妊娠36週目のお腹の張りや胎児の体重・大きさは?出産したら早産?

いよいよ妊娠10ヵ月第1週目の妊娠36週目になりました!前駆陣痛のお腹の張りもきつくなってきた人もいるでしょうが、妊娠36週目で出産しても大丈夫なのでしょうか?!胎動や体重の変化やおしるしはどうなのでしょうか?!色々と気になることについてまとめました!

妊娠36週目のお腹の張りや胎児の体重・大きさは?出産したら早産?のイメージ

目次

  1. 妊娠36週目!正産期直前の赤ちゃんとママの様子は?!
  2. 妊娠36週目の赤ちゃんの様子は?!
  3. 【妊娠36週目の赤ちゃん①】身長と体重は?
  4. 【妊娠36週目の赤ちゃん②】骨盤の下の方に降りてくる
  5. 【妊娠36週目の赤ちゃん③】胎毛が抜けて胎脂も取れる
  6. 【妊娠36週目の赤ちゃん④】赤ちゃんらしい見た目に!
  7. 【妊娠36週目の赤ちゃん⑤】子宮の中で動けなくなる!
  8. 【妊娠36週目の赤ちゃん⑥】胎動には個人差が!
  9. 【妊娠36週目の赤ちゃん⑦】歩くようなしぐさは原始反射!
  10. 【妊娠36週目の赤ちゃん⑧】しわしわが取れて肌にハリが!
  11. 【妊娠36週目の赤ちゃん⑨】内臓機能が全て整う!
  12. 【妊娠36週目の赤ちゃん⑩】むくみが取れる
  13. 妊娠36週目のママの体調や様子は?
  14. 【妊娠36週目のママの様子①】動悸息切れが楽に!
  15. 【妊娠36週目のママの様子②】胃のムカつきも楽に!
  16. 【妊娠36週目のママの様子③】さらにむくみやすくなる!
  17. 【妊娠36週目のママの様子④】体重が増えやすくなる!
  18. 【妊娠36週目のママの様子⑤】尿トラブルがますます!
  19. 【妊娠36週目のママの様子⑥】足の付け根や恥骨の痛み
  20. 【妊娠36週目のママの様子⑦】おしるしがある人も!
  21. 【妊娠36週目のママの様子⑧】お腹の張りは前駆陣痛!
  22. 【妊娠36週目のママの様子⑨】子宮口が開き始める人も!
  23. 妊娠36週目の過ごし方とは?この時期だからこそやるべきこと
  24. 【妊娠36週目の過ごし方①】出産準備の確認
  25. 【妊娠36週目の過ごし方②】退院後の育児用品の用意
  26. 【妊娠36週目の過ごし方③】無理しない程度の運動
  27. 【妊娠36週目の過ごし方④】栄養バランスのとれた食事を!
  28. 【妊娠36週目の過ごし方⑤】体重管理
  29. 【妊娠36週目の過ごし方⑥】水分補給
  30. 【妊娠36週目の過ごし方⑦】1人での外出は控える
  31. 【妊娠36週目の過ごし方⑧】性交渉は控える
  32. 【妊娠36週目の過ごし方⑨】心穏やかに!
  33. 妊娠高血圧症候群に要注意!
  34. 妊娠36週目に逆子!逆子と診断されたら?!
  35. 本陣痛が来たら早産?!妊娠36週目も早産なの?!
  36. 妊娠36週目は出産準備を万端に!

妊娠36週目!正産期直前の赤ちゃんとママの様子は?!

長かった妊娠生活も、とうとう妊娠10ヵ月を迎えて、妊娠36週目となりました。
来週からはいつ赤ちゃんが生まれても大丈夫な正産期となります。
正産期目前の赤ちゃんとママの気になる様子についてこの記事でお伝えします。

■参考記事:妊娠37週目で正産期、コチラも参照!

妊娠37週目に出産したら正期産!胎児の体重や母体の症状は?

妊娠36週目の赤ちゃんの様子は?!

