赤ちゃんはディズニーランド・シーにいつからいける?赤ちゃん連れ必見!

待望の赤ちゃんが生まれたら大好きなディズニーランド・ディズニーシーに連れて行きたい! そう思うママは多いのではないでしょうか?赤ちゃんを連れていつから外出できるか?ディズニーランド・シーでの赤ちゃんも楽しめる過ごし方は?徹底紹介していきます。

赤ちゃんはディズニーランド・シーにいつからいける?赤ちゃん連れ必見!のイメージ

目次

  1. 赤ちゃんはディズニーランド・シーにいつからいける?
  2. 赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?
  3. 赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?①新生児は?
  4. 赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?②生後1~2ヶ月
  5. 赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?③首がすわったら
  6. 赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?④生後6~7ヶ月
  7. 赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?⑤生後8~10ヶ月
  8. 赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?⑥生後1歳前
  9. 1歳の誕生日にディズニーデビューする子が多い?!
  10. 1歳・2歳赤ちゃんのディズニーランド・シーの楽しみ方
  11. 1歳・2歳の赤ちゃんに必要な持ち物って?
  12. 赤ちゃん連れディズニーランド・シー。ベビーカーがレンタル出来る!
  13. 1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめる場所は?【ディズニーランド】
  14. 赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーランド】
  15. 1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション【ディズニーシー】
  16. 赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーシー】
  17. ”身長制限なし”でファストパスを取れる!アトラクション
  18. 絶対にチェック!”ベビーセンター”
  19. ベビーセンターでもらおう!
  20. 家族でベビーグッズ売り場に行こう!
  21. ネットでチケットを購入しよう!
  22. 空いてる日にち・時間を狙おう!
  23. まとめ

赤ちゃんはディズニーランド・シーにいつからいける?

待望の赤ちゃんが生まれたら、早速色々な所連れて
お出かけしたいのがママや家族の気持ちですよね。

我が子には沢山の風景を見せてあげたいものです。

今回はお出かけ先の中でも
大人気の「ディズニーランド」と「ディズニーシー」
について赤ちゃんが楽しめる嬉しい情報を紹介していきます。

貴重なディズニー時間が
家族の素敵な思い出になりますように。

赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?

そもそも生まれたばかりの赤ちゃんは
いつから外出可能なのでしょうか?

いつからディズニーランドなど遠出が出来るでしょうか?

首が据わったら、
キャラクターを認識出来たら、
歩けるようになったら、など。

赤ちゃん連れでどこまで楽しめるかを紹介していきます。

赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?①新生児は?

”新生児”とは一般的に
生後28日未満の赤ちゃんのことを指します。
約1ヶ月ですね。

新生児は外の世界に慣れていないので
基本的にお家の中で過ごすようにしましょう。

体温調節を自力でするのがまだ難しい時期ですし、
免疫力もしっかり備わっていません。
負担を減らすためにも、新生児のうちは外出をなるべく避けてあげましょう。

■参考記事:赤ちゃんの外出はいつからOK?コチラも参照!

産後の外出はいつからしていい?赤ちゃんと外出する時の注意点は?

赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?②生後1~2ヶ月

生後1ヶ月の時に、
“1ヶ月検診”として外出デビューする赤ちゃんが多いのではないでしょうか?

しかし赤ちゃんにも
産後のママの身体にも大きく負担がかかる時期なので、
ディズニーなどの遠出や人混みは避けた方がいいでしょう。

2ヶ月頃からは軽い外出はおすすめですが、
長時間の外出は赤ちゃんにとってはまだ負担が大きいです。

近所をお散歩程度が無難でしょう。

赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?③首がすわったら

”首が座る”とよく言いますが
いつから首が座るのでしょうか?


一般的には3ヶ月頃からです。

首がすわると赤ちゃんにとって危険が少なくなりますし、
ママにとっても抱っこが楽になったと感じることがあります。

生後5ヶ月が終わる頃には完全に首がすわっているでしょう。

首がすわってくれば外出が楽になりますが、
抱っこひもやベビーカーを活用しましょう。

また首がすわっていても
免疫力が弱い、疲れやすいことに変わりはないので
”日中だけ”など赤ちゃんの様子に合わせて外出時間を決めてあげましょう。

■参考記事:赤ちゃんの目はいつから見える?コチラも参照!

赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?

赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?④生後6~7ヶ月

生後5ヶ月頃になると昼寝のリズムが大体定着してきたり、
5、6ヶ月なると離乳食を始めて良い頃です。

一般的に首・腰が座った6ヶ月頃から
離乳食デビューをする赤ちゃんが多いようです。

離乳食が始まっても初期のうちは、
母乳・ミルクもあげていくので授乳ケープや哺乳瓶を
外出先に忘れず持って行きましょう。

また、6ヶ月過ぎたあらりからは
ママからもらった免疫力が低下する時期でもあるので、
長時間の外出は避けたり、防寒や温度調節をしっかりするなど
赤ちゃんが感染しないように十分注意をしましょう。

赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?⑤生後8~10ヶ月

生後8ヶ月になると
周りのことに興味をさらに持ち始め、ずりばいを始めたり
ハイハイやつかまり立ちが出来るようになる子もいるようです。

個人差があり成長スピードは様々ですが、
ママも赤ちゃんの成長と一緒に
外出を楽しめる時期になるのではないでしょうか。

好奇心旺盛になるのと同時に
自己主張が出てきて”言うことを聞いてくれない”と思う場面があるかもしれません。
お気に入りのおもちゃを必ず持って行きましょう。

感情表現が豊かになりぐずることもあるので
あやせるおもちゃがあると安心ですよ。

まだ完全に1人座りが出来ない場合は
乗れるアトラクションがとても少ないと思った方がいいでしょう。

ママの気分転換に、家族の思い出作りに、
程度にディズニーに出かけるくらいのスタンスがいいかもしれません。

赤ちゃんいつからディズニーランドに行ける?⑥生後1歳前

10ヶ月を超え1歳手前になると
歩き始める子もいると思います。

一般的に1歳前後が歩く目安と言われていますね。
つたい歩きが出来るようになったり、歩けるようになると
赤ちゃん自身もストレス発散になって楽しいですし、
1歳前後にはキャラクターの認識をしているので
家族で楽しめますね。

特にトゥーンタウンなどの
ミッキー、ミニーのお家で遊んだり、
キャラクターとの写真撮影やパレードを見るなど
赤ちゃんが楽しめる要素を中心に回ると良いですね。

1歳の誕生日にディズニーデビューする子が多い?!

1歳になると感情表現がより豊かになり、
パーク内をよちよち歩き出来るようになる子もいると思います。

また「ママ」や「パパ」など意味のある言葉を
1つか2つ言えるようになる時期です。

周りのことにより強く興味を持つので
キャラクターに会いに行ったりしても楽しめるでしょう。

ちょうど1歳の誕生日付近で
ディズニーデビューをする子は多いようです。

1歳・2歳赤ちゃんのディズニーランド・シーの楽しみ方

ここでは1歳・2歳頃の赤ちゃんの
ディズニーランド・シーの楽しみ方を紹介していきます。


まず、1歳の赤ちゃんを連れてディズニーに行くなら
事前に予定をしっかり立てましょう!

どのアトラクションに乗るか、
ご飯はどこでするか、休憩所はどこか
パレードの時間や何時まで滞在するのか、アトラクションの待ち時間は、など
下調べをしましょう。

①下調べをして予定を立てる
②乗る(乗れる)アトラクションを決めておく
③ファストパスを使う
④eチケットを利用する
⑤防寒、熱中症対策をする
⑥ベビーセンターを活用する
⑦写真を撮る
⑧キャラクターに会いに行く
⑨トゥーンタウンで遊ぶ
⑩ディズニーらしい装いをする
⑪ポップコーンを買う
⑫荷物は最小限に

などです。

詳しく解説します。

1歳・2歳の赤ちゃんに必要な持ち物って?

