妊娠初期にうつ伏せで寝るのは大丈夫?体勢の注意点を解説!

妊娠すると、4か月くらいまでの妊娠初期はお腹はまだ大きくなっていませんが、確実に赤ちゃんは大きくなっています。そんな時にうつ伏せで寝るのは大丈夫なのでしょうか?!この記事では妊娠初期にうつ伏せ寝で寝ることが大丈夫なのかどうかについてお伝えします。

妊娠初期にうつ伏せで寝るのは大丈夫?体勢の注意点を解説!のイメージ

目次

  1. 妊娠初期のうつ伏せ寝に旦那さんはヒヤヒヤ!!
  2. 妊娠初期のうつ伏せ寝 お腹はどのくらい大きくなるの?
  3. 妊娠初期のうつ伏せ寝 赤ちゃんの状態は?
  4. 妊娠初期にうつ伏せ寝をしても大丈夫!?
  5. 妊娠初期のうつ伏せ寝 時間はどのくらいまでOK?
  6. 妊娠初期のうつ伏せ寝 エステやマッサージは要注意!
  7. 妊娠初期のうつ伏せ寝 妊娠初期はとにかく眠い!!
  8. 妊娠初期のうつ伏せ寝 たくさん眠ることが大切!!
  9. 妊娠初期のうつ伏せ寝 違和感や腹痛を感じた時は?!
  10. 妊娠初期から後期になるとうつ伏せ寝はできなくなる?!
  11. 妊娠初期のうつ伏せ寝 寝るのにお勧めの体勢が!!
  12. 妊娠初期のうつ伏せ寝 シムス体勢とは?
  13. 妊娠初期のうつ伏せ寝 シムス体勢の利点とは?
  14. 妊娠初期のうつ伏せ寝 シムス体勢のやり方とは?
  15. シムス体勢を取る時に必要なものとは?
  16. うつ伏せ寝の代わりのシムス体勢はどうやるの?
  17. 妊娠中にはよく眠れなくなることも!どう対処したらいい?
  18. 【妊娠中の不眠の対処法①】ぬるめのお風呂にのんびり入る
  19. 【妊娠中の不眠の対処法②】空腹の状態で寝ない
  20. 【妊娠中の不眠の対処法③】昼間よく動く!
  21. 妊娠初期のうつ伏せ寝 リラックスできるのが一番!!

妊娠初期のうつ伏せ寝に旦那さんはヒヤヒヤ!!

奥さんの妊娠がわかると、多くの旦那さんというのは、自分の子供を宿してくれた奥さんの体をどうやって気づかったらいいのか、いろいろと考えてくれるものですよね。

そんな旦那さん達をヒヤヒヤさせる妻の行動に、寝ている時のうつ伏せ寝があります。

お腹に赤ちゃんが入っている状態で、うつ伏せになって寝ていると、本当に大丈夫なのか、お腹の赤ちゃんがつぶれてしまうのではないかと男性陣は考えてしまうようです。

実際に、まだお腹が大きくならない妊娠初期のうつ伏せ寝というのはどうなのでしょうか。お腹の赤ちゃんに何か影響することがあるのでしょうか。それとも大丈夫なものなのでしょうか?!

この記事では、妊娠初期のうつ伏せ寝はしても大丈夫なのか、危険性はないのかといったことや、妊娠中におすすめの寝方や、よく眠れないときの対処法などについてお伝えします。

妊娠初期のうつ伏せ寝 お腹はどのくらい大きくなるの?

妊娠初期というのは、妊娠4ヶ月までをいいます。

有名人の妊娠の発表を見ていると、ほとんどの人が妊娠5ヶ月に入ってから発表することが多いのですよね。

有名人でも妊娠を公表することが少ない、妊娠4ヶ月間での妊娠初期というのは、とても状態が不安定で、順調に来ていても、いつ流産してもおかしくない状態になります。

妊娠初期が不安定だと知っている旦那さんにとっては、妻がうつ伏せ寝で寝ていると、お腹に圧力がかかってしまい、腹痛を起こして流産してしまうのではないかと心配になるようですね。

実際に、妊娠初期の妊娠4ヶ月までというのは、お腹はどのくらい大きくなるものなのでしょうか。

妊娠3か月までに子宮の大きさはグレープフルーツくらいになり、妊娠4ヶ月の頃には、だいたい新生児の頭くらいの大きさになっています。

妊娠3ヶ月から4ヶ月になると、少しずつお腹の膨らみが出てくるので、気が付く人が見れば妊娠していることがわかりますが、ほとんどの人は言われなければ気が付くことはありません。

妊娠初期のうつ伏せ寝 赤ちゃんの状態は?

