でリズムを持ってお腹の張りや腹痛がやってきます。

一方で、前駆陣痛には全くリズムがなく、気まぐれに不定期にお腹の張りや腹痛がやってきます。

前駆陣痛だと思っていたら、陣痛が一定間隔のリズムを持つようになってきたら、それは本陣痛に変わった証拠です。

妊娠9ヵ月ではまだ早産になってしまうので、本陣痛が始まったと思ったら、すぐに病院に連絡を入れて指示を仰ぐようにしましょう。

【妊娠9ヶ月のママ③】昼でも眠い!眠いのはなぜ?

妊娠9ヵ月になると、昼間でも眠いと感じるママが増えてきます。昼間でも眠いと感じるのは、妊娠初期のに眠いと強く感じる眠りつわりのようなホルモンバランスの変化によるものではありません。

この時期に眠いのは夜ぐっすりと眠れなくなることが主な原因になります。

夜横になると、大きくなったお腹がつっかえてしまい、シムスの体位をとっても寝苦しさを感じてよく眠れない人が増えてくるのが眠いと感じる原因になります。

その上、妊娠後期になると分泌量が増えてくる卵胞ホルモン(エストロゲン)には眠りを抑制する効果があり、夜、なかなか寝付けなくなります。



眠りを抑制するエストロゲンが大量に出るのであれば、眠いと感じるのも防いでくれるのではないかと思いますが、夜眠れなくなる分、昼間眠いと感じることが多くなるのです。

また、眠いのは、お腹の赤ちゃんも大きくなってきて、沢山血液や栄養を胎盤から送らなければならないために、ママの体の負担も増えていて、疲れやすくなっていることも眠いと感じる原因になります。

これから眠いと感じても出産時の強烈な陣痛に向けて体力を温存しなくてはいけない時期に入っていきます。昼間眠いと感じることがあまり頻繁に起きるようであれば、対処しなくてはいけませんね。

眠いと感じる時には、夜しっかりと眠れるように、昼間太陽の光をしっかりと体を動かすことや、カフェインを寝る前に摂取するの控えるなどして、夜しっかりと眠いと感じて眠りにつけるような対策を摂るようにしましょう。

■参考記事:妊娠中の眠気、対処法はコチラも参照!

妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?

【妊娠9ヶ月のママ④】体重が増加しやすい!

今までも、食事でコントロールしていても体重が増えやすいことに悩んでいたママは少なくないでしょうが、妊娠9ヵ月の頃になると、さらに体重が増えやすくなってきます。

というのは、出産に向けて体がエネルギーや水分を溜め込むようになっていくからです。

食事コントロールだけで体重コントロール出来ない場合には、ウォーキングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼させるようにしましょう。

【妊娠9ヶ月のママ⑤】息切れや動悸が…

妊娠9ヶ月の頃になると、子宮の大きさがとても大きくなり、上の方はみぞおちの上の方まで達するようになります。

すると、子宮によって横隔膜や肺が圧迫されるようになってしまい、息切れや動悸が起きやすくなってしまいます。

息切れや動悸がひどくなると、肺や心臓などに何か悪いところがあるのではないかと心配になってしまうかもしれませんが、この時期には誰にでも起こりやすい症状なので心配は要りません。

【妊娠9ヶ月のママ⑥】胸やけ・胃もたれが…

妊娠9ヶ月の頃になると、後期つわりと言って胸焼けや胃もたれなど食欲不振に悩んでしまうママも出てきてしまいます。

これは、やはり大きくなった子宮によって、胃腸が圧迫されることで起きるものです。



対策としては、1回当たりの食事の量を減らして、消化のよいものを、食事の回数を増やして食べるようにするといいでしょう。

この症状も、この時期には多くの妊婦さんに起きやすいものなので心配は要りません。

【妊娠9ヶ月のママ⑦】頻尿・尿漏れ

この時期に、大きくなって子宮によって起こりやすい症状では、頻尿や尿漏れなど、泌尿器関係のトラブルです。

これも、大きくなって子宮によって膀胱や尿道が圧迫されることによって起きてしまう症状になります。

出産予定日が近づくにつれて、トイレが間に合わないことも出てきます。尿漏れパッドを活用するなどして、対策をするようにしましょう。

妊娠9ヶ月のママの過ごし方はどうしたらいい?

