一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子のメリットやデメリットとは?

最近は一人っ子の割合が増えたと言われますよね。また一人っ子はわがままな性格の子供が多いと言われますよね。今回は、実際には一人っ子はどれくらいの割合なのか、一人っ子のメリット、デメリットと、一人っ子の性格についても解説させていただきます。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子のメリットやデメリットとは?のイメージ

目次

  1. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子のメリットやデメリットとは?
  2. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子は増えている?
  3. 一人っ子の割合はどれくらい?理想の子供の人数
  4. 一人っ子の割合はどれくらい?親にとっての一人っ子のメリット
  5. 一人っ子の割合はどれくらい?子供にとっての一人っ子のメリット
  6. 一人っ子の割合はどれくらい?親にとっての一人っ子のデメリット
  7. 一人っ子の割合はどれくらい?子供にとっての一人っ子のデメリット
  8. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格①マイペース
  9. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格②高級志向?
  10. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格③おおらか
  11. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格④一人が好き
  12. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑤喧嘩が下手
  13. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑥可愛がられる
  14. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑦頑張りすぎる
  15. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑧異性に弱い
  16. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑨意志が強い
  17. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑩家族が大切
  18. 一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の親がやってはいけない事
  19. 一人っ子の割合はどれくらい?子供を育てるのにかかるお金
  20. 一人っ子の割合はどれくらい?まとめ

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子のメリットやデメリットとは?

あなたの将来設計は、どんな風になっているでしょうか?
結婚して、子供を産んで、という計画になっているのでしょうか。
結婚相手も大切ですが、子供の数はもう考えているでしょうか?
最近は、一人っ子の割合が増えていると言われていますよね。
経済的な事を考えると、一人の方がいいのかなと思ったりしていますか?
今回はそんな一人っ子について、割合やメリット、デメリットをまとめさせていただきます。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子は増えている?

一人っ子の割合は増えているのでしょうか。
2015年のとある統計を見てみると、一人っ子の割合の統計は25%ほどになりました。
2010年の統計には16%程度だということでしたので、統計の割合はかなり増えたと言えるでしょう。
特に、ここ4年の統計でだいぶ一人っ子が増えているように感じました。

一人っ子の割合はどれくらい?理想の子供の人数

一人っ子の統計の割合は増えているようですが、実際に欲しいと思っている子供の人数は何人なのでしょうか。
やっぱり、一人っ子のほうがメリットが多いと考えている人が多いのでしょうか。
さらに子育ての統計を見てみましょう。

【“子どもがほしい”と回答した人の統計の割合】
20代前半の女性……約90%
20代後半の女性……約80%
30代前半の女性……約80%
30代後半の女性……約45%
40代前半の女性……約20%

理想の子どもの人数の統計……全体平均 約2.4人

日本各地で震災が起こったことで、家族への絆を意識する人が増えたことにより、子供を欲しいと考えるようになった人は多いようです。
芸能人の結婚や出産も影響しているのかもしれませんね。
理想の子供の数の統計は、一人っ子ではなく2人以上は欲しいと考える人が多いようです。

では実際に、子供が一人っ子の場合のメリットやデメリットはあるのでしょうか。
メリット・デメリットについては、親のメリット・デメリット、子供のメリット・デメリットがあるようです。
各々のメリット・デメリットを見ていきましょう。

一人っ子の割合はどれくらい?親にとっての一人っ子のメリット

子供が一人っ子の場合の親のメリットは何でしょうか。
それは、お金がかからないということです。
お金の問題で、子供の数を決めるのかと言われてしまいそうですが、とても大切なことです。

今は女性も働きに出る時代です。
子供が一人っ子であれば、その子がある程度、一人で居られるようになれば、女性はまた働きに出ることができます。
夫婦で働けば、生活はより充実したものになるかもしれません。
経済的に安定している、ということは大切です。
また、経済的に安定していれば、子供に対してもお金をかけてあげることができます。
さらに女性にとっては、万が一離婚をすることになっても、一人っ子であれば何とか育てていくこともできます。

また子供が一人っ子であれば、子育ての時にも愛情をその子だけに注ぐことができます。
もしも、震災や天災が起こった時にも、一人っ子であれば、抱えて逃げることができるかもしれません。

子供が一人っ子であれば、経済的にも愛情的にも、その子だけに注ぐことができるというメリットがあります。

一人っ子の割合はどれくらい?子供にとっての一人っ子のメリット

子供が一人っ子の場合の子供のメリットは何でしょうか。
子供にとっても、経済的なメリットは多いようです。
まずはお下がりの服がなく、いつも新品の服を着ていられるということがあります。
自分のサイズで買ってもらえる服、というのは兄弟姉妹の多い人からすれば羨ましいですよね。
お年玉の金額も多かったでしょうし、おやつも独り占めできたでしょう。
小学校にあがるときのランドセル、中学校の制服など、一番良いものを買ってもらったかもしれません。
祖父母も孫が一人であれば、その子だけにプレゼントを買い与えてくれるので、子供にとっては一人っ子であるということはメリットに感じるでしょう。