1歳・2歳の赤ちゃんの持ち物は多くて大変ですが、
ママの負担になってしまうので
荷物は最小限にして当日は楽しみましょう。

1歳・2歳の赤ちゃんの持ち物を紹介します。

1歳・2歳の赤ちゃんの持ち物

1歳・2歳の赤ちゃんの持ち物のまとめです。


【1歳・2歳のお子様の持ち物】

①着替え(食べこぼしやお漏らしのトラブル用に)
②除菌シート(ポップコーンなど手づかみするとき役立ちます)
③おしりふき
④防寒(夏なら熱中症対策)出来るもの

1歳未満の赤ちゃんは上記に加えて
厳選して荷物を持っていきましょう。

【1歳未満の赤ちゃんの持ち物】
①おむつ
②おむつを入れるゴミ袋
③おむつ替えシート
④スタイ
⑤タオル
⑥抱っこひも
⑦授乳ケープ(母乳の場合)
⑧ほ乳瓶・粉ミルク(ミルクの場合)


ディズニーでは、ミルクを飲むお子様向けに
お湯がもらえます。
場所はベビーセンターです。

ベビーセンターは、お子様用のスプーン・お皿がもらえたり
離乳食や紙おむつを販売しています。
重たい荷物はママが大変なので、荷物は極力少なくして行きましょう。

パーク内にコインロッカーが設けてありますので、
持ち歩く荷物は最小限にしましょう。

赤ちゃん連れディズニーランド・シー。ベビーカーがレンタル出来る!

まだ歩けない赤ちゃん、
よちよち歩きを始めた赤ちゃん、
歩けるけどお昼寝をさせたい赤ちゃん、
1歳前後は成長が様々ですが
ディズニーランド・ディズニーシーでは
1,000円でベビーカーのレンタルが出来ます。

必要に応じてレンタルを利用するのは1つの手ですね。

赤ちゃん連れディズニー!ベビーカーのレンタル場所は?

【ディズニーランドのベビーカーレンタル場所】
・正面入り口を入って右端の窓口で申し込めます。

【ディズニーランドのベビーカーレンタル場所】
・正面入り口を入って左端です。

・B型タイプのベビーカー(1人乗り)1,000円
・生後7ヶ月以上の1人座り出来るお子様対象

1度退園のために返却したベビーカーは
同日であれば再入園時に再貸し出しを受けることが出来ます。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめる場所は?【ディズニーランド】

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるアトラクションを紹介します。


まず、「問題なく楽しめそうなアトラクション」です。

【ディズニーランドのアトラクション】

・ミッキー・ミニーの家
・グーフィーのペイント&プレイハウス
・ドナルドのボート
・トゥーンパーク
・シンデレラのフェアリーテイル・ホール
・蒸気船マークトウェイン号
・イッツ・ア・スモールワールド
・ウェスタンリバー鉄道
・ペニーアーケード

などです。

お子様がどのようなアトラクションに興味があるのか
下調べしてみて下さいね。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション

次に
「暗くなったり、少し動きが激しくても大丈夫なお子様に
おすすめのアトラクション」を紹介します。

【ディズニーランドのアトラクション】

・プーさんのハニーハント
・ジャングルクルーズ
・バズライトイヤーのアストロブラスター
・ホーンデットマンション
・パイレーツ・オブ・カリビアン
・ピーターパン空の旅
・ジャングルクルーズ
・白雪姫と七人のこびと
・オムニバス
・キャッスル・カルーセル
・空飛ぶダンボ
・ミートミッキー
・ミッキーのフィルハーマジック
・スティッチ・エンカウンター
・グランドサーキット・レースウェイ
・ピノキオの冒険旅行

などです。

お子様によっても
良く反応するものや怖がるものなど、好みが様々です。

よく計画をして選んで下さいね。

最後に
「少し動きが激しめなもの」をまとめます。

【ディズニーランドのアトラクション】

・アリスのティーパーティー
・空飛ぶダンボ
・ピノキオの冒険旅行
・ロジャーラビットのカートゥーンスピン
・グランドサーキット・レースウェイ
・スタージェット
・モンスター・ズインク”ライド&ゴーシーク!”

です。
中には楽しめる子もいると思いますので、ご検討下さい!

年齢制限がなくとも
”補助なしで座れる必要あり”となっています。

最終判断はキャストさんになると思うので、
心配な方は並ぶ前に乗れるかどうか確認をしておきましょう。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション

特におすすめのディズニーランドのアトラクションを
いくつかピックアップしていきます!