ここまで、妊娠9ヶ月の頃のママの体調や様子について見てきました。

大きくなったお腹によって、様々なトラブルが起きやすい妊娠9ヶ月の頃のママの体ですが、この時期のママは、どのような過ごし方をすればいいのでしょうか。

ここから、妊娠9ヶ月の頃のママの過ごし方についてみていきたいと思います。

【妊娠9ヶ月の過ごし方①】食事の内容に注意!

妊娠9ヶ月の頃になったら、食事の内容に注意をしましょう。後期つわりで食べられない人も出てくるかもしれませんが、この時期には赤ちゃんの大きさもぐんぐんと大きくなっていく上に、ママも出産に備えて体力を温存し始めなければならない時期になります。

栄養のバランスのとれた、必要なカロリーをしっかりと取れる食事を、1日の送料で考えて食べるようにしましょう!

【妊娠9ヶ月の過ごし方②】体重管理をしっかりと!

この時期になると、病院や助産院で、体重管理に関する指示を細かく受ける人も出てきたかと思います。

太り過ぎるのも、妊娠高血圧症候群や難産になる可能性が高くなるので行けませんが、これから赤ちゃんが丸々と太ってくる時期に、体重が少な過ぎるのも問題があります。

医師や助産師から体重の管理について指導された場合には、しっかりとその指示に従って、出産の時に万全な体調で臨めるように身体の準備を進めましょう。

【妊娠9ヶ月の過ごし方③】こまめに休む

この時期には、体を全く動かさないというのは、お産が重くなるので良くありませんが、体が重くなり、動悸や息切れも起こしやすくなり、体が疲れやすくなる時期になります。また、睡眠不足も重なり、常に疲労感があるというママも少なくありません。

この時期に、無理をするのは厳禁です。体を動かしつつも、こまめに休憩を入れて、無理をしないように気を付けましょう。

【妊娠9ヶ月の過ごし方④】体力づくりを!

疲れたらすぐに休まなければいけませんが、この時期には、全く体動かさないというのは良くありません。

全身の力をこれでもかと振り絞り続ける時間が長く続くお産に耐えるためには、それなりの体力が必要となります。

ウォーキングなどの妊娠中でもできる有酸素運動を行って、お産に備えた体力づくりを無理のない範囲で行うようにしましょう。

■参考記事:妊婦の腹筋運動はOK?コチラもチェック!

妊婦は腹筋運動をするべき?おすすめの鍛え方と注意点とは?

【妊娠9ヶ月の過ごし方⑤】安産体操・会陰マッサージを!

この時期になったら、できるだけお産を安産にするために、安産体操や会陰マッサージを行うようにしましょう。

お産の時には骨盤周りや股周りが硬いと難産になりやすいと言われています。

安産体操というのは、骨盤や股関節周りの関節をやわらかくする体操です。

会陰マッサージは会陰を柔らかくするためのマッサージです。

これらを、今から行っておくことで、赤ちゃんの通り道がやわらかくなり、安産になりやすくなると言われています。

【妊娠9ヶ月の過ごし方⑥】呼吸法の練習を!

マタニティ教室などで、お産の時の呼吸の仕方について学んだことがありますよね。

でも1回か2回、呼吸法の説明をされただけでは、いざ分娩台に上がった時には、なかなかうまく出来ないものです。

そこで、妊娠9ヶ月に入ったら、ぜひ、呼吸法の練習を始めましょう。

立ち会い出産を希望している方は、夜寝る前にパパにつき合ってもらうと、いざという時に2人の呼吸が合いやすくなるかもしれませんね。

【妊娠9ヶ月の過ごし方⑦】産休に入るタイミングを!

妊娠9ヶ月までお仕事を続けているママは、会社に産休に入るタイミングを確認しておきましょう。

法律上では出産予定日の6週間前から産休を取ることができるようになっていますが、会社によってはその辺りの判断が甘い会社もあるようです。

よく産休に入るタイミングを確認して、お腹の赤ちゃんに無理をかけないように会社にも配慮を求めましょう。

【妊娠9ヶ月の過ごし方⑧】里帰りは9ヵ月のうちに!