一人っ子の子供は、親からの愛情を一身に受けることもできます。
そもそも、お金をかけてくれるということは、愛情を注がれている、ということですよね。
兄弟姉妹が居なくて寂しいのでは、と思うかもしれませんが、幼稚園や小学校に上がってしまえば友達ができます。
逆に兄弟喧嘩をすることもなく育つことができます。
遺産相続に関しての揉め事がないということもメリットだと言えそうです。

一人っ子の割合はどれくらい?親にとっての一人っ子のデメリット

子供が一人っ子の場合の親のデメリットは何でしょうか。
お金はかかりませんが、一人っ子の子供のために購入したものは、すぐに使えなくなってしまうということです。
幼いころのものは、特にすぐに使えなくなってしまいますよね。
ベビーベッドやベビー服などは、残念ながら必要無くなれば捨てるしかありません。

兄弟姉妹が居ないことで、寂しい思いをさせているのではないか、と心配してしまうこともあるかもしれません。
母親であれば、仕事に出ていて残業することを躊躇う場面もでてくるかもしれません。
子供が一人っ子の場合の親のデメリットは、購入したものがすぐに使えなくなることと、寂しい思いをさせてしまうのではないかと不安になることでしょう。

一人っ子の割合はどれくらい?子供にとっての一人っ子のデメリット

子供が一人っ子の場合の子供のデメリットは何でしょうか。
子供のデメリットとしては、兄弟姉妹がいないので、同年代に囲まれて生活する時間が短いという点にあります。
兄弟姉妹がいれば、兄弟姉妹と比べられたり比較されるという経験をすることができます。
そこで競争心や協調性を学ぶと言われています。

しかし一人っ子は、それらを学ぶこと無く、大人に囲まれて成長します。
それこそ蝶よ花よと育てられてしまうと、性格的にも社会になじめない人に成長をしてしまうこともあります。

では、そんな一人っ子はどんな性格なのかを見ていきましょう。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格①マイペース

一人っ子の子供の性格は、マイペースだと言われています。
マイペースだと自分で思っていないタイプのマイペースです。
兄弟姉妹がいなかったため、何をするにも自分のペースで進めることができます。
親もそんな一人っ子のペースに合わせて、物事を進めていたはずです。
ですから、自分のペースが大切なのです。

周りがどんなに焦っていても、一人っ子は気になりません。
周りと合わせようという考え方がそもそも無いのです。
それでも、大人に囲まれて育ってきたので、ゴールを合わせることは得意です。
マイペースでありながら、ちゃっかりとやるべきことは終わらせることもできるのです。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格②高級志向?

一人っ子の子供の性格は、高級志向なのかもしれません。
一人っ子であるがゆえに、子供の頃から何でも良いもの、新品のものを与えてもらっています。
ですから、ちょっとでも汚れているものなどを身に着けるのは嫌なのです。
できれば良いものを身に付けたいと思っています。

また食事に関しても、子供の頃から自分のためだけに美味しいものを作ってもらっています。
誕生日やクリスマスなどのイベントの時には、これでもかというくらいのご馳走を作ってもらったり、食事にでかけたりしています。
そのため、大人になってもそれが当たり前だと思ってしまう人もいるようです。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格③おおらか

一人っ子の子供の性格は、おおらかだと言われます。
兄弟喧嘩をすることがなく、自分のペースで育ってきた一人っ子は、怒ることが少ないようです。
喧嘩を自分から仕掛けることはしません。
何か争いごとが起こったら、すぐに自分が身を引いてしまうくらいでしょう。

いつもニコニコしていることも、おおらかにみられるポイントかもしれません。
大人に囲まれて育った一人っ子は、どうすれば周りからよく見られるかを知っています。
自分から相手を不快にさせるような態度はとらないところがあります。
一人っ子は、おおらかでゆったりとしているという特徴があるようです。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格④一人が好き

一人っ子の子供の性格には、一人の時間が好きだという特徴もあるようです。
子供の頃から一人の時間が多かった一人っ子は、その時間を苦痛には思いません。
一人で遊んだり、過ごしたりする事が好きなのです。
両親が共働きの場合は、よりその傾向があるようです。
むしろ一人の時間が大切だと考えるようです。

一人の時間が無いと、ストレスを感じてしまうようです。
当たり前にあった、一人の時間がなくなってしまうと落ち着かなくなります。
一人っ子はマイペースですが、周りに気を使う性格でもあります。
そのため、誰かとずっと一緒にいると、ずっと気を使いっぱなしになってしまい、ストレスになるのです。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑤喧嘩が下手