お子様の興味のあるものや性格などによって
乗れるアトラクションは様々ですね。
何に興味があるか探ってみて下さいね。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション①

①ミニーの家

お部屋が可愛いですし
触れると楽しいアクションが起きたりして
よちよち歩き出来るお子様であれば楽しめます。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション②

②グーフィーのペイント&プレイハウス

グーフィーおお部屋をペンキ噴射装置で
模様替えをします。
色付けしたい家具などに噴射する、簡単な操作です。

参加するお友達皆で、力を合わせて模様替えをしていきます。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション③

③キャッセルカルーセル

シンデレラのフィナーレをモチーフに
白馬が可愛いメリーゴーランドです。

夜の景色も素敵ですよ。

また、お子様を膝に乗せた状態では利用出来ず、
乗り物に1人で座って安定することが乗り物に乗れる条件です。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション④

④イッツ・ア・スモールワールド

中には怖がる赤ちゃんもいるようですが、
ゆったりとした動きで激しくなく安心です。

曲「小さな世界」を知っているお子様であれば口ずさんだりして
楽しめるのではないでしょうか。

【2017年3月1日(水)~2018年4月14日(土)までリニューアルのため
クローズしています。】
要注意!!

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション⑤

⑤トゥーンパーク

トゥーンパークはトゥーンタウン内にある小さな公園です。
ミッキーが子供達のためにつくったもの。

登ったりくぐったり、安心させて遊ばせられそうです。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション⑥

⑥ドナルドのボート

ドナルドの船「ミス・デイジー号」に入って遊べます。
覗いたり、パネルを押すとホーンが鳴ったり光ったり、
小さなお子様でも分りやすく遊べます。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション⑦

⑦ペニーアーケード

アメリカの昔ながらのゲーム機が揃います。
クレーンゲーム・ピンボール・野球ゲームが楽しめます。
アンティーク調な室内が可愛いですね。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション⑧

⑧蒸気船マークトウェイン号

3階建ての蒸気船に乗って、アメリカ1周旅行がコンセプトです。
夜に乗っても景色が綺麗でおすすめです。

1階であればベビーカーのまま乗れるので、
お子様をお昼寝させるのもいいでしょう。

2・3階に行きたい方は抱っこで乗って下さいね。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるおすすめアトラクション⑨

⑨シンデレラのフェアリーテイル・ホール

シンデレラのお話にまつわった可愛い展示品が並びます。
可愛いや椅子などが飾られていて、写真を撮るのにもいいですね。

赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーランド】

食事は赤ちゃんだけでなく、
大人を含めて”家族で楽しめる”ということが大事ですよね。

①お子様メニューがある
②お子様の前かけ・イスがある
③キャラクターに会える

ことを条件に、大人も楽しめるレストランを紹介します。

予約をして計画的に楽しんで下さいね。

赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーランド】①

①クリスタルパレス・レストラン

世界各国の様々な料理でブッフェスタイルです。
朝食の時間帯であれば、ディズニーキャラクターがテーブルに
挨拶にやってきます。

赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーランド】②・③

食事と一緒に
ディズニーキャラクターのショーを楽しめるレストランです。
どちらもランチショーとディナーショーが予約出来ます。

②ザ・ダイヤモンドホースシュー
ウエスタンスタイルの料理。

③ポリネシアンテラス・レストラン
ポリネシアン料理。

1歳・2歳の赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション【ディズニーシー】

1歳・2歳の赤ちゃん連れで一緒に楽しめるアトラクション。

【ディズニーシーのアトラクション】
・ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
・ヴェネツィアン・ゴンドラ
・タートル・トーク
・ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
・トイ・ストーリー・マニア!(乗り物に1人で乗って安定した姿勢を保つことが必要)
・ビッグシティ・ヴィークル
・キャラバンカルーセル(メリーゴーランドです)
・マジックランプシアター
・ブローフィッシュ・バルーンレース
・マーメイドラグーンシアター
・ワールプール(コーヒーカップです)
・海底2万マイル
・ダッフィーグリーティング記念撮影
・シェリーメイグリーティング記念撮影
・アリエルグリーティング記念撮影
・シンドバッドストーリーブック

