妊娠初期の仕事上の注意点!休むときや辞めたいときは?

妊娠初期の女性は仕事との向き合い方で多くの人が悩んでしまうものです。いったい、妊娠初期にはどのようにして仕事をこなしていけば良いのでしょうか。そこで今回は、妊娠初期の女性が仕事を行う上での注意点や仕事を辞める時のことについて紹介していきたいと思います。

妊娠初期の仕事上の注意点!休むときや辞めたいときは?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】妊娠初期に仕事をする上での悩み
  2. 妊娠初期に仕事をする上での注意点を知ろう
  3. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点①】力仕事をしない
  4. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点②】頑張り過ぎない
  5. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点③】つわりの対策
  6. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点④】たちくらみ
  7. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑤】体を冷やさない
  8. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑥】早めに報告を
  9. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑦】仕事のペース
  10. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑧】人間関係
  11. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑨】きつい日は休む
  12. 【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑩】つわり休暇や有給
  13. 妊娠初期!仕事は辞める決断は?
  14. 【妊娠初期!仕事を辞めるメリット①】ストレスがない
  15. 【妊娠初期!仕事を辞めるメリット②】肉体的負担が減る
  16. 【妊娠初期!仕事を辞めるメリット③】つわりに対応できる
  17. 【妊娠初期!仕事を辞めるメリット④】時間を使える
  18. 【妊娠初期!仕事を辞めるデメリット①】再就職が厳しい
  19. 【妊娠初期!仕事を辞めるデメリット②】手当てがもらえない
  20. 【まとめ】妊娠初期の仕事はそれぞれの判断で

【はじめに】妊娠初期に仕事をする上での悩み

妊娠がわかり、喜んでいられるのも最初だけです。現実的なことを考えれば、様々な不安や心配というものが色々と出てきてしまいます。特に仕事に関する悩みは多くの女性が持つものです。妊娠初期ということを考えれば、力仕事などはできないものですが、それ以外にも心配なことは多いでしょう。

すでに出産を経験されているママさんであれば、このようなことは慣れているかもしれませんが、初産の女性は、様々な悩みを持ってしまうものです。なかなか相談できる人もいないという人も多いですので、一人で悩んでしまい、大きなストレスを抱えてしまう女性もいます。

これまで仕事で力仕事をやってきたという女性の場合、妊娠初期の状態で力仕事をそのまま続けることはできないものです。妊娠初期に力仕事をしてしまえば、赤ちゃんの命にも関わることがあります。また、立ち仕事をしているという人も、なかなかそれを続けるのは難しいでしょう。

力仕事や立ち仕事が難しくなってしまうこともあり、妊娠初期に仕事を辞めたいと思う女性も多く存在します。はたして、どのようにして力仕事や立ち仕事をしている女性は、仕事と向き合っていけば良いのでしょうか。

妊娠初期に仕事をする上での注意点を知ろう

妊娠初期には仕事に関する悩みが様々ありますが、おなかの中の赤ちゃんのためにも、正しい知識を持って、仕事をこなしていく必要があります。

仕事との付き合いは、命との向き合い方でもあります。力仕事や立ち仕事をしていたことが原因で、本当に流産してしまったという話もあるため、仕事との向き合い方をしっかりと勉強しておきましょう。

これから妊娠初期の女性が仕事をする上での注意点を様々紹介していくのですが、それらは全て守っておかなければならない注意点です。どれか一つを守れば良いということではないため、特に力仕事や立ち仕事をしている女性は、紹介する注意点をしっかりと守るようにしましょう。

仕事で大事な赤ちゃんを失ってしまえば元も子もありません。そのため、これから紹介する妊娠初期の女性が仕事をする上での注意点をしっかりと読んでおくことが大切なのです。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点①】力仕事をしない

妊娠初期の女性が仕事をする上での注意点としては、力仕事をしないという注意点があります。

妊娠初期は妊娠中、もっとも注意しておかなければならない時期です。流産をしてしまう人の多くは、妊娠初期に流産をすることが多いというデータもあるため、力仕事や立ち仕事の人は、特に注意しておきましょう。

力仕事や長時間の立ち仕事などをしていると、それが原因で流産や早産を招いてしまうことがあります。これは国も力仕事や長時間の立ち仕事を控えるよう、会社に求めていることですので、絶対に力仕事や長時間の立ち仕事はしないようにしましょう。少しなら大丈夫と油断するのが一番危ないです。

力仕事や長時間の立ち仕事を、仕事の特性上、どうしてもしなければならないということであれば、誰かに代わってもらうようにしてください。力仕事や立ち仕事を人にやってもらうのは気が引けるかもしれませんが、赤ちゃんのためですので、勇気を持ってお願いすることが大切です。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点②】頑張り過ぎない

