ディズニーランドを子連れで攻略!回り方のおすすめは?【裏技】

ディズニーランドは大好きだけど子連れで行くのはちょっと不安。そんな子連れディズニーランドデビューの方に是非読んで頂きたい、『子連れでも楽しめる』アトラクションや事前の準備、攻略法をご紹介します。子連れだからこそ感じられる魅力を見つけに行ってみましょう。

ディズニーランドを子連れで攻略!回り方のおすすめは?【裏技】のイメージ

目次

  1. 子連れで楽しむディズニーランド
  2. 【子連れディズニーランド】心得編
  3. 【子連れディズニーランド】持ち物編①
  4. 【子連れディズニーランド】持ち物編②ベビーカーをどうする?
  5. 【子連れディズニーランド】食事編①持参
  6. 【子連れディズニーランド】食事編②レストラン
  7. 【子連れディズニーランド】食事編③おすすめレストランは?
  8. 【子連れディズニーランド】アトラクション編①
  9. 【子連れディズニーランド】アトラクション編②赤ちゃんにもOK
  10. 【子連れディズニーランド】アトラクション編③少し大きくなったら
  11. 【子連れディズニーランド】アトラクション編④これは安心
  12. 【子連れディズニーランド】アトラクション編⑤動物好きなら
  13. 【子連れディズニーランド】ファストパスを取るなら
  14. 【子連れディズニーランド】赤ちゃんでも楽しめる①ミッキーの家
  15. 【子連れディズニーランド】赤ちゃんでも楽しめる②パレードやショー
  16. 【子連れディズニーランド】トゥーンタウンを攻略しよう
  17. 【子連れディズニーランド】アトラクションの回り方と攻略法
  18. 【子連れディズニーランド】お泊り編
  19. 【子連れディズニーランド】困った時には
  20. まとめ

子連れで楽しむディズニーランド

子連れでディズニーランドを楽しみましょう!今までは自由に動けてご自分の得意な回り方や、アトラクションやショー、食べ歩きなど楽しみ方も様々出来たディズニーランド。

しかし、子連れ家族となると話は別。持ち物は多くなりますし、食事やお手洗い、乗れるアトラクションと乗れないアトラクションなど様々な事を考えなくてはなりません。回り方などを色々考えているうちに「子連れはまだ早いかな?」なんてネガティブになってしまうかも。

でもちょっと待って。子連れ家族でなければ立ち寄る事のないアトラクションや普段なら素通りしてしまいがちなフォトスポットなど子連れ家族だからこそ楽しめる方法も沢山あるんです。

今回は子連れ家族でディズニーランドを楽しむための、あらかじめ知っておいて欲しいおすすめポイントや回り方、子連れでも取れるファストパス等の情報についてまとめてみました。

■参考記事:赤ちゃんと一緒にディズニー、いつから行ける?

赤ちゃんはディズニーランド・シーにいつからいける?赤ちゃん連れ必見!

【子連れディズニーランド】心得編

まずは心得です。小さなころからディズニーランドへ行き尽くしている方であればある程、是非持っていて欲しい心得です。

今回からは「子連れ家族のディズニーランド」という事を一番に念頭に置いておきましょう。ディズニーランド好きであればある程、回り方やその空間の過ごし方に強いこだわりを持っている方は多いです。

「まずは、メインどころのアトラクションを走ってファストパスを取ったらこっちのジェットコースターに乗って…」なんていうメインのアトラクションメインの回り方は絶対に外せない方。

「はじめはここのショーに並んで、次のショーの時間に合わせて走る。席はここがマスト!」なんていうショーは全て見る回り方が好きという方。

「限定のスイーツとここのポップコーンは食べたいから夜になる前にGETしないとなくなっちゃう!お土産は今の時期ならこれを…。」なんていう食べ物・物販収集巡りの回り方が好きという方。

そのすべての方に、一度確認しておいていただきたいのが「子連れ家族」だという事です。この心得を持っていないと、好きな回り方が出来ず、想像以上に動けず、持ち物も多く、乗れず、タイムロスの多い子連れ家族のディズニーランドを楽しむことが難しくなります。

「そんな事分かっている!」とお思いでしょうが、ディズニーランドへ行けば、やはりテンションは少女のように上がってしまうもの。思い通りに過ごせずストレスをためない為にも、自分の回り方は暫く封印し、「ゆっくり楽しもう」という家族で楽しむ気持ちが大切だという事を心得ておいてください。

■参考記事:ディズニーランドの子供料金は?コチラも参照!