まずは、妊娠36週目の赤ちゃんの様子についてみていきましょう。
もうほぼ身体の中の機能は整い、いつ生まれても大丈夫な状態まで成長している赤ちゃんですが、妊娠36週目には、どのような姿を見せてくれているのでしょうか。

■参考記事:妊娠10ヶ月目の胎児の様子は?コチラも参照!

妊娠10ヶ月の胎児と母体の症状!体重やお腹の大きさは?

【妊娠36週目の赤ちゃん①】身長と体重は?

妊娠36週目の頃のお腹の赤ちゃんの身長と体重はどのくらいまで大きくなっているのでしょうか。

妊娠36週目には赤ちゃんの身長は、約43cmから49cmほどに、体重は2000gから2900gにまで大きくなっています。

出産する時には2500g以下の体重では低体重児となってしまい、NICUへ入らなくてはいけなくなってしまいますので、まだ体重が小さめの赤ちゃんは、もう少しママのお腹の中で体重を増やしたいものですね。

この時期になると、病院のお医者さんから赤ちゃんの体重について細かい指示が出ると思います。

この時期に体重がすでに4000gを超えているようであれば、これ以上大きくなると何かと差し支える事が出てくるということで、帝王切開に踏み切ることもあるようです。

また、体重が少ないようだと、ママにもう少ししっかりと食事の量を増やすようにという指示が出ることもあります。

【妊娠36週目の赤ちゃん②】骨盤の下の方に降りてくる

徐々にママの骨盤の下の方まで降りてきていた赤ちゃんですが、この時期になると、すっぽりと頭が骨盤の中に収まった状態になっています。

ママ体も出産準備が進んでいるところですが、赤ちゃんの方もいつ陣痛が起きても大丈夫な感じにスタンバイができています!

【妊娠36週目の赤ちゃん③】胎毛が抜けて胎脂も取れる

全身を多い尽くしていた胎毛がこの時期にはほぼ全て抜けてしまいます。また、胎脂の方も取れていきますが、胎脂は出産時の潤滑油の役割もあるので、完全には取れません。

皮膚はもうすっかり厚くなり、新生児と同じような肌になっています。

【妊娠36週目の赤ちゃん④】赤ちゃんらしい見た目に!

妊娠36週目になると、皮下脂肪もしっかりとついて、新生児のような丸々とした体付きになってきました。見た目も、今までは胎児という感じだったのが、生まれたての赤ちゃんと同じような感じになり、出産の時を待つばかりになってきました!

【妊娠36週目の赤ちゃん⑤】子宮の中で動けなくなる!

この時期になると、赤ちゃんは頭が骨盤の中にすっぽりとセットされた状態になるうえに、子宮の中の羊水の量もかなり減ってしまいます。
そのために体を動かす余裕がなくなり、なかなか動きにくい状態になってしまいます。

【妊娠36週目の赤ちゃん⑥】胎動には個人差が!

妊娠36週目の頃になると、胎動にはどんな変化があるのでしょうか?!赤ちゃんの頭は骨盤の下の方にガッチリとセットされて、出産の準備が整います。

また、子宮の中の羊水の量もかなり少なくなっているので、自由にお腹の中で動いて胎動を起こせるような状態ではありません。

妊娠36週目の頃になると、胎動が落ち着いてくるというママもいます。

しかし、胎動には個人差があって、この時期でも活発に胎動を起こしている赤ちゃんもいます。

この時期には、赤ちゃんの手足もしっかりとしているうえに、羊水のクッションがなくなるので、赤ちゃんがママのお腹を押して胎動を起こした時に、手足の形がくっきりとママのお腹に浮かび上がる時もあります。

胎動が落ち着いてきても、この時期には胎動が全くなくなる訳ではありません。ママやパパの声も理解できているので、赤ちゃんに呼びかけて胎動を見せてもらうコミュニケーションをぜひたくさんとってあげましょう!

胎動カウントとは?

妊娠36週目の頃になると、産婦人科で胎動カウントを記録するように指示されることがあります。

胎動カウントというのは、赤ちゃんが起きている時に、ママが安静にした状態で、10回胎動が起こる時間を計るというものです。

家で行った時には、胎動が10回起こるのに40分から1時間以上かかる場合には、病院へ連絡するようにと言われる人もいます。

胎動カウントは、お腹の赤ちゃんに異常がないかを早期に発見できる手段となっています。

胎動カウントを行うように指示された時には、医師の指示に従って行うようにしましょう。

【妊娠36週目の赤ちゃん⑦】歩くようなしぐさは原始反射!

