ヘアリキッドの使い方を徹底解説!ヘアリキッドで作る旬の髪型も紹介!

ヘアリキッドの使い方を徹底解説!ヘアリキッドで作る旬の髪型も紹介!

ヘアリキッドの使い方がいまいちわかっていないという人も多いでしょう。ヘアリキッドをうまく使えば、モテる髪型にすることもできます。おしゃれを楽しむためにも、ヘアリキッドをうまく使うことができるかが大切になってくるため、しっかり覚えておきましょう。

記事の目次

  1. 1.【はじめに】ヘアリキッドでモテるおしゃれ男子に
  2. 2.ヘアリキッドって何?成分は?
  3. 3.ヘアトニックやオイルとは違うの?
  4. 4.ヘアリキッドはおっさんの使うイメージ?
  5. 5.ヘアリキッドの使い方を知ろう
  6. 6.【ヘアリキッドの注意点】寝る前には落とす
  7. 7.ヘアリキッドの効果やメリット
  8. 8.ヘアリキッドでできる髪型を知ろう
  9. 9.ヘアリキッドを選ぶポイント
  10. 10.おすすめのヘアリキッド
  11. 11.【まとめ】ヘアリキッドでオシャレ髪型に

【はじめに】ヘアリキッドでモテるおしゃれ男子に

ヘアリキッドを使用しているという人はあまり多くありません。多くの人は、ヘアスプレーやワックスなどを使用して、髪型を整えています。特に若い男性はこのようなものを使うことが多く、ヘアリキッドを使ってみようという考えにすら至りません。

ヘアスタイルをしっかり決めるためには、ヘアスプレーやワックス、ヘアリキッドなどを使用することが大切になってきますが、若いうちならばまだしも、ある程度大人になってきたら、ヘアリキッドを使うと、さらにオシャレなヘアスタイルをすることができます。

もちろん、ヘアスプレーやヘアワックスも便利なのですが、オシャレな大人はヘアリキッドなどを使用しているものなのです。ヘアリキッドを使用してヘアスタイルを決めているということが、一つのステータスでもあるため、30才を超えたら、ヘアリキッドでヘアスタイルを整えることを考えてみましょう。

ただ、若い人はヘアワックスやヘアスプレーのほうが使い慣れているため、いざヘアリキッドを使おうと思うと、なかなか扱えないものです。今回はヘアリキッドの使い方を紹介していくため、できるヘアスタイルなどを参考にして、しっかり勉強しておきましょう。

ヘアリキッドって何?成分は?

ヘアリキッドとは、オイルを使用した整髪料です。仕上がりがソフトで髪がつややかになるのが特徴なため、爽やかな雰囲気に仕上がるでしょう。がっちりと固めた髪型や、毛先を遊ばせる髪型をヘアリキッドで作るのは難しいですが、自然なスタイリングが可能で気軽に使うこともできますよ。

ヘアトニックやオイルとは違うの?

ヘアトニックは頭髪をスタイリングするものではなく、頭皮のケアに使用する化粧水のようなものです。ヘアトニックでケアをすることで薄毛や乾燥を防止する効果があり、頭皮トラブルを軽減させてくれるでしょう。ヘアリキッドはスタイリングに使用するためヘアトニックとは根本的に違います。

また、ヘアオイルは髪の毛のダメージを修復する効果が期待でき、無香料や微香料のものが多くあります。

ヘアリキッドはおっさんの使うイメージ?