そんな妊娠初期の赤ちゃんの状態というのはどのような感じなのでしょうか。

妊娠3ヶ月で、赤ちゃんの大きさは一つのいちごぐらいの大きさ、妊娠4ヶ月ではレモン1個くらいの大きさです。

まだまだこの時期にはとても小さいことがわかりますね。

妊娠初期にうつ伏せ寝をしても大丈夫!?

妊娠4ヶ月の、妊娠初期までの妊婦さんがうつ伏せ寝の体勢で寝るのは実際のところどうなのでしょうか?!

実は旦那さんたちが感じる違和感や、流産につながるような腹痛を起こすのではないのかという心配をよそに、お母さんがうつ伏せ寝で寝ても大丈夫で全く問題はないと言われています。

というのは、赤ちゃんも子宮も、妊娠初期ではまだまだ小さすぎて、お母さんがうつ伏せに寝ても、お腹に全く圧力がかからずに、腹痛や違和感を感じることはなく安心していいからです。

奥さんやお腹の赤ちゃんのことがとっても心配になってしまう旦那さんにとっては、隣で妻がうつ伏せ寝で寝ていると、本当に大丈夫なのかとヒヤヒヤしてしまうものですが、どうぞ安心してそのまま寝かせておいてあげてください。

ただ、寝ているときでも起きている時でも、本当に下腹部に腹痛や何か違和感を感じるような場合には、大丈夫ではありません。うつ伏せ寝以外の原因が考えられます。

本当に腹痛や違和感を感じるなど心配な症状がある時には、一度病院で診察してもらうと良いでしょう。

妊娠初期のうつ伏せ寝 時間はどのくらいまでOK?

妊娠初期のうつ伏せ寝に問題はないとしても、うつ伏せの体制で長時間いることは大丈夫なのか、何か問題があるのではないかと考えてしまう人も多いようです。

実際のところ、妊娠初期の妊婦さんが長時間うつ伏せ寝で寝ることは大丈夫なのでしょうか?!

妊娠初期であれば、自分が眠りやすい体勢で眠ることが一番大切です。

うつ伏せ寝でいくら長時間寝ていても、お腹の赤ちゃんに圧力がかかることはほとんどないので大丈夫です!!

大丈夫なので安心して眠りたいだけ眠らせてあげるようにしましょう!!

妊娠初期のうつ伏せ寝 エステやマッサージは要注意!

基本的に妊娠初期の妊婦さんのうつ伏せ寝には全く問題がなく大丈夫なのですが、妊娠初期のうつ伏せの体勢を気をつけなければいけない時もあります。

それはどのような時かというと、エステやマッサージを受ける時です。

エステやマッサージを受ける時にうつ伏せになることは、流産や、流産につながるような腹痛などを引き起こす原因になることがあるので気をつけましょう。

妊娠前からエステやマッサージに通う習慣がある人は、妊娠後も、キレイなママになるために通いたいものですよね。

しかし、エステやマッサージによっては背中や腰周り、お腹周りをかなり強い力で押したり揉んだりする場合があります。


妊娠中に腰周りやお腹周りを強くマッサージされてしまうと、子宮がマッサージの力によって刺激されてしまい、腹痛を起こしてお腹の赤ちゃんが耐え切れなくなって流産してしまうことがあります。

また、マサージで押されるツボによっては、子宮の収縮を促すものがあります。

マッサージでそのツボを強く押されてしまうと、腹痛や違和感とともに子宮の収縮が始まってしまい、マッサージによって流産してしまうこともあります。

エステやマッサージに行く際には、妊娠していることを告げて、妊娠中でもエステやマッサージができるかどうかを確認してから始めるようにしましょう。

エステ店やマッサージ店によっては、妊娠中でも流産しないように気をつけながらマッサージを対応してくれるところもありますが、マッサージの種類によってはマッサージを断られるお店もあります。

出来ればエステやマッサージは、出産後に体調が安定するまで我慢した方がいいかもしれませんね!!

妊娠初期のうつ伏せ寝 妊娠初期はとにかく眠い!!

