産後の生理再開はいつから?量や再開の兆候は?【2人目が欲しい】

出産すると悪露が続きますが、悪露が終わるとしばらく生理はやってこないですよね。でも2人目が早く欲しい人にとっては、産後に生理が再開しないと妊娠できません。産後の生理再開は一体いつからが目安になるのでしょうか?この記事ではその兆候や目安などについてお伝えします。

産後の生理再開はいつから?量や再開の兆候は?【2人目が欲しい】のイメージ

目次

  1. 産後の生理の再開はいつからなのでしょうか?!
  2. 産後に生理が止まる理由はホルモンが関係!!
  3. 【産後の生理再開いつから】産後2か月で生理が再開する人も!
  4. 【産後の生理再開いつから】産後1年半以上たってからの人も!
  5. 【産後の生理再開】産後の生理再開は個人差が大きい!!
  6. 産後の生理再開には兆候があるの?!
  7. 産後の生理再開の目安は離乳食?!
  8. 産後の生理再開!量が変わった?量や周期は安定しない?!
  9. 産後になかなか生理が再開しない!!問題はあるの?!
  10. 産後の生理再開が遅れた時の受診の目安
  11. 産後の生理再開の遅れはストレスや睡眠不足なども原因に!!
  12. 産後の生理再開を早めるのは夫婦生活?!
  13. 2人目が欲しい!産後の生理再開を早めることはできるの?!
  14. 産後の生理再開する前に妊娠!どうして?!
  15. 生理は面倒くさいものですがやはり再開しないと困ります!

産後の生理の再開はいつからなのでしょうか?!

出産をすると、産後は1ヶ月ほど悪露が続きますが、1ヶ月間の悪露が終わると、生理が数ヶ月間はやってきませんよね。

一般的に、産後に生理が再開するのは、出産後いつからになるのでしょうか。

面倒くさい生理が出産後にはしばらく止まるので、ラッキーと思っている人もいるでしょうが、すぐに次の妊娠をしたいと思っている人にとっては、ちょっとヤキモキするところですよね。

一般的には次の子供を出産するのには、数年間を空けたほうがいいと言われていますが、中には年齢を分けずに次の子供が欲しいと思っていると夫婦もいることでしょう。

当然、出産後に生理がやってこなければ次の妊娠もできません。

ということで、この記事では産後の生理の再開がいつからになるのかといったことについてお伝えしていきたいと思います。

産後に生理が止まる理由はホルモンが関係!!

まず、出産後にどうして生理が止まってしまうのか、その理由についてご説明しましょう。

出産後には、すぐに母乳を分泌させるためにプロラクチンというホルモンが分泌されるようになります。このプロラクチンというホルモンには、母乳を分泌させるほかに、卵巣の機能抑制して排卵を止める作用もあります。

授乳期の一番お母さんの手のかかる時期の赤ちゃんがいる時に、体に負担のかかる妊娠をしないように、うまく体の方で制御してくれてるのですね。

このプロラクチンというホルモンは、赤ちゃんが母乳を飲めば飲むほど、おっぱいを吸う刺激によって分泌されるので、赤ちゃんに授乳をしている間は、排卵が来なくなって生理が止まったままになります。

■参考記事:産後の出血はいつまで?コチラも参照!

産後の出血はいつまで?悪露で鮮血がでたら注意?量の変化は?

【産後の生理再開いつから】産後2か月で生理が再開する人も!

ここで気になるのは産後の生理の再開。それは一体いつからになるのでしょうか。

産後に生理が止まるのは、授乳していることが一番大きく関係してきます。だから、母乳を与えていない人は、母乳で育児をしている人よりも早く生理が再開する傾向があります。

出産直後から母乳を与えずに、ミルク育児で赤ちゃんを育てている場合には、産後1ヶ月の悪露が終わって、翌月の産後2ヶ月目には生理が再開するという人もいます。

■参考記事:産後1ヶ月、1ヶ月半での生理再開は問題ない?コチラもチェック!

産後1ヵ月や1ヵ月半で生理再開は問題ない?

【産後の生理再開いつから】産後1年半以上たってからの人も!

それでは、母乳育児をしている人の産後の生理再開はいつからなのでしょうか?!

母乳育児をしている人の場合には、ミルクだけで育児をしている人よりもかなり生理の再開が遅くなる傾向にあるようです。

中には産後1年半以上経ってからようやく生理が再開するという人もいます。

【産後の生理再開】産後の生理再開は個人差が大きい!!

出産経験がある人に、産後のいつから生理が再開したのか質問してみると、母乳をあげている人でも、出産後半年ほど経ってから始まるという人もいます。

ただ、出産後の生理の再開というのは、とても個人差が大きいものです。

生まれた時からミルクオンリーの子育てをしている人でも、出産後、半年ほど生理が再開する人もいますし、母乳をあげている人でも、出産後、半年で生理が再開する人もいます。

かと思えば、出産後2年以上経っても生理がやって来ないという人もいます。


だから他の人が再開したのに、自分はまだだ、と思っても個人差が大きいのだからほとんどの場合には心配はありません。

出産後1年半以上経っても生理がやって来ない場合には、母乳を続けていたとしても、何か体調に問題がある可能性があります。

2人目を妊娠していないのに、出産後1年半経っても生理がやって来ない場合には、病院の産婦人科で診察をした方がいいでしょう。

産後の生理再開には兆候があるの?!

