赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児が笑う理由とは?

笑顔は誰が見ても良いものですが、赤ちゃんも新生児から笑うものです。しかし、実は新生児の赤ちゃんが笑うのに、感情がこもっていないってご存知でしたか?楽しくないのに笑ってしまう新生児微笑とはいったいどういうモノなのでしょうか?!赤ちゃんの笑顔についてみていきます。

赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児が笑う理由とは?のイメージ

目次

  1. 新生児が笑うのって最高にかわいいものです!
  2. 新生児が笑う新生児微笑とは?
  3. 新生児が笑う 新生児微笑には感情がない?!
  4. 新生児が笑う 新生児微笑は遺伝子に組み込まれている?!
  5. 新生児が笑う 新生児微笑はいつからいつまで?
  6. 新生児が笑う 新生児微笑でもママは笑ってあげよう!
  7. 新生児が笑う 笑うのは最高のコミュニケーション
  8. 新生児が笑う ママの笑顔を模倣する!
  9. 新生児が笑う 社会的微笑とは?
  10. 新生児が笑う 社会的微笑はいつまで続く?
  11. 新生児が笑う 社会的微笑から本格的な笑いへ
  12. 新生児が笑う 声を出して笑うようになるのはいつから?
  13. 新生児が笑う 6か月以降は褒めて笑顔にするのが大切!
  14. 新生児が笑う 赤ちゃんを笑わせるためのコツ
  15. 新生児が笑う うちの子笑わない!どうしたらいい?
  16. 新生児が笑う 笑わないのは自閉症?
  17. 自閉症とは?
  18. 自閉症の診断とは?
  19. 笑いの多い少ないは大人と同じ個性!
  20. ママも一緒にたくさん笑って笑顔が多い楽しい毎日を!!

新生児が笑うのって最高にかわいいものです!

どんな人でも、笑顔というのは周りの人を幸せにする最高の表情ですよね。どんな年代の人でも笑顔を見せてくれると、周りの人は幸せないい気持ちになるものですが、その中でも、産まれたばかりの赤ちゃんが見せる笑顔というのは、どんな人の気持ちでもほぐしてしまう、まるで魔法の力があるかのようなパワーを持っているものです。

赤ちゃんが笑う顔というのは本当にいいものですよね。

ところが、産まれたばかりの赤ちゃんが見せてくれる微笑みというのは、楽しいとか嬉しいといった感情がない、筋肉の反射だといわれています。

大変な子育ての時に、ふっと疲れを忘れさせてくれる癒しの効果が高い、あの最高に可愛らしい新生児の赤ちゃんの笑顔が、楽しいとか嬉しいといった感情がこもってない反射だというのは一体どういうことなのでしょうか。

この記事では、ちょっと気になる新生児の赤ちゃんの笑いについてまとめてみました。

新生児が笑う新生児微笑とは?

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんが浮かべる微笑みのことを、新生児微笑といいます。

赤ちゃんを産んで子育てを始めたばかりのお母さんにとっては、出産で疲れきっているところに、毎日毎日の子育てで赤ちゃんの世話をしなくてはならないので、本当に大変な子育て生活を送っているところですよね。

でも、そんな子育てに追われる毎日の中で、ふっと赤ちゃんが見せてくれる可愛らしい微笑みを見ると、その疲れがすべてどこかへふっ飛んでしまうような気もします。

そんな子育て中のお母さんたちにとって、最高の癒しの源となる、新生児の赤ちゃんが浮かべる新生児微笑ですが、これは生まれたばかりの赤ちゃんの顔の筋肉の反射で起こる物だと言われています。

新生児の赤ちゃんは、眠りながら笑うことが多いのですが、これは、楽しい夢を見ているからではなくて、筋肉が反射的に引きつることで、笑顔のような表情を浮かべるものなのです。

生後2ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは、まだ視力が発達しておらず、よく目が見えていないので、お母さんやお父さんが笑いかけても、それを認識することができません。

新生児が笑う 新生児微笑には感情がない?!

