妊娠10ヶ月の胎児と母体の症状!体重やお腹の大きさは?

妊娠10ヶ月は臨月といって出産間近の1か月間、待望の赤ちゃんに会うるのもあと少しです。ここでは妊娠10ヶ月の正常なお腹の大きさ、胎児がどのくらいお腹で成長しているのか、妊娠10ヶ月の理想的な過ごし方を解説します。もちろん里帰り出産の事もまとめてあります。

妊娠10ヶ月の胎児と母体の症状!体重やお腹の大きさは?のイメージ

目次

  1. 【妊娠10ヶ月】赤ちゃんに会えるまであと少し!
  2. 【妊娠10ヶ月】胎児はどのくらい成長しているの?
  3. 【妊娠10ヶ月】胎児の状態
  4. 【妊娠10ヶ月】胎動が減る
  5. 【妊娠10ヶ月】ママのお腹周り
  6. 【妊娠10ヶ月】体重増加に要注意
  7. 【妊娠10ヶ月】妊娠10ヶ月の理想体重
  8. 【妊娠10ヶ月】鉄分と水分はたっぷり撮って
  9. 【妊娠10ヶ月】吐き気
  10. 【妊娠10ヶ月】正期産はいつから?
  11. 【妊娠10ヶ月】妊娠後期は眠い!?
  12. 【妊娠10ヶ月】適度な運動をして体力をつけましょう
  13. 【妊娠10ヶ月】前駆陣痛と本陣痛
  14. 【妊娠10ヶ月】破水について
  15. 【妊娠10ヶ月】帝王切開になるケース
  16. 【妊娠10ヶ月】里帰り出産とは?
  17. 【妊娠10ヶ月】いつまでに里帰りするべき?
  18. 【妊娠10ヶ月】飛行機に乗るために
  19. 【妊娠10ヶ月】里帰り出産の産院
  20. 【妊娠10ヶ月】今できることを楽しみましょう

【妊娠10ヶ月】赤ちゃんに会えるまであと少し!

妊娠10ヶ月となれば、待望の赤ちゃんをその腕に抱くまであと少し!
今までよく頑張ってきましたよね。
つわりに、疲れ、腰の痛みや浮腫みまで、たくさん大変な事を経験したのではないでしょうか?

それもこれも、大切なベビーを迎えるため。

そこで今回は、妊娠の最終段階。
妊娠36週になると妊娠初期の4週に1回、妊娠中期の2週に1回から週1回に変わります。
妊娠10ヶ月目の胎児の様子、そしてママの体の事、臨月の過ごし方まで、注意点も交えて説明していきます。
出産までのカウントダウン。

出産に関する最終確認はしっかりとしておきましょう。

【妊娠10ヶ月】胎児はどのくらい成長しているの?

妊娠36週目から10ヶ月に入る妊娠期間。
もう出産間近です。

お腹も大きくなって、胎児も体重増加、十分成長してきている段階です。
お腹の中の胎児はどのくらい成長しているのでしょうか?

体重増加は、当然赤ちゃんによって変わってきますが、だいたい妊婦36週で胎児の体重が2500gか少し軽いくらいまで成長します。
2500gといえばもう出産しても十分な大きさです。

そして出産予定日が近づくと体重増加はさらに3000gほどまで達し、体長も50cm前後になります。

【妊娠10ヶ月】胎児の状態

妊娠10ヶ月の胎児の状態は、内臓機能もしっかりと成長し、いつ生まれても大丈夫なほど成長しています。
この時期、胎児は皮下脂肪をつけるようになり、赤ちゃんのふっくらした感じになっていきます。

この頃から生まれた時に呼吸ができるよう、肺機能が整ってなんとお腹の中で呼吸の練習もはじめるのだとか。
...生命の神秘ですねぇ...

胎児はそれまでお腹の中でくるくると自由に動き回っていました。
このダイナミックな胎動はパパやママにとって赤ちゃんの存在を確認できる楽しい時間であり、時にママを苦しめるものだったはずです。

妊婦10ヶ月に入ると、今までお腹の中で暴れまわっていた胎児は子宮の下の方におりてきて、手足をきゅっと丸め、外に出られるように準備を始めます。
今まで逆子だった胎児も、この頃に自然と頭を下にする正常位に落ち着くようです。
この時期に逆子が治らないと、帝王切開になるケースがありますから、よくお医者様に確認しましょう。