などです。

赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション~ディズニーシー~①

①ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

ディズニーシーならではの
蒸気船が海上を進むアトラクションです。
ベビーカーで乗れるので、ママが安心ですし
赤ちゃんのお昼寝タイムにもいいかもしれません。

赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション~ディズニーシー~②

②ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

ベビーカーにまま利用可能です。
移動手段としても使えますね。
電車が好きなお子様は喜ぶのではないでしょうか。

赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション~ディズニーシー~③

③タートル・トーク

赤ちゃんを抱っこしたまま観れるので安心です。
内容も面白いので家族で一緒に楽しめますね。

赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション~ディズニーシー~④

④アリエルのプレイグランド

歩くことが出来れば、
迷路や洞窟を散策出来る楽しい遊び場です。
大人も子供もウキウキしてしまうでしょう。

赤ちゃん連れで楽しめるアトラクション~ディズニーシー~⑤

⑤ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル

アトラクションではありませんが、
グーフィー、ミッキー、ミニーなどど写真撮影が出来ます。

カメラマンによる有料サービスもあり楽しめますよ。

赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーシー】

赤ちゃん連れでも、”家族で楽しめる”
ディズニーシーのレストランを紹介します。

どちらもキャラクターに会えるレストランです。

混み合っても大丈夫なように
予約をしておきましょう。

赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーシー】①

①ホライズンベイ

ミッキー・ミニーなどのキャラクターが
近くまで来てくれます。


”ディズニーキャラクターダイニング”というエリアでないと
食事中席まで来てくれないので、気を付けて下さい。

ハンバーグ、グリルドビーフなどの食事で、
店内は海を感じるような雰囲気があります。

メニューが紙に書かれており、
セレクトチョイス式で自分の好きなものを選びます。
大人とは違う子供用のメニューがあります。

赤ちゃん連れの家族で楽しめる”レストラン”【ディズニーシー】②

②ケープコッド・クックオフ

ショー「マイ・フレンド・ダッフィー」を観ながら
食事を楽しめます。
ショーではダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、
ミッキー・ミニーなどが登場します。

ハンバーガー、サンドウィッチ、スウィーツなどが
食べられます。

”身長制限なし”でファストパスを取れる!アトラクション

赤ちゃん連れで長時間列に並ぶのは
つらいですよね。

そだけでママにも赤ちゃんにもストレスだと思います。

ファストパスを大いに活用しましょう。

身長制限なしでファストパスを取れるアトラクションを紹介します。

【ディズニーランド】だと
・プーさんのハニーハント
・バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
・モンスター・ズインク”ライド&ゴーシーク!”
・ホーンテッドマンション

【ディズニーシー】
・マジックランプシアター
・マーメイドラグーンシアター
・海底2万マイル

が、身長制限なしでファストパスが使えます。

絶対にチェック!”ベビーセンター”

家族でディズニーに行くに当たって
必ず場所や内容をチェックしておきたいのが”ベビーセンター”です。

ベビーセンターでは主に、
おむつ替え、お着替え、授乳、食事、離乳食、お手洗い

などが出来る施設を完備しています。

ベビーセンターはディズニーランド・シーに共に2つずつあり、
設備が大変素晴らしいです。

清潔感・キャストの対応・可愛さ
どれも満足出来るのではないでしょうか。

ベビーセンターでは何が売っているの?

ベビーセンターでは
・紙おむつ(その他の場所でも購入出来る)
・おしりふき
・ウェットティッシュ
・調乳用お水(ペットボトル)
・粉ミルク(キューブタイプ)
・ベビー用おやつ
・ベビー飲料
・離乳食
・ガラスほ乳瓶
・日焼け止め(子供用の肌に優しいもの)
・ベビーカー用レインカバー
・お子様用パンツ

などが販売されています。
荷物は最小限にして、足りなくなったら買うと良いでしょう。

また、水道水を1度沸騰させた70度以上のお湯を
用意しています。

”ベビーセンター”の場所

【ディズニーランド】では

①ディズニーランドベビーセンター→ワールドバザールの右手奥。(入り口入って右です)
②ディズニーランド・トゥーンタウン・ベビーセンター→ロジャーラビットのトゥーンスピンの隣。(トゥーンタウン内です)

の2カ所です。

【ディズニーシー】では
①メディテレーニアンハーバー(入園して海が見えたところの、右手にあります)
②アメリカンウォーターフロント(タワーオブテラーの左手にあります)

の2カ所ありますが、
シーの「アメリカンウォーターフロント」にある授乳室では
他のベビーセンターのようにお湯の提供や、ベビーフードの提供はありません。
授乳室としてのみ使えるので、ご注意下さい。

それぞれ、
ベビーセンターの場所は事前に把握しておくといいですね。

ベビーセンターまでとにかく可愛い!

