産後のイライラの原因と解消法!いつまで続く?旦那にイライラする?

せっかく待ちわびていた赤ちゃんと対面できたのに、産後にはなぜかイライラして辛い!というお母さんはたくさんいます。いったいなぜ産後にはイライラしてしまうのでしょうか?!旦那の無理解?上の子が原因?この記事では産後のイライラの原因と解消法についてお伝えします。

産後のイライラの原因と解消法!いつまで続く?旦那にイライラする?のイメージ

目次

  1. 産後にイライラ… 待ちわびていた赤ちゃんなのに…
  2. 産後のイライラは離婚危機にも!!
  3. 産後のイライラによる離婚の実態
  4. 産後にイライラするのには原因がある!!
  5. 【産後のイライラの原因とは①】女性ホルモンの急激な低下
  6. 【産後のイライラの原因とは②】寝不足
  7. 【産後のイライラの原因とは③】赤ちゃんのお世話疲れ
  8. 【産後のイライラの原因とは④】上の子の赤ちゃん返り
  9. 【産後のイライラの原因とは⑤】自分の身なりも気遣えない
  10. 【産後のイライラの原因とは⑥】24時間365日休みがない
  11. 産後のイライラの原因は旦那にも?!
  12. 【産後のイライラ 旦那が作る原因とは①】気遣いがない
  13. 【産後のイライラ 旦那が作る原因とは②】夫婦生活を迫る
  14. 【産後のイライラ 旦那が作る原因とは③】自由を満喫している
  15. 産後のイライラはいつまで続く?!
  16. 産後のイライラの解消法にはどんなものがある?!
  17. 【産後のイライラの解消法①】家事や育児は手抜きでOK!
  18. 【産後のイライラの解消法②】休める時に休む
  19. 【産後のイライラの解消法③】女性ホルモンを整える
  20. 【産後のイライラの解消法④】気晴らしの運動や外出を!!
  21. 【産後のイライラの解消法⑤】周りの人に助けてもらう
  22. 【産後のイライラの解消法⑥】辛い時には受診を!!
  23. 産後のイライラ解消法には漢方薬が効くの?!
  24. 漢方薬の服用は医師と相談を!!
  25. 産後のイライラは誰にもで起こること!周囲の理解を!!

産後にイライラ… 待ちわびていた赤ちゃんなのに…

苦しい陣痛や、帝王切開でお腹にメスを入れられる恐怖を乗り越えて、やっとの思いで出産が終わって会えたはずの赤ちゃん。

とっても嬉しいし、旦那と一緒に2人でこれからの育児生活乗り切っていこうとワクワクドキドキしていたはずなのに、なぜか産後にイライラしてしまうというお母さんは少なくありません。

産後に出産を終えたばかりのお母さんがイライラしてしまうのには、お母さん自身にもどうにもならない理由があります。

しかも、上の子のお世話に追われ、旦那さんの無理解や育児や家事への非協力的な態度にいつまで続くかわからないイライラが募って爆発してしまうと、産後のイライラが離婚危機を招くこともあります。

この記事では、いつまで続くのか不安になる産後のイライラの原因や、対策などについてお伝えしていきます。

産後のイライラは離婚危機にも!!

産後にイライラしてしまう事は、出産を終えたばかりのお母さんにとっては、どうしようもないことです。

昔のように、大家族であれば、イライラして調子が悪いときには、自分の代わりに誰か他の人が子供を見てくれたり、家事や旦那の世話を手伝ってくれたりしたものです。

しかし、現代の核家族では、イライラしながらも、家事や育児の負担の多くは、妻がひとりで背負わなくてはいけなくなります。

そのために、イライラを旦那にぶつけてしまいがちになり、家庭の雰囲気が悪くなってしまいます。

するといつまで続くのか先の見えない産後のイライラが原因で離婚危機に発展する家庭も多くあります。

産後のイライラに対する理解を、妊娠中から妻も旦那もしっかりと深めて、離婚に至らないように対策法を考えておかないと、実際にあなたの家庭にも離婚危機がやってきてしまう可能性もあります!!

