妊娠超初期〜妊娠初期の寒気の原因と対処法!【要注意】

妊娠超初期~妊娠初期にかけての「寒気」には注意が必要なようです。妊娠すると、体やホルモンバランスが変わるからでしょうか?妊娠超初期には、妊娠自体に気づかず風邪と間違うことも。今回は、妊娠初期に感じやすい寒気の原因と対処法をご紹介します。

妊娠超初期〜妊娠初期の寒気の原因と対処法!【要注意】のイメージ

目次

  1. 妊娠超初期、妊娠初期の「寒気」は不安を招く
  2. 妊娠超初期と妊娠初期とはどの期間を示すの?
  3. 妊娠超初期~妊娠初期に寒気を感じる原因
  4. 妊娠初期・寒気が「冷え」の場合赤ちゃんに影響がある
  5. 『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因①』黄体ホルモン
  6. 『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因②』つわりの一種
  7. 『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因③』貧血によるもの
  8. 『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因④』冷えによるもの
  9. 妊娠超初期・妊娠初期の寒気はどんな感じ?いつから?
  10. 妊娠超初期・妊娠初期に寒気と伴う症状とは
  11. 妊娠超初期・妊娠初期の寒気が危険なケースも!
  12. 『妊娠超初期・妊娠初期の心配な寒気①』高熱を伴う
  13. 『妊娠超初期・妊娠初期の心配な寒気②』悪寒・背部痛・嘔吐
  14. 『妊娠超初期・妊娠初期の心配な寒気③』腹痛がある
  15. 妊娠超初期・妊娠初期の寒気対策をしよう!
  16. 『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期①』冷えを絶対にふせぐ
  17. 『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期②』食事内容で対策
  18. 『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期③』適度に動く
  19. 『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期④』生活習慣の改善
  20. 妊娠初期の寒気を甘くみないで、真剣に対処しよう!

妊娠超初期、妊娠初期の「寒気」は不安を招く

妊娠すると、寒気を感じる女性が多いです。妊娠超初期や妊娠初期に寒気を感じるとどうしても不安になってしまうもの。

流産の兆候ではないか?とか、風邪をひいたのだろうか?などと思ってしまうかもしれません。体の奥からゾクゾクする寒気が走ったり、ほてりを伴うこともあります。

原因不明の寒気=流産の可能性を考える方もいますが、医学的にみれば寒気と流産の関係に決定的なものはありません。

妊娠初期の兆候は寒気だけに限らず、熱っぽくほてったり鼻水がたくさんでてきたりなど風邪のような症状が多く、判断が難しいところもあります。

また、つわりなど体調も不安定なところに寒気などの体調悪化はいつもよりこわいものですよね。

妊娠することによって、妊娠超初期・妊娠初期に寒気がでることは一般的ですので特に神経質にならなくていいこともありますが寒気の症状や伴う症状によっては対処法を講じていく必要があります。

ここから、妊娠超初期・妊娠初期の寒気の感じ方や原因、対処法をご紹介していきます!

妊娠超初期と妊娠初期とはどの期間を示すの?

妊娠初期に寒気を感じたり、毛布やカイロが手放せなくなる方もいますが具体的に、妊娠初期とはいつからで、妊娠超初期はいつからいつまでなのでしょうか。

妊娠超初期と妊娠初期は、おおよそ妊娠してどの期間のことなのかをお教えしますね。

「妊娠超初期」はいつからとハッキリは決まっていませんが、妊娠をして約3週間目~5週間までのことです。この時期は、妊娠に気づかない女性も多いので寒気を風邪と思ってしまったり出血があり流産しても、生理が狂ったのかとしか思わない女性もいるほどです。