出産後1ヶ月の間は、悪露が続きます。悪露の最後の方は、生理の終わりかけのような状態がしばらく続くので、生理用のナプキンやおりものシートを使う人も多いことでしょう。

しかし、悪露が完全に終わると、しばらく生理が止まります。だから、生理の再開に備えて生理用品を用意しておくことを忘れてしまう人もいます。

そんな時に、突然生理が再開してしまうと困ってしまいます。産後の生理の再開には何か兆候というのはないのでしょうか。

妊娠前でも、生理の前の兆候に生理前症候群で何らかの体調の変化を感じた人が多いことかと思います。

産後に生理が再開するときも、同じような兆候が見られます。

産後に生理が再開するときに見られる兆候



具体的に産後に生理が再開する時の兆候としては次のような症状が見られます。

体の症状に出る兆候
・頭痛
・手足の冷え
・体のだるさ

精神面での症状に出る兆候
・急に悲しくなったる
・急にやる気がなくなる

食の変化に出る兆候
・妙に空腹感を感じる
・甘いものが食べたくなる

産後の体調不良と生理再開の兆候の見分けがつかないことも!


ただし、出産後の産後の肥立ちが悪い場合や、育児に追われて寝不足が続いていたり疲れていたりする時には、常にこのような症状に襲われている人もいます。

産後に特有の疲れの症状なのか、生理前症候群の兆候なのか見分けがつかないことも多いので、産後約1ヶ月の悪露が終わった後も、一応生理用品はすぐに出せるところに用意しておいた方がいいでしょう。

産後の生理再開の目安は離乳食?!

出産後に生理が止まる理由には、母乳をあげていることが大きな影響があるとお伝えしました。しかし、母乳をずっとあげているお母さんでも、産後半年くらいで生理が再開する人もいます。

母乳をあげていても生理が再開するというのは、一体どのような理由なのでしょうか。

注入を促すホルモンであるプロラクチンは、おっぱいをあげる量に比例して分泌量が決まってきます。そのために、離乳食が始まって、徐々におっぱいをあげる量が減ってくると、プロラクチンの分泌量も減ってきます。


昔と違い今は栄養状態もとても良いので、離乳食の量が増えて、おっぱいの量が減ってくると、完全に授乳が終わらないうちに生理が始まることもあります。

いつから生理が再開するのかというのは、個人差が大きいものですが、離乳食が始まったら1ヶ月経たなくても、いつ再開してもおかしくないと思って生理が再開してもいい用意を始めておきましょう。

■参考記事:母乳はいつまで出るの?コチラも参照!

母乳はいつまで出るの?卒乳・断乳後にいつ止まる?

産後の生理再開!量が変わった?量や周期は安定しない?!

出産後に生理が再開した時には、生理の量や期間が妊娠前とは変わるという人も多いものです。

量や期間が変わるのは、妊娠出産によって子宮の中の環境が大きく変わったり、ホルモンのバランスが大きく変わったことが原因と言われています。

生理の量が増えたり減ったり、期間が短くなったり長くなったり、生理と生理の間の生理周期が変わったりと、産後はしばらくの間生理不順の状態が続くことが多いものです。

産後に再開した生理がしばらく量や期間が安定しなくてもあまり気にしなくて大丈夫でしょう。

また、産後には、生理と生理の間に少量の排卵出血が起こることもあります。1ヶ月に何度も出血があると不安になりますが、排卵出血は2、3日で終わることが多いので、あまり心配しなくても大丈夫です。

ただし、出血があまり無理にも長く続く場合には不正出血の可能性があります。病院で診察をしてもらいましょう。

また、生理の色や量に何か変化を感じた時には、一度病院で診察をしてもらったほうがいいでしょう。

産後になかなか生理が再開しない!!問題はあるの?!

産後に生理がいつから再開するのかというのは、個人差が大きいとお伝えしました。

生理は女性としては来なければ来ないで楽をすることができるのですが、2人目の妊娠を考えている人の場合には、生理が再開しないと妊娠をすることもできません。

生理の再開が遅れると妊娠できないこともありますが、あまりも長い間、生理の再開が遅れる場合には、何らかの病気が隠れている場合もあります。

生理の再開が遅れる時には必ず病院を受診したほうがいいでしょう。

産後の生理再開が遅れた時の受診の目安

授乳が続いていても産後1年半を過ぎた、もしくは断乳から3か月以上生理が再開しない時には、何らかの病気が隠れていることがあるので、病院で診察を受ける必要があります。

生理が再開してもおかしくないのに生理が再開しないということは、プロラクチンの分泌が多すぎて、排卵障害を起こす「高プロラクチン血症」を起こしている可能性もあります。

高プロラクチン血症が起こる原因には、脳下垂体の腫瘍や、甲状腺の機能障害といった厄介な病気が考えられますので、早めの診察が必要になります。

また、生理が再開してもおかしくないのに、生理が再開しない原因には、薬の影響などでホルモンバランスが崩れていることもあります。産後1年半、もしくは断乳後3か月経っても生理が再開しない時には、産婦人科で診察を受けるようにしましょう。

産後の生理再開の遅れはストレスや睡眠不足なども原因に!!