産後のイライラによる離婚の実態

実際に、産後のイライラが原因とみられる離婚はどれぐらいあるのか調べてみると、産後に1番イライラしやすい時期の、子どもが3歳になるまでに離婚した母子家庭は、すべての母子家庭の3割に上るのです。

子供が3歳になるまでといえば、 1番お世話が必要で最も手が掛かる時期ですが、人生で1番可愛らしい時期ですよね。


この、子供が1番天使のように可愛らしい時期に、お母さんの産後のイライラが原因になって、お父さんと離婚してしまうというのは、子供の人生にとっても大変なことですよね。

お父さんとお母さんの離婚の危機にもなりかねない産後のイライラへの正しい理解が欠かせないことがよくわかります。

産後にイライラするのには原因がある!!

お父さんとお母さんの離婚の危機も招きかねない、お母さんが産後にイライラしてしまうのには、当然のことながら科学的な原因があります。

しっかりと産後にイライラしてしまう原因を妻と旦那の両方が妊娠中から理解して、どのように対応したらいいのかを考えておくことで、産後のイライラが原因の離婚の危機はグッと小さくなります。

いったいどのような原因で、いつまでも続くように感じてしまう産後のイライラが起きてしまうのか見ていきましょう。

【産後のイライラの原因とは①】女性ホルモンの急激な低下

出産を終えたばかりのお母さんが、産後にイライラしてしまう一番大きな原因には、女性ホルモンの減少が関係しています。

出産するとお母さんの身体からは、女性ホルモンが急激になくなっていき、ホルモンバランスが大きく崩れるのです。

妊娠する前でも、生理前になるとイライラしてしまう女性はとても多いのですが、これもホルモンバランスの変化が大きな原因となっています。

女性の体というのは、日に日に変わるホルモンのバランスによって、大きく左右されているものなのです。

妊娠すると、妊娠を継続させて、お腹の中で子供を育てるために、たくさんの女性ホルモンが胎盤で作られて分泌されます。

出産により胎盤が体内から排出されると、体の中の女性ホルモンが急激に減ってしまいます。

このホルモンの変化に体がついていくことがなかなかできないことから、情緒が不安定になり、感情のコントロールができなくなったり、うつ状態になってしまういわゆるマタニティブルーという状態になってしまうのです。

産後のホルモンバランスの変化は、自分自身でもどうしようもないことなので、旦那の側にもホルモンバランスに影響される妻の体の変化を理解することは大切になります。

【産後のイライラの原因とは②】寝不足

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、授乳の時間が安定しません。

昼でも夜でも、数十分おきにおっぱいを求めて泣く赤ちゃんもいます。

完全母乳で赤ちゃんを育てている場合、夜中でも何度も赤ちゃんの授乳のために起きなければいけないので、お母さんは寝不足になってしまいます。

産後の体もまだ戻らないところに、寝不足も加わってしまい、さらにイライラがひどくなってしまい、この苦しみがいつまでも続くような気になってしまうのです。

【産後のイライラの原因とは③】赤ちゃんのお世話疲れ

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、自分の事は何一つする力のない、とてもかよわくて不安定な存在です。

コミュニケーションをとって、気持ちを理解してあげたくても、赤ちゃんはただ泣くばかり。

お腹が空いたとか、おむつがぬれたとか、泣いている原因が分かる時もありますが、どうして泣いているのか全く理解できないこともあります。


赤ちゃんもこの世に誕生したばかりですが、赤ちゃんを迎えたばかりのお母さんも、赤ちゃんのお母さんになったばかりなのです。

慣れない育児についついイライラしてしまうことがあっても仕方がありません。

【産後のイライラの原因とは④】上の子の赤ちゃん返り

上の子がいる場合には、上の子の赤ちゃん返りもお母さんをイライラさせる原因になります。

上の子はお兄ちゃんやお姉ちゃんになったのだから、赤ちゃんを可愛がって、兄弟仲良く上の子が赤ちゃんの面倒を見てくれればいいと思っていませんか?

上の子だから赤ちゃんが産まれてすぐにお兄ちゃんお姉ちゃんらしくしなさい、というのは親の都合です。

上の子の性格によっては、今まで兄弟の上の子ではなく、一人っ子として独り占めできていた大切なお母さんの愛情を、生まれたばかりの赤ちゃんは奪っていったライバルとして認識している場合もあります。

その場合には、上の子がお母さんの愛情を取り戻すために、赤ちゃん返りすることも珍しくありません。

産後は赤ちゃんのお世話だけで精一杯なのに、上の子に赤ちゃん返りをされてしまっては、イライラもひどくなっていく一方です。

しかし、ここで上の子が愛情を求めていることに対して、いつまでもきちんと対処しないと、上の子の性格形成に問題が出てくることもあります。

上の子がいる場合には、慎重な対応が求められます。

上の子と一緒に赤ちゃんのお世話を楽しめるような工夫ができればいいですね!!

