妊娠超初期〜妊娠初期の腰痛の対策法は?流産の危険も?

妊娠超初期から妊娠初期にかけて、ひどい腰痛に苦しむ人が少なくありません。中にはぎっくり腰になってしまう人もいるほど腰痛がひどいこともあるのですが、妊娠超初期から妊娠初期にかけて、腰痛が起こる原因には何でしょうか?また、その対策はどうしたらいいのでしょうか。

妊娠超初期〜妊娠初期の腰痛の対策法は?流産の危険も?のイメージ

目次

  1. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛 心配ですよね!
  2. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因とは?
  3. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因①】ホルモンの変化
  4. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因②】靭帯が緩む
  5. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因③】血行不良
  6. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因④】体調不良
  7. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛はいつから始まる?いつから?
  8. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛はいつまで続く?
  9. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛だと判断するには?
  10. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人の特徴は?
  11. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人①】姿勢が悪い
  12. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人②】冷え性
  13. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人③】肥満
  14. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人④】常に疲労感
  15. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人⑤】ストレスに
  16. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人⑥】運動不足
  17. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人⑦】筋力が弱い
  18. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛は流産の兆候?!
  19. 腹痛などの流産の兆候になりやすい症状とは?!
  20. 妊娠超初期にはぎっくり腰になりやすい?!
  21. 妊娠超初期のぎっくり腰への対処法とは?!
  22. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策は?!
  23. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策①】姿勢を良くする
  24. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策②】骨盤ベルトを使う
  25. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策③】軽い運動
  26. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策④】お風呂で血行を
  27. 【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策⑤】リラックスする
  28. 妊娠超初期から妊娠初期の腰痛はあまり心配をし過ぎないで!

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛 心配ですよね!

妊娠超初期から妊娠初期にはいろいろな体調の変化や、体調不良が起こるものですが、その一つに腰痛があります。少し腰の調子がおかしいなと感じる人もいれば、ひどい腰痛に苦しんだり、下手をすると妊娠したことで、ぎっくり腰気になってしまう人も出てしまいます。

妊娠初期の腰痛というのは、どうして起きてしまうのでしょうか。また、どのような対策をすればいいのでしょうか。

この記事では、妊娠初期に腰痛になりやすい人の特徴や、妊娠初期に腰痛になってしまう原因、腰痛になってしまった時の対策についてお伝えしていきます。

■参考記事:妊娠超初期には寒気にも要注意?コチラも参照!

妊娠超初期〜妊娠初期の寒気の原因と対処法!【要注意】

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因とは?

まずは、妊娠超初期から妊娠初期にかけての腰痛とはどうして起きてしまうのか、その原因についてみていきましょう。

妊娠中期から後期になると、お腹の赤ちゃんも大きくなってきて、体のバランスが崩れてくるので、腰への負担もかかるようになるのもわかります。

しかし、特に妊娠したばかりの妊娠超初期というのはまだお腹の赤ちゃんは目に見えないくらい小さいので、腰周りに負担をかけるとは思えませんよね。

しかし、妊娠主張初期から妊娠初期にかけて腰痛が起きてしまうのには、ちゃんとした原因があるのです。どのような原因があるのか見ていきましょう。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因①】ホルモンの変化

妊娠超初期から妊娠初期にかけて腰痛が起きてしまう原因の一つには、身体の中のホルモンバランスの変化があります。

妊娠すると、妊娠を継続させるために、お母さんの体の中には、卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった女性ホルモンが沢山分泌されますが、この他にも、リラキシンというホルモンも大量に分泌されます。


リラキシンは、骨盤周りの靭帯をゆるめて、出産に向けて骨盤を開く準備を始めるためのホルモンになります。

このリラキシンの作用によって、骨盤が緩んでしまい、腰回りのバランスが緩んでしまうことで、腰に余計な負担がかかるようになってしまい、腰痛を引き起こす原因になってしまうのです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因②】靭帯が緩む

妊娠超初期から妊娠初期にかけて腰痛が起きやすくなる原因には、1つ目の原因とほぼ同じことになりますが、リラキシンが大量に分泌されることにより骨盤周りの靭帯が緩んでしまうからです。