一人っ子の子供の性格は、喧嘩が下手だと言われます。
兄弟姉妹がいれば、子供の頃に兄弟喧嘩をしてきています。
でも一人っ子の場合はその経験が無いので、どう喧嘩をしたらいいのかわからないのです。
怒ることも苦手だと言えます。
普段怒らないので、いざ怒ろうとすると声が上ずってしまったり、上手く呂律がまわらないようです。

喧嘩をするのが苦手だということは、仲直りをすることも苦手です。
普段喧嘩をしたことがないので、どのタイミングで謝罪をしたらいいのかがわかりません。
また相手に謝罪された場合も、どうすることが許すことになるのかがわからないのです。
一人っ子は、喧嘩をするのが苦手で、仲直りをすることも苦手だと言えます。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑥可愛がられる

一人っ子の子供の性格は、目上の人に可愛がられるようです。
一人っ子は、大人に囲まれて育ってきました。
幼稚園や保育園に行かなかった場合は、小学校に行くまで、自分と同年代の子供や自分より年下の子供と遊ぶ機会はないことが多いようです。
そのため自分と同年代や年下と付き合うよりも、年上や目上の人と付き合う方が気が楽だと考えるようです。

一人っ子は、マイペースでおおらかです。
同年代や後輩であると、それが時には我儘に感じてしまうことがあるかもしれません。
年上や目上の人は、そういう一人っ子の性格をわかってくれる、年下だからしかたないかと考えてくれるのも、お互いが上手に付き合える理由なのかもしれません。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑦頑張りすぎる

一人っ子の子供の性格は、頑張りすぎるところがあるようです。
子供の頃から、親の愛情を一身に注がれてきた一人っ子は、その期待を背負うことも多くなります。
一人っ子は、その期待に応えようと、頑張ってきているはずです。
そのため一人っ子は、周りからの期待に応えようと、ついつい頑張りすぎてしまうようです。

一人っ子は、頑張りすぎてしまうのですが、それでもこれまでその期待に応えることができていたのだと思います。
それが、何かのタイミングで応えることができない状態になると心が折れてしまうかもしれません。
子供の内に、その失敗を経験していればいいのですが、大人になってから心が折れてしまうと大変です。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑧異性に弱い

一人っ子の子供の性格は、異性に弱いという部分があるようです。
一人っ子は、保育園や幼稚園に行っていない場合、異性と初めて接するのは小学生からになります。
小学生になると、もう異性として認識できる年齢になっています。
友達も当然、同性が多くなります。
そのため、異性とどう接していいのかがわからないという一人っ子もいるようです。

また一人っ子は、親の愛情を一身に受けて育ってきたので、異性に少し優しくされると、相手は自分のことが好きなのではないかと勘違いをしてしまうこともあるようです。
異性の兄弟姉妹がいれば、わかるような勘違いをしてしまうのも、一人っ子の性格だと言えそうです。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑨意志が強い

一人っ子の子供の性格は、意志が強いという部分があります。
一人の時間が多く、多くの出来事をじっくりと一人で考えてきた一人っ子は、その意志も強いのです。
そもそも周りから意見をされることが少ない環境で育ってきているのです。

そのため、時に頑固だと言われることもあります。
周りの意見に流されることがない一人っ子は、そもそも周りからのアドバイスを求めることがありません。
自分で考えて、自分で突き進めてしまうところがあります。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の性格⑩家族が大切

一人っ子の子供の性格は、家族を大切にするというところがあります。
子供の頃から、親に一身の愛情を注いでもらった一人っ子は、家族が大好きなのです。
自分の味方であり、自分の安心できる場所が家族なのです。

一人っ子は、自分が親の面倒を見なくてはいけない、という責任感も生まれているようです。
男性の一人っ子には、特にその傾向があるようです。
親のことを考えて、普通よりも家族のことを気に掛けるようです。

一人っ子の割合はどれくらい?一人っ子の親がやってはいけない事

一人っ子の子育てで、気を付けなくてはいけないことがあります。
一人っ子でなくても、どう子育てをしたらいいかわからない親御さんもいらっしゃるかもしれませんね。
子供は一人だけ、と決めている人は、ぜひ子育ての参考にしてみてください。

一人っ子であることを可哀そうだと思う

一人っ子の子育てで注意をしなくてはいけないのは、子供を可哀そうだと思ってしまうことです。
兄弟姉妹がいなくて可哀そう。
一人でいる時間が長くて可哀そう。
確かにそうかもしれません。
でも、必要以上に親が子供を可哀そうだと思う必要はありません。

