フレンチネイルのやり方を完全解説!裏ワザで簡単セルフネイル♡

品があるフレンチネイルはオフィスにもデートにもおすすめのネイルデザインです。シンプルな割にラインを使うのできれいに仕上げるのは難しいフレンチネイルですが、コツを覚えればセルフネイルでも簡単に仕上がります。セルフフレンチネイルのやり方とコツ、そしてフレンチネイルのデザインを紹介します。

フレンチネイルのやり方を完全解説!裏ワザで簡単セルフネイル♡のイメージ

目次

  1. フレンチネイルって?
  2. セルフでも裏ワザで簡単に!フレンチネイルのやり方♡
  3. バリエーション豊富!フレンチネイルのやり方♡
  4. セルフジェルネイル編!フレンチネイルのやり方♡
  5. フレンチネイルデザイン集♡
  6. フレンチネイルのやり方をマスターしよう♡

フレンチネイルって?

フレンチネイルとは自爪の色に似たピンクベージュやクリアカラーをベースに爪の先端部分だけ白いポリッシュをのせるネイルデザインの一種です。

フレンチネイルは爪がきれいに見えるうえ上品な印象を与えるのでオフィスや結婚式でも人気のデザインの一つ。ナチュラルな印象の中にきちんと感が出せるところが魅力です。

基本のフレンチネイルはナチュラルなものですが、最近では先端にホワイトではなくカラーを入れるタイプの進化系フレンチネイルも増え、自分流にアレンジするフレンチネイルにも人気が高まっています。

そのため今では爪の先端だけでなく爪の根元の半月部分を塗る逆フレンチや、ラインをひいたり形を変えたりする変形フレンチなどフレンチネイルもデザイン性豊かに楽しめるようになりました。

セルフでも裏ワザで簡単に!フレンチネイルのやり方♡

基本のフレンチネイルは爪のベースのカラーと爪の先端部に塗るホワイトの2色だけですから一見簡単なデザインに見えますが、シンプルなものほど難しい!という実は典型的なネイルデザインです。

もちろんネイリストさんに頼めばきれいなフレンチネイルが手に入りますが、ここではセルフでもきれいにできるフレンチネイルのやり方とコツを紹介していきます。

フレンチネイルのやり方①マスキングテープ

フレンチネイルの難しさはなんといっても「歪まないライン」を手で描くところにあります。

そこで役に立つのがマスキングテープ!マスキングテープは百均などでも手に入るので誰でも取り入れやすくしかも不器用さんでも出来上がりが綺麗になります。

やり方は簡単。ベースを綺麗にぬった爪が乾いてから塗りたいところの部分を避けてマスキングテープを爪に貼りその上から爪の先端部分にホワイトやカラーポリッシュを塗っていくだけです。

これならはみ出すことを心配せずに大胆にネイルできますよね。また、それでもはみ出してしまったら爪楊枝や先端の尖ったツールで補正すれば修正できますし、どうしようもない場合はラインストーンでごまかせばOK!

マスキングテープを貼るときには爪の端まできれいに貼ること、そしてマスキングテープを手の甲に一度貼りベースのネイルが剥がれないように粘着力を弱めることがコツです。

フレンチネイルのやり方②絆創膏

マスキングテープを使う場合、直線的なフレンチネイルが出来上がります。しかし爪の形に沿ってカーブをつけたい場合はマスキングテープをカットして使う必要があるので若干面倒です。

そんな時は絆創膏がネイルアートの救世主!絆創膏の端っこの部分って角が丸くなっていますよね。あの部分が爪にベストフィットするのです。

やり方はマスキングテープと同じですが、絆創膏の場合粘着力が強いのでペタペタと手の甲にくっつけてかなり粘着力を下げておきましょう。

それから端の部分を縦にして爪の先が出るように貼ってポリッシュを塗れば出来上がりです。絆創膏は注意してゆっくりと剥がしてくださいね。

フレンチネイルのやり方③綴じ穴補正テープ

オフィスに置いてある「綴じ穴補正テープ」もフレンチネイルに使えます。綴じ穴補正テープは丸いので絆創膏やマスキングテープのように角度を考えながら貼る必要がないところが便利です。

やり方は同じで粘着力をある程度弱めてから貼ってポリッシュを塗るだけ。真ん中に穴が空いているので、ここには色がつかないように気をつけなければいけませんが簡単です。

綴じ穴補正テープを使うと丸なので仕上がりが深いカーブの入ったフレンチネイルになります。

フレンチネイルのやり方④100均のフレンチネイルガイドテープ

もしも百均でフレンチネイルガイドテープを見つけたら即買いしましょう。いろいろな便利アイテムを紹介しましたが、フレンチネイルガイドテープはとても便利で簡単にフレンチネイルアートを楽しめます。

フレンチネイル専用に作られているので失敗が少ない上、爪先のオーソドックスなフレンチネイルのほか逆フレンチやバルーン、変形フレンチなど豊富にアレンジできるのでとても便利です。