【産後のイライラの原因とは⑤】自分の身なりも気遣えない

マタニティー雑誌や、育児雑誌には、おしゃれに自分磨きを怠らずに、華やかに育児を楽しんでいるセレブママたちの生活が紹介されています。

自分も子供を持ったら、そんなセレブママたちみたいに、子供を持っていても自分磨きを怠らない、きれいなママでいたいと思っている人も多いものです。

しかし、実際に子供を産んでみると、雑誌の世界で展開されているセレブママたちの生活というのは、一般庶民のママたちには程遠いものだということがわかります。

出産する前は、どうしてあんなふうになってしまうのだろう、と不思議に思っていた、髪を振り乱しながら、自分の身なりに気を使うことなく、子どもの世話に振り回されているお母さんたちに、自分自身もなってしまったことに気が付くと、自分が惨めで情けなくなってしまい、イライラしてしまうお母さんます。

出産する前までは、綺麗な奥さんだったのに…、と嘆いて離婚が頭をよぎるような旦那が居るようだったら、きちんと妻が子育てをしていても自分の身なり気をつかえるように、美容院に行く時間を作ってあげるとか、新しい洋服を買うお金を渡すとか、してあげることも大切です。

【産後のイライラの原因とは⑥】24時間365日休みがない

赤ちゃんの世話というのは、 24時間365日、一切休むことことはできないものですよね。

赤ちゃんというのは、特にはいはいが始まって動きはじめたら、絶えず家でも家の外でも、目を離さずに見ていないと、何をしでかすかわからない、ちょっと怖い存在です。

特に、危険な包丁やコンロの火を扱っている料理中なんかは、赤ちゃんにけがをさせないようにお母さんは本当に神経をすり減らしているものです。

そのような生活が、1日や2日で終わるのではなくて、これから先数年は続くのだとしたら…

旦那さんは耐えることができますか?

産後のイライラの原因は旦那にも?!

産後のイライラが、 旦那との仲も悪くして、離婚危機を招く事はお伝えしたとおりです。

産後に妻がイライラする原因を旦那の方が作っていることもよくあることです。

旦那の一体どんなところが、 産後の妻をイライラさせているのか見ていきましょう。

【産後のイライラ 旦那が作る原因とは①】気遣いがない

産後の妻のイライラを、旦那が作る原因となることは、産後の妻に対する気遣いが旦那に見られないことです。

自然分娩であれ、帝王切開であれ、出産後の妻の体というのは、旦那が考える以上に体力を消耗したり、帝王切開の傷のために、大きなダメージを受けているものです。

その上に、ホルモンバランスの変化による、精神面の悪化も影響してきます。


ところが、男性は女性よりももともと共感力が低いところがあるので、妻の身体や精神面に対して、妻が満足するような気遣いをすることが、旦那にはなかなか難しいところがあります。

また、妻を気遣おうとしていても、旦那が空回りしてしまうことも多く、妻をイライラさせてしまう原因になってしまうのです。

【産後のイライラ 旦那が作る原因とは②】夫婦生活を迫る

産後の妻のイライラを、旦那が作る原因となることは、産後の妻に対して、夫婦生活を迫るということもあります。

妊娠中はずっと我慢していた旦那にとっては、出産後というのは、妻と楽しみながらたまっていたものを発散できると、ワクワクして待っている気持ちも分からなくはありません。

しかし、出産すると、妻の体は女性モードから母親モードへ切り替わってしまいます。

そのために、旦那を肉体的に受け付けることができない産後クライシスに陥ってしまう人も多く、離婚原因となることも多いものです。

産後クライシスは出産後数年間続くこともあります。

離婚危機を回避するためには、出産後はすぐに夫婦生活が解禁される訳ではなく、妻が産後クライシスに陥ってしまい、拒否される可能性もあるのだということを、旦那の方も理解しておくことが大切です。