新生児の赤ちゃんが見せるほほえみは、筋肉は反射的にひきつるものなのですが、笑顔が筋肉の反射であれば、赤ちゃんはほほえみを浮かべる時にどういったことを考えたり感じたりしているのでしょうか。

赤ちゃんが寝ながらほほえみを浮かべている様子を見ながら、子育て中のお母さんはどんな夢を見ているのかなと想像することはとても楽しいものですが、生後2ヶ月ぐらいまで新生児の赤ちゃんの笑いには、単なる筋肉の反射なので、特に感情や意味はありません。

何か面白いことを考えていたり、周囲の様子を面白がって笑っているわけではないのです。

ただ、目はまだよく見えなくても、耳は聞こえているので、周囲の様子を感じることはできます。

反射的に新生児微笑を浮かべることで、お母さんの機嫌が良くなって幸せな気分になることを赤ちゃんは感じて学習しています。

この学習を通じて、笑顔が他の人を幸せにして、周囲との人間関係を円滑にするものだということを赤ちゃんは理解してきます。

だから、反射である新生児微笑には意味がないと考えるのではなく、子育て中のお母さんは新生児微笑を浮かべた時に嬉しそうな反応をしてあげることが赤ちゃんの感情を発達させるためにとても大切です。

■参考記事:新生児の夜泣きについてはコチラを参照!

新生児は夜泣きをしない?夜泣きの原因と対処法を解説します!

新生児が笑う 新生児微笑は遺伝子に組み込まれている?!

新生児微笑は遺伝子に組み込まれているという説もあります。

というのは、新生児微笑を浮かべることで、周囲の人からかわいがられてお世話を沢山してもらえるということが、遺伝子レベルで組み込まれているのではないかというのです。

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんというのは、本当に無力で、自分の身の回りの世話すら自分の力ですることができませんし、自分の感情を伝えたくても、泣いてぐずる以外の方法を持っていません。

そんな赤ちゃんにとっては、お母さんをはじめとする、自分の子育てをしてくれる周りの人達の愛情をいかに獲得して、お世話を沢山してもらうかというのが、生き残るためにはとても大切になります。

そんな中で、自分が笑顔を浮かべることで、自分の子育てをしてくれる周りの人が沢山優しくしてくれる、ということを学習して、遺伝子に組み込んだのではないかと言われています。

単なる筋肉の反射であれ、遺伝子に組み込まれた情報であれ、赤ちゃんの感情を発達させるために、新生児微笑にお母さんや周りの大人が、笑顔で幸せな気持ちで返してあげることがとても大切になります。

新生児が笑う 新生児微笑はいつからいつまで?

新生児微笑はいつから始まっていつまで続くものなのでしょうか。

新生児微笑がいつから始まるのかというと、生まれてすぐの頃から笑顔のような表情を浮かべることがあります。

お母さんのお腹の中の様子を撮影すると、胎児のうちからすでに笑顔を浮かべている赤ちゃんもいると言われています。

新生児微笑がいつまで続くのかというと、筋肉の反射で笑顔を浮かべる新生児微笑は生後2ヶ月ぐらいまでになります。


生後3ヶ月になると、徐々に視力が発達してきて、周囲の様子を伺うことができるようになります。

それとともに、お父さんやお母さんの表情の変化を感じ取ることができるようになり、お父さんやお母さんの笑顔を脳の指令で真似することができるようなります。

まだ、自分の感情で積極的に笑うというわけではありませんが、周囲との関係性の中で徐々に笑顔の意味を学んでいきます。

新生児が笑う 新生児微笑でもママは笑ってあげよう!

子育てをしていると、毎日毎日が忙しくて、ついついお母さんの笑顔を忘れずしまいがちなります。

その上、新生児微笑には感情がこもっていないと分かったら、特に赤ちゃんの顔に返さなくてもいいのではないかと思ってしまう子育て中のお母さんもいるかもしれません。

しかし、赤ちゃんの微笑みは筋肉の反射でしかなくても、自分が笑顔を浮かべたときに、周りの空気がどのように変化するのかというのは赤ちゃんは敏感に感じ取っているものです。

新生児微笑であっても、赤ちゃんの笑顔にはお母さんも笑顔でしっかり、うれしくて楽しいという気持ちで返してあげることが子育てで赤ちゃんの感情表現を育むうえでとても大切です。