妊娠初期にうつ伏せ寝で寝ることに何も問題はないとはわかっても、旦那さんによっては、心配になって隣でうつ伏せで寝ている奥さんのことを、起こしてしまう人もいるかもしれません。

しかし、お腹が大きくなってきてうつ伏せ寝による圧迫の心配が出てくる妊娠後期と違って、妊娠初期のうつ伏せ寝には全く問題がありません。

それよりも、妊娠初期には妊婦さんの眠りを妨げてしまうことの方が問題になります。

というのは、妊娠初期はとにかくものすごい強烈な眠気に襲われてしまうのが普通だからです。

どうして妊娠初期に強烈な眠気に襲われるのかというと、妊娠したことによるホルモンバランスの変化や、お腹の赤ちゃんを守るための防御反応として、体の機能を抑えているのではないかといわれています。

お腹の赤ちゃんというのは、お母さんの体にとっては異物になります。

ですから、お母さんの体が妊娠前と同じ状態だと、免疫系が働いて、受精卵を排除してしまうのです。

そうならないために、妊娠が成立すると妊娠を継続させるための大量のホルモンが分泌されて、体の中のバランスが大きく変化します。

その変化に妊婦さんの活動が付いていくことができないので、強烈な眠気に襲われてしまうのです。


■関連記事:妊娠中の眠気についてはこちらもチェック!

妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?

妊娠初期のうつ伏せ寝 たくさん眠ることが大切!!

妊娠初期の妊婦さんは、とにかく眠いものです。

眠い時には、お腹の赤ちゃんを守るためにも、できるだけ横になって眠ってしまったほうがいいのですが、なかなかそういうわけにもいきません。

仕事をしていたり、日中の家事をしていると、なかなか昼間は休むことはできません。

だから、夜はたっぷりと睡眠をとることが大切になります。

眠れる時には、とにかく沢山眠らせてあげることが、赤ちゃんを成長させるためにもとても大切なことになるので、うつ伏せ寝が気になったとしても、妊娠初期ならそっとしておいてあげることが大切です。

妊娠初期のうつ伏せ寝 違和感や腹痛を感じた時は?!

妊娠初期のうつ伏せ寝には特に問題はないことがお分かりいただけたかと思います。

しかし、それでもなぜか、妊娠初期にうつ伏せ寝をしていると、下半身に違和感を感じたり、腹痛や気持ち悪さを感じたりする人がいますが、妊娠初期にうつ伏せ寝をしているときに感じる違和感や腹痛、気持ちの悪さというのは、一体どういった原因があるのでしょうか。

妊娠初期はつわりの気持ち悪さがピークになる時なので、気持ちが悪い感じは、つわりが原因かもしれません。

うつ伏せ寝で寝るのはどうしても胃腸を圧迫しやすいので、胃腸の違和感が気持ちの悪さとして感じられている可能性が高いです。

もしもうつ伏せで寝るときに下腹部に腹痛や何か違和感や痛みを感じることがあるようなら、その違和感や腹痛はうつ伏せ寝以外に何か原因があります。

すぐに違和感や腹痛が収まるようなら問題はありません。

しばらく様子を見て、違和感や腹痛が治まらないようであれば、一度産婦人科で違和感や腹痛について相談した方がいいでしょう。

■関連記事:妊娠中の腹痛についてはこちらもチェック!

妊娠初期の腹痛・下腹部痛はいつまで続く?生理痛のような腹痛!

妊娠初期から後期になるとうつ伏せ寝はできなくなる?!

妊娠初期のうつ伏せ寝には特に問題がないことがわかりましたが、お腹が大きくなってくる妊娠5ヶ月から後の、妊娠中期から後期にかけてはうつ伏せ寝はしてもいいのでしょうか。

妊娠中期から後期にかけては、やはりお腹が大きくなってきて、うつ伏せ寝で寝るとお腹を圧迫してしまったり、腰痛が起きてしまったりすることもあります。



子宮に余計な力がかかると、子宮が収縮を始めてしまい、流産の危険性が高まってしまうこともあるので、妊娠中期から後期にかけてはうつ伏せ寝はしないようにしましょう。

うつ伏せ寝がクセになっている人は、妊娠5ヶ月に入ったからと言って、突然、寝る体勢を変えることは難しいものですよね。

そんな人は、妊娠初期のうちから、妊婦さんにおすすめの寝る体勢をとるのがお勧めです!