力仕事や立ち仕事を控えるということももちろんですが、妊娠初期に仕事をする女性は、頑張り過ぎないということも大切な注意点です。

妊娠初期は立ち仕事を他の人に代わってもらったり、様々なことで周りに気を使わせてしまいます。しかしそうなると、妊娠初期の女性としても、周りの目が気になってしまい、自分から立ち仕事などを行ってしまうことがあるものです。

そのような心意気は素晴らしいものですが、赤ちゃんのためを考えれば、それはNGです。立ち仕事だけでなく、周りが忙しくしている中、自分だけ帰るのは嫌だからと、残業をしていく女性も存在します。

妊娠初期にこのようにして頑張り過ぎてしまうと、それこそ流産や早産を招いてしまうものです。立ち仕事だけでなく、残業などもできるだけしないように注意しておきましょう。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点③】つわりの対策

妊娠初期に仕事をする上での注意点としては、つわりの対策を考えておくということも大切です。

妊娠初期ということを考えれば、人にもよりますが、仕事中につわりがくる可能性が高いです。もしも仕事中につわりがきてしまえば、仕事どころではなくなってしまうでしょう。それにより、様々な迷惑を人にかけてしまい、仕事を辞めたいと思うようになってしまうかもしれません。

本当につわりがひどい時は、会社を休むしかありませんが、ある程度、つわりは自分で対策をすることにより、やわらげることができます。

無理をしないという注意点も守るべきですが、つわりをやわらげることができるのであれば、対策として実行するべきです。少し横になったり、呼吸の仕方を変えるだけで楽になることもあるため、ストレスなく仕事をするためにも、自分なりのつわり対策を身につけておきましょう。

■参考記事:つわりはいつまで続く?コチラも参照!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】

【妊娠初期に仕事をする上での注意点④】たちくらみ

妊娠初期に注意しておくべきこととしては、たちくらみに注意しておくということも大切なことです。

妊娠初期はたちくらみを起こしやすい時期です。たちくらみにより、お腹を強打してしまえば、それが赤ちゃんの命に直結することもあります。そのため、たちくらみには充分な注意を払っておくべきなのです。

たちくらみに関する注意点としては、立ち仕事をしないということも大切ですが、できるだけ階段を使用しないようにするということや、手すりを使いながら階段を上るということも大切です。

もしもたちくらみが起きたとき、手すりがあれば、お腹を強打してしまうことを防ぐことができます。手すりがあるかどうかで、赤ちゃんの命が左右されることもあるため、本来であれば、階段を使わないほうが良いのですが、どうしても使用しなければならないときは、しっかりと手すりを利用するようにしましょう。

■参考記事:妊娠初期のめまい・立ちくらみ対策、コチラも参照!

妊娠初期のめまい・立ちくらみの原因と対処法解説!

【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑤】体を冷やさない

妊娠初期に気をつけることとしては、体を冷やさないということも大切です。

妊娠初期に体を冷やしてしまうと、それが流産の原因になることもあります。そのため、温度にも気をつけることを意識しておく必要があるのです。

デスクワークなどの仕事をしている人は、力仕事だけをしなければ良いと思っているかもしれませんが、デスクワークだと、エアコンによって体が冷え切ってしまうこともあります。そのため、エアコン対策のために、ひざ掛けなどを使用して、冷房に気をつけることが大切なのです。

他にも、ずっと座りっぱなしだと、血行不良になってしまい、体が冷えてしまうこともあります。そのため、激しく動いてはダメですが、少し体を動かすことを意識し、血行不良に気をつけることが大切なのです。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑥】早めに報告を

妊娠初期に気をつけることとしては、上司に早めに報告をするということも大切です。

妊娠初期に仕事をする上では、様々な気をつけることが存在します。そしてその気をつけることは、自分一人でどうにかできることではありません。周りの理解や、上司の協力というものが必要になってきます。そのため、早めに上司に妊娠したことを報告し、協力要請をすることを気をつけることとして覚えておかなければならないのです。

妊娠初期に仕事をするのであれば、仕事の内容を変更してもらったり、特別に早く帰れるようにしてもらったりと、上司にしかできない協力をしてもらわなければなりません。

どれだけ上司のことが嫌いでも、上司の協力なくして、妊娠初期に仕事をすることはできません。様々な手続きもあるため、必ず早めに報告するようにしましょう。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑦】仕事のペース

妊娠初期に気をつけることとしては、仕事のペースに気をつけることも大切です。

妊娠すると、様々なことでお金がかかります。現実問題として、そのような問題があるのですが、だからといってお金を稼ぐために、長時間、仕事をするというのはNGです。そのようなことをすれば、赤ちゃんに危険が及びます。

妊娠初期に仕事をするのであれば、これまでと同じペースで仕事をするのは諦めてください。そして、体力的に無理のない範囲で、仕事をする時間を調整してもらいましょう。残業などはもってのほかだと思ってください。