バリエーション豊富!フレンチネイルのやり方♡

基本のフレンチネイルのやり方がわかったところで、今度は変形フレンチネイルに挑戦してみましょう。

変形フレンチネイルにはたくさんのバリエーションが存在します。その中でも人気のあるスタンダードなものをピックアップして紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

バルーンフレンチネイルのやり方

バルーンフレンチネイルとは爪の先に風船がのっているように丸く色をのせるネイルです。大きめでふっくらした丸みがあるのでフレンチネイルの中でもよりキュートな印象になります。

バルーンフレンチはフレンチネイルガイドテープを爪の先に逆に貼って塗るとうまくいきます。またアイシャドーチップを使うやり方もあります。

アイシャドーチップにポリッシュをつけ爪の先にのせるだけ。丸みのあるアイシャドーチップがそのままで丸いバルーンフレンチを作ってくれます。

形ができたらその上から上塗りするとよりきれいなバルーンフレンチが出来上がります。

逆フレンチネイルのやり方

逆フレンチは視覚効果で爪を長く見せてくれる効果があり、上品な印象を与えます。やり方は爪の根元に色がつかないようにテープを貼るのがポイント。

ベースコートを塗った後に根元部分にフレンチネイルガイドテープや絆創膏を貼り、先端に向けてカラーポリッシュを塗ります。

テープを剥がしたら根元も一緒にトップコートを塗れば逆フレンチネイルが出来上がります。

斜めフレンチネイルのやり方

斜めフレンチネイルはスタンダードなフレンチネイルのラインを斜めにするだけで出来上がります。テープを使うのであれば斜めにテープをおくだけで簡単に斜めフレンチネイルになりますね。

カーブのある斜めフレンチならフレンチネイルガイドテープや絆創膏を、直線の斜めラインにしたいならマスキングテープを使うのがオススメ。

斜めフレンチネイルはデザイン性が高く、組み合わせることでいろいろなネイルアートを楽しめるところが人気の理由です。

直線フレンチネイルのやり方

フレンチネイルは爪に沿った丸いカーブを描くのがスタンダードですが、直線にするとまた印象が変わります。

直線だとマスキングテープをそのまま使えばOKです。また、直線を入れる位置を爪先にするか真ん中あたりにするかによっても全く違うデザインのように見えるので応用アレンジをたくさん楽しめます。

Vフレンチなどのやり方

Vフレンチネイルは爪の上にVデザインが入るタイプのネイルのことです。Vのラインも鋭角にしたり鈍角にしたりすることでシャープな印象にもキュートな印象にもはたまた上品な印象にも変わります。

Vフレンチネイルのやり方は難しそうに見えますがこれもマスキングテープで簡単です。やり方はマスキングテープの角を使うだけ。

今までは爪と平行にマスキングテープを貼るやり方でしたが、今回は平行ではなくテープの角を使ってV字型におくだけです。爪の根元や爪の先、角度を鋭角にしたり鈍角にしたりして個性的なVフレンチを楽しみましょう。

セルフジェルネイル編!フレンチネイルのやり方♡

今度はジェルネイルでフレンチネイルを描くやり方を紹介します。ジェルネイルの場合は筆のカーブを使ってフレンチネイルのラインを塗るやり方できれいに出来上がります。

また最初は薄めにジェルを塗り、ラインが決まってからきれいに二度塗りすると出来上がりがきれいです。

用意するもの

ジェルネイルでスタンダードなフレンチネイルを描くときに用意するものはジェル・筆・マスキングテープまたはフレンチネイルガイドテープそしてエタノールです。

筆は塗る用と修正用の2本は必ず用意しましょう。エタノールは修正用の筆につけて使います。

【ジェルネイル】フレンチネイルのやり方①ベースジェルを塗る

ジェルネイルを使ったフレンチネイルのやり方を紹介します。

まず爪全体にベースジェルを塗りましょう。丁寧にベースジェルを塗ったらUVライトで硬化。これでフレンチネイルを描く準備ができました。

次にカラージェル(ホワイト)を塗っていくのですが、筆のカット部分がちょうど斜めになっているのでその斜めラインを利用してフレンチネイルのカーブをつけます。

まずは爪の右側に筆で色をのせ、次に左側に筆を同じようにのせます(順番は逆でも大丈夫です)。最後に真ん中の線をつなげばフレンチネイルのベースができるのでその上からきれいに二度塗りすると良いですね。

【ジェルネイル】フレンチネイルのやり方②テープを使う

ポリッシュと同じようにテープを使うフレンチネイルのやり方もあります。

ベースジェルを塗り硬化させたらテープを貼ってその上からホワイトジェルネイルを塗っていきます。塗れたらピンセットでテープを剥がせばきれいなフレンチネイルのラインができているので硬化させたら出来上がりです。

【ジェルネイル】フレンチネイルのやり方③ラインを修正したいとき

フレンチネイルのラインが歪んでしまい修正したいときには筆にエタノールをつけて行います。

ジェルのついていない筆にエタノールをつけフレンチネイルを修正したい箇所を拭き取っていきます。少しずつ行い、筆にジェルがついたらその都度キッチンペーパーで拭き取りながら丁寧に修正しましょう。

フレンチネイルのラインが整ったらUVライトで硬化します。

▼関連記事:今年のセルフネイルデザインに注目!