骨盤というのは、内臓を守り、上半身と下半身のつなぐ重要な役割をしている骨になります。


リラキシンの効果により、骨盤の関節や靭帯が緩んでしまうと、上半身と下半身をつなぐ要がぐらぐらになってしまうということになり、バランスがうまくとれなくなってしまいます。

その結果、腰痛が起きやすくなってしまうのです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因③】血行不良

妊娠超初期から妊娠初期にかけて腰痛が起きやすくなる原因には、身体の活動が低下して、運動不足になることによって、血行不良になることも挙げられます。

妊娠が成立しても、お母さんの体にとって受精卵というのは異物になってしまうので、免疫系や子宮の収縮などによって妊娠前と同じ体の状態であれば、外に排出させようとする働きが働いてしまいます。

それを防ぐために、免疫系や内蔵の筋肉の活動を緩めるホルモンが大量に分泌されるので、妊娠すると体がだるくなったり眠くなったり、風邪をひきやすくなったりしてしまいます。

その結果、活動量が減って運動不足になる人も多く、全身の血行が悪くなることで、腰痛を感じやすくなってしまうのです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の原因④】体調不良

妊娠超初期から妊娠初期にかけて腰痛が起きやすくなる原因には、妊娠超初期から妊娠初期にかけて特有の、つわりなどによる体調不良により、痛みに敏感になってしまうことも挙げられます。

体調が悪かったり、しんどかったりすると、外からの刺激や、痛みに敏感になってしまうことってありますよね。

妊娠超初期から妊娠初期というのは、妊娠中でも最もつわりがひどい時期で、ひどい眠気や吐き気に襲われてしまうものです。

そのために、妊娠前ならひどい痛みとも感じなかったようなちょっとした腰の違和感でも、ひどい腰痛になってしまったと感じてしまうこともあるのです。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛はいつから始まる?いつから?

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛はいつから始まっていつまで続くのか、気になる人も少なくないようです。

妊娠超初期からの腰痛はいつから始まるのかというのは、正直なところ人それぞれというのが正確な答えのようです。

いつから始まるのか、いろいろな人の意見を見てみると、生理予定日前に、妊娠が成立して数日たったと思われる頃に、生理前症候群の下腹部のいつもの思い感じとは違う腰痛を感じたという人もいます。

また、いつから始まるのかというと、妊娠超初期には全く感じなかったのに、妊娠2ヵ月から3ヵ月に入ってから突然ぎっくり腰のような強烈な腰痛に襲われたという人もいます。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛が、いつから始まるというのは、一般的に決まっている法則はなくて、いつから始まるのかは個人差がとても大きいというのが本当のところです。

いつから腰痛が始まるのかというと、妊娠超初期から始まる人もいるし、いつから腰痛が始まったのかというと、妊娠3か月くらいから始まったという人もいます。

またいつから腰痛が始まったのかというのは、妊娠初期には全く腰痛を感じていなかったのに、妊娠後期になってから大きくなって子宮に圧迫される感じで、腰痛を感じるようなってしまったという人もいます。

妊娠中の腰痛というのは、いつから始まるのかという法則は本当になくて、いつから始まるのかは、人それぞれというのが答えです。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛はいつまで続く?

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛がいつから始まるのかというのは、とても個人差が大きいのですが、それではいつまで続くのものなのかというのも気になるところですよね。

妊娠中の腰痛が、いつから始まっていつまで続くのかというん言うと、いつまで続くのかというのも、いつから始まるのかと同じように、とても個人差が大きいようです。

骨盤の靭帯を緩めるリラキシンは分娩に向けて分泌量が増えていきます。

そのために、妊娠初期の内に収まるという人もいれば、出産直前まで腰痛が続くという人もいるのです。

妊娠中の腰痛が、いつからいつまで続くのかというのは、本当に個人差が大きいものなのです。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛だと判断するには?

妊娠超初期から妊娠初期にかけての腰痛というのは、人によっては生理前に下腹部が重くなる感じとあまり区別がつかないという人もいます。

生理前に下腹部が重くなる原因も、生理前にリラキシンが分泌されることが原因の場合もあるので、妊娠の成立による腰痛と区別がつかなくても仕方がありません。

しかし、基礎体温を測っている人は、高温期が続くかどうかで生理前の下腹部の重い感じなのか、妊娠が成立したことによる腰痛なのかという区別をつけることができます。

妊娠を考えたいのであれば、やはり基礎体温は毎日しっかりと測るようにしましょう。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人の特徴は?

妊娠超初期から妊娠初期にかけて、腰痛になりやすい人には、共通する特徴があるようです。

それは妊娠前からの生活習慣などからくる体質が大きく関係しているようです。

一体どんな人が妊娠初期のひどい腰痛を感じやすいのか、ここからみていきましょう。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人①】姿勢が悪い

妊娠超初期彼妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすい人には、もともと姿勢が悪い人が多いようです。

姿勢が悪い人というのは、骨盤がゆがんでいる人が少なくありません。

妊娠していない状態であっても、骨盤がゆがんでいる状態だと、腰周りだけではなくて、体のどこかに無理な負担がかかってしまっている状態になっているはずです。

この状態で、妊娠して、リラキシンの大量分泌により、骨盤の関節や靭帯が緩んでしまうと、骨盤のゆがみがさらにひどくなってしまい、腰痛がどんどんとひどい状態になってしまうのです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人②】冷え性

妊娠超初期彼妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすい人には、妊娠前からもともと冷え性だった人も多いようです。

冷え性の人というのは、全身の血行が悪くなりがちですよね。

全身の血行が悪いということは、腰周りの血行も悪いということです。

腰周りの血行が悪いところに、骨盤の靭帯や関節が緩んでしまい、腰周りに余計な負荷がかかったことで、腰痛が起きやすくなってしまうのです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人③】肥満

妊娠超初期彼妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすい人には、妊娠前からもともと肥満だった人も多いものです。

肥満の人というとは、上半身の体重を支えるために、妊娠前から腰に大きな負担がかかっていますよね。

その状態で、妊娠したことでリラキシンの分泌により骨盤の関節や靭帯が緩んでしまったことで、骨盤へかかる上半身の重さの負荷というのが、さらに大きくなってしまい、ひどい腰痛の原因になってしまうのです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人④】常に疲労感

妊娠超初期彼妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすい人には、妊娠前からもともと疲労感を感じやすい人も多いものです。

疲労感を感じやすい人というのは、普段から疲れやすいのであまり体を動かす習慣がなく、基礎体力が弱い人も多いものです。

また、精神的なストレスに弱い人も多く、妊娠したことで感じる腰の違和感を、ひどい腰痛だと感じてしまう人も多いものです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人⑤】ストレスに

妊娠超初期彼妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすい人には、妊娠前からもともとストレスに弱い人も多いものです。

ストレスに弱い人というのは、痛みにとても敏感な人が多く、他の人が大した痛みだと感じないような刺激でも、ひどい痛みに感じることがあります。

そのために、妊娠したことで、腰に感じる違和感を、ひどい腰痛だと感じやすくなってしまうのです。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人⑥】運動不足

妊娠超初期彼妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすい人には、妊娠前からもともと運動不足だった人が多いようです。

また、妊娠したことで、つわりや眠気がひどくて、体を動かさなくなって、運動不足になってしまっている人も、ひどい腰痛を感じやすくなる人が多いようです。

運動不足になってしまうと、全身の血行がどうしても悪くなってしまいます。

そうすると、腰周りが硬くコリ固まってしまい、腰痛を感じやすくなってしまいます。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛になりやすい人⑦】筋力が弱い

妊娠超初期彼妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすい人には、妊娠前からもともと筋力が弱い人も多いようです。

もともと、全身の筋肉がしっかりとしている人というのは、骨盤周りの靭帯や関節を緩めるリラキシンが大量に分泌されても、腰回りの筋肉がある程度しっかりとしているので、お腹が大きくせり出してこない妊娠初期のうちは、筋肉の力である程度骨盤を締めておくことができます。

しかし、筋力が弱い人というのは、筋肉の力で骨盤周りを閉めておくことができないので、リラキシンにより関節や靭帯が緩んでしまうと、骨盤がガタガタになってしまい、ひどい腰痛を感じやすくなってしまうのです。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛は流産の兆候?!