産後に生理の再開が遅れる原因には、ストレスや睡眠不足なども考えられます。

妊娠する前でも、ストレスや生活のサイクルが乱れることで、ホルモンのバランスが崩れると、1ヶ月に何度も生理がきたり、何カ月も来なかったりと生理の周期が変わることはよく起こることです。

ましてや出産後というのは、慣れない育児にてんやわんやしてしまい、どうしても寝不足になってしまいます。

また、1歳を過ぎて自分で歩いて動けるようになると、一時も目を離すことができなくなってしまいます。

ただ、出産後1年半以上たっても生理が再開しない時には、ストレスがたまっているから仕方がないと自分で判断をしないで、一度病院で調べてもらうようにしましょう!!

産後の生理再開を早めるのは夫婦生活?!

出産後に夫婦生活が多いと、生理の再開が早くなるという人がいますが、これは本当のことなのでしょうか。

早い人だと、1ヶ月検診で病院の先生から問題ないと太鼓判を押されたら、出産後、2、3ヶ月から夫婦生活を再開させる人もいるようです。しかし夫婦生活を早く始めて、回数が多いからと言って、これで生理の再開が早くなるということは全くありません。

出産後の生理の再開を決めるのは、夫婦生活ではなく授乳です。ここまでお伝えしてきたように、病気やストレスといった生理の再開が遅れる原因が他になければ、母乳の量が多ければ生理の再開が遅れますし、母乳の量が少なければ生理の再開が早まります。

夫婦生活が多いと生理の再開が早くなるというのは、ある意味都市伝説だといいのではないでしょうか。

2人目が欲しい!産後の生理再開を早めることはできるの?!

早めに2人目を産みたいと考えている夫婦の場合には、生理が再開したらすぐにでも妊娠したいと思っている人もいるでしょう。

一般的には2人目の子供は、数年あけたほうがいいと言われています。というのは、年子の兄弟なら、幼稚園や保育園に入るまでの手のかかる時期はまるで双子を育てているように大変になるからです。

しかし2人目の年齢が上の子と空いていないと、幼稚園や保育園、学校に上がってしまえばお母さんは一気に手がかからなくなり、楽になります。

お母さんが正社員でお仕事続けたい場合などには、多少子供が小さいうちには手がかかって大変でも、産休や育休をまとめて取ってしまいたいと思う人も多いようです。

そんな人にとっては、早く生理を再開させて、2人目の妊娠を急ぎたいと思うものですよね。

早く整理を再開させて、2人目は早く妊娠したいと思う時には、まず大切なことは母乳を止めることです。

母乳を止めて、プロラクチンの分泌を止めることで通常であれば1ヶ月から3か月ほどで排卵が再開して生理が始まります。生理がやってくれば次の妊娠ができる準備が整ったということです。

早めに断乳するのはお母さんにとっても赤ちゃんにとってもちょっと悲しいことですが、早めに2人目の妊娠をしたいと考えるのであれば、まだ断乳することが大切です。

産後の生理再開する前に妊娠!どうして?!

時々、生理が再開する前に2人目を妊娠してしまったという人がいます。生理が再開していないのにどうして妊娠してしまうのでしょうか。

それは、排卵は生理の約半月前に起きているからです。生理というのは、排卵して妊娠の準備を一度整えた卵子が受精しなかったので、体の外に排出するために起きるものです。


排卵が起きていれば妊娠することは可能です。2人目の妊娠を考えていなかったのに、油断していたら、2人目を妊娠してしまったというご夫婦もいます。

母乳をあげ続けていても、特に離乳食が始まったら1ヶ月もしたらいつ生理が再開してもおかしくありません。2人目をまだ望んでいない場合には、特に離乳食を始めたら1ヶ月以内にはきちんと避妊をするようにしましょう。

生理は面倒くさいものですがやはり再開しないと困ります!

いかがでしたでしょうか。
女性にとって生理というのは毎月やってくるものながら、何とかなく面倒臭くて厄介なものです。だから、産後のお母さんの中には出産後に一時的とはいえ生理が止まることで、伸び伸びとした気分になる人もいるようです。

しかし、生理は女性ホルモンの分泌にも大きく影響してくる生理現象です。なければないで面倒臭くなくて楽でいいのですが、再開しなければしないで、体に問題が起きてきます。

産後に何かと変化が起こる体調をしっかりと管理して、打って来るべき時が来たら生理も再開できる体にメンテナンスしておくのも大切です。

産後の体・過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

産後のお腹のたるみを引き締める!ぽっこりがへこまないのはなぜ?
産後に食事の注意点!良い食べ物と食べてはいけないものは?
産後の腹痛の原因は?痛みはいつまで?下腹部痛が辛い!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