長時間の仕事は妊娠初期に気をつけることとして、頭に入れておかなければなりません。意外と長時間、仕事をするというだけで人はストレスを感じます。休むことも考え、ストレスを減らす努力をするようにしてください。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑧】人間関係

妊娠初期に気をつけることとしては、人間関係に気をつけることも大事です。

気をつけることとして人間関係を挙げなければならないというのは、社会がまだまだ妊婦に協力的ではないという事実を示していますが、自分が困らないためには、このようなことも気をつけることとして考えておかなければなりません。

妊娠初期に仕事をすれば、どうしても優遇されますし、仕事も早く切り上げることになります。そうなると、周りから嫉妬や妬み、迷惑な目を向けられることがあるものです。仕事を辞めたいという気持ちがあり、実際に辞めるのであれば無視すれば良いですが、辞めたいという気持ちがなく、産後も仕事を続けたいということであれば、これを無視すると、産後に人間関係で困ることになってしまいます。

そのため、妊娠初期に仕事を一部、免除してもらった時には、周りに挨拶やお礼、謝罪などをしておくということを、気をつけることが大切なのです。他の人に仕事を回すことになるため、それくらいするのは普通です。妊娠初期に気をつけることとして、しっかり覚えておきましょう。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑨】きつい日は休む

妊娠初期に仕事をする上では、きつい日は休むということも大切です。

妊娠初期に仕事をしていると、ストレスも溜まるため、体が疲れやすくなります。その状態で仕事をすれば、さらにストレスがかかり、マイナスのスパイラルに陥ってしまうでしょう。そのストレスが原因で、精神病にかかってしまうような人もいます。

そのため、ストレスを調整するという意味でも、体調が優れない、つわりがひどいという時には、しっかりと休むということが大切です。休むことができれば、ストレスもある程度解消できます。

ストレスを侮ってはいけません。ストレスが原因で実際に流産してしまう人もいます。休むということは、妊娠初期ということを考えれば、まったく恥ずかしいことではないです。ストレスのないように、適度なペースで仕事を行うということを覚えておきましょう。

【妊娠初期に仕事をする上での注意点⑩】つわり休暇や有給

妊娠初期に仕事をする上では、つわり休暇や有給についてしっかりと考えておかなければなりません。

仕事を休む上では、法律でも認められた、つわり休暇というものを使用することになります。つまり、正当に休むことができるというわけなのですが、つわり休暇は手当てなどがつくわけではありません。休むことになれば、きっちり給料は減るのです。

そのため、現実的な話でいえば、休むときにつわり休暇を率先して使う人はいません。多くの人は、有給を使って休むものなのです。有給を使って休むことができれば、給料がしっかりと入ってくることを考えると、やはり多くの人は休むときには有給を使うでしょう。

つわり休暇を使って休む人は、大抵の場合、有給がないという人のみです。そのため、妊娠初期に休む時には、まず有給を使って、その後、つわり休暇を使って休むようにしましょう。こうすることで、経済的に優しく、休むことができます。

妊娠初期!仕事は辞める決断は?

妊娠初期に仕事をする上での注意点を紹介してきましたが、仕事を続けずに、仕事を辞めたい、と思う人も多いでしょう。

実際に妊娠初期に仕事をするというのは、かなりきついことです。多くの人が仕事を辞めたいと思いますし、実際に辞める人も多いものです。残念な話ですが、周りの反応が冷たかったり、嫌がらせを受けたりして、辞めたいと思うような女性もいます。

実際問題、仕事を辞めたいという気持ちはそれほど間違っていません。お金のことを考えれば、辞めたいという気持ちを優先するわけにはいかないものですが、そのような問題がなければ、無理をして仕事を続けることに、あまりメリットはないのです。

そこでここからは、仕事を辞めたいと思っている人のために、仕事を辞めることで発生するメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。仕事を辞めたいと悩んでいる人は参考にしてください。

【妊娠初期!仕事を辞めるメリット①】ストレスがない

仕事を辞めるメリットとしては、ストレスがなくなるということがまず挙げられます。

ストレスというものは、仕事をしていれば自然とかかってくるものです。どれだけ楽しいと思っていても、つわりがある中で、赤ちゃんのことを気にしながら仕事をしていれば、ストレスはかかってしまいます。

つまり、ストレスをなくすためには、仕事を辞めるしかないということです。多くの女性が妊娠初期に仕事を辞めたいと思うのは、やはりストレスが多いからです。

仕事を辞めれば解放感も得られ、一気に心が軽くなります。かなり大きなメリットですし、ストレスがかからなくなることで、赤ちゃんの健康にも良い効果があるため、仕事を辞めたいと思っている人は、このようなことも考え、決断してみるのもアリです。