妊娠超初期から妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じやすくなると、流産をするのではないか、流産の兆候なのではないかと心配になってしまう人も多いものですよね。

妊娠超初期から妊娠初期にかけてのひどい腰痛というのは、流産の兆候になってしまうのでしょうか。

妊娠超初期から妊娠初期にかけてひどい腰痛を感じる原因はリラキシンの分泌なので、これが流産の原因になることはありません。

ということは、ひどい腰痛がすぐに流産の兆候となることはありません。

腰痛だけなら決して流産の兆候とは言えないので、安心しましょう。

しかし、流産の兆候に、腰痛だけではなくて、腹痛などの他の症状も同時に起きた場合には、腹痛などの症状が流産の兆候となる場合もあります。

次に、腰痛とともに、腹痛など、どのような症状が起きたら流産の兆候になるのか見ていきましょう。

腹痛などの流産の兆候になりやすい症状とは?!

妊娠超初期から妊娠初期にかけては、腰痛なのか、生理前の下腹部の腹痛なのか、よくわからないこともありますよね。

腹痛なのか腰痛なのかよくわからない痛みがあった後で、流産する人が多いので、腰痛が流産の兆候になると言われるようになったようですが、実は流産するときに感じているのは、腰痛ではなくて腹痛であることの方が多いのです。

とはいえ、妊娠初期に感じる腹痛のすべてが流産の兆候になるとは限りません。

特に出血を伴う腹痛や、基礎体温の低下を伴う腹痛などを感じた時には、流産の可能性が高いと言われています。

とはいえ、素人にはどんな腹痛が安全でどんな腹痛が危険なのかは判断できません。

腹痛を感じたらすぐに病院へ受診することをお勧めします。

妊娠超初期にはぎっくり腰になりやすい?!

妊娠初期の腰痛では、あまりにもひどい腰痛だと思っていたら、実はぎっくり腰だったという人も少なくありません。

妊娠初期にぎっくり腰なるなんて、ちょっとびっくりしてしまいますよね。

ぎっくり腰というのは、腰の周りで関節捻挫や、筋肉の損傷などが急激に起きて、突然腰に激痛が走る症状のことです。

妊娠初期にぎっくり腰になるのは、あまり聞いた事がありませんが、実はそれほど妊娠中のぎっくり腰というのは珍しいことではないのです。

というのは、妊娠すると、リラキシンの作用により、腰回りの関節や靭帯が緩むので、骨盤や腰骨が不安定になり、ガタガタの状態になります。

この状態で変な方向へ関節や靭帯が引っ張られることで、無理な力がかかってしまい、筋肉の損傷や捻挫を起こしてしまい、ぎっくり腰となってしまうのです。

妊娠超初期のぎっくり腰への対処法とは?!

ぎっくり腰になったときの対処法は、温めてほぐすことが一番大切なります。

妊娠超初期から妊娠初期にぎっくり腰になってしまった場合にも、患部をよく温めて、無理のない範囲でゆっくりとストレッチをしながら、保護していくことが大切です。

筋力が弱い人の場合は、ぎっくり腰が再発するのを防ぐために、骨盤を支えるためのサポーターなどをつけるのもいいでしょう。

ぎっくり腰は、繰り返す人も多いものです。ぎっくり腰が再発しないように生活動作にも気をつけましょう。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策は?!

何となく腰に腹痛なのかどうかわからないような違和感を感じているという程度の腰痛なら、何とかしのぐこともできますが、時には座ったり立ったりしているのも辛くなるほどひどい腰痛になってしまうこともあります。

妊娠初期から妊娠超初期に腰痛が出てしまった時には、やはり痛みどめやシップ薬を使うのは、お腹の赤ちゃんにどのような影響があるのかわからないので、はばかられます。

実際に、病院で処方される強い痛みどめやシップ薬の中には、お腹の赤ちゃんに影響を与える成分が入っているものもあるので、薬は使いたくありませんよね。

それでは、薬を使わずに腰痛に対処する、などのような対策ができるのでしょうか。

ここから、妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策についてみていきたいと思います。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策①】姿勢を良くする