妊娠初期は、いつからいつまでかはある程度目安があります。いつからかわからず不安な方は覚えておきましょう。

妊娠初期は、妊娠4週~15週目あたりまでを言います。妊娠超初期とかぶっている部分もありますね。

いつからとわかれば、寒気も妊娠が原因だと納得できます。この時期にはつわりなどが酷くなり、寒気も共に現れるからです。

妊娠超初期に現れやすい体の変化

妊娠超初期はいつからなのか判断が難しいのですが、体調変化に敏感な女性は、微細な体調の違いに気づくこともあるでしょう。

妊娠超初期の体調は、個人差があり多岐に渡っていますがホルモンが関係しているためか、胸の張りや眠気、食欲、オリモノ変化、腰がだるいなど月経前症候群のような症状がでやすいようです。

妊娠初期に現れやすい体の変化

妊娠初期がいつからかは先ほどご説明しましたが、分かりやすくいうと妊娠2~4ヶ月の期間のことを指します。

妊娠することによって、ホルモンや自律神経が乱れてしまい体調不安定になりやすいことが、寒気を招いているとも言われています。

ほてりを感じる原因も次にお話ししていきますね。

妊娠超初期~妊娠初期に寒気を感じる原因

なぜ妊娠超初期・妊娠初期に寒気を感じてしまうのでしょうか。中には、汗ばむような夏でさえ体が寒気でゾクゾクしてしまう症状もあります。

いくら妊娠初期にはよくあることとわかっていても、不安になってしまいますよね?いつもにはないような寒気には、妊娠による原因があるんです。

いつからかわからないけれど真冬でもないのに、カイロや湯たんぽを多用したり、寒くて寒くてストールを羽織ったり、靴下を重ね履きしたり、原因のわからない寒気は心配ですし、ただ着こむだけで良いんだろうか?と思ってしまいますよね。

ちゃんとした原因や、放っておいてはNGな寒気、対処法を知れば寒気に只々不安になることもなくなりますよ。

ほてりを感じる原因とは

妊娠初期にあらわれる寒気と同じように手足が冷たく、全身が寒いのに「ほてり」を感じるのはホルモンの作用と言われます。

これらの、手足が冷えるのに熱っぽいほてり感があるのは自律神経の乱れも考えられます。ほてりは、妊娠によりホルモンバランスが崩れることで起こるのです。

ほてりはどのくらい続くの?

ほてりが起こりやすいのは、いつからでしょうか。

体が熱っぽいなどの「ほてり」は妊娠初期から、ホルモンが安定する時期まで続くこともあります。妊娠をすると体温が高温に保たれるので、ほてりが出産まで続いたという女性もいるようです。

冷えほてりへの対処法

体のほてりがあると、どうしても冷たいものを飲み食いしたくなりますがアイスクリームなどを食べる事は妊娠期の体を冷やすのでよくありません。

ほてりで眠れない時は、頭や首など上半身に冷たいタオルを絞ったものをあてたり、おでこに冷却シートなどを貼って、ほてりを緩和しましょう。

ほてりがあっても、お風呂には浸かり、下半身を冷やさないようにしてください。

妊娠初期・寒気が「冷え」の場合赤ちゃんに影響がある

妊娠超初期・妊娠初期の寒気は赤ちゃんに影響するのでしょうか。

その寒気がホルモンバランスの崩れからによるものなら影響はないのですが、寒気を放っておくと低体温になってしまい、胎児に栄養が届かなくなってしまいます。

妊娠超初期・妊娠初期に母親の体が冷えていれば胎児も冷えていることになるため、逆子の原因になることが多いのです。

原因は冷えだけではないですが、寒気と冷えをそのままにしておかず、対処法を実行しましょう。冷えをそのままにして風邪になることで、流産のリスクも大きくなります。

『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因①』黄体ホルモン

妊娠超初期・妊娠初期の寒気の原因は、黄体ホルモンの影響といわれています。

基礎体温をつけていればわかるのですが、本来周期的に下がるはずの体温が妊娠により高温に保たれたままになるため、外気の温度と自分の体温との差で寒気が生じる原因になるのです。