【妊娠初期!仕事を辞めるメリット②】肉体的負担が減る

妊娠初期に仕事を辞めたいという人は、肉体的負担が減る、というメリットも重要視しておいたほうが良いです。

仕事を辞めたいと思うのは、精神的な負担もありますが、肉体的な負担も大きいという理由もあります。実際に妊娠初期の人は、つわりなどが原因で体力的にきついことが多々あり、ホルモンバランスの変化から、体調を壊しやすくなってしまう人もいます。

特に仕事を辞めたいと思う理由の中で多いのが、通勤です。電車で立っているだけでも、妊娠初期には大きな負担ですので、それが嫌で仕事を辞めたいと思う人もいます。

仕事を辞めれば、このような面倒臭いことから全て解放されます。赤ちゃんのことだけに向き合えるようになるということもあり、仕事を辞めたいと思う人が多いのです。

【妊娠初期!仕事を辞めるメリット③】つわりに対応できる

妊娠初期に仕事を辞めるメリットとしては、つわりに対応できる、というメリットもあります。

つわりへの対応は、仕事場でできることもありますが、仕事場ではできないようなこともあるものです。横になりたい、という人は、仕事場で横になるわけにもいかないでしょう。しかし、自宅であればそのようなことへの対応が簡単に行えます。

つわりがそれほどない人は、あまり困らないかもしれませんが、つわりがかなりある人には、つわりへの対応ができるかどうかというのは死活問題です。

仕事を辞めることで、つわりが起きたらどうしよう、と不安になることもなくなりますし、実際にだいぶつわりが楽になることも多いです。そのため、これも大きなメリットとなります。

【妊娠初期!仕事を辞めるメリット④】時間を使える

妊娠初期に仕事を辞めるメリットとしては、時間を赤ちゃんのために使える、というメリットがあります。

妊娠初期にはやらなければならないことがたくさんあります。体調管理ももちろんですが、出産や育児に関する勉強や生まれてくる子供の名前も考えなければなりません。時間はいくらあっても足りないものです。

仕事を辞めれば、1日のほとんどの時間を赤ちゃんのために使うことができるようになります。大きなメリットといえるでしょう。

逆に仕事をしながらとなると、時間が足りず、かなり忙しい毎日を過ごすことになります。精神的にもいっぱいいっぱいになるため、仕事を辞めて、時間が確保できることが大きなメリットとなるのです。

【妊娠初期!仕事を辞めるデメリット①】再就職が厳しい

ここからは仕事を辞めることで発生するデメリットを紹介していきたいと思います。仕事を辞めるデメリットとしては、再就職が難しくなってしまうというデメリットがあります。

出産をすれば、ママとしての役割は終わりというわけではありません。そこからは育児生活が始まることになります。多くの女性は子供を託児所に預けて仕事をしたいと考えますが、都会であればあるほど、託児所はどこもいっぱいで、時間を確保するのは難しいです。

その結果、できる仕事の範囲がかなり狭まってしまうことになります。時間に融通が利く仕事、という条件がどうしてもネックになってしまうからです。

仕事を辞めなければ、以前の職場に復帰し、ある程度、融通してもらうこともできるため、このような悩みはないでしょう。再就職が厳しいというのは、仕事を辞める上での、かなり大きなデメリットとなるため、よく考えて決断しましょう。

【妊娠初期!仕事を辞めるデメリット②】手当てがもらえない

妊娠初期に仕事を辞めるデメリットとしては、手当てがもらえないというデメリットもあります。

仕事を辞めれば、単純に収入が少なくなるというデメリットもありますが、出産手当金や育児休業給付金は出産や育児休暇の際に、会社の健康保険や雇用保険に入っていなければ、支払われない手当てです。

他の手当てもあるため、まったくもらえないというわけではないのですが、妊娠初期に会社を辞めてしまうと、会社を辞めていない人に比べて、手当ての金額が減ってしまうため、これもデメリットなってしまいます。

ただでさえ収入が減る中で、手当ても減ってしまうため、会社を辞めるかどうかというのは、簡単に決断してはいけません。このようなこともよく考えておきましょう。

【まとめ】妊娠初期の仕事はそれぞれの判断で

妊娠初期の仕事について紹介してきましたが、仕事を辞めるかどうかは人によって判断が違います。様々な事情がありますし、妊娠初期の体調も人によって違うため、それぞれの事情を考慮して、最終的な判断をくだすようにしましょう。旦那さんや家族とよく相談してください。

もっと妊娠初期に関する情報を知りたいアナタへ!

妊娠初期に出血!鮮血なら少量でも要注意!原因と対処法は?
妊娠初期の胸の張りはいつから?胸の張りがない・なくなる場合も?
妊娠初期に飛行機に乗って大丈夫?海外旅行の放射線リスクは?
妊娠初期にうつ伏せで寝るのは大丈夫?体勢の注意点を解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