【産後のイライラ 旦那が作る原因とは③】自由を満喫している

産後の妻のイライラを、旦那が作る原因となることは、妻にとっては旦那が自由を満喫しているように見えてしまうこともあります。

お酒が好きな人なんかは、妊娠中からお酒を我慢して控えている人も多いものです。

出産してからも、母乳育児をしている場合は、母乳が終わるまでは極力お酒を控えなくてはいけません。

赤ちゃんがいると、友達と飲みに行くことも遊びに行くことも、趣味に没頭することもできません。

それなのに、旦那は仕事がらみとはいえ、飲みに平気で行ったり、日曜日には趣味に出かけてしまう人もいます。

そんな自由を満喫しているように見える旦那の姿が許せないとイライラを感じてしまう妻も多くいるようです。

産後のイライラはいつまで続く?!

この産後のイライラというのは、いったいいつまで続くものなのでしょうか。

イライラしているときには、いつまでもこのイライラが続くような気がしてしまいますが、本当のところ、いったいいつまでイライラは続くものなのでしょうか。

産後のイライラがいつまで続くのかというのは、人によって大きく違うというのが本当のところです。

最後のイライラがいつまでも続くのかと思っていたら、たった1ヶ月ほどで治まってしまったという人もいます。


一方で、産後1年たってもイライラが治まらないという人もいます。

産後のイライラが長期間にわたりいつまでも治まらない人は、イライラしやすい性格的なものもありますが、夫や周囲の人の協力もなかなか得られないということも原因としてあるようです。

イライラがあまり続くようなら、育児にも悪い影響が出てきてしまいます。

いつまでも治まらずに辛すぎる場合には、心療内科などに相談してみることをお勧めします。

産後のイライラの解消法にはどんなものがある?!

産後にイライラしてしまうことは仕方がないことですが、やはり解消法があるのなら、しっかりとイライラを解消した方がいいですよね!!

ということで、ここからは産後のイライラの解消法についてお伝えします。

あなたのイライラを軽くできる解消法が何かあるでしょうか?!

【産後のイライラの解消法①】家事や育児は手抜きでOK!

産後のイライラの解消法の1つ目は、家事や育児を手抜きにする、というものです。

真面目なお母さんだと、出産してからも、出産前までと同じレベルで家事をこなしながら、赤ちゃんの面倒を見ようとします。

しかし、出産後は人によっては何カ月も体力が戻らないこともあります。

それでも実家などに頼れない場合には、産褥期が過ぎてすぐに家事や旦那さんのお世話をしなければいけなくなります。

しかも、24時間目を離すことができない赤ちゃんのお世話をしながらです。

出産前と同じレベルで家事をこなせるわけはありません。

家事や育児は、適度に手を抜くことも覚えるようにしましょう。

■関連記事:産後の生活についてはこちらもチェック!

産後の家事はいつから再開できる?子育てはどうする?
産後1ヵ月の過ごし方の注意点!【生活上の注意】

【産後のイライラの解消法②】休める時に休む

産後のイライラの解消法の2つ目は、休める時にはしっかり休むということです。

いつまで続くのかわからない絶望的な寝不足というのは、イライラする気持ちを高めて、体力や気力を奪っていくものです。

赤ちゃんが昼寝をしているときや、旦那さんに赤ちゃんのお世話や家事をお願いできるときには、できるだけこまめに横になって、体を休めるようにして、体力の回復に努めることも大切です。

【産後のイライラの解消法③】女性ホルモンを整える

産後のイライラの解消法の3つ目は、出産により急激に少なくなってしまった女性ホルモンを、食事などで整えるということです。

女性ホルモンを整えるための栄養素というのは、大豆食品に多く含まれていて女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをすると言われている大豆イソフラボンと、ビタミンB 6とビタミンEになります。

ビタミンB 6は大豆に多く含まれているので、大豆イソフラボンと一緒に摂ることができます。

ビタミンEはうなぎやかぼちゃなどに多く入っているので、できるだけたくさんそういった食品を食べるようにしましょう。

【産後のイライラの解消法④】気晴らしの運動や外出を!!