この時期には、エコーで赤ちゃんの足が、歩くような仕草を見せるのがとらえられることがあります。また、ママのお腹に光を当てると、そちらの方に顔を向けるようになります。この歩くような足の動きや光を追う動きというのは、原始反射で、赤ちゃんが正常に育っている証拠となります。

【妊娠36週目の赤ちゃん⑧】しわしわが取れて肌にハリが!

皮下脂肪が取れてきたことで、今までしわしわだった赤ちゃんの肌が、ハリを持つようになります。肌の色もピンクとなり、すっかり新生児と同じような感じになりました。もうすぐいつ生まれても大丈夫な準備が赤ちゃんの方も整います。

【妊娠36週目の赤ちゃん⑨】内臓機能が全て整う!

妊娠36週目になると、身体の中の内臓や器官もしっかりと機能が整い、外の世界に生まれてきても、自分の力で生きていくための機能をしっかりと備えるようになります。機能の発達が最も遅れていた肺もしっかりと働くようになっています。

【妊娠36週目の赤ちゃん⑩】むくみが取れる

腎臓や膀胱の機能がしっかりと働くようになったことで、この時期の赤ちゃんは、飲んだ羊水と同じ量のおしっこを出せるようになりました。今までは、飲む羊水の量の方が多かったために、体がむくみがちでしたが、おしっこの量が増えたことで、身体のむくみがしっかりとこの時期には取れていきます。

妊娠36週目のママの体調や様子は?

妊娠36週目の頃の赤ちゃんの様子がわかったところで、次がママの様子についてみていきましょう。妊娠36週目のママの体調には、どのような変化が見られるのでしょうか。妊娠36週目のママの様子について、ここからみていきましょう!

【妊娠36週目のママの様子①】動悸息切れが楽に!

この時期になると、動悸や息切れが楽になってくるというママが増えてきます。子宮が骨盤の方に下がり、肺や横隔膜への圧迫が少なくなったことで、肺や心臓への負担が少なくなったことが、動悸や息切れが楽になってきた理由になります。

【妊娠36週目のママの様子②】胃のムカつきも楽に!

子宮が下の方に下がってくることで、みぞおちへの使えも取れて、胃のむかつきが楽になってくるという人もいます。後期つわりによる胃のむかつきによる胃痛や腹痛も楽になってきたことで、いったん落ちた食欲が戻ってきて、食事が美味しくなるという人もいますが、胃痛や腹痛が改善したからと言って急に食べすぎると、この時期でも体重オーバーの恐れがあるので、注意しましょう!

【妊娠36週目のママの様子③】さらにむくみやすくなる!

妊娠10ヵ月に入ったことで、体はますます血液や水分を溜め込むようになります。その上、子宮が下に下がってきたことで、骨盤周りや脚のつけ根の血流はますます悪くなります。そのためにむくみがさらにひどくなっていくことに悩むママが増えてきます。

■参考記事:産後もむくみに悩まされることが…、コチラも参照!

産後のむくみがひどい!足のむくみはいつまで続く?原因と解消法は?

【妊娠36週目のママの様子④】体重が増えやすくなる!

体重管理に苦労しているママは少なくないでしょうが、妊娠36週目の頃になると、体が出産に備えたエネルギーを蓄えるために、食事管理をしっかりと行っていても、体重が増えやすくなる人が増えてきます。医師から体重管理の指示が出ることもあるので、気を付けましょう。

【妊娠36週目のママの様子⑤】尿トラブルがますます!