妊娠初期のうつ伏せ寝 寝るのにお勧めの体勢が!!

眠る時の体勢というのは、長い年月をかけて身についたくせといえます。

うつ伏せで寝ることがくせになってしまっている人にとっては、妊娠5ヶ月になったからといって突然、仰向けで寝るように言われてもなかなかうまく眠れないのは当然ですよね。

そんな時には、いったいどうしたらいいのかというと、妊娠中におすすめの眠る体制である、シムス体勢という姿勢で眠るとよく眠ることができます。

シムス体勢とは一体どのようなものなのでしょうか。ここからみていきましょう。

妊娠初期のうつ伏せ寝 シムス体勢とは?

妊娠5ヶ月を過ぎて、お腹が大きくなってくると、うつ伏せで普段寝ている人だけではなくて、仰向けで寝ている人も、大きくなったお腹に体が圧迫されて、寝苦しくなってくるものです。

妊娠中期に入ると、妊娠初期のような強烈な眠気は治まってくることが多いのです。

しかし日中の活動も妊娠前よりはお腹が大きい分負担が大きくなる妊婦さんにとっては、お腹の赤ちゃんを健全に育てるためにも、夜にしっかりと十分な質の良い睡眠をとる必要があります。

そんな妊婦さんにとっておすすめの眠りやすい姿勢が、シムス体勢になるのです。

シムス体勢というのは、アメリカで19世紀に考案された妊婦さんのための寝る時の体勢で、妊婦さんにとって最も楽でリラックスできる姿勢だと言われています。

寝つきもとても良くなるので、不眠気味の妊婦さんにもお勧めですね!!

妊娠初期のうつ伏せ寝 シムス体勢の利点とは?

お腹が大きくなった妊婦さんがシムス体勢で寝ることには大きなメリットがあります。

妊娠後期になると、お腹が苦しくてなかなか寝付けなくなる妊婦さんも多くなります。

この理由の一つには、寝る体制によっては、お腹の赤ちゃんや羊水が重くなってくることで、周囲の血管を圧迫して血流が悪くなることがあります。

血流が悪くなりすぎて、低血圧を起こしてしまい、目まいやショック症状を起こしてしまうこともあります。


シムス体勢というのは、妊婦さんにとって一番血流を妨げない寝る体勢になります。

体に無理をかけなくなるので、寝つきがよくなるだけではなく、血流が良くなることで体の代謝が良くなります。

血液循環が良くなることで、お腹の赤ちゃんにも栄養が行き届きやすくなったり、老廃物が排出されやすくなるなど、寝ること以外のメリットもとても多いものです。

妊娠初期のうつ伏せ寝 シムス体勢のやり方とは?

早速シムス体勢で寝てみたくなった人もいるかもしれませんね。寝るときにシムス体制をとるにはどうしたらいいのでしょうか。
見ていきましょう!

シムス体勢を取る時に必要なものとは?

寝るときにシムス体勢を取るためには、まず抱き枕が必要になります。抱き枕がなくても、シムス体勢をとることはできるのですが、抱き枕を使わずにシムス体勢を取ると、却ってしんどくなるという人も多いので、できるだけ抱き枕を使うようにしましょう。

最近では、抱き枕にもいろいろな種類のものがあります。妊婦さんのシムス体勢のために開発された抱き枕もいろいろと販売されているので、ご自分に合ったものを選んでみると良いでしょう。

抱き枕の中には、日中は腰痛対策のためのクッションとして使えるものや、赤ちゃんがお座りできるようになった時のクッションにできるように作られているものもあります。

ご自分の体調や、これからの生活の中でも活用できるかどうかといったことも考えながら選んでみると良いのではないでしょうか。

うつ伏せ寝の代わりのシムス体勢はどうやるの?

妊娠中の妊婦さんにとって、一番楽に寝られる姿勢である、シムス体勢というのは、どのようにすればいいのでしょうか。

シムス体勢で寝る時には、体の左側を下にして横になります。この時に少しうつ伏せ気味になるようにします。

下側にある左足は少し伸ばして、上にある右足を軽く曲げて前に出します。

抱き枕を使わない時には、上にある左腕を後ろに伸ばして、右腕を前に投げ出します。

抱き枕を使う時には、足の間に抱き枕を入れるような感じにして抱きます。

違和感を感じないようであれば、抱き枕を使わなくても大丈夫ですが、抱き枕を使った方が体圧が分散されるので、違和感を感じにくくなって楽に寝ることができる人が多いようです。

また、抱き枕を使っても違和感があるようなら、枕の高さや足の高さを調整して、自分にぴったりとくる位置を見つけて下さい!