里帰り出産を希望している人は、妊娠9ヶ月のうちに帰ってしまうようにしましょう。

出産予定日ぎりぎりでいいやと思っているなら、それは間違いです。

もしも飛行機で実家へ帰る予定であれば、出産予定日の14日前からは医師の同乗を求められてしまいます。

また1か月前からは診断書の提出を求められる航空会社もあります。

妊娠9ヶ月後なら、まだ特に縛りもなく国内なら移動できるので、実家が遠方の場合は、妊娠9ヶ月後に里帰りは終わらせておきましょう。

妊娠9か月目に旅行は?!旅行は行ってもいいの?!

里帰りする時に、実家から遠方の場合には、旅行と同じような気分になる人もいますよね。里帰りが遠方で、ちょっとした旅行気分で移動する人もいるかもしれませんが、妊娠9ヵ月目に里帰り以外の旅行は大丈夫なのでしょうか。

最近ではマタ旅と言って、妊娠中に旅行に出かける人が増えているといわれています。女性誌などでもマタ旅の旅行が特集されていますよね。

でも女性誌などでマタ旅の旅行がもてはやされている一方で、妊婦さん特有の体調のトラブルが旅行先で起きてしまうことも頻繁に起きていることはあまり報道されていません。

旅行先で人気が高い離島などでは医師や病院の設備の数が現地の人に対応できるギリギリしかないのに、現地の産婦人科に遠方からの旅行中の妊婦が運び込まれて、旅行者の対応に追われて、現地に住んでいる妊婦さんたちの検診や出産に影響が出ていたり、健康保険が使えない海外旅行で多額の医療費を請求されたりというトラブルが多発しているのをご存知ですか?

残念なことに、母子ともに妊婦特有のトラブルによって、旅行先から無言の帰宅をせざるを得なくなるような事態も起きています。トラブルが起きて、かかりつけならすぐに対応してもらえても、旅行先では対応できないこともあります。



妊娠中というのはとてもリスクが高い時期になります。里帰りでの長距離の旅行は仕方がありませんが、それ以外での旅行は避けた方がいいでしょう。

どうしても、赤ちゃんが生まれる前に夫婦2人で旅行でのんびりとした時間を過ごしたいというのであれば、かかりつけの病院にすぐに連絡が取れる範囲での小旅行にとどめておきましょう。

ただし、妊娠9カ月になると身体のバランスが悪くなります。旅行先では足元の悪いところに行かないなど、無理はしないようにしましょう。

【妊娠9ヶ月の過ごし方⑨】感染症に注意!

妊娠9ヶ月とは言わず、妊娠中全般に言える注意ですが、妊娠中は、インフルエンザや感染性胃腸炎などの感染症にはよく注意をするようにしましょう。

感染性胃腸炎による下痢や嘔吐、激しい腹痛などでこの時期に物を食べることが出来なくなると、お腹の赤ちゃんの発達にも大きな影響を及ぼします。

また、妊娠していない時には何の問題もなく使うことができる治療薬が、妊娠中には使えないものも多くあります。

うがいや手洗いを徹底したり、インフルエンザやノロウイルスが流行しやすい冬場には、人ごみに行かないようにするなど、気を付けましょう。

■参考記事:妊婦のインフルエンザ予防接種は可能?コチラも参照!

妊婦はインフルエンザ予防接種を受けるべき?【妊娠中】

長かったマタニティ生活もあと少し!体調を崩さないように!!

ここまで、妊娠9ヶ月についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

出産まで、あと残りわずかとなってきました。

長かったマタニティー生活にもゴールが見え始めた時期になりますが、これからが最も体が重くなっていき、生活するのが大変な時期になっていきます。

これから、体調を崩すようなことがないようによく体調を管理には気を付けて、元気に出産に臨めるように準備を進めてください。

妊娠中の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊婦が胃腸炎になった時の対処法!胎児への影響は?薬は飲む?
妊婦もおやつを食べたい!おすすめのおやつやレシピを公開!
妊娠32週目の胎児の体重は?出産が近い?お腹の張りはどう?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