【妊娠10ヶ月】胎動が減る

子宮が下に下がり、今まで動き回って強い胎動を感じていたママも、胎動が減ったと心配することがあります。
胎児が子宮の下の方に落ち着くと、体勢をきゅっと丸め、出産への準備を始めるので、胎動が少なくなるだけで心配する必要はありません。

胎児は下におりてくると、頭が骨盤の中に入り、自由に動けなくなるので、それまでとはうって変わって胎動が少なくなります。
それはいつ生まれてもいいように、胎児が生まれるときの体勢に落ち着くから。
胎動が少ないと言って焦る必要はありません。

胎動が減ると心配するママも多いのですが、妊娠10ヶ月で胎動が減ることはごくごく普通の事。
そんなに心配する必要はありません。

くるくると動き回ることがなくなっただけで、手足は動いているので、胎動は減っても軽い胎動は感じるはずです。
もしも全く胎動を感じなくなったのであれば産婦人科で受診しましょう。
胎動が減ることはあっても、まったく胎動がなくなることは稀で、胎児のSOSサインかもしれません。

【妊娠10ヶ月】ママのお腹周り

胎児の体重増加に伴い、妊娠後期にかけてママのお腹周りもどんどん大きくなります。
ママのお腹周りは妊娠10ヶ月に入ってからもまだ少し大きくなっていきます。

ママのお腹周りが大きくなると言っても、正常なお腹の大きさというものは特にありません。
大きすぎる、小さすぎると心配するママもいますが、これは胎児の大きさというよりも、ママの体質に由来することが多く、お腹の大きさの全く違うママ2人でも、生まれた赤ちゃんの大きさは同じくらいだったというのはよくある話です。

お腹周りの大きさは、妊婦さんで全く違うのですが、平均的にはだいたい85-100cmほど。
でも、この数字をそこまで気にする必要はありません。

妊婦健診でお腹周りを計るのは、お腹の大きさが平均かどうか調べるものではなく、急な体重増加がないかどうかをチェックするため。
急激な体重増加ではなく、順調に体重増加しているのであれば、お腹周りの大きさがどのくらいかということは関係ないので安心して下さい。

【妊娠10ヶ月】体重増加に要注意

お腹周りの大きさは関係ありませんが、急激な体重増加には注意が必要です。

「妊娠したら2人分食べたくちゃ!」

と、好きなだけ食べる人がいますが、今は妊娠期間中に体重増加をしっかりと管理し、妊婦の体調、そして出産時のリスクを減らすように注意するのが普通です。

急激な体重増加は胎児に栄養がたくさん運ばれて大きくなっている...ということではありません。
むしろ急激な体重増加は「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」などを発症している恐れがあり注意しなければいけません。

体重増加が激しければ、お産のリスクも高まりますし、難産になる可能性も高まりますから、妊婦といえども日頃から体重計に乗ってちゃんと体重増加の管理をしましょう。

【妊娠10ヶ月】妊娠10ヶ月の理想体重

さて、体重増加の話をしてきましたが、それでは妊娠10ヶ月理想体重はどのくらいなのでしょうか?

妊娠していないときから考えて妊娠10ヶ月までの体重増加はだいたい7-10kgを目安として考えるのが普通です。
それも一気にここまで増やすのではいけません。

妊娠期間中を通じて徐々に体重増加を心がけるのが正しいため、月の体重増加が500g程、多くても1㎏に押さえましょう。
特に、つわりが終わり、吐き気が止まると一気に食欲が復活、たくさん食べる妊婦さんがいますがいますから注意してください。
スイーツを我慢する必要はありませんが、量に気をつける、そして食事は栄養バランスの良いものを食べることが大切です。

【妊娠10ヶ月】鉄分と水分はたっぷり撮って

妊娠10ヶ月はもう出産準備の段階ですね。
いつ出産してもおかしくない1か月が始まります。
妊娠期間中は貧血になりやすい妊婦さんが多いため、鉄分の高い食事を心がけるようにしましょう。

特に妊娠中期から後期にかけて、必要な鉄分の量はどんどん増えていきます。
成人女性で1日の理想鉄分摂取量が12mg、中期には15mg、そして後期には28mgと必要な鉄分は2倍以上に増えます。

出産時にママが貧血だと、出産時の大量出血や胎児の酸素不足、胎児の発育不良を招きます。
ママのリスクも、胎児のリスクも上がりますから、10ヶ月になるころにはバランスの良い食事とたくさんの水を飲み、貧血がしっかり治っている状態にしたいですね。
もし、貧血のままであれば、胎児の健康とママの出産リスクを減らすために、病院で鉄剤注射や点滴を受けることになります。
病院で処方される鉄剤は胃に負担がかかり、吐き気を催すこともあるので、妊娠期間中、もともと貧血気味の人は鉄剤サプリなどを活用すると良いでしょう。