ディズニーランドの子供料金はいくら?

【子連れディズニーランド】持ち物編①

それでは子連れ家族のディズニーランドに必要な準備や持ち物を見ていきましょう。

【今までの準備や持ち物】
(1)動きやすい服装&スニーカー
(2)貴重品(財布・スマホ)
(3)ディズニーグッズ(カチューシャやポップコーン容器、チケット入れなど)

【子連れの準備や持ち物】
※上記のものに+αで必要になる持ち物です。
(4)子供の着替え一式
(5)オムツ等
(6)離乳食と飲み物、ミルク等の食事準備(移動しながらや並びながら食べられるおにぎりやスティックパンもおすすめ)
(7)濡れティッシュなどのおしぼり類、ハンカチ、ティッシュ等
(8)ビニール袋(ゴミ袋用)
(7)ブランケット(一日外出になるのでお昼寝用や、風や夕方以降の寒さ対策など必須です。)
(8)レジャーシートなどの敷物(パレード用だけでなく、ちょっとスペースがあるとおやつを食べたり着替えたりするのに便利です。)


ザックリいうと、赤ちゃんのお出かけグッズが普段のディズニーランドへ行くための持ち物に+されているイメージです。特におしぼりなどの濡れたものやごみ袋、冷え対策のブランケットなどの便利グッズはディズニーランドでも重宝しますので持って行くと便利でしょう。持ち物をすぐ探せるように口の広いママバックに入れていくのがおすすめです。


荷物の準備は子連れ家族ディズニーランドを攻略する上でかなり重要な役割を担います。バッチリ準備をしていき、どんなトラブルにも対処できるようにしておくことが大切です。

【子連れディズニーランド】持ち物編②ベビーカーをどうする?

上記のようにたくさんの持ち物を用意すると、最後に一番悩むのが「ベビーカーをどうするか」という最大の持ち物であり便利グッズについてでしょう。

持ち物【ベビーカー】をレンタルする場合

ベビーカーは、ディズニーランドでも貸し出しをしています。

【ベビーカーレンタル】
・レンタル料金:1000円
・タイプ:B型 リクライニング有
・サイズ:座幅28センチ×奥行20センチ
・対象:生後7ヵ月以上、身長100センチかつ体重15キロ位(一人座りができる)
・再レンタル:同日なら名札の提示で可


レンタルであれば、その場で借りて置いて帰れるので持ち物を減らすことができ、手軽にベビーカーを利用する事が出来るでしょう。また元気な時には歩きたがるお子さんであれば疲れてからレンタルする事もできますので、予めレンタルスペースを確認しておくと良いでしょう。(入口付近にあります。)

持ち物【ベビーカー】を持ち込む場合

ベビーカーをレンタルする場合、その受付はパークに入ってからになります。駐車場からディズニーランドまで距離がある場合、持ち込みであればそこからお子さんをベビーカーに乗せる事が出来るのはとても助かると思います。

その他、沢山の持ち物を駐車場からベビーカーに乗せて運べる、おむつ替えなどが気軽に出来る、ベビーカー置き場の中からすぐに見つけられるなどの理由からご家庭でいつも使っているベビーカーを持ち込む方も多いです。

個人的な経験ですが家族でいった時、下の子が小さかったので1台を持ち込み、上の子がお昼寝の時間に合わせてもう1台はレンタルしてという形で利用した事もあります。いずれにせよ、ディズニーランドは長時間滞在になる場合が多いですので持ち物置き用としても必要ですし、抱っこ紐だけではなく、ベビーカーは必須アイテムとして用意しましょう。

【子連れディズニーランド】食事編①持参

長時間滞在のディズニーランド、お昼と夜など多い場合には2食をパーク内で取る場合も。お子さんはお腹が空いた瞬間からご機嫌斜めになってしまうものですし、特にとりわけが出来ない小さな離乳食期のお子さんは混んでしまうディズニーパーク内のレストランでの食事は大変かも。