新生児が笑う 笑うのは最高のコミュニケーション

新生児の赤ちゃんの新生児微笑が単なる筋肉の反射だとしても、しっかりと笑顔のコミュニケーションを周りの大人が取ってあげることはとても大切なことです。

その理由は、赤ちゃんがこれから育って社会性を育んでいく上で、笑顔というのは最高のコミュニケーションになるからです。

人は笑顔を浮かべている人のことは簡単に好きになりますが、いつもしかめっ面をしている人のことはなかなか好きになれません。

というのは笑顔は自分を好きだというサインとして受け取る人が多いという理由があるからです。

赤ちゃんが、育っていく中で周囲の人と沢山友達になって、沢山の人から好かれる人になるようにするためにも、子育ての中で赤ちゃんとの笑顔のコミュニケーションを忘れないようにしましょう!!

■参考記事:新生児の沐浴はいつまでする?コチラも参照!

新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説

新生児が笑う ママの笑顔を模倣する!

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは、本当に自分で何もすることができません。ただただ声を上げて泣いて、自分の不快感を周りに伝えることしかできないのです。

お母さんや周りの人たちを幸せな気分にする、新生児微笑も筋肉の反射です。

目もまだよく見えません。

しかし、耳はよく聞こえているので、周囲の雰囲気を感じ取ることはできています。

そんな中で、新生児微笑を浮かべた時に、お母さんがどのような反応をしてくれるのか、というのは赤ちゃんはよく学んでいます。

そして、生後3ヶ月を過ぎて目がよく見えるようになってくると、嬉しい時には笑顔を浮かべればいいのだと、お母さんの笑顔を模倣するようになるのです。

単なる筋肉の反射である新生児微笑でも、お母さんがいろいろと想像して楽しい気分になることはとても大切な理由は、お母さんの感情や表情から赤ちゃんは様々なこと学習していくからです。

赤ちゃんに沢山の笑顔を向けてあげましょう!

新生児が笑う 社会的微笑とは?

新生児微笑はいつまでかというと、生後2ヶ月ぐらいまで続き、その次には社会的微笑が始まります。

新生児の頃は、ふとした瞬間ににやにやと笑顔を浮かべるだけでしたが、いつからか、生後3ヶ月ぐらいからあやすと赤ちゃんは笑うようになりますが、これが社会的微笑です。

まだ、楽しいとか嬉しいといった感情と笑顔が結びついているわけではありませんが、視力がだんだんと発達してきて、お父さんやお母さんがうれしかったり楽しかったりする時に、笑顔も沢山浮かべるのを見て、それを真似して笑顔を浮かべるようになります。

新生児が笑う 社会的微笑はいつまで続く?

社会的微笑がいつから始まるのかというのは、だいたい生徒3か月くらいに始まる赤ちゃんが多いものです。

いつから始まるのかはだいたいみんな同じですが、いつまで続くのかというのは、個人差が大きくなります。

というのは、生後3ヶ月頃に社会的微笑が始まってからは、いつからか楽しいとか嬉しいとかいった感情と笑顔が、赤ちゃんの頭の中で結びついてきます。

そして、声を出して自分から積極的に笑うようになっていきます。

社会的微笑はあやした時に真似をして笑うことなので、いつまで続くのかというと、赤ちゃんが自分の意思で笑うようになるまで続くものです。

ただ、社会的微笑がいつまで続くのかと気にしていても、社会的微笑から次の段階へ入っていくのは、個人差が大きいものです。

ですから、社会的微笑がいつまで続くのか、というのは一概にはわからないというのが本当のところです。

新生児が笑う 社会的微笑から本格的な笑いへ

社会的微笑の次には、いよいよ赤ちゃんが自分の意思と感情で、楽しいとか嬉しいとか感じた時に声を出して笑うようになります。

社会的微笑はまだ周りの雰囲気への反射で笑っていただけでしたが、いよいよ自分の意志でいつからか笑うようになってきたのです。

この頃になると、お母さんの言っている言葉も理解できるようになってくるので、積極的にコミュニケーションをとって遊んであげることが大切になってきます。

新生児が笑う 声を出して笑うようになるのはいつから?

赤ちゃんが声を出して笑うようになるのは、いつから始まるのでしょうか?!