【妊娠10ヶ月】吐き気

妊娠後期にはまたつわりのように吐き気を感じ始める妊婦さんもいます。
これは後期つわりと呼ばれるもので、大きくなった子宮が胃を圧迫して起こる吐き気。
病気になったわけではないので、後期にかけてまた吐き気が始まっても問題はありません。
妊娠10ヶ月に入り、子宮がだんだん下がってくると、吐き気も同時に収まってきますからご安心を。

ただ、吐き気も人によるので、妊娠10ヶ月でも吐き気を感じる人がいます。
吐き気で苦しい時は体に負荷をかけず、ゆったりとした過ごし方で、寝るときは枕を高くして眠りましょう。
また吐き気がするときは胃があれているので、刺激の強い食事は吐き気を悪化させます。
吐き気の強い時は特に、消化に良い食事を心がけ、ゆっくりと休むことが大切です。
吐き気も胎児が生まれる前に必ずなくなりますから、あと少し頑張って!

吐き気がいつまで続くのかは個人差で、はっきりとは言えませんが吐き気は赤ちゃんが大きくなった証拠として前向きに考えて。

もし、下痢を伴う吐き気の場合は食中毒の可能性が高いので早めにお医者様を受診しましょう。

【妊娠10ヶ月】正期産はいつから?

妊娠10ヶ月に入ると妊婦健診も週1となり、いよいよお産が近づきますが、胎児が生まれるタイミングは10ヶ月に入ればいつでも問題ないのでしょうか?

実は胎児がまだ36週の間は、臨月といえども「早産」となります。
場合によっては保育器に入れられて経過観察や、適切な処置をされる場合も。

妊娠10ヶ月でも、37週目からは、十分に胎児の機能が発達していると考えられるため、赤ちゃんが生まれても早産にはなりません。
正期産の期間に入ったら、いつ陣痛が来ても良いようにしっかりと準備をしておきましょう。

また、妊娠42週目からは出産予定日を2週間も過ぎてしまうことになり、今度は「過期産」と呼ばれます。
過期産は羊水が減ったり、胎盤機能が低下して、十分な酸素が胎児に供給されず、リスクが高くなります。
場合によっては陣痛促進剤や帝王切開といった処置がとられることがあるので、覚えておきましょう。

【妊娠10ヶ月】妊娠後期は眠い!?

さて妊娠10ヶ月にもなってくるとママの体も出産準備に入ります。
よく出産が近くなってくると「眠い」と言いますが、眠いのは出産準備に向けて体が長時間睡眠を避けるようになるから。
出産前からホルモンの影響で眠いのに長時間寝られない日々が続きまが、これは3時間置きの授乳に耐えられるよう、出産前から体が準備しているため。
そのため、出産前には眠い寝不足の日が続きます。

眠いのはお腹が大きくなって体力が落ちている事も関係しています。
この頃はちょっと動くと息が上がって疲れます。そんな疲労感で眠いのは当然ですね。
眠い時は眠い欲求に負けて横になることが一番です。
眠いのに寝られない時でも、横になって体を休めるだけでもずいぶん違います。

出産したら眠いといっても赤ちゃんは待ってくれません。眠い時は寝られる今のうちだけ。
眠いならゆっくり休みましょう。

また、する事があるのに眠いからできないという時は、軽いストレッチやお散歩で眠い気分を吹っ飛ばすのもよいですね。

【妊娠10ヶ月】適度な運動をして体力をつけましょう

さて眠い時には軽い運動をお勧めしましたが、妊娠10ヶ月にできる運動とはどんなものがあるのでしょうか?
妊娠10ヶ月は出産の直前。
いつお産が始まってもおかしくありません。
理想的な妊娠10ヶ月の過ごし方は適度な運動をすること。

眠い、体がだるいと眠ってばかりでは、お産に必要な体力が身につかないばかりか、あまり大事にしすぎると特に初産の人は過期産となってしまう恐れもあります。

体に負荷のかかるような運動をする過ごし方はいけませんが、適度な運動は理想的な10ヶ月の過ごし方です。
妊娠10ヶ月におすすめの運動はウォーキング。
ゆっくりと時間をかけてお散歩することで、下半身に筋肉がつき、お産が楽になります。
また、ウォーキングは有酸素運動ですから、ストレス解消や眠気を吹き飛ばす効果もあります。
自宅に閉じこもっているだけが出産までの過ごし方ではないのです。

■関連記事:妊娠中の運動について知りたい方はこちらもチェック!

