産後の出血はいつまで?悪露で鮮血がでたら注意?量の変化は?

産後に出血をする事を悪露(おろ)と言い、この出血は産後直ぐから始まります。どの位の量がどの位続くのか、不安になる人も多くいます。また、産後の経過によって、出血がどんな色の変化をしていくかなど詳しく解説ご紹介します。ぜひ参考になさって下さい。

産後の出血はいつまで?悪露で鮮血がでたら注意?量の変化は?のイメージ

目次

  1. 『産後の出血はいつまで?』悪露とは
  2. 『産後の出血はいつまで?』いつまで続く?
  3. 『産後の出血はいつまで?』産後の体の変化
  4. 『産後の出血はいつまで?』悪露の量の変化
  5. 『産後の出血はいつまで?』一ヶ月検診
  6. 『産後の出血はいつまで?』量が増えたら危険?
  7. 『産後の出血はいつまで?』注意する事
  8. 『産後の出血はいつまで?』悪露と生理の違い
  9. 『産後の出血はいつまで?』血の塊は注意?
  10. 『産後の出血はいつまで?』頑張りましょう

『産後の出血はいつまで?』悪露とは

悪露とは産後の直後から始まる出血の事です。

悪露はどの位の量が正常で、どの位続いくものなのか不安を感じる方は沢山いらっしゃいます。


産後からいつまで出血が続くのか、悪露の量の変化や止まらない原因などを詳しく解説します。

■参考記事:産後1ヶ月の過ごし方、注意点はコチラも参照!

産後1ヵ月の過ごし方の注意点!【生活上の注意】

『産後の出血はいつまで?』いつまで続く?

産後直後から始まる悪露の量にビックリする方も多いと思います。出産の時にもあんなに出血したのに、これ以上出ても大丈夫なの?と不安を抱く方もいらっしゃいます。

悪露は産後のママの体を元に戻す為にとても必要な事なので、出産を経験した方は避けて通れない出血になります。

子宮の中の不要な物や傷からの出血なのですが、子宮収縮が起きる事で止血されていきます。
この出血がいつまで続くかは個人差がありますが、目安として長くても2ヶ月ほどで終わります。


乳首を赤ちゃんに吸ってもらう刺激によって、子宮の戻りが速くなります。母乳が出る出ないの差はありますが、根気良く吸わせる事も赤ちゃんとママにとって良い効果があります。

悪露はどんな色?

悪露は真っ赤な鮮血から始まります。産後直後は鮮血がドバドバと出血する人もいて、いつまで続くのか不安になる人は多いです。
子宮の中に残っている物が排出されるので、血の塊が出る人もいます。

『産後の出血はいつまで?』産後の体の変化

産後の体の変化はとても大きいです。今まで赤ちゃんを守る為に大きくなっていた子宮はこぶし程の大きさに戻る為に必死に収縮をします。

それに伴って出血も変化をしていきます。多くの人が2ヶ月程で終わりますが、長い人だと半年から年単位で続く方もいらっしゃいます。

産後はゆっくり

慣れない育児と体の変化で、ママはとてもストレスを感じやすくなっています。それに加えていつまで続くか分からない気の滅入る出血があるので余計に疲労が溜まります。

体に負担をなるべく掛けない様に、休みながら育児と家事をしていきましょう。

■参考記事:産後の尿漏れが気になる方はコチラもチェック!

産後の尿漏れはいつまで?原因と対策は?体操や運動で改善できる?

『産後の出血はいつまで?』悪露の量の変化

産後の悪露の量の変化をご説明しますが、個人差があるものなので絶対ではありません。

一般的に産後の悪露は鮮血から始まって、赤褐色から薄いピンクの出血になり、茶褐色から黄色やクリーム色へと変化をしていきます。
この出血の変化も、1ヶ月ほどで終わる人もいれば、2ヶ月ほど掛けて少しづつ変化する人もいて様々です。

出産方法でも違いがある

産後の悪露は、出産方法にもよって変わってきます。

産後の出血は普通分娩で出産をした人よりも、帝王切開で出産した人の方が鮮血も出血も長引く傾向があります。

普通分娩と帝王切開の違い

普通分娩は陣痛で子宮口が開く事から、子宮内に残っているものが出やすくなります。
その為に、悪露が1ヶ月以内で終わる人も多いようです。


普通分娩予定の途中に何らかの理由で帝王切開になった場合は、子宮口が少し開いているので、長引かずに悪露が終わる可能性が高いです。


完全に帝王切開の出産予定だった場合は、陣痛が起きていないので子宮口は閉じています。
子宮口が閉じているので、子宮内に残った物が完全に出るのに時間が掛かるかもしれません。


どちらの出産に関しても一例です。

子宮の戻り方や出血の量などの個人差もありますから絶対ではない事だけ覚えておいて下さい。

『産後の出血はいつまで?』一ヶ月検診

産後の悪露の経過は、病院の一ヶ月検診で診てもらえます。この時に出血が止まっていれば全く問題はありませんが、まだ鮮血が続き不正出血があるような場合には子宮の戻りが悪い可能性があるので、それに伴った治療を病院で受ける事になります。

子宮復古不全

産後に子宮が元の大きさに戻る事を子宮復古と言いますが、子宮の戻りが悪い事を子宮復古不全と言います。

子宮復古不全になると鮮血が続いたり、悪露が止まらないなどの症状が見られます。病院を退院した後に復古不全になる事もあるので、不正出血や長く出血が止まらないなどがある場合は病院を受診しましょう。

子宮復古不全の原因

子宮の戻りが悪いのには様々な要因があります。経産婦さんや高齢の場合なども原因の一つで、産後に無理をしてしまうと戻りが悪くなる事もあります。

『産後の出血はいつまで?』量が増えたら危険?