そんな時には、皆さんが外出で利用されている事も多い携帯用の離乳食がお勧めです。普段手作りのものを作って持ち歩くという方でも、今回ばかりは既製品に頼ってみるのも一つです。

【既製品がお勧めの理由】

・きちんとパック詰めがされている事

ママバックに放り込んでおいても漏れる心配もありませんし、携帯用のスプーンに容器もあるので準備も楽ちん。そして食べたらそのまま捨てる事が出来ますのでとってもお手軽に食事をとる事が出来ます。

またいつ食事がとれるかわからないディズニーランド、手作りのものですと気温によっては傷んでしまう場合も。その点きちんとパック詰めされている既製品であれば食中毒の面からも安心です。


※但し、一度開けたら時間をおいてまた食べるというのはやはり心配なので少しずつしか食べないというお子さんには多めに離乳食を用意しておくと安心です。食べた容器は持ち物で記載しているごみ袋に入れて、きちんと持ち帰りましょう。


また、マグも忘れずに持って行きましょう。途中で飲み物を足せるように水筒やペットボトルを別で用意しておくと便利です。

【子連れディズニーランド】食事編②レストラン

子連れだからこそレストランで食事をとりたいという方にお勧めなのはこちらのレストランです。

【クイーン・オブ・ハートのバンケットホール】
ファンタジーランド内公式マップ97番

不思議の国のアリスがモチーフになっているレストランですが、場所がファンタジーランドでお子様向けのアトラクションが多いこともあり、子連れ家族が多く訪れるレストランです。

【おすすめポイント】
・座席がゆったり座れるのでいやすい
・子供の椅子完備
・子供向けのメニュー有り
 お子様セット¥920
 低アレルゲンメニュー¥1020

子連れ家族でいつもよりお疲れのディズニーランド。お昼くらいはゆっくり座って休憩したい。そんな方に大人気のレストランです。

【子連れディズニーランド】食事編③おすすめレストランは?

子連れ家族だからこそレストランで食事をとりたいという方に、もう一つお勧めのレストランはこちらです。

【グランマ・サラのキッチン】
クリッターカントリー内公式マップ75番

スプラッシュマウンテンからほど近い、木の根元に入っていくような隠れ家的レストラン。ゆったりと家庭的な雰囲気は子連れ家族さんには入りやすいレストランでしょう。

【おすすめポイント】
・子供にも安心の座席
・子供でも食べやすいメニューがそろっていてランチにおすすめ
 オムライスの蟹クリームコロッケ添え¥1090
 チキンドリア¥990

・お子様メニュー有り
 お子様セット¥920
 低アレルゲンメニュー¥1020

実は知らなかったという方も多い結構な穴場です。比較的すいている事が多くお勧めです。

■参考記事:ディズニーランドのショーレストラン、人気はココ!

ディズニーランドのショーレストランおすすめランキングTOP5!

【子連れディズニーランド】アトラクション編①

心得をもって、荷物と食事の目安を付けたらいよいよ子連れ家族で乗れるアトラクションをチェックしていきましょう。最初にご紹介したいのはこちら!

【アリスのティーパーティー】
ファンタジーランド内公式マップ77番

皆さんご存知のアリスのティーパーティー。なんだ、知っているよと思われる方もちょっと待って。恐らく絶叫系のアトラクションをセレクトしていた方には、横目で見ながら素通りしてしまっていたすっかりご無沙汰のアトラクションではないでしょうか。

アリスのティーパーティーは年齢制限や身長制限が設けられていませんので、小さなお子さんや赤ちゃん連れでも家族みんなで乗る事が可能です。但し、カップから身を乗り出したりつかまり立ちをしてしまったりしては危ないので、しっかり座らせてくださいねとキャストの方から声をかけられることもあります。

制限は緩いですが、ハンドルを回しすぎると結構遠心力がかかりますのでお子さんの年齢によってはハンドルは回さずにゆったりと乗る事がお勧めです。

【子連れディズニーランド】アトラクション編②赤ちゃんにもOK

次にご紹介したいアトラクションは、恐らく赤ちゃんにも一番負担なく楽しんでもらえるこちら!