妊婦は腹筋運動をするべき?おすすめの鍛え方と注意点とは?
妊娠初期におすすめのストレッチは?運動の影響も解説!

【妊娠10ヶ月】前駆陣痛と本陣痛

さて、胎動が小さくなってくるとそろそろ出産間近。
この頃はどんな過ごし方をしても良いですが、あまり無理をしない過ごし方を心がけましょう。
過度な運動や、体に負担をかけすぎると破水の危険もあります。
先に破水してしまうと一気に陣痛がすすみ、お産になるケースが多いので、体に負担をかける過ごし方はNG。

予定日が近づくと、だんだんと陣痛のような痛み、お腹のハリを感じるようになります。
陣痛かな?と思うかもしれませんが、たいていの場合は「前駆陣痛」といって、お産とは関係なく子宮が収縮している状態です。

前駆陣痛と本陣痛の違いは、時間の感覚。
本陣痛は陣痛の時間が一定で、15分に1回、10分に1回など、感覚が決まっています。
それに対し、前駆陣痛は間隔が定まらず、痛いな...と思っても次の痛みがなかなか来なかったり、急に来たりするので、お腹のハリを感じたら痛みがどのくらい続くのか、痛みのない時間はどのくらいあるのか時計をみてしっかりチェックしましょう。

前駆陣痛が起こっている間は横になるなど、ゆったりした過ごし方を。
はやく本陣痛になってほしいと無理に動く過ごし方はNGです。

【妊娠10ヶ月】破水について

妊娠10ヶ月になるとゆったりした過ごし方をしていても、破水することがあります。
寝ている時に破水することもあり、おねしょ!?と驚く人もいるくらいです。

破水は卵膜がやぶれて中の羊水が体の外に出てしまうこと。
「破れる水」と書くだけに、破水は急にドバっと液体が体から出てきます。
その感覚はまさに水風船がはじけたような感じ(痛みは全く伴いません)

破水をすると羊水がなくなり、赤ちゃんはもう外に出るしかありません。
一気にお産が進むので、すぐに連絡して産院へ向かいましょう。

外出先で破水することも十分考えられますから、妊娠10ヶ月になると、外出先では大き目の生理用ナプキンをつけて汚さないように気をつけたり、タオルなどを用意しておくのも一つの案です。
1人で外出している時に破水してしまったら、すぐに周りの人に声をかけ、助けてもらいましょう。
でも破水の恐れがある妊娠10ヶ月はどんな過ごし方をしても良いですが、1人で外出する過ごし方は控え、長時間の外出時は誰かと一緒に出掛けましょう。

【妊娠10ヶ月】帝王切開になるケース

自然分娩を望む全員が自然分娩できれば良いのですが、中には自然分娩を希望していたのに帝王切開になるケースもあります。
それはどのようなときでしょうか?

帝王切開になるケースには母子どちらか、もしくは両方の体に負担が多きるすぎる、もしくは命の危険があるときです。

帝王切開になるケースには下のような理由が考えられます。

・逆子
・前置胎盤
・子宮筋腫など母体の持病
・妊娠高血圧症候群
・双子(多児妊娠)

こういった場合ははじめから帝王切開になる事を医師から伝えられ、計画的に日にちを決め、予定出産となります。
また、自然分娩だったのに、帝王切開に切り替わるケースには

・へその緒が巻き付いている
・胎児の心肺機能が低下
・微弱陣痛
・子宮口が開かない
・常位胎盤早期剥離(赤ちゃんより先に胎盤が剥がれて出てしまう)

などがあります。
予定しない帝王切開はパニックをおこす妊婦さんもいますが、落ち着いて医師を信頼する事しかできないので、パニックを起こして帝王切開の邪魔にならないようにすることが大切です。

【妊娠10ヶ月】里帰り出産とは?