子供は、生まれた時からその環境にいるので、親が思うほど自分を可哀そうだとは考えてはいません。
親は一人っ子の子供を可哀そうだと思うあまりに、必要以上に甘やかしてしまうことがあります。
兄弟姉妹がいなくて可哀そうだから、わがままを言っても聞いてあげよう。
一人でいる時間が長くて可哀そうだから、欲しがる玩具は買い与えてあげよう。
その子育ては間違っています。
一人っ子であっても、我慢をさせることは大切です。

必要以上に厳しくしつける

一人っ子の子育てで注意をしなくてはいけないのは、必要以上に厳しくしつけてしまうことです。
上に書いたことの反対の子育てですね。
一人っ子だからといって甘やかしてはいけないと、なんでも我慢をさせるのも良くありません。
兄弟姉妹がいないので、一人っ子は悲しいと思う感情や辛いと思う感情を、自分の中にしか押し込めることができません。

本来、その場合は親が一人っ子の辛い感情をうけとめてあげて欲しいところです。
ですが、親が厳しすぎると、一人っ子の子供は親に甘えることができなくなります。
一人っ子の子供には、必要以上に厳しくしつける必要はありません。
しつけをどこまで厳しくしたらいいかわからない時には、自分の親や、ママ友など、子育て経験のある人に相談をしてみるのもいいですよ。

期待してしまう

一人っ子の子育てで注意をしなくてはいけないのは、プレッシャーをかけすぎないことです。
他の兄弟姉妹がいない分、一人っ子には色々な習い事をさせることができますよね。
ですが、本当にその習い事は、一人っ子である子供のやりたい習い事でしょうか。
親がやらせたいと思ってやらせているだけではないでしょうか。

一人っ子の子供は、周りの期待に応えたいと思う性格を持っています。
親がこうなってほしい、という思いを背負ってしまうのです。
学業を上げるための塾や、健康のためにと始めるスイミングなどもあると思いますが、趣味の域であるバレエや絵画、ピアノなどは、本当に子供がやりたいと思っていることなのかどうかを考えてあげることも大切です。

思い込んでしまう

一人っ子の子育てで注意をしなくてはいけないのは、この子はこういう子だと思い込んでしまわないことです。
この子は人見知りだから、友達と仲良くなれないのは仕方がない。
この子はおとなしい子だから、と思い込むことはやめましょう。

一人っ子に限らず、子供には色々な可能性があります。
親が思い込んで子育てしていまうと、せっかくの可能性をつぶしてしまうこともあります。
また、親が「この子はこうに違いない」と思っていることを、一人っ子はすぐに察知します。
そして、期待に応えたいという思いから、親が思う子になろうとするところもあるので注意をしましょう。

先回りして物を与えない

一人っ子の子育てで注意をしなくてはいけないのは、先回りして物を与えないということです。
一人っ子だと、親はその子のことだけを考えていればいいですよね。
そのために、一人っ子の子供が欲しいと思う前に、なんでも与えてしまうことがあるようです。

玩具や、お菓子、洋服など、何でも先回りして与えてしまっていませんか?
子供のうちには、我慢をするということを覚えることも大切です。
我慢をしたものを手にいれるために、努力することを覚えさせましょう。

一人っ子の割合はどれくらい?子供を育てるのにかかるお金

一人っ子の割合や、メリットデメリットなどを見てきましたが、子供を一人育てるには、お金はいくらくらいかかるものなのでしょうか。
統計で出された大体の金額を算出してみましょう。

統計で出された金額では、公立の幼稚園、公立の小学校、公立の中学校、公立の高校、公立の大学を卒業した場合、2,985万円になるそうです。

統計で出された金額では、私立の幼稚園、公立の小学校、私立の中学校、私立の高校、私立の大学(医大)を卒業した場合は、6,064万円かかるのだそうです。

子供を1人育てるということは、統計を見る限りでは、やはりお金がかかるのですね。

一人っ子の割合はどれくらい?まとめ

いかがでしたか。
今回は一人っ子の割合の統計と、一人っ子のメリット、デメリットを見てきました。
一人っ子は、子育ての方法に注意は必要なようですが、それほどデメリットはなかったですよね。
経済的なことを考えれば、統計をみてもメリットの方が多いようにも感じます。
しかし子供を何人にするのかは、家庭によって考え方は違うものです。
正解のない問題です。
子育ての方法も含めて、じっくりと話し合って、決めていってください。

一人っ子についてもっと知りたいあなたに!

一人っ子の女の子の性格の特徴!育て方はどうすればいい?
一人っ子あるあるまとめ!性格や特徴はどんな感じ?
一人っ子の性格の特徴12選と恋愛傾向解説!
一人っ子男子の恋愛傾向13選と恋愛傾向!攻略方法教えます!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