【イッツ・ア・スモールワールド】
ファンタジーランド内公式マップ78番

イッツ・ア・スモールワールドはまだ首が座っていないんじゃない!?なんて赤ちゃんも見かけるほど、小さな赤ちゃんにも乗る事の出来るアトラクション。楽しい音楽も流れていますし、可愛いお人形たちが優しく迎えてくれます。

お水もあるので少し内側に座らせるなど、注意が必要なこともありますが我が家でも子供が一番興奮したのがこのアトラクションです。

小さなころ、一度は乗ったことのあるこのアトラクション。今、父と母になって自分の子供と乗れる事にまたいつもと違った感動を感じる事の出来るアトラクションの一つでもありますよ。
(※2018年4月15日にリニューアルオープン予定)

【子連れディズニーランド】アトラクション編③少し大きくなったら

少し大きくなったお子さんにお勧めなのはこちら!

【空飛ぶダンボ】
ファンタジーランド内公式マップ82番

大人気空飛ぶダンボは、少し大きくなってきてお子さんがアトラクションを楽しめるようになってきた家族さんにお勧めのアトラクションです。外で見ているよりも乗ってみると高く感じてスリルも楽しむことが出来ます。将来的にジェットコースター系に移行する練習もこっそり兼ねてお子さんの反応を見るのも楽しいです。

また、アトラクションわきにあるフォトスポットではダンボと写真を撮る事も出来ますので、是非チェックしてみて下さい。

ただし、アトラクションの利用制限の記載あり
*乗り物に一人で座って安定した姿勢を保てない方はご利用になれません。

【子連れディズニーランド】アトラクション編④これは安心

安心してアトラクションを楽しみたいならこちら!

【ウエスタンリバー鉄道】
アドベンチャーランド内公式マップ24番

赤ちゃんにも安心して乗る事の出来るアトラクションの一つ、ウエスタンリバー鉄道。パーク内をゆったりと列車に乗りながら、他のゲストの方やキャスト、キャラクター達に手を振ってもらいましょう。みんなに手を振るのが大好きな赤ちゃんにも大満足のアトラクションです。

昔からあるアトラクションなのでおじいちゃんおばあちゃんと行けば、お父さんお母さんが赤ちゃんだったころとリンクしたり、同じような写真を撮ったりして楽しんだりと2世代、3世代ディズニーランドを楽しむ方へもおススメです。

【子連れディズニーランド】アトラクション編⑤動物好きなら

動物大好き!なお子さんは多いはず!お子さんに迫力ある体験させたいならこちらがおすすめ!

【ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション】
アドベンチャーランド内公式マップ26番

物の認識が出来てくる赤ちゃんは大きな動物さんが大好き!動物園のように近くで見る事の出来るジャングルクルーズは小さな赤ちゃんだけでなく大人にも人気のアトラクション。中には驚いて泣いてしまう赤ちゃんもいますが、それも今だけの可愛らしい反応です。是非ビデオ片手に乗ってみて下さい。

【子連れディズニーランド】ファストパスを取るなら

子連れで長時間並ぶのはなかなか大変。でもファストパスは年齢制限の多いコースター系が多いんです。子連れで狙うファストパスはこちらがおすすめ!

【プーさんのハニーハント】
ファンタジーランド内公式マップ85番

こちらのアトラクションはファストパスを発券しています。スタンバイでは並びますが、ファストパスがあればかなりの時間短縮で乗る事が出来ます。

はちみつポットに乗ってプーさんと一緒に冒険に出かけましょう。特にティガーと一緒に跳ねるシーンではリンクして動く座先に子供たちは夢中になって喜びます。ビデオを撮る際にはここが狙いどころですよ。また、アトラクション終了後のおみやげ物もぬいぐるみなどが豊富に取り揃えていますので、子連れのお土産を選びやすいポイントでもあります。

ただし、アトラクションの利用制限の記載あり(公式MAPより引用)

*乗り物に一人で座って安定した姿勢を保てない方はご利用になれません。
◇お子様を膝に乗せた状態ではご利用になれません。

【子連れディズニーランド】赤ちゃんでも楽しめる①ミッキーの家

赤ちゃん連れならではの楽しみ方も是非攻略しましょう!ディズニーランドはアトラクションだけを楽しむ場所ではないんです。その空気全てがお楽しみポイント。ゆったり赤ちゃんとの時間を楽しむならこんな回り方がおすすめ!