社会的微笑のところでも書きましたが、社会的微笑から自分の意思で赤ちゃんが声を出して笑うようになっていくのは、個人差が大きいものです。


だいたいいつから声を出して笑うようになるのかというと、早い赤ちゃんで生後5~6か月頃から、ほとんどの赤ちゃんはいつからかというと、生後7か月くらいになると自分から声を出して笑うようになっていきます。

ただ、大人でもよく声を出して笑う人と笑わない人がいる様に、赤ちゃんが声を出して自分から笑うのも、個人差が大きいものです。

いつから笑うのか、あまり気にし過ぎなくても大丈夫です。

新生児が笑う 6か月以降は褒めて笑顔にするのが大切!

赤ちゃんが声を出して笑う様になってきたら、積極的にお母さんとコミュニケーションが取れるようになってきます。

そうしたら、赤ちゃんが沢山笑顔になれるように、楽しい気分にしてあげましょう。

特に、赤ちゃんに自信を持たせてあげるために、沢山褒めてあげることが大切です。

生後6ヶ月を過ぎて、自分から嬉しいと思って、声を出して笑ったり、笑顔を浮かべるようになってくると、褒められて嬉しいと感じたら赤ちゃんも自分から笑ってくれるようになります。

そうなったら、ちょっとでもできるようになったことや、上手にできたことを褒めてあげることで、赤ちゃんは沢山笑うことができるようになります。

また、上手にできたことを沢山褒めてもらい、危険なことやいけないことをした時にはしっかりと叱ってもらうことで、頑張ってやるべきことと、やってはいけないことのメリハリをつけることが大切なのだと赤ちゃんはいつからか学んでいきます。

上手にできたことは、たくさん褒めてあげて笑顔にしてあげて、危険なことややってはいけないことをしたら、しっかりと叱ってあげることが、赤ちゃんがいつからか社会性や自信を身につける上でとても大切になってきます。

新生児が笑う 赤ちゃんを笑わせるためのコツ

褒めてあげる他にも、赤ちゃんを沢山笑わせて、楽しい気分を味わせてあげることもとても大切になります。

赤ちゃんを笑わせてあげるコツは、オーバーなリアクションをしながら、いないいないばあもしてあげたり、変顔を見せてあげることがあります。

また、うちわで顔にそよそよと軽く風を当ててあげても、赤ちゃんは声を上げて喜びます。

また、ちょこっとくすぐったりしながら、沢山スキンシップをとりながら遊んであげたり、するのもいいでしょう。

ただし、くすぐる時には、あまり激しくくすぐりすぎると、赤ちゃんが苦しくなってしまうので、本当にちょこちょこっとだけにしましょう!

たかいたかいをしてあげるのも赤ちゃんはとても大好きですよね!!お母さんの産後の筋トレにも最高です!!

赤ちゃんが楽しい気分になって笑いたくなる遊びにはいろいろとあります。赤ちゃんといろいろな遊びを見つけて、一緒に沢山笑ってみてはいかがでしょうか。

新生児が笑う うちの子笑わない!どうしたらいい?

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃から社会的微笑が始まり、生後6ヶ月から7ヶ月頃からは声を上げて楽しいと思えば自分から笑うようになるものですが、中にはほとんど笑わない赤ちゃんもいます。

大人でもちょっとしたことでよく笑う人もいれば、しかめっ面をしていてあまり笑顔を見せない、頑固親父タイプの人もいます。

笑顔を見せないからといって、社会人として失格かというと、決してそんなことはなくて、笑顔が少ない人でも他にいいところが沢山あるのが普通です。

赤ちゃんの笑顔が少ない時に考えられる理由には、お父さんやお母さんも笑顔を作るのが性格的に苦手だったりすることも考えられます。

お父さんやお母さんが笑顔を作るのが苦手だという理由で、赤ちゃんに笑顔が少ない時には、笑顔といった感情や性格面が出るものは、個人差がとても大きいのでそれほど心配することはありませんが、時として、自閉症で笑わない赤ちゃんもいるのでちょっと注意が必要です。

新生児が笑う 笑わないのは自閉症?

赤ちゃんがあまりにも笑わない時には、どのような理由が考えられるでしょうか?