【2019春】セルフジェルネイルデザイン集!初心者も短い爪もOK

フレンチネイルデザイン集♡

フレンチネイルのやり方がわかったらどんどん練習して基本のフレンチネイルをマスターしましょう。

そして基本のフレンチネイルができるようになったら様々なフレンチネイルにも挑戦してください。ラインの位置、角度そして組み合わせによってフレンチネイルのデザインは無限に広がります。

ここではフレンチネイルのデザインをいろいろ紹介していくのでぜひセルフネイルの参考にしてみてください。

王道フレンチネイル

王道のフレンチネイルは桜貝のようなちょっぴりカラーのついた透明ベースに真っ白いフレンチライン以外にありません。

ホワイトの部分は目の覚めるようなブルーがかった白がおすすめです。とても上品なネイルでカジュアルにもフォーマルにも使えます。

ナチュラルに品よく見えるのでウエディングにも人気の王道デザインです。

ラメラインフレンチネイル

品よくおしゃれに見えるのがラメのラインを入れたフレンチネイルです。

ラメラインを入れるだけでぐっとおしゃれ度がアップしますよね。またラメラインはおしゃれ目線だけでなく、フレンチラインの修正にも力を発揮してくれる便利なデザイン。

ベースとフレンチネイルラインの境目にラメラインを入れるので歪んだ線も気にならなくなるので上級テクのように見えますが初心者にもぜひ挑戦してもらいたいデザインです。

華やかレインボーマーブルフレンチ

華やか見えがおしゃれなレインボーマーブルフレンチです。レインボーマーブルは複雑そうに見えますが、これもフレンチネイルガイドテープを使えば簡単にできます。

やり方は簡単でポリッシュを何色か選んでテープの内側にポンポンといろんな色をドットのようにのせていき隙間を爪楊枝でぼかすだけ。

レインボーマーブルは派手めのネイルですが、フレンチネイルに取り入れると品の良さが失われず爪先が華やかになりますよね。

カラー×カラーのフレンチネイル

自爪に近いナチュラルカラーや透明カラーを選ぶのが王道フレンチネイルですが、このようにカラーにカラーを重ねるフレンチネイルにするとより華やかです。

特に真紅にゴールドのフレンチネイルはゴージャスで夜のお出かけにもピッタリ。大人の色っぽさを感じるフレンチネイルです。

ニュートラルカラーVフレンチネイル

Vフレンチネイルはシャープなラインを使うので王道フレンチよりも主張が強めのデザインですが、このようにニュートラルカラーを合わせるとシャープなVフレンチも主張しすぎず品よくおしゃれです。

ニュートラルカラーだけでは若干地味な仕上がりになりますが、金箔グリッターを使うことによって品の良い華やかさが出ていますね。

王道フレンチ×ラインストーン

王道フレンチネイルもラインストーンを組み合わせるだけでガラリと印象が変わります。

小さなラインストーンをフレンチラインに沿っていれるととても華やかですし、ワンポイントとしてラインストーンを使うやり方もさりげないおしゃれで効果的です。

指を動かしたときにさりげなく主張する一粒のラインストーンはとても素敵ですね。

すりガラス風ジェラートフレンチネイル

涼しげなすりガラス風ジェラートバルーンフレンチはこれからの夏に準備しておきたいネイルデザインです。

もともとキュートな印象のバルーンフレンチですが、すりガラス風の透明感のあるマットなペールカラーは涼しげで爪にジェラートやかき氷をのせたように見えるネイルがとってもポップでキュートです。

▼関連記事:すりガラスネイルのやり方はコチラ!

すりガラスネイルのマットな透け感がトレンド!やり方とデザイン一覧!

バイカラーフレンチネイル

コンサバなイメージのあるフレンチネイルもバイカラーにするとこんなにポップな印象に。

これからの夏にピッタリのビタミンカラーやトロピカルカラーを組み合わせれば水着にもピッタリです。夏らしい元気になりそうなネイルですよね。

またバイカラーフレンチはスポーツ観戦にも良く似合います。応援しているチームカラーでバイカラーフレンチにすればとってもおしゃれで他のファンと差をつけられます。

フレンチネイルのやり方をマスターしよう♡

自分でラインを描くとすればプロレベルのテクニックが必要ですが、テープなどお助けアイテムを上手に使えばフレンチネイルも簡単にセルフでできるようになります。

基本のフレンチネイルができるようになったらぜひいろいろなデザインに挑戦してみましょう。ラインを上手に使うフレンチネイルは組み合わせ次第でデザインが無限に生まれるので楽しいですよ。

▼関連記事:セルフネイルを長持ちさせる方法はコチラ!

マニキュアセルフネイルでも長持ちさせる方法!デザイン案もご紹介

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