妊娠中にはよく眠れなくなることも!どう対処したらいい?

ここまで、妊娠中に寝る体勢について見てきましたが、いろいろと工夫しても、妊娠中にはよく眠れずに不眠気味になる人も多いものです。

妊娠中に不眠気味になってしまうのには、妊娠を継続させるための黄体ホルモンの影響や、つわりによる気持ち悪さなど、妊娠特有の原因があります。

しかし、よく眠ることができないと、お母さんの体も疲れてしまい、赤ちゃんの発育にも影響が出てしまうこともあります。

ここからは、妊娠中によく眠れなくなる時の対処法についてみていきたいと思います。

【妊娠中の不眠の対処法①】ぬるめのお風呂にのんびり入る

妊娠中によく眠れなくて不眠気味になってしまった時の対処法には、寝る前にぬるめのお風呂にのんびりと入ることがあります。

寝る時には自律神経は副交感神経が優位になっていますが、妊娠中はホルモンのバランスが変わることで、自律神経が乱れてしまっていることがあります。

ぬるめのお風呂に、のんびりと時間をかけて入って、体を芯まで温めることで、副交感神経を優位にして眠りにつきやすくする効果があります。

また、妊娠初期には黄体ホルモンの影響で、体温が高い状態が続いて寝つきにくくなっていることもあります。

寝る前に体をしっかりと温めると、寝る頃に体温が急激に下がるので、寝つきやすくなります。

【妊娠中の不眠の対処法②】空腹の状態で寝ない

妊娠中によく眠れなくて不眠気味になってしまった時の対処法には、空腹の状態で寝ないようにすることも大切です。

お腹がすいていると、どうしても目が冴えてしまって、寝つきにくくなってしまいます。

妊娠中でも、体重が増えすぎるのはあまり良くないので、カロリー制限を厳しくしている人もいるでしょうが、お腹がすきすぎて眠れなくなってしまったら、お母さんの体も持ちません。

体を温めて消化の良いホットミルクを寝る前に飲んだり、カロリー制限や調整をしているのであれば、その一部を寝る前の夜食にまわしたりして、お腹がすいて眠れないということがないように工夫しましょう。

【妊娠中の不眠の対処法③】昼間よく動く!

妊娠をきっかけに仕事を辞めたり産休に入ったりした人や、里帰り出産のために実家に帰った人の中には、昼間の運動量が少なくなったために夜眠れなくなってしまったという人もいます。

妊娠後期になるとお腹もかなり大きくなってくるので、動きにくくなってしまうのは確かですが、あまり動かないでいてもよくありません。

仕事を辞めたり産休に入ったりしたら、少しのんびりしたい気持ちもわかります。

里帰りのために実家に帰ると、家事をやらなくて済むどころか、上げ膳据え膳で世話を焼いてもらえるので楽ですよね。

しかしあまりだらだらしていると、すぐに体重オーバーで難産が心配な体にもなってしまいます。

家事をやる必要がないのならば、ウォーキングをしたりマタニティヨガやマタニティースイミングに通ってみたりするなどして、昼間、体を積極的に動かすことが大切です。

妊娠初期のうつ伏せ寝 リラックスできるのが一番!!

妊娠初期のうつ伏せ寝と、妊娠中の寝る体勢や、眠れないときの対処法などについてまとめてきましたがいかがでしたか。

シムス体勢は妊娠中の妊婦さんにとって、一番リラックスできる体勢だと言われているので、普段うつ伏せで寝るくせがある人も、妊娠初期から抱き枕を使ってやってみてはいかがでしょうか。

妊娠中のお母さんは、とにかく自分がリラックスして、いい気分で過ごすことが、お腹の中の赤ちゃんのためにも一番大切になります。

良い睡眠をとって、楽しいマタニティライフを送ってください。

もっと妊娠初期に関する情報について知りたいあなたへ!

妊娠初期のだるい・疲れやすい症状はいつまで続く?原因と対策を解説!
妊娠初期は貧血になりやすい?症状や原因・対策を解説!
妊娠初期の動悸・息切れの原因は?
妊娠初期の肌荒れの原因と対策は?妊娠中はお肌に気をつけて!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