ベビーセンターまでとにかく可愛いところは
さすがディズニーですね。

思わず写真を撮りたくなってしまいます。

ベビーセンターでもらおう!

パークデビューの記念に
名前入りのシールがもらえます。

「初めてパークに来た」とキャストに伝えて下さい。

とっても可愛いですよね。

家族でベビーグッズ売り場に行こう!

帰り際には
家族でベビーグッズ売り場に寄りましょう!

ベビーグッズ売り場には可愛い商品が沢山です。
普段はママがお買い物をしていても
家族皆で楽しく選んで可愛い赤ちゃんグッズをゲットして下さいね。

お家に帰ってからも思い出に浸れますね。

家族でベビーグッズ売り場に行こう!場所は?

ベビーグッズが買える主な場所です。

【ディズニーランド】
・ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム
・プーさんコーナー

【ディズニーシー】
キス・デ・ガール・ファッション

シーの「キス・デ・ガール・ファッション」では豊富に
ベビーグッズを取り揃えています。

その他は専門店ではないので
品揃えは少なめな場合があります。

おもちゃを多く取り扱っている場所を紹介します。

【ディズニーランド】
トイ・ステーション

【ディズニーシー】
エンポーリオ

です。
舞浜駅の近くにある「ボン・ヴォヤージュ」でも
おもちゃの取り扱いがあります。

ネットでチケットを購入しよう!

赤ちゃん連れだと少しでも
パパ・ママの負担を減らしたいものです。
ネットで買えるチケットは、日付指定券を事前に買うことが可能で、
朝チケット売り場に並ぶ必要がありません。

受取方法
①自宅で受け取る方法だとプリンターが必要ですが受け取り無料。
②配送の場合だと、配送料390円です。

いつから購入可能なのか?
①自宅で受け取る場合→当日~2ヶ月先
②配送の場合→7日後~2ヶ月先

入園がスムーズになるのでぜひ利用してみて下さい。

空いてる日にち・時間を狙おう!

どうしても土日・祝日のディズニーは
平日よりも大変混んでしまいます。

なるべくならば
①平日の
②イベントがかぶってない日
を狙いましょう。

また、比較的人の少ないトゥーンタウンで遊ばせたり
30分以内に乗れるアトラクションだけを選ぶなど、
日にちや並ぶ時間を工夫することは大切ですね。

まとめ

ディズニー好きな人であれば
我が子を連れてディズニーデビュー早くしたいと思いますよね。

・5ヶ月頃(首が座る時期)には外出可能ではありますが、免疫力が弱い
・ウイルス感染・防寒・熱中症対策など様々なリスクがある
・5ヶ月以前の年齢だと、遠出は避けて近場のお散歩程度に済ませれたらよい

・授乳をしている場合は特にお世話することが中心になりがち
・それを踏まえて行きましょう。

・完全に1人座りが出来るようになると乗れるアトラクションが増える
・よちよち歩くことが出来れば遊べる範囲がさらに広がって楽しめる

それを踏まえると、1歳頃からがアトラクションを含んだディズニーを
楽しめる時期と言えるかもしれません。

・2歳になると少し激しく揺れるアトラクションが乗れるようになってきて
さらに楽しめる幅が広がる


年齢がいくつにせよ、ウイルス感染には気を付けて
防寒・熱中症対策をしっかりしながら
夢の国を大いに楽しんで下さいね。

ママと赤ちゃん、家族にとって
素敵な1日になりますように。

ディズニーの楽しみ方についてもっと情報を知りたいアナタに!

ディズニーランドの子供料金はいくら?
ディズニーランドの写真スポットおすすめ75選!撮り方も解説!
ディズニーシーの写真スポットおすすめ7選!カップル必見!
ウォルトディズニーワールドホテルのホテルおすすめ11選!
人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