【ミッキーの家とミート・ミッキー】
トゥーンタウン内公式マップ108番

ミッキーのお家へ遊びに行ってみましょう。インスタ映えNO.1と言っても過言ではない、ミッキーと写真を撮る事が出来るミート・ミッキーは、子連れ家族だけでなく、若者にも大人気!

エントランスでの撮影は背景に人が入ってしまったり時間がなかなか取れずにベストショットを撮れなかったりするもの。ここなら背景もとってもキュート。ディズニーランドの世界観そのままにミッキーとの写真を素敵に撮ってもらうことができます。年賀状など特別な写真にセレクトされる事も多いので、見た事があるという方も多いはず!?

【子連れディズニーランド】赤ちゃんでも楽しめる②パレードやショー

赤ちゃん連れならではのおすすめ攻略法その2

パレードやショーを攻略してみましょう!今までゆっくりショーを見る事がなかった若いパパやママが子連れで初めてゆっくり見た!なんていう方は実は多いようです。

コアなディズニーファンは、このパレードやショーのみを見る為だけに年間パスポートを取るという方もいるくらい、実はディズニーランドに欠かせないものなんです。

食事をしながらショーを見られるタイプはこちら

【ミッキーのレインボー・ルアウ】(予約制)
【リロのルアウ&ファン】(予約制)
【ザ・ダイヤモンドホースシュー・カンパニー・プレゼンツ“ミッキー&カンパニー”】(予約制)

予約制になっていますので、並ばずに座れて、食事も出来て、ショーもみる事が出来てという子連れには夢のようなプランです。お誕生日などのお祝いにという方も多いようです。

メインのお楽しみ 昼と夜のパレード

【アナとエルサのウィンターグリーティング】
(2018.1.11~2018.3.19)
シンデレラ城前で行われる昼のパレード

【ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス】
(2017.11.8~2017.12.25)
プロジェクションマッピングを使った夜のパレード


こちらは屋外のショーです。見ごたえ抜群ですが、最前列を狙うには早めの席取りをお勧めします。レジャーシートにブランケットを忘れずに持って行きましょう。

こちらのショーは季節や期間限定で変わりますので何度見ても楽しめます。カメラを夜景モードにセットして撮影する練習をしておくのがおすすめですよ。

【子連れディズニーランド】トゥーンタウンを攻略しよう

赤ちゃん連れならではのおすすめ攻略法その3

赤ちゃんや小さい子連れならトゥーンタウンの攻略という回り方がマスト!自由に動き回れるスペースは柔らかい素材で作られているので転んでも安心。ずっとベビーカーで飽きてしまった歩き盛りのお子さんにはここで気分転換がおすすめです。

踏んだり、引っ張ったりすると音が鳴る隠れスポットや、ワゴンのフードでちょっとしたおやつタイムに利用する方も多いです。

またトゥーンタウンではフォトスポットも充実しています。折角の思い出ディズニーランド、沢山歩き回ってご機嫌の我が子を是非シャッターに収めましょう!

【子連れディズニーランド】アトラクションの回り方と攻略法

ここまで、お勧めのアトラクションやお食事等をご紹介してきましたので、それらをどう回っていくと効率よく攻略できるか経験から編み出したオリジナルの回り方や攻略方法をご紹介したいと思います。

1、正面入り口からワールドバザールを抜ける道へ

ここで、ベビーカーを借りる方は借りたり、帰宅時は混んだりお子さんが愚図る事が多いので少量であればお土産を買ってしまうのもおすすめの回り方です。買ったものはベビーカーの下に入れてしまいましょう。

2、ファンタジーランドへ

ワールドバザールを抜けたらそのまままっすぐ突き当りまで「ファンタジーランド」へ行きましょう。一番遠い所からの攻略は無駄にあちこち歩くのを防げます。
上記でご紹介した、アリスのティーパーティー、イッツアスモールワールド、ダンボ等、午前中お子さんの機嫌が良い時に乗りたいアトラクションが沢山あるポイントですので一気に攻略出来るという回り方です。

3、ファストパスも欲張っちゃう!