産後のイライラの解消法の4つ目は、気晴らしの運動や外出をするということです。

どうしても家の中で、赤ちゃんと二人っきりでこもりっぱなしになっていると、気分も落ち込んでしまいます。

産後1ヶ月は、病院以外の外出は控えた方が良いのですが、産後1ヶ月を過ぎたら、徐々に家の周りの散歩などから始めてみましょう。

また、体を動かすことも、気分をリフレッシュできるので、産後すぐできる産褥体操や、軽いストレッチなどから体を動かす事を始めてみてはいかがでしょうか。

【産後のイライラの解消法⑤】周りの人に助けてもらう

産後のイライラの解消法の5つ目は、周りの人に助けてもらうこともとても大切なことです。

特に核家族では、昼間旦那さんが会社へ行っている間に、狭い家の中で赤ちゃんと2人きりで向き合わなければならない時間が多いので、イライラしてもそれを解消することができません。

産後の体力回復が遅いお母さんの場合には、赤ちゃんの面倒を見ながら、家事や旦那さんのお世話をすることだけでも、へとへとに疲れてしまい、精神的にも参ってしまいます。

実家は頼れるようならば、辛いときには実家を頼ってみたり、頼れる実家は無いときには、必ず行政の相談窓口などがあるはずなので、そちらで相談してみるだけでも何か解決策が見つかるかもしれません。

【産後のイライラの解消法⑥】辛い時には受診を!!

産後のイライラの解消法の6つ目は、病院で相談をすることです。

赤ちゃんの1ヶ月検診では、赤ちゃんだけではなくて、お母さんの検診も行います。

その時に、精神的に辛いことがあるようならば、遠慮なく相談してみましょう。

1か月健診の機会を逃してしまった場合には、かかりつけの産婦人科や内科でも相談に乗ってくれます。

辛すぎるときには、ぜひお医者さんに受診しましょう!!

産後のイライラ解消法には漢方薬が効くの?!

産後のイライラ解消法には、漢方薬が効くという人も多いものです。

実際に漢方薬というのは、産後のイライラ解消法に効くものなのでしょうか?!

とある症状を治したいときに、その症状にピンポイントで効く西洋薬とは違い、漢方薬の多くは身体全体の状態を改善していくことを目的に作られています。

症状に対してピンポイントで効果がある物質が入っている西洋薬とは違い、いくつかの生薬の組み合わせで効果を引き出せるようになっている漢方薬は、身体に西洋薬よりも優しいという利点もあります。

長い目で見て、体質を改善させながらイライラを抑えたいのなら漢方薬も効果があるのではないでしょうか。

ただし、今すぐイライラを何とかしたいときには、漢方薬よりも西洋薬の方が即効性は高いものです。

漢方薬の服用は医師と相談を!!

漢方薬は今は多くの薬局で買うことができて、女性特有の症状に効果があると書かれているものもあります。

漢方薬で産後のイライラを何とかしたいと思っている人の中には、そういったものを購入して飲んでいる人もいますよね。

しかし、本当に選んだ漢方薬が自分に合っているのかどうか、というのは素人にはわからないものです。

というのは、同じ効用がある漢方薬でも、体質によって選ぶ薬が違ってくるからです。


女性特有の症状に効果があると書かれている漢方薬には、いくつもの種類があります。

その中の1つを購入して効き目があればいいのですが、ない場合には体質に合っていないことも考えられます。

自分に合った漢方薬を選びたいのなら、漢方薬を専門に処方している病院で相談すれば、ピンポイントで自分の体質と症状に合った薬を選んでくれます。

漢方薬に興味がある人は、漢方薬を専門に扱っている病院を受診してみましょう。

産後のイライラは誰にもで起こること!周囲の理解を!!

ここまで産後にイライラしてしまう原因や対処法についていろいろと見てきました。

産後のイライラは本当に辛いものですが、なかなか現代のワンオペ育児では解決するのが難しい問題ですよね。

でも追い詰められてしまうと本当に大変なので、できるだけ周りの人に協力を仰いで、理解を得られるようにしていきましょう!!

もっと産後の悩みに関する情報を知りたいあなたへ!

産後の腹痛の原因は?痛みはいつまで?下腹部痛が辛い!
産後の出血はいつまで?悪露で鮮血がでたら注意?量の変化は?
産後クライシスとは?産後離婚の原因と解決方法解説!
産後に痩せない原因は?ダイエットや母乳育児で痩せられるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