さて、妊娠10ヶ月目の過ごし方などあれこれ説明してきましたが、里帰り出産の場合はどうでしょう?
里帰り出産とは、出産する前に自分の実家に戻り、実家近くの産院でお産をすることを言います。
実家で出産することで、産後の体をゆっくり休めることができ、母親から子育てのアドバイスや、手伝いをしてもらうことができますし、何より両親に孫の顔を一番に見せてあげられるメリットがあります。

特に初めての出産は右も左も分からない状態で子育てがスタートします。
そんな中、経験者の母親がそばにいてくれることは大きな支えになりますし、出産後の体をゆっくりと休める過ごし方ができます。

実家が遠い場合、夫が出産に立ち会える可能性が低くなりますが、ゼロではありません。
夫の実家も、自分の実家も遠く頼れる人が近くにいない人には里帰り出産も一つの選択肢でしょう。

【妊娠10ヶ月】いつまでに里帰りするべき?

さて、里帰り出産は、当然のことながら、里帰りしないといけません。
問題はいつ帰るかということです。
里帰りする時期はいつと決まっているわけではないので、夫と話し合い、早めに帰っても問題はありません。
平均的には妊娠30週から34週ごろ(9ケ月)で帰省する形が多いようです。

あまり遅くなってしまうと、公共機関が使えなくなる恐れがあります。
飛行機や船、新幹線での移動は妊婦の体に負担がかかってしまうこともあるので、座席指定や同じ体勢を続けないように自分で気をつけることが大切です。

また、長時間の移動は体に負担がかかってしまうため、疲れないように日程や時間を組むことがとても大切です。
何かあるといけないので、母子手帳と健康保険証は必ず携帯しておきましょう。

【妊娠10ヶ月】飛行機に乗るために

妊婦が公共機関を使って移動する際、飛行機や長距離フェリーでは妊婦の申請が必要となります。
長距離フェリーの場合は、ルールが各会社で変わってきますから、予約する際に妊娠している事と妊娠何週目かを伝えて問い合わせましょう。
会社や航路によっては妊娠10ヶ月で(8ヵ月のところもあり)乗船を断られる場合があります。長時間船の上では病院に搬送することもできませんから、当然の事なのでしょう。

飛行機の場合は妊娠10ヶ月に入ると、医師の診断書を提出する必要があります。
搭乗予定日の1週間以内に病院で受診し、診断書を書いてもらいましょう。
それがないと搭乗できないので要注意です。

また、予定日の1週間前の移動になると医師の同伴なしに飛行機に乗ることはできません。
陣痛がいつ始まるか分かりませんから、予定日1週間前まで待たずに余裕をもって里帰りする方が良いでしょう。

【妊娠10ヶ月】里帰り出産の産院

里帰り出産をするには、出産する産院を決めなければいけません。
里帰り出産を決めたら早めに候補の産院に「里帰り出産」ができるかどうか問い合わせましょう。
多くの病院では、出産前に健診を受けることを求められますから、一次帰省して健診を受けるか、早めに里帰り出産するか、どちらかが良いでしょう。

34週までに一度健診をしないといけない産院や、里帰り出産を受け付けていない産院など、病院によってルールは様々。
また、帝王切開に切り替えるケースが多い産院、なるべく自然分娩をサポートしてくれる産院、エステ付き、食事が美味しいなど...
離れているとなかなか地元の情報が伝わりにくいため、親や友達、ネットから情報を集めると自分の理想のお産ができますね。

しっかりと下調べをして、電話で問いあわせ、今かかっている病院には里帰り出産の旨を伝えて紹介状を書いてもらいましょう。

【妊娠10ヶ月】今できることを楽しみましょう

妊娠10ヶ月はいよいよお産が近づいてくる最終段階です。
この時期に、しっかりと出産準備を念入りに行い、10ヶ月に入ったらベビー用品や家の掃除など最終チェックをしましょう。

お腹の中を激しく動き回っていた胎動が小さくなってきたら出産の日も間近。

緊張する気持ちも分かりますが、ゆったりとリラックスした過ごし方で、出産の日を迎えることが大切です。

妊娠10ヶ月に入ると体調もだんだん安定してきてお腹は重くて腰は疲れるものの、意外に動けます。
また動くことで筋肉がつき、お産に適した体になりますから、ウォーキングやストレッチで気分転換。
ベビーが生まれるまでのカウントダウン。
楽しむことが一番の秘訣です。

もっと妊娠関連の記事を知りたいあなたへ!

妊婦の便秘解消法とは?妊娠初期になりやすい原因は?妊娠中の女性必見
妊娠の安定期は何週目?いつからいつまで?過ごし方、注意点は?
妊婦のダイエット!妊娠中に痩せる方法まとめ!【おすすめ】
妊婦がうなぎやレバーを食べても大丈夫?妊娠中の胎児への影響は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