妊娠超初期から妊娠初期にはじまる、体温と外気温の差は妊娠して6ヶ月くらいまで続きます。高温が続くので、熱っぽい感じがして風邪なのかな?と勘違いする妊婦さんが多いのはこのためです。

寒気もほてりも、外気温と体温の差が生み出しているようなので、妊娠初期にはその原因を頭にいれ、それを受け入れて体を大切にしていきましょう。

『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因②』つわりの一種

妊娠超初期・妊娠初期の寒気の原因として、つわりの一種というものがあります。また風邪のひきはじめが原因のこともあり、注意深く体調を観察していきましょう。

つわり=吐き気というイメージがありますが、実際には個人で様々な症状があらわれます。妊娠超初期・妊娠初期のつわりは、多くの女性がいくつもの症状を併発するようです。

その他の症状として、怠さやほてり、頭痛、腰痛、食欲不振など様々です。

妊娠超初期・妊娠初期は、ホルモンバランスの崩れから免疫力が低下し、風邪のような体調になりますが、あまり原因がわかってない初期流産をしやすい時期なので実際に風邪をひかないようにしましょう。

『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因③』貧血によるもの

妊娠超初期・妊娠初期の寒気には、血液の量が足りていない、すなわち、貧血が原因の寒気があります。

妊娠中は、赤ちゃんに血液を供給するために血漿の数が大きく増えますが、量は増えても血液が薄まるようになってしまうため鉄分不足になりがちなのです。

医学的に貧血=流産というものはないものの、妊娠超初期・妊娠初期では、流産の原因がはっきり特定できていないため貧血での流産リスクは大きいとも言われています。

貧血症などを防ぐためにも、鉄分などの栄養で血液の状態を良くしておき、着床が続かない=流産とならないように食事にも気をつかっていきましょう。

貧血を防ぐ鉄分が摂れる葉酸サプリ3選!

妊婦に不足しがちな鉄と、胎児に必要な栄養素・葉酸が効率よく摂れるのが葉酸サプリです。①飲みやすさ②安全性③栄養素の面から人気のサプリ3選をご紹介します。

人気第1位:【ベルタ葉酸サプリ】は現役ママが商品開発!

【ベルタ葉酸サプリ】は商品開発やユーザーの声を拾うお客様サポートが現役ママならではの安心安全・高品質なサプリです。

①飲みやすさ:直径9㎜、保存料、着色料なし
②安全性:放射能濃度検査・農薬残留試験済のGMP工場
③栄養素:葉酸以外も国の推奨量をほぼ満たすバランスの良い配合した栄養機能食品

人気第2位:【mamanic(ママニック)】は管理栄養士指導の成分と配合量!

【mamanic(ママニック)】 は管理栄養士のもとに考えられた栄養素と美容成分が配合された口コミ人気も高い葉酸サプリです。

①飲みやすさ:直径9㎜、無添加、トランス脂肪酸フリー
②安全性:GMP工場、成分と最終加工国を開示
③栄養素:吸収率の高い葉酸を使用し美容成分も配合

人気第3位:【ノコア葉酸サプリ】は今話題のDHA/EPAオイル配合!

【ノコア葉酸サプリ】はママに必要な葉酸と同時に、赤ちゃんの育脳や妊婦に必要な栄養素として注目の高いオメガ3オイルDHA/EPAが摂れるサプリです。

①飲みやすさ:植物性ソフトカプセル、海藻由来のDHA採用で魚臭さなし
②安全性:GMP工場、水銀リスクフリー
③栄養素:鉄分やカルシウムに加えラクトフェリン、レシチンなど授かり・育みに必要な成分

『妊娠超初期~妊娠初期の寒気原因④』冷えによるもの

妊娠超初期・妊娠初期の寒気の原因には冷えからくる、血行不良があります。

どうしても、体が冷えると血流がわるくなってしまうため寒気の原因になってしまいます。子宮の血流も悪くなるので黄体ホルモンや子宮内膜の働きが滞り胎児の成長が悪くなります。

また、子宮、卵巣の冷えをなくし血行を良くすることで流産の予防にもつながっていきますよ。末端冷え性の女性は、妊娠初期の冷え対策を行うようにしましょう!