妊娠超初期から妊娠初期に腰痛が出てしまったときの対策は、まずは、姿勢を良くすることが大切です。

姿勢が悪いとどうしても骨盤に歪みが生じてしまい、腰痛の原因となってしまいます。

背筋を伸ばして骨盤の位置を正しく保つことで、腰痛が悪化するのを防ぐことができます。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策②】骨盤ベルトを使う

妊娠超初期から妊娠初期に腰痛が出てしまったときの対策には、骨盤ベルトを使うことも効果的です。

骨盤ベルトは、骨盤周りに装着して、骨盤を正しい位置に固定することができるベルトです。

妊娠中から使えるものも発売されているので、そういったものを使えば、安全に骨盤を固定することができます。

妊娠初期の腰痛の原因に、骨盤が緩んでしまうことがあるので、緩んでしまった骨盤を骨盤ベルトで固定することで、共通を緩和したり防ぐことができます。

ただし、あまりきつく締めすぎてしまうと、子宮を圧迫して腹痛を起こしてしまうこともあるので、ちょうど良い加減がわからない時には、産婦人科のお医者さんや助産師さんに相談してみましょう。

■参考記事:骨盤ベルトはいつからいつまでつける?コチラも参照!

産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけるべき?

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策③】軽い運動

妊娠超初期から妊娠初期に腰痛が出てしまったときの対策には、ストレッチなどの軽い運動をして、体をほぐすことも効果的です。

腰周りの血流が悪くなると、どうしても腰が凝り固まって腰痛が起きやすくなってしまいます。

流産の危険性がとても高い妊娠超初期から妊娠初期にかけては、マタニティースイミングやマタニティヨガなどの激しい運動をするわけにはいきませんが、軽いウォーキングやストレッチなどで体をほぐすことで、腰回りの血流を良くして、腰痛を緩和することができます。

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策④】お風呂で血行を

妊娠超初期から妊娠初期に腰痛が出てしまったときの対策には、お風呂で血行を良くするのもいいでしょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりと入ることで、全身の血行を良くすることで、腰痛を緩和することができます。

腰痛を緩和したいときのお風呂の温度は、38度から41度のぬるめのお風呂が一番適していると言われています。


41度以下のぬるめのお風呂に10分ほど浸かっていると、副交感神経が働き、全身がリラックスして血流がよくなり、腰痛の緩和に役立ちます。

42度以上の熱いお風呂に入ってしまうと、かえって筋肉が凝り固まってしまうこともあるので気をつけましょう。

■参考記事:妊婦が温泉に入っても大丈夫?コチラも参照!

妊婦が温泉に入るのは大丈夫?妊娠初期・妊娠中の注意点は?

【妊娠超初期から妊娠初期の腰痛の対策⑤】リラックスする

妊娠超初期から妊娠初期に腰痛が出てしまったときの対策には、精神的にリラックスすることも大切になります。

ストレスがたまって、精神的にイライラしていると、ちょっとした違和感でも強い痛みに感じてしまうものです。

ゆったりとしたリラックスした気分でいつでもいられれば、それだけで痛みを緩和させることができます。

寝る前にリラックスできるアロマをたいたり、趣味に没頭する時間を作ったりして、ストレスをためずにリラックスできる時間を作りましょう。

妊娠超初期から妊娠初期の腰痛はあまり心配をし過ぎないで!

妊娠超初期から妊娠初期というのは、本当にいろいろな体調の変化が起こるので、何かと心配なことばかりですよね。

そんな中で、腰痛がひどくなると、本当に辛い想いをするものです。

しかし、腹痛などが併発していない腰痛であれば、流産の心配はほとんどないので、腰痛を緩和させるための対策をしっかりととったら、あとはあまり心配しすぎずにいることが大切です。

気持ちをゆったりと持って、一生に何度も経験することがないマタニティライフを思う存分満喫してください。

妊娠初期の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠初期にうつ伏せで寝るのは大丈夫?体勢の注意点を解説!
妊娠初期におすすめのストレッチは?運動の影響も解説!
妊娠初期に運動しても大丈夫?おすすめの方法と注意点は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