赤ちゃんが笑わない時には、その理由に自閉症が疑われる時もあります。自閉症というのは先天的な障害です

また赤ちゃんが笑わない理由には、自閉症の他にも、生まれてからそれまでの生育環境によって、自閉症のように笑わない赤ちゃんになってしまうことがあります。

自閉症のように赤ちゃんが笑わなくなってしまう状態を、サイレントベイビーと言います。自閉症は先天性の脳の器質的な障害が理由で起こりますが、サイレントベイビーは生まれてからの、お母さんやお母さんに変わって面倒を見てくれる保育者との間に、感情的なコミュニケーションが少ないことが理由で、赤ちゃんの感情表現ができなくなってしまう症状です。

うちの子があまり笑顔がなくて、感情表現が少ないかもと思ったら、お父さんお母さんは、普段、赤ちゃんに対してどのような表情や感情でコミュニケーションをとっているか、言葉がけはちゃんとしているのか、一度、見直してみた方がいいかもしれません。

愛情たっぷり注いでお世話をしているのに、サイレントベイビーになってしまっているようなら、何か他に自閉症などの笑わない理由があると考えましょう。

自閉症とは?

自閉症というのは、脳の機能障害の一種で、他者とのコミュニケーション能力に、何らかの問題が生じたり、こだわりが強くなりすぎるといったことが生じることが多い障害です。

お母さんの子育ての仕方や、コミュニケーションのとり方を責められることがありますが、サイレントベビーと違って、自閉症の場合には先天的な脳の機能障害が理由になるので、子育ての仕方などは全く関係ありません。

自閉症の発生率は約1000人に1人とも言われ、かなり発生率が高い障害だと言えます。男子の発生率は女子の5倍とも言われています。

自閉症の原因はよくわかっていませんが、遺伝的な要因が高いのではないかと言われています。生まれた時の父親の年齢が40歳以上だと、30歳未満の6倍以上の発生率になると言う研究結果もあります。

自閉症の診断とは?

子供が笑わない場合、サイレントベビーなのか、自閉症なのか、単なる性格的な問題だと片付けていいのか、お父さんお母さんとしてはとても気になるところですよね。

赤ちゃんが自閉症なのかどうかということを診断するのは、乳児のうちにはほぼ不可能なことです。

その理由は自閉症や発達障害の診断を下すのには、かなり複雑な検査を時間をかけて積み重ねる必要があるからです。

だから早くても3歳過ぎないと診断できません。

気になる理由があるようであれば、小児科や行政が行っている育児相談などに相談して、どのように対応していくのか、一緒に話し合うことが大切です。

万が一、自閉症や発達障害だった場合には、療育を始めるのは早ければ早いほどいいと言われています。

先天的な障害であれば、誰のせいでもありません。お子さんの状態をしっかりと受け入れて、どうするのが最善かを、みんなで考えることが大切です。

笑いの多い少ないは大人と同じ個性!

赤ちゃんの笑顔というのは、本当に私たちの心を癒してくれます。

新生児微笑は欧米ではエンジェルスマイルということもあるそうです。

本当に天使のような笑顔ですよね。

しかし、よく声を上げて笑う子もいれば、よく笑わない子もいます。

自閉症などの障害が理由で笑わないのであれば、それにしっかりと対処する必要がありますが、性格的に笑わない子もいるものです。

よく笑う子も、あまり笑わない子も、それはその子の大切な個性なので、あまり赤ちゃんが笑わないからといって気にし過ぎることはありません。

ママも一緒にたくさん笑って笑顔が多い楽しい毎日を!!

お母さんにとっては、毎日毎日の子育ての中で、赤ちゃんの笑顔に癒されて、また今日も頑張ろうという意欲が湧いてくるという人もいるでしょう。

赤ちゃんの笑顔というのは本当に良いものです。

そして、そんな赤ちゃんから笑顔を引き出すのは、他でもありません。

赤ちゃんが一番大好きな存在であるお母さんの笑顔なのです。

赤ちゃんと一緒に毎日沢山声を上げて笑って、楽しん毎日を過ごせたらいいです!

新生児の子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

新生児の授乳時間・間隔の目安は?時間が長い・短い原因と対処法は?
新生児が熱を出した!38度以上なら病院にいくべき?発熱の原因は?
新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について
赤ちゃんの痙攣の症状と原因、対処法解説!新生児のひきつけに要注意

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