妊娠中期から後期というのは、頻尿や尿漏れなどの尿トラブルに悩まされてきたママも少なくありませんが、子宮底長が30cmにもなるこの時期には、ますますその症状がひどくなっていきます。トイレに間に合わないことも珍しくないので、尿漏れパッドの活用なども考えましょう。

【妊娠36週目のママの様子⑥】足の付け根や恥骨の痛み

今までにも、脚のつけ根や恥骨の痛みに悩まされてきたママも少なくないでしょうが、子宮の大きさが最大限に大きくなってきたこの時期には、その症状もひどくなっていきます。赤ちゃんの頭が骨盤に当たって響くこともあります。あと1か月ほどの我慢だと思って、何とか乗り切りましょう!

【妊娠36週目のママの様子⑦】おしるしがある人も!

妊娠36週目になると、おしるしが来る人もいます。おしるしというのは、出産予定日が近くなると、起こる出血です。

子宮口や子宮壁の一部が剥がれ落ちることで起きる軽い出血のことをおしるしと言います。おしるしが来たということは、陣痛がもうすぐやってくるということを意味しています。

出産の進み方には次の4つのパターンがあり、おしるしがなくて出産に至る人も沢山います。

おしるし⇒破水⇒陣痛⇒出産
おしるし⇒陣痛⇒破水⇒出産
破水⇒陣痛⇒出産
陣痛⇒破水⇒出産

妊娠36週目におしるしが来た人というのは、破水や陣痛の前におしるしが来るパターンになります。



正産期は妊娠37週目に入ってからなので、妊娠36週目での出産は早産になってしまいます。

だからおしるしが来てももうあと数日は出産は待ってほしいところですが、おしるしが来てもすぐに陣痛や破水が起こるわけではありません。

ほとんどの場合は、おしるしが来てから数日経ってから出産が始まることが多いので、おしるしが来たからといってすぐに病院へ行く必要はありません。

妊娠36週目におしるしがやってきた時には、出産まではあと数日と考えていいでしょう。正産期に入るまでは陣痛が起こらないことを祈りましょう。

【妊娠36週目のママの様子⑧】お腹の張りは前駆陣痛!

妊娠9ヵ月に入ったくらいからお腹の張りが強くなってきて腹痛を感じて、前駆陣痛が起き始めている人も少なくないことでしょう。

この前駆陣痛のお腹の張りや腹痛は、出産が近づいてきたこの妊娠36週目でも続くものです。

今までも、前駆陣痛のお腹の張りが強い腹痛になることもあり、前駆陣痛のお腹の張りで、辛い思いをしてきた人も少なくないことでしょう。

しかし、出産が近づくにつれて、前駆陣痛のお腹の張りや腹痛はますます強くなっていく一方です。

前駆陣痛の強い腹痛を感じるほどのお腹の張りは、出産のための準備運動なので、対策は正直なところありません。

前駆陣痛は、24時間ずっと強いお腹の張りや腹痛が来る訳ではありません。しばらく安静にしていると治まることがほとんどなので、前駆陣痛のお腹の張りや腹痛がやってきた時には、体を休めてやり過ごしましょう。


前駆陣痛で頻繁にお腹の張りや腹痛を感じることは、本陣痛の前に、子宮をやわらかくして、安産にする効果もあると言われています。

強い腹痛と感じるほどお腹の張りが強い前駆陣痛が毎日のようにやってくると、体も大変ですが、前駆陣痛のお腹の張りや腹痛は元気な赤ちゃんを生むために大切な準備なので頑張って乗り切りましょう。

前駆陣痛のお腹の張りだと思っていたら、お腹の張りがやってくるタイミングが一定間隔でリズムが出て来たら、それは前駆陣痛のお腹の張りではなくて本陣痛が始まったことを意味しています。

まだ妊娠36週目では早産になってしまうので、前駆陣痛ではなくて本陣痛のお腹の張りや腹痛がきたら、すぐに病院に連絡を入れましょう。

【妊娠36週目のママの様子⑨】子宮口が開き始める人も!