ヘアリキッドは昔からあり、銭湯などにも置かれているためおっさん臭いイメージが確かにありますね。しかし、ソフトに仕上げることができるため、実は若者向けです。無香料のものを選ぶとさらに若者も使いやすくなるでしょう。

ロングセラーのヘアリキッドは香りが強いため、大人な雰囲気がありますが、最近はルシードなどのブランドからも無香料のヘアリキッドが出ています。不安なときは無香料を選ぶとおっさん臭さがなくなるでしょう。

ヘアリキッドの使い方を知ろう

ヘアリキッドの使い方をマスターしてスタイリングをより楽しみましょう。

【ヘアリキッドの使い方】
①ヘアリキッドを手に適量出す
②手のひらにヘアリキッドをなじませる
③手のひらを使いながら髪の毛にヘアリキッドをまんべんなくなじませる
④指先を使いながらしたいスタイリングに整える

【ヘアリキッドの使い方】ブラシを使ったほうが良い

ヘアリキッドを使うとき、ブラシを使用すると髪の毛全体になじませることができます。手のひらでなじませるのが難しい場合はブラシを使ってみるといいでしょう。

また、ヘアリキッドは頭皮についてしまうと頭皮トラブルの原因になることもあるので注意してください。

【ヘアリキッドの使い方】基本的にはドライヤー無しでOK

ヘアリキッドを使用するときは、ドライヤーは使わなくてもいいでしょう。しかし、ドライヤーを使ってスタイリングをしたいときはヘアリキッドをブラシやコームにつけて髪の毛に馴染ませてください。このとき、頭皮にヘアリキッドがつかないように気を付けましょう。

【ヘアリキッドの注意点】寝る前には落とす

ヘアリキッドはヘアトニックとは違うため、頭皮などについてしまうと、髪の毛の成長を阻害してしまうことがあります。そしてヘアリキッドを使用したら、必ず寝る前にはシャワーを浴び、落とすようにしてください。寝る前にしっかりヘアリキッドを落とさないと、髪の毛にとっては悪影響となってしまいます。

寝る前は何かと面倒臭くなることもあります。そしてヘアリキッドはワックスなどよりも、つけている感覚がないため、寝る前に落とさないで寝てしまう人もいるものです。しかしこのような毎日のケアが髪の毛を健康を保ってくれます。寝る前にしっかり落とさないと、数年後、その影響で悩んでしまうこともあるのです。

寝る前にしっかり落とすというのは、スタイリング剤全般に言えることです。若い人ほど、寝る前に落とすこともなく、そのまま寝てしまいますが、それが原因で頭皮が荒れてしまったり、少ない可能性ですが、アレルギーを発症してしまうこともあるため、注意しておいてください。

ヘアリキッドの効果やメリット

ヘアスプレーやヘアワックスもある中で、ヘアリキッドを使ってヘアスタイルを整えることをおすすめしているわけですが、ヘアリキッドにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

へアリキッドによってヘアスタイルを決めるメリットがないと、今まで使い慣れているヘアスプレーやヘアワックスから、ヘアリキッドに代えようとは思わないものです。逆に言えば、ヘアリキッドを使ってヘアスタイルを整えるメリットがあれば、ヘアリキッドを使ってみようとも思うでしょう。

へアリキッドのメリットには様々なメリットがありますが、ヘアスプレーやヘアワックスのほうが優れている部分もあります。それらを全て考慮し、どちらを使うのかということが大切になってくるため、まずはヘアリキッドを使うメリットを知っていきましょう。

ではさっそく、ヘアリキッドを使うメリットを紹介していきたいと思います。

【ヘアリキッドの効果&メリット①】ソフトな仕上がりにできる

へアリキッドを使うメリットとしては、ソフトな仕上がりにすることができるというメリットがあります。ヘアスタイルの中には、がっちり固めなければならないヘアスタイルもありますが、このようなヘアスタイルをしようと思ったら、ヘアリキッドは不向きです。

逆にソフトなヘアスタイルや、自然に見えるヘアスタイルにしようと思ったら、ヘアワックスやヘアスプレーよりも、ヘアリキッドのほうがおすすめとなります。

ヘアスタイルによって、メリットがあるかどうかが変わるということなのですが、普段からソフトな髪型にしているのに、ヘアワックスなどを使用しているという人は、ヘアリキッドがおすすめとなります。一度使用してみましょう。

次のページ

ヘアリキッドでできる髪型を知ろう

Related article /

関連記事
Copyright (C) Lovely