上記2、のタイミングで二手に分かれるという回り方でファストパスも攻略しましょう。トゥーンタウン内にあるプーさんのハニーハントはファストパスを発行しています。ファンタジーランドと隣接していますので、大人一人が走っていける距離です。ファストパスがあれば、長時間並んでお子さんが愚図るのを防ぐことが出来ます。
ファンタジーランドでアトラクションに並んでいる間にファストパスを取りに行くのもおすすめです。

4、ランチはレストランでゆったり休憩タイム

午前中アトラクションを堪能したら混む前に早めのランチ。レストラン「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」でちょっと長めのランチタイム。カラフルな店内に可愛らしいお料理をたっぷり460席の座席でゆっくり休憩しながら頂きましょう。

子連れのディズニーランドは十分の休憩が攻略のポイント。レストランはピザやハンバーガーよりも割高になる事もありますが、ゆったりとしたレストランでしっかり休憩をとる事は午後からの攻略の鍵となりますので検討してみても良いと思います。

5、午後からはトゥーンタウンを攻略

休憩を充分に取ったら、午後からはお隣のトゥーンタウンへ。レストランの代わりにワゴンで軽食をとったり、自由にお子さんを遊ばせてあげたりする事が出来ます。ハニーハントのファストパスまでの時間つぶしにも近くてもってこいです。

沢山あるフォトスポットや、ミッキーの家とミート・ミッキーなど思い出の写真もここで大量に押さえておきましょう。年賀状や出産の挨拶状、お祝いのお礼状など赤ちゃんの頃は何かと写真も必要になるものですから、それも踏まえて普段なかなかとる事の出来ない家族写真を抑えておくのもおススメです。

【子連れディズニーランド】お泊り編

上記のように攻略する方法はあまり移動時間をかけずに堪能する方法ですが、その時の込み具合やもっと堪能したいという方には「お泊りディズニー」もおススメです。

系列の【ディズニーアンバサダーホテル】、【東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ】、【東京ディズニーランドホテル】はパークが混んでいても安心できる入園保証や、通常入園より少し早く入園(15分前)する事も出来、ファストパスも非常に取りやすい特典がつくなど、ディズニーランドをちょっと特別に楽しむことが出来る保証が沢山ついています。

また、子連れに嬉しい可愛いアメニティやパジャマも完備されていてお子さんに優しいプランが充実しています。特別な日の思い出にお泊りもいいですね。

お泊りはしないけれど、行ってみたいという方にはレストランにてアフタヌーンティーもやっていますのでチェックしてみましょう。

【子連れディズニーランド】困った時には

赤ちゃんや子連れの外出は予期せぬ出来事が起こる事がしばしばあります。それはディズニーランドでも同じ。急にお着替えが必要になってしまったり、お湯がほしくなったり…。そんな時の為にトゥーンタウン内にあるベビーセンターもチェックしておきましょう。

ミルクやオムツ、離乳食等必要なものを全て販売してくれていますし、お子様レストランのように食べる事もできます。おむつ替えもしやすいスペースを設けてくれてあり、ママの大きな安心になってくれるでしょう。きちんとしたスペースを設けてくれてあると、いざという時の為に安心してお出かけ出来ますね。

ちなみに、こちらの授乳室でママが授乳している間にパパがハニーハントでファストパスをゲットするという連係プレーが出来るのもこっそり伝えておきましょう。授乳室に入れないパパの頑張りどころですよ。

まとめ

いかがでしたか。子連れのディズニーランドは今までのディズニーランドの楽しみ方とは全く別物になるかもしれません。しかし、子連れだからこそ乗るアトラクションやレストランでのゆったりした過ごし方は今しかできない楽しみ方でもあります。ファストパスも上手に使った並び時間の短縮方法もあります。

準備や下調べをばっちりして、困った時にはベビーセンターにも頼って、今しかできない楽しみ方を満喫してみて下さいね。

ディズニーの楽しみ方についてもっと情報を知りたいアナタに!

ディズニーの誕生日シールの期間やもらい方!誰からもらうのがいい?
ディズニーチケットを日付指定なしで買うと入園できない日が?
東京ディズニーランドのお土産ぬいぐるみ特集!【おすすめ】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