冷え対策は、いつからというものではなく妊娠を希望する方は妊娠超初期に入る以前からいつも冷え対策をしてくださいね。

妊娠超初期・妊娠初期の寒気はどんな感じ?いつから?

さて、ここまで妊娠超初期~妊娠初期の寒気の原因をご説明しました。ここからは、妊娠中の寒気はどんな寒気なのかいつから始まりやすいのかをお教えしていきます。

妊娠超初期~妊娠初期の寒気は、風邪のひきはじめのようなゾクゾクする寒気と似ているのが特徴です。

何となく寒気がするなというくらいの女性から、暖房つけっぱなしで湯たんぽを抱えていないと耐えられないほどの寒気まで症状の重さは様々です。

それと同様、いつから寒気がはじまるかも個人差があるようです。中には、妊娠超初期(妊娠3、4週目あたり)から始まって妊娠初期の間中おさまらない方もいます。

妊娠超初期・妊娠初期に寒気と伴う症状とは

よく妊娠初期の「寒気」は流産の危険があるといわれますが、その話の根拠は医学的なものではないようです。

そういわれる理由として考えられるのは、切迫流産という流産(流産にも種類がある)が低体温を原因としていることから、寒気=体温の低下と連想するからでしょう。

妊娠初期に寒気がするのは普通のことなので、すぐに流産を心配することはありません。しかし、伴う症状によっては危険なこともあるので注意が必要です。

ここからは、妊娠初期にでやすい鼻水などの辛い症状の説明から寒気と伴うと「危険」な症状についてご説明します。

妊娠性鼻炎の可能性も

妊娠超初期・妊娠初期には、ほてりや吐き気、腰痛や頭痛などが現れることもありますが人によっては「鼻水」の症状が酷いこともあります。

アレルギー性鼻炎、花粉症がないにも関わらず妊娠して鼻水がでるようになりましたか?

妊娠初期に突発的に鼻水がではじめたなら「妊娠性鼻炎」の可能性があります。症状としては、普通の鼻炎と同様「鼻水・くしゃみ・鼻づまり」などが起こります。

何で急に鼻水が止まらなくなったんだろう?と思ったら妊娠が原因かもしれません。鼻水がでる原因として、ホルモンバランスの崩れによる「自律神経」の乱れがあります。

そのせいで、鼻粘膜が炎症を起こし、埃、たばこなどに過剰に反応してしまうのです。

鼻水がとまらなくなったら注意しよう

妊娠すると赤ちゃんを異物とみなしてしまわないよう一時的に免疫システムが少し低下します。

ホルモンバランスが乱れることでそうなるそうですが、鼻水がではじめたら風邪の疑いもあるので注意が必要です。

「妊娠初期には鼻水・くしゃみがでるらしいし」と放っておかないように。

そもそも、鼻水がでてきたら風邪のせいなのか妊娠初期のせいなのか判断がつきにくいですよね?もしアレルギーや花粉症がない方ならば鼻水の状態がある程度の判断基準になりますよ。

【風邪の時の鼻水】=黄色っぽい、ねばつく
【妊娠超初期・妊娠初期の鼻水】=透明、サラッとした感じ

妊娠性の鼻炎はずっと続くの?

鼻水がとまらないという症状は、辛いですよね。妊娠すると出てくる鼻水はいつまでつづくのでしょうか。

もし、あなたの鼻水の原因が「妊娠性鼻炎」なら妊娠初期~出産後しばらくまで長引くこともあります。そんな辛い時期には、ハウスダストの掃除や花粉に気をつけて過ごすことが大切です。

鼻の付け根を蒸しタオルやお風呂で温めるのも鼻水に効果があるそうです。

妊娠超初期・妊娠初期の寒気が危険なケースも!