妊娠36週目の頃というのは子宮口はまだ開いていないママが多いものですが、中には子宮口が開き始める人もいます。

子宮口は、妊娠中はお腹の赤ちゃんを守るために、ぴたりと閉じられています。しかし、出産が近くになるにつれて子宮口は徐々に開き始めるものなので、この時期に子宮口が開き始めていると言われても、安心してください。

臨月に入ったころから徐々に子宮口は開き始めて、子宮口が4cm位になると陣痛が始まります。

そして赤ちゃんが産まれる時には、子宮口は10cmまで開きます。

まだ、妊娠36週目の頃では、子宮口がほとんど開いていないママも多いのですが、1cm程度子宮口が開き始めているママもいます。

まだ子宮口が1cm程度なら陣痛は起きないので、安心して大丈夫です。

妊娠36週目になると、妊婦健診で毎回子宮口の大きさを確認しますが、子宮口が2cmから3cmまで開いてきたら、出産が近づいていることを意味しています。

子宮口が開いて来たら心構えをしっかりとしておきましょう。

妊娠36週目の過ごし方とは?この時期だからこそやるべきこと

妊娠36週目の、赤ちゃんとママの様子や体調の変化について見てきたところで、ここからは妊娠36週目のママにぜひ行って欲しいことや、過ごし方についてみていきたいと思います。妊娠36週目にはどんな過ごし方を心がけたらいいのでしょうか。

【妊娠36週目の過ごし方①】出産準備の確認

妊娠36週目になったら、次の週はも正産期です。正産期には、いつ陣痛の腹痛が起きてもおかしくはない時期になります。

もうすでに入院の準備などは万全に整えていると思いますが、今一度、必要なものが全てそろっているか確認をしましょう。

【妊娠36週目の過ごし方②】退院後の育児用品の用意

もうこちらもほとんどそろっていると思いますが、出産後に退院した後の生地に必要になるものも今週のうちにそろえておきましょう。

出産後はママは1ヵ月は外出禁止になるので、赤ちゃんが生まれてからでは、そろえるのは難しくなります。紙おむつや粉ミルクは生まれてからでも大丈夫ですが、その他のものは今のうちにそろえてしまいましょう。

【妊娠36週目の過ごし方③】無理しない程度の運動

ウォーキングなどを続けているママも少なくないでしょうが、この時期には無理をしない程度の運動を行いましょう。出産には体力や筋力が必要になります。またストレッチで股関節周りを柔らかくしておくことも安産には大切なことです。

【妊娠36週目の過ごし方④】栄養バランスのとれた食事を!

妊娠36週目には、赤ちゃんもかなりの栄養やカロリーを消費するようになっています。栄養のバランスのとれた、しっかりとした食事をとって、来るべき過酷な出産のための体力づくりに、ママも赤ちゃんも備えるようにしましょう。

【妊娠36週目の過ごし方⑤】体重管理

この時期になると、赤ちゃんの体重だけではなくて、ママの体重もお医者さんから細かい体重管理の指示が出ることがあります。

赤ちゃんの体重と同じように、ママの体重も多すぎても少なすぎても出産に差し支えが出てしまいます。

体重が多くなり過ぎると、難産になりやすくなってしまいますし、体重の増加量が少な過ぎると、出産時の体力が足りなくなります。

体重管理の指示が出たママは、しっかりとその指示を守って、出産に備えた体作りをするようにしましょう!

【妊娠36週目の過ごし方⑥】水分補給

この時期には、出産時の大量出血に備えて、身体中の血液量や水分量が妊娠前の2割増に増えます。また、赤ちゃんの身体の血液もかなりの量になっています。しっかりと水分を補給して、体の中の水分量を保つようにしましょう。また、こまめに水分を摂ることが、意外にもむくみの予防になります。

【妊娠36週目の過ごし方⑦】1人での外出は控える

妊娠36週目でも、買い物などに出かける必要があるかと思いますが、外出する時には1人で外出するのは避けましょう。

もうこの時期になったら、何が起きてもおかしくありません。必ず外出時には家族の誰かに付き添ってもらうようにしましょう。

どうしても1人で出かけなければいけない時には、携帯電話を忘れずに持っていき、万が一の時にはすぐにかかりつけの病院に連絡を付けられるようにしておきましょう。

【妊娠36週目の過ごし方⑧】性交渉は控える

妊娠36週目になったら、性交渉は控えましょう。この時期にはパパに敏感な部分を触られてしまうだけで、お腹が張ってしまい、陣痛が起きてしまうことがあります。まだ妊娠36週目では、早産になってしまうので、この時期にお腹が張りやすくなる行為は避けたほうが無難です。

【妊娠36週目の過ごし方⑨】心穏やかに!