一般的に少しづつ出血の量は減っていきます。


急激に量が増えても何日かで落ち着く場合、様子を見ていても平気な事が多いです。

個人差があるものの、鮮血が止まらない事や不正出血がある場合などは一度病院へ相談をした方が良いかもしれません。

色の変化

鮮血から薄い色に落ち着いたのに、また鮮血になった!色は薄くなったけど止まらない!という事は沢山の方が経験されています。

子宮の中に溜まっていたものが、活発に体を動かす事によって出てくる事もあります。一度は薄くなった出血が、再度濃くなる事もあります。
子宮の戻り方も、出血の変化も個人差があるのでむやみに心配にならなくても大丈夫です。

目安としては2ヶ月以上変化がないかどうかです。

2ヶ月以上止まらないと異常?

そんな事はありません。

量が減っていたり、色の変化があれば子宮は回復している証拠なので不安になる必要はないと思います。


半年くらい止まったり出たりを繰り返す人もいます。

鮮血が止まらない場合は復古不全の可能性もあるので病院へ相談した方が良いですが、変化がある場合は直ぐに病院へ受診するのではなく様子を見てみましょう。

『産後の出血はいつまで?』注意する事

2ヶ月以上鮮血が止まらない時や、出血に匂いのある時は復古不全の可能性が高いので、直ぐに病院へ相談しましょう。

出血に匂い

復古不全になっている場合は、出血に生ごみの様な異臭があります。
2ヶ月以上の鮮血と匂いがある場合は病院を受診して、今後の治療なども含めて相談しましょう。

『産後の出血はいつまで?』悪露と生理の違い

生理か悪露かの判断はとても難しい事があります。
母乳をあげていると生理再開は遅いと言われていますが、こちらも個人差があるものなので絶対ではありません。

いきなり不正出血が起きて焦って病院を受診したら生理だったという事もあります。
ただ、不正出血があるからと病院を受診しても、その場で生理とは診断はされずに経過観察になります。


腹痛などの生理痛があって1週間程で止まれば生理で、不正出血が1週間以上止まらない場合は悪露の再開か、他に原因があって不正出血を起こしている可能性もあります。

生理開始の時期

生理の開始時期にも個人差がありますが、2ヶ月から半年以内に再開する事が多いようです。

完全母乳の人は生理開始が遅れる場合が多く、半年から一年くらい生理が来ない事もあるそうです。


あまりにも生理が来なくて不安になる場合は、一度病院へ相談してみるのも良いかもしれません。

女性ホルモンのバランスも関わってくる生理なので、あまり考えすぎるとストレスになって更に遅れる可能性もあります。あまり心配にならず、自然に任せるくらいの大きな気持ちを持つ事も大切です。

『産後の出血はいつまで?』血の塊は注意?

悪露が始まって初期には血の塊が出やすい事がありますが、経過段階でも出る事があります。

その時に注意して見たい事は、血の塊の大きさです。
500円玉くらいの大きさが何度も出たり、量が多い場合には復古不全が疑われるので、病院に相談してみましょう。

また、不正出血の時に出る場合もあるので、いつ頃悪露が終わったかなども手帳などに記載しておくと良いと思います。


2ヶ月以上経っても出る事はあるので、塊が小さかったり少なければ、そのまま様子を見ても大丈夫だと思います。

『産後の出血はいつまで?』頑張りましょう

今現状、出血が2ヶ月以上続いている方もいらっしゃると思います。

いつ終わるのか不安になる事も多いとは思いますが、体はちゃんと回復をして元に戻ります。


鮮血になったり茶褐色になったりを繰り返したり、ナプキンを長い期間付けていなければならない不快感などで気持ちが滅入ってしまう事もありますよね。長期間のナプキン着用はデリケートゾーンのトラブルにもなりやすく、ストレスも溜まってしまいます。

昼夜問わずの赤ちゃん中心の生活と自分の体の不安や心配で大変な毎日を送っているママ達へ!


出産が終わってから悪露が続いて、悪露が終わったと思えば産後抜け毛がやってきます。

自分の体に「なんなの?!」と言いたくなってしまう日がまだまだ続きますが、いつか今の事を笑って話せる時は必ず来ます!!

その時まで、たくさんの人に手伝ってもらいながら頑張りましょう。



ここまで産後の出血についてご紹介してきましたが、ここに書かれている事が全てではありません。

少しでも気になる事や不安が拭えない時には、迷わず掛かりつけの病院に診てもらいましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

産後の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

産後に食事の注意点!良い食べ物と食べてはいけないものは?
産後の家事はいつから再開できる?子育てはどうする?
産後クライシスとは?産後離婚の原因と解決方法解説!
産後に痩せない原因は?ダイエットや母乳育児で痩せられるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