先ほどもご説明したように、妊娠初期の寒気は通常に起こることなのですが、伴う体の症状によっては危険信号ということもあります。

いつから寒気がしているかによっては、早期流産の可能性もあるので寒気と一緒にでている症状がないか注意していきましょう。

『妊娠超初期・妊娠初期の心配な寒気①』高熱を伴う

まず初めに、寒気と一緒にでていたら危険な症状は「高熱」を伴うものです。

この高熱というのは妊娠期特有の熱っぽさやほてりとは異なり、実際に体温がかなり高くなっている状態を指します。

もし熱が下がらない場合、いつから熱がでたかを主治医に電話して助言をもらいましょう。

妊娠超初期の場合は、あなた自身が妊娠に気づかずにインフルエンザや、ただの風邪だと勘違いして胎児に悪影響を及ぼす風邪薬などの市販薬を飲まないよう十分注意が必要です。

『妊娠超初期・妊娠初期の心配な寒気②』悪寒・背部痛・嘔吐

妊娠初期に寒気と伴う症状で危険なものに背部痛や腰痛があります。特に、38度以上の高熱や嘔吐をしている場合は「腎盂腎炎(じんうじんえん)」の可能性があります。

腎盂腎炎は、大腸菌などが尿管を通り腎臓の「腎盂」に入ってしまい炎症が起こるという病気ですが、妊娠中はホルモンの影響や便秘などから合併症も起こってしまうことがあり危険です。

妊婦さんには、つわりによる嘔吐や、背中、腰の痛みがあるのが普通なので腎盂腎炎と決まったわけではありませんが、自分の体調を日頃から気にしていれば気づけるでしょう。

慢性化している場合は、倦怠感、微熱、むくみがあらわれ早産の恐れもあるので、注意してくださいね。水分をよくとって、トイレにはこまめ行きましょう。

『妊娠超初期・妊娠初期の心配な寒気③』腹痛がある

妊娠している間に注意するべき点は「おなかの張り・痛み」などです。

寒気と共に、腹痛があるようでしたら流産や早産が心配されますのですぐに病院にどうしたらいいかをたずねてください。また、出血していないかも確かめてください。

妊娠初期の流産は胎児の問題も多いですが、中期からはあなたの体にも原因があります。

妊娠は病気じゃないという言葉もあるようですが、やはり妊娠中は体のことを考えなくては母子の健康が保たれません。

無理に、重いものを持ったり、立ちっぱなし、座りっぱなしの姿勢や心身の過労などには十分気をつけて過ごすことが大切です。

妊娠超初期・妊娠初期の寒気対策をしよう!

ここからは、妊娠初期や妊娠中に起こりやすい「寒気」に対してどのような対処法があるかをご紹介していきます。

妊娠初期特有の症状は、ほてりやホットフラッシュという更年期障害にも似たものがあります。また風邪に似ていて熱っぽさがあるのに冷える感じなどです。

基礎体温が高温になったままなので、風邪に似ている症状がでるのですね。

妊娠初期のこのような寒気をふせぐには、どんな対処法があるのか下記を参考にして、体を守っていきましょう。


◆関連記事:妊婦さんでもおやつが食べたい!そんなときは

妊婦もおやつを食べたい!おすすめのおやつやレシピを公開!