もうこの時期の赤ちゃんの脳神経は、ママやパパの会話の雰囲気をしっかりと感じ取れるまでに発達しています。ママがストレスに感じると、赤ちゃんもストレスを感じるので、この時期はできるだけ心を落ち着かせて、ゆったりとした気分で過ごせるように心がけましょう!

妊娠高血圧症候群に要注意!

この時期になると、出産も間近になってきたことから、油断して食事のコントロールを辞めてしまうママもいます。ところが、食事を油断したことから、妊娠高血圧症候群にこの時期からなってしまうママも少なくありません。

特に、出産が近くなってくると、血圧が上がりやすくなり、妊娠高血圧症候群になってしまう人も意外に多いものです。

塩分控え目の薄味と食事やカロリーコントロール、適切な運動を心がけるようにしましょう!

妊娠36週目に逆子!逆子と診断されたら?!

逆子だと診断されているママは、妊娠36週目で逆子が治っていないと、不安が募る一方ですよね。

逆子なら帝王切開でも仕方がないと、すでに腹をくくれたママもいるかもしれませんが、逆子でもできることならば自然分娩をしたいと思っているママも少なくないでしょう。

帝王切開でもいいと腹を括ったら逆子が治ったとか、逆子で帝王切開をする予定日に逆子が治ったという人も実際にいますが、妊娠34週目を過ぎたら、自然に逆子が治る確率はかなり低くなると言われています。

この時期に逆子が治っていないようならば、逆子での出産をどうするかということについて病院の先生と相談しましょう。

最近では、逆子で難産になったことでの後遺症のリスクを考えて、最初から逆子ならば帝王切開しか選択しないという医師や病院が増えてきました。


しかし、医師や病院の判断によっては、まずは逆子であっても自然分娩に挑戦するという場合もあります。

また、この時期には外回転術という逆子を治す方法が有効的になります。

外回転術というのは、子宮の収縮を止める薬を打った上で、ママの腰を枕などで高く上げて、医師がお腹の外側から逆子の赤ちゃんをぐるりと回転させる方法になります。

外側から力づくで赤ちゃんを回転させるので、母子ともにリスクが伴う方法になる上に、必ず逆子が治るという保証はありません。

費用も1万円ほど余計にかかります。

医師の確かな腕も必要になるので、外回転術を試したいという場合には、医師の腕前も見極めたうえで、判断しましょう。

本陣痛が来たら早産?!妊娠36週目も早産なの?!

妊娠36週目になると、本陣痛の腹痛がやってきて、出産が始まってしまうママもいます。

ここで気になるのが、妊娠36週目では早産になるのかということです。

いつ赤ちゃんが生まれても大丈夫だという正産期は妊娠37週目から妊娠41週目のことを指します。

妊娠10か月目でも、妊娠36週目ではまだ早産と診断されてしまいます。とはいえ、すでに妊娠36週目なら外の世界で生きられるだけの体の機能が整っているので、本陣痛の腹痛がやってきた場合には、陣痛を止めるのではなくて、そのまま出産に進むことがほとんどです。

しかし、赤ちゃんの体重がまだ少なめの場合には、もう少しお腹の中にいたほうがいいので、できれば正産期まで待つようにしましょうね!

妊娠36週目は出産準備を万端に!

ここまで、妊娠36週目のあれこれについて見てきましたがいかがでしたか。

妊娠10ヵ月に入ったはずの妊娠36週目が、正産期ではないことにちょっとびっくりしているママもいるかもしれませんが、まだもう少しママのお腹の中にいたほうが、お腹の赤ちゃんのためにもなるということなんですね。

この時期には、出産の準備を万全に整えて、動ける範囲で運動をしながら、体調整えて、出産時に備えるようにしましょう。

出産前の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠38週目!出産間近の過ごし方!胎児の体重は?【必見】
妊娠39週目!おしるしは出産が近い兆候!胎動も激しくなる!
妊娠11ヶ月(40週〜)で出産する人もいるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