『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期①』冷えを絶対にふせぐ

妊娠中に体を冷やしてしまう要因はたくさんあります。たとえ夏でも注意が必要なのは冷房による冷えもあるからです。

また夏場は、妊娠初期のほてりなどで薄着しがちですが、冷房で冷えないように必ず温かい靴下をはいたり、カーディガンなどの羽織りもの、レッグウォーマーなどを使用しましょう。

足や下半身を温めよう

お風呂上りに湯冷めしないように気をつけるなど常に下半身を温めておけるように、脚がすっぽり隠れるブランケットなどもいいでしょう。

また、お風呂につかるのがしんどい時は足湯をすると効果的です。

『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期②』食事内容で対策

妊娠をしたら、やはり食生活には気を配ることが大切です。食べ物や飲み物で血流を良くすることも、寒気緩和の対処法です。

つわりがある場合、冷たい飲み物は役に立つので多少飲むことはかまわないのですが、ほてりに寒気がある場合などは温かい食べ物・飲み物を選びましょう。

食欲がない時の対処法は食べやすい、野菜スープやリゾット、生姜とレモンに蜂蜜などを温かい白湯やお茶にいれるのもおすすめです。

貧血に効く食べ物を食べよう

また、食事から防げる対処法として、貧血を改善する食事も有効です。鉄分を補充することで寒気を改善することにつながりますよ。

妊娠中に摂りやすい食べ物は、鉄分の多い「ひじき」「焼きのり」「ごま」などがあります。和食を中心にするといいでしょう。

高野豆腐にもミネラル・カルシウムなど栄養が凝縮されています。間食で栄養補給するのもいいいですね。また、前述した葉酸サプリのようなサプリメントで効率よく摂取するのもおすすめです。

水分の摂りすぎ、冷たいものに注意

温かい飲み物や、水分補給は大切な対処法の一つです。

ですが、水分の摂りすぎもまた体を冷やしたりむくみの原因になってしまうことも。適度に水分補給をしながらも、飲みすぎないように注意しましょう。

ノンカフェインのたんぽぽ茶は血流を良くするので、おすすめです。


◆関連記事:妊娠中にとりたい物はこれ!

妊婦のお茶はこれ!カフェインの少ないおすすめのお茶まとめ!
妊婦は葉酸をいつからいつまで摂るべき?おすすめサプリや食べ物は?

『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期③』適度に動く

妊娠初期の寒気の原因の一つに血行不良があります。その症状を緩和する対処法で、寒気も同様に軽減させることができるでしょう。

妊娠中は無理な運動や、体力を奪うような動きは禁物ですが、じっとしてばかりいるのも良くありません。体を守ろうと、座ったり横になったりしてばかりだと新陳代謝が滞りリンパの流れや血流に悪影響を与えるからです。

つわりや寒気で動きたくないのはわかりますが、無理のない程度に散歩することは景色や空気で心身の転換になるので、軽く行うようにしましょう。

『寒気の対処法!妊娠超初期・妊娠初期④』生活習慣の改善

規則正しいライフスタイルは妊娠中に限らず女性の心身の健康や美を保つには不可欠なことですよね。

妊娠したからといって、今まで適当にしていた睡眠や食事を急に変えるより、日頃から少しでも生活習慣を見直していくほうが楽ですし健康な赤ちゃんを産むための良い準備にもなります。

アルコールが好きな方は、妊娠が予想されそうなパートナーがいれば適量を守り、たばこはできるだけ吸わないように心がけてください。

ストレスも血管を収縮させ、血流の悪化を招くので働きすぎや、考えすぎに気をつけましょう!免疫が弱くなれば、妊娠中に風邪をひきやすくなり対処に手間もかかります。

妊娠初期の寒気を甘くみないで、真剣に対処しよう!

今回の記事では、妊娠超初期~妊娠初期によく起こる寒気について原因や対処法をご紹介しました。

妊娠は幸せなだけでなく、もう一つの命を自分のお腹で育んでいる時期です。それゆえ、通常とは違う体調になることもあり敏感になっています。

妊娠期の体の変化について、きちんと知り受け入れながらきちんと対処していくことで、大変さを和らげることが出来ます。

自分の体と心を気に欠けることで、穏やかな妊娠期を過ごせるでしょう。

妊娠期の不調の記事をさらに読みたい方はココから!

妊娠初期に寒いと感じる!原因と対処法は?
妊娠初期の腹痛・下腹部痛はいつまで続く?生理痛のような腹痛!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